みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

MOVIE TICKET

1980年代に見た映画の特別鑑賞券(前売券)など

  • Loading

    真夏の夜のジャズ

  • Loading

    去年マリエンバートで

  • Loading

    オーソン・ウェルズのフォルスタッフ

  • Loading

    妖婆 死棺の呪い

  • Loading

    銀河

  • Loading

    2001年宇宙の旅

  • Loading

    やさしい女

  • Loading

    哀しみのトリスターナ

  • Loading

    ジョニーは戦場へ行った

  • Loading

    栄光のル・マン

  • Loading

    ミツバチのささやき

  • Loading

    欲望のあいまいな対象

  • Loading

    インタビュアー

  • Loading

    天国の日々

  • Loading

    ジャスト・ア・ジゴロ

  • Loading

    コンフィデンス 信頼

  • Loading

    ブリキの太鼓

  • Loading

    ニジンスキー

  • Loading

    炎のランナー

  • Loading

    フランス軍中尉の女

  • Loading

    告白

  • Loading

    アルシノとコンドル

  • Loading

    フィッツカラルド

  • Loading

    パッション

  • Loading

    ガープの世界

  • Loading

    スワンの恋

  • Loading

    カルメン

  • Loading

    ダントン

  • Loading

    ノスタルジア

  • Loading

    ウォー・ゲーム

  • 1
    Loading

    真夏の夜のジャズ

    Jazz On A Summer's Day
    監督:バート・スターン、アラム・A・アヴァキアン
    出演ミュージシャン:ジミー・ジュフリー、ソニー・スティット、アニタ・オデイ、ジョージ・シアリング、ジェリー・マリガン、アート・ファーマー、ジム・ホール、
    セロニアス・モンク、ダイナ・ワシントン、ビッグ・メイベル、チャック・ベリー、
    チコ・ハミルトン、マヘリア・ジャクソン、ルイ・アームストロング
    公開:1960年3月28日
    製作国:アメリカ合衆国

    1958年に開催された第5回ニューポート・ジャズ・フェスティバルを記録したドキュメンタリー映画。

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:5 days ago

    • 1
    • 2
  • 2
    Loading

    去年マリエンバートで

    L'Année dernière à Marienbad
    監督:アラン・レネ
    脚本:アラン・ロブ=グリエ
    出演者:デルフィーヌ・セイリグ
    公開:1961年6月25日
    製作国:フランス、イタリア

    ロブ=グリエは、黒澤明監督の『羅生門』に触発されて作った作品と言っているようですが、あまりピンときません^^;
    この映画に度々登場する『ニム』と言いうゲーム、当時、仲間内で流行らせました(^_^)

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/12

    • 1
    • 0
  • 3
    Loading

    オーソン・ウェルズのフォルスタッフ

    Campanadas a Medianoche
    監督:オーソン・ウェルズ
    出演:オーソン・ウェルズ、ジャンヌ・モロー
    公開:1966年
    製作国:スペイン、スイス

    終生シェークスピアに拘り続けたウェルズが、「ヘンリー4世」、「リチャード2世」、「ウィンザーの陽気な女房たち」等の脇役だった大酒呑みで女たらしの大ボラ吹きので、けれども憎めない巨漢の騎士フォルスタッフに堂々とした体躯でなりきった、その集大成的傑作。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/12

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    妖婆 死棺の呪い

    ВИЙ
    監督:コンスタンチン・エルショフ、 ゲオルギー・クロパチェフ
    出演者:レオニード・クラヴレフ、ナターリヤ・ワルレイ、ニコライ・クトゥーゾフ
    公開:1967年11月27日
    製作国:ソビエト連邦
    原作:ニコライ・ゴーゴリ

    ゴーゴリの短編「ヴィー」を基に、一人の神学者と若い娘の死体に取り付こうとしている妖怪たちとの戦いを描いた怪奇幻想譚。全編に渡るユニークな色合いと、原始的だが効果的なSFXが観る者のド肝を抜く、ソ連製の娯楽ファンタジー作品。死んだ娘を供養するため、三日三晩小屋で祈祷する主人公を阻止しようと、悪霊たちがいろいろな手段を繰り出しますが、特に最後の夜、大挙登場する異形の群れのインパクトは強烈。どこか牧歌的というかのんびりした雰囲気もいい味になっています。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/12

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    銀河

    La Voie lactée
    監督:ルイス・ブニュエル
    出演:ポール・フランクール、ローラン・テルジェフ、アラン・キュニー、デルフィーヌ・セイリグ
    公開:1968年
    製作国:フランス、イタリア

