ts-r32 Museum

by ミューゼオロゴ
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Since 2018 February

"自動車、映画、音楽、演劇、美術、写真、文学などに関連するいろいろなモノたちを展示します。"

ミュージアム・オーナー

File

ts-r32

入館者数381830人

アイテム展示数2291個

いいね!数76935個

Floor Map

  • 138F

    OTHER

    59
    File
  • 137F

    MOTOR SPORTS

    19
    File
  • 136F

    SKYLINE GT-R ACCESSARY,GOODS

    7
    File
  • 135F

    WORK OF SUSAN SONTAG

    4
    File
  • 134F

    WORK OF MARGUERITE DURAS

    10
    File
  • 133F

    WORK OF GEORGES BATAILLE

    5
    File
  • 132F

    WORK OF YUTAKA HANIYA

    7
    File
  • 131F

    WORK OF HARUKI MURAKAMI

    50
    File
  • 130F

    COMMEMORATIVE COINS

    11
    File
  • 129F

    COMMEMORATIVE MEDAL

    3
    File
  • 128F

    POST CARD

    73
    File
  • 127F

    STAMP

    231
    File
  • 126F

    TOKUMA 5ZIGEN BUNKO

    28
    File
  • 125F

    PAPERBACK

    124
    File
  • 124F

    BOOK

    19
    File
  • 123F

    MAGAZINE BOOK

    26
    File
  • 122F

    MAGAZINE

    66
    File
  • 121F

    AUTOMOTIVE CATALOG

    13
    File
  • 120F

    MUSICAL SCORE

    9
    File
  • 119F

    SHINCHO ART LIBRARY

    20
    File
  • 118F

    PHOTO BOOK, BOOK OF PAINTINGS

    19
    File
  • 117F

    THEATER TICKET

    3
    File
  • 116F

    CONCERT TICKET

    15
    File
  • 115F

    CONCERT PROGRAM

    8
    File
  • 114F

    EXHIBITION TICKET

    88
    File
  • 113F

    EXHIBITION FLYER

    17
    File
  • 112F

    EXHIBITION CATALOG

    46
    File
  • 111F

    MOVIE TICKET

    51
    File
  • 110F

    MOVIE FLYER

    19
    File
  • 109F

    MOVIE PAMPHLET (OTHER MOVIE)

    7
    File
  • 108F

    MOVIE PAMPHLET (SWEDISH MOVIE)

    2
    File
  • 107F

    MOVIE PAMPHLET (SPANISH MOVIE)

    6
    File
  • 106F

    MOVIE PAMPHLET (RUSSIAN MOVIE)

    10
    File
  • 105F

    MOVIE PAMPHLET (JAPANESE MOVIE)

    8
    File
  • 104F

    MOVIE PAMPHLET (ITALIAN MOVIE)

    12
    File
  • 103F

    MOVIE PAMPHLET (GREECE MOVIE)

    2
    File
  • 102F

    MOVIE PAMPHLET (GERMAN MOVIE)

    6
    File
  • 101F

    MOVIE PAMPHLET (FRENCH MOVIE)

    26
    File
  • 100F

    MOVIE PAMPHLET (BRITISH MOVIE)

    10
    File
  • 99F

    MOVIE PAMPHLET (AMERICAN MOVIE)

    114
    File
  • 98F

    MOVIE PAMPHLET

    203
    File
  • 97F

    T-SHIRT

    14
    File
  • 96F

    GAME SOFT

    7
    File
  • 95F

    VIDEO TAPE, VIDEO DISK

    18
    File
  • 94F

    COMPACT DISK

    93
    File
  • 93F

    EP RECORD

    29
    File
  • 92F

    LP RECORD

    131
    File
  • 91F

    CAMERA, LENS

    10
    File
  • 90F

    MODEL GUN

    3
    File
  • 89F

    TOY CAR

    26
    File
  • 88F

    RADIO CONTROLLED MODEL CAR

    4
    File
  • 87F

    MODEL CAR OF MY CAR

    29
    File
  • 86F

    TAMIYA CATALOGUE

    4
    File
  • 85F

    PLASTIC MODEL

    19
    File
  • 84F

    MINIATURE CAR (WIESMANN)

    1
    File
  • 83F

    MINIATURE CAR (VOLKSWAGEN)

    26
    File
  • 82F

    MINIATURE CAR (TOYOTA)

    14
    File
  • 81F

    MINIATURE CAR (TALBOT-LAGO)

    1
    File
  • 80F

    MINIATURE CAR (SUZUKI)

    2
    File
  • 79F

    MINIATURE CAR (SUBARU)

    4
    File
  • 78F

    MINIATURE CAR (RENAULT)

    5
    File
  • 77F

    MINIATURE CAR (PRINCE)

    5
    File
  • 76F

    MINIATURE CAR (PORSCHE)

    21
    File
  • 75F

    MINIATURE CAR (PEUGEOT)

    19
    File
  • 74F

    MINIATURE CAR (PANOZ)

    1
    File
  • 73F

    MINIATURE CAR (PAGANI)

    2
    File
  • 72F

    MINIATURE CAR (NISSAN)

    134
    File
  • 71F

    MINIATURE CAR (MORRIS)

    1
    File
  • 70F

    MINIATURE CAR (MITSUOKA)

    1
    File
  • 69F

    MINIATURE CAR (MITSUBISHI)

    2
    File
  • 68F

    MINIATURE CAR (MG)

    1
    File
  • 67F

    MINIATURE CAR (MEYERS MANX)

    2
    File
  • 66F

    MINIATURE CAR (MERCEDES-BENZ)

    14
    File
  • 65F

    MINIATURE CAR (McLAREN)

    5
    File
  • 64F

    MINIATURE CAR (MAZDA)

    18
    File
  • 63F

    MINIATURE CAR (MASERATI)

    4
    File
  • 62F

    MINIATURE CAR (LTI)

    1
    File
  • 61F

    MINIATURE CAR (LOTUS)

    8
    File
  • 60F

    MINIATURE CAR (LOLA)

    1
    File
  • 59F

    MINIATURE CAR (LAND ROVER)

    5
    File
  • 58F

    MINIATURE CAR (LANCIA)

    4
    File
  • 57F

    MINIATURE CAR (LAMBORGHINI)

    13
    File
  • 56F

    MINIATURE CAR (JAGUAR)

    5
    File
  • 55F

    MINIATURE CAR (ISUZU)

    3
    File
  • 54F

    MINIATURE CAR (HUDSON)

    3
    File
  • 53F

    MINIATURE CAR (HONDA)

    14
    File
  • 52F

    MINIATURE CAR (HINO)

    1
    File
  • 51F

    MINIATURE CAR (GUY)

    1
    File
  • 50F

    MINIATURE CAR (GM)

    95
    File
  • 49F

    MINIATURE CAR (FORD)

    106
    File
  • 48F

    MINIATURE CAR (FIAT)

    1
    File
  • 47F

    MINIATURE CAR (FERRARI)

    20
    File
  • 46F

    MINIATURE CAR (DS)

    1
    File
  • 45F

    MINIATURE CAR (DE TOMASO)

    1
    File
  • 44F

    MINIATURE CAR (CITROËN)

    10
    File
  • 43F

    MINIATURE CAR (CHRYSLER)

    63
    File
  • 42F

    MINIATURE CAR (CALLAWAY)

    1
    File
  • 41F

    MINIATURE CAR (BMW)

    19
    File
  • 40F

    MINIATURE CAR (BENTLEY)

    2
    File
  • 39F

    MINIATURE CAR (AUSTIN)

    2
    File
  • 38F

    MINIATURE CAR (AUDI)

    4
    File
  • 37F

    MINIATURE CAR (ASTON MARTIN)

    6
    File
  • 36F

    MINIATURE CAR (ALFA ROMEO)

    12
    File
  • 35F

    MINIATURE CAR (AC)

    1
    File
  • 34F

    MINIATURE CAR (OTHER)

    22
    File
  • 33F

    MINIATURE CAR (WELLY)

    2
    File
  • 32F

    MINIATURE CAR (UCC)

    9
    File
  • 31F

    MINIATURE CAR (TOMICA)

    25
    File
  • 30F

    MINIATURE CAR (TAMIYA)

    4
    File
  • 29F

    MINIATURE CAR (SPARK)

    8
    File
  • 28F

    MINIATURE CAR (SOLIDO)

    3
    File
  • 27F

    MINIATURE CAR (ROSSO)

    3
    File
  • 26F

    MINIATURE CAR (RMZ CITY)

    7
    File
  • 25F

    MINIATURE CAR (REVELL)

    3
    File
  • 24F

    MINIATURE CAR (REAL-X)

    14
    File
  • 23F

    MINIATURE CAR (NOREV)

    16
    File
  • 22F

    MINIATURE CAR (M-TECH)

    2
    File
  • 21F

    MINIATURE CAR (MATTEL FAST & FURIOUS)

    4
    File
  • 20F

    MINIATURE CAR (MATCHBOX)

    22
    File
  • 19F

    MINIATURE CAR (MAJORETTE)

    22
    File
  • 18F

    MINIATURE CAR (MAISTO)

    2
    File
  • 17F

    MINIATURE CAR (M2 MACHINES)

    5
    File
  • 16F

    MINIATURE CAR (KYOSHO)

    52
    File
  • 15F

    MINIATURE CAR (KONAMI)

    18
    File
  • 14F

    MINIATURE CAR (JOHNNY LIGHTNING)

    6
    File
  • 13F

    MINIATURE CAR (IXO)

    7
    File
  • 12F

    MINIATURE CAR (HUSKY)

    2
    File
  • 11F

    MINIATURE CAR (HOT WHEELS)

    293
    File
  • 10F

    MINIATURE CAR (HONGWELL)

    23
    File
  • 9F

    MINIATURE CAR (Hi-Story)

    2
    File
  • 8F

    MINIATURE CAR (HACHETTE)

    22
    File
  • 7F

    MINIATURE CAR (GREENLIGHT)

    23
    File
  • 6F

    MINIATURE CAR (EBBRO)

