みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

TOKUMA 5ZIGEN BUNKO

2007年から2011年の5年間、刊行された徳間書店の5次元文庫。極めて興味深い内容の本を立て続けに発売。当時は、書店の徳間5次元文庫のコーナーに立ち寄るのが楽しみの一つだったので、廃刊はたいへん残念でした。

  • Loading

    「闇の世界権力」レポート /中丸薫

  • Loading

    超不都合な科学的真実/ケイ・ミズモリ

  • Loading

    ナチスとNASAの超科学/ジム・キース

  • Loading

    中丸薫という生き方/中丸薫

  • Loading

    隠された聖書の国・日本/ケン・ジョセフ シニア&ジュニア

  • Loading

    闇の世界金融の超不都合な真実/菊川征司

  • Loading

    9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪/菊川征司

  • Loading

    まもなく地球は優良惑星になります/by PICO

  • Loading

    次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた 上 [技術・諜報]篇/ヴィクター・ソーン著 副島隆彦翻訳・責任編集

  • Loading

    次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた 下 [謀略・金融]篇/ヴィクター・ソーン著 副島隆彦翻訳・責任編集

  • Loading

    金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った/安部芳裕

  • Loading

    地球内部を旅した男/ウィリス・ジョージ・エマーソン

  • Loading

    マルクスの超素顔/在田実

  • Loading

    世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー /菊川征司

  • Loading

    まるごと金融詐欺立国アメリカ超崩壊/マイケル北村

  • Loading

    世界を支配する秘密結社 イルミナティの知られざる真実!/有澤玲

  • Loading

    超不都合な科学的真実【長寿の秘密/失われた古代文明】編/ケイ・ミズモリ

  • Loading

    新世界秩序(人間牧場)にNO!と言おう/ゲイリー アレン著 菊川征司翻訳・解説

  • Loading

    超入門アセンション&2012/エハン・デラヴィ

  • Loading

    超みえみえ テロ&戦争詐欺師たちのマッチポンプ /きくちゆみ

  • Loading

    インフルエンザをばら撒く人々―金融寡頭権力の罠/菊川征司

  • Loading

    地獄へのチェンジ!オバマはロックフェラー家の最高切り札だった/マイケル北村

  • Loading

    全部わかった! 国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ/安部芳裕

  • Loading

    ロスチャイルドが世界政府の“ビッグブラザー”になる/菊川征司

  • Loading

    マヤ・アステカ・インカ 神々の起源と宇宙人/ゼカリア・シッチン

  • Loading

    見えざる日本の支配者フリーメーソン/島田四郎 高山数生 成澤宗男

  • Loading

    あなたはお金のしくみにこうして騙されている/天野統康

  • Loading

    偽情報退散!マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている/THINKER

  • 1
    Loading

    「闇の世界権力」レポート /中丸薫

    徳間5次元文庫
    初刷:2007年11月30日

    中丸 薫(1937年5月23日 - )は、国際政治評論家。明治天皇の孫を名乗っていますが、異論もあるようです。東京都立小石川高等学校卒業、バーナード大学を経てコロンビア大学政治学部に入学、東アジア研究所で国際政治学を専攻し卒業。1970年代より、各国国王や大統領、首相、財界人やVIP、映画監督や芸術家などをインタビューするジャーナリスト、国際政治評論家として講演、執筆、テレビで活動。その後も自らがプロデューサー、ディレクター、インタビュアーを務める対談番組を日米両国で持つと同時に、世界の紛争、戦争地帯に足を運び、当事国の国家元首たち(リビアのカダフィ大佐やイラクのサダム・フセインなど)と積極的に会談。中丸はイラン・イラク戦争の最前線でも取材を行い、そのVTRをフセイン大統領に見せて戦争をただちにやめるよう進言しています。フセイン大統領に「なぜ戦争を続けるのか」と詰め寄る様子や、カダフィ大佐に「あなたは本当にテロリストか」と問いただす姿はテレビで放映されました。それらの経験を通じて、私費を投じて紛争国の仲介役を務めるなど、民間外交に尽力するようになります。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/3

    • 1
    • 0
  • 2
    Loading

    超不都合な科学的真実/ケイ・ミズモリ

    徳間5次元文庫
    初刷:2007年11月30日

    翻訳家、サイエンスライターとして活躍する著者が徹底的に集めた医学・科学分野での超不都合な真実!こんな有効な薬が、こんな素晴らしい発明が、国際的大企業の利益にならない、利益を損なうという理由で、こんなにも潰されていたとは!(カバー裏表紙より)

