みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

LP RECORD

1950年代~1980年代のロック、ジャズ、クロスオーバーなど

  • Loading

    Please Please Me / The Beatles

  • Loading

    With The Beatles / The Beatles

  • Loading

    A Hard Day's Night / The Beatles

  • Loading

    Beatles For Sale / The Beatles

  • Loading

    Help! / The Beatles

  • Loading

    Rubber Soul / The Beatles

  • Loading

    Revolver / The Beatles

  • Loading

    Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The Beatles

  • Loading

    Magical Mystery Tour / The Beatles

  • Loading

    The Beatles / The Beatles

  • Loading

    Abbey Road / The Beatles

  • Loading

    Let It Be / The Beatles

  • Loading

    Let It Be / The Beatles

  • Loading

    Hey Jude / The Beatles

  • Loading

    The Beatles at the Hollywood Bowl / The Beatles

  • Loading

    Sweden 1963 / The Beatles

  • Loading

    Red Rose Speedway / Paul McCartney & Wings

  • Loading

    Band on the Run / Paul McCartney & Wings

  • Loading

    Wings at the Speed of Sound / Paul McCartney & Wings

  • Loading

    Tug of War / Paul McCartney

  • Loading

    Living in the Material World / George Harrison

  • Loading

    Tattoo You / The Rolling Stones

  • Loading

    Stevie Wonder Original Musiquarium I / Stevie Wonder

  • Loading

    Glass Houses / Billy Joel

  • Loading

    Aja / Steely Dan

  • Loading

    Here and There / Elton John

  • Loading

    The Young Persons’ Guide to King Crimson / King Crimson

  • Loading

    Discipline / King Crimson

  • Loading

    Fair Warning / Van Halen

  • Loading

    Night Owl / Gerry Rafferty

  • 1
    Loading

    Please Please Me / The Beatles

    Side one
    1.I Saw Her Standing There
    2.Misery
    3.Anna
    4.Chains
    5.Boys
    6.Ask Me Why
    7.Please Please Me
    Side two
    1.Love Me Do
    2.P.S. I Love You
    3.Baby It's You
    4.Do You Want to Know a Secret
    5.A Taste of Honey
    6.There's a Place
    7.Twist and Shout
    Recording Year:1963

    ビートルズ・最初のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。
    セカンドシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」がヒットしたので、急遽制作されることとなりました。当初はキャバーン・クラブで観客を前にしたライヴ録音を計画しましたが、キャバーン・クラブが録音環境としては良い環境ではなかったので、EMI・レコーディング・スタジオ(現:アビー・ロード・スタジオ)でレコーディングを行ない、1日でアルバムを完成させました。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 2
    Loading

    With The Beatles / The Beatles

    Side one
    1.It Won't Be Long
    2.All I've Got to Do
    3.All My Loving
    4.Don't Bother Me
    5.Little Child
    6.Till There Was You
    7.Please Mister Postman
    Side two
    1.Roll Over Beethoven
    2.Hold Me Tight
    3.You Really Got a Hold on Me
    4.I Wanna Be Your Man
    5.Devil in Her Heart
    6.Not a Second Time
    7.Money (That's What I Want)
    Recording Year:1963

    ビートルズ2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。
    8曲が自作曲で6曲がカヴァー。ほとんどがモータウンとR&B。先行シングル曲を収録せず、すべてアルバム用に曲を用意しています。
    ジャケットは白黒写真で、彼らの顔に片側からライトを当てて、光の当たらない側半分を影にして撮影するという当時としては画期的なハーフ・シャドウという手法が用いられました。

    https://youtu.be/uyAAHpkJMc4

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 3
    Loading

    A Hard Day's Night / The Beatles

    Side one
    1.A Hard Day's Night
    2.I Should Have Known Better
    3.If I Fell
    4.I'm Happy Just to Dance with You
    5.And I Love Her
    6.Tell Me Why
    7.Can't Buy Me Love
    Side two
    1.Any Time at All
    2.I'll Cry Instead
    3.Things We Said Today
    4.When I Get Home
    5.You Can't Do That
    6.I'll Be Back
    Recording Year:1964