    ブニュエルは筋金入りの無神論者と自称、「今日まで無神論者でいられたことを神に感謝する」と言っています(笑)。
    この映画に至ってはキリスト教の異端事典を元に脚本が書かれました。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/12

    • 1
    • 0
  • 6
    Loading

    2001年宇宙の旅

    2001 A Space Odyssey
    監督:スタンリー・キューブリック
    脚本:スタンリー・キューブリック、アーサー・C・クラーク
    出演者:キア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ウィリアム・シルベスター、ダグラス・レイン
    公開:1968年4月6日
    製作国:イギリス、アメリカ合衆国

    アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックのアイデアをまとめたストーリーに基いて製作されたSF映画。
    特に説明は不要と思われますので、ネタ話をいくつか。
    ・ディスカバリー号の乗員達が食べる宇宙食は、NASAが実際に開発してこの映画のために提供したもの。
    ・登場するコンピュータの設定や画面はIBMが協力、当初は随所にIBMのロゴがあったが、制作中に「コンピュータが人間を殺害する」というストーリーであることが判明したため、IBMは手を引き、ロゴもすべて除去されたはずなのだが、アリエス1B型の計器盤とディスカバリー号乗員が着用する宇宙服の左腕コンソールに取り残されたIBMロゴがついている。
    ・キューブリックは美術担当として漫画家の手塚治虫の協力を仰いだが、当時の手塚は連載漫画の他に、テレビアニメ番組を多数抱え、日本国外での映画制作に携わることは物理的に不可能だったため、オファーを断わった。その際、手塚が「200名もの人間を食わせなければならないので」云々と云う主旨の返信を送ると、キューブリックは「家族が200人もいるのか?!」と驚嘆したという。

    https://youtu.be/Z2UWOeBcsJI

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/13

    • 1
    • 0
  • 7
    Loading

    やさしい女

    UNE FEMME DOUCE
    監督:ロベール・ブレッソン
    出演者:ドミニク・サンダ
    公開:1969年
    製作国:フランス
    原作: フョードル・ドストエフスキー

    ドストエフスキーの短編小説を翻案し、舞台をロシアから製作当時のパリに置き換えて映画化。ロベール・ブレッソン監督にとって初のカラー作品。自殺してしまった若い妻の死体を前に、夫は2年間の夫婦生活を振り返り、妻の不可解な自殺の原因を探ろうとする。その物語を通し、夫婦とは、人を愛するとは何かを問いかける。15歳で年上の男性と結婚するも、数カ月で離婚したという経歴をもつ、当時16歳のドミニク・サンダが主演し、映画デビューを飾りました。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/13

    • 1
    • 0
  • 8
    Loading

    哀しみのトリスターナ

    Tristana
    監督:ルイス・ブニュエル
    出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ、フランコ・ネロ、フェルナンド・レイ
    公開:1970年4月29日
    製作国:フランス、イタリア、スペイン

    数奇な運命にもてあそばれて、多難な人生を歩む、薄幸の美女の愛と憎しみを描いた作品。

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/13

    • 1
    • 0
  • 9
    Loading

    ジョニーは戦場へ行った

    Johnny Got His Gun
    監督:ダルトン・トランボ
    出演者:ティモシー・ボトムズ、キャシー・フィールズ
    公開:1971年5月14日
    製作国:アメリカ合衆国

    ダルトン・トランボが1939年に発表した反戦小説をベトナム戦争最中の1971年、トランボ自身が脚本・監督し映画化しました。
    小説は、反戦的な内容が「反政府文学」と判断され、第二次世界大戦が激化した1945年、発禁処分となりました。戦後になって復刊されましたが、朝鮮戦争時には再び絶版とされ、休戦後に復刊されるなど、戦争のたびに絶版と復刊を繰り返しました。
    これはこの小説の非常に強力な反戦メッセージに、アメリカ合衆国連邦政府が危機感を持っていた証左とも言えます。トランボはアメリカ共産党の党員で、赤狩りにあい逮捕、禁固刑の実刑判決をうけ、刑期満了後も映画界から事実上追放されました。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/13

    • 1
    • 0
  • 10
    Loading

    栄光のル・マン

    Le Mans
    監督:リー・H・カッツィン
    出演者:スティーブ・マックイーン、ヘルガ・アンデルセン、ジークフリート・ラウヒ
    公開:1971年6月23日
    製作国:アメリカ合衆国

