みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

COMPACT DISK

1980年代~1990年代に購入したジャズのCDを中心に。

  • Loading

    Birth Of The Cool / Miles Davis

  • Loading

    Walkin' / Miles Davis

  • Loading

    Bags Groove / Miles Davis

  • Loading

    Workin' / Miles Davis

  • Loading

    Round About Midnight / Miles Davis

  • Loading

    Milestones / Miles Davis

  • Loading

    FILMS SOUNDTRACKS Ascenseur Pour L'Echafaud / Des Femmes Disparaissent / Les Liaisons Dangereuses

  • Loading

    Kind Of Blue / Miles Davis

  • Loading

    Sketches Of Spain / Miles Davis

  • Loading

    Seven Steps To Heaven / Miles Davis

  • Loading

    My Funny Valentine In Concert / Miles Davis

  • Loading

    Bitches Brew / Miles Davis

  • Loading

    Agharta / Miles Davis

  • Loading

    TUTU / Miles Davis

  • Loading

    Music From Siesta / Miles Davis

  • Loading

    Amandla / Miles Davis

  • Loading

    Miles & Quincy Live at Montreux / Miles Davis

  • Loading

    Doo-Bop / Miles Davis

  • Loading

    The Sidewinder / Lee Morgan

  • Loading

    Wynton Marsalis / Wynton Marsalis

  • Loading

    Hot House Flowers / Wynton Marsalis

  • Loading

    Black Codes / Wynton Marsalis

  • Loading

    J Mood / Wynton Marsalis

  • Loading

    Marsalis Standard Time- Vol. 1 / Wynton Marsalis

  • Loading

    The Majesty of the Blues / Wynton Marsalis

  • Loading

    Tenor Madness / Sonny Rollins

  • Loading

    Blue Train / John Coltrane

  • Loading

    Ballads / John Coltrane

  • Loading

    A Love Supreme / John Coltrane

  • Loading

    Last Date / Eric Dolphy

  • 1
    Loading

    Birth Of The Cool / Miles Davis

    Miles Davis – trumpet (all)
    Kai Winding – trombone (January 1949)
    J. J. Johnson – trombone (April 1949, March 1950)
    Junior Collins – French horn (January 1949)
    Sandy Siegelstein – French horn (April 1949)
    Gunther Schuller – French horn (March 1950)
    Bill Barber – tuba (all)
    Lee Konitz – alto saxophone (all)
    Gerry Mulligan – baritone saxophone (all)
    Al Haig – piano (January 1949)
    John Lewis – piano (April 1949, March 1950)
    Joe Shulman – bass (January 1949)
    Nelson Boyd – bass (April 1949)
    Al McKibbon – bass (March 1950)
    Max Roach – drums (January 1949, March 1950)
    Kenny Clarke – drums (April 1949)
    Kenny Hagood – vocal ("Darn That Dream" only)
    Recording Year:1949~50

    1949年と1950年の3回のセッションで録音された11のトラックを編集したコンピレーションアルバムで1957年にCapitol Recordsよりリリースされました。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 2
    Loading

    Walkin' / Miles Davis

    Miles Davis — trumpet
    Lucky Thompson — tenor saxophone
    J. J. Johnson — trombone
    David Schildkraut — alto saxophone
    Horace Silver — piano
    Percy Heath — bass
    Kenny Clarke — drums
    Recording Year:1954

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 3
    Loading

    Bags Groove / Miles Davis

    Miles Davis – trumpet
    Sonny Rollins – tenor saxophone
    Milt Jackson – vibraphone
    Horace Silver – piano
    Thelonious Monk – piano
    Percy Heath – bass
    Kenny Clarke – drums
    Recording Year:1954
    #JAZZ
    https://youtu.be/bg5n2KQHAMs

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    Workin' / Miles Davis

    Miles Davis – trumpet
    John Coltrane – tenor saxophone
    Red Garland – piano
    Paul Chambers – bass, cello
    Philly Joe Jones – drums
    Recording Year:1956

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    Round About Midnight / Miles Davis