    ケイ・ミズモリは、早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究者、リバース・スピーチ分析家。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/6

    • 1
    • 0
  • 3
    Loading

    ナチスとNASAの超科学/ジム・キース

    徳間5次元文庫
    初刷:2007年12月31日

    ジム・キース(Jim Keith、1949年‐1999年)は、政治、経済、軍事、金融、環境、医療、宇宙開発など幅広いインサイダー情報の収集・分析を行うIネット・グループを米国内に発足、世界陰謀史研究のエキスパートとしてその名を知られました。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/3

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    中丸薫という生き方/中丸薫

    徳間5次元文庫
    初刷:2008年1月31日

    中丸 薫(1937年5月23日 - )は、国際政治評論家。明治天皇の孫を名乗っていますが、異論もあるようです。東京都立小石川高等学校卒業、バーナード大学を経てコロンビア大学政治学部に入学、東アジア研究所で国際政治学を専攻し卒業。1970年代より、各国国王や大統領、首相、財界人やVIP、映画監督や芸術家などをインタビューするジャーナリスト、国際政治評論家として講演、執筆、テレビで活動。その後も自らがプロデューサー、ディレクター、インタビュアーを務める対談番組を日米両国で持つと同時に、世界の紛争、戦争地帯に足を運び、当事国の国家元首たち(リビアのカダフィ大佐やイラクのサダム・フセインなど)と積極的に会談。中丸はイラン・イラク戦争の最前線でも取材を行い、そのVTRをフセイン大統領に見せて戦争をただちにやめるよう進言しています。フセイン大統領に「なぜ戦争を続けるのか」と詰め寄る様子や、カダフィ大佐に「あなたは本当にテロリストか」と問いただす姿はテレビで放映されました。それらの経験を通じて、私費を投じて紛争国の仲介役を務めるなど、民間外交に尽力するようになります。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/3

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    隠された聖書の国・日本/ケン・ジョセフ シニア&ジュニア

    徳間5次元文庫
    初刷:2008年4月30日

    日本人と中近東のアッシリア人が景教を媒介してシルクロードでつながっている・・・
    とこの本は述べる。驚きの中にも真理が光る。一読をおすすめする。(平山郁夫)

    ひよわ、あやふや・・・まるで骨のないような現代の日本人に喝を入れるめったにない本です。楽しんでください。(永六輔)

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/3

    • 1
    • 0
  • 6
    Loading

    闇の世界金融の超不都合な真実/菊川征司

    徳間5次元文庫
    初刷:2008年6月30日

    ロックフェラー・ロスチャイルド一味の超サギの手口
    地球は今、金融システムを通して、世界と人類を一極支配しようとする超富豪勢力によって、破滅の瀬戸際にある。彼らはマネーの集中とそのパワーによる支配しか頭にないので、地球の全環境・全生命が悲鳴を上げているのだ。戦争も為替も株も石油もすべて彼らが裏で仕切っている。(カバー裏表紙より)

    菊川 征司(サイエンスライター)
    観光旅行のつもりで立ち寄ったアメリカ合衆国の自由な雰囲気に魅了され、以来在米生活30年。アメリカ同時多発テロ事件以降、重苦しい空気へと急速に変化したアメリカ社会の根源を探り、調査を開始。
    アメリカの衰退は、国際金融資本家たちの私企業たる連邦準備制度設立に端を発することを知る。アメリカ国民に警鐘を鳴らしていた本物の政治家たちの遺志を継ぐ。

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/7

    • 1
    • 0
  • 7
    Loading

    9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪/菊川征司

    徳間5次元文庫
    初刷:2008年8月31日

    世界貿易センタービル、ペンタゴン、シャンクスビル、これらの犯罪現場をつぶさに分析すると政府発表の「アラブのテロリスト犯行説」は大嘘です!事実をつなぎあわせていくと、真犯人が浮かび上がります。政府、軍、マスコミ、国際金融資本、彼らが長期的に計画した9・11同時多発テロの全貌をお見せします。(カバー裏表紙より)

