みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

1969年発売のアルバム

60年代から70年代へ時代が移り変わっていく中で、いろんな音楽が凝縮された濃い内容となった年だと思う。

  • File

    The Beatles / Abbey Road (No.14)

  • File

    Billy Preston / That's the Way God Planned It

  • File

    Booker T. & the MG's / Up Tight

  • File

    Booker T. & the MG's / The Booker T. Set

  • File

    Jackie Mittoo / Keep on Dancing

  • File

    Marvin Gaye・Tammi Terrell / Easy

  • File

    Diana Ross & the Supremes・The Temptations / Together

  • File

    Stevie Wonder / My Cherie Amour

  • File

    Isaac Hayes / Hot Buttered Soul

  • File

    Wilson Pickett / Hey Jude

  • File

    William Bell / Bound to Happen

  • File

    Bobby Womack / Fly Me to the Moon

  • File

    Mavis Staples / Mavis Staples

  • File

    Ike & Tina Turner / River Deep Mountain High

  • File

    The Sweet Inspirations / Sweets for My Sweet

  • File

    The Fantastic Four / Best of the Fantastic Four

  • File

    The Delfonics / The Sound of Sexy Soul

  • File

    Willie Mitchell / Soul Bag

  • File

    Ann Peebles / This Is Ann Peebles

  • File

    Don Bryant / Precious Soul

  • File

    Al Green / Green Is Blues

  • File

    Tyrone Davis / Can I Change My Mind

  • File

    Mel & Tim / Good Guys Only Win in the Movies

  • File

    Leon Thomas / Spirits Known and Unknown

  • File

    Miles Davis / In a Silent Way

  • File

    The Doors / The Soft Parade

  • File

    Santana / Santana (No.150)

  • File

    Sly & the Family Stone / Stand! (No.118)

  • File

    Janis Joplin / I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again Mama!

  • File

    It's a Beautiful Day / It's a Beautiful Day

  • File

    Johnny Winter / Johnny Winter

  • File

    Johnny Winter / Second Winter

  • File

    Albert King / Years Gone By

  • File

    Muddy Waters / Fathers and Sons

  • File

    Fleetwood Mac / The Pious Bird of Good Omen

  • File

    Fleetwood Mac / Then Play On

  • File

    Led Zeppelin / Led Zeppelin (No.29)

  • File

    Led Zeppelin / Led Zeppelin II (No.79)

  • File

    Humble Pie / As Safe as Yesterday Is

  • File

    Humble Pie / Town and Country

  • File

    Jeff Beck / Beck-Ola

  • File

    Traffic / Last Exit

  • File

    Mott the Hoople / Mott the Hoople

  • File

    The Who / Tommy (No. 96)

  • File

    The Kinks / Arthur (Or the Decline and Fall of the British Empire)

  • File

    The Hollies / Hollies Sing Dylan

  • File

    The Hollies / Hollies Sing Hollies

  • File

    Blind Faith / Blind Faith

  • File

    Deep Purple / Deep Purple

  • File

    Michael Bloomfield / It's Not Killing Me

  • File

    The Allman Brothers Band / The Allman Brothers Band

  • File

    Grand Funk Railroad / On Time

  • File

    Grand Funk Railroad / Grand Funk

  • File

    Grateful Dead / Aoxomoxoa

  • File

    Creedence Clearwater Revival / Bayou Country

  • File

    Creedence Clearwater Revival / Green River (No.95)

  • File

    Creedence Clearwater Revival / Willy and the Poor Boys (No.392)

  • File

    Neil Young with Crazy Horse / Everybody Knows This Is Nowhere (No.208)

  • File

    Crosby, Stills & Nash / Crosby, Stills & Nash (No.259)

  • File

    Joni Mitchell / Clouds

  • File

    Laura Nyro / New York Tendaberry

  • File

    Bee Gees / Odessa

  • File

    Cass Elliot / Bubble Gum, Lemonade & Something for Mama

  • File

    Linda Ronstadt / Hand Sown...Home Grown

  • File

    The Band / The Band (No.45)

  • File

    The City / Now That Everything's Been Said

  • File

    The Turtles / Turtle Soup

  • File

    Blood, Sweat & Tears / Blood, Sweat & Tears

  • File

    Chicago Transit Authority / Chicago Transit Authority

  • File

    Al Kooper / You Never Know Who Your Friends Are

  • File

    Harry Nilsson / Harry

  • File

    Leonard Cohen / Songs from a Room

  • File

    Roy Orbison / Roy Orbison's Many Moods

  • File

    Joe South / Games People Play

  • File

    Joe South / Don't It Make You Want to Go Home

  • File

    Area Code 615 / Area Code 615

  • File

    Bob Dylan / Nashville Skyline

  • File

    The Byrds / Dr. Byrds & Mr. Hyde

  • File

    The Byrds / Ballad of Easy Rider

  • File

    Dillard & Clark / Through the Morning, Through the Night

  • File

    The Flying Burrito Brothers / The Gilded Palace of Sin

  • File

    The Rolling Stones / Let It Bleed (No.32)

  • File

    Dusty Springfield / Dusty in Memphis (No.89)

  • File

    Boz Scaggs / Boz Scaggs

  • File

    Delaney & Bonnie / Accept No Substitute

  • File

    Delaney & Bonnie / Home

  • File

    Tony Joe White / Black and White

  • File

    Tony Joe White / ...Continued

  • File

    Dr. John / Babylon

  • File

    The Meters / The Meters

  • File

    The Velvet Underground / The Velvet Underground (No.314)