    スティーブ・マックイーンが、自ら率いるソーラー・プロダクションの総力をあげて作り上げた、本格カーレース映画の名作。
    全編セミ・ドキュメンタリータッチで構成されており、本物の1970年ル・マン24時間レースの映像と、映画向けに撮影された映像とを巧みに編集したレースシーンを中心に、大イベントを迎えたサルト・サーキットの喧騒、走るレーサー達の緊張と孤独、トップチーム同士の駆け引きにいたるまで臨場感たっぷりに表現しており、モータースポーツのファンにも強く支持された作品です。
    一方で人間ドラマのけれん味をごく控えめにし、有名俳優も起用しなかったことなどが災いして世界的に見れば一般層にはアピールできず、商業的に大敗したマックイーンは自身のプロダクションを解散せざるをえなくなりました。ただし、日本では大ヒットを記録し、多くの波及効果を後にもたらしました。

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/30

    • 1
    • 0
  • 11
    Loading

    ミツバチのささやき

    El espíritu de la colmena
    監督:ビクトル・エリセ
    出演者:アナ・トレント、イザベル・テリェリア、フェルナンド・フェルナン・ゴメス
    公開:1973年10月8日
    製作国:スペイン

    フランシスコ・フランコによる独裁政治が終了する数年前に製作されたこの映画は、その独裁が始まるスペイン内戦の終結直後の1940年を舞台とし、内戦後の国政に対する微妙な批判を匂わせています。
    内戦により分断された夫婦と若き後妻それぞれの抱える苦しみ、子どもたちはそんな状況下でも純真さを保ちつつ成長して行く姿を描いています。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/13

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    欲望のあいまいな対象

    Cet obscur objet du désir
    監督:ルイス・ブニュエル
    出演者:フェルナンド・レイ、キャロル・ブーケ、アンヘラ・モリーナ
    公開:1977年8月14日
    製作国:フランス、スペイン

    ルイス・ブニュエルの遺作。
    ヒロインをフランス人のキャロル・ブーケとスペイン人のアンヘラ・モリーナの二人の女優が演じるという「二人一役」の演出。同一人物の役をシーンによって二人の違う女優が演じているので、それを知らないで見るとわけがわからなくなります。あまりにも唐突な結末でもあり、私はこの映画をシュルレアリスム作品として見ました。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/14

    • 1
    • 0
  • 13
    Loading

    インタビュアー

    НЕСКОЛBKO ИНТЕРВЬЮ
    監督:ラナ・ゴゴベリーゼ
    出演:ソフィコ・チアウレリ、ギア・バドリーゼ
    公開:1978年
    製作国:ソビエト連邦

    グルジアの女流監督ゴゴベリーゼが、新聞社の花形記者として活躍するキャリア・ウーマンの仕事と家庭、複雑な生い立ちなどに悩む姿を、活き活きとした取材活動を織りまぜながら、シビアに描く佳作。
    1979年サンレモ国際映画大賞受賞。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/14

    • 1
    • 0
  • 14
    Loading

    天国の日々

    Days of Heaven
    監督:テレンス・マリック
    出演者:リチャード・ギア、ブルック・アダムス、サム・シェパード
    撮影:ネストール・アルメンドロス、ハスケル・ウェクスラー
    公開:1978年9月13日
    製作国:アメリカ合衆国

    20世紀初頭のテキサスの農場を舞台に、雇われた労働者達の姿と、人間の弱さと脆さを描いた作品。ネストール・アルメンドロスによる徹底したリアリスティックで美しい映像が高く評価されています。
    1978年度アカデミー撮影賞受賞。
    見ていて、アメリカの画家アンドリュー・ワイエスの「クリスティーナの世界」を髣髴とさせるような映像でした。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/14

    • 1
    • 0
  • 15
    Loading

    ジャスト・ア・ジゴロ

    SCHONER GIGOLO
    監督: デヴィッド・ヘミングス
    出演者:デヴィッド・ボウイ、シドニー・ローム、マレーネ・ディートリッヒ、キム・ノヴァク、マリア・シェル、クルト・ユルゲンス
    公開:1978年11月16日
    製作国:西ドイツ

    D・ボウイ主演作品。第一次大戦敗北後の荒廃したベルリンを舞台に、行き場の無いままジゴロに身を落とし、そして死んでいった一人の青年の姿を描く。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/14

    • 1
    • 0
  • 16
    Loading

    コンフィデンス 信頼

    Bizalom
    監督:イシュトヴァン・サボー
    出演:イルディコ・バンシャーギ、ペーター・アンドライ
    公開:1979年
    製作国:ハンガリー

