みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

PAPERBACK

主に子供の頃、読んだ文庫本。そのノスタルジックなカバーデザイン。新潮文庫を中心に。

  • Loading

    ジュリアス・シーザー/シェイクスピア

  • Loading

    ハムレット/シェイクスピア

  • Loading

    リア王/シェイクスピア

  • Loading

    人間ぎらい/モリエール

  • Loading

    若きウェルテルの悩み/ゲーテ

  • Loading

    赤と黒(上)/スタンダール

  • Loading

    赤と黒(下)/スタンダール

  • Loading

    緋文字/ホーソン

  • Loading

    はつ恋/ツルゲーネフ

  • Loading

    カラマーゾフの兄弟(上)/ドストエフスキー

  • Loading

    カラマーゾフの兄弟(中)/ドストエフスキー

  • Loading

    カラマーゾフの兄弟(下)/ドストエフスキー

  • Loading

    人生論/トルストイ

  • Loading

    人形の家/イプセン

  • Loading

    ハーディ短編集/ハーディ

  • Loading

    女の一生/モーパッサン

  • Loading

    ランボー詩集/ランボー

  • Loading

    O・ヘンリ短編集(1)/O・ヘンリ

  • Loading

    O・ヘンリ短編集(2)/O・ヘンリ

  • Loading

    O・ヘンリ短編集(3)/O・ヘンリ

  • Loading

    阿部一族・舞姫/森 鴎外

  • Loading

    青年/森 鴎外

  • Loading

    こころ/夏目漱石

  • Loading

    道草/夏目漱石

  • Loading

    狭き門/ジッド

  • Loading

    田園交響楽/ジッド

  • Loading

    破戒/島崎藤村

  • Loading

    月と六ペンス/モーム

  • Loading

    遠野物語/柳田国男

  • Loading

    ワインズバーグ・オハイオ/アンダスン

  • 1
    Loading

    ジュリアス・シーザー/シェイクスピア

    新潮文庫

    ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564年4月26日-1616年4月23日)は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物です。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われています。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残しました。

    『ジュリアス・シーザー』(The Tragedy of Julius Caesar)は、1599年に書かれた政治劇・悲劇で、ローマの独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルに対する陰謀・暗殺とその死の余波が描かれています。この劇においてシーザーは中心的人物ではなく、3場面に登場するに過ぎず、主人公はマーカス・ブルータスであり、彼の名誉欲・愛国心・友情の間の葛藤が描かれています。

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/9

    • 1
    • 0
  • 2
    Loading

    ハムレット/シェイクスピア

    新潮文庫

    ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564年4月26日-1616年4月23日)は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物です。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われています。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残しました。

    『ハムレット』(Hamlet)は、5幕から成り、1600年から1602年頃に書かれたと推定されています。正式題名は「デンマークの王子ハムレットの悲劇」(The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark)。4000行を超え、シェイクスピアの戯曲の中で最長編。 デンマーク王子ハムレットが、父を殺し母を奪い王位を簒奪した叔父を討ち、復讐を果たすシェイクスピアの四大悲劇の一つ。

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/11

    • 1
    • 6
  • 3
    Loading

    リア王/シェイクスピア

    新潮文庫

    ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564年4月26日-1616年4月23日)は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物です。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われています。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残しました。

    『リア王』(King Lear)は、5幕で、1604年から1606年頃の作。四大悲劇の一つ。長女と次女に国を譲ったのち2人に事実上追い出されたリア王が、末娘の力を借りて2人と戦うも敗れます。王に従う道化に悲哀を背負わせ、四大悲劇中最も壮大な構成の作品との評もあります。

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/9

    • 1
    • 2
  • 4
    Loading

    人間ぎらい/モリエール

    新潮文庫

    モリエール(Molière、1622年1月15日 - 1673年2月17日)は、17世紀フランスの俳優、劇作家。コルネイユ、ラシーヌとともに古典主義の3大作家の1人。本名ジャン=バティスト・ポクラン(Jean-Baptiste Poquelin)。鋭い風刺を効かせた数多くの優れた喜劇を制作し、フランス古典喜劇を完成させました。