    菊川 征司(サイエンスライター)
    観光旅行のつもりで立ち寄ったアメリカ合衆国の自由な雰囲気に魅了され、以来在米生活30年。アメリカ同時多発テロ事件以降、重苦しい空気へと急速に変化したアメリカ社会の根源を探り、調査を開始。
    アメリカの衰退は、国際金融資本家たちの私企業たる連邦準備制度設立に端を発することを知る。アメリカ国民に警鐘を鳴らしていた本物の政治家たちの遺志を継ぐ。

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/9

    • 1
    • 0
  • 8
    Loading

    まもなく地球は優良惑星になります/by PICO

    徳間5次元文庫
    初刷:2008年8月31日

    秘密結社「イルミナティ/トップ13ファミリー」による人類洗脳支配は一掃され、地球は次元上昇を遂げ、「銀河社会」の仲間入りを果たします!!銀河連邦100万機の宇宙船が地球上空で見守る中、地球のあらゆるシステムは、銀河連邦と地球上の同盟者たちの間で取り決められた星間協定NESARAの公布・実施により一挙に生まれ変わる。

    PICO
    アンドロメダ星雲に生まれ、リラ星人、シリウス星人を経て地球惑々星人になる。

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/3

    • 1
    • 0
  • 9
    Loading

    次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた 上 [技術・諜報]篇/ヴィクター・ソーン著 副島隆彦翻訳・責任編集

    徳間5次元文庫
    初刷:2008年8月31日

    この本で暴かれている真実の第1番目は、「今の真の世界権力者たちは、目下秘かに最先端の技術を中国にどんどん投げ与えており、中国を次の覇権国に育てようとしている」ことである。彼らが成長させると決めた国には湯水のごとく資金と技術を投入して、成長させて太らせる。それから搾り取るのだ。時には戦争までやらせてその両方の国に武器弾薬を売ることもする。(カバー裏表紙より)

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/3

    • 1
    • 0
  • 10
    Loading

    次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた 下 [謀略・金融]篇/ヴィクター・ソーン著 副島隆彦翻訳・責任編集

    徳間5次元文庫
    初刷:2008年8月31日

    今の真の世界権力者たちは、アメリカ合衆国には見切りをつけて、もはやこれ以上の成長も発展も無いと判定して、日本よりももっとひどい国家負債(財政赤字)にして、その金利の払いをアメリカ国民の税金で負担させている。FRB連邦準備銀行は、「本当は私有である中央銀行」なのである。(カバー裏表紙より)

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/3

    • 1
    • 0
  • 11
    Loading

    金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った/安部芳裕

    徳間5次元文庫
    初刷:2008年9月30日

    環境問題も貧富の拡大もすべては金融システムの歪みが原因です。「利子」は本来は存在しません。この架空の数字の発明によって奪い合いの椅子取りゲームが始まり、無限の借金ループとなるのです。さらに銀行家たちは政府の通貨発行権を巧妙に奪い、濡れ手に粟の儲けを出しています。こうして私たちは知らないうちに支配者層に搾取されているのです。(カバー裏表紙より)

    安部 芳裕(1964年 - )は社会活動家、作家。地域通貨(コミュニティ通貨)を利用した相互扶助グループ「レインボーリング」(1999年)の創始者。講演や体験型ワークショップを全国の自治体・商店街・商工会・大学・NPO・NGOなどで数多く行い、その実践もサポートしてきました。2007年にロスチャイルド家をはじめとする国際金融資本に対抗するネットワーク「反ロスチャイルド同盟」を立ち上げますが、現在は活動休止中。執筆、講演等で持続可能な自立型経済の構築をテーマに情報発信しています。2009年、『金融崩壊後の世界』共著者である佐々木重人が衆議院議員総選挙に出馬した際に応援。この時、佐々木重人は日銀を廃止し、通貨を日本政府が発行することで、通貨発行権を国民の手に取り戻し、お金の問題の根本的解決を図るという政策は掲げました。2012年からプロジェクト99%を立ち上げ、「99%の人のための社会を創ろう」と活動しています。2015年には、「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」の呼びかけ人の一人となりました。

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/3

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    地球内部を旅した男/ウィリス・ジョージ・エマーソン

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年1月31日

    現代科学の矛盾と人類の次元上昇を解き明かす鍵は、すべて地球内部にある!
    われわれ人類の祖は、次元進化した地球内部(シャンバラ)に住む選ばれし者たちが、極ポータルを通って外部に移住してきたものだった。
    この物語は、地球の内部構造や重力メカニズム、超古代神話の真実に至るまで、人類の失われた記憶・叡智を呼び覚まし、アセンションへの核心に触れるものである。(カバー裏表紙より)

