みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

MINIATURE CAR (KONAMI)

ゲームソフトメーカーであるコナミが、2004年から「絶版名車コレクション」、「Car of the 80's」の1/64スケールモデルや箱スケールの「国産車名鑑」を展開していました。2008年に「Car of the 80's EDITION RED」の発売を最後に、予定されていたシリーズも発売されず撤退しました。

  • Loading

    HINO CONTESSA COUPE (PD300) 1965

  • Loading

    HONDA N360 1967

  • Loading

    ISUZU 117 COUPE (PA90) 1968

  • Loading

    MAZDA COSMO SPORT (L10B) 1968

  • Loading

    MAZDA FAMILIA ROTARY COUPE (M10A) 1968

  • Loading

    MAZDA LUCE ROTARY COUPE (M13P) 1969

  • Loading

    MAZDA SAVANNA GT (S124A) 1972

  • Loading

    MAZDA COSMO AP (CD23) 1975

  • Loading

    NISSAN SILVIA (CSP311) 1965

  • Loading

    NISSAN BLUEBIRD SSS (P510) 1968

  • Loading

    NISSAN FAIRLADY Z 432 (S30) 1969

  • Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (PGC10) 1969

  • Loading

    NISSAN FAIRLADY 240ZG (HS30) 1971

  • Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (KPGC110) 1973

  • Loading

    PRINCE SKYLINE SPORT (BLRA-3) 1962

  • Loading

    PRINCE SKYLINE GT-B (S54B) 1965

  • Loading

    TOYOTA 2000GT (MF10) 1969

  • Loading

    TOYOTA COROLLA LEVIN (TE27) 1972

  • 1
    Loading

    HINO CONTESSA COUPE (PD300) 1965

    KONAMI
    絶版名車コレクション Vol.7

    日野・コンテッサ (PD300)
    コンテッサは、日野自動車がルノー・4CVのライセンス生産で得た経験をもとに開発し、1961年から1967年まで生産したRRの乗用車。
    1965年に新たに設定されたクーペは、出力65ps、最高速度145km/hを公称。低く流れるようなスタイリングは、1960年代の日本製乗用車の中でも屈指の美しさといわれています。
    4灯ヘッドライトと細いピラー、長いリアデッキを基本とするスタイルは、ジョバンニ・ミケロッティが手がけ、その優雅なスタイリングから、イタリアのコンクール・デレガンスで複数年に渡り4度の賞を受賞しました。デザインモチーフには、グリルレスノーズとデュアルヘッドライト、リアサイドの直線基調なプレスラインなど、当時のミケロッティのデザイン趣向が見られます。

    • いいね!

      57がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/16

    • 8
    • 9
  • 2
    Loading

    HONDA N360 1967

    KONAMI
    絶版名車コレクション Vol.6

    ホンダ・N360
    1966年の第13回東京モーターショーで発表、1967年に販売開始。車名の「N」は一説に「乗り物(Norimono)」の略とされ、本田宗一郎社長がミニマム・トランスポーテーションとしての普及を目的に命名したとされています。
    FFの採用と小径タイヤを四隅に配置して車室空間を稼ぎ出そうとした設計思想は、ミニの影響が色濃く出ています。
    フロントに横置きに搭載されたエンジンは、4ストローク強制空冷直列2気筒チェーン駆動SOHCで、ドリームCB450に搭載されていた空冷並列2気筒DOHCエンジンをベースに開発されました。排気量354cc、最高出力31ps/8,500rpmは、四輪車としては異例の高回転型エンジンでした。この時期の他メーカー製軽自動車は2ストロークエンジンが主流で、最高出力が20PS台前半だったのと比較すると格段の高出力でした。高性能と低廉な価格が相まって、当時のベストセラーモデルとなりました。

    • いいね!

      51がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/19

    • 8
    • 4
  • 3
    Loading

    ISUZU 117 COUPE (PA90) 1968

    KONAMI
    絶版名車コレクション Vol.3

    いすゞ・117クーペ (PA90)
    プロトタイプは1966年3月のジュネーヴ・モーターショーで発表され、コンクール・デレガンスを獲得。車名の由来は開発コード番号で、117サルーンのコードネームで開発されていたフローリアンのクーペ版としての位置づけで、シャーシ、ドライブトレーンをフローリアンと共有していました。
    コンセプト、デザイン、パッケージ、スタイリングはカロッツェリア・ギアに委託され、当時のチーフデザイナーであったジョルジェット・ジウジアーロが担当。その後ジウジアーロは独立、イタルデザインを立ち上げ、量産指導はイタルデザインの初仕事となりました。
    斬新で繊細なデザインの完成度の高さは今日に至るまで高く評価されており、4座のラグジュアリークーペとしてのカテゴリを確立した車でもありました。
    発売開始以来の10年間に1台も廃車が出なかったという業界記録を持っています。

    モデルは、1968年~1972年の「ハンドメイド117」と通称される初期型です。

    • いいね!