    68
    File
  • 5F

    MINIATURE CAR (CORGI)

    2
    File
  • 4F

    MINIATURE CAR (CM's)

    18
    File
  • 3F

    MINIATURE CAR (AUTOart)

    3
    File
  • 2F

    MINIATURE CAR (ARC)

    6
    File
  • 1F

    MINIATURE CAR

    7
    File
  • Museum Library

    Library
  • Entrance

    File

Museum Library

1F MINIATURE CAR 7

File

スカイラインGT-Rがメインのコレクションです。

Loading

2F MINIATURE CAR (ARC) 6

File

アメリカのライオネルが製造販売するライオネルレーシングブランドのアクションレーシングコレクタブルズ(ARC)。特徴としては、実在のレーシングドライバーにスポットを当てている点です。多数のNASCARドライバーのレーシングカーがリリースされています。 精緻なマーキング表現と秀逸なプロポーションがマニア心をくすぐります。

Loading

3F MINIATURE CAR (AUTOart) 3

File

オートアートはゲートウェイグローバルのブランド。中国の企業ですが、本社機能はアメリカに移転しています。

Loading

4F MINIATURE CAR (CM's) 18

File

シーエムズコーポレーションのラリーカーコレクション

Loading

5F MINIATURE CAR (CORGI) 2

File

1934年に創業したメットーイ社が1956年に発売したミニカーのブランド。メカノ社のディンキーに対抗して、ギミックを搭載した商品やキャラクター商品を含むミニカー製品を広く展開しました。 後に独立や買収を経て1995年にマテル社からコーギー・クラシックとして独立、その後2008年にホーンビィ傘下に入りました。

Loading

6F MINIATURE CAR (EBBRO) 68

File

MMPが展開するブランド、EBBROの1/43スケール「HOT!」シリーズ、「Oldies」シリーズ、「Racing」シリーズ。

Loading

7F MINIATURE CAR (GREENLIGHT) 23

File

GREENLIGHT collectiblesは、2002年に設立されたインディアナポリスに拠点を置くダイキャストモデルを生産するメーカー。 1:18、1:24、1:43、1:64スケールを揃え、2020年から 1:12スケールの製品の新しいラインが発売されています。

Loading

8F MINIATURE CAR (HACHETTE) 22

File

アシェット・コレクションズ・ジャパンは、フランスのラガルデールグループの構成企業で、分冊百科を刊行しています。 国産名車コレクション(2006年1月18日創刊 隔週刊) フェラーリコレクション(2007年8月29日創刊 隔週刊) 日産名車コレクション(2008年10月1日創刊 隔週刊) ル・マン24時間レースカーコレクション(2018年9月26日創刊 隔週刊)

Loading

9F MINIATURE CAR (Hi-Story) 2

File

インターアライドがモデル化される機会が少ない車種を題材にして発売している1/43スケールミニカー。

Loading

10F MINIATURE CAR (HONGWELL) 23

File

ホンウェル社は1970年に香港に設立されたAチェオンプラスチックマニュファクトリーがルーツで、20年ほど前から日本に登場しました。 ミニカーのブランド名はカララマで、バリエーション豊かなモデルをラインナップしています。 最近では、モロゾフのバレンタインチョコレートとその年の西暦年がボディに印刷されたVWビートルのセット販売が好評を博しています。

Loading

11F MINIATURE CAR (HOT WHEELS) 293

File

アメリカのマテルが1968年9月7日に発表した亜鉛合金製ダイキャスト成型のミニカーシリーズ。 それまでのミニカーが造形や車内など、実車を忠実に再現している模型的要素が強かったのに対し、ホットウィールは見た目の「かっこよさ」を追求、そのため派手な外板塗装やエアロパーツが装備されている車種が多いのが最大の特徴。

Loading

12F MINIATURE CAR (HUSKY) 2

File

ハスキーは、イギリスのメットーイ・プレイクラフトが製造していたミニカーブランド。 マッチボックスに対抗するべく1964年に誕生した小スケール・ミニカーのブランドで、箱ではなくブリスターパック入りで、コストを重視した作りが特徴でした。 コーギーの弟分的な位置づけで、同じ犬の名であるハスキーを名乗りましたが、小スケールの方が身体の大きい犬の名だったのが面白いところ。 ミニカーのプロポーションはまずまずでしたが、マッチボックスのライバルとはなりえず、1970年にはコーギー・ジュニアのブランドに変更されて、その後1970年代終盤に消滅しました。

Loading

13F MINIATURE CAR (IXO) 7

File

SONIC INTERNATIONAL TOYS社のブランドだった旧ビテス・グループを後継したPCT社が展開するミニカーブランド。精密で完成度の高い1/43スケール。

Loading

14F MINIATURE CAR (JOHNNY LIGHTNING) 6

File

1969年にアメリカのトッパー・トイズ社のミニカーブランドとして発売。新旧を問わず、人気が高いアメ車の1/64スケールモデルを中心に多彩なラインナップを展開。リアルな表現や美しい塗装など、クオリティの高さが魅力です。2016年からラウンド2が販売しています。

Loading

15F MINIATURE CAR (KONAMI) 18

File

ゲームソフトメーカーであるコナミが、2004年から「絶版名車コレクション」、「Car of the 80's」の1/64スケールモデルや箱スケールの「国産車名鑑」を展開していました。2008年に「Car of the 80's EDITION RED」の発売を最後に、予定されていたシリーズも発売されず撤退しました。

Loading

16F MINIATURE CAR (KYOSHO) 52

File

ラジオコントロールモデルメーカーの老舗京商が、1991年に精密な製造技術のダイキャストカーを発売開始。ハイクオリティな出来映えに高い評価を得ています。 日産自動車が公認するオフィシャルミニカーメーカーで、日産オンラインショップやショールーム限定モデルも手がけています。

Loading

17F MINIATURE CAR (M2 MACHINES) 5

File

アメリカのCastline、Inc.が製造するダイキャストモデルカーのブランド。

Loading

18F MINIATURE CAR (MAISTO) 2

File

メイ・チョングループのブランド。自動車、飛行機、オートバイのミニカーやラジコンを展開しています。

Loading

19F MINIATURE CAR (MAJORETTE) 22

File

フランスの玩具メーカーで、主に2.5から3インチのサイズのダイキャスト製のミニカーを製造しています。フランス車の他、ヨーロッパ、アメリカ、日本の車もラインナップしています。

Loading

20F MINIATURE CAR (MATCHBOX) 22

File

1953年にイギリスのレズニー社が販売を開始したマッチボックス。 1982年に経営破綻した後、幾多にわたる買収を経て、アメリカのマテル社のブランドに。 最初期の製品はその名のとおり、マッチ箱を模したデザインの紙製のパッケージに入れられていました。同一番号で製品を入れ替える手法や細いホイール、実車イラストが描かれたパッケージなど、1970年から始まったトミカに大きな影響を与えました。

Loading

21F MINIATURE CAR (MATTEL FAST & FURIOUS) 4

File

マテルの1/55スケールのFAST & FURIOUSシリーズ

Loading

22F MINIATURE CAR (M-TECH) 2

File

1996年にエポック社が日本のミニカーブランドにおける標準スケールモデルのパイオニアとして旗揚げ。乗用車、トラック、レーシングカーなど幅広く手掛けましたが、ブランド自体は低迷、エブロや京商Jコレクションなどライバルブランドが台頭しはじめたのを契機に2000年代前半に市場から撤退しました。

Loading

23F MINIATURE CAR (NOREV) 16

File

主にルノーやPSA・プジョーシトロエングループの車種を製品化していますが、日本車の製品もあります。実車ディーラーでも販売または配布を行っています。

Loading

24F MINIATURE CAR (REAL-X) 14

File

REALTOY INTERNATIONAL社のブランド。 株式会社ヨーデル (2008年?倒産) が国産車中心に輸入していました。

Loading

25F MINIATURE CAR (REVELL) 3

File

レベルはアメリカの模型メーカーで、プラモデル、ダイキャスト製ミニカー等を生産・販売していましたが、2018年に倒産。2006年にレベル-モノグラムから正式に分離して独立した企業となったドイツレベルに全ての金型が移譲されました。

Loading

26F MINIATURE CAR (RMZ CITY) 7

File

HACがRMZ CITYというブランド名で展開するライセンスダイキャストミニカー。 ウィンドウがブラックアウトされていて室内の作り込みが省略されている分安価ですが、ボディデザインは結構リアルでよくできていると思います。

Loading

27F MINIATURE CAR (ROSSO) 3

File

日本車1/43モデルの世界に、1991年彗星のように現れたロッソ。プラスチック成形モデルを主とするメーカーで、F1からロードカーまで、スケールも1/8から1/43まで幅広いモデルを一挙に発表しました。 1/43ロードカーはR32GT-RとNSXの2種を残したのみで翌年には姿を消す短命のメーカーでした。

Loading

28F MINIATURE CAR (SOLIDO) 3

File

1932年に設立されたフランスのミニカーメーカー。 1/43サイズは1957年から製作が始まり、型番が100番から始まるので100シリーズと呼ばれています。1970年代初めに100シリーズの型番が199に達したので、型番10から始まる新しい10シリーズが始まりました。 1980年にマジョレットに買収された以降はコストを重視した作風に変わり、細かい部分を省略した粗雑な出来映えに変わっていきました。1993年にソリドとマジョレットはIdeal Loisirsグループに買収され、かつてのような出来映えは期待できないものの、収集するに値するミニカーがまた出てくるようになりました。 

Loading

29F MINIATURE CAR (SPARK) 8

File

ビテスでモデル設計をしていた人が2000年に立ち上げた香港のミニマックス社のブランド、レースカーがメインでレース毎に異なる細部を再現するといったレジン製ならではのモデル化が特徴。