  • File

    The Stooges / The Stooges (No.185)

  • File

    David Bowie / Space Oddity

  • File

    Rod Stewart / An Old Raincoat Won't Ever Let You Down

  • File

    Status Quo / Spare Parts

  • File

    Georgie Fame / Seventh Son

  • File

    Soft Machine / Volume Two

  • File

    Kevin Ayers / Joy of a Toy

  • File

    Bert Jansch / Birthday Blues

  • File

    Nick Drake / Five Leaves Left (No.283)

  • File

    Pentangle / Basket of Light

  • File

    Fairport Convention / What We Did on Our Holidays

  • File

    Fairport Convention / Unhalfbricking

  • File

    Fairport Convention / Liege & Lief

  • File

    Matthews' Southern Comfort / Matthews' Southern Comfort

  • File

    Matthews Southern Comfort / Second Spring

  • 1
    File

    The Beatles / Abbey Road (No.14)

    (1969)
    ザ・ビートルズの事実上のラスト・アルバム。
    このアルバムでは4人で作ったというよりも、個々のクオリティの高い楽曲が入っている感じがする。中でも、ジョージの作った2曲が好きだ。優しく包まれている感じがする。この2曲を聴くために、このアルバムを聴く時もある。
    これも、聴いておきたいアルバム。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/8/17

    • 4
    • 2
    • 7
  • 2
    File

    Billy Preston / That's the Way God Planned It

    (1969)
    ビリー・プレストンのアップル・レコードでの1枚目のアルバム。ウェイン・シューラーがT-2,7,11を、残りの曲をジョージ・ハリスンがプロデュースを行った。
    エリック・クラプトン、ジョージ・ハリスンがギター、キース・リチャーズがベース、ジンジャー・ベイカーがドラムと、スーパー・バンドでの録音となった。
    シングルでリリースされた“That's the Way God Planned It (Parts 1 & 2)”は全英のチャートで11位のヒットとなり、他にボブ・ディランのカヴァー“She Belongs To Me”などを収録している。
    ゴスペルをルーツに持つプレストンらしい“Morning Star”は、プレストンのピアノにストリングスとコーラスが重なっていく、このアルバムのハイライトと言える曲。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/24

    • 4
    • 2
    • 7
  • 3
    File

    Booker T. & the MG's / Up Tight

    (1969)
    ロバート・ダウニーJr.の父親、ロバート・ダウニーSr.が作ったブラック・ムービー“Up Tight”のサウンド・トラック。プロデュースはブッカー・T・ジョーンズ。
    このアルバムからシングル・カットされた“Time Is Tight”は、ポップ・チャートで6位、R&Bチャートで7位となるヒットとなった。この曲は、昔聞いていたラジオ番組のオープニング曲で、その番組を聞いたことが音楽にはまるきっかけとなった思い出深い曲。いつ聴いてもワクワクする高揚感と、いろんな切ない感じが入り混じる複雑な曲でもある。

    《songlist》
    01. Johnny, I Love You
    02. Cleveland Now
    03. Children, Don't Get Weary
    04. Tank's Lament
    05. Blues In The Gutter
    06. We've Got Johnny Wells
    07. Down At Ralph's Joint
    08. Deadwood Dick
    09. Run Tank Run
    10. Time Is Tight

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/10/21

    • 4
    • 2
    • 7
  • 4
    Loading

    Booker T. & the MG's / The Booker T. Set

    (1969)
    全曲カヴァーで構成された名盤のひとつ。勢い、演奏、選曲とどれを取っても文句付けようが無いアルバム。
    アル・ジャクソンのタイトなドラミング
    、ダック・ダンの正確で太いベース音、スティーヴ・クロッパーのキレの良いギター、そしてブッカー・Tはファンキーなオルガンを演奏している。まさにブッカー・T&ザ・MG'sの真骨頂では無いだろうか。特に、ダック・ダンのベースがたまらなく良い。
    ヒップでクールな夜のドライブにはピッタリのアルバム。

    《songlist》
    01. The Horse
    02. Love Child
    03. Sing A Simple Song
    04. Lady Madonna
    05. Mrs. Robinson
    06. This Guy's In Love With You
    07. Light My Fire
    08. Michelle
    09. You're All I Need To Get By
    10. I've Never Found A Girl
    11. It's Your Thing

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/10/21

    • 4
    • 2
    • 7
  • 5
    Loading

    Jackie Mittoo / Keep on Dancing

    (1969)
    スカタライツ解散後にリリースされたジャッキー・ミットゥの3枚目のアルバム。クレメント・“サー・コクソン”・ドッドのプロデュース。
    すごい昔に“ハモンド・オルガン”にハマった時に聴いていたアルバムだったが、ポール・ウェラーのライヴの開演前に“Juice Box”が流れていたのでまた聴き始めている。
    レゲエに属するミュージシャンなのだろうが、かなりクールでファンキーなサウンドが詰まっているアルバムだ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2018/1/31

