みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

MINIATURE CAR (HONGWELL)

乗用車を中心に各種スケールを展開する中国のメーカー

  • Loading

    FORD F1 PICK UP (1948)

  • Loading

    PORSCHE 356.001

  • Loading

    VW BEETLE

  • Loading

    VW BEETLE (POLIZEI)

  • Loading

    VW TRANSPORTER

  • Loading

    VW GOLF SOFT TOP

  • Loading

    AUDI A4 CABRIOLET

  • Loading

    BMW 745i

  • Loading

    BMW X5 (POLICE)

  • Loading

    MERCEDES-BENZ 560SL SOFT TOP

  • Loading

    MERCEDES-BENZ 600SL COUPE

  • Loading

    LANCIA DELTA HF INTEGRALE

  • Loading

    PEUGEOT 206 CC

  • Loading

    AUSTIN HEALEY CONVERTIBLE

  • Loading

    MGB CONVERTIBLE

  • Loading

    FORD CAPRI 1969

  • Loading

    ASTON MARTIN DB7

  • Loading

    LOTUS SPORT ELISE

  • Loading

    JAGUAR S-TYPE

  • 1
    Loading

    FORD F1 PICK UP (1948)

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.045

    フォード・Fシリーズ
    Fシリーズ(F-Series)は、フォードが1948年から製造・販売するフルサイズピックアップトラック型の自動車。サイズが大きくなるに従って'F'に続く数字が大きくなります。

    初代(1948年~1952年)
    F-1、F-2、F-3、F-4、F-5、F-6、F-7、F-8という8種類のタイプがありました。
    ボディタイプ:2ドアピックアップトラック
    エンジン:直6 3.5L、3.7L、3.9L、4.2L V8 4.6L、5.2L、5.5L
    駆動方式:FR、4WD
    変速機:3速MT、4速MT、5速MT

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/13

    • 8
    • 0
  • 2
    Loading

    PORSCHE 356.001

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.031

    ポルシェ 356.001
    1948年、アルミニウムボディーの2シーターでロードスター型プロトタイプを試作。ポルシェの名を冠した初の車であることから「ポルシェNo.1」とも呼ばれます。
    量産型356とは異なり、鋼管スペースフレームのミッドにフォルクスワーゲン用の空冷水平対向4気筒OHV、1,131cc、25馬力の369型をベースとし圧縮比を上げるなどで40馬力に出力をアップしたエンジンをレイアウト。596kgの車体を135km/hまで加速させました。

    このミニカーの台座には、「Porsche No.1」と記されています。

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/18

    • 8
    • 0
  • 3
    Loading

    VW BEETLE

    HONGWELL
    Cararama

    フォルクスワーゲン タイプ1
    1938年の生産開始以来、2003年まで生産が続き、四輪自動車としては世界最多の累計生産台数2152万9464台の記録を打ち立てた伝説的大衆車です。ビートル(Beetle)、バグ(Bug)などの愛称があります。
    フェルディナント・ポルシェによる高性能小型大衆車のプランが、アドルフ・ヒトラーの大衆政策と結びついたことで開発が実現しました。1938年に量産型のプロトタイプが完成し、生産体制の整備が始められましたが、第二次世界大戦勃発で民生用量産は実現せず、1941年より主として軍人や要人向けに納車された以外、コンポーネンツは軍用車両の生産に利用されました。
    戦後、1945年から本格生産が開始され、西ドイツ国内はもとより、アメリカ合衆国をはじめとする国外への輸出でも1950年代から1970年代にかけて大きな成功を収め、戦後の西ドイツ経済の復興に大きく貢献しました。
    エンジンは軽量さと簡易性を重視して設計された4ストローク・強制空冷水平対向4気筒OHVで、軽合金を多用、空冷式のため各シリンダーは独立した構造。RRを前提に設計され、4速ギアボックスを収めたトランスアクスルと結合されて搭載されました。

    • いいね!