    ビートルズの3作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」のサントラ盤でもあります。
    ビートルズのオリジナルアルバムとして初の全曲オリジナル、かつ唯一の全曲レノン=マッカートニーによるオリジナル曲で構成されたアルバムです。
    旧日本語タイトルである「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」は、映画評論家の水野晴郎が、ユナイト映画社員時代に名付けたものでしたが、あまりにもオリジナル・タイトルとかけ離れていたため定着しませんでした。

    https://youtu.be/TWbiVqlSMgc

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    Beatles For Sale / The Beatles

    Side one
    1.No Reply
    2.I'm a Loser
    3.Baby's in Black
    4.Rock and Roll Music
    5.I'll Follow the Sun
    6.Mr. Moonlight
    7.Kansas City/Hey, Hey, Hey, Hey
    Side two
    1.Eight Days a Week
    2.Words of Love
    3.Honey Don't
    4.Every Little Thing
    5.I Don't Want to Spoil the Party
    6.What You're Doing
    7.Everybody's Trying to Be My Baby
    Recording Year:1964

    ビートルズの4作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。
    アルバム・タイトルは「ビートルズ売り出し中」で、クリスマスセールに引っ掛けたもの。
    いかに多作のレノン=マッカートニーでも、クリスマスに間に合うように、自分たちの新曲だけでアルバムを作ることはできず、6曲のカヴァーが入っています。これは最初の2枚のアルバムと同じ構成でした。
    ジャケット・デザインは少し暗く大人しい雰囲気で、笑わずに憂いを帯びた表情の4人を秋のロンドン・ハイドパークで撮ったものです。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    Help! / The Beatles

    Side one
    1.Help!
    2.The Night Before
    3.You've Got to Hide Your Love Away
    4.I Need You
    5.Another Girl
    6.You're Going to Lose That Girl
    7.Ticket to Ride
    Side two
    1.Act Naturally
    2.It's Only Love
    3.You Like Me Too Much
    4.Tell Me What You See
    5.I've Just Seen a Face
    6.Yesterday
    7.Dizzy Miss Lizzy
    Recording Year:1965

    ビートルズの5作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムであり、また2作目となる映画「ヘルプ!4人はアイドル」のサウンド・トラック盤でもあります。
    A面には映画の収録曲、B面には新しくレコーディングされたナンバーが収録されています。

    https://youtu.be/n_GOaRaTaJo

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    Rubber Soul / The Beatles

    Side one
    1.Drive My Car
    2.Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
    3.You Won't See Me
    4.Nowhere Man
    5.Think for Yourself
    6.The Word
    7.Michelle
    Side two
    1.What Goes On
    2.Girl
    3.I'm Looking Through You
    4.In My Life
    5.Wait
    6.If I Needed Someone
    7.Run for Your Life
    Recording Year:1965

    ビートルズの6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。
    「Norwegian Wood」ではシタールを、「Michelle」、「Girl」ではギリシャ風のギター・ラインを、「Think for Yourself」でファズ・ベースを、「In My Life」ではバロック音楽風のピアノ・ソロを使用するなどして、従来の枠に捉われたロック・バンドから抜け出したアルバムを作り上げています。ビートルズが音楽表現の幅を拡げていく嚆矢となったアルバムです。

    https://youtu.be/ybrxCqbfVvQ

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 6
  • 7
    Loading

    Revolver / The Beatles

    Side one
    1.Taxman
    2.Eleanor Rigby
    3.I'm Only Sleeping
    4.Love You To
    5.Here, There and Everywhere
    6.Yellow Submarine
    7.She Said She Said
    Side two
    1.Good Day Sunshine
    2.And Your Bird Can Sing
    3.For No One
    4.Doctor Robert
    5.I Want to Tell You
    6.Got to Get You into My Life
    7.Tomorrow Never Knows
    Recording Year:1966

