みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

MINIATURE CAR (FERRARI)

1947年、元レーシングドライバーのエンツォ・フェラーリによって、モデナ近郊に設立。 1950年のF1世界選手権開幕から唯一参戦を続けるコンストラクターです。 FIA 世界耐久選手権やル・マン24時間レース、ミッレミリアやタルガ・フローリオなどのレースでも活躍し、数々の伝説を残しています。 1969年にフィアット・グループの傘下に入りましたが、2016年にフィアット・クライスラー・オートモービルズ (FCA)から離脱独立しました。 「跳ね馬(カヴァッリーノ・ランパンテ)」の愛称を持つエンブレムは、第一次世界大戦時にイタリア空軍のエースだったフランチェスコ・バラッカが戦闘機に付けていた紋章。その由来には複数の説がありますが、その1つは、バラッカがドイツ空軍機を撃墜した際、その機体にパイロットの出身地シュトゥットガルト市の紋章である跳ね馬が描かれており、バラッカがそのアイデアを頂戴したというもの。 1923年、アルファロメオのワークスドライバーだったエンツォがチルキット・デル・サヴィオで優勝した際、レースを観戦していたバラッカの母親がエンツォに亡き息子のシンボルであった跳ね馬の紋章を使うよう勧めたとされていますが、研究家によっては「英雄の母親とはいえ息子の部隊章の使用許可を与える権限はなく、この話はエンツォの創作ではないか」と考察しています。 1932年、スパ24時間レースに出場したスクーデリア・フェラーリのマシン(アルファロメオ製)に初めて跳ね馬の紋章が付けられました。 ポルシェの社章にも跳ね馬があしらわれていますが、これはポルシェの本社があるシュトゥットガルト市とそれを含むバーデン=ヴュルテンベルク州の紋章を組み合わせたものです。 フェラーリの「イメージカラー」としては赤(ロッソ)が非常に有名であり、赤がコーポレートカラーというイメージもあるようですが、この色はそれ以前にモータースポーツにおけるイタリアのナショナルカラーであり、アルファロメオやチシタリア、スクーデリア・イタリアなど他のイタリアの自動車会社やレーシングチームでも使用されています。 フェラーリのコーポレートカラーは会社があるモデナ県のカラーである黄色(ジャッロ)で、フェラーリの黄色い外板色の名前は「ジャッロ・モデーナ」と呼ばれています。また「跳ね馬」の社章の背後にもコーポレートカラーがあしらわれていますが、これはシュトゥットガルト市の紋章の背景が黄色だったためです。ポルシェのエンブレムは金色になっています。 本社所在地:イタリア マラネッロ 設立:1947年

  • Loading

    FERRARI 250 TESTAROSSA

  • Loading

    FERRARI 250GT BERLINETTA (TdF)

  • Loading

    FERRARI 250GT BERLINETTA LUSSO

  • Loading

    FERRARI 250LM (1963)

  • Loading

    FERRARI 275GTB (1964)

  • Loading

    FERRARI DINO 246 GT

  • Loading

    FERRARI 365GTB/4 (1971)

  • Loading

    FERRARI 512M Brands Hatch 1000km 1971

  • Loading

    FERRARI 512M

  • Loading

    FERRARI 512 BB

  • Loading

    FERRARI 308 GTB 1982 "4 VALVOLE"

  • Loading

    FERRARI TESTAROSSA

  • Loading

    FERRARI 328GTB

  • Loading

    FERRARI F40 1987

  • Loading

    FERRARI F50

  • Loading

    FERRARI 456M

  • Loading

    ENZO FERRARI

  • 1
    Loading

    FERRARI 250 TESTAROSSA

    KYOSHO

    フェラーリ・250テスタロッサ
    最も初期型となるTR/57は、1958年までに19台製造され市販されました。
    ボディは主にフロントドラムブレーキの冷却目的でいわゆるポンツーンフェンダーを持ち、グリル脇から切れ込むようなデザインを持っています。デザイン及び製作はスカリエッティで、アルミニウムによる叩き出しで製作されていました。
    エンジンは他のコロンボエンジンと区別するためシリンダーヘッドが赤く塗られたので、イタリア語で「赤いヘッド」という意味の「Testa Rossa」と呼ばれ 、このエンジンを使ったシリーズ名が「250TR」となりました。
    市販車とワークス・カーにはっきり違いがあり、市販車は右ハンドルでポンツーン・ノーズですが、ワークス・カーは左ハンドルで、初期の一部を除いてポンツーン・ノーズではありません。

    京商のこのモデルは、右ハンドルなので、市販車をモデル化したもので、
    動画は、左ハンドルでポンツーン・ノーズなので、初期のワークス・カーだと思われます。
    https://youtu.be/og_IKVNK_6M

    • いいね!

