みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

MINIATURE CAR (OTHER)

各ブランド1台所有のミニカーをまとめて展示。

  • Loading

    PORSCHE 930 TURBO

  • Loading

    FERRARI 308 GTB 1982 "4 VALVOLE"

  • Loading

    BMW VISION EFFICIENT DYNAMICS

  • Loading

    NISSAN FAIRLADY Z 432

  • Loading

    HONDA NSX 1990

  • Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (BNR32)

  • Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (R32 NISMO S-TUNE)

  • Loading

    FORD SHELBY COBRA CONCEPT

  • Loading

    MAZDA 323F Mk1

  • Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (BNR32)

  • Loading

    HONDA V12 F1

  • Loading

    FORD MUSTANG MACH1 1973 JAPAN POLICE

  • Loading

    WIESMANN GT MF4

  • Loading

    ULTRA SEVEN TDF PO1 POINTER

  • Loading

    FORD LINCOLN CONTINENTAL 1963

  • Loading

    TOYOTA ISIS Platana

  • Loading

    PEUGEOT 206 WRC PRESENTATION CAR 1998

  • Loading

    1967 CAMARO

  • Loading

    FORD MUSTANG CONVERTIBLE 1964

  • Loading

    UNTITLED

  • Loading

    SUZUKI JIMNY SIERRA

  • Loading

    #42 1970 TRANS AM PLYMOUTH BARRACUDA - SWEDE SAVAGE

  • 1
    Loading

    PORSCHE 930 TURBO

    AUTOSTDARA

    ポルシェ 930 ターボ
    1975年発売、日本での発売は1976年。
    内径φ95 mm×行程70.4 mmで2,994 cc、圧縮比6.5の930/50型エンジンを搭載、ボッシュKEジェトロニックとブースト圧0.8気圧のKKK製ターボチャージャーで260 PS/5,500 rpm、35.0 kgm/4,500 rpm。
    日本仕様は昭和50年規制に適合するため等で245 PS/5,500 rpm、35.0 kgm/4,000 rpm。
    大パワーに対応するタイヤを納めるべく全幅は1,775 mmに拡大。
    トランスミッションは当初4速MT930型。ポルシェは「ありあまるパワーには4速で充分」と説明しましたが、ポルシェシンクロトランスミッションの許容量がターボのトルクとパワーに耐え切れず、やむなく4速にしたというのが通説。

    大学時代、同級生の所有するブラウン・メタリックの930ターボを運転したことがありましたが、運転した印象は、”怪物‼”でした。後部座席にも10分程乗ってみましたが、首が痛くなりました(笑)

    • いいね!

      58がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/13

    • 8
    • 2
  • 2
    Loading

    FERRARI 308 GTB 1982 "4 VALVOLE"

    BEST MODEL

    フェラーリ・308 (1975年-1985年)
    1975年に、パリ・サロンで発表。GTBのBはベルリネッタの意。ボディのデザインはピニンファリーナ。初期生産モデルはボディ材質にFRPを採用。ヘッドライトは丸型2灯式のリトラクタブルヘッドライト。
    パワーユニットは2,926ccのV8 DOHCで、車名の「308」はこの排気量約3,000cc 8気筒エンジンを搭載していることに由来しています。デビュー当初の2バルブモデルはウェーバー製キャブレターを搭載し、最高出力255PS/7,000rpm、最大トルク30.0kgf·m/5,000rpmを発揮しました。
    1977年のフランクフルト・ショーでタルガトップの「308GTS」が追加発表され、これに合わせて、ボディはスチール製に改められました。
    エンジンヘッドを4バルブ化したモデル「クワトロバルボーレ」(Quattrovalvole)は1982年に追加されました。