    ビートルズの7作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。
    全英、全米ともにチャートの1位を獲得。
    「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」と共に、サイケデリックなアルバムと評されています。初めてジョージ・ハリスンの自作曲が3曲収録されました、
    当時の技術的限界で、コンサートでは再現できない曲が多く、このアルバムの曲がコンサートで演奏されることはありませんでした。ライヴ・バンドからレコーディング・バンドへの過渡期の作品と言えます。ひとつの音源を微妙にずらして重ねるArtificial Double Tracking(=ADT)という技術が初めて導入された、ロック史の中でも重要な一枚でもあります。
    ジャケット・デザインは、ハンブルク時代の友人クラウス・フォアマンによるもので、4人の写真を切り張りした上に4人の絵を書き込んでいます。このジャケットは、現在でも多くのアーティストがオマージュしています。
    アルバムタイトルは、「レコードは何をする?」「回転する!」「Great!(いいね!)」というメンバーのやり取りから「リボルバー」となりました。

    https://youtu.be/3Z9cnZkqWvU

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 8
    Loading

    Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The Beatles

    Side one
    1.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
    2.With a Little Help from My Friends
    3.Lucy in the Sky with Diamonds
    4.Getting Better
    5.Fixing a Hole
    6.She's Leaving Home
    7.Being for the Benefit of Mr. Kite!
    Side two
    1.Within You Without You
    2.When I'm Sixty-Four
    3.Lovely Rita"
    4.Good Morning Good Morning
    5.Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
    6.A Day in the Life
    Recording Year:1967

    ビートルズ8作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。1967年のグラミー賞で最優秀アルバム賞ほか4部門を獲得。
    このアルバムは「世界初のコンセプト・アルバム」といわれています。アルバムを架空のブラス・バンド「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のショウに仕立てるというもので、オープニングにバンドのテーマ曲で始まり、最後にテーマ曲がもう一度演奏された後、アンコールの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」で幕を閉じるという構成です。
    ジャケットに登場する人物
    全員、列挙すると長くなるので、その一部を紹介。
    レニー・ブルース(コメディアン)、エドガー・アラン・ポー(作家)、フレッド・アステア(俳優)、ボブ・ディラン(歌手)、オルダス・ハクスリー(作家)、トニー・カーティス(俳優)、マリリン・モンロー(女優)、カール・マルクス(哲学者)、H・G・ウェルズ(作家)、ジークムント・フロイト(精神科医)、スチュアート・サトクリフ(元ビートルズ)、マーロン・ブランド(俳優)、オスカー・ワイルド(作家)、タイロン・パワー(俳優)、ジョニー・ワイズミュラー(ターザン俳優)、ジョージ・バーナード・ショー(劇作家)、ルイス・キャロル(作家)、トーマス・エドワード・ロレンス(アラビアのロレンス)、アルベルト・アインシュタイン(物理学者)、マレーネ・ディートリヒ(女優・歌手)、シャーリー・テンプル(子役女優)
    このジャケットからも「アビーロード」のジャケットと同様に、ポール・マッカートニー死亡説が流布されましたね。曰く、左利きのベースの形の花飾り(ジャケット表)、ポールだけ後ろ向き(ジャケット裏)。
    Lucy in the Sky with Diamondsは、L.S.D.を連想させるとしてBBCで放送禁止に。
    A Day in the Lifeは、ジョンとポールのそれぞれ未完成の曲をあのオーケストレーションの高鳴りの前後で繋げて作られたというエピソードも。

    https://youtu.be/usNsCeOV4GM

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 2
  • 9
    Loading

    Magical Mystery Tour / The Beatles

    Side one: Film soundtrack
    1.Magical Mystery Tour
    2.The Fool on the Hill
    3.Flying
    4.Blue Jay Way
    5.Your Mother Should Know
    6.I Am the Walrus
    Side two: 1967 singles
    1.Hello, Goodbye
    2.Strawberry Fields Forever
    3.Penny Lane
    4.Baby, You're a Rich Man
    5.All You Need Is Love
    Recording Year:1967

    テレビ映画用サウンドトラック。
    マネージャーのブライアン・エプスタインの死去後、初めてビートルズが自分たちで取り組んだプロジェクトでした。様々な普通の人々が観光バスに乗りみ、マジカルな冒険をするというコンセプトでプロの映画監督無しという状況で撮影されましたが、エプスタインの判断が無い結果として無秩序な映画制作となりました。
    米キャピトル・レコードはA面にサウンド・トラック6曲を、B面にシングル盤既発売曲の5曲を入れたコンピレーション・アルバムを、リリースしました。
    イギリス盤公式オリジナル・アルバムと同等に扱われ、2009年のデジタル・リマスター盤においては、アメリカでの発売日に基づき、9作目のオリジナル・アルバムの位置に順番付けられました。