      51がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/4

    • 8
    • 0
  • 2
    Loading

    FERRARI 250GT BERLINETTA (TdF)

    HACHETTE FERRARI COLLECTION vol.93 (2011.3.9)
    アシェット・コレクションズ・ジャパン
    FERRARI 250 GT Berlinetta (TdF)
    Tour de France Automobile 1958
    IXO MODELS

    フェラーリ 250GT T.d.F. (1956年-1959年)
    250GTのコンペティションモデル。デザインはピニンファリーナ、製作はスカリエッティ。
    エンジンはV型12気筒、2.953ccの280馬力/7.000rpmを搭載、ボディはアルミ製。
    1957年にボディに大幅な変更行われ、生産台数は94台。
    フランスのレース、トゥール・ド・フランスで8年連続総合優勝する活躍により、フェラーリ・250GT T.d.Fという呼び名が付きました。

    モデルは、1958年のトゥール・ド・フランスで優勝したNo.164 エキュリーフランコルシャンのゲンデビアン・オリヴィエ/ビアンキ・ルシエン組の250GTです。

    https://youtu.be/Ii4mv_z_jts

    • いいね!

      59がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/4

    • 8
    • 0
  • 3
    Loading

    FERRARI 250GT BERLINETTA LUSSO

    HACHETTE FERRARI COLLECTION vol.38 (2009.2.11)
    アシェット・コレクションズ・ジャパン
    IXO MODELS

    フェラーリ 250 GT ベルリネッタ ルッソ (1963年-1964年)
    1962年のモンディアル・ド・ロトモビルで発表。ピニンファリーナがデザインし、ボディ製造はスカリエッティ。
    高級車として企画され、最もエレガントなフェラーリの1台とされています。わずか18ヶ月間のみ製造された250シリーズ最後のモデルです。
    エンジンは、2,953cc 水冷V型12気筒SOHCで最高出力は、250馬力/7,500rpm。速度計・回転計がダッシュボード中央に配置されているのが特徴的。
    レース参戦を意図したモデルではありませんでしたが、タルガ・フロリオやツール・ド・フランスなど、いくつかのスポーツイベントで出走しました。

    https://youtu.be/JKrMqeD_dcs

    • いいね!

      76がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/4

    • 8
    • 8
  • 4
    Loading

    FERRARI 250LM (1963)

    KYOSHO

    フェラーリ・250LM
    1963年のパリ・サロンでデビュー。250GTOの発展型として送り出されたフェラーリGT初のミッドシップ・マシーン。1気筒あたりの排気量を車名としていたため、250は250cc×12気筒=3,000ccを示します。この3Lエンジンを搭載した車は300PSを発揮しましたが、実際には最初の1台を除いて3,286cc/305PSエンジン(1シリンダーあたり275cc)を搭載していたことから275LMと呼ばれることもあります。生産台数は32台に留まり、FIAのGT IIIのホモロゲーションが取れなかったため、1965年のル・マン24時間レースにプロトタイプ・クラスで参戦、見事総合優勝を果たしました。

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/5

    • 8
    • 0
  • 5
    Loading

    FERRARI 275GTB (1964)

    KYOSHO

    フェラーリ・275GTB
    250GT系の後継車種として1964年のパリ・サロンで発表。それまで市販されていたフェラーリのロードカーがレースカーをベースに作られていたのに対し、最初からロードカー/グランドツアラーとして設計されたため、格段に遮音・断熱などが向上し快適に運転ができるようになりました。
    エンジンはジョアッキーノ・コロンボが設計したティーポ213。60度V型12気筒、総排気量3,285ccで、280PS/7,600rpm、30.0kg-m/5,000rpmを発生しました。