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/8

    • 8
    • 12
  • 3
    Loading

    BMW VISION EFFICIENT DYNAMICS

    BMW純正1/64スケールモデル

    BMW Vision Efficient Dynamics (2009年)
    2009年のフランクフルトモーターショーで発表。パワートレインには、3気筒ディーゼルターボエンジンとフロント用・リヤ用の計2つのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを搭載。エンジンはリアアクスル前方、ミッドシップに搭載し、システムトータルでの出力は356ps、トルクは800Nm。ポリカーボネート製のガルウィングドアを採用しています。
    2011年、より市販仕様に近づけたコンセプトモデルとして、i8 Conceptが発表され、2013年に市販モデルが登場、2014年からi8として販売が開始されました。

    https://youtu.be/U0ZXlk4y_4c

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/31

    • 8
    • 1
  • 4
    Loading

    NISSAN FAIRLADY Z 432

    DIAPET D-197

    日産・フェアレディZ
    初代 S30型系(1969年 - 1978年)
    1969年にダットサン・フェアレディに代わって発売されたS30系は、ヨーロッパ製の高級GTに匹敵するスペックと魅力あるスタイルを兼ね備えながら、格段に廉価であったことで、北米市場を中心に大ヒットしました。
    日産のイメージリーダーカーとして、10年もの長期に渡って生産され、世界総販売台数55万台(うち日本国内販売8万台)という、当時のスポーツカーとしては空前の記録を樹立しました。
    432はDOHCモデル(PS30型)としてラインナップ。
    432は、4バルブ・3キャブレター・2カムシャフトを意味し、搭載されるS20型エンジンの構造に由来します。

    • いいね!

      72がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/16

    • 8
    • 1
  • 5
    Loading

    HONDA NSX 1990

    FIRST43

    ホンダ・NSX
    初代 NA1/2型 (1990年 - 2006年)
    初代は第2期F1参戦を機に「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」との願いから開発された車であり、1989年に発表、翌1990年の販売開始から2006年までの16年間にわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造されました。
    I型(初期型AT/MT)に搭載されたエンジンは、C30A DOHC VTECエンジンで、駆動方式はMR。当時市販車として類を見ない世界初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用。その特殊性から、生産は手作業で行っていました。
    開発に当たっては、フェラーリ328を越える走行性能を目指して開発され、開発段階からアイルトン・セナや中嶋悟など、F1ドライバーが走行テストに参加しました。彼らからボディー剛性の低さを指摘されたため、過酷なコースレイアウトで有名なドイツのニュルブルクリンクなどで8か月にわたり走行テストを繰り返した結果、世界初のオールアルミ製軽量高剛性ボディーが完成しました。

    • いいね!

      56がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/19

    • 8
    • 0
  • 6
    Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (BNR32)

    hpi・racing 8157
    ガングレーメタリック(KH2)

    日産・スカイラインGT-R
    3代目 BNR32型(1989年 - 1994年)
    1989年8月21日発売。
    KPGC110の生産終了より16年ぶりとなるGT-R復活であり、当時日産で行われていた901運動の集大成として開発されたR32型GT-Rは、ATTESA E-TS、Super HICASといった最新デバイスに加え、専用設計されたエンジン RB26DETTを搭載し、日本初の300PS車として発売される予定でしたが、自主規制により、カタログ上は280PSとされました。
    RB26DETTの排気量は、2.6Lという中途半端な排気量設定がされていますが、これはグループA規格で行われていた全日本ツーリングカー選手権(JTC)のレギュレーションに対応させたことが理由。
    GT系標準モデルとの外見上の違いは、専用16インチアルミ鍛造ホイール、前後ブリスターフェンダーの幅拡大、アルミ製のフロントフェンダーとボンネット、スリット式フロントグリル、専用フロントバンパー、専用リアスポイラー等。内装も、シート、ステアリング、インストゥールメンタルパネル、センターコンソール等が異なり、乗車定員も4名とされました。

    • いいね!