    https://youtu.be/S-rB0pHI9fU

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 10
    Loading

    The Beatles / The Beatles

    Part 1
    Side one
    1.Back in the U.S.S.R.
    2.Dear Prudence
    3.Glass Onion
    4.Ob-La-Di, Ob-La-Da
    5.Wild Honey Pie
    6.The Continuing Story of Bungalow Bill
    7.While My Guitar Gently Weeps
    8.Happiness Is a Warm Gun
    Side two
    9.Martha My Dear
    10.I'm So Tired
    11.Blackbird
    12.Piggies
    13.Rocky Raccoon
    14.Don't Pass Me By
    15.Why Don't We Do It in the Road?
    16.I Will
    17.Julia
    Part 2
    Side one
    1.Birthday
    2.Yer Blues
    3.Mother Nature's Son
    4.Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey
    5.Sexy Sadie
    6.Helter Skelter
    7.Long, Long, Long
    Side two
    8.Revolution 1
    9.Honey Pie
    10.Savoy Truffle
    11.Cry Baby Cry
    12.Revolution 9
    13.Good Night
    Recording Year:1968

    ビートルズの9作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム。(アメリカ・キャピトルレコードの「マジカル・ミステリー・ツアー」が、2009年にリリースされたデジタルリマスター盤で発売日順に従い9作目に順番付けられ、これにより現在は10作目とされています。)
    ビートルズ唯一の2枚組オリジナルアルバムで、ビートルズ自身が設立したアップル・レコードから発売された最初のビートルズのアルバム。アルバムジャケットは白一色で、「ホワイト・アルバム」という俗称で呼ばれています。
    2枚組30曲入りというヴォリュームで多種多様な楽曲が収録されており、現代音楽の全ての要素が詰まっていると評されるほどです。
    このレコーディングの途中から8トラック・レコーダーが導入されたことにより、4人が同時に演奏する必要が無くなり、メンバーが個別にレコーディングしたものが多くなります。ジョージ・ハリスンの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」にはエリック・クラプトンがリードギターで参加しています。

    https://youtu.be/EJ2Pj04z7pc

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 2
  • 11
    Loading

    Abbey Road / The Beatles

    Side one
    1.Come Together
    2.Something
    3.Maxwell's Silver Hammer
    4.Oh! Darling
    5.Octopus's Garden
    6.I Want You (She's So Heavy)
    Side two
    1.Here Comes the Sun
    2.Because
    3.You Never Give Me Your Money
    4.Sun King
    5.Mean Mr. Mustard
    6.Polythene Pam
    7.She Came In Through the Bathroom Window
    8.Golden Slumbers
    9.Carry That Weight
    10.The End
    11.Her Majesty
    Recording Year:1969

    ビートルズのイギリス盤公式オリジナル・アルバムとしては11作目。
    ビートルズ解散が危惧される状況のなか制作されたアルバム。
    B面の大部分を占めるメドレーへの評価は非常に高いのですが、ジョンは「A面は良いけどB面はちょっとね。あれはジャンクを集めただけだと思うよ」と述べているのに対し、ポールとリンゴは「B面のメドレーは僕らの最高傑作のひとつ」と発言しています。
    ロンドン・EMIスタジオ前の横断歩道で撮影されたジャケット写真は、レコードジャケット史上最も有名なものの一つです。
    この横断歩道は人気の観光スポットとなっており、世界中から多くのビートルズ・ファンなどが訪れる場所となり、その文化的背景から景観の保存が検討され、横断歩道を英国政府が2010年に英国の文化的・歴史的遺産に指定しています。私もご多分に漏れず、学生時代にここで記念撮影をしました(^^)
    このジャケット写真で、「ポール死亡説」の根拠になっているのは、ポールだけ裸足で足の前後が他のメンバーと逆、左利きなのにタバコを右手に持っている、フォルクスワーゲンのナンバープレートが「28IF」で、「もしポールが生きていれば28歳」など。このフォルクスワーゲンは1980年代に行われたサザビーズのオークションで5000ポンドで落札され、当時のロックンロールコレクション相場では異例の高価格でした。

    https://youtu.be/kXqlRIBl-9A

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    Let It Be / The Beatles

    Side one
    1.Two of Us
    2.Dig a Pony
    3.Across the Universe
    4.I Me Mine
    5.Dig It
    6.Let It Be
    7.Maggie Mae
    Side two
    1.I've Got a Feeling
    2.One After 909
    3.The Long and Winding Road
    4.For You Blue
    5.Get Back
    Recording Year:1970