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/5

    • 8
    • 2
  • 6
    Loading

    FERRARI DINO 246 GT

    TOMICA PREMIUM 13

    エンツォの長男で1956年に夭折したアルフレード・フェラーリ(愛称:ディーノ)が病床でアイデアを出したとされる65度V型6気筒DOHCエンジンを持ち、V型12気筒エンジン搭載の既存車種と区別するため、「ディーノ」ブランドが与えられました。
    246GTは、2.4リットルに拡大したポルシェ・911に対抗するため、1969年より1974年に2,487台製造されました。
    エンジン:65度V6 DOHC 2,418cc
    駆動方式:MR(横置きエンジン)
    最高出力:195PS/7,600rpm
    変速機:5速MT
    全長:4,343mm
    全幅:1,702mm
    全高:1,110mm
    ホイールベース:2,340mm
    車両重量:1,080kg
    最高速:243km/h
    0-400m加速:15.4秒

    • いいね!

      48がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/6

    • 8
    • 8
  • 7
    Loading

    FERRARI 365GTB/4 (1971)

    KYOSHO

    フェラーリ・365GTB/4
    1968年のパリ自動車ショーで、当時のフラッグシップモデルとしてデビュー。1973年までに1,406台が生産されました。1967年のデイトナ24時間レースでフェラーリのスポーツプロトタイプ・330P4と412Pが圧倒的な強さを誇り1-2-3フィニッシュを果たしたことから、マーケティング上フェラーリ・デイトナと呼ばれるようになりました。365は当時のフェラーリの例に洩れず12気筒エンジンの単室容量、GTはグランツーリスモ、Bはベルリネッタ(クーペ)、4は4カムシャフト(DOHC)を意味します。
    V12・4,390cc・6ウェーバーキャブレターのエンジンがもたらす最高速度 280km/h・0-60mph加速 5.4秒という当時世界最速水準の動力性能、FRレイアウトによる古典的で豪快な操縦性が高く評価されました。
    1970年代的なダイナミックな新しさを持ちながら破綻のないスタイリングはピニンファリーナのレオナルド・フィオラヴァンティによるもの。

    • いいね!

      57がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/5

    • 8
    • 2
  • 8
    Loading

    FERRARI 512M Brands Hatch 1000km 1971

    HACHETTE FERRARI F1 & RACING COLLECTION vol.91 (2015.2.25)
    アシェット・コレクションズ・ジャパン
    IXO MODELS

    フェラーリ・512M
    FIA車両規定のグループ5プロトタイプレーシングカー。1971年シーズンに向けて、512Sに全面的に改良を施したのが512M(Mは「改良された」のイタリア語"Modificato"の頭文字)。
    シャシーは軽量化され、ボディカウルはポルシェ・917Kと同様に低いノーズからテールへ気流をすくい上げるウェッジシェイプに改装、エンジンは4,993cc 60度V型12気筒で610HP/9000rpmにパワーアップされました。

    モデルは1971年第4戦ブランズ・ハッチ1000kmに参戦したスペインのプライベーター、エスクーデリア・モンジュイックのマシン。 予選でコースアウトしマシンを損傷しましたが、前後カウルは交換パーツの用意がなく、同じ512Mで参戦していたヘルベルト・ミューラー・レーシングからカウルを借りることに。これはスティーブ・マックイーンの映画「栄光のル・マン」の撮影に使用したものをミューラーが買い取ったもの。本来なら黄色一色のマシンにミューラーの前後カウルを移植した結果、赤、黄、緑の道化師風カラーリングに。観客には面白いと好評だったようです。決勝では5位の成績を挙げました。

    • いいね!

      63がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/29

    • 8
    • 0
  • 9
    Loading

    FERRARI 512M

    HOT WHEELS
    2007 Engine Revealers 1/4
    Designer:Mark Jones

    フェラーリ・512M
    FIA車両規定のグループ5プロトタイプレーシングカー。1971年シーズンに向けて、512Sに全面的に改良を施したのが512M(Mは「改良された」のイタリア語"Modificato"の頭文字)。
    シャシーは軽量化され、ボディカウルはポルシェ・917Kと同様に低いノーズからテールへ気流をすくい上げるウェッジシェイプに改装、エンジンは4,993cc 60度V型12気筒で610HP/9000rpmにパワーアップされました。
    1972年より選手権対象が3L以下に変更されることが決まり、フェラーリは312PBの開発に注力するため、512Mをプライベーターへ放出しました。ペンスキー・レーシングは独自の改良を施し、メーカーチームに匹敵する戦闘力をみせました。