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/5

    • 1
    • 0
  • 13
    Loading

    マルクスの超素顔/在田実

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年2月28日

    なぜ共産主義は、これほど激しいクリスチャンへの迫害を行ったのか?マルクス主義の目指した真のゴールはどこにあったのか。本書は信頼される著者ウォンブランド師がその著『マルクスとサタン』によって調査追究した事実に完全に依拠している。その書は、共産主義の国では非難攻撃され、日本では翻訳出版が許されなかったものである。(カバー裏表紙より)

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/5

    • 1
    • 0
  • 14
    Loading

    世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー /菊川征司

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年2月28日

    金融危機、石油価格の高騰・下落、オバマ大統領の誕生。これらはすべて、あるシナリオによって動かされている。各国の中央銀行を私物化し、景気を人工的に操作することでボロ儲けする国際金融資本家たち。彼らの正体を暴き、世界経済の裏側が見えてくる一冊。(カバー裏表紙より)

    菊川 征司(サイエンスライター)
    観光旅行のつもりで立ち寄ったアメリカ合衆国の自由な雰囲気に魅了され、以来在米生活30年。アメリカ同時多発テロ事件以降、重苦しい空気へと急速に変化したアメリカ社会の根源を探り、調査を開始。
    アメリカの衰退は、国際金融資本家たちの私企業たる連邦準備制度設立に端を発することを知る。アメリカ国民に警鐘を鳴らしていた本物の政治家たちの遺志を継ぐ。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/5

    • 1
    • 0
  • 15
    Loading

    まるごと金融詐欺立国アメリカ超崩壊/マイケル北村

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年4月30日

    パクス・アメリカーナ(アメリカ支配による平和)を掲げ、圧倒的な軍事力と経済力で世界に君臨してきたアメリカが揺らぎ始めている。かつてやりたい放題であった自作自演・仕込みの手口による詐欺行為が以前より機能せず、超国家戦略に狂いが生じているからだ。金融・国際情勢と歴史的分析のウラ読みから、崩壊するアメリカと国際金融資本家たちの動向を明らかにしてゆく。(カバー裏表紙より)

    マイケル北村(1945年 - )は、日本の経営コンサルタント。アメリカ、パリ、フランクフルトに事務所を持ち、4ヵ国語を駆使し、国際政治分析を行っています。経営コンサルタントとして、主に国際的な特許ビジネスに関わってきました。1980年、アメリカに渡り、3ヵ月ほどで約20社の内実を見て、アメリカ経済が将来破綻することを確信するようになります。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/6

    • 1
    • 0
  • 16
    Loading

    世界を支配する秘密結社 イルミナティの知られざる真実!/有澤玲

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年6月30日

    秘密結社イルミナティっていったい何だ?その誕生から壊滅、“発展”まで徹底解明。歴史上確かに存在した“現実”のイルミナティは、どのように憶測や伝説が加わって“虚構”の存在へと変化したのか。現代でもなお根強く残る都市伝説「秘密結社が世界支配を目指している」という陰謀のカラクリも分かってきます。かつてなかった決定的イルミナティ論です。(カバー裏表紙より)

    有澤玲(1962年 ― )は、著述家、翻訳家。秘密結社論、日本語表記法、109系ファッション、管絃楽法、動物分類学など、幅広い分野で執筆活動を行なっています。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/6

    • 1
    • 0
  • 17
    Loading

    超不都合な科学的真実【長寿の秘密/失われた古代文明】編/ケイ・ミズモリ

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年6月30日

    超巨大権力の主導の下、地球/生命の安全は軽んじられ、環境破壊・汚染を踏み台に発展してきた物質偏重・消費型文明。その膨大なツケで我々は今、危機的状況に瀕している。抜け出す手だてはあるのか?そのヒントは、闇に葬られてきた偉大な先人達の科学的大発見にあった。驚異の環境技術と有機農法、健康長寿の解明等に焦点を当てた売れ行き絶好調のシリーズ第2弾。(カバー裏表紙より)

    ケイ・ミズモリは、早稲田大学理工学部卒業後、1992年に渡米。芸術・文化・社会問題で新聞・雑誌等に寄稿するジャーナリストとして活動後、 2003年に帰国。「自然との同調」を手掛かりに神秘現象の解明に取り組み、科学的洞察力を養う解説を行うナチュラリスト、サイエンスライター、代替科学研究者、リバース・スピーチ分析家。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/6

