みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

MINIATURE CAR (McLAREN)

マクラーレン・オートモーティブは、マクラーレンのロードカー部門として2009年に設立されたイギリスの自動車メーカー。 モータースポーツ部門であるマクラーレン・レーシングと同様にマクラーレングループに属します。 マクラーレン・レーシングは、1963年にブルース・マクラーレンにより設立されました。 マクラーレン・オートモーティブの前身であるマクラーレン・カーズは1990年に設立され、高性能市販車の開発を始めます。 1994年、ゴードン・マレーのデザインによる処女作、マクラーレン・F1を発表。 1995年にはその競技用仕様であるマクラーレン・F1GTRがル・マン24時間レースに出場し、総合優勝しました。 2003年、メルセデス・ベンツがSLRマクラーレンを発表。開発・生産はマクラーレン・カーズが担当、受注販売のみとはいえ量産車として販売されました。 2015年には主力スーパーカーセグメントであるスーパーシリーズの販売台数が累計5000台に達しました。

  • File

    McLAREN F1 GTR

  • File

    McLAREN MP4-12C

  • File

    McLAREN P1

  • File

    McLAREN SENNA

  • 1
    Loading

    McLAREN F1 GTR

    HOT WHEELS
    2018 Gran Turismo

    マクラーレン・F1 GTR
    第1世代 (1994年 - 1996年)
    マクラーレン・F1のレース仕様として1994年に登場。市販車との外観上の差異は、リアウイングの装着、専用のフロントスポイラーおよびバンパー、サイドスカートなどのエアロパーツの装着など、比較的軽微なものとなっています。エンジンは市販車の628psからリストリクターの装着により600ps程度に絞られています。
    1995年のル・マン24時間レースでは、J.J・レート、ヤニック・ダルマス、関谷正徳のドライブで総合優勝しました。

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/3

    • 8
    • 0
  • 2
    Loading

    McLAREN MP4-12C

    KYOSHO

    マクラーレン MP4-12C
    2011年から年間約1,000台の生産を開始。
    フェラーリやマセラティなどでデザインを手がけてきたフランク・ステファンソンがデザインを担当。
    MP4-12Cの名称の、MP4は、1981年以来マクラーレンのF1マシンで使用されている呼称で、12Cは、V型12気筒エンジン並みの性能を備えた、カーボンファイバー(Carbon fiber)を使用した車を意味しています。
    M838Tエンジンは3.8L V8 ツインターボDOHCで600PSを発生。ドライサンプやフラットプレーンクランクシャフトを採用し、ミッドシップに搭載。
    リア周りには、可変式スポイラーが装備され、ブレーキング時には持ちあがって空力ブレーキとして作動。ドアノブはなく、手をかざすとセンサーが感知してロックを解除させる仕組みでしたが2013年モデルからそれはなくなり物理的なスイッチが装備されました。
    0-100km/h加速3.1秒、最高速度330km/h。ニュルブルクリンクで非公式ながら7分28秒を記録しました。

    • いいね!

      55がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/3

    • 8
    • 0
  • 3
    Loading

    McLAREN P1

    HOT WHEELS
    2017 Car Culture Cars & Donuts 1/5

    マクラーレン・P1
    車名のP1は、Position1の略。
    2013年のジュネーヴショーで正式に詳細なスペックとともに発表されました。
    MP4-12C同様ディヘドラルドア、カーボンコンポジット製モノコックを採用。
    サスペンションは、公道モードからレースモードまで4段階に調節可能。リアウイングも公道モードの120mmから、レースモードでは300mmまで上昇します。
    エンジンは、MP4-12Cと同じ3.8リッターV8ツインターボを搭載、最高出力は737PS/7,500rpmに高められました。さらにF1のKERSに似たIPAS(Instant Power Assist System)とよばれるハイブリッドシステムが搭載され、179PSの電気モーターのアシストにより最高出力916PS、最大トルク900Nmを発揮します。
    他にもリアウィングの抵抗を減らすドラッグリダクションシステム (DRS) や、リア内輪にブレーキをかけて旋回能力を向上させる「ブレーキステア」といったF1関連の技術を用いています。
    0-100km/h加速は2.8秒、最高速は350km/hと発表されています。

    #RealRiders

    • いいね!

      49がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/3

    • 8
    • 0
  • 4
    Loading

    McLAREN SENNA

    HOT WHEELS
    2019 HW Exotics 4/10
    Designer:Ryu Asada

    マクラーレン・セナ
    ジュネーブモーターショー2018で公式発表されました。
    車名は、アイルトン・セナにちなんで名付けられました。
    カーボンファイバー製シャーシとカーボンファイバー製ボディパネルによる超軽量構造により、マクラーレン・F1以来最軽量のマシンに仕上がっています。4.0LツインターボチャージャーV8エンジンは、800PSの出力と800Nmのトルクを誇ります。この組み合わせにより、1トンあたり688PS という圧倒的なパワーウェイトレシオの実現に成功しました。

    https://youtu.be/yvljnF_cU84

    • いいね!

      55がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/3

    • 8
    • 6