    『人間嫌い:あるいは怒りっぽい恋人』(Le Misanthrope ou l'Atrabilaire amoureux)は、1666年発表、パレ・ロワイヤルで同年6月4日初演。
    モリエールは高貴な宮廷人や知識人でも、平民でも楽しめるような作品を書くことを念願とし、この作品でそれを試しました。その結果、前者には好評を博しましたが、後者には不評を買い、モリエールの期待は裏切られ、本作を基点に作風を転換することとなります。

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/11

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    若きウェルテルの悩み/ゲーテ

    新潮文庫

    ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8月28日 - 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残しました。

    『若きウェルテルの悩み』(Die Leiden des jungen Werthers)は、1774年に刊行された書簡体小説。青年ウェルテルが婚約者のいる身である女性シャルロッテに恋をし、叶わぬ思いに絶望するする姿を描いています。出版当時ヨーロッパ中でベストセラーとなり、現在も世界中で広く読まれています。

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/13

    • 1
    • 2
  • 6
    Loading

    赤と黒(上)/スタンダール

    新潮文庫

    スタンダール(Stendhal、1783年1月23日 - 1842年3月23日)は、グルノーブル出身のフランスのロマン主義、
    写実主義の小説家。本名はマリ=アンリ・ベール(Marie Henri Beyle)。ペンネームのスタンダールはドイツの小都市シュテンダルに由来すると言われています。代表作は『恋愛論』(1822年)、『赤と黒』(1830年)、『リュシアン・ルーヴェン』(1835年)、『パルムの僧院』(1839年)。

    『赤と黒』(Le Rouge et le Noir)は、実際に起きた事件などに題材をとった長編小説で、フランスのリアリズム小説の出発点となりました。サマセット・モームは世界の十大小説の一つにこの作品をあげています。野心的な青年、ジュリアン・ソレルの目を通して、来たるべき革命を恐れながら堕落した生活を送る王政復古下の聖職者・貴族階級の姿を描写し支配階級の腐敗を鋭くついています。

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/14

    • 1
    • 3
  • 7
    Loading

    赤と黒(下)/スタンダール

    新潮文庫

    スタンダール(Stendhal、1783年1月23日 - 1842年3月23日)は、グルノーブル出身のフランスのロマン主義、
    写実主義の小説家。本名はマリ=アンリ・ベール(Marie Henri Beyle)。ペンネームのスタンダールはドイツの小都市シュテンダルに由来すると言われています。代表作は『恋愛論』(1822年)、『赤と黒』(1830年)、『リュシアン・ルーヴェン』(1835年)、『パルムの僧院』(1839年)。

    『赤と黒』(Le Rouge et le Noir)は、実際に起きた事件などに題材をとった長編小説で、フランスのリアリズム小説の出発点となりました。サマセット・モームは世界の十大小説の一つにこの作品をあげています。野心的な青年、ジュリアン・ソレルの目を通して、来たるべき革命を恐れながら堕落した生活を送る王政復古下の聖職者・貴族階級の姿を描写し支配階級の腐敗を鋭くついています。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/13

    • 1
    • 0
  • 8
    Loading

    緋文字/ホーソン

    新潮文庫

    ナサニエル・ホーソン(Nathaniel Hawthorne 1804年7月4日 – 1864年5月19日)は、アメリカ合衆国の小説家。
    善と悪や罪を扱った宗教的な内容の作品が多い。『緋文字』を発表し注目を集め始めていたころ、アメリカでは市場主義経済が発達し文学作品も「商品」としての色合いが強くなり、文学の芸術的価値より大衆の評判が重要視され始めホーソーンはこのギャップに苦しむことになります。