    • 1
    • 0
  • 18
    Loading

    新世界秩序(人間牧場)にNO!と言おう/ゲイリー アレン著 菊川征司翻訳・解説

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年7月31日

    世界の通貨のほとんど全てが、借金として生まれて流通しています。通貨を発行し供給をコントロールする中央銀行というまやかしに気づいてください。FRB(連邦準備制度)はもちろん日銀も、その活動は金融寡頭権力の目標に沿ってのみ、なされているのです。
    豚は太らせて喰え—意図的な金融崩壊の裏で着々と進行する国際金融資本家たちの積年の夢の実態!それは新世界秩序という名の通貨・資源・食糧の独占による人類の完全支配である。金融寡頭権力の実態を暴いた先駆的な書『誰もそれを陰謀とは呼ばない』の著者のもう一つの名著をテキストに、菊川征司がまさに今進行中のただならぬ事態について詳細な解説をほどこした。(カバー裏表紙より)

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/6

    • 1
    • 0
  • 19
    Loading

    超入門アセンション&2012/エハン・デラヴィ

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年7月31日

    超進化のエネルギーによって、人類はまもなく仮死的状況を迎える。それは、美しく華麗な蝶が誕生する前、サナギが繭の中でもがき苦しむメタモルフォーゼの過酷な過程にたとえられる。世界最高峰の科学とスピリチュアリティが、圧倒的データをもって予測する超宇宙的イベントの詳細とは?「アセンション&2012」問題探求の第一人者による最先端のインフォメーション。(カバー裏表紙より)

    エハン・デラヴィ(1952年 ― )は、イギリス、スコットランド生まれ。ケルト族の末裔。1974年来日、禅、弓道、東洋医学にも造詣が深く、鍼灸師の国家資格も取得。ジャーマニズム、リモートビューイング、医学、超常現象、古代文明、意識など幅広いテーマを研究。卓越した情報力と流暢な関西弁を駆使して講演やセミナー、映画製作など行っています。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/7

    • 1
    • 0
  • 20
    Loading

    超みえみえ テロ&戦争詐欺師たちのマッチポンプ /きくちゆみ

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年9月30日

    9・11事件をきっかけに、世界は“対テロ戦争”に巻きこまれた。戦争はアメリカの巨大な公共事業。その背後で大儲けをしているのは誰か。テロ対策のきっかけとなった、9・11事件そのものが、計画的に演出された詐欺!国民はどのように支配者たちから騙されているのか。豊富な図解で、戦争詐欺のカラクリを暴きます。(カバー裏表紙より)

    きくちゆみ(1962年 ― )は、平和省プロジェクト代表、東京平和映画祭プロデューサー。東京生まれ。お茶ノ水女子大学文教育学部卒業。マスコミ、米銀勤務を経て1990年より環境問題の解決をライフワークに。1998年から千葉県・鴨川でハーモニクスライフセンターをオープン、自給自足を目指す。9・11事件を期に「グローバルピースキャンペーン」を立ち上げ、メールニュースを執筆。2004年にドキュメンタリー映画集『テロリストは誰?』日本語版をプロデュースし、話題に。同年に、第1回東京平和映画祭を企画。

    東京平和映画祭は、何度か観に行きました。
    その中で印象に残っている作品をいくつか。
    「Undercover in Tibet チベット潜入取材」
     監督:タシ・デスパ
     製作年:2008年
     製作国:イギリス
    「るんみの場合」
     監督:佐々木芳彦
     製作年:2009年
     製作国:日本
    「アフガンに命の水を ~ペシャワール会26年目の闘い~」
     監督:谷津賢二
     製作年:2009年
     製作国:日本
    「カンタ!ティモール」
     監督:広田奈津子
     製作年:2010年
     製作国:日本、東ティモール
    「医原死―死の医療ビジネス」
     監督:ゲイリー・ナル
     製作年:2011年
     製作国:アメリカ
    「福島へようこそ」
     監督:アラン・ド・アルー
     製作年:2013年
     製作国:ベルギー

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/7

    • 1
    • 0
  • 21
    Loading

    インフルエンザをばら撒く人々―金融寡頭権力の罠/菊川征司

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年10月31日

    インフルエンザをばら撒いてワクチンで大儲けの構造。さらにそのワクチンにも毒が。黙ってなすがままにならないよう、一人一人が防衛策を考えましょう。そのヒントもこの本に入っています。(カバー裏表紙より)