    • 4
    • 2
    • 7
  • 6
    Loading

    Marvin Gaye・Tammi Terrell / Easy

    (1969)
    タミー・テレルとのデュオ・アルバム第3弾。アシュフォード&シンプソンとハーヴィー・フークワ、ジョニー・ブリストルのプロデュース。
    この頃は、タミーの脳腫瘍が悪化していて車椅子でレコーディング・スタジオに来ていた。前作のレコーディング途中のツアーの会場で病に倒れ、手術をしたが腫瘍は取りきれずに再手術となった。7回目の手術の再に昏睡状態となって、タミーはこの世を去った。
    マーヴィンとのデュエットで輝いた歌姫が病の中で録音したこのアルバムには、彼女の不屈の精神がいつまでも宿っているようだ。
    1970年3月16日に永眠となった…哀悼。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/10/14

    • 4
    • 2
    • 7
  • 7
    Loading

    Diana Ross & the Supremes・The Temptations / Together

    (1969)
    ダイアナ・ロス&ザ・スプリームスとザ・テンプテーションズの2枚目のジョイント・アルバム。
    シングル・カットされたザ・バンドの“The Weight”だが、個人的にはイマイチの出来だ。演奏に重みを出そうとしているがちょっと軽い感じがする。さらに、みんなでヴォーカルを取っているのも声質が合ってないようで微妙。
    モータウンのカヴァーは秀逸で、面白いのが“My Guy, My Girl”のメドレー。2組の特徴を生かした良い流れのヴォーカルを聴ける。
    フランキー・ヴァリの“Can't Take My Eyes Off You”やスライ&ザ・ファミリー・ストーンの“Sing a Simple Song”などの時代を取り入れたカヴァーは良い感じがする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/10

    • 4
    • 2
    • 7
  • 8
    Loading

    Stevie Wonder / My Cherie Amour

    (1969)
    スティーヴィー・ワンダーの11枚目のアルバム。プロデュースは、若干19歳のスティーヴィーが初めて行った。
    A面はスタンダードなどのカヴァーを中心に構成されていて、B面はスティーヴィーが共作した曲が大半を占めている。
    T-2や3は前作入っていてもおかしくない曲だと思う。このアルバムの録音時期が67年から68年なので、もしかしたら前作から漏れてこのアルバムに収録されたのかもしれない。
    前作とセットで聴いていくと良いアルバムだと思う。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/10/21

    • 4
    • 2
    • 7
  • 9
    Loading

    Isaac Hayes / Hot Buttered Soul

    (1969)
    頭のアップというインパクトのあるジャケの2ndアルバム。アル・ベルとアレン・ジョーンズ、マーヴェル・トーマスのプロデュース。マーヴェルはルーファス・トーマスの息子で、キーボードでも参加している。
    このアルバムはザ・バーケイズがバックを務めている。何気に良い演奏をしている気がする。全部で4曲と曲数は少ないが、充実した演奏が楽しめる。
    バカラック=デヴィッドの名曲“Walk On By”は12分と長尺となっているが、歌だけではないところに魅力がある曲になっている。80年代に流行った12インチのリミックスされた曲のようでもある。
    もうひとつの長尺の曲“By the Time I Get to Phoenix”はジミー・ウェッブが書いた名曲。ポエティック・リーディングのような仕上がり。
    新生スタックスを支えたアルバムは、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/10/18

    • 4
    • 2
    • 7
  • 10
    Loading

    Wilson Pickett / Hey Jude

    (1969)
    ウィルソン・ピケットの8枚目のアルバム。トム・ダウトとリック・ホールのプロデュース。マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで録音している。
    このアルバムからは、ボビー・ウーマックがソロ・アルバムの準備のため演奏には参加していない。代わりにデュアン・オールマンが参加している。デュアンの演奏が随所で聴くことが出来るのが嬉しい。
    T-5,7,8,11が9月19日の録音で、トム・ダウトがプロデュースをしているが、途中でプロデューサーが変更になり、残りはリック・ホールが担当した。
    マッスル・ショールズ・サウンドにデュアンのギター、そしてピケットのシャウトが素晴らしい内容となっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/19

    • 4
    • 2
    • 7
  • 11
    Loading

    William Bell / Bound to Happen

    (1969)
    ウィリアム・ベルの2ndアルバム。ブッカー・T・ジョーンズのプロデュースで演奏は、MG'sとザ・メンフィス・ホーンズ。
    スライ&ザ・ファミリー・ストーンの“Everyday People”やギャンブル=ハフの“Hey Western Union Man”などのカヴァーを、南部のサウンドに乗せて歌っている。
    日本では大人の事情でスタックス・レコードのアルバムが、2つのメーカーから発売されているのでなかなか再発されないのが悲しい現実。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/11/24

    • 4
    • 2
    • 7
  • 12
    Loading

    Bobby Womack / Fly Me to the Moon

    (1969)
    ボビー・ウーマックの、ミント・レコードからリリースされたデビュー・アルバム。セルフ・プロデュースで録音となった。
    サム・クックに見出され、ツアーやセッション・ギタリストとして腕を磨いたギターの腕はかなりのものだ。さらにウィルソン・ピケットに曲を提供をしていた。
    満を持してのこのアルバムは、カヴァーを中心となっている。シングルとしてリリースされた“California Dreamin'”がR&Bチャートで24位、タイトル曲の“Fly Me to the Moon”が16位とヒットとなった。このアルバムはR&Bチャートで34位とデビュー・アルバムとしたらまずまずの結果を残した。
    スタンダードな歌唱や、シャウト時の迫力と曲ごとに使い分けて、ウーマックの魅力を発揮している。
    聴いておきたいデビュー・アルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/10/19