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/29

    • 8
    • 1
  • 10
    Loading

    FERRARI 512 BB

    TOMICA PREMIUM 17

    1976年に365GT4BBの排気量を約600ccアップし4,942ccとしたマイナーチェンジ版。FRPやマグネシウムのパーツをコストダウンのためスチールやアルミニウムに置換し120kg近く重くなりました。ネーミングは排気量5リットルでシリンダー数12、BB(Berlinetta Boxer)は、「2ドアクーペ」「水平対向エンジン」を意味しますが、実際にはエンジンは水平対向ではなく180度のV型。1981年までに929台が生産されました。
    エンジン:4,942cc180度V型12気筒
    駆動方式:MR
    最高出力:360hp/6,800rpm
    最大トルク:46.0kgf·m/4,600rpm
    変速機:5速MT
    全長:4,400mm
    全幅:1,830mm
    全高:1,120mm
    ホイールベース:2,500mm
    車両重量:1,515kg

    • いいね!

      52がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/8

    • 8
    • 7
  • 11
    Loading

    FERRARI 308 GTB 1982 "4 VALVOLE"

    BEST MODEL

    フェラーリ・308 (1975年 - 1985年)
    1975年に、パリ・サロンで発表。GTBのBはベルリネッタの意。ボディのデザインはピニンファリーナ。初期生産モデルはボディ材質にFRPを採用。ヘッドライトは丸型2灯式のリトラクタブルヘッドライト。
    パワーユニットは2,926ccのV8 DOHCで、車名の「308」はこの排気量約3,000cc 8気筒エンジンを搭載していることに由来しています。デビュー当初の2バルブモデルはウェーバー製キャブレターを搭載し、最高出力255PS/7,000rpm、最大トルク30.0kgf·m/5,000rpmを発揮しました。
    1977年のフランクフルト・ショーでタルガトップの「308GTS」が追加発表され、これに合わせて、ボディはスチール製に改められました。
    エンジンヘッドを4バルブ化したモデル「クワトロバルボーレ」(Quattrovalvole)は1982年に追加されました。

    • いいね!

      52がいいね!と言っています。

    • 登録日:about 4 hours ago

    • 8
    • 12
  • 12
    Loading

    FERRARI TESTAROSSA

    TOMICA PREMIUM 06

    1984年のモンディアル・ド・ロトモビルで発表され、512BBiからフラッグ・シップの座を引き継ぎました。テスタロッサはイタリア語で「赤い頭」を意味し、かつての名車250TR、500TRと同様エンジンのカムカバーが赤く塗られているところから名付けられました。
    エンジンはバンク角180度のV型12気筒、4,943cc、燃料供給はボッシュ製Kジェトロニックと512BBi同様ですが、4バルブ化され吸気効率の向上を狙っています。
    キャビン居住性に配慮した結果、エンジン搭載位置は後ろ側へ追いやられてリアアクスルの周辺に位置するギアボックスの上方にレイアウトされるためRRに近い重量配分となり、重心は高くなっています。加えて安全基準への対応による重量増加も加わり、ミッドシップ・スポーツカーの性格というよりグランツーリスモ的なハンドリングキャラクターを持ちます。
    エンジン:F113A型4,943cc 180度V12DOHC
    駆動方式:MR
    最高出力:390PS/6,300rpm
    最大トルク:50.0kgm/4,500rpm
    変速機:5速MT
    全長:4,510mm
    全幅:1,980mm
    全高:1,160mm
    ホイールベース:2,550mm
    車両重量:1,660kg

    • いいね!

      46がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/9

    • 8
    • 5
  • 13
    Loading

    FERRARI 328GTB

    KYOSHO

    フェラーリ・328 (1985年 - 1989年)
    1985年のフランクフルト・ショーでデビュー。308の後継モデル。ボディデザインはピニンファリーナのデザイナー、レオナルド・フィオラヴァンティが担当。
    308と同様、固定ルーフのGTBのBは「ベルリネッタ」を、デタッチャブル・ルーフ(タルガトップ)のGTSのSは「スパイダー」を意味しています。
    308シリーズとの相違点は、外観ではターンシグナルやフォグランプを内蔵したフロントグリルが設置されたこと、搭載されるパワーユニットが3,185ccにアップされた90度V8・DOHCエンジンに変更されたことです。車名の「328」は排気量約3,200cc・8気筒のエンジンを搭載していることを意味しています。
    ボッシュ社製のKジェトロニックによりマネジメントされるパワーユニットは、ミッドシップに横置きで搭載され、最大出力270PS/7,000rpm、最大トルク31.0kgf·m/5,500rpmを発揮しました。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:about 7 hours ago