    『緋文字』(The Scarlet Letter)は、1850年に出版されたゴシックロマン小説で、ホーソンの代表作。
    17世紀のニューイングランドのピューリタン社会を舞台に、姦通の罪を犯した後に出産し、その父親の名を明かすことを拒み、悔恨と尊厳の内に新しい人生を打ち建てようと努力する女性ヘスター・プリンの物語を描いています。この物語を通じて、ホーソンは神の赦しと律法主義、罪悪についての問題を模索しています。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/15

    • 1
    • 0
  • 9
    Loading

    はつ恋/ツルゲーネフ

    新潮文庫

    イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ(Ивáн Серге́евич Турге́нев、1818年11月9日 - 1883年9月3日)は、ドストエフスキー、トルストイと並んで、19世紀ロシア文学を代表する文豪。パリで、西欧の作家・芸術家たちとの幅広い交友関係を築き、西欧へのロシア文学の紹介に大きな役割を果たしました。 日本では二葉亭四迷によって翻訳・紹介され、国木田独歩や田山花袋らの自然主義に大きな影響を与えました。

    『はつ恋』(Первая Любовь)は、1860年に雑誌『読書文庫』に発表された中編小説。半自伝的性格を持ち、作者が生涯で最も愛した小説と言われています。 作中で主人公の父が残した言葉「女の愛を恐れよ。この幸福を、この毒を恐れよ...」はツルゲーネフの父が彼に語っていた言葉。ツルゲーネフが生涯独身を通した事も主人公のそれと符合します。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/15

    • 1
    • 0
  • 10
    Loading

    カラマーゾフの兄弟(上)/ドストエフスキー

    新潮文庫

    フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(Фёдор Миха́йлович Достое́вский、1821年11月11日 - 1881年2月9日)は、ロシアの小説家・思想家。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。トルストイ、ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシアを代表する文豪です。
    その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級の暴力的な革命を否定し、キリスト教、ことに正教に基づく魂の救済を訴えています。反ユダヤ主義者としても知られています。

    『カラマーゾフの兄弟』(Братья Карамазовы)は、最後の長編小説。1879年に文芸雑誌『ロシア報知』に連載が開始され、翌1880年に単行本として出版されました。『罪と罰』と並ぶドストエフスキーの最高傑作とされ、『白痴』、『悪霊』、『未成年』と併せ後期五大作品とされ、サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げています。信仰や死、国家と教会、貧困、児童虐待、父子・兄弟・異性関係などさまざまなテーマを含んでおり、「思想小説」「宗教小説」「推理小説」「裁判小説」「家庭小説」「恋愛小説」としても読むことができます。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/16

    • 1
    • 0
  • 11
    Loading

    カラマーゾフの兄弟(中)/ドストエフスキー

    新潮文庫

    フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(Фёдор Миха́йлович Достое́вский、1821年11月11日 - 1881年2月9日)は、ロシアの小説家・思想家。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。トルストイ、ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシアを代表する文豪です。
    その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級の暴力的な革命を否定し、キリスト教、ことに正教に基づく魂の救済を訴えています。反ユダヤ主義者としても知られています。

    『カラマーゾフの兄弟』(Братья Карамазовы)は、最後の長編小説。1879年に文芸雑誌『ロシア報知』に連載が開始され、翌1880年に単行本として出版されました。『罪と罰』と並ぶドストエフスキーの最高傑作とされ、『白痴』、『悪霊』、『未成年』と併せ後期五大作品とされ、サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げています。信仰や死、国家と教会、貧困、児童虐待、父子・兄弟・異性関係などさまざまなテーマを含んでおり、「思想小説」「宗教小説」「推理小説」「裁判小説」「家庭小説」「恋愛小説」としても読むことができます。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/16