    • 4
    • 2
    • 7
  • 13
    Loading

    Mavis Staples / Mavis Staples

    (1969)
    ザ・ステイプル・シンガーズのメイヴィス・ステイプルズのデビュー・アルバム。アル・ベルとスティーヴ・クロッパーがプロデュースを行った。
    これぞスタックス‼︎と言えるサウンドにノッて、メイヴィスのヴォーカルが素敵なグルーヴ感を出している。曲が持つ推進力のベースは、メイヴィスのゴスペル的な要素があるからだと思える。
    バカラック=デヴィッドの“A House Is Not A Home”では歌い上げる迫力が物凄い良いカヴァーとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/12/17

    • 4
    • 2
    • 7
  • 14
    Loading

    Ike & Tina Turner / River Deep Mountain High

    (1969)
    アイク&ティナ・ターナーのA&Mレコードからのデビュー・アルバム。1966年に録音されていたが、大人の都合で発売されずにいたアルバム。プロデューサーはフィル・スペクター。
    シングル・ヒットとなった“River Deep Mountain High”は66年にフィレス・レコードから発売されて、全英チャートで3位となった。シングルのジャケは俳優のデニス・ホッパーがデザインしている。
    ティナの迫力のあるヴォーカルが、フィルの作った音作りを超えてくるような気がする。フィル・スペクターが関わったアルバムなのに、いまいち表に出てこないのは気のせいだろうか…。CD屋であまり見かけないのが残念だ。
    時代を代表するアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/10/31

    • 4
    • 2
    • 7
  • 15
    Loading

    The Sweet Inspirations / Sweets for My Sweet

    (1969)
    ザ・スウィート・インスピレーションズの4thアルバム。
    前作からだが、カヴァー中心のアルバムとなってきている。このアルバムでも“Get a Little Orde”だけがシシーとシルヴィアの共作。ヒット曲を生み出せないためだろうか、シングルもこのアルバムからは“Crying in the Rain”の1曲だけしかリリースされていない。
    内容は悪くは無いのだが、時代の波に乗れなかった感じのグループである。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/6

    • 4
    • 2
    • 7
  • 16
    Loading

    The Fantastic Four / Best of the Fantastic Four

    (1969)
    ザ・ファンタスティック・フォーが、モータウン・レコードでリリースした唯一のアルバム。
    ラルフとジョセフのプルーイット兄弟、トビー・チャイルズと、リード・シンガーのジェームス・エップスで構成されている。
    1966年にデトロイトのリック・ティック・レコードからデビューし、1967年の“The Whole World Is A Stage”は全米のソウル・チャートで6位の大ヒットとなった。
    リック・ティック・レコードがモータウン・レコードに買収されたため、1969年からモータウンのソウル・レーベルからシングルをリリースした。
    しかし、このアルバムはリック・ティック時代のシングルを集めたもので、モータウンで録音されたジ・ファンタスティック・フォーのアルバムはリリースされていない。
    エップスの迫力ある歌声とコーラス・ワークが魅力的なグループだったが、1970年に活動を休止してしまった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2017/2/21

    • 4
    • 2
    • 7
  • 17
    Loading

    The Delfonics / The Sound of Sexy Soul

    (1969)
    ザ・デルフォニックスの2ndアルバム。トム・ベルのプロデュース。
    シングルでリリースされた“Ready or Not Here I Come (Can't Hide from Love)”はR&B部門で14位、“Somebody Loves You”は41位と微妙な感じだが、アルバムはR&B部門で8位とトップ10入りとなった。
    マーヴィン・ゲイの“Ain't That Peculiar”やサイモン&ガーファンクルで有名な“Scarborough Fair”のカヴァーも良い出来だが、やっぱり“Let It Be Me”が個人的には好きな曲だけに嬉しい。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/11/16

    • 4
    • 2
    • 7
  • 18
    Loading

    Willie Mitchell / Soul Bag

    (1969)
    60年代最後となるウィリー・ミッチェルの9枚目のアルバム。
    コテコテの南部のサウンドの“I'm A Midnight Mover”、“Knock On Wood”やファンキーな“Everyday People”のカヴァーが良い。
    他にもアンドリュー・ラヴとウェイン・ジャクソンのザ・メンフィス・ホーンズの書いた曲が秀逸な出来となっている。
    個人的には“Hawaii Five-O”が好きな曲なので嬉しい。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/11/8

    • 4
    • 2
    • 7
  • 19
    Loading

    Ann Peebles / This Is Ann Peebles

    (1969)
    ハイ・レコードからリリースされた、アン・ピーブルズのデビュー・アルバム。ウィリー・ミッチェルのプロデュース。
    21歳の時にミッチェルのオーディションを受けて、翌年のデビューとなった。
    デビュー・シングルは“Walk Away”で、全米のR&Bチャートで22位となった。アルバムはランクインしなかったが、心地よいハイ・サウンドに乗って、ピーブルズが歌っているのを聴くと、後に“メンフィス・ソウル・クイーン”と呼ばれる片鱗を感じられる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2017/4/24

    • 4
    • 2
    • 7
  • 20
    Loading

    Don Bryant / Precious Soul

    (1969)
    ドン・ブライアントのハイ・レコードからのデビュー・アルバム。ウィリー・ミッチェルのプロデュース。
    ハイ・レコードでソングライターとして活動していたブライアントだが、このアルバムではなぜかカヴァー曲で埋め尽くされている。
    レーベルを超えた選曲も演奏もかなり良く、ブライアントの歌声もディープな太い声でいい感じの内容だろう。この選曲は他のレーベルへの挑戦って感じもする。
    2012年まで再発されなかった、隠れすぎた聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/4/17