    Miles Davis – trumpet
    Paul Chambers – double bass
    John Coltrane – tenor saxophone
    Red Garland – piano
    Philly Joe Jones – drums
    Recording Year:1955~56

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    Milestones / Miles Davis

    Miles Davis – trumpet, piano (on "Sid's Ahead")
    Julian "Cannonball" Adderley – alto saxophone
    John Coltrane – tenor saxophone
    Red Garland – piano
    Paul Chambers – double bass
    Philly Joe Jones – drums
    Recording Year:1958

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    FILMS SOUNDTRACKS Ascenseur Pour L'Echafaud / Des Femmes Disparaissent / Les Liaisons Dangereuses

    フランス映画の三大ジャズ・サウンドトラック

    Ascenseur Pour L'Echafaud
    Artist:Miles Davis
    Recording Year:1957
    死刑台のエレベーター
    監督:ルイ・マル
    出演者:モーリス・ロネ、ジャンヌ・モロー
    音楽:マイルス・デイヴィス
    公開:1958年1月29日
    製作国:フランス

    Des Femmes Disparaissent
    Artist:Art Blakey
    Recording Year:1957
    殺られる
    監督:エドゥアール・モリナロ
    出演者:ロベール・オッセン、マガリ・ノエル、エステラ・ブラン、フィリップ・クレー
    音楽:アート・ブレイキー
    公開:1959年7月28日
    製作国:フランス

    Les Liaisons Dangereuses
    Artist:Art Blakey
    Recording Year:1958
    危険な関係
    監督:ロジェ・ヴァディム
    出演者:ジャンヌ・モロー、ジェラール・フィリップ、ジャン=ルイ・トランティニャン
    音楽:アート・ブレイキー
    公開:1959年9月9日
    製作国:フランス

    https://youtu.be/lkjAkxiH5-s

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/6

    • 2
    • 2
  • 8
    Loading

    Kind Of Blue / Miles Davis

    Miles Davis – trumpet
    Julian "Cannonball" Adderley – alto saxophone (except on "Blue in Green")
    John Coltrane – tenor saxophone
    Bill Evans – piano (except on "Freddie Freeloader")
    Wynton Kelly – piano (on "Freddie Freeloader")
    Paul Chambers – double bass
    Jimmy Cobb – drums
    Recording Year:1959

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    Sketches Of Spain / Miles Davis

    Miles Davis – trumpet, flugelhorn
    Danny Bank – bass clarinet
    Bill Barber – tuba
    John Barrows – French horn
    Albert Block – flute
    James Buffington – French horn
    Eddie Caine – flute
    Paul Chambers – bass
    Earl Chapin – French horn
    Jimmy Cobb – drums
    Johnny Coles – trumpet
    Gil Evans – arranger, conductor
    Harold Feldman – clarinet, flute, oboe
    Bernie Glow – trumpet
    Dick Hixon – trombone
    Elvin Jones – percussion
    Taft Jordan – trumpet
    Jack Knitzer – bassoon
    Jose Mangual – percussion
    Jimmy McAllister – tuba
    Tony Miranda – French horn
    Louis Mucci – trumpet
    Romeo Penque – oboe
    Janet Putnam – harp
    Frank Rehak – trombone
    Ernie Royal – trumpet
    Joe Singer – French horn
    Recording Year:1959

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 10
    Loading

    Seven Steps To Heaven / Miles Davis

    Tracks 1, 3, 5, 7 & 8 – recorded in Hollywood on April 16 or 17, 1963
    Miles Davis – trumpet
    George Coleman – tenor saxophone (track 7 only)
    Victor Feldman – piano
    Ron Carter – bass
    Frank Butler – drums

    Tracks 2, 4 & 6 – recorded in New York on May 14, 1963
    Miles Davis – trumpet
    George Coleman – tenor saxophone
    Herbie Hancock – piano
    Ron Carter – bass
    Tony Williams – drums

    Recording Year:1963

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 11
    Loading

    My Funny Valentine In Concert / Miles Davis

    Miles Davis – Trumpet
    George Coleman – Tenor Saxophone
    Herbie Hancock – Piano
    Ron Carter – Double Bass
    Tony Williams – Drums
    Recording Year:1964