Loading

30F MINIATURE CAR (TAMIYA) 4

File

1/64スケールと1996~97年に一時期手がけた1/43スケールのミニカー。

Loading

31F MINIATURE CAR (TOMICA) 25

File

1970年にトミーが発売したブランドであるトミカのミニカー。 その当時、小学生だった頃に購入したものを中心に。

Loading

32F MINIATURE CAR (UCC) 9

File

UCC缶コーヒー付属景品ミニカーコレクション

Loading

33F MINIATURE CAR (WELLY) 2

File

Welly Die Casting Factory Limitedは、1979年からダイキャストのスケールモデルを製造している広東省に工場がある中国のメーカー。

Loading

34F MINIATURE CAR (OTHER) 22

File

各ブランド1台所有のミニカーをまとめて展示。

Loading

35F MINIATURE CAR (AC) 1

File

AC Carsは、1901年にウェラー兄弟によってAuto Carriers Ltd.としてイギリスで設立された 最も古い独立系自動車メーカーの1つです。

Loading

36F MINIATURE CAR (ALFA ROMEO) 12

File

イタリアの地名を冠した会社「ロンバルダ自動車製造株式会社」(Anonima Lombarda Fabbrica Automobili )として設立され、その頭文字から「A.L.F.A.」と呼ばれました。後に当時の社長ニコラ・ロメオの名前を冠し「アルファロメオ」となりました。 第二次世界大戦以前からレース界の強豪である高性能車メーカーとして名声を得、戦後もランチアと並びイタリアを代表する上級車メーカーとして知られています。 現在はイタリア最大手のフィアット傘下にあって、ブランドイメージのスポーツ性を前面に出した車の開発・生産を担っています。 エンブレムは、創業地ミラノ市の紋章である聖ジョルジョの十字とヴィスコンティ家の紋章であるサラセン人を呑み込む大蛇ビショーネを組み合わせたデザインです。 本社所在地:イタリア ロンバルディア州 ミラノ 設立:1910年

Loading

37F MINIATURE CAR (ASTON MARTIN) 6

File

社名は創業者のライオネル・マーティンの名前と彼がチューンナップした車が勝利したレースが行われた場所「アストン・クリストン」の地名を合わせたもの。正式な社名は「アストンマーティン・ラゴンダ」。 かつての親会社「デイヴィッド・ブラウン・リミテッド」の頭文字「DB」を冠したスポーツカーのシリーズが有名。 イギリスでは数少ない民族資本の高級車メーカーで、1960年代より愛用しているプリンス・オブ・ウェールズからロイヤル・ワラントを授与されています。 モータースポーツでも長い伝統をもち、1959年にはル・マン24時間レース優勝と、WSC制覇を果たしました。 エンブレムは太陽神の象徴として神聖化されているエジプトの虫、スカラベの羽にブリティッシュグリーンのボックスロゴを合わせたもの。 本社所在地:イギリス ウォリックシャー 設立:1913年

Loading

38F MINIATURE CAR (AUDI) 4

File

フォルクスワーゲングループに属し、主に中〜上級価格帯をカバーするブランドと位置づけられています。 「クワトロ」という名称の4WDシステムを持ち、アルミボディなど先進的な技術を用いる傾向がみられます。車種構成はFF車とFFベースの4WD車がほとんどです。 「フォーシルバーリングス」と呼ばれる4つの輪を組み合わせたエンブレムは、 かつてのアウトウニオンのエンブレムに手を加えたもので、アウトウニオン設立に参加した4社の団結を象徴するもので、左からアウディ、DKW、ホルヒ、ヴァンダラーを指すものとされています。 本社所在地:ドイツ バイエルン州 インゴルシュタット 設立:1909年

Loading

39F MINIATURE CAR (AUSTIN) 2

File

The Austin Motor Companyはイギリスの自動車メーカー。 傘下企業となったのちも自動車ブランドとして1987年まで使用されました。 現在、中華人民共和国の南京汽車がその商標権を保持しています。 設立:1905年 イギリス ロングブリッジ

Loading

40F MINIATURE CAR (BENTLEY) 2

File

イギリスの高級車・スポーツカーメーカー、香水ブランド。 1998年以降はフォルクスワーゲングループ傘下となりました。 1924年-1930年にル・マン24時間レースで5回の優勝を飾るなどモータースポーツで名を上げ、高性能スポーツカーメーカーとして世界の富裕層に好んで使用されましたが、1931年にロールス・ロイスに買収され、レース活動が封印されました。 2003年、アウディの開発によるスピード8で、ル・マン24時間レースにおいて、 21世紀になってから初めての総合優勝を成し遂げています。 エンブレムは、創業者ウォルター・オーウェン・ベントレーの頭文字Bに翼をあしらったもの。 本社所在地:イギリス クルー 設立:1919年

Loading

41F MINIATURE CAR (BMW) 19

File

ドイツのバイエルン州ミュンヘンを拠点とする自動車および自動二輪車、エンジンメーカー。 ロールス・ロイスとMINIの2社を傘下のブランドとして、また、BMW MとBMW Motorradを子会社として所有しています。 本社ビルはエンジンのシリンダーを模した円筒形を4つ組み合わせたような形をしており、フォー・シリンダー と呼ばれています。 フル4シーターの4ドアセダンをメインに据えつつもスポーティーな作りが特徴で、駆動方式は、FRにこだわり、2シリーズアクティブツアラーがラインナップされるまで、FF車はありませんでした。 エンジンは、振動特性やフィーリングにこだわり、直列6気筒エンジンを搭載し続けています。 また、前後重量配分を50:50に近づける努力を続けており、さらに理想的な駆動のために縦置き搭載されるエンジン、スムーズで心地よい加速感を持たせたトラクション、俊敏なハンドリングレスポンスなど、「Freude am Fahren」(駆けぬける歓び)を追求し続けています。 デザインでは、丸形四灯式のヘッドランプとキドニーグリルが特徴です。 エンブレムの円と十字は、かつて航空機エンジンメーカーであったことから、飛行機の回転するプロペラを表し、青と白はバイエルンの青い空と白い雲をイメージしています。 本社所在地:ドイツ バイエルン州 ミュンヘン 設立:1916年

Loading

42F MINIATURE CAR (CALLAWAY) 1

File

Callaway Cars Inc.は、リーブス・キャラウェイが1977年に設立、高性能製品パッケージを 設計、開発、製造する特殊車両メーカーおよびエンジニアリング会社です。

Loading

43F MINIATURE CAR (CHRYSLER) 63

File

1925年にウォルター・クライスラーがクライスラーコーポレーションを設立。 フォード、GMとともにアメリカの自動車産業のビッグスリーでしたが、金融危機を発端とした世界的な不況の影響から2009年に倒産、再建、現在はフィアットの傘下に入っています。 「クライスラー」、「ジープ」、「ダッジ」、「ラム」の自動車4ブランドに、部品とカーアクセサリーブランドの「モパー」の計5ブランドを擁しています。 本社所在地:アメリカ合衆国 ミシガン州 オーバーンヒルズ 設立:1925年

Loading

44F MINIATURE CAR (CITROËN) 10

File

PSA・プジョーシトロエン・グループの一企業。 いち早いFFの採用や、独自のサスペンション機構「ハイドロニューマチック」で知られています。 1919年、アンドレ・シトロエンが、ヨーロッパにおける自動車の大衆化を目指し、フランス版フォードとなるべく設立した企業です。 流れ作業方式による小型車・中型車の大量生産で成功を収め急成長しましたが、やがて過剰投資がたたり、1934年に経営危機に陥り、ミシュランの系列会社となり、同社の市販車は工場出荷タイヤにミシュラン製タイヤを指定、装着しています。 1960年代にはイタリアのフィアットやマセラティなどとも提携しますが、1970年代には再び経営困難な状況となり、1976年からはプジョーに主導されるかたちで、企業グループPSA・プジョーシトロエンの傘下となっています。それに伴いプラットフォームやエンジンをプジョー車と共通化するようになりました。 一時期のような独善的なまでの個性は抑えられるようになってきてはいるものの、依然として系列メーカーであるプジョーとは異なった個性を持つブランドとして存続し続けています。 エンブレムは「ドゥブル・シュヴロン」または「ダブルヘリカルギア」と呼ばれ、これはアンドレ・シトロエンが経営者としてスタートするきっかけになった歯車「シェブロン・ギア(やまば歯車)」の歯形をモチーフにしたものです。 本社所在地:フランス パリ 設立:1919年

Loading

45F MINIATURE CAR (DE TOMASO) 1

File

1959年にデ・トマソ・アウトモビリとして、アルゼンチン出身のレーサー、アレハンドロ・デ・トマソがイタリアの モデナに設立した自動車メーカー。2003年にアレハンドロが亡くなり、会社は2004年5月に解散しましたが、 2009年11月、フィアットの元重役ジャン・マリオ・ロシニョーロが商標権を取得。2011年ジュネーブモーターショー にて「デ・トマソ」ブランドで新型車を発表、新生デ・トマソとして復活しました。 エンブレムはアルゼンチンの国旗の配色「水色・白・水色」に古代エジプトの女神「イシス」を表す象形文字 を組み合わせたもの。アレハンドロは「妻・イザベル」のイニシャルと称していたと言われています。

Loading

46F MINIATURE CAR (DS) 1

File

DSオートモビルズ (DS Automobiles) はグループPSAの高級車ブランド。 2009年にシトロエンの高級サブブランドとして発足し、2015年にシトロエンから独立して単独のブランドとなりました。 DSはシトロエン・DSに由来していると考えられますが、Different SpiritまたはDistinctive Seriesの略とも言われています。 DSラインは2010年にシトロエン・C3をベースとするシトロエン・DS3から始まりました。 2010年にはシトロエン・C4をベースとするシトロエン・DS4が、2011年にはシトロエン・DS5が発表されました。 これらの車種は、リアバッジがそれまでのダブルシェブロンに代わって新しいDSロゴが付けられ、フロントにもダブルシェブロンとともにDSバッジが付けられました。