    • 4
    • 2
    • 7
  • 21
    Loading

    Al Green / Green Is Blues

    (1969)
    アル・グリーンの2ndアルバムで、ハイ・レコードからのデビュー・アルバム。ウィリー・ミッチェルのプロデュース。
    ハイ・サウンドに乗って、気持ち良さそうに歌っているような感じがする。ザ・テンプテーションズの“My Girl”やザ・ビートルズの“Get Back”、ザ・ボックス・トップスの“The Letter”などのヒット曲のカヴァーは、アルの歌声を多くの人に聴いてもらうには最高の選曲だと思う。
    アルバムの最後に収められた“Summertime”の哀愁感が見事な感じだ。演奏といい歌声といい、このアルバムのハイライトである。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/11/20

    • 4
    • 2
    • 7
  • 22
    Loading

    Tyrone Davis / Can I Change My Mind

    (1969)
    ブランズウィック・レコード参加のダカー・レコードからデビューした、タイロン・デイヴィスのデビュー・アルバム。ウィリー・ヘンダーソンのプロデュース。
    シングルの“Can I Change My Mind”がいきなり全米R&B部門で1位、ポップ部門で5位のヒットとなった。
    エディ・フロイドの“Knock On Wood”は別の曲かと思うくらいに、大きなアレンジが施されている。メンフィスとシカゴではこんなにも違うのかと思える。タイロンの歌声が沁みてくる仕上がりとなっている。“Let The Good Times Roll”も、新たな息吹を感じる曲だ。
    デビューの勢いだけでは無い、しっかりとしたヴォーカルが楽しめるアルバム。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/15

    • 4
    • 2
    • 7
  • 23
    Loading

    Mel & Tim / Good Guys Only Win in the Movies

    (1969)
    バンブー・レコードからデビューした、メル&ティムのデビュー・アルバム。ジーン・チャンドラーのプロデュース。
    “Backfield in Motion”が全米のR&Bチャートで3位、ポップ・チャートで10位、“Good Guys Only Win in the Movies”がR&Bチャートで17位のヒットとなった。
    小気味良いサウンドに乗って歌うスタイルが、多くの人に受け入れたのだと思える。
    しかし、レーベルの倒産によりシカゴを離れ、スタックス・レコードとの契約となった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/5/4

    • 4
    • 2
    • 7
  • 24
    Loading

    Leon Thomas / Spirits Known and Unknown

    (1969)
    レオン・トーマスのデヴュー・アルバム。
    ジャケにひかれて何気に買ったアルバムだが、かなり良い内容だ。個人的に情報も無く買ったが、こういう時の嗅覚には自信があったりする。
    ロイ・ヘインズやロニー・リストン・スミス、セシル・マクビーがバックを務めている。ファラオ・サンダースは、曲を提供して演奏で参加もしている。終始、妖しい感じのテイストが個人的に好きだ。歌唱法のも独特の味わいがある。
    個人的にはホレス・シルバーの“Song for My Father”のカヴァーが好きだ。カチッとしたオリジナルとは真逆の音作り、特にフルートの響きが良い。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/4

    • 4
    • 2
    • 7
  • 25
    Loading

    Miles Davis / In a Silent Way

    (1969)
    マイルス・デイヴィスのコロムビア・レコードでの17枚目のアルバム。テオ・マセロのプロデュース。前作のクインテットにジョン・マクラフリン(g)とジョー・ザヴィヌル(org)が加わってエレクトリック・マイルスの最後のピースが埋まった。
    1969年の2月18日の一回で録音されたこのアルバムは、各面に3曲からなる組曲を1曲づつ収録している。B面はマイルスとザヴィヌルの共作で、演奏面以外でも貢献している。
    ウィリアムスとホランドが創り出すグルーヴに、コリアとハンコック、ザヴィヌルの3台の鍵盤楽器が推進力を生み、マクラフリンのギター、ショーターのソプラノ・サックスとマイルスのトランペットのソロが浮遊している感じが心地よい。
    次のアルバムを聴く前に、必ず聴いておきたいアルバム。

    《songlist》
    A Shhh / Peaceful
    B1 In A Silent Way
    B2 It's About That Time

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/6/26

    • 4
    • 2
    • 7
  • 26
    Loading

    The Doors / The Soft Parade

    (1969)
    ポール・ロスチャイルドのプロデュースによるザ・ドアーズの4thアルバム。
    このアルバムではブラスやストリングスを導入して、サウンドに幅を持たせている。さらに、ジム・モリソンが4曲、ロビー・クリーガーが4曲、2人の共作が1曲と割合に変化が表れている。このアルバムからのシングルは全てクリーガーの曲になっている。
    アルバムは全米チャートの6位となったが、世間的にはポップになったサウンドに対しての評価は低い。

    《songlist》
    01. Tell All The People
    02. Touch Me
    03. Shaman's Blues
    04. Do It
    05. Easy Ride
    06. Wild Child
    07. Runnin' Blue
    08. Wishful Sinful
    09. The Soft Parade

    • いいね!