      58がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/23

    • 8
    • 1
  • 4
    Loading

    MAZDA COSMO SPORT (L10B) 1968

    KONAMI

    マツダ コスモスポーツ(後期型)
    初代(1967年 - 1972年)
    1967年に世界初の実用量産ロータリーエンジンを搭載した2シータークーペモデルとして発売。
    1968年にマイナーチェンジ(L10AからL10Bに形式変更)され、ラジエーターエアインテークの拡大、ブレーキ冷却口の新設、ホイールベース・トレッドの拡大、トランスミッションの5速化、ブレーキのハイドロマスター装着が行われました。ラジアルタイヤの標準化(155HR15)、ポートタイミングの変更に伴う吸入効率向上によるパワーアップ(110 PS /13.3 kgf·m → 128 PS /14.2 kgf·m)等により、最高速は185 km/h → 200 km/h、0-400 m 加速も16.3秒 → 15.8秒となりました。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/31

    • 8
    • 1
  • 5
    Loading

    MAZDA FAMILIA ROTARY COUPE (M10A) 1968

    KONAMI

    マツダ・ファミリアロータリークーペ(M10A型)
    1968年発売。2代目ファミリアの車体にコスモ・スポーツのエンジンを搭載。エンジンは多少ディチューンされているものの強力なエンジンに車体が追いついていないと当時評されていました。排気量は491cc×2ですが、出力は当時の2000ccクラスでした。

    • いいね!

      64がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/1

    • 8
    • 5
  • 6
    Loading

    MAZDA LUCE ROTARY COUPE (M13P) 1969

    KONAMI

    マツダ・ルーチェロータリークーペ (M13P型)
    マツダが1969年から1972年まで製造・発売したFF2ドア・クーペ。開発コードはRX87。
    655cc×2ローターの13A型ロータリーエンジンは126馬力を発揮し、最高速度は190km/hと公表され、カタログでのキャッチコピーは「ハイウェイの貴公子」。トヨタ・クラウンハードトップなどの上級モデルより一段高価で、まだハンドメイドだったいすゞ・117クーペの価格に匹敵しました。
    しかし、オーバーヒート、大きな前輪荷重によるアンダーステア、ドライブシャフトからの異音など、熟成不足や信頼性の面での疑問が指摘され、販売台数は伸びず、1972年の生産打ち切りまでに生産された台数は僅か976台でした。

    • いいね!

      55がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/1

    • 8
    • 0
  • 7
    Loading

    MAZDA SAVANNA GT (S124A) 1972

    KONAMI

    マツダ・サバンナ
    輸出名RX-3。コスモ、ファミリア、ルーチェ、カペラに次ぐマツダ第5弾のロータリーエンジン搭載車として、1971年に登場。クーペはファミリアロータリークーペの実質的後継車種となります。ロータリーエンジン専用車でしたが、レシプロエンジン版として姉妹車のグランドファミリアがありました。
    前期型 S102系(1971年-1973年)
    10A型エンジン搭載で、トランスミッションは4速フロアMTのみ。最高出力は105馬力。
    後期型 S124系(1973年-1978年)
    昭和50年度排出ガス規制に適合させるため、サーマルリアクターを装着した12A型エンジンを搭載。

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/1

    • 8
    • 1
  • 8
    Loading

    MAZDA COSMO AP (CD23) 1975

    KONAMI

    2代目コスモAP(1975年 - 1981年)
    コスモスポーツ製造中止より3年後の1975年にコスモAPとして復活。
    APとはアンチポリューション・公害対策の意味。オイルショック後にマツダが初めて発表したモデルで、コスモスポーツと路線の異なるスペシャルティカーとなった背景には、北米市場の要求がありました。
    エンジンは135PSの13B型エンジン、125PSの12A型エンジン、レシプロエンジンの2,000cc、1,800ccの4タイプのバリエーション。
    前期型は丸型4灯のヘッドランプとL字型のテールランプ、縦基調のラジエーターグリルと、マツダ独自の空力理論に基づくエンジンフード先端の処理が特徴でした。
    自動車排出ガス規制の影響で、スポーツモデルが次々と消えていこうとしている時期に登場したパワフルなコスモAPは一際目立つ存在となり、発売から半年で2万台を売り上げる大ヒット作となりました。

    • いいね!