Loading

47F MINIATURE CAR (FERRARI) 20

File

1947年、元レーシングドライバーのエンツォ・フェラーリによって、モデナ近郊に設立。 1950年のF1世界選手権開幕から唯一参戦を続けるコンストラクターです。 FIA 世界耐久選手権やル・マン24時間レース、ミッレミリアやタルガ・フローリオなどのレースでも活躍し、数々の伝説を残しています。 1969年にフィアット・グループの傘下に入りましたが、2016年にフィアット・クライスラー・オートモービルズ (FCA)から離脱独立しました。 「跳ね馬(カヴァッリーノ・ランパンテ)」の愛称を持つエンブレムは、第一次世界大戦時にイタリア空軍のエースだったフランチェスコ・バラッカが戦闘機に付けていた紋章。その由来には複数の説がありますが、その1つは、バラッカがドイツ空軍機を撃墜した際、その機体にパイロットの出身地シュトゥットガルト市の紋章である跳ね馬が描かれており、バラッカがそのアイデアを頂戴したというもの。 1923年、アルファロメオのワークスドライバーだったエンツォがチルキット・デル・サヴィオで優勝した際、レースを観戦していたバラッカの母親がエンツォに亡き息子のシンボルであった跳ね馬の紋章を使うよう勧めたとされていますが、研究家によっては「英雄の母親とはいえ息子の部隊章の使用許可を与える権限はなく、この話はエンツォの創作ではないか」と考察しています。 1932年、スパ24時間レースに出場したスクーデリア・フェラーリのマシン(アルファロメオ製)に初めて跳ね馬の紋章が付けられました。 ポルシェの社章にも跳ね馬があしらわれていますが、これはポルシェの本社があるシュトゥットガルト市とそれを含むバーデン=ヴュルテンベルク州の紋章を組み合わせたものです。 フェラーリの「イメージカラー」としては赤(ロッソ)が非常に有名であり、赤がコーポレートカラーというイメージもあるようですが、この色はそれ以前にモータースポーツにおけるイタリアのナショナルカラーであり、アルファロメオやチシタリア、スクーデリア・イタリアなど他のイタリアの自動車会社やレーシングチームでも使用されています。 フェラーリのコーポレートカラーは会社があるモデナ県のカラーである黄色(ジャッロ)で、フェラーリの黄色い外板色の名前は「ジャッロ・モデーナ」と呼ばれています。また「跳ね馬」の社章の背後にもコーポレートカラーがあしらわれていますが、これはシュトゥットガルト市の紋章の背景が黄色だったためです。ポルシェのエンブレムは金色になっています。 本社所在地:イタリア マラネッロ 設立:1947年

Loading

48F MINIATURE CAR (FIAT) 1

File

持株会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の一部門。 FIATとはFabbrica Italiana Automobili Torinoの頭文字を取ったもので、「トリノのイタリア自動車製造所」の意味。 トリノ市のリンゴット地区に本拠を置くことから、フィアット本社工場と「リンゴット」はしばしば同義とされます。 自動車だけでなく、自動車関連産業、鉄道車両や船舶、航空機の製造などのイタリアにおける産業分野全般を掌握し、マスコミュニケーション、金融等にも進出しており、ヨーロッパにおいても大きな影響力を持っています。 創業グループの1人のジョヴァンニ・アニェッリを継ぐアニエッリ家が大株主となり代々経営を行っています。 本社所在地:イタリア トリノ 設立:1899年

Loading

49F MINIATURE CAR (FORD) 106

File

1903年にヘンリー・フォードが創業。 自動車の大量生産工程、大規模マネジメントを取り入れたことで20世紀の産業史・経営史に特筆されます。 特に1913年、組み立て工程にベルトコンベアを導入し流れ作業を実現したことは有名です。 大量の自動車を早く生産できる高効率の工場設備、士気を高める高給料の工員、1台当たりの生産コストの革新的な低減を組み合わせた生産方式は「フォーディズム」の名で世界的に知られるようになりました。 オーバル型のトレードマークは1907年に導入され、「Ford」の文字はフォード社最初の主任技師C・ハロルド・ウィリスが書いたものとされています。背景の深い青色はパントーン249Cで、フィンランドの国旗と同じ色です。オーバルは幅と高さの比率が8対3の完全な楕円形で、現在のセンティニアル・オーバルは2003年に創業100年を記念して使用開始されました。 本社所在地:アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン 設立:1903年6月16日

Loading

50F MINIATURE CAR (GM) 95

File

1930年代から第二次大戦後にかけてアメリカ最大の市場シェアを握り、特に1950年代から60年代には世界最大の自動車メーカーとして繁栄しました。 70年代以降は輸入車との競争に苦しみ低迷、2009年に連邦倒産法の適用を申請し倒産、国有化されました。 2013年にアメリカ合衆国財務省が保有するGMの株式全ての売却が完了し、国有化が解消されました。 主なブランド ビュイック (1908-) キャデラック (1909-) シボレー (1911-) GMC (1912-) オールズモビル (1897–2004) ポンティアック (1926–2010) 設立:1908年9月16日 創業者:ウィリアム・C・デュラント、チャールズ・スチュワート・モット 本社所在地:アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト

Loading

51F MINIATURE CAR (GUY) 1

File

Guy Motorsは、バーミンガム出身のシドニーS.ガイ(1885年-1971年) によって設立された自動車、トラック、バス、トロリーバスを製造するウォルバーハンプトンに本拠地を置いていた自動車メーカーで、 1914年から1982年にかけてフォーリングスパークの工場で操業し、イギリスの自動車産業の発展に重要な役割を果たしました。

Loading

52F MINIATURE CAR (HINO) 1

File

主にトラック、バスを製造するメーカーでトヨタ自動車の連結子会社。日本のトラック、バス業界最大手。 1953年に、ルノー・4CVのノックダウン生産を行い、後に完全国産化を果たしました。その後自社開発のRRの乗用車「コンテッサ」、ピックアップトラック「ブリスカ」、FFワンボックスカー「コンマース」など、先進的な自動車を開発・生産しましたが、1966年のトヨタ自動車との提携以後は、トラック・バスの開発・生産に特化して現在に至っています。 エンブレムは、HINOの「H」と、地平線から昇る太陽を合わせたもの。 本社所在地:東京都日野市 設立:1942年

Loading

53F MINIATURE CAR (HONDA) 14

File

本田宗一郎が1946年に静岡県浜松市で本田技術研究所を起業し、後に本田技研工業へ改組。 オートバイ、自動車、航空機、汎用製品(耕耘機・芝刈機・除雪機・発電機・船外機・太陽電池など)の製造、 販売を行っています。 F1参戦は、シャシー、エンジン含め全て自社製造しフルワークス体制でチームとして参戦した1964年から1968年の第1期、既存チームにエンジンを供給するというエンジンサプライヤーとしての1983年から1992年の第2期、当初エンジンのみを供給し、後にフルワークス体制のホンダF1チームに移行した2000年から2008年の第3期、エンジンとエネルギー回生システム(ERS)をパッケージしたパワーユニットのサプライヤーとしての2015年からの第4期に分かれます。 エンブレムは、「HONDA」の頭文字「H」と本田宗一郎が嗜んでいた三味線の形状を合わせたもの。 本社所在地:東京都港区南青山 設立:1948年9月24日

Loading

54F MINIATURE CAR (HUDSON) 3

File

Hudson Motor Car Companyは、デトロイトの事業家8人が1909年に設立した自動車メーカー。 ハドソン、エセックス、テラプレーンなどのブランドで自動車を製造し、1909年から1954年まで独立メーカーとして存続しました。 1954年にはナッシュ=ケルビネーター・コーポレーションと合併し、 アメリカン・モーターズ・コーポレーションとなりました。ハドソンの車名は1957年式まで使われました。 社名はデトロイトでハドソンデパートを創業した企業家ジョゼフ・ロウシアン・ハドソンにちなんだ名称で、この事業に資金提供するとともに名称使用を許可しました。 1929年にはフォードとシボレーに次いで、米国第三の乗用車メーカーとなりました。 1951年から1954年まで製造したホーネットは当時のNASCARの主役でした。

Loading

55F MINIATURE CAR (ISUZU) 3

File

1916年創業。現在は主にトラック、バスなどの商用車を製造するメーカー。社名のいすゞは、伊勢神宮の境内に沿って流れる五十鈴川に由来します。 1971年から2006年までGMの関連会社でした。 1993年にワンボックスカーとSUVを除く乗用車の自社開発・生産から撤退し、2002年に自社生産していたSUVを含む乗用車の販売から撤退するまで、ホンダからのOEM供給を受けていました。 本社所在地:東京都品川区南大井

Loading

56F MINIATURE CAR (JAGUAR) 5

File

1922年にウィリアム・ライオンズと、ウィリアム・ウォームズレイが、スワロー・サイドカー・カンパニーを設立。会社は社名の通りサイドカーの製造で事業を拡大し、自動車のボディ製造(コーチワーク)も手がけるようになります。 1945年に社名をジャガー・カーズ、ブランド名をジャガーに変更し、自動車メーカーとなりました。1950年代にはレーシングカー開発に乗り出し、自動車史上初めての4輪ディスクブレーキを備えたCタイプとDタイプを耐久レースに投入しました。特にル・マン24時間レースではフェラーリやマセラティ、メルセデス・ベンツやポルシェなどのライバルを圧倒し3連覇を果たすなど、モータースポーツでの活躍を重ね、名声を確固たるものにしていきました。モータースポーツでの活躍は2000年代まで続くことになります。 現在は、ランドローバーとともに、インドのタタ・モーターズ傘下に属し「ジャガーランドローバー」を構成するメーカーとなっています。 本社所在地:イギリス コヴェントリー

Loading

57F MINIATURE CAR (LAMBORGHINI) 13

File

正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA。 トラクターの製造・販売で成功を収めたフェルッチオ・ランボルギーニが設立。 ミウラ、カウンタックなどの名車を次々と送り出し、押しも押されもせぬ世界的スーパースポーツの代名詞ともいえるブランドとなりました。 エンブレムに関しては諸説ありますが、ランボルギーニが牡牛座であること、ライバルとして設定していたフェラーリが馬のエンブレムを採用していることなどから闘牛のエンブレムになったといわれています。 1999年以降フォルクスワーゲングループに属しています。 本社所在地: イタリア サンターガタ ボロニェーゼ 設立:1963年5月7日