    ビートルズの13作目にして同バンドが活動中に最後に発表されたオリジナル・アルバム。イギリス盤公式オリジナル・アルバムとしては12作目。
    映画「レット・イット・ビー」のサウンドトラック・アルバムとされていますが、実際に映画に使われたものと同じテイクを収録したものは、「トゥ・オブ・アス」、「ディグ・ア・ポニー」、「ディグ・イット」、「アイヴ・ガッタ・フィーリング」、「ワン・アフター・909」と全12曲中の5曲のみです。
    「アビイ・ロード」が制作される前に行われた、いわゆる「ゲット・バック・セッション」のレコーディングを基にして制作がなされているいきさつから、「アビイ・ロード」がラスト・アルバムとされていました。1990年代に入りビートルズのレコーディング記録の詳細が公にされたことによって、1970年1月にも「ゲット・バック・セッション」は続けられ、かつ3月~4月にフィル・スペクターによって再制作されたことが判明したため「レット・イット・ビー」がビートルズのラスト・アルバムであることが明らかになりました。
    ビートルズのオリジナル・アルバムでは唯一、リンゴ・スターがリード・ヴォーカルをとった楽曲がありません。

    https://youtu.be/3u05B_mUgQU

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 13
    Loading

    Let It Be / The Beatles

    Side one
    1.Two of Us
    2.Dig a Pony
    3.Across the Universe
    4.I Me Mine
    5.Dig It
    6.Let It Be
    7.Maggie Mae
    Side two
    1.I've Got a Feeling
    2.One After 909
    3.The Long and Winding Road
    4.For You Blue
    5.Get Back
    Recording Year:1970

    東芝EMI盤と輸入盤はジャケットが微妙に違います。
    また、レコードラベルのりんごは、東芝EMI盤は青りんご、輸入盤は赤りんごです。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 14
    Loading

    Hey Jude / The Beatles

    Side one
    1.Can't Buy Me Love
    2.I Should Have Known Better
    3.Paperback Writer
    4.Rain
    5.Lady Madonna
    6.Revolution
    Side two
    7.Hey Jude
    8.Old Brown Shoe
    9.Don't Let Me Down
    10.The Ballad of John and Yoko
    Released Year:1970

    1970年にアメリカで発売されたビートルズのコンピレーション・アルバム。
    1967年リリースの「マジカル・ミステリー・ツアー」以来、約3年ぶりに米キャピトル・レコードが企画し、発売延期を繰り返していたアルバム「レット・イット・ビー」発売前の穴埋めとして発売され、イギリスでも当時のEMIの輸入盤史上、最高の売り上げを記録するヒットとなりました。
    ジャケット写真はビートルズ最後のフォト・セッションとなった1969年8月に、ジョン・レノンの新居で撮影されました。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    The Beatles at the Hollywood Bowl / The Beatles

    Side one
    1.Twist and Shout
    2.She's a Woman
    3.Dizzy Miss Lizzy
    4.Ticket to Ride
    5.Can't Buy Me Love
    6.Things We Said Today
    7.Roll Over Beethoven
    Side two
    8.Boys
    9.A Hard Day's Night
    10.Help!
    11.All My Loving
    12.She Loves You
    13.Long Tall Sally
    Recording Year:1964,1965