      28がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/15

    • 8
    • 0
  • 4
    Loading

    VW BEETLE (POLIZEI)

    HONGWELL
    Kitahara World car selection

    フォルクスワーゲン タイプ1
    1938年の生産開始以来、2003年まで生産が続き、四輪自動車としては世界最多の累計生産台数2152万9464台の記録を打ち立てた伝説的大衆車です。ビートル(Beetle)、バグ(Bug)などの愛称があります。
    フェルディナント・ポルシェによる高性能小型大衆車のプランが、アドルフ・ヒトラーの大衆政策と結びついたことで開発が実現しました。1938年に量産型のプロトタイプが完成し、生産体制の整備が始められましたが、第二次世界大戦勃発で民生用量産は実現せず、1941年より主として軍人や要人向けに納車された以外、コンポーネンツは軍用車両の生産に利用されました。
    戦後、1945年から本格生産が開始され、西ドイツ国内はもとより、アメリカ合衆国をはじめとする国外への輸出でも1950年代から1970年代にかけて大きな成功を収め、戦後の西ドイツ経済の復興に大きく貢献しました。
    エンジンは軽量さと簡易性を重視して設計された4ストローク・強制空冷水平対向4気筒OHVで、軽合金を多用、空冷式のため各シリンダーは独立した構造。RRを前提に設計され、4速ギアボックスを収めたトランスアクスルと結合されて搭載されました。

    このミニカーは1970年代のドイツ連邦警察仕様です。

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/18

    • 8
    • 0
  • 5
    Loading

    VW TRANSPORTER

    HONGWELL
    Cararama

    フォルクスワーゲンのトランスポルター (タイプ2) の第1世代 (T1) (1950年-1967年)
    1950年にタイプ1(ビートル)をベースとするリアエンジン・リアドライブの汎用自動車として登場。オランダ人ディーラー、ベン・ポンのラフスケッチ程度のアイデアから後世に残る名車が生まれました。
    タイプ1のサスペンションなどを補強したシャシにフル・キャブオーバー型の1BOXバンボディを架装し、3列のシートを配置できる床面積を有しました。
    エンジンはタイプ1と同様の空冷・OHVの水平対向4気筒エンジンを搭載、当初は排気量1131ccで25psの最高出力でしたが、のちに改良により1192ccで40psまで向上しました。
    ドイツをはじめとする欧州市場で大好評となり、北米市場でも便利なミニ・トランスポーターとしてヒット作となりました。
    これにより、フォルクスワーゲンは「乗用車のタイプ1」と「マルチパーパスカーのタイプ2」の二本立て戦略で販路を広げることが可能になり、その後の同社の隆盛に大きく寄与することになりました。この販路拡大の途中、タイプ2は元来のバンタイプと小型バスタイプのほか、オープンデッキのトラックタイプ(ピックアップトラック)、救急車仕様車など多彩なバリエーションが展開されました。

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/9/16

    • 8
    • 2
  • 6
    Loading

    VW GOLF SOFT TOP

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.038

    フォルクスワーゲン・ゴルフ 3ドア カブリオレ
    4代目 ゴルフIV 1J型 (1997年-2006年)
    カブリオレは、4代目ゴルフに似せた外観に変更されましたが、内容は先代・ゴルフIIIの継続でした。

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/1

    • 8
    • 0
  • 7
    Loading

    AUDI A4 CABRIOLET

    HONGWELL
    Cararama
    AUDI A4 CABRIOLET

    アウディ A4 2代目(2001-2005年)B6系
    B6プラットフォームを採用、既に販売されていたA6と共通コンセプトのデザインで、若干のサイズアップで居住性が向上、サスペンションもアルミ製の新設計に変更されました。
    2002年にはステーションワゴンのアバントと初代にはなかったカブリオレが登場しました。
    エンジンは先代からのキャリーオーバーの他に、2.0L直4と3.0L V6が登場し、これを縦置きに配置し前輪もしくは四輪を駆動するアウディ独特のメカニズムを継承しています。
    トランスミッションは5速MT、6速MT、5速ATのほかFFモデルではCVTが登場しました。
    カブリオレはFFのみでクワトロバージョンはなく、日本では2006年4月まで販売され、そのまま絶版となりました。

    • いいね!

      32がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/18

    • 8
    • 0
  • 8
    Loading

    BMW 745i

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.026

    BMW・7シリーズ
    第4世代 E65(2001年- 2009年)
    特徴的なエクステリアデザインと新開発バルブトロニック搭載エンジン、革新的な操作系のインターフェイス(iドライブ)など、新技術が数多く搭載されました。
    745i (2001年 - 2005年) のエンジンはV型8気筒DOHC 4,398cc 333ps/6,100rpm 45.9kgm/3,600rpm。

    • いいね!