Loading

58F MINIATURE CAR (LANCIA) 4

File

1906年にヴィンチェンツォ・ランチアが設立、1969年以降はフィアットグループの傘下にあります。 ランチアは槍という意味で、盾の中にハンドルのモチーフ、その中に槍の先端と社名を掲げたエンブレムを採用しています。 高性能車、高品質車メーカーとして知られ、モノコックボディ、独立式サスペンション、V型エンジン、5速トランスミッション、風洞実験に基づくボディーデザインなどを量産車において世界で最初に採用したメーカーです。 最上級車は、ムッソリーニの時代から現在までイタリアの元首の公用車として使われてきた歴史があり、伝統となっています。 1950年代にはF1に参戦した他、スポーツカーレースでも活躍しましたが、特にラリーでの活躍が顕著で、史上最多のWRC王座を獲得しています。 本社所在地:イタリア トリノ

Loading

59F MINIATURE CAR (LAND ROVER) 5

File

高級四輪駆動車を専門とするイギリスの自動車メーカー・ブランド。 1948年、ローバー・モーター社がオフロード向け車両として発売したランドローバー・シリーズIが、アムステルダムモーターショーで公開され、これがランドローバーの始まり。 大地を意味するLANDと走り回るものを意味するROVERを組み合わせ社名としています。 エンブレムはイギリスのナショナルカラーであるブリティッシュグリーンの中に社名をあしらったもの。 現在はジャガーとともにインド・タタ・モーターズ傘下のジャガーランドローバーの一部です。

Loading

60F MINIATURE CAR (LOLA) 1

File

ローラ・カーズ(Lola Cars International Ltd.)は、イギリスのレーシングカーのエンジニアリング企業。 1958年にエリック・ブロードレイによって設立。フロントエンジンの小型スポーツカー製造から成長を遂げ、後にF2のプロジェクトが派生し、世界最大のレーシングカーメーカーの1つになりました。 スポーツカーレース、フォーミュラカーに多くのに車両を供給してきました。 本社所在地:イングランド ハンティンドン 設立:1958年

Loading

61F MINIATURE CAR (LOTUS) 8

File

ロータス・カーズ(Lotus Cars)は、中国吉利汽車傘下のイギリス・ノーフォークのヘセルを拠点とするスポーツカーメーカー。ライトウェイトスポーツを主力車種としています。 1952年にコーリン・チャップマンがロータス・エンジニアリングを設立。社名は、コーリン・チャップマンが仏教思想を取り入れ、俗世の苦しみから解放されて夢がかなう実とされる蓮を意味するロータスと名付けたという説が有力です。エンブレムの中にも角の丸い三角として描かれており、エンブレムのA・C・B・Cは、アンソニー・コーリン・ブルース・チャップマンのイニシャルです。 車名は、レーシングカーの場合はタイプナンバーのままロータス#と呼ばれ、市販車の場合はこれにペットネームも加えられ、ペットネームは伝統的にイニシャルがEとなっています。

Loading

62F MINIATURE CAR (LTI) 1

File

ロンドンタクシーは、かつて長年に渡り、ブリティッシュ・モーター・コーポレーションとその後身企業がオースチンブランドで販売していましたが、1982年以降は実際の生産を担当していたコヴェントリーのカーボディーズ社に製造権が移管されました。 カーボディーズ社は1984年にロンドンタクシーインターナショナル(LTI)と改称されました。 その後、2010年に吉利汽車に経営権を委譲され、ロンドンタクシー社(The London Taxi Company)に改称、2017年には、ロンドンタクシーの全電気自動車化に向けて、工場を設立したのを機に、ロンドンEV社(The London EV Company、略称:LEVC)に社名変更されました。

Loading

63F MINIATURE CAR (MASERATI) 4

File

アルフィエーリ、エットーレ、エルネストのマセラティ3兄弟が、1914年にボローニャで自動車工房ソシエータ・アノニーマ・オフィチーネ・アルフィエーリ・マセラティを開業。 初期は市販車のレーシングチューンを主業とし、第一次世界大戦中は雲母を絶縁体とするスパークプラグを開発し、軍需産業向けに業績を伸ばしました。 終戦後は、レーシングカーを製造販売するコンストラクターとして名を広め、ライバルであるアルファロメオと国内外のレースで競い合いました。 エンブレムは創業の地、ボローニャのシンボルの1つであるマッジョーレ広場のネプチューンの噴水に因み、ネプチューンの持つ三叉の銛、トライデントがモチーフで、赤と青は、ボローニャの市旗に使われている色です。 車名に風にまつわる言葉 (ミストラル、ギブリ、ボーラ、カムシン、カリフ、シャマル、レヴァンテ)が使われているのが特徴です。 現在は、フィアット・クライスラー・オートモービルズ (FCA) 傘下のメーカーとなっています。 本社所在地:イタリア モデナ 設立:1914年

Loading

64F MINIATURE CAR (MAZDA) 18

File

創業者、松田重次郎の名字とアフラ・マズダーと呼ばれるゾロアスター教の最高神の名前からMAZDAの表記を採用。その頭文字のMと未来に羽ばたいていく姿のイメージから現在のエンブレムとなっています。 ロータリーエンジンの量産化に成功したメーカーでしたが、2012年にRX-8の生産終了後は、ロータリーエンジン搭載車の生産から遠ざかっています。 ロードスターは、2人乗り小型オープンスポーツカーの生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けています。 1991年には日本のメーカーとしては初のル・マン24時間レースでの総合優勝を果たしました。 1979年以来フォードとの提携関係が長く、1996年には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められましたが、2015年にグループから独立しました。 2016年には、4代目ロードスターが日本車として初めてワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。 2018年には日本国内生産累計5000万台を達成しました。 本社所在地:広島県安芸郡府中町 設立:1920年

Loading

65F MINIATURE CAR (McLAREN) 5

File

マクラーレン・オートモーティブは、マクラーレンのロードカー部門として2009年に設立されたイギリスの自動車メーカー。 モータースポーツ部門であるマクラーレン・レーシングと同様にマクラーレングループに属します。 マクラーレン・レーシングは、1963年にブルース・マクラーレンにより設立されました。 マクラーレン・オートモーティブの前身であるマクラーレン・カーズは1990年に設立され、高性能市販車の開発を始めます。 1994年、ゴードン・マレーのデザインによる処女作、マクラーレン・F1を発表。 1995年にはその競技用仕様であるマクラーレン・F1GTRがル・マン24時間レースに出場し、総合優勝しました。 2003年、メルセデス・ベンツがSLRマクラーレンを発表。開発・生産はマクラーレン・カーズが担当、受注販売のみとはいえ量産車として販売されました。 2015年には主力スーパーカーセグメントであるスーパーシリーズの販売台数が累計5000台に達しました。

Loading

66F MINIATURE CAR (MERCEDES-BENZ) 14

File

ドイツのダイムラーが所有する乗用車、商用車のブランド。 メルセデスは、1899年当時、ダイムラー車のディーラーを経営していたエミール・イェリネックの娘の名前です。 ダイムラーは1902年、メルセデスを商標登録しました。 1926年に、世界最古の自動車会社であるベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン・ファブリークとダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフトが合併し、以降社名はダイムラー・ベンツ(1926年~1998年)、ダイムラー・クライスラー(1998年~2007年)、ダイムラー(2007年~)と変更されていますが、ブランド名の変更はありません。 エンブレムは、合併前のダイムラー社が使用していたスリーポインテッド・スターとベンツ社の円形月桂冠とを併せデザインされたもので、3点にはそれぞれ「陸・海・空」の各分野でダイムラーベンツ社の繁栄が込められています。

Loading

67F MINIATURE CAR (MEYERS MANX) 2

File

カリフォルニアのエンジニア、アーティスト、ボートビルダー、サーファーであるブルース・F・メイヤーズが、BFメイヤーズ・アンド・カンパニーを設立、1964年から1971年まで、フォルクスワーゲン・タイプ1のシャシを短縮して適用するデューンバギーのカーキットを販売しました。1971年にBFメイヤーズ·アンド·カンパニーを閉鎖しましたが、2000年にMeyers Manx Inc.を設立し、100キット限定でClassic Manxシリーズを提供することで復活しました。2002年には、フルサイズのビートルフロアパンに合わせたManxter2+2とManxter DualSportを開発、2009年には、短縮されたホイールベースを再導入しました。 ブランドの名前と猫のロゴは、マンクス猫に由来します。エンブレムには、マンクスが右前足で剣を振り回すパッサンの紋章のライオンのような図が描かれています。

Loading

68F MINIATURE CAR (MG) 1

File

MGはモーリス・ガレージのを略であるとされています。 1910年頃から1924年にかけて、イギリスのオックスフォードで主に小型スポーツカーのメーカーとして、確立しました。 近年はバーミンガムのロングブリッジが拠点です。 当初はモーリス・モーターの経営者であったウィリアム・R・モーリスがモーリス車のスポーティ・バージョンを製作する個人所有企業でした。 主に2座席のオープンカーで有名ですが、サルーンとクーペも製作しています。 現在は、中国の上海汽車グループ傘下で、タイやインドなど新興国市場を開拓する役割を担っています。

Loading

69F MINIATURE CAR (MITSUBISHI) 2

File

三菱自動車工業は、三菱重工業とクライスラーとの合弁事業としてスタートし、1970年に三菱重工業から独立しました。 1993年までクライスラーと資本提携していました。 2016年に日産自動車が筆頭株主となり、日産とルノーと共にルノー・日産・三菱アライアンスを構成しています。 WRCやダカール・ラリーに参戦、総合優勝をはじめとした好成績を多く残しています。 エンブレムの原型は創業当時九十九商会が船旗号として採用した三角菱で、岩崎家の家紋「三階菱」と土佐山内家の家紋「三ツ柏」に由来すると言われています。 本社所在地:東京都港区芝浦 設立:1970年