    1977年にリリースされたビートルズ唯一の公式ライヴ・アルバムで、1964年8月23日と1965年8月30日にロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行われたライブ演奏を収録したアルバムです。
    当初は録音状態があまりにも悪かったため、リリースには至りませんでしたが、約10年を経てジョージ・マーティンがリプロデュース。マーティンは3トラックテープをマルチトラックに移し、両日のベスト・トラックを選び出してリミックス、フィルタリングを施してサウンドを整えました。

    https://youtu.be/72uzbq_N9WI

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 16
    Loading

    Sweden 1963 / The Beatles

    SIDE A
    SWEDEN
    1.I Saw Her Standing There
    2.From Me To You
    3.Money
    4.Roll Over Beethoven
    5.You Really Got A Hold On Me
    6.She Loves You
    7.Twist & Shout
    SIDE B
    WASHINGTON
    8.Till There Was You
    9.I Want To Hold Your Hand
    BBC CONCERT
    10.Roll Over Beethoven
    11.All My Loving
    12.I Wanna Be Your Man
    13.From Us To Tou
    Recording Year:1963

    13曲目「フロム・アス・トゥ・ユー」は、「ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC」にこのタイトルで収録されています。ビートルズがレギュラーのラジオ番組「フロム・アス・トゥ・ユー」のために書き下したもの。「フロム・ミー・トゥ・ユー」とはメロディーは同じで、歌詞の「me」が「us」に、「I」が「we」になっています。

    https://youtu.be/YbwyWTDfJkk

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 17
    Loading

    Red Rose Speedway / Paul McCartney & Wings

    Side one
    1.Big Barn Bed
    2.My Love
    3.Get on the Right Thing
    4.One More Kiss
    5.Little Lamb Dragonfly
    Side two
    6.Single Pigeon
    7.When the Night
    8.Loup (1st Indian on the Moon)
    9.Medley: Hold Me Tight/Lazy Dynamite/Hands of Love/Power Cut
    Recording Year:1973

    ビートルズ解散後のポール・マッカートニーが、妻リンダやデニー・レインらとともに結成したバンド、ウイングスの2作目のアルバム。
    ビルボードのアルバムチャートでは、同時期に発売されたジョージ・ハリスンのアルバム「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」とともに元ビートルズのメンバーによるアルバム同士で首位争いを繰り広げました。
    マッカートニーが妻リンダに向けて書いたラヴ・ソング「マイ・ラヴ」は、シングルとして発表され、全米で4週間に渡って首位を獲得しました。

    https://youtu.be/vx5QxoWCG-I

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 18
    Loading

    Band on the Run / Paul McCartney & Wings

    Side one
    1.Band on the Run
    2.Jet
    3.Bluebird
    4.Mrs. Vandebilt
    5.Let Me Roll It
    Side two
    6.Mamunia
    7.No Words
    8.Picasso's Last Words (Drink to Me)
    9.Nineteen Hundred and Eighty-Five
    Recording Year:1973

    ビートルズ解散後のポールのアルバムとしては5作目。ウイングス(ポール・マッカートニー&ウイングス名義を含む)名義では3作目。全英・全米とも1位になり大ヒットを記録しました。
    ポール・マッカートニーのソロ/ウイングスの最高傑作に挙げられることが多いようです。発表当時、反目していたと言われるジョン・レノンも絶賛した作品。
    ジャケット写真は、ポール、リンダ、デニーの他6名の有名人が囚人服を着て脱獄しようとしているところを刑務所のサーチライトで照らされているという設定。
    マイケル・パーキンソン(トークショーの司会者、ジャーナリスト)
    ケニー・リンチ(俳優、コメディアン、歌手)
    ジェームズ・コバーン(俳優)
    クレメント・フロイト(コラムニスト、グルメ、座談家、国会議員、ジークムント・フロイトの孫)
    クリストファー・リー(俳優)
    ジョン・コンテ(リヴァプール出身のライト・ヘヴィー級世界チャンピオン・ボクサー)

    https://youtu.be/uc-7G2OSsBY

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    Wings at the Speed of Sound / Paul McCartney & Wings

    Side one
    1.Let ’Em In
    2.The Note You Never Wrote
    3.She’s My Baby
    4.Beware My Love
    5.Wino Junko
    Side two
    6.Silly Love Songs
    7.Cook of the House
    8.Time to Hide
    9.Must Do Something About It
    10.San Ferry Anne
    11.Warm and Beautiful
    Recording Year:1976