      64がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/1

    • 8
    • 1
  • 9
    Loading

    NISSAN SILVIA (CSP311) 1965

    KONAMI

    日産・シルビア
    初代 CSP311型(1965年 - 1968年)
    1964年の第11回東京モーターショーに「ダットサン クーペ1500」として出品された後、1965年4月発売。フェアレディ(SP310型)のシャーシにSUツインキャブ付R型1,600cc OHVエンジンを載せ、クーペボディを架装して作られました。日産としては初採用のフロントディスクブレーキ、4速フルシンクロトランスミッション、クリスプカットと呼ばれた美しいデザイン、継ぎ目を極力減らしたボディパネルなど意欲作でした。

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/13

    • 8
    • 3
  • 10
    Loading

    NISSAN BLUEBIRD SSS (P510) 1968

    KONAMI

    日産・ブルーバード 3代目 510型(1967年 - 1972年)
    1967年に登場、1.3L以上の中級モデルとして上位移行した510型は、ブルーバードの歴代シリーズの中で後の910型と共に、大きな成功を収めたモデルです。「スーパーソニックライン」と称する、直線的でシャープなデザインと三角窓の省略は斬新でした。エンジンは新開発のL型水冷直列4気筒SOHCで、SSS(スーパー・スポーツ・セダン)は1.6LのL16型を搭載。サスペンションは日産初の四輪独立懸架が採用されました。国外では、廉価でありながら欧州車並みに高度なスペックを備えた魅力的なセダンとして「プアマンズBMW」の評価を得、ラリーでの活躍もあり人気を高め、史上初めて北米市場でヒットした日本車となりました。

    • いいね!

      53がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/15

    • 8
    • 4
  • 11
    Loading

    NISSAN FAIRLADY Z 432 (S30) 1969

    KONAMI

    日産・フェアレディZ
    初代 S30型系(1969年 - 1978年)
    1969年にダットサン・フェアレディに代わって発売されたS30系は、ヨーロッパ製の高級GTに匹敵するスペックと魅力あるスタイルを兼ね備えながら、格段に廉価であったことで、北米市場を中心に大ヒットしました。
    日産のイメージリーダーカーとして、10年もの長期に渡って生産され、世界総販売台数55万台(うち日本国内販売8万台)という、当時のスポーツカーとしては空前の記録を樹立しました。
    432はDOHCモデル(PS30型)としてラインナップ。
    432は、4バルブ・3キャブレター・2カムシャフトを意味し、搭載されるS20型エンジンの構造に由来します。

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/16

    • 8
    • 1
  • 12
    Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (PGC10) 1969

    KONAMI

    日産・スカイラインGT-R
    初代 前期PGC10型(1969年 - 1970年)
    開発はプリンス時代からS74型として着手されていましたが、発売は日産との合併後の1969年2月でした。ロングノーズの2000GT(GC10型)をベースに、トレッドを拡大、そのためリアホイールアーチがサーフィンラインをカットして上方へ拡大されました。
    エンジンは、プリンスR380のGR8型をディチューンして開発されたS20型を搭載。ハイオク仕様で160PSを発生しました。排気系には3気筒ずつそれぞれ1本に纏められたステンレス製等長エキゾーストマニホールドが採用されています。
    シートはリクライニング機構を持たない合皮張りのバケット型で、運転席側には3点式シートベルトとヘッドレスト、サンバイザーが標準で備わっていましたが、助手席側のそれらはオプションで、さらに、ヒーター、ラジオ、時計、ドアポケットがオプションでした。
    4ドアセダンのおとなしいボディに獰猛なエンジンという意味の「羊の皮を被った狼」のキャッチフレーズはプリンス・スカイライン2000GT-Bから受け継がれました。
    設計統括:桜井眞一郎
    駆動方式:FR
    変速機:5速MT
    全長:4,395 mm、全幅:1,610 mm、全高:1,385 mm
    ホイールベース:2,640 mm
    車両重量:1,120 kg
    総販売台数:832台

    • いいね!