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/10

    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    Bitches Brew / Miles Davis

    "Bitches Brew" "John McLaughlin" "Sanctuary" (Wayne Shorter)
    Recorded Columbia Studio B, New York City August 19, 1969
    Miles Davis – trumpet
    Wayne Shorter – soprano saxophone
    Bennie Maupin – bass clarinet
    Joe Zawinul – electric piano – Left
    Chick Corea – electric piano – Right
    John McLaughlin – electric guitar
    Dave Holland – bass
    Harvey Brooks – electric bass
    Lenny White – drum set – Left
    Jack DeJohnette – drum set – Right
    Don Alias – congas
    Juma Santos (credited as "Jim Riley") – shaker, congas
    On "John McLaughlin" omit Shorter and Davis
    On "Sanctuary" omit Maupin, Brooks and White

    "Miles Runs the Voodoo Down"
    Recorded Columbia Studio B, New York City August 20, 1969
    Miles Davis – trumpet
    Wayne Shorter – soprano saxophone
    Bennie Maupin – bass clarinet
    Joe Zawinul – electric piano – Left
    Chick Corea – electric piano – Right
    John McLaughlin – electric guitar
    Dave Holland – electric bass
    Harvey Brooks – electric bass
    Don Alias – drum set – Left
    Jack DeJohnette – drum set – Right
    Juma Santos (credited as "Jim Riley") – percussion

    "Spanish Key" "Pharaoh's Dance" (Joe Zawinul)
    Recorded Columbia Studio B, New York City August 21, 1969
    Miles Davis – trumpet
    Wayne Shorter – soprano saxophone
    Bennie Maupin – bass clarinet
    Joe Zawinul – electric piano – Left
    Larry Young – electric piano – Center
    Chick Corea – electric piano – Right
    John McLaughlin – electric guitar
    Dave Holland – bass
    Harvey Brooks – electric bass
    Lenny White – drum set – Left
    Jack DeJohnette – drum set – Right
    Don Alias – congas
    Juma Santos (credited as "Jim Riley") – shaker

    "Feio" (Wayne Shorter)
    Recorded Columbia Studio B, New York City January 28, 1970
    Miles Davis – trumpet
    Wayne Shorter – soprano saxophone
    Bennie Maupin – bass clarinet
    Joe Zawinul – electric piano – Left
    Chick Corea – electric piano – Right
    John McLaughlin – electric guitar
    Dave Holland – electric bass
    Billy Cobham – drum set – Left
    Jack DeJohnette – drum set – Right
    Airto Moreira – percussion and cuica

    前作「イン・ア・サイレント・ウェイ」に続き、エレクトリック・ジャズ路線を押し進めた内容で、「フュージョン」というジャンルを確立した、ジャズ史上最も革命的な作品。アメリカでゴールド・ディスクに達し、「カインド・オブ・ブルー」と並ぶマイルス最大のヒット作。
    ほぼ全編16ビートを基調としており、ドラマー2人とパーカッション奏者2人を起用することで、多彩なリズムを積み重ね、リズム面でもジャズ界に革命をもたらしました。
    27分に及ぶ「ビッチェズ・ブリュー」を筆頭に、どの曲も10分を超える大作。唯一「ジョン・マクラフリン」のみ5分未満ですが、これは、「ビッチェズ・ブリュー」があまりに長いため、プロデューサーのテオ・マセロが一部を切り取り、単体の楽曲として独立させたもの。全ての曲がテオ・マセロにより緻密な編集が施され、他のクロスオーバー系アーティストとは一線を画す独自の実験性が反映されています。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/10

    • 2
    • 2
  • 13
    Loading

    Agharta / Miles Davis

    Miles Davis – organ, trumpet
    Pete Cosey – guitar, percussion, synthesizer
    Sonny Fortune – alto saxophone, flute, soprano saxophone
    Al Foster – drums
    Michael Henderson – bass
    Reggie Lucas – guitar
    James Mtume – congas, percussion, rhythm box, water drum
    Recording Year:1975