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    カラマーゾフの兄弟(下)/ドストエフスキー

    新潮文庫

    フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(Фёдор Миха́йлович Достое́вский、1821年11月11日 - 1881年2月9日)は、ロシアの小説家・思想家。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。トルストイ、ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシアを代表する文豪です。
    その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級の暴力的な革命を否定し、キリスト教、ことに正教に基づく魂の救済を訴えています。反ユダヤ主義者としても知られています。

    『カラマーゾフの兄弟』(Братья Карамазовы)は、最後の長編小説。1879年に文芸雑誌『ロシア報知』に連載が開始され、翌1880年に単行本として出版されました。『罪と罰』と並ぶドストエフスキーの最高傑作とされ、『白痴』、『悪霊』、『未成年』と併せ後期五大作品とされ、サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げています。信仰や死、国家と教会、貧困、児童虐待、父子・兄弟・異性関係などさまざまなテーマを含んでおり、「思想小説」「宗教小説」「推理小説」「裁判小説」「家庭小説」「恋愛小説」としても読むことができます。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/16

    • 1
    • 0
  • 13
    Loading

    人生論/トルストイ

    新潮文庫

    レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(Лев Николаевич Толстой、1828年9月9日 - 1910年11月20日)は、帝政ロシアの小説家、思想家で、ドストエフスキー、ツルゲーネフと並び、19世紀ロシア文学を代表する文豪。代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与え、非暴力主義者としても知られています。

    『人生論』(О жизни)は、1889年に出版された人生についての内面的、哲学的な考察です。

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/16

    • 1
    • 2
  • 14
    Loading

    人形の家/イプセン

    新潮文庫

    ヘンリック・イプセン(Henrik Johan Ibsen、1828年3月20日 - 1906年5月23日)は、ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称されます。代表作は、『ブラン』『ペール・ギュント』『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』など。自身はノルウェーを嫌い、長くドイツやイタリアで生活したため、ノルウェーの国民作家という意識は薄かったようですが、現在はノルウェーの象徴として長らくノルウェーの最高額面の1000クローネ紙幣にその肖像が描かれていました。

    『人形の家』(Et Dukkehjem)は、1879年に書かれた戯曲で、デンマーク王立劇場で上演されました。弁護士の妻ノラを主人公とした新たな時代の女性の姿を世に示した物語です。フェミニズムの勃興とともに語られる作品で、イプセンは一躍、世界的な劇作家となりました。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/17

    • 1
    • 2
  • 15
    Loading

    ハーディ短編集/ハーディ

    新潮文庫

    トーマス・ハーディ(Thomas Hardy OM, 1840年6月2日 - 1928年1月11日)は、イギリスの小説家、詩人。牧歌的な描写に長け、ウェセックス地方を物語の舞台とした作品が多く、その作風は宿命論的。悲観主義的と批判されることもありましたが、ハーディは自身を改善論者と称したように、作品を通じて読者の「他者の苦しみへの共感」を培うことで社会改善に貢献することを目指していました。1891年に発表した『ダーバヴィル家のテス』は、1979年に公開されたロマン・ポランスキー監督、ナスターシャ・キンスキー主演の映画「テス」の原作となりました。

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/19

    • 1
    • 0
  • 16
    Loading

    女の一生/モーパッサン

    新潮文庫

    ギ・ド・モーパッサン(Henri René Albert Guy de Maupassant、1850年8月5日 - 1893年7月6日)は、フランスの自然主義の作家、劇作家、詩人。『女の一生』などの長編6篇、『脂肪の塊』などの短篇約260篇、ほかを著し、20世紀初期の日本の作家にも影響を与えました。

    『女の一生』(Une vie)は、1883年に刊行された長編小説。主人公の少女ジャンヌが成長するにつれて人生における様々な不幸を経験していく様を描いたモーパッサンの代表作。原題は「人生」で、日本語題の「女の」にあたる単語はなく、また物語終了時点でジャンヌは初老期で、「一生」が最後まで描かれているわけはありません。