Loading

70F MINIATURE CAR (MITSUOKA) 1

File

1994年に、ロータス・スーパーセブンのレプリカ車、ゼロワンを発表、これが組立車として認可されたことにより、10番目の国産自動車メーカーとなりました。 並行してパイクカーの販売も継続展開、ユーガ、リョーガ、ガリューなど、独特のスタイリングを持った車を続々と発表しています。 2001年には、東京モーターショーにオロチを出展したところ、独特のデザインが注目を浴び、少ないながらも要望を受けたことが後の市販化に繋がりました。 エンブレムは、車を意味する紀元前800年頃の象形文字がベース。 「いつまでもルーツを忘れない」という意味が込められています。 本社所在地:富山県富山市 設立:1979年

Loading

71F MINIATURE CAR (MORRIS) 1

File

1910年、ウィリアム・モーリスが自転車製造メーカーとして創業、 1913年に自動車生産を開始、Morris Motor Companyとなり、1930年代以降は、大きな自動車会社の一部門、もしくはブランドとなりました。 モーリスの名前を冠した自動車は、BL社の乗用車Morris Italの販売が終了した1984年が最後となりました。

Loading

72F MINIATURE CAR (NISSAN) 134

File

社名は、創業当時グループの持株会社であった日本産業が由来。 北米やヨーロッパなどでは高級車ブランドのインフィニティ、新興国向けには低価格ブランドのダットサンを展開しています。 現在は、ルノー、三菱とルノー・日産・三菱アライアンスを形成しています。 ロゴマークはもともとダットサンで使われていたもので、赤の日の丸と太陽をベースに天空をモチーフとしたコバルトブルーをいれ、真ん中に白でDATSUNと書かれていたのものが前身。 現在のエンブレムは2001年に採用。創業者の鮎川義介が残した 、強い信念は太陽さえも貫くという意味の言葉「至誠天日を貫く」をイメージしたもの。 トリコロールカラーは、コーポレートカラーとして日産ディーラーの各販売会社の店頭看板やレースカーのボディデザインなどとして古くから親しまれています。 本社所在地:神奈川県横浜市 設立:1933年

Loading

73F MINIATURE CAR (PAGANI) 2

File

ランボルギーニに在籍していたアルゼンチン出身のデザイナーのオラチオ・パガーニが1992年に設立。 1999年のジュネーブ・モーターショーでゾンダC12を発表。卓抜したカーボン成型技術を持ち、独特の車体と圧倒的な性能で発売と同時に有名になりました。 現在はゾンダの後継車のウアイラを生産しています。 本社所在地:イタリア サン・チェザーリオ・スル・パーナロ

Loading

74F MINIATURE CAR (PANOZ) 1

File

正式名はパノス・オート・ディベロップメント・カンパニー。 主に、スポーツカーの販売とレースへの参戦をしています。 1989年にドン・パノスの息子であるダニエル・パノスがアイルランドのトンプソン・モーター・カンパニーを買収して設立。 その後、Gフォースを買収し、2005年からはパノスの名前でフォーミュラ・ニッポンやインディカー・シリーズへシャシを供給していましたが、フォーミュラ・ニッポンではレイナードに押され供給台数が減少、2003年に撤退、インディカーでは、2012年のシャシ変更によってダラーラのワンメイクとなったため、シャシ供給を終了しました。 本社:アメリカ合衆国 ジョージア州 ブラセルトン

Loading

75F MINIATURE CAR (PEUGEOT) 19

File

世界最古の量産自動車メーカー。シトロエン等を傘下に持ち、企業グループPSAを構成しています。また19世紀末より1980年代まで自転車を製造しており、プジョーの自転車は通算10回、ツール・ド・フランスの総合優勝者の使用機材となっています。 1929年に登場した201から乗用車の車名を“x0x”のように真ん中にゼロを入れる三桁の数字とする伝統が続いていましたが、2004年発表の1007からMPVやSUV系の車種に四桁の数字を車名とする規則が導入され、2010年のRCZでは201以降初めて数字を用いない車名が使用されました。 エンブレムは後ろ足で立ち上がるライオン(ベルフォールのライオン)をかたどったもの。 本社所在地:フランス パリ 設立:1882年(自動車メーカーとして)

Loading

76F MINIATURE CAR (PORSCHE) 21

File

正式な社名は、Dr. Ing. h.c. F. Porsche AGで、直訳すると、「フェルディナント・ポルシェ名誉工学博士株式会社」となります。 フォルクスワーゲングループに属しています。高級スポーツカーとレーシングカーで知られており、中でも1963年に発売された911は改良を重ねながら製造しています。近年はセダンやSUVも手がけています。 フォルクスワーゲン・タイプ1を設計した技術者フェルディナント・ポルシェにより、1931年にデザイン事務所として設立され、1948年に息子であるフェリー・ポルシェによって同社初の車356.001が製造・販売され自動車メーカーになりました。 積極的にモータースポーツ活動を行い、レーシングカー・コンストラクターとしても数多くのマシンを製造しています。ロードカーにおいても「カレラ」、「パナメーラ」、「タルガ」といったレースにちなんだ名称を用いています。 様々なレース活動の中でも耐久レースにおける成功は顕著であり、ル・マン24時間レースで歴代最多勝利を挙げています。 エンブレムの中央の跳ね馬はシュトゥットガルト市の紋章を、棘はバーデンベルテンベルグ州の紋章を表し、赤と黒の縞模様は知性を、全体の金色は大地の豊かさを意味しています。 本社所在地:ドイツ シュトゥットガルト 設立:1931年

Loading

77F MINIATURE CAR (PRINCE) 5

File

1947年に「東京電気自動車」の社名で発足。電気自動車製造からスタートし、 1951年以降はガソリン自動車開発に転身しました。 社名は、1952年の皇太子明仁親王の立太子礼に因んでいます。 経営、資本面ではブリヂストンとその創業者である石橋正二郎が大きな役割を担っており、旧・中島飛行機系の企業である「富士精密工業」との協業・合併を経るなど、企業としての成立過程と社名の変遷は複雑。 元航空技術者を多く擁する技術開発重視の社風により、早くから先進技術を導入し、1960年代にはモータースポーツ界でも大いに活躍しましたが、1966年に日産自動車と合併しました。 本社所在地:東京都杉並区

Loading

78F MINIATURE CAR (RENAULT) 5

File

1898年にフランス人技術者のルイ・ルノーとその兄弟によってルノー・フレール社として設立されました。現在のFRなどのプロペラシャフトを用いる駆動方式の原型となる「ダイレクト・ドライブ・システム」を発明し、この特許料で巨万の富を得て生産規模を拡大していきました。 現在はおもに中小の乗用車や商用車を手がけています。グループ傘下の日産自動車、その傘下の三菱自動車、ダチア、ルノーサムスンなどを含めると世界最大の自動車会社です。 コーポレートカラーは、マスタードイエローで、ロゴマークの背景色となっているほか、 モータースポーツに参戦する際などはこの色を基調に白または黒を組み合わせるのが基本となっています。 本社所在地:フランス ブローニュ=ビヤンクール 設立:1898年

Loading

79F MINIATURE CAR (SUBARU) 4

File

富士重工業株式会社が、2017年に株式会社SUBARUに商号を変更しました。 中島飛行機を源流に持ち、創業期に元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念にとらわれないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきました。 特に走行性能に特化した技術志向が強く、四輪駆動車と水平対向エンジンはスバルの技術の特徴となっています。前置き水平対向エンジンとフルタイムAWDを組み合わせたパッケージングを展開するのは、世界でスバルのみとなっています。 「スバル」は、日本では古くから六連星とも言われるプレアデス星団の日本名「昴」に由来します。富士重工業は中島飛行機系5社を合併していることから、6社を「統(す)べる」=「統合する」の意志が込められています。 本社所在地:東京都渋谷区恵比寿 設立:1945年

Loading

80F MINIATURE CAR (SUZUKI) 2

File

4輪車と2輪車のメーカー。 1909年に織機メーカー鈴木式織機製作所として創業。1920年に鈴木式織機株式会社を設立。 2輪車への参入は1952年、4輪車への参入は1955年。4輪車は軽自動車や小型車などを主力としています。 軽自動車では、1973年から2006年までの34年間にわたり販売台数日本一で、マツダ、日産、三菱へのOEM供給も行っています。 創業者である鈴木道雄の名字を社名としており、エンブレムはそのイニシャルをモチーフとしたもので、1958年から現在まで変更されることなく使用され続けています。 本社所在地:静岡県浜松市 設立:1920年

Loading

81F MINIATURE CAR (TALBOT-LAGO) 1

File

1935年、イギリスのサンビーム・タルボ・ダラックのフランス工場をアントニー・ラーゴが買収して誕生。以後、第2次世界大戦前まで、タルボ・ラーゴの名前でスポーツカーやそれをベースに製作したグランプリマシンがレースに出場しました。第2次世界大戦後も、1950年のルマンでT26GSが優勝、また、1950年にF1世界選手権がスタートするまでのグランプリレースにおいても、自然吸気エンジンの燃費のよさをいかして活躍しました。

Loading

82F MINIATURE CAR (TOYOTA) 14

File

豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主。170の国・地域で展開され、単体でトヨタグループの約9割にあたる900万台を売り上げる世界最大のブランドです。OEM・自社開発を問わず、軽自動車からミニバン、スポーツカー、SUV、セダン、ワゴン、トラック、商用車、重機に至るまで幅広いラインナップを揃えています。 当初は創業者の名字のままに「トヨダ」でしたが、1938年に語感の良さや画数の縁起から「トヨタ」に改名しました。戦後しばらくの間、トヨタの車はトヨペットのブランドで発売されていましたが、1961年のパブリカ以降は再びトヨタブランドで発売されるようになりました。 現在のエンブレムは1989年に創立50周年を記念して発表されたもの。小さな2つの楕円は、ユーザーの心とトヨタの心を表現し、大きな楕円はその2つの心を繋ぐ世界を表しています。 本社所在地:愛知県豊田市 設立:1937年