    1975年の大阪フェスティバルホールでのコンサートを収録した2枚組ライブアルバム。
    マイルスはこのコンサートで手と頭のジェスチャー、トランペットのフレーズ、電子オルガンによって、リズムと音楽の方向性をコントロールしました。マイルスの精神的な状態を反映したインプロヴィゼーションは、ダイナミックなグループ・パフォーマンスとして、エレクトリック・マイルスの頂点と見なされています。
    タイトルの「アガルタ」は、伝説の地下都市にちなんで名づけられ、ジャケットのデザンイは、横尾忠則が東洋の地下神話やアフリカの未来派からインスピレーションを得た先進文明の景観を描いたもの。

    LPのライナーノーツには、「このレコードは住宅事情の許すかぎり、ボリュームを上げて、お聴き下さい。」という記載がありますが、CDにはその記載はありません。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/11

    • 2
    • 0
  • 14
    Loading

    TUTU / Miles Davis

    Miles Davis - trumpet
    Marcus Miller - bass guitars, guitar, synthesizers, drum machine programming, bass clarinet, soprano saxophone, other instruments
    Jason Miles - synthesizer programming
    Paulinho da Costa - percussion on "Tutu", "Portia", "Splatch" and Backyard Ritual"
    Adam Holzman - synthesizer solo on "Splatch"
    Steve Reid - additional percussion on "Splatch"
    George Duke - all except percussion, bass guitar, trumpet on "Backyard Ritual"
    Omar Hakim - drums and percussion on "Tomaas"
    Bernard Wright - additional synthesizers on "Tomaas" and "Don't Lose Your Mind"
    Michał Urbaniak - electric violin on "Don't Lose Your Mind"
    Jabali Billy Hart - drums, bongos
    Recording Year:1986

    1987年のグラミー賞・最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス・ソロ部門を受賞。 プロデュースはマーカス・ミラー。タイトル「TUTU」は、黒人初のケープタウン大主教デズモンド・ムピロ・ツツを称えてのもの。楽曲「Full Nelson」は、ネルソン・マンデラについてのもの。
    アルバム・ジャケットは、石岡瑛子がデザインし、アーヴィング・ペンが撮影。石岡は、この作品で1987年のグラミー賞最優秀アルバム・パッケージを受賞。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/11

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    Music From Siesta / Miles Davis

    Miles Davis - trumpet
    Marcus Miller - bass, bass clarinet, etc.
    John Scofield - acoustic guitar on "Siesta"
    Omar Hakim - drums on "Siesta"
    Earl Klugh - classical guitar on "Claire"
    James Walker - flute on "Los Feliz"
    Jason Miles - synthesizer programming
    Recording Year:1987

    映画「シエスタ」のサウンドトラック。

    SIESTA
    監督:メアリー・ランバート
    音楽:マイルス・デイヴィス、マーカス・ミラー
    出演者:エレン・バーキン、ジョディ・フォスター、マーティン・シーン、イザベラ・ロッセリーニ
    公開:1988年12月17日
    製作国:アメリカ合衆国

    映画はなんとも不可解な映画でしたが、イザベラ・ロッセリーニは美しく、マイルス・デイヴィスとマーカス・ミラーの音楽はよかったです。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/12

    • 2
    • 0
  • 16
    Loading

    Amandla / Miles Davis

    Miles Davis – trumpet
    Marcus Miller – arranger (except # 2), bass, keyboards, bass clarinet (exc. # 5, 6), soprano saxophone (# 1, 3), guitar (# 1, 4, 7), drums (# 1)
    Kenny Garrett – alto saxophone (exc. # 2, 8), soprano saxophone (# 2)
    Rick Margitza – tenor saxophone (# 5)
    George Duke – keyboards, synclavier, arranger (# 2)
    Joey DeFrancesco – additional keyboards (# 2)
    Joe Sample – piano (# 6)
    Jason Miles – synthesizer programming (# 8)
    Michael Landau – guitar (# 2)
    Foley – guitar (# 3, 4, 7)
    Jean-Paul Bourelly – guitar (# 3, 5)
    John Bigham – guitar, keyboards, drum programming, arranger (# 7)
    Billy "Spaceman" Patterson – wah-wah guitar (# 7)
    Ricky Wellman – drums (# 3, 7)
    Omar Hakim – drums (# 4, 6)
    Al Foster – drums (# 8)
    Don Alias – percussion (# 1, 3, 6)
    Mino Cinelu – percussion (# 1)
    Paulinho Da Costa – percussion (# 4, 5)
    Bashiri Johnson – percussion (# 6)
    Recording Year:1988~89