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/21

    • 1
    • 2
  • 17
    Loading

    ランボー詩集/ランボー

    新潮文庫

    ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー(Jean Nicolas Arthur Rimbaud, 1854年10月20日 - 1891年11月10日)は19世紀のフランスの詩人、貿易商人。19世紀フランスの代表的な詩人で、主な作品に散文詩集『地獄の季節』『イリュミナシオン』などがあります。ダダイスト、シュルレアリストら、20世紀の詩人たちに影響を与えました。ゴダールの『気狂いピエロ』(1965年)のエンディングでは『地獄の季節』に収められた韻文詩「永遠」が朗読されます。

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/20

    • 1
    • 5
  • 18
    Loading

    O・ヘンリ短編集(1)/O・ヘンリ

    新潮文庫

    オー・ヘンリー(O. Henry、本名:William Sydney Porter、1862年9月11日 - 1910年6月5日)は、アメリカの小説家。主に掌編小説、短編小説を得意とし、381編の作品を残しました。市民の哀歓を描き出した短編が多く短編の名手といわれます。

    短編小説の傑作とされる「警官と讃美歌」をはじめ、誘拐犯と人質とのやりとりをユーモラスに描いた「赤い酋長の身代金」など、16編を収録。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/21

    • 1
    • 0
  • 19
    Loading

    O・ヘンリ短編集(2)/O・ヘンリ

    新潮文庫

    オー・ヘンリー(O. Henry、本名:William Sydney Porter、1862年9月11日 - 1910年6月5日)は、アメリカの小説家。主に掌編小説、短編小説を得意とし、381編の作品を残しました。市民の哀歓を描き出した短編が多く短編の名手といわれます。

    絶妙なプロットと意外な結末、そして庶民の哀歓とユーモアの中から描き出される温かい人間の心が描かれた作品集。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/21

    • 1
    • 0
  • 20
    Loading

    O・ヘンリ短編集(3)/O・ヘンリ

    新潮文庫

    オー・ヘンリー(O. Henry、本名:William Sydney Porter、1862年9月11日 - 1910年6月5日)は、アメリカの小説家。主に掌編小説、短編小説を得意とし、381編の作品を残しました。市民の哀歓を描き出した短編が多く短編の名手といわれます。

    絶妙なプロットと意外な結末、そして庶民の哀歓とユーモアの中から描き出される温かい人間の心が描かれた作品集。

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/21

    • 1
    • 2
  • 21
    Loading

    阿部一族・舞姫/森 鴎外

    新潮文庫

    森 鷗外(1862年2月17日 - 1922年7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医、官僚。位階勲等は従二位・勲一等・功三級、医学博士、文学博士。本名は森 林太郎。

    『阿部一族』は、江戸時代初期に肥後藩で起きた、家中の重職であった阿部一族が上意討ちで全滅した事件を題材に創作され、大正2年(1913年)1月に『中央公論』誌上に発表された短編小説。

    『舞姫』は、1890年(明治23年)、民友社社長の徳富蘇峰の依頼を受け執筆し『国民之友』に発表した短編小説。
    1884年から4年間ドイツへ医学を学ぶために留学した時に執筆されました。主人公の手記の形をとり、その体験を綴り、高雅な文体と浪漫的な内容で、初期の代表作。『うたかたの記』、『文づかひ』とともにドイツ三部作と呼ばれます。

    • いいね!

      29がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 1
    • 6
  • 22
    Loading

    青年/森 鴎外

    新潮文庫

    森 鷗外(1862年2月17日 - 1922年7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医、官僚。位階勲等は従二位・勲一等・功三級、医学博士、文学博士。本名は森 林太郎。

    『青年』は、1910年3月から翌年8月まで「スバル」に連載された森鴎外の長編小説。
    一青年の心の悩みと成長を描き、利他的個人主義を主張した作品。夏目漱石の『三四郎』に影響されて書かれたもので、ともに青春小説の代表作。