    • 登録日:2017/10/27

    • 4
    • 2
    • 7
  • 27
    Loading

    Santana / Santana (No.150)

    (1969)
    ブレント・デンジャーフィールドとサンタナのプロデュースによるデビュー・アルバム。このアルバム発売の2カ月前に行われた“ウッドストック・フェスティバル”に出演して話題となった。
    カルロス・サンタナのギターはもちろんだが、グレッグ・ローリーのオルガンの音色が良い。
    ラテン・ロックという言葉が生まれたが、ラテンというよりもアフリカのリズムような気がする。
    アルバムの最後に収録されている“Soul Sacrifice”がサンタナ曲でいちばん好きな曲だ。ウッドストックでも演奏されている。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/8/25

    • 4
    • 2
    • 7
  • 28
    Loading

    Sly & the Family Stone / Stand! (No.118)

    (1969)
    スライ&ザ・ファミリーストーンの4thアルバム。最高位が全米チャート13位とバンドとして成功を収めたアルバム。シングルの“Everyday People”はチャートで1位を獲得した。バンド・リーダーのスライ・ストーンがプロデュースを行った。あの、マイルス・デイヴィスが当時の愛聴盤として挙げていたアルバムでもあった。
    この年の8月には“ウッドストック・フェスティバル”に出演している。2009年にはこのアルバムと、ウッドストックでの演奏を収録した2枚組の“The Woodstock Experience”がリリースされた。
    時代を超えた名盤のひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2017/4/29

    • 4
    • 2
    • 7
  • 29
    Loading

    Janis Joplin / I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again Mama!

    (1969)
    数少ないジャニスが録音したアルバムの中で、いちばん好きなアルバム。存命中にリリースされたジャニス名義の唯一のアルバムでもある。ガブリエル・メクレールのプロデュース。
    魂の奥底から振り絞るように歌う声に、いつ聴いても圧倒されてしまう。
    “One Good Man”、“Work Me Lord”、“Maybe”では、マイク・ブルームフィールドがギターを弾いている。
    “To Love Somebody”は、ザ・ビー・ジーズのカヴァーとなっている。この曲はこの年に、ジェームス・カーとニーナ・シモンにカヴァーされている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Try (Just A Little Bit Harder)
    02. Maybe
    03. One Good Man
    04. As Good As You've Been To This World
    05. To Love Somebody
    06. Kozmic Blues
    07. Little Girl Blue
    08. Work Me, Lord

    • いいね!

    • 登録日:2017/10/27

    • 4
    • 2
    • 7
  • 30
    Loading

    It's a Beautiful Day / It's a Beautiful Day

    (1969)
    ヴァイオリン奏者のデヴィッド・ラフレイムを中心に結成された、サンフランシスコのバンド。ツイン・ヴォーカル、オルガン、ハーモニカ、そしてヴァイオリンと、特徴的なサウンドで全米チャートの47となったデビュー・アルバム。
    ユタ・シンフォニー楽団にいたデヴィッドが曲を作り、プロデュースも行っているため、統一感のあるサウンドになっている。バンドの演奏もなかなかものである。
    幻想的なサウンドが、1969年にタイムスリップしている感覚を覚える名盤。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/9/22

    • 4
    • 2
    • 7
  • 31
    Loading

    Johnny Winter / Johnny Winter

    (1969)
    ジョニー・ウィンターのセルフ・プロデュースによる、メジャー契約後の1stアルバム。
    トミー・シャノン(b)とアンクル・ジョン・ターナー(ds)とのバンドで、ウィリー・ディクソンやウォルター・ホートン、エドガー・ウィンターなどのゲストと録音された。
    ギターのテクニックはもちろんだが、ヴォーカリストとしても、稀有な才能を発揮している。“I'm Yours and I'm Hers”は多重録音で左右のスピーカーで、ジョニーのギター音が鳴り響いてくる。
    ジョニー・ウィンターの存在を世に知らしめたアルバム。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/9/28

    • 4
    • 2
    • 7
  • 32
    Loading

    Johnny Winter / Second Winter

    (1969)
    前作から4ヶ月という短いスパンでリリースされたジョニー・ウィンターのアルバム。その間にウッドストック・フェスティバルに出演している。
    アナログでは2枚組で発売されていて、A面に3曲、BとC面に4曲づつ収録されている。これは、音のレベルを下げたくないという、ジョニーの意向が反映されたためである。
    このアルバムは、弟のエドガー・ウィンターを加えたカルテットでの録音となっていて、音に厚みが加わったことで演奏の幅が広がっている。
    アナログのB面に当たるT-4〜7のカヴァーがたまらなく良い選曲だ。古い曲に混ざって、ボブ・ディランの“Highway 61 Revisited”を演奏している。攻撃的なディランの曲だが、ジョニーの演奏はさらに過激さが増した感じがする。
    ジョニー・ウィンターの音楽的変化を感じるアルバムで、時代を作ったアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/28

    • 4
    • 2
    • 7
  • 33
    Loading

    Albert King / Years Gone By

    (1969)
    アルバート・キングの3rdアルバム。アル・ジャクソンのプロデュースで、ブッカー・T&ザ・MG'sとザ・メンフィス・ホーンズが演奏を行った。
    このアルバムでキングの書いた曲は“Wrapped Up In Love Again”と“You Threw Your Love On Me Too Strong”の2曲となっている。
    多くの人がカヴァーしているエルモア・ジェイムスの“The Sky Is Crying”や、ハウリン・ウルフの“Killing Floor”は、色んな演奏を聴き比べるのも楽しい。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/23

