みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

MINIATURE CAR (FIAT)

持株会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の一部門。 FIATとはFabbrica Italiana Automobili Torinoの頭文字を取ったもので、「トリノのイタリア自動車製造所」の意味。 トリノ市のリンゴット地区に本拠を置くことから、フィアット本社工場と「リンゴット」はしばしば同義とされます。 自動車だけでなく、自動車関連産業、鉄道車両や船舶、航空機の製造などのイタリアにおける産業分野全般を掌握し、マスコミュニケーション、金融等にも進出しており、ヨーロッパにおいても大きな影響力を持っています。 創業グループの1人のジョヴァンニ・アニェッリを継ぐアニエッリ家が大株主となり代々経営を行っています。 本社所在地:イタリア トリノ 設立:1899年

  • File

    FIAT 500F

  • 1
    Loading

    FIAT 500F

    TOMICA PREMIUM 29

    2代目 NUOVA 500(1957 - 1977年)
    正式名称はFIAT NUOVA 500(新フィアット500)ですが、一般にはイタリア語で500を意味するチンクェチェント(Cinquecento)の呼称で知られています。
    初代500トポリーノの直接後継モデルではなく、異なるコンセプトで新規設計された同クラス・別系統車種です。
    先行して発売されていた600のメカニズムの多くが流用されており、600同様モノコックボディのリアエンジン・リアドライブ車となりました。
    エンジンは新たに開発された479cc・15PSの空冷直列2気筒OHVが縦置で搭載されています。
    丸みのある愛嬌のあるフォルムは、設計者のジアコーサ自身が手掛けたもので、クレイモデルを毎日撫で回すように手作業で削り出していたら、自然に出来てしまったのだそうです。

    500F
    1965年に発売。新しい交通規則に対応するため、これまでの前開きドアを廃止し後ろ開きドアを採用。これに伴い大幅に手が加えられ、フロントウィンドウを大型化、キャンバストップ開閉レバーを2か所から1か所に変更、キャンバストップ後方部分を一体成型に変更、テールランプを大型化、ドライブシャフトのジョイントを強化、クラッチをコイルスプリング式からダイアフラムスプリング式に変更、ボディパネルを変更しました。

    • いいね!

      65がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/10

    • 8
    • 11