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/22

    • 1
    • 0
  • 23
    Loading

    こころ/夏目漱石

    新潮文庫

    夏目 漱石(1867年2月9日 - 1916年12月9日)は、小説家、評論家、英文学者。本名、夏目 金之助。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。帝国大学(現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学。帰国後、大学講師として英文学を講じながら、『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表し評判になります。 その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれました。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となりました。

    『こころ』は、1914年4月20日から8月11日まで、朝日新聞で「心 先生の遺書」として連載され、9月に岩波書店より漱石自身の装丁で刊行された長編小説で、岩波書店が発刊した最初の小説。
    乃木希典の殉死に影響を受け執筆した作品で、後期三部作とされる前作『彼岸過迄』『行人』と同様に、人間の深いところにあるエゴイズムと、人間としての倫理観との葛藤が表現されています。
    新潮文庫版は、同文庫の中でもっとも売れている作品。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 1
    • 5
  • 24
    Loading

    道草/夏目漱石

    新潮文庫

    夏目 漱石(1867年2月9日 - 1916年12月9日)は、小説家、評論家、英文学者。本名、夏目 金之助。江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。帝国大学(現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学。帰国後、大学講師として英文学を講じながら、『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表し評判になります。 その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれました。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となりました。

    『道草』は、朝日新聞に、1915年6月3日から9月14日まで掲載された長編小説。
    「吾輩は猫である」執筆時の生活をもとにした漱石自身の自伝であるとされます。私小説風のため、小宮豊隆らからは不評でしたが、これまで漱石のことを余裕派と呼び、その作風・作品に批判的だった自然主義と呼ばれる作家達からは高く評価されました。

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/25

    • 1
    • 2
  • 25
    Loading

    狭き門/ジッド

    新潮文庫

    アンドレ・ポール・ギヨーム・ジッド(André Paul Guillaume Gide, 1869年11月22日 - 1951年2月19日)は、フランスの小説家。作品には、生涯の妻であったマドレーヌの影響が色濃く、『背徳者』、『狭き門』などに彼女を思わせる女性が登場しています。 1945年にゲーテ勲章授与。1947年にノーベル文学賞を受賞しましたが、1951年、パリで没後、著作はローマ教皇庁により、禁書に認定されました。

    『狭き門』(La Porte étroite)は、1909年に書かれた小説で、タイトルは、新約聖書のマタイ福音書第7章第13節にあらわれる、イエス・キリストの言葉「狹き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし。」に由来します。困難であっても多数派に迎合せず、救いにいたる生き方の喩え。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/25

    • 1
    • 0
  • 26
    Loading

    田園交響楽/ジッド

    新潮文庫

    アンドレ・ポール・ギヨーム・ジッド(André Paul Guillaume Gide, 1869年11月22日 - 1951年2月19日)は、フランスの小説家。作品には、生涯の妻であったマドレーヌの影響が色濃く、『背徳者』、『狭き門』などに彼女を思わせる女性が登場しています。 1945年にゲーテ勲章授与。1947年にノーベル文学賞を受賞しましたが、1951年、パリで没後、著作はローマ教皇庁により、禁書に認定されました。

    『田園交響楽』(La Symphonie pastorale)は、自身の信仰の危機と夫婦間の危機という困難な状況を経て、1919年に発表された小説。マタイによる福音書15:14にあるイエスの「盲人が盲人の道案内をすれば、二人とも穴に落ちてしまう」という言葉をモチーフにした作品。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/25

    • 1
    • 0
  • 27
    Loading

    破戒/島崎藤村

    新潮文庫

    島崎藤村(1872年3月25日 - 1943年8月22日)は、詩人、小説家。本名は島崎春樹。信州木曾の中山道馬籠(現在の岐阜県中津川市馬籠)生まれ。 『文学界』に参加し、ロマン主義詩人として『若菜集』などを出版。その後、小説に転じ、『破戒』『春』などで代表的な自然主義作家となりました。