    第二次大戦中のブダペストを舞台に、ナチスの抑圧に脅える人々を繊細なタッチで描いた作品。
    物語は、夫がレジスタンスとして地下に潜ったために一人になった妻と、彼女にあてがわれた偽装のための仮の夫との心情をきめ細かく追い、権力と庶民のせめぎ合いを丹念に描写しています。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/18

    • 1
    • 0
  • 17
    Loading

    ブリキの太鼓

    Die Blechtrommel
    監督:フォルカー・シュレンドルフ
    原作:ギュンター・グラス
    出演者:ダーフィト・ベンネント
    公開:1979年5月3日
    製作国:西ドイツ、ポーランド、フランス、ユーゴスラビア

    「ブリキの太鼓」はギュンター・グラスが1959年に発表した長篇小説で、第二次世界大戦後のドイツ文学における最も重要な作品の一つ。
    1979年にフォルカー・シュレンドルフが映画化。
    カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞、アカデミー外国語映画賞を受賞。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/18

    • 1
    • 0
  • 18
    Loading

    ニジンスキー

    Nijinsky
    監督:ハーバート・ロス
    出演者:アラン・ベイツ、ジョルジュ・デ・ラ・ペーニャ
    公開:1980年3月20日
    製作国:アメリカ合衆国

    20世紀を代表するバレエダンサーの一人ヴァーツラフ・ニジンスキーと、彼を育てたロシア・バレエ団の主宰者セルゲイ・ディアギレフ。彼らの生活と破滅的な人生を描く伝記映画。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/18

    • 1
    • 0
  • 19
    Loading

    炎のランナー

    Chariots of Fire
    監督:ヒュー・ハドソン
    出演者:ベン・クロス、イアン・チャールソン、イアン・ホルム
    公開:1981年3月30日
    製作国:イギリス
    作曲、編曲、演奏:ヴァンゲリス

    走ることによって栄光を勝ち取り真のイギリス人になろうとするユダヤ人のハロルド・エーブラムスと、神のために走るスコットランド人宣教師エリック・リデル、実在の二人のランナーを描いています。
    第54回アカデミー賞作品賞受賞。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/18

    • 1
    • 0
  • 20
    Loading

    フランス軍中尉の女

    The French Lieutenant's Woman
    監督:カレル・ライス
    出演者:メリル・ストリープ、ジェレミー・アイアンズ
    公開:1981年8月
    製作国:イギリス

    イギリスの現代作家ファウルズの同名ベストセラーの映画化。
    「フランス軍中尉の女」と題する映画を撮影中の男優と女優の関係が、撮影が進むうちに、映画中の男女の関係とオーバー・ラップしていく劇中劇的なラブストーリー。
    メリル・ストリープは英国アカデミー賞主演女優賞を受賞。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/19

    • 1
    • 0
  • 21
    Loading

    告白

    True Confessions
    監督:ウール・グロスバード
    出演者: ロバート・デ・ニーロ、ロバート・デュバル
    公開:1981年9月4日
    製作国:アメリカ合衆国

    警察官と僧侶というまるで異なった職業についた貧しいアイリッシュ・カソリックに生まれた2人の兄弟の、ある殺人事件をめぐる愛憎と宿命を描いた作品。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/19

    • 1
    • 0
  • 22
    Loading

    アルシノとコンドル

    Alsiono y el Condor
    監督:ミゲル・リッティン
    出演:アラン・エスキヴェル、カルメン・ブンステル、マルタ・ロレナ・ペレス、ディーン・ストックウェル
    公開:1982年
    製作国:ニカラグア、メキシコ、キューバ、コスタリカ

    中米の小国ニカラグア初の長編劇映画。親米の独裁体制を打ち倒した民族解放戦争後、キューバ、メキシコ、コスタリカの映画人の全面的な協力を得、チリの亡命監督M・リッティンを監督に迎えて製作されました。
    アメリカに支援された政府軍と反政府ゲリラの戦いが続く山村に住み、コンドルのように大空を翔びたいと夢見ている少年アルシノとその家族、年上の友達の少女を中心に、民族独立のため戦う民衆やゲリラの姿が描かれ、その中でアルシノの夢や大人への自立といったものが語られます。
    アルシノの夢は“自由”という作品のテーマであり、民族の自立への歩みというダブル・イメージで語られ、一見平和で美しい自然と政府軍の激しい攻撃など、現実の厳しい姿を巧みに織り交ぜて描いています。
    1982年アカデミー外国語映画賞にノミネートされ、1983年モスクワ国際映画祭では金賞を受賞。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/19

