みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

MINIATURE CAR (DE TOMASO)

1959年にデ・トマソ・アウトモビリとして、アルゼンチン出身のレーサー、アレハンドロ・デ・トマソがイタリアの モデナに設立した自動車メーカー。2003年にアレハンドロが亡くなり、会社は2004年5月に解散しましたが、 2009年11月、フィアットの元重役ジャン・マリオ・ロシニョーロが商標権を取得。2011年ジュネーブモーターショー にて「デ・トマソ」ブランドで新型車を発表、新生デ・トマソとして復活しました。 エンブレムはアルゼンチンの国旗の配色「水色・白・水色」に古代エジプトの女神「イシス」を表す象形文字 を組み合わせたもの。アレハンドロは「妻・イザベル」のイニシャルと称していたと言われています。

  • File

    DE TOMASO PANTERA GTS

  • 1
    Loading

    DE TOMASO PANTERA GTS

    TOMICA LIMITED

    デ・トマソ・パンテーラ (1971年-1992年)
    1960年代後半に、アレッサンドロ・デ・トマソとフォードの副社長リー・アイアコッカが、「フォード・GT40のイメージを踏襲するスポーツカー」のプロジェクトを企画、イタリア製のボディにアメリカ製の大排気量エンジンを搭載した伊米合作のスーパーカーが生まれました。この種の車としては初めて大量生産性を重視して製作されました。「パンテーラ」はイタリア語で「豹」を意味します。
    エンジンはフォード製の351CDIユニット、生産工場の名を取って通称クリーブランドと呼ばれる、排気量5.8リッターの水冷V型8気筒OHVエンジンを搭載、330馬力、トルク45kg-mを発生します。
    GTS
    1973年に登場したハイパフォーマンスモデル。アメリカ仕様とヨーロッパ仕様が存在し、ヨーロッパ仕様は350馬力、トルク50kg-mに引き上げられ、最高速度290km/h。向上したパワーに対応するためにタイヤも若干太いものに変更されました。ボディのウェストラインから下がブラックの塗装になっていて、派手な印象となっています。

    • いいね!

      53がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/3

    • 8
    • 18