      39がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/1

    • 8
    • 0
  • 9
    Loading

    BMW X5 (POLICE)

    HONGWELL
    Kitahara World car selection

    BMW X5
    初代 E53(2000年-2007年)
    BMW 5シリーズ(E39型)をベースにしたBMW初のSUVでしたが、1996年にイギリスのローバー・グループを買収しており、高級SUVの実績があるランドローバーを手中にしていたことが開発に寄与したとされているようです。

    このミニカーはスイス警察仕様です。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/18

    • 8
    • 0
  • 10
    Loading

    MERCEDES-BENZ 560SL SOFT TOP

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.042

    メルセデス・ベンツ・SLクラス
    3代目 R107(1971年-1989年)560SL
    1971年に登場。シャシーコンポーネンツはミッドサイズのW114から転用され、エンジンはSクラス用のユニットを搭載。着脱可能なハードトップ/ソフトトップを持つ2シーター。先代モデルに比べ大きく、重く、豪華になったことで、SLの頭文字は300SL(W198)時代の「シュポルト・ライヒト」から「スポーツ・ラグジュアリー」に変わったことを意味していました。
    560SLはアメリカ、日本、オーストラリアのみで販売され、ドイツを含むヨーロッパでは販売されませんでした。

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/1

    • 8
    • 0
  • 11
    Loading

    MERCEDES-BENZ 600SL COUPE

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.037

    メルセデス・ベンツ・SLクラス
    4代目 R129(1989年-2001年)600SL
    1989年、18年ぶりにフルモデルチェンジし、4代目が登場。幌には電動ソフトトップを採用。
    1992年、6.0L V12エンジン(395PS/58.0kg・m)を積む600SLを追加。

    • いいね!

      40がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/1

    • 8
    • 0
  • 12
    Loading

    LANCIA DELTA HF INTEGRALE

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.044

    ランチア・デルタ・HFインテグラーレ
    スタイリングは、ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当し、人工皮革のアルカンターラを多用した上品な内装によって「小さな高級車」を目指し、1980年にランチア初のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。
    HFインテグラーレは、1988年に登場したフェンダーがブリスター化されたフルタイム4WDモデル。エンジンはDOHCの2.0Lターボで、最高出力は185ps(136kW)/5300rpm。

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/20

    • 8
    • 4
  • 13
    Loading

    PEUGEOT 206 CC

    HONGWELL
    Cararama
    PEUGEOT 206 CC

    プジョー 206 (1998年-2012年)
    205の後継車として、1998年のパリサロンで発表。デザインはそれまでのピニンファリーナではなく社内デザインチーム。日本ではお洒落なイメージとリーズナブルな価格で大ヒット、2000年の年間販売台数は1万台を超えました。
    206CCは、206のオープンボディ版。電動開閉式のハードトップで、開発にはフランスの自動車車体メーカー、ユーリエ社が全面協力しました。"CC" は、"Coupé Cabriolet" (クーペカブリオレ) の略ですが、"Coup de Coeur" (ハートに一目惚れ) という隠れた意味も持ちます。

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/20

    • 8
    • 0
  • 14
    Loading

    AUSTIN HEALEY CONVERTIBLE

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.030

    オースチン・ヒーレー 3000
    1964 - 1967 BJ8 Mark III
    オースチン・ヒーレーは、イギリスのスポーツカーブランド。
    1952年にブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)・オースチン部門のレナード・ロードと、自動車エンジニア兼デザイナーであるドナルド・ヒーレーとの間に結ばれた合弁事業合意により誕生しました。1972年までの20年間という合意期限満了まで、生産が続けられました。

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/1

    • 8
    • 0
  • 15
    Loading

    MGB CONVERTIBLE

    HONGWELL
    Cararama

    MG・MGB
    MGBは、1962年にイギリスのMGブランドにおける主力車種として発売された2座席2ドア・オープン型のスポーツカー。
    MGAの後継車種として開発され、エンジンや足回り等の基本設計の一部をMGAから引き継いで設計されましたが、ボディがラダーフレーム式からモノコック式に根本的に改められた他、多くの部分で改良が進み、より近代的で高性能な車として開発されました。
    基本構造は、ソフトトップを備えたオープン型のモノコックボディに、1.8Lの直列4気筒エンジンを搭載し、4速マニュアルトランスミッションで後輪を駆動するというもの。
    軽量な車体がもたらす軽快なハンドリング特性や、比較的高い信頼性、単純な機構による維持のしやすさ等から人気を博し、1980年までの19年間でシリーズ全体で52万台以上も製造・販売される大ヒット作となりました。

    • いいね!