      46がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/16

    • 8
    • 6
  • 13
    Loading

    NISSAN FAIRLADY 240ZG (HS30) 1971

    KONAMI

    日産・フェアレディZ
    初代 S30型系(1969年 - 1978年)
    1969年にダットサン・フェアレディに代わって発売されたS30系は、ヨーロッパ製の高級GTに匹敵するスペックと魅力あるスタイルを兼ね備えながら、格段に廉価で、アメリカとイギリスでは2.4LのL24型エンジンを搭載したダットサン240Z(HLS30 / HS30型)が発売され、大ヒットしました。
    日産のイメージリーダーカーとして、10年もの長期に渡って生産され、世界総販売台数55万台(うち日本国内販売8万台)という、当時のスポーツカーとしては空前の記録を樹立しました。
    1971年に追加されたL24型エンジンを搭載した240Z-Gには「グランドノーズ」(通称“Gノーズ”)と呼ばれるFRP製のフロントバンパー一体型のエアロパーツとオーバーフェンダーが装着されました。

    • いいね!

      61がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/23

    • 8
    • 3
  • 14
    Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (KPGC110) 1973

    KONAMI

    日産・スカイラインGT-R (KPGC110)
    4代目スカイライン(C110型)の2ドアハードトップ2000GTをベースに1973年1月から4月の3か月間2000GT-Rとして販売。
    GT系と比較して、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラーを装備。
    エンジンはKPGC10同様S20型エンジン。このエンジンは昭和48年排出ガス規制に適合せず、レースカーもコンセプトカーが発表されたのみで実際のレースへ参加することなく、わずか197台で生産・販売が終了しました。

    • いいね!

      60がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/22

    • 8
    • 9
  • 15
    Loading

    PRINCE SKYLINE SPORT (BLRA-3) 1962

    KONAMI

    プリンス・スカイライン・スポーツ (BLRA-3型)
    1962年にプリンス自動車が発売したスカイライン・スポーツは、日本初のスペシャルティカー。つり目4灯ヘッドライトの特徴的なスタイルのデザインは、ジョバンニ・ミケロッティ。
    当時の価格はブルーバード3台分に相当するもので、総生産台数はクーペ75台、コンバーチブル25台でした。

    • いいね!

      46がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/2

    • 8
    • 2
  • 16
    Loading

    PRINCE SKYLINE GT-B (S54B) 1965

    KONAMI

    プリンス・スカイライン 2代目 S5型(1963年-1968年)
    1964年、第2回日本グランプリGTクラス出場のため、グロリアスーパー6用のG7型直列6気筒OHC1,988ccエンジンを、ボディのフロント部を200mm延長して搭載したスカイラインGT(S54A-1型)を開発。ホモロゲーション用に100台が生産、販売されました。
    1965年2月、フロントディスクブレーキを標準装備し、ウェーバー製のキャブを3連装し、125PSを出力したスカイライン2000GT(S54B-2型)発売。
    1965年9月、シングルキャブ仕様(105PS)の2000GT-A(S54A-2型)が追加。2月に発売されていた2000GTは2000GT-Bとなり、GT-Aは青のGTエンブレム(青バッヂ)、GT-Bは赤のGTエンブレム(赤バッヂ)が装着されました。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/12

    • 8
    • 4
  • 17
    Loading

    TOYOTA 2000GT (MF10) 1969

    KONAMI

    トヨタ・2000GT (MF10)
    トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、ヤマハ発動機への生産委託でトヨタブランドで販売されたスポーツカー。
    エンジンは、クラウン用のM型直列6気筒4ストロークSOHCエンジンをベースに、ヤマハが生産したDOHCヘッドを装備したもの。
    1967年5月から1970年8月までの3年3か月で試作車を含め、337台が生産されました。
    モデルのボディカラーは、前期型では特注色、後期型で正式採用されたトワイライトターコイズメタリックです。

    • いいね!

      59がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/29

    • 8
    • 3
  • 18
    Loading

    TOYOTA COROLLA LEVIN (TE27) 1972

    KONAMI

    トヨタ・カローラレビン 初代(TE27型、1972年-1974年)
    カローラクーペのSLやSRよりスポーティなホットモデルとして登場。カローラクーペとの外観上の違いは、FRP製のオーバーフェンダー。エンジンはセリカ1600GTから移植された2T-G型 1.6L DOHCを搭載。レギュラーガソリン仕様の2T-GR型 (110ps) と有鉛ハイオクガソリン仕様の2T-G型(115ps)が設定されていました。

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/12

    • 8
    • 1