      65がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/31

    • 8
    • 1
  • 7
    Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (R32 NISMO S-TUNE)

    MARK43 No.PM4326S

    S-TuneサスペンションキットやS1エンジンを搭載、18インチのNISMO LM GT4ホイールを装着したニスモのコンプリートカー「日産 スカイラインGT-R (BNR32) NISMO S-tune」を忠実に再現したモデルです。
    S-tuneのターゲットはストリートユースがメインで、扱いやすさに重点を置いたメニュー。
    S1エンジンにアップデートする事で約400psまで出力をアップすることが可能で、S-tuneサスペンションキットは極端なローダウンを行わずに性能アップが図れるサスペンションキットでした。

    • いいね!

      67がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/9/4

    • 8
    • 2
  • 8
    Loading

    FORD SHELBY COBRA CONCEPT

    MINICHAMPS

    フォードが2004年にデトロイトのショーで発表したコンセプトカー。
    1961年にAC Carsが開発したオリジナルのAC Cobraにインスパイアされたロードスターです。
    2000年代初めに開発された他のいくつかのフォード車(GT40のコンセプト、GT、第5世代のムスタングなど)と同様に、コンセプトは、かつての名車の現代的な解釈です。
    オールアルミ製の6.4 LV10エンジンを搭載し、645hpを発生します。

    • いいね!

      53がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/11

    • 8
    • 1
  • 9
    Loading

    MAZDA 323F Mk1

    NEO 43636

    マツダ・ファミリアアスティナ(1989年 - 1994年)
    日本国外での車名はマツダ・323F。
    ファミリアシリーズの中ではスペシャリティーカーの役割を担い、外観もスタイリッシュに振った派生車。マツダは4ドアクーペと呼んでいました。このクラスでは珍しい、リトラクタブルヘッドランプを採用。
    室内空間を犠牲にせず、大人4人とその荷物を収容できる実用性をも備えており、欧州、特にドイツで高評価でした。

    1990年に妻のパーソナルカー兼ファミリーカーとしてブレイズ・レッドのアスティナ1500DOHCを購入。スタイリッシュでとても気に入っていました。

    https://youtu.be/NdTG69kGi8w

    • いいね!

      64がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/2

    • 8
    • 6
  • 10
    Loading

    NISSAN SKYLINE GT-R (BNR32)

    NISSAN ALTIA
    ガングレーメタリック(KH2)

    日産・スカイラインGT-R
    3代目 BNR32型(1989年 - 1994年)
    1989年8月21日発売。
    KPGC110の生産終了より16年ぶりとなるGT-R復活であり、当時日産で行われていた901運動の集大成として開発されたR32型GT-Rは、ATTESA E-TS、Super HICASといった最新デバイスに加え、専用設計されたエンジン RB26DETTを搭載し、日本初の300PS車として発売される予定でしたが、自主規制により、カタログ上は280PSとされました。
    RB26DETTの排気量は、2.6Lという中途半端な排気量設定がされていますが、これはグループA規格で行われていた全日本ツーリングカー選手権(JTC)のレギュレーションに対応させたことが理由。
    GT系標準モデルとの外見上の違いは、専用16インチアルミ鍛造ホイール、前後ブリスターフェンダーの幅拡大、アルミ製のフロントフェンダーとボンネット、スリット式フロントグリル、専用フロントバンパー、専用リアスポイラー等。内装も、シート、ステアリング、インストゥールメンタルパネル、センターコンソール等が異なり、乗車定員も4名とされました。

    • いいね!

      59がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/9/2

    • 8
    • 1
  • 11
    Loading

    HONDA V12 F1

    PENNY No.10
    MADE IN ITALY

    ペニーはイタリア ポリトーイの小スケールラインとしてF1カー10種類が作られ、そのNo.10がこのホンダF1です。

    • いいね!