    「Tutu」(1986)、「Siesta」(1987)に続き、マーカス・ミラーとの3度目にして最後のコラボレーション。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/12

    • 2
    • 0
  • 17
    Loading

    Miles & Quincy Live at Montreux / Miles Davis

    Miles Davis - trumpet
    Kenny Garrett - alto saxophone
    The George Gruntz Concert Jazz Band – performer
    The Gil Evans Orchestra – performer
    Quincy Jones - conductor, producer
    Wallace Roney - trumpet, flugelhorn
    Ack Van Rooyen - trumpet, flugelhorn
    Recording Year:1991

    クインシー・ジョーンズとの共同ライブアルバム。 1991年のモントルー・ジャズ・フェスティバルで録音され、1993年にワーナー・ブラザース・レコードによってリリースされました。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/13

    • 2
    • 0
  • 18
    Loading

    Doo-Bop / Miles Davis

    Miles Davis - composer, primary artist, trumpet
    Easy Mo Bee - composer, guest artist, performer, primary artist, producer
    Donald Hepburn - composer
    J.R - performer, primary artist
    Year:1991

    1992年にリリースされたこのアルバムは,マイルスが初めてヒップホップに正面から取り組んだアルバムであり,その音楽性を変遷させて来たマイルスの記念すべき90年代の幕開けを飾る一枚となるはずでしたが,残念ながら遺作となってしまいました。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/13

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    The Sidewinder / Lee Morgan

    Lee Morgan – trumpet
    Joe Henderson – tenor saxophone
    Barry Harris – piano
    Bob Cranshaw – bass
    Billy Higgins – drums
    Recording Year:1963

    1963年にブルーノート・レコードからリリース。
    ブルーノート・レーベル空前のヒットを記録し、ブルーノート創設以来の売れ行きとなりました。
    タイトルチューンは8ビートを取り入れたジャズ・ロック調で大ヒットし今日でもしばしばカバーされます。1965年にはクライスラー社のテレビCMに使われたり、近年の日本においてもカヴァー・バージョンがテレビCMに使われたりしており、ジャズ・スタンダードの1曲となっています。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/14

    • 2
    • 4
  • 20
    Loading

    Wynton Marsalis / Wynton Marsalis

    Wynton Marsalis – trumpet
    Branford Marsalis – tenor and soprano saxophone (tracks 1–5 & 7)
    Herbie Hancock – piano (tracks 3, 5–6)
    Kenny Kirkland – piano (tracks 1–2 & 7)
    Ron Carter – bass (tracks 3–6)
    Charles Fambrough – bass (track 7)
    Clarence Seay – bass (tracks 1–2)
    Tony Williams – drums (tracks 3–6)
    Jeff "Tain" Watts – drums (tracks 1–2 & 7)
    Recording Year:1982

    ウィントン・マルサリスの初リーダー・アルバム
    1980年、わずか18歳でアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに加入し、プロとしての活動を開始。1981年7月、ハービー・ハンコックのバンドの一員として初来日、同年バンド・リーダーとしてデビュー。伝統的なアコースティック・ジャズを継承する大型新人として話題となりました。
    当時、リアルタイムのメインストリームが聞きたくて購入。(何を隠そうウィントン・マルサリスと私は同じ年^^;)
    どの演奏も非常に完成度が高いのですが、個人的には、トニー・ウィリアムス作曲のシスター・シェリルという曲が好きです。

    https://youtu.be/6vzZWAd-k_I

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/19

    • 2
    • 0
  • 21
    Loading

    Hot House Flowers / Wynton Marsalis

    Wynton Marsalis – trumpet
    Branford Marsalis – soprano and tenor saxophone
    Kent Jordan – alto flute
    Kenny Kirkland – piano
    Ron Carter – double bass
    Jeff "Tain" Watts – drums
    Recording Year:1984