Loading

83F MINIATURE CAR (VOLKSWAGEN) 26

File

ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車製造会社。 ポルシェ等の傘下の会社を合わせてフォルクスワーゲングループを構成しています。 社名はドイツ語で「国民車」を意味します。 1937年に国有企業として設立され、第二次世界大戦後にイギリス軍管理下で改組されました。 現在では世界119か所に工場を持っています。 本社所在地:ドイツ ニーダーザクセン州ヴォルフスブルク 設立:1937年

Loading

84F MINIATURE CAR (WIESMANN) 1

File

1988年に、Martin Wiesmann、Friedhelm Wiesmann兄弟によって設立され、BMW製エンジンを積んだハンドメイドのスポーツカーを年間約180台製造していました。事業は2014年5月に一時的に閉鎖されましたが、2018年8月に経営破綻から復活、8月7日にBMW Mを搭載した新しいモデルGTMF5クーペとMF4ロードスターを発表しました。 エンブレムはヤモリ。壁にはりついてよじ登る守り神の様を、ヴィースマン車が路面にはりついて走るイメージに重ねています。

Loading

85F PLASTIC MODEL 19

File

1/12、1/20、1/24のスケールモデルカーのコレクションです。

Loading

86F TAMIYA CATALOGUE 4

File

タミヤ総合カタログ

Loading

87F MODEL CAR OF MY CAR 29

File

現在所有している 日産スカイラインGT-R(BNR32) BMW116i(E87) プジョー206グリフ 過去に所有していた トヨタスプリンタートレノGT-APEX(AE92) マツダファミリアアスティナ トヨタアイシス スズキアルトラパン のミニカー、プラモデルなど

Loading

88F RADIO CONTROLLED MODEL CAR 4

File

ラジコンカーといっても、いまどきの本格的なヤツではありません。 昔の子供のオモチャです。

Loading

89F TOY CAR 26

File

子供の頃、親に買い与えられたモノと、親になり、子供に買い与えたモノで、ほんの僅かながら生き永らえているモノたち

Loading

90F MODEL GUN 3

File

1972年、小学生時代にモデルガンが流行り、アメ横で購入。

Loading

91F CAMERA, LENS 10

File

嘗て使用していた一眼レフカメラ(フィルムカメラ)とレンズ

Loading

92F LP RECORD 131

File

1950年代~1980年代のロック、ジャズ、クロスオーバーなど

Loading

93F EP RECORD 29

File

主に1960年代~1970年代に購入したビートルズ、映画音楽、邦楽のEP盤レコード

Loading

94F COMPACT DISK 93

File

1980年代~1990年代に購入したジャズのCDを中心に。

Loading

95F VIDEO TAPE, VIDEO DISK 18

File

映画、ライブ、レースなどのビデオテープ、ビデオディスク

Loading

96F GAME SOFT 7

File

セガサターンとプレイステーションのゲームソフト

Loading

97F T-SHIRT 14

File

イベントの記念Tシャツなど。

Loading

98F MOVIE PAMPHLET 203

File

主に20世紀の映画を公開年順に並べています。 1970年代~1980年代に映画館で見たモノがほとんどです。 好きな監督は、 アンドレイ・タルコフスキー ルイス・ブニュエル ジャン=リュック・ゴダール ルイ・マル ルキノ・ヴィスコンティ フェデリコ・フェリーニ テオ・アンゲロプロス スタンリー・キューブリック などです。

Loading

99F MOVIE PAMPHLET (AMERICAN MOVIE) 114

File

アメリカ映画のパンフレット

Loading

100F MOVIE PAMPHLET (BRITISH MOVIE) 10

File

イギリス映画のパンフレット

Loading

101F MOVIE PAMPHLET (FRENCH MOVIE) 26

File

フランス映画のパンフレット

Loading

102F MOVIE PAMPHLET (GERMAN MOVIE) 6

File

ドイツ映画のパンフレット

Loading

103F MOVIE PAMPHLET (GREECE MOVIE) 2

File

ギリシャ映画のパンフレット

Loading

104F MOVIE PAMPHLET (ITALIAN MOVIE) 12

File

イタリア映画のパンフレット

Loading

105F MOVIE PAMPHLET (JAPANESE MOVIE) 8

File

日本映画のパンフレット

Loading

106F MOVIE PAMPHLET (RUSSIAN MOVIE) 10

File

ロシア映画のパンフレット

Loading

107F MOVIE PAMPHLET (SPANISH MOVIE) 6

File

スペイン映画のパンフレット

Loading

108F MOVIE PAMPHLET (SWEDISH MOVIE) 2

File

スウェーデン映画のパンフレット

Loading

109F MOVIE PAMPHLET (OTHER MOVIE) 7

File

メキシコ、香港、イラン、オーストラリア 、イスラエル、ハンガリー、ニカラグアの映画のパンフレット

Loading

110F MOVIE FLYER 19

File

映画館で入手したチラシを公開年順に並べています。

Loading

111F MOVIE TICKET 51

File

1980年代に見た映画の特別鑑賞券(前売券)など

Loading

112F EXHIBITION CATALOG 46

File

展覧会・美術館の図録、ショーのガイドブックなど

Loading

113F EXHIBITION FLYER 17

File

展覧会などのチラシ

Loading

114F EXHIBITION TICKET 88

File

展覧会、美術館などのチケット

Loading

115F CONCERT PROGRAM 8

File

ジャズのコンサートのプログラムなど

Loading

116F CONCERT TICKET 15

File

コンサート等のチケット

Loading

117F THEATER TICKET 3

File

演劇のチケット

Loading

118F PHOTO BOOK, BOOK OF PAINTINGS 19

File

写真集、画集

Loading

119F SHINCHO ART LIBRARY 20

File

新潮美術文庫

Loading

120F MUSICAL SCORE 9

File

中学生の頃、購入した楽譜

Loading

121F AUTOMOTIVE CATALOG 13

File

ディーラーでもらったクルマのカタログ。マイカーを中心に。

Loading

122F MAGAZINE 66

File

趣味の雑誌などいろいろ。

Loading

123F MAGAZINE BOOK 26

File

MOOKいろいろ。

Loading

124F BOOK 19

File

趣味の本

Loading

125F PAPERBACK 124

File

主に子供の頃、読んだ文庫本。そのノスタルジックなカバーデザイン。新潮文庫を中心に。

Loading

126F TOKUMA 5ZIGEN BUNKO 28

File

2007年から2011年の5年間、刊行された徳間書店の5次元文庫。極めて興味深い内容の本を立て続けに発売。当時は、書店の徳間5次元文庫のコーナーに立ち寄るのが楽しみの一つだったので、廃刊はたいへん残念でした。

Loading

127F STAMP 231

File

小学生の頃、集めた切手

Loading

128F POST CARD 73

File

ポストカードいろいろ。

Loading

129F COMMEMORATIVE MEDAL 3

File

記念メダル

Loading

130F COMMEMORATIVE COINS 11

File

記念硬貨

Loading

131F WORK OF HARUKI MURAKAMI 50

File

村上春樹の作品。翻訳も含めて。

Loading

132F WORK OF YUTAKA HANIYA 7

File

埴谷 雄高(はにや ゆたか、1909年(明治42年)12月19日 - 1997年(平成9年)2月19日)は、日本の政治・思想評論家、小説家。本名般若 豊(はんにゃ ゆたか)。 青年期にマックス・シュティルナーの「唯一者とその所有」の影響を受け、個人主義的アナキズムに強いシンパシーを抱きつつ、ウラジーミル・レーニンの著作「国家と革命」に述べられた国家の消滅に一縷の望みを託し、マルクス主義に接近、日本共産党に入党し、もっぱら地下活動に従事し、思想犯取り締まりのため1932年に逮捕されました。検挙後埴谷は未決囚として豊多摩刑務所に収監され、形式的な転向によって釈放されました。 獄中ではカント、ドストエフスキーから圧倒的な影響を受け、出獄後は経済雑誌の編集に携わり、敗戦を迎えました。 代表作は、存在の秘密や大宇宙について語りつくそうとし、第一章が「近代文学」創刊号(昭和20年12月30日付)に掲載された大長篇小説「死靈(しれい)」。全12章予定で未完作となりましたが幾度かの空白を挟み書き続け、死の直前まで第9章までを書き継ぎました。ほぼ全編を、物語でなく観念的議論によって進行する世界文学史においても未曾有の形而上学的思弁小説で、この一作で比類ない評価を受けました。 埴谷の没した日には、有志によって「アンドロメダ忌」という記念会が催されています。

Loading

133F WORK OF GEORGES BATAILLE 5

File

ジョルジュ・アルベール・モリス・ヴィクトール・バタイユ(Georges Albert Maurice Victor Bataille、1897年9月10日 - 1962年7月8日)は、フランスの哲学者、思想家、作家。フリードリヒ・ニーチェから強い影響を受けた思想家であり、後のモーリス・ブランショ、ミシェル・フーコー、ジャック・デリダなどに影響を及ぼし、ポスト構造主義に影響を与えました。

Loading

134F WORK OF MARGUERITE DURAS 10

File

マルグリット・デュラス(Marguerite Duras, 1914年4月4日 - 1996年3月3日)は、フランスの小説家、脚本家、映画監督。 ヌーヴォー・ロマンの作家の一人に数えられることもありますが、キャリアの点でも作風の点でもヌーヴォー・ロマンの作家という枠内には留まりません。 ヌーヴォー・ロマン(Nouveau roman)は、第二次世界大戦後のフランスで発表された前衛的な小説作品群を形容した呼称で、代表的な作家としてはアラン・ロブ=グリエなどが挙げられます。

Loading

135F WORK OF SUSAN SONTAG 4

File

スーザン・ソンタグ(Susan Sontag, 1933年1月16日 - 2004年12月28日)は、アメリカの作家、エッセイスト、小説家、映画製作者、運動家。 人権問題についての活発な著述と発言でその生涯を通じてオピニオンリーダーとして注目を浴びました。批評家としてベトナム戦争やイラク戦争に反対し、アメリカを代表するリベラル派の知識人として活躍しました。

Loading

136F SKYLINE GT-R ACCESSARY,GOODS 7

File

スカイラインGT-R関連のアクセサリー、グッズ

Loading

137F MOTOR SPORTS 19

File

レースの公式プログラム、AUTO SPORT特集号など

Loading

138F OTHER 59

File

雑多なモノいろいろ。

Loading

Thank you !!
Museum of ts-r32 はいかがでしたか?
入館の記念にコメントを残してみましょう。

  • File
    2018/2/20

    kenta0301

    フォローありがとうございます。

    返信する
    • File
      2018/2/20

      ts-r32

      こちらこそ、フォローとたくさんのいいね!ありがとうございます!