      49がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/18

    • 8
    • 0
  • 12
    Loading

    FORD MUSTANG MACH1 1973 JAPAN POLICE

    PREMIUM X

    フォード・マスタング・マッハ1 (1973) パトロールカー
    1973年から1984年まで東北道の高速隊に配備されていた栃木県警察本部高速道路交通警察隊のパトロールカー。
    現在は鹿沼市にある免許センターに保存展示されています。

    フォード・マスタング 2代目(1969年 - 1973年)
    1973年のマイナーチェンジでは、フロントグリルのフォグランプが横型から縦型になりグリル開口部が大きくなっています。
    デュアルスクープを備えたNASAフードは、標準ではデザインのみで、実際には機能しないアイテムでしたが、ラムエアオプションでは、各スクープ内の真空制御ドアと、エアフィルターハウジングを通ってキャブレターに外気を導入する機能になります。外観上では、クロームツイストフードロックが付き、マットブラックまたはマットシルバーの2トーンカラーのフードとなり エンジンに応じて、フードの両側に351 RAM AIRまたは429 RAM AIRのステッカーが付いています。

    このパトロールカーの実車を撮影した際に確認したのですが、フードにクロームツイストフードロックは付いていましたが、ステッカーが付いておらず、搭載されているエンジンが何かは判別できませんでした。以下の記事では429-cubic-inch Cobra Jet V8と断定しているようですが。

    https://www.hagerty.com/media/car-profiles/japanese-police-mustang-mach-1/

    https://muuseo.com/ts-r32/diaries/39

    • いいね!

      57がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/4

    • 8
    • 11
  • 13
    Loading

    WIESMANN GT MF4

    SIKU 0879

    ヴィーズマン(Wiesmann)は、1988年に、Martin Wiesmann、Friedhelm Wiesmann兄弟によって設立され、年間約180台の手作りのスポーツカーを製造していました。事業は2014年5月に一時的に閉鎖されましたが、2018年8月に経営破綻から復活、8月7日にBMW Mを搭載した新しいモデルGTMF5クーペとMF4ロードスターを発表しました。
    https://response.jp/article/2018/08/09/312921.html

    GT MF4はアルミニウム製のシャーシにグラスファーバーのボディ。エンジンはBMWターボ過給V8、4,395 cc。6速ATのFRで、最高速度291km/h、0-100km/h加速4.6秒。

    • いいね!

      52がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/12/17

    • 8
    • 6
  • 14
    Loading

    ULTRA SEVEN TDF PO1 POINTER

    サントリー BOSS 45th Anniversary ウルトラマンシリーズコレクション
    ウルトラセブン 地球防衛軍 ポインター号

    https://youtu.be/n90PbKtcM7Y

    • いいね!

      74がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/4/5

    • 8
    • 12
  • 15
    Loading

    FORD LINCOLN CONTINENTAL 1963

    TEKNO 829

    フォード・リンカーン・コンチネンタル
    第4世代(1961年 - 1969年)
    プラットフォームは1961年のサンダーバード用に製造されたユニボディプラットフォームの拡張バージョン。1963年までにホイールベースが123インチまで延長されました。
    エンジンは、M430 cu in(7.0 L) MEL V8 。1966年には462立方インチに拡張され、フォードの乗用車で最大排気量のエンジンになりました。
    1963年モデルでは、リアシートの足元スペースを増やすためにフロントシートバックが変更さ、ラゲッジスペースを増やすためにトランクリッドの形状が変更されました。

    • いいね!

      52がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/17

    • 8
    • 1
  • 16
    Loading

    TOYOTA ISIS Platana

    TOYOTA OFFICIAL LICENSED PRODUCT

    トヨタ アイシス 2004年9月-2017年12月
    日本国内専用車として企画・開発され、左側通行専用設計の左右アシンメトリー(非対称)ボディを採用。エンジンはDOHCの2,000ccの1AZ-FSE (D-4)。トランスミッションは無段変速機のSuper CVT-i、プラタナは7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを装備。ボディサイズはプラタナはエアロパーツとブリスターフェンダーが装着されており、全幅が拡大され1,710mmとなるため、3ナンバー。
    助手席側にはセンターピラー内蔵ドア「パノラマオープンドア」が採用されており、助手席と後部座席のスライドドアを開けると、ピラーがない広大な開口部が現れます。
    2004年9月の発売開始以降、2017年12月の販売終了まで13年に渡って一切フルモデルチェンジが実施されなかった非常に珍しい車種でした。