    1985年のグラミー賞受賞。

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/19

    • 2
    • 0
  • 22
    Loading

    Black Codes / Wynton Marsalis

    Wynton Marsalis – trumpet
    Branford Marsalis – tenor saxophone, soprano saxophone
    Kenny Kirkland – piano
    Charnett Moffett – double bass (tracks 1–4, 6, 7)
    Ron Carter – double bass (track 5)
    Jeff "Tain" Watts – drums
    Recording Year:1985

    1986年のグラミー賞を2部門で受賞。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/20

    • 2
    • 0
  • 23
    Loading

    J Mood / Wynton Marsalis

    Wynton Marsalis – trumpet
    Marcus Roberts – piano
    Robert Hurst III – double bass
    Jeff "Tain" Watts – drums
    Recording Year:1985

    1987年のグラミー賞を受賞。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/20

    • 2
    • 0
  • 24
    Loading

    Marsalis Standard Time- Vol. 1 / Wynton Marsalis

    Wynton Marsalis – trumpet
    Marcus Roberts – piano
    Robert Leslie Hurst III – double bass
    Jeff "Tain" Watts – drums
    Recording Year:1986

    1988年グラミー賞最優秀ジャズインストゥルメンタルパフォーマンス部門賞を受賞。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/21

    • 2
    • 0
  • 25
    Loading

    The Majesty of the Blues / Wynton Marsalis

    The Wynton Marsalis Sextet
    Wynton Marsalis – trumpet
    Marcus Roberts – piano
    Todd Williams – tenor and soprano saxophones
    Wessell Anderson – alto saxophone
    Reginald Veal – double bass

    The New Orleans Function
    Composed of the Wynton Marsalis Sextet and the following:
    Teddy Riley – first trumpet
    Wynton Marsalis – second trumpet and plunger mute
    Freddie Lonzo – trombone
    Michael White – clarinet
    Danny Barker – banjo
    Herlin Riley – drums

    Recording Year:1989

    アルバムの最初の2つのトラックはWynton Marsalis Sextetが担当し、残りの3つのトラックは "New Orleans Function"と題されたセットで、演奏しています。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/21

    • 2
    • 0
  • 26
    Loading

    Tenor Madness / Sonny Rollins

    Sonny Rollins – tenor saxophone
    John Coltrane – tenor saxophone (#1 only)
    Red Garland – piano
    Paul Chambers – double bass
    Philly Joe Jones – drums
    Recording Year:1956

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/25

    • 2
    • 0
  • 27
    Loading

    Blue Train / John Coltrane

    John Coltrane – tenor saxophone
    Lee Morgan – trumpet
    Curtis Fuller – trombone
    Kenny Drew – piano
    Paul Chambers – bass
    Philly Joe Jones – drums
    Recording Year:1957

    コルトレーンのリーダー・アルバムとしては唯一ブルーノートから発売された作品。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/26

    • 2
    • 0
  • 28
    Loading

    Ballads / John Coltrane

    John Coltrane – tenor saxophone
    McCoy Tyner – piano
    Jimmy Garrison – bass
    Reggie Workman – bass
    Elvin Jones – drums
    Recording Year:1961

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/27

    • 2
    • 9
  • 29
    Loading

    A Love Supreme / John Coltrane

    John Coltrane – bandleader, liner notes, vocals, tenor saxophone, soprano saxophone
    Jimmy Garrison – double bass
    Elvin Jones – drums, gong, timpani
    McCoy Tyner – piano
    Recording Year:1964

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/26

    • 2
    • 0
  • 30
    Loading

    Last Date / Eric Dolphy

    Eric Dolphy – bass clarinet, flute, alto saxophone
    Misha Mengelberg – piano
    Jacques Schols – double bass
    Han Bennink – drums
    Recording Year:1964

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/27

    • 2
    • 4