    https://youtu.be/wh15LOppcWQ

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 20
    Loading

    Tug of War / Paul McCartney

    Side one
    1.Tug of War
    2.Take It Away
    3.Somebody Who Cares
    4.What's That You're Doing? (Duet with Stevie Wonder)
    5.Here Today
    Side two
    6.Ballroom Dancing
    7.The Pound Is Sinking
    8.Wanderlust
    9.Get It" (Duet with Carl Perkins)
    10.Be What You See (Link)
    11.Dress Me Up as a Robber
    12.Ebony and Ivory (Duet with Stevie Wonder)
    Recording Year:1982

    https://youtu.be/CmALA8miQY8

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 21
    Loading

    Living in the Material World / George Harrison

    Side one
    1.Give Me Love (Give Me Peace on Earth)
    2.Sue Me, Sue You Blues
    3.The Light That Has Lighted the World
    4.Don't Let Me Wait Too Long
    5.Who Can See It
    6.Living in the Material World
    Side two
    7.The Lord Loves the One (That Loves the Lord)
    8.Be Here Now
    9.Try Some, Buy Some
    10.The Day the World Gets 'Round
    11.That Is All
    Recording Year:1973

    アルバムのタイトルおよび物質主義に対する自身の考え方を補強するかのように、ジョージは本作の11曲のうち9曲と、アルバム未収録のシングルB面曲「Miss O’Dell」の著作権を、自身が立ち上げた<マテリアル・ワールド・チャリタブル基金>に寄贈しました。 このチャリティ基金は、バングラデシュ難民救援活動を妨げた税務問題に対処するためと、彼が選んだ他の慈善団体を支援するために設立されたものです。

    https://youtu.be/QN_Puxe8DM8

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 3
  • 22
    Loading

    Tattoo You / The Rolling Stones

    Side one
    1.Start Me Up
    2.Hang Fire
    3.Slave
    4.Little T&A
    5.Black Limousine
    6.Neighbours
    Side two
    7.Worried About You
    8.Tops
    9.Heaven
    10.No Use in Crying
    11.Waiting on a Friend
    Recording Year:1981

    ツアーに間に合わせるべく新アルバムの制作に迫られたストーンズでしたが、当時ミック・ジャガーとキース・リチャーズの仲が上手くいかず、曲作りが全く進みませんでした。そこで、クリス・キムゼイはストーンズがこれまで残してきた膨大なアウトテイクを調べ上げ、未完成のベーシックトラックにオーバーダブを施していくという手法を選択しました。本作に収録された曲のほとんどは、過去の作品からのアウトテイクを元に制作したもので、純粋な新曲は「ネイバース」と「ヘヴン」の2曲のみ。
    オーバーダブに参加したゲスト・ミュージシャンには、ザ・フーのピート・タウンゼントや、ジャズ・サックス奏者のソニー・ロリンズがいました。ロリンズの参加は、ミック・ジャガーがジャズ界のサックス奏者を起用したく、ジャズ通のチャーリー・ワッツに誰がいいか相談して決めたもの。ワッツ本人は「絶対来るはずがない」と思いつつロリンズの名前を出したが、数日後スタジオにそのロリンズが来ているのを見た時には思わず感嘆の声を上げ、「改めてミック・ジャガーのすごさに感心した」と振り返っています。

    https://youtu.be/Z5mpMwSAQko

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 2
  • 23
    Loading

    Stevie Wonder Original Musiquarium I / Stevie Wonder

    Side one
    1.Superstition
    2.You Haven't Done Nothin'
    3.Living for the City
    4.Front Line
    Side two
    1.Superwoman (Where Were You When I Needed You)
    2.Send One Your Love
    3.You Are the Sunshine of My Life
    4.Ribbon in the Sky
    Side three
    1.Higher Ground
    2.Sir Duke
    3.Master Blaster (Jammin')
    4.Boogie On Reggae Woman
    5.That Girl
    Side four
    1.I Wish
    2.Isn't She Lovely
    3.Do I Do
    Recording Year:1982

    1982年に発表されたスティーヴィー・ワンダーのベスト・アルバム。
    セルフ・プロデュースをするようになった1971年以降の作品から選曲されている他、「Front Line」、「Ribbon in the Sky」、「That Girl」「Do I Do」の4曲が書き下ろされました。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 24
    Loading

