みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

MINIATURE CAR (ASTON MARTIN)

社名は創業者のライオネル・マーティンの名前と彼がチューンナップした車が勝利したレースが行われた場所「アストン・クリストン」の地名を合わせたもの。正式な社名は「アストンマーティン・ラゴンダ」。 かつての親会社「デイヴィッド・ブラウン・リミテッド」の頭文字「DB」を冠したスポーツカーのシリーズが有名。 イギリスでは数少ない民族資本の高級車メーカーで、1960年代より愛用しているプリンス・オブ・ウェールズからロイヤル・ワラントを授与されています。 モータースポーツでも長い伝統をもち、1959年にはル・マン24時間レース優勝と、WSC制覇を果たしました。 エンブレムは太陽神の象徴として神聖化されているエジプトの虫、スカラベの羽にブリティッシュグリーンのボックスロゴを合わせたもの。 本社所在地:イギリス ウォリックシャー 設立:1913年

  • File

    ASTON MARTIN 1963 DB5

  • File

    ASTON MARTIN DB5

  • File

    ASTON MARTIN DB5

  • File

    ASTON MARTIN DB7

  • File

    ASTON MARTIN VULCAN

  • File

    1987 ASTON MARTIN V8

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/21

    • 8
    • 0
  • 2
    Loading

    ASTON MARTIN DB5

    KYOSHO

    アストンマーティン・DB5
    アストンマーティン・ラゴンダが1963年-1965年に1,023台を製造。
    エンジンは、3,995cc直列6気筒DOHCエンジンを搭載。標準型は3基のSU製キャブレターから282hpを、高性能版のヴァンテージ仕様は3基のウェーバー製キャブレターから314hpを出力します。
    映画007シリーズの3作目『ゴールドフィンガー』、4作目『サンダーボール作戦』で、様々なギミックを搭載した改造車として登場し、その後の映画シリーズの特徴となったことから、ボンドカーの代表的な車種として知られています。17作目『ゴールデンアイ』で再登場すると、その後のシリーズでも、メインのボンドカーとは別に、しばしばボンドの愛車として作中に登場しています。また、3代目ボンドのロジャー・ムーアが出演した映画『キャノンボール』でも、ボンドカーのパロディとして様々なギミックが搭載されたアストンマーティン・DB5が登場します。

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/9/7

    • 8
    • 0
  • 3
    Loading

    ASTON MARTIN DB5

    KYOSHO

    アストンマーティン・DB5
    アストンマーティン・ラゴンダが1963年-1965年に1,023台を製造。
    エンジンは、3,995cc直列6気筒DOHCエンジンを搭載。標準型は3基のSU製キャブレターから282hpを、高性能版のヴァンテージ仕様は3基のウェーバー製キャブレターから314hpを出力します。
    映画007シリーズの3作目『ゴールドフィンガー』、4作目『サンダーボール作戦』で、様々なギミックを搭載した改造車として登場し、その後の映画シリーズの特徴となったことから、ボンドカーの代表的な車種として知られています。17作目『ゴールデンアイ』で再登場すると、その後のシリーズでも、メインのボンドカーとは別に、しばしばボンドの愛車として作中に登場しています。また、3代目ボンドのロジャー・ムーアが出演した映画『キャノンボール』でも、ボンドカーのパロディとして様々なギミックが搭載されたアストンマーティン・DB5が登場します。

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/4/28

    • 8
    • 2
  • 4
    Loading

    ASTON MARTIN DB7

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.036

    アストンマーティン・DB7
    1994年にデビューしたDB7は、1960年代後半に発売されたDB6以来、23年ぶりにDBの名称が復活したモデル。
    当時同じくフォード・モーター傘下にあったジャガーの各モデルとの部品の共通化が進められ、直列6気筒3.2リッターエンジンやシャシーだけでなく、電装系なども共有しています。
    1999年にマイナーチェンジを行い、新たに開発されたV型12気筒エンジンが投入され、トランスミッションや内外装もアップデートされました。2004年に生産を終了しDB9が後継車種となりました。

    • いいね!

      61がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/22

    • 8
    • 6
  • 5
    Loading

    ASTON MARTIN VULCAN

    HOT WHEELS
    2020 Factory Fresh 6/10
    Designer:Ryu Asada

    アストンマーティン・ヴァルカン (2015年 - 2016年)
    2015年に発売されたサーキット走行専用スポーツカー。24台のみ生産され、日本円でおよそ2億6000万円で販売されていました。
    ボディはカーボンファイバー、シャシーはアルミ合金製。エンジンは、7.0L NA V12で、7750rpmで820馬力を発生。
    全長:4,807mm
    全幅:2,063mm
    全高:1,235 mm
    車両重量:1,350kg

    https://youtu.be/7ts_j5Pmwb0

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/19

    • 8
    • 0
    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:8 days ago

    • 5
    • 0