    • 4
    • 2
    • 7
  • 34
    Loading

    Muddy Waters / Fathers and Sons

    (1969)
    マディ・ウォーターズの7枚目の2枚組アルバムで、1枚目がスタジオ録音、2枚目が1969年4月24日にシカゴで行われたライヴ録音となっている。プロデューサーはノーマン・デイロンが行った。
    スタジオ録音は4月21〜23日の3日間で行われ、マイク・ブルームフィールド、ポール・バタフィールド、オーティス・スパン、ドナルド・ダック・ダン、サム・レイのバンドで行われた。
    当時、白人でブルースを見事に演奏していたザ・ポール・バタフィールド・ブルース・バンドからポールとマイクとサムを起用し、白人の購買層を取り込みたいというマディの考えは見事に当たり、全米チャートで70位となった。もちろん企画の良さもあるが、演奏の質の高さがなかったら評価はされないだろう。白熱したスタジオの録音とライヴでの演奏が、4日間で行われたことが良かったのかもしれない。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/24

    • 4
    • 2
    • 7
  • 35
    Loading

    Fleetwood Mac / The Pious Bird of Good Omen

    (1969)
    イギリスだけでしか発売されていなかった、フリートウッド・マックが1月にアメリカ盤として編集盤の“English Rose”を発売した。その流れでリリースされたシングルを集めたアルバム。
    このアルバムにはサンタナがカヴァーして有名になった“Black Magic Woman”が収録されている。サンタナよりもディープな世界を生み出しているのは、フリートウッドのドラムによるところが大きいと思う。
    インストの名曲“Albatross”はシングル・チャートで1位を取った名曲のひとつ。やはり、フリートウッドのドラムが印象的である。
    ブルース・ピアニストのエディ・ボイドのカヴァー“The Big Boat”と“Just the Blues”では、本人も参加した豪華な仕上がりになっている。
    ジャケが好きなフリートウッド・マックの隠れ名盤。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/10/16

    • 4
    • 2
    • 7
  • 36
    Loading

    Fleetwood Mac / Then Play On

    (1969)
    フリートウッド・マックの3rdアルバムは、リプリーズ・レコードに移籍して、セルフ・プロデュースで録音となった。前年からダニー・カーワン(g)が加わって、トリプル・ギターと豪華な編成になった。
    このアルバムでは、初めて全曲がオリジナル曲で締められた。カーワンが7曲書いていて、加入当時は17歳なのに非凡な才能を見せた。マクヴィーとフリートウッドが1曲づつ書いているが、スペンサーは1曲も提供していない。
    音楽性に変化が見られているアルバムである。ゴリゴリのブルースもあるが、アコギを使ったしっとりとした曲も増えて、ヴァラエティに富んだ感じになっている。
    このアルバムを最後にピーター・グリーンはバンドを脱退し、バンドは大きく方向転換をし始めていった。

    • いいね!

    • 登録日:2015/10/16

    • 4
    • 2
    • 7
  • 37
    Loading

    Led Zeppelin / Led Zeppelin (No.29)

    (1969)
    レッド・ツェッペリンは元ヤードバーズのジミー・ペイジ(g)が作ったバンド。メンバーは、ロバート・プラント(vo)、ジョン・ポール・ジョーンズ(b)、ジョン・ボーナム(ds)の4人。
    デビュー・アルバムは、ブルースをベースにギターとヴォーカルで色を付けるスタイルを取っている。プラントの絞り出すようなヴォーカルと、ペイジのギターの響き、ジョーンズとボーナムのリズム隊は確かなリズムを刻んでいる。
    アメリカが先行で発売されて最高位は10位、遅れて発売されたイギリスでは6位となった。斬新な彼らのサウンドは多くの人の心を掴んだ。
    時代に必要だったアルバム。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/9/5

    • 4
    • 2
    • 7
  • 38
    Loading

    Led Zeppelin / Led Zeppelin II (No.79)

    (1969)
    前作から7ヶ月後にリリースとなった2ndアルバム。デビュー・アルバムが好調だったので、アトランティックが次のアルバムを急かしたため、落ち着いたレコーディングとはいかなかったようだ。
    しかし、アルバムのクオリティはかなり高いと思う。4人のパワー・バランスが見事に発揮されている気がする。これは、プロデューサーのペイジの頭の中に描いた完成形がしっかりしていて、それに応える技術がメンバーにあったのだと思う。
    アメリカではその年の年末にチャートの1位となり、イギリスでは翌年1位となった。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/9/5

    • 4
    • 2
    • 7
  • 39
    Loading

    Humble Pie / As Safe as Yesterday Is

    (1969)
    イミディエイト・レコードからリリースされた、ハンブル・パイのデビュー・アルバム。アンディ・ジョーンズのプロデュース。
    ザ・ハードを脱退したピーター・フランプトン(g)に、スティーヴ・マリオット(key,g)がグレッグ・リドリー(b)とジェリー・シャーリー(ds)を紹介し、後にスモール・フェイセスを脱退したマリオットが加入してメンバーが固められた。
    このアルバムには収録されていないが、“Natural Born Bugie”が全英のシングル・チャートで5位のヒットとなり、アルバムも32位とまずまずの結果を残した。
    1曲目の“Desperation”はステッペン・ウルフのカヴァーで、他にはイアン・マクレガンが書いた“Growing Closer”が収録されている。“Growing Closer”はアメリカ盤では“Natural Born Bugie”に差し替えられている。
    このアルバムでは、ハンブル・パイのハードな面を前面に出した内容で、何かから解放された勢いを感じてしまう。
    聴いておきたいデビュー・アルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/10/12

    • 4
    • 2
    • 7
  • 40
    Loading

    Humble Pie / Town and Country

    (1969)
    この年の2枚目となるハンブル・パイの2ndアルバム。アンディ・ジョーンズのプロデュース。
    デビュー・アルバムと2ndアルバムは同時期に録音されていて、ここには前作よりもソフトな感じの曲を収録している。そのため、フランプトンやマリオットだけではなく、リドリーやシャーリーの書いた曲が1曲づつ収録されている。
    リドリーの書いた“The Light of Love”では、フランプトンがスパニッシュ・ギター、マリオットがシタールを演奏している。
    個人的にはバディ・ホリーが歌った“Heartbeat”が収録されているので好きなアルバム。

    • いいね!