      返信する
  • File
    2018/6/4

    まえだ

    フォローありがとうございます!
    物の性質上完成しないと更新できませんので気長によろしくお願いいたします。

    返信する
    • File
      2018/6/4

      ts-r32

      模型は作る前も作っている時も作った後も楽しい時間ですよね😊作品楽しみにしています♪

      返信する
  • File
    2018/6/27

    pon

    フォローして頂きありがとうございます。
    写真のGT-Rカッコいいですね!本当に羨ましいです。
    また拝見させて下さい。
    今後とも宜しくお願いします!

    返信する
    • File
      2018/6/27

      ts-r32

      こちらこそ、たくさんのいいね!ありがとうございます!
      トミカのコレクション、楽しく拝見させていただいています。
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いします^^

      返信する
  • File
    2018/8/18

    charlie0215

    フォロー有難うございます。
    コレクションを見させて頂き、車(実車)、プラモ(一括整理しましたが、トラックで運ぶ位)、AS(大分整理しましたが、'70s角がある本から、編集長がクマさんの頃まで)、音楽(ビートルズは聴かず黒人がメイン)、車のカタログ(所有した車メインですが、購入検討した車、'80s 〜)、車の本(ムックを始め、ノスヒロは初代輸出用フェアレディが表紙の創刊号等) 共通している事が多いみたいです。
    今、整理の真っ最中。
    此れからも宜しくお願いします。

    返信する
    • File
      2018/8/18

      ts-r32

      こちらこそ、たくさんのいいね!ありがとうございますm(_ _)m
      コレクション楽しみにしています。こちらこそよろしくお願いします。

      返信する
  • File
    2018/11/6

    woodstein

     ts-r32さん、返事は遅くなり申し訳ありませんでした。そして、遅ればせながらですが、この度はフォローして頂き有難うございました。非常に多趣味の方のようで、その中には映画パンフレットやチラシなども含まれていて、かなり興味を引かれました。ということで、もうすでに多くのフォロワーがおられるようですが、私もその末席に加えさせてもらいます。

    返信する
    • File
      2018/11/6

      ts-r32

      こちらこそフォローありがとうございます。映画関係は古いものばかりですが、興味を持っていただけて幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。ご丁寧にありがとうございました。

      返信する
  • File
    2018/11/22

    オカユちゃん

    多岐にわたる物凄いコレクションですね!
    時間をかけてじっくり館内を回らせていただきます

    返信する
    • File
      2018/11/22

      ts-r32

      フォローありがとうございます!ミニカー以外は古い物ばかりで、コレクションと言えるような大層な物はありませんが、よかったらご覧下さい。
      今後ともよろしくお願いします😊

      返信する
  • File
    2018/12/26

    テッツァライト

    フォローしていただきありがとうございました!
    幅広いジャンルを扱われていて、博物館級の見応えに驚いております😮✨
    貴金属系も好きなもので思わずコインの展示に惹きつけられてしまいました😄
    また立ち寄らせていただきますね。

    返信する
    • File
      2018/12/27

      ts-r32

      こちらこそ、フォローといいね!ありがとうございます😊
      手当たり次第に登録していて「雑物館」になってしまい、お恥ずかしい限りです😅
      今後ともよろしくお願いいたします😊

      返信する
  • File
    2019/1/1

    ace

    明けましておめでとうございます🎍
    今年もよろしくお願いいたします😆

    返信する
    • File
      2019/1/2

      ts-r32

      あけましておめでとうございます🎍
      こちらこそ今年もよろしくお願いいたします😊

      返信する
  • File
    2019/1/24

    kidokun

    フォローありがとうございます!
    ものすごいフロアとコレクションの数ですね! アメリカ映画のフロアが気に入ったので、少しずつ見させていただきます。
    フォローさせていただきました、よろしくお願いします☆

    返信する
    • File
      2019/1/24

      ts-r32

      こちらこそフォローありがとうございます♪映画のパンフは古いものが多いですが、よかったら、見てやってください😊
      ホットウィールの豊富なコレクションを拝見し、楽しませていただいています。
      今後ともよろしくお願いします。

      返信する
  • File
    2019/3/8

    nishiyakpgc10

    フォローありがとうございます。
    当方、初心者で不手際も有るかと思いますが、
    今後ともよろしくお願いいたします。

    返信する
    • File
      2019/3/8

      ts-r32

      こちらこそフォローありがとうございます😊
      よろしくお願いいたします🙇‍♂️
      いきなりの質問で大変恐縮なのですが、もしやKPGC10のオーナーさんですか?

      返信する
    • File
      2019/3/9

      nishiyakpgc10

      好きでKPGC10乗っていたら月日が流れた感じです(笑)
      R32も好きです。

      返信する
    • File
      2019/3/9

      ts-r32

      やはりそうですか!凄いです!KPGC10は子供の頃からずっと憧れの車です。乗っていらっしゃるというだけで、もう尊敬してしまいます。
      改めてよろしくお願いいたします。

      返信する
  • File
    2019/5/14

    kigure

    フォローありがとうございます!こちらもフォローさせて頂きました^_^
    これから宜しくお願いします。

    返信する
    • File
      2019/5/14

      ts-r32

      フォローありがとうございます😊
      こちらこそよろしくお願いします。

      返信する
  • File
    2019/6/12

    Koshichi

    フォローありがとうございます!
    R32を含め、スカイラインが大好きです!
    よろしくお願いします😆

    返信する
    • File
      2019/6/12

      ts-r32

      こちらこそフォローありがとうございます!私もスカイラインが大好きです。
      よろしくお願いします😊

      返信する
  • File
    2019/7/5

    fanta

    フォローして下さいまして、ありがとうございます^^

    たくさんの切手コレクションありますね!
    家族に見せてもらった国立公園シリーズも、こんな感じだったかなぁと。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    返信する
    • File
      2019/7/5

      ts-r32

      こちらこそフォローありがとうございます😊
      fantaさんの切手コレクション、拝見していて、楽しくなります✨
      こちらこそよろしくお願いいたします。

      返信する
  • File
    2019/9/20

    bluenote

    沢山のいいね、そして、フォローして頂きありがとうございます。
    多様な、趣味の世界を、お持ちですね、ゆっくりと、拝見したいです。
    今後とも宜しくお願いします。

    返信する
    • File
      2019/9/20

      ts-r32

      ありがとうございます😊
      私もジャズが好きなので、これから拝見させていただきます。
      こちらこそよろしくお願いします。

      返信する
  • File
    2019/9/25

    momoten4010

    ts-r32さん、はじめまして!

    いつもたくさんのいいね、ありがとうございます!

    ts-r32さんのこの博物館、ものスゲェ高い!笑
    83階建て!笑

    高所恐怖症の僕ですが、今後ともよろしくお願いいたします!

    返信する
    • File
      2019/9/25

      ts-r32

      momoten4010さん、はじめまして。フォローありがとうございます。ビートルズの貴重なコレクション楽しませていただいています。フォローさせていただきました。
      何でもかんでもアップしてたら、いつの間にかノッポビルに...😅骨組みが脆弱なので、崩れるかもしれません😆
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
      ご丁寧にありがとうございました。

      返信する
  • File
    2020/6/19

    13f_shizu

    ts-r32さん
    フォローありがとうございます
    どうぞよろしくお願いします

    返信する
    • File
      2020/6/19

      ts-r32

      13f_shizuさん、こちらこそ、ありがとうございます。
      どうぞよろしくお願いします。

      返信する
  • File
    2020/7/9

    トミ坊

    フォローありがとうございました。
    宜しくお願いします。

    返信する
    • File
      2020/7/9

      ts-r32

      こちらこそフォローありがとうございます😊
      よろしくお願いします。

      返信する
  • File
    2020/8/14

    8823hayabusa

    凄まじいコレクションの数々!

    ミニカー以外の物に体してもかなりの造詣をお持ちの様で。フォローさせて戴きます。宜しくお願い致します。

    返信する
    • File
      2020/8/14 - 編集済み

      ts-r32

      ありがとうございます。
      単に貧乏性で捨てられずにとっておいたモノを展示しているだけで、お恥ずかしい限りです😅こちらもフォローさせていただきました。よろしくお願いいたします。

      返信する
  • File
    2020/9/3

    Kota_kota28

    いつも沢山の"いいね!"ありがとうございます♪
    素晴らしいコレクションの数々、特にGT-R関係のコレクションには毎度驚かされます!
    今後とも宜しくお願い致します♪

    返信する
    • File
      2020/9/3

      ts-r32

      こちらこそ、いつも沢山のいいね!ありがとうございます。
      GT-R関連は、30年前の納車後10年間くらいは、手当たり次第に買い集めてました(^^;)💦
      ご覧いただきありがとうございます♪
      Kota_kota28さんのコレクション、写真が綺麗で背景も工夫されていて楽しく拝見させていただいています。
      こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

      返信する
  • File
    10 days ago

    NiCky_Custom

    こんばんは。
    フォローありがとうございます。
    私からもフォローさせて頂きます。
    宜しくお願いします。

    返信する
    • File
      10 days ago

      ts-r32

      フォローありがとうございます。
      こちらこそよろしくお願いします。

      返信する

Recommend

Museum Shortcut Map