    『破戒』は、1906年に自費出版した長編小説。被差別部落出身の小学校教師がその出生に苦しみ、告白するまでを描きます。藤村が小説に転向した最初の作品で、日本自然主義文学の先陣を切りました。夏目漱石は、『破戒』を「明治の小説としては後世に伝ふべき名篇也」と評価しました。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/26

    • 1
    • 0
  • 28
    Loading

    月と六ペンス/モーム

    新潮文庫

    ウィリアム・サマセット・モーム(William Somerset Maugham、1874年1月25日 - 1965年12月16日)は、イギリスの小説家、劇作家。フランス、パリ生まれ。1919年に『月と六ペンス』で注目され、人気作家となりました。ロシア革命時は、イギリス情報局秘密情報部に所属した情報工作員でした。 作品は平明な文体と巧妙な筋書きで、面白い作品こそが自らの文学であると表明、そのため通俗作家と評されてきました。

    『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence)は、1919年に出版された小説。画家のポール・ゴーギャンをモデルに、絵を描くために安定した生活を捨て、死後に名声を得た人物の生涯を、友人の一人称という視点で書かれています。この小説を書くにあたり、モームは実際にタヒチへ行き、ゴーギャンの絵が描かれたガラスパネルを手に入れたといいます。新潮文庫(1959年初版)の訳者中野好夫氏の解説によると、タイトルの「月」は夢を、「六ペンス」は現実を意味するとされます。

    • いいね!

      26がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/29

    • 1
    • 4
  • 29
    Loading

    遠野物語/柳田国男

    新潮文庫

    柳田国男(1875年7月31日 - 1962年8月8日)は、民俗学者、官僚で、明治憲法下で農務官僚、貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官などを務めました。「日本人とは何か」その答えを求め、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行し、『遠野物語』などを著しました。日本民俗学の開拓者で、多数の著作は今日まで重版され続けています。

    『遠野物語』は、1910年に発表した、岩手県遠野地方に伝わる逸話、伝承などを記した説話集です。遠野地方の土淵村出身の民話蒐集家であり小説家でもあった佐々木喜善より語られた、遠野地方に伝わる伝承を柳田が筆記・編纂する形で出版され、『後狩詞記』(1909年)、『石神問答』(1910年)とならぶ柳田の初期三部作の一作。日本の民俗学の先駆けとも称される作品です。

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/30

    • 1
    • 0
  • 30
    Loading

    ワインズバーグ・オハイオ/アンダスン

    新潮文庫

    シャーウッド・アンダーソン(Sherwood Anderson, 1876年9月13日-1941年3月8日)は、アメリカの作家。1919年、オハイオ州の小さな田舎町を舞台にした短編集『ワインズバーグ・オハイオ』が評判を呼び、一躍有名作家となりました。アメリカ的な土着性とヨーロッパ的モダニズムとの複合を試みた作品がアメリカ文学史上に占める位置は大きく、ウィリアム・フォークナーはアンダーソンについて「我々の世代のあらゆる作家の父親である」といった発言をしています。アンダーソンの影響を受けた作家としては、フォークナーのほかに、アーネスト・ヘミングウェイ、ジョン・スタインベック、レイモンド・カーヴァーなどが挙げられます。

    『ワインズバーグ・オハイオ』(Winesburg, Ohio)は、オハイオ州のワインズバーグという架空の町を舞台にした22編の短編からなります。それぞれは独立した短編作品ですが、登場人物が他の物語に再登場する相互リンクの要素があり、多くの作品に登場する青年、ジョージ・ウィラードが作品集全体の主人公格です。

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/2

    • 1
    • 0
  • File
    2018/4/27

    ace

    期待😆✨

    返信する
    • File
      2018/4/27

      ts-r32

      ありがとうございます😊
      連休前半には、アップ・・・できるかなあ^_^;

      返信する
    • File
      2018/4/27

      ace

      ゆっくりどうぞ!😆

      返信する