    • 登録日:2016/10/12

    • 4
    • 2
    • 7
  • 41
    Loading

    Jeff Beck / Beck-Ola

    (1969)
    ジェフ・ベック・グループの2ndアルバム。プロデュースは引き続きミッキー・モストが行った。ドラムがトニー・ニューマンに変わり、ベースもダグラス・ブレイクになったが、技術的な問題でロンが呼び戻された。
    全米チャートで15位、全米チャートで39位を記録するヒット・アルバムとなった。
    このアルバムではオリジナル曲が増えているが、カヴァーの“All Shook Up”と“Jailhouse Rock”はどちらもエルヴィス・プレスリーが歌っているのが面白いし、興味深い。
    アルバム発売後に、ニッキー、しばらくしてロッドとロンが脱退して、このバンドの終焉を迎えた。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/9/20

    • 4
    • 2
    • 7
  • 42
    Loading

    Traffic / Last Exit

    (1969)
    トラフィックの3rdアルバムは、ジミー・ミラーのプロデュース。
    と、言ってもこのアルバムは、デイヴ・メイソンの脱退騒動から発生した問題に慌てたアイランド・レコードが主導権を握って発売したアルバム。メイソンが脱退し、ウィンウッドはエリック・クラプトンのブラインド・フェイスに参加し、トラフィックの活動は休止状態になった。
    そのため未発表のテイクを仕上げて、片面はフィルモア・ウェストでのライヴを収録するという変則的な内容となっている。しかし、何気にスタジオ録音の曲のクオリティーが高いのがいい。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/12/13

    • 4
    • 2
    • 7
  • 43
    Loading

    Mott the Hoople / Mott the Hoople

    (1969)
    アイランド・レコードからデビューした、モット・ザ・フープルの1stアルバム。ガイ・スティーヴンスのプロデュース。
    サイレンスというバンドが前身となっているが、バンドのデビューにあたってオーディションを行い、ヴォーカリストのイアン・ハンターが加入した。
    イアン・ハンター(vo)、ミック・ラルフス(g)、ヴァーデン・アレン(org)、ピーター・ワッツ(b)、デイル・グリフィン(ds)の5人。
    ザ・キンクスの“You Really Got Me”、ダグ・サームの“At the Crossroads”、ソニー・ボノの“Laugh At Me”とアルバムの頭から3曲のカヴァーが収録されている。“You Really Got Me”は演奏だけとなっている。
    この3曲に続いて収録されている“Backsliding Fearlessly”はハンターの曲だが、ボブ・ディランが歌ってもいい感じの曲。
    “Rock and Roll Queen”はこのアルバムで、いちばん好きなロック色が濃い曲だ。
    10分を超える“Half Moon Bay”はバンドの演奏力を示す感じとなっているが、もったりした空気感がイマイチ…。
    方向性がはっきりとしていない気もする内容だが、アメリカの音楽に憧れているイギリス人って感じの内容は好きかもしれない。
    聴いておきたいデビュー・アルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/8/14

    • 4
    • 2
    • 7
  • 44
    Loading

    The Who / Tommy (No. 96)

    (1969)
    ロックオペラというジャンルを確立し、ダブル・アルバムでリリースされたザ・フーの4thアルバム。キット・ランバートのプロデュース。
    トミー・ウォーカーを主人公とした物語をベースにしているが、映画やミュージカルでのストーリーはファジーな感じとなっている。
    1968年9月から翌年の3月までの約半年に渡って録音されたこのアルバムは、メンバーがライヴで演奏するという確固たる意志があったため、オーケストラの導入は見送られた。
    先行シングルの“Pinball Wizard”は、全英チャートで4位を記録し、このアルバムは2位となった。
    聴いておきたいダブル・アルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/11/10

    • 4
    • 2
    • 7
  • 45
    Loading

    The Kinks / Arthur (Or the Decline and Fall of the British Empire)

    (1969)
    コンセプト・アルバムとしてリリースされた。ザ・キンクスの7枚目のアルバム。レイ・デイヴィスのプロデュース。
    もともとは、テレビ・ドラマ用にレイ・デイヴィスとジュリアン・ミッチェルによって脚本が書かれたが、ドラマの制作が中止となりアルバムだけがリリースされた。
    デイヴィスの義理の兄アーサーが、イギリスからオーストラリアに移住したエピソードを、デイヴィスの風刺的な視点で描かれている。
    前作の商業的な失敗を受けてのリリースとなったが、トリッキーな感じではなく直球を投げてきた感じのサウンドがいい。このアルバムから、ベースがジョン・ダルトンに代わっている。
    アナログではB面の頭に収録されているは“Shangri-La”、デイヴィスらしいメロディー・ラインとなっていて、異