    菊川 征司(サイエンスライター)
    観光旅行のつもりで立ち寄ったアメリカ合衆国の自由な雰囲気に魅了され、以来在米生活30年。アメリカ同時多発テロ事件以降、重苦しい空気へと急速に変化したアメリカ社会の根源を探り、調査を開始。
    アメリカの衰退は、国際金融資本家たちの私企業たる連邦準備制度設立に端を発することを知る。アメリカ国民に警鐘を鳴らしていた本物の政治家たちの遺志を継ぐ。

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/7

    • 1
    • 0
  • 22
    Loading

    地獄へのチェンジ!オバマはロックフェラー家の最高切り札だった/マイケル北村

    徳間5次元文庫
    初刷:2009年11月30日

    世界中がオバマにだまされている!アメリカの金融・軍事・政治を裏で仕切る、いわば影の政府のボスがD・ロックフェラー・シニアである。その高齢の彼の跡目を継ぐのがJ・ロックフェラー4世。オバマはなんと、このJ・ロックフェラー4世の切り札として育て上げられてきた子飼いであった。すばらしいスピーチで理想を語るオバマの発言は大きくマスメディアに取り上げられるが、その裏でロックフェラー家に関連する金融資本家たちの企業にアメリカの税金がじゃぶじゃぶ流し込まれている。その実態をこの本では告発する。さらにその動向の行き着く果ては、戦争であると本書は喝破する。オバマ政権は、戦争準備政権であると。救世主のように装った悪魔・オバマの実態に迫る快著。(カバー裏表紙より)

    マイケル北村(1945年 - )は、日本の経営コンサルタント。アメリカ、パリ、フランクフルトに事務所を持ち、4ヵ国語を駆使し、国際政治分析を行っています。経営コンサルタントとして、主に国際的な特許ビジネスに関わってきました。1980年、アメリカに渡り、3ヵ月ほどで約20社の内実を見て、アメリカ経済が将来破綻することを確信するようになります。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/7

    • 1
    • 0
  • 23
    Loading

    全部わかった! 国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ/安部芳裕

    徳間5次元文庫
    初刷:2010年2月28日

    現在、地球規模に広がる4つの危機、新型インフルエンザ、環境問題、対テロ戦争、金融危機。すべては世界政府を設立するための演出、下準備だった。世界を覆う機器の裏側とその処方箋を徹底解説。(カバー裏表紙より)

    安部 芳裕(1964年 - )は社会活動家、作家。地域通貨(コミュニティ通貨)を利用した相互扶助グループ「レインボーリング」(1999年)の創始者。講演や体験型ワークショップを全国の自治体・商店街・商工会・大学・NPO・NGOなどで数多く行い、その実践もサポートしてきました。2007年にロスチャイルド家をはじめとする国際金融資本に対抗するネットワーク「反ロスチャイルド同盟」を立ち上げますが、現在は活動休止中。執筆、講演等で持続可能な自立型経済の構築をテーマに情報発信しています。2009年、『金融崩壊後の世界』共著者である佐々木重人が衆議院議員総選挙に出馬した際に応援。この時、佐々木重人は日銀を廃止し、通貨を日本政府が発行することで、通貨発行権を国民の手に取り戻し、お金の問題の根本的解決を図るという政策は掲げました。2012年からプロジェクト99%を立ち上げ、「99%の人のための社会を創ろう」と活動しています。2015年には、「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」の呼びかけ人の一人となりました。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/7

    • 1
    • 0
  • 24
    Loading

    ロスチャイルドが世界政府の“ビッグブラザー”になる/菊川征司

    徳間5次元文庫
    初刷:2010年3月31日

    すでに世界政府への段取りは済んでいる!?オーウェルが警鐘を鳴らした全体主義国家が、地球規模で静かに生まれつつある。性欲まで管理される恐怖社会はすぐそこに。「階級社会は貧困と無知の上に成り立つ」とオーウェルは喝破した。自作自演の事件で恐怖を与え、不安を利用して民衆をコントロールするのは常套手段。政府とマスコミの巧妙な洗脳に騙されるな。世界政府の超管理社会を完成させないための必須サバイバルガイド。(カバー裏表紙より)