    • 1
    • 0
  • 23
    Loading

    フィッツカラルド

    Fitzcarraldo
    監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
    出演者:クラウス・キンスキー、クラウディア・カルディナーレ
    公開:1982年3月4日
    製作国:西ドイツ

    アマゾン奥地でゴム園を開拓してオペラハウス建設の資金を作ろうとする1人の男の姿を、ニュー・ジャーマン・シネマの旗手ヴェルナー・ヘルツォーク監督がアマゾンで長期ロケを行って描いたスペクタクル・ロマン。第35回カンヌ国際映画祭監督賞受賞。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/19

    • 1
    • 0
  • 24
    Loading

    パッション

    Passion
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    出演者:イザベル・ユペール、ハンナ・シグラ、ミシェル・ピコリ、イェジー・ラジヴィオヴィッチ
    公開:1982年5月26日
    製作国:フランス、スイス

    商業映画に復帰したゴダールの復帰第2作
    映画内映画で、レンブラントの『夜警』、ゴヤの『裸のマハ』、『5月3日の銃殺』、『カルロス4世の家族』、アングルの『小浴女』、ドラクロワの『十字軍のコンスタンティノーブル入場』、『天使と闘うヤコブ』、ヴァトーの『シテール島への船出』の活人画映画を製作するという内容。

    1983年に開館したシネ・ヴィヴァン六本木のオープニング作品でした。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/20

    • 1
    • 0
  • 25
    Loading

    ガープの世界

    The World According to Garp
    監督:ジョージ・ロイ・ヒル
    出演者:ロビン・ウィリアムズ、グレン・クローズ
    公開:1982年7月23日
    製作国:アメリカ合衆国
    原作者:ジョン・アーヴィング

    ジョン・アーヴィングの4作目の小説を原作とした映画。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/20

    • 1
    • 0
  • 26
    Loading

    スワンの恋

    UN AMOUR DE SWANN
    監督:フォルカー・シュレンドルフ
    出演:ジェレミー・アイアンズ、オルネラ・ムーティ、アラン・ドロン、ファニー・アルダン、マリー=クリスティーヌ・バロー、アンヌ・ベネント、ジャン=フランソワ・バルメ
    公開:1983年
    製作国:フランス、西ドイツ
    原作者:マルセル・プルースト

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/20

    • 1
    • 0
  • 27
    Loading

    カルメン

    Carmen
    監督:カルロス・サウラ
    出演者:アントニオ・ガデス、パコ・デ・ルシア、クリスティーナ・オジョス、ローラ・デル・ソル
    公開:1983年
    製作国:スペイン

    フラメンコ・バレエの第一人者アントニオ・ガデスがサウラとともに作り上げた現代版カルメン

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/20

    • 1
    • 0
  • 28
    Loading

    ダントン

    Danton
    監督:アンジェイ・ワイダ
    出演者:ジェラール・ドパルデュー、ヴォイチェフ・プショニャック
    公開:1983年1月12日
    製作国:フランス、ポーランド

    フランス革命の中心的人物であるジョルジュ・ダントンとマクシミリアン・ロベスピエールの対立と2人のその後の運命を描いた歴史映画。アンジェイ・ワイダはこの作品で第8回セザール賞の監督賞を受賞。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/21

    • 1
    • 0
  • 29
    Loading

    ノスタルジア

    Nostalghia
    監督:アンドレイ・タルコフスキー
    出演者:オレーグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン、ドミツィアナ・ジョルダーノ
    公開:1983年6月2日
    製作国:イタリア、ソビエト連邦

    タルコフスキーはこの映画完成後に亡命。
    主人公のアンドレイ・ゴルチャコフはタルコフスキー自身と解釈されています。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/21

    • 1
    • 0
  • 30
    Loading

    ウォー・ゲーム

    WarGames
    監督:ジョン・バダム
    出演者:マシュー・ブロデリック
    公開:1983年6月3日
    製作国:アメリカ合衆国

    「コンピュータネットワーク下の戦争」を題材とし、コンピュータ制御の戦争システムの危険性を描いた作品。 当時、この映画を特集したテレビ番組の中で、「実際はどうなのか、大丈夫か」という声が上がり、NORADの広報担当は「司令部コンピュータネットワークへのハッキングは絶対不可能。」と回答したというエピソードがありました。また、映画の公開と前後して実際に米軍のコンピュータが不具合となり、核ミサイルを発射する危機に陥りそうになったこともあいまって、映画がヒットしたという逸話もありました。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/21

    • 1
    • 0