    Glass Houses / Billy Joel

    Side one
    1.You May Be Right
    2.Sometimes a Fantasy
    3.Don't Ask Me Why
    4.It's Still Rock and Roll to Me
    5.All for Leyna
    Side two
    6.I Don't Want to Be Alone
    7.Sleeping with the Television On
    8.C'était Toi (You Were the One)
    9.Close to the Borderline
    10.Through the Long Night
    Recording Year:1980

    1980年に発表した通算7作目のアルバム。全米アルバム・チャートで6週連続1位。
    レギュラー・バンドによる演奏を前面に出していて、ロック色の強い内容。
    ジャケット写真で、石を持ったビリーが狙っている家は、ビリーが一時所有していた邸宅。

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 5
  • 25
    Loading

    Aja / Steely Dan

    Side one
    1.Black Cow
    2.Aja
    3.Deacon Blues
    Side two
    4.Peg
    5.Home at Last
    6.I Got the News
    7.Josie
    Recording Year:1977

    タイトル曲のAjaでのウェイン・ショーターとスティーヴ・ガッドのソロがカッコいい!

    https://youtu.be/fG2seugAgnU

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 26
    Loading

    Here and There / Elton John

    Side one - "Here"
    1.Skyline Pigeon
    2.Border Song
    3.Honky Cat
    4.Love Song (with Lesley Duncan)
    5.Crocodile Rock
    Side two - "There"
    1.Funeral for a Friend / Love Lies Bleeding
    2.Rocket Man (I Think It's Going to Be a Long, Long Time)
    3.Bennie and the Jets
    4.Take Me to the Pilot
    Released Year:1976

    1974年5月18日のロンドン、ロイヤル・フェスティバル・ホールでのオーケストラとの競演ライヴ5曲と、同年11月28日のマディソン・スクエア・ガーデンでのライヴ4曲収録

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 27
    Loading

    The Young Persons’ Guide to King Crimson / King Crimson

    Side 1
    1.Epitaph
    2.Cadence and Cascade
    3.Ladies of the Road
    4.I Talk to the Wind
    Side 2
    1.Red
    2.Starless
    Side 3
    1.The Night Watch
    2.Book of Saturday
    3.Peace: A Theme
    4.Cat Food
    5.Groon
    6.Coda from Larks' Tongues in Aspic (Part I)
    Side 4
    1.Moonchild
    2.Trio
    3.The Court of the Crimson King
    Recording Year:1975

    1976年にキング・クリムゾン初のベスト盤としてリリースされました。
    幻想的で、ちょっと不気味なジャケットがよいです。
    当時のロバート・フリップの美意識を反映したこのアルバムは、単なるベストものにとどまらない秀作ではないでしょうか?

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 28
    Loading

    Discipline / King Crimson

    Side A
    1.Elephant Talk
    2.Frame by Frame
    3.Matte Kudasai
    4.Indiscipline
    Side B
    5.Thela Hun Ginjeet
    6.The Sheltering Sky
    7.Discipline
    Recording Year:1981

    1981年4月、イギリスのモールズ・クラブでプレス向けの初ライブを行いましたが、この時のバンド名はディシプリン。間もなく商業的な理由からキング・クリムゾンに改名。サウンドにアフリカの民族音楽を基調としたポリリズムや、当時流行の兆しを見せていたディスコサウンドを導入するなど、以前とは様変わりしたスタイルは賛否両論。さらに、それまでの歌詞に見られた文学的な世界観が消失したこと、ステージパフォーマンスがアクティブなものになったことなどへの否定的な見解も。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 29
    Loading

    Fair Warning / Van Halen

    Side one
    1.Mean Street
    2.Dirty Movies
    3.Sinner's Swing!
    4.Hear About It Later"
    Side two
    5.Unchained"
    6.Push Comes to Shove
    7.So This Is Love?
    8.Sunday Afternoon in the Park
    9.One Foot Out the Door
    Recording Year:1981

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 4
  • 30
    Loading

    Night Owl / Gerry Rafferty

    Side One
    1.Days Gone Down (Still Got the Light in Your Eyes)
    2.Night Owl
    3.The Way That You Do It
    4.Why Won't You Talk To Me?
    5.Get It Right Next Time
    Side Two
    6.Take the Money and Run
    7.Family Tree
    8.Already Gone
    9.The Tourist
    10.It's Gonna Be a Long Night
    Recording Year:1979

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0