    2005年から2017年まで、シルバーメタリックの2Lプラタナが我が家のファミリーカーでした。子供たちが小学生から大学生まで成長する時期に、12年間活躍してくれた車なので、お別れの時、妻は涙していました。

    このミニカーはディーラーのカラーサンプルミニカー(非売品)で、1/30スケールです。
    左側前後ドアが開閉し、プルバックで走行します。

    • いいね!

      50がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/6

    • 8
    • 4
  • 17
    Loading

    PEUGEOT 206 WRC PRESENTATION CAR 1998

    VITESSE
    PEUGEOT 206 WRC Presentation Car 1998 (metal gray) ディーラー限定品

    1998年のこのプレゼンテーションカーは、来年からこの車両でWRCに参戦するという発表会でのお披露目モデルです。ドアに書かれた「99」は1999年参戦を意味するものと思われます。フロントバンパーサイドのスリットや、ルーフのベンチレーションがなく、実際のWRCとは、リアウイングのデザインも異なり、ドアミラーも市販車のものが付いています。濃いブルーの6本スポークのホイール、ボディ全体に散りばめられた小さなライオンマーク、ルーフのコンパス、ボンネットの地球というカラーリングがお洒落です。

    https://youtu.be/8W6wMfRRi_k 

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/2/25

    • 8
    • 7
  • 18
    Loading

    1967 CAMARO

    VETRAGOR

    シボレー・カマロ (1967年 - )
    名前の由来は古フランス語で友人を意味する言葉から取られました。
    初代 (1967年 - 1969年)
    1967年に発売されたGM Fボディ プラットフォームの2ドアハードトップとコンバーチブル。

    オフハウスの棚にポツンとディスプレイされていたこのミニカー、そこそこリアルなプロポーションとやたらシンプルなホイールに惹かれ思わず購入^^
    メーカー名の刻印がないので、「1/34 CAMARO」で検索したら、こんな動画が。
    どうもVETRAGORというのがメーカー名のようですが、それ以上詳しいことは不明です。

    https://youtu.be/5nAI46sLcos

    • いいね!

      57がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 8
    • 7
  • 19
    Loading

    FORD MUSTANG CONVERTIBLE 1964

    SUNNYSIDE MODELS

    フォード・マスタング
    初代(1964年 - 1968年)
    ファルコンをベースとしたスポーティーカーとして、1964年にコンバーチブルとハードトップのラインナップで登場しました。バランスの良いスタイリングと性能、広告代理店の巧みなマーケティング戦略で発売当初から高い売れ行きを記録し、アメリカの自動車史に残る大ベストセラーとなりました。
    標準装備を簡素にして本体価格を抑える代わりに、複数の排気量(直6 170 cu.in. V8 260 cu.in. V8 289 cu.in.)のエンジン、ATやビニールレザーシート、ホワイトリボンタイヤ、ディスクブレーキやLSDなど多彩なオプションを用意する「フルチョイスシステム」により街乗りのスポーティカーから硬派なスポーツカーまで変更可能なため、幅広い年齢、収入層に受け入れられました。

    https://youtu.be/k2eebaCUNic

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/4

    • 8
    • 3
  • 20
    Loading

    UNTITLED

    那須クラシックカー博物館のクーポンでもらいました。
    タンクローリーだと思われますが、
    サイドのDFS! INTERNATIONALが意味不明。
    DFSといえば、Duty Free Shopくらいしか思い浮かびませんが、
    だとしたら、なにゆえにタンクローリーに!?

    • いいね!

      50がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/12/20

    • 8
    • 7
    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/3

    • 8
    • 0
    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:7 days ago

    • 5
    • 0