      46がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/26

    • 8
    • 2
  • 16
    Loading

    FORD CAPRI 1969

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.032

    フォード・カプリ
    1969年、アメリカで大ヒットしたフォード・マスタングの成功をヨーロッパで再現しようと、前年発売したフォード・エスコートに次ぐ英独フォード共通モデルとして登場しました。ロングノーズ、ショートデッキ、セミファストバックのプロポーションは、リアフェンダーのプレスラインやU型のクオーターウインドーの処理が個性的で、一目でカプリとわかるデザインを持っていました。
    Mk1と呼ばれる初代モデルのエンジンはドイツ製はタウヌスの1,300/1,500/1,700ccV4エンジン、英国製はコルチナ等に用いられた直列4気筒の1,300/1,600ccでした。上級モデルはドイツ製V6・2,000cc、2300GT、英国製V6・3,000cc138馬力の3000GTがそれぞれ追加されました。

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/26

    • 8
    • 0
  • 17
    Loading

    ASTON MARTIN DB7

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.036

    アストンマーティン・DB7
    1994年にデビューしたDB7は、1960年代後半に発売されたDB6以来、23年ぶりにDBの名称が復活したモデル。
    当時同じくフォード・モーター傘下にあったジャガーの各モデルとの部品の共通化が進められ、直列6気筒3.2リッターエンジンやシャシーだけでなく、電装系なども共有しています。
    1999年にマイナーチェンジを行い、新たに開発されたV型12気筒エンジンが投入され、トランスミッションや内外装もアップデートされました。2004年に生産を終了しDB9が後継車種となりました。

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/26

    • 8
    • 0
  • 18
    Loading

    LOTUS SPORT ELISE

    HONGWELL
    Kitahara World car selection No.035

    ロータス・エリーゼ(タイプ111、Elise)
    1995年のフランクフルトショーでデビュー、翌1996年から販売が開始され、エンジンのバリエーションや派生車種の追加などを受けながら、2001年にモデルチェンジされました。アルミ合金製のバスタブフレームと、FRP製の外装によって軽量な車体を実現。シャシーの組み立てにリベットを使用せず、航空機製造用のエポキシ系の接着剤を用いることにより、剛性と組立て精度を確保し、シャシー単体で68kg。
    フェイズI(1996年-2001年)
    発売当初のモデルで、ローバー・18K4Fエンジンを搭載。1.8L DOHC直列4気筒の自然吸気で、最高出力は90kW(122ps)/5,600rpm、最大トルクは168N-m(16.8kg/m)/4,500rpm。

    • いいね!

      29がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/13

    • 8
    • 0
  • 19
    Loading

    JAGUAR S-TYPE

    HONGWELL
    Cararama

    ジャガー・Sタイプ
    かつて1963年に発売されたSタイプのリメイク版であり、Eセグメントの高級乗用車。XJシリーズの下位モデルとして新たな市場を開拓するために、リンカーン・LSのコンポーネンツをベースに開発され、フォード傘下となってから初めてのニューモデルとして1999年から2007年まで販売されました。
    エンジン:2.5リットル AJ6 V型6気筒、3.0リットル AJ6 V型6気筒、4.0リットル AJ-V8 V型8気筒
    4.2リットル AJ-V8 V型8気筒、4.7リットル AJD V型8気筒スーパーチャージド
    駆動方式:FR
    最高出力:405PS/6,100rpm
    最大トルク:56.40kgfm/3500rpm
    変速機:4速AT/5速AT/6速セミAT/5速MT/6速MT
    全長:4,877mm 全幅:1,818mm 全高:1,447mm ホイールベース:2,908mm
    車両重量:1,800kg

    • いいね!

      32がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/8/13

    • 8
    • 0