    菊川 征司(サイエンスライター)
    観光旅行のつもりで立ち寄ったアメリカ合衆国の自由な雰囲気に魅了され、以来在米生活30年。アメリカ同時多発テロ事件以降、重苦しい空気へと急速に変化したアメリカ社会の根源を探り、調査を開始。
    アメリカの衰退は、国際金融資本家たちの私企業たる連邦準備制度設立に端を発することを知る。アメリカ国民に警鐘を鳴らしていた本物の政治家たちの遺志を継ぐ。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/9

    • 1
    • 0
  • 25
    Loading

    マヤ・アステカ・インカ 神々の起源と宇宙人/ゼカリア・シッチン

    徳間5次元文庫
    初刷:2010年5月31日

    ゼカリア・シッチンは世界で数少ないシュメール語が読める学者である。シッチンはアカデミズムが自らの保身のために封印しているタブーを恐れることなく、その解読結果を世界に向けて直接読者にリークし続けている。その代表作である「アースクロニクル・シリーズ」は数々の言語に翻訳されベストセラーとなっている。シュメール古文献は、太陽系12番目の惑星ニビルからの訪問者つまり「アヌンナキと呼ばれる宇宙人」がシュメール文明を授けてくれたことを記している。彼らアヌンナキは、ある理由から母星ニビルへゴールドを運ぶため、大洪水が起こる前の43万2000年前から地球に留まっていたのだ。
    人類は彼らアヌンナキのミッション遂行のための労働ロボットとして、アヌンナキの遺伝子操作によって生まれたのだ。本書は、地球の隅々にまで君臨していた神アヌンナキが、大洪水後なぜシュメール・エジプト・ヘブライの文明を興し、さらにその文明を南米の地に移植・再興しなければならなかったのか。現地取材の成果を踏まえながら、その壮大な謎解きに挑んだ画期的な書である。(カバー裏表紙より)

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/9

    • 1
    • 0
  • 26
    Loading

    見えざる日本の支配者フリーメーソン/島田四郎 高山数生 成澤宗男

    徳間5次元文庫
    初刷:2010年8月31日

    ペリーの黒船来航・強制開国に始まる明治の近代化、戦後のマッカーサー率いるGHQによる日本改革、「第二の敗戦」とも言われた金融ビッグバン。近代日本のターニングポイントすべてにフリーメーソンが関与していた。彼らの改革要望案は今も続く。日本人が気づかないかたちで、政治・経済に影響を与える秘密結社を内部証言から大解剖。(カバー裏表紙より)

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/9

    • 1
    • 0
  • 27
    Loading

    あなたはお金のしくみにこうして騙されている/天野統康

    徳間5次元文庫
    初刷:2011年1月31日

    天使とも悪魔ともなるマネー(お金)。この現代社会を動かす根源的なエネルギーの、知られざる真の正体を明かす!一見、リーマンショック、デフレなど一連の経済現象は社会という大きな枠組みの中で自然に発生しているように見える。しかし実際は、ある意思を持った人々によって意図的に産み出されているのだ。この強大な世界権力と影響下にある中央銀行や国際機関、そして悲惨な家計のつながりとその対応策を、誰にでも理解できる超図解で伝える。
    なぜ、日本経済は成長しないのか?なぜ、私たちの生活は貧しくなる一方なのか?その原因は、お金の創造者にあった!お金の創造から無くなるまで、現在から過去の歴史まで、家計から世界権力まで、問題点から対策までを包括的に網羅!私たちの生活を管理し、操作する中央銀行と国際金融資本のカラクリをビジュアル付きで誰にでもわかりやすく描く―サブプライム以降の経済情勢を的中させ続けた著者の衝撃のデビュー作。(カバー裏表紙より)

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/9

    • 1
    • 0
  • 28
    Loading

    偽情報退散!マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている/THINKER

    徳間5次元文庫
    初刷:2011年3月31日

    マネーの支配者が現在の世界を作った。お金の歴史とマスコミの歴史。この二つを同時につかむと、見えなかった世界が一気に開けてくる!現実の直視を通じて、偽物の希望から確かな未来へとあなたを導く。(カバー裏表紙より)

    THINKERは、職業を別にもった数人の有志による市民グループ。マスコミ(新聞・テレビ)が伝えない情報を発信すべく、2009年にホームページを開設。以来、予想を超えて反響を呼び、講演会の活動も開始。メルマガの登録者も急増中。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/9

    • 1
    • 0