    • 8
    • 1
  • 14
    Loading

    FERRARI F40 1987

    IXO MODELS

    フェラーリ・F40 (1987年-1992年)
    1987年にフェラーリ創業40周年を記念して製作。最高速度324km/hは、当時の市販車で世界最速。エンツォ・フェラーリがその生涯の最後に、同社の「そのままレースに出られる市販車」という車作りの基本理念を具現化した車。ボディデザインはピニンファリーナによるもの。
    スペチアーレとしては製造期間が長く、改良が順次行われたため前期型・後期型と区別されることもあります。吸排気系が異なるほか、後期型では車高調整機能が備わります。
    パワートレインは288GTO、288GTOエヴォルツィオーネから引継ぎ、改良を加えたインタークーラー式ツインターボエンジン、F120A型を搭載。このエンジンはランチアのグループCカーランチア・LC2のデチューン版であり、ターボチャージャーは石川島播磨重工(現IHI)製。排気量2,936ccは当時のFIAが定めたターボ係数1.7を掛けて5,000cc以下のクラスに収まるようにしたものと言われています。

    エンジン:Tipo F120A型 2,936cc V型8気筒DOHC ツインターボ
    駆動方式:MR
    最高出力:351.5kW(478PS)/7,000rpm
    最大トルク:577Nm(58.5kgm)/4,000rpm
    変速機:5速MT
    サスペンション:ダブルウィッシュボーン
    全長:4,357mm、全幅:1,970mm、全高:1,124mm、ホイールベース:2,450mm
    車両重量:1,250kg

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/9

    • 8
    • 9
  • 15
    Loading

    FERRARI F50

    HACHETTE FERRARI COLLECTION vol.2 (2007.9.12)
    アシェット・コレクションズ・ジャパン
    IXO MODELS

    フェラーリ F50 (1995年-1997年)
    フェラーリ創業50周年を記念して限定生産されたスペチアーレ。
    開発コンセプトは「公道を走るF1」。カーボンコンポジット製のセンターモノコックにF1用エンジンをストレスマウントし、F1マシンそのままの高剛性な車体構成を公道を走る車として初めて採用した、まさにF1マシンそのもの。
    エンジンは1992年のF1マシンF92Aに搭載された自然吸気 3.5L V型12気筒 DOHC 5バルブエンジンの鋳鉄ブロックを流用。排気量を4.7Lに拡大し、F1では7速必要だったギアを6速にするなど、ロードカー用に扱いやすいものにされました。

    • いいね!

      62がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/9

    • 8
    • 2
  • 16
    Loading

    FERRARI 456M

    HOT WHEELS
    2004 Ferrari Heat 3/5
    Designer:Michael Kolins

    フェラーリ・456M
    1992年に登場した456が1998年にマイナーチェンジ、内外装が変更され、456Mと改称されました。FR、2+2のグランツーリスモで6速MT仕様のGTと4速AT仕様のGTAがあります。名称は1気筒当たりの排気量が456ccであることに由来します。
    デザインはピニンファリーナ。
    新規に開発されたF116型V12エンジンは、5,473cc、442hp/6,200rpm、56kgm/4,500rpmのスペックで、登場時は512TRを凌ぎフェラーリ最高性能モデルとなりました。

    • いいね!

      53がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/9

    • 8
    • 2
  • 17
    Loading

    ENZO FERRARI

    HOT WHEELS
    2006 Mainline
    Designer:Mark Jones

    フェラーリ・エンツォフェラーリ
    創業55周年の2002年に、エンツォの名を冠してパリモーターショーで発表されました。 F40、F50に続く21世紀最初のスペチアーレであり、大出力のエンジンをミッドシップマウントする伝統を受け継いでいます。
    デザインは当時ピニンファリーナに在籍していた奥山清行。
    F140B型エンジンはこの車のために開発されたもの。5,998cc、バンク角65°のV12DOHCで、最高出力660PS、トルク67kgf·mというスペック。最高速度は350km/hと公表されています。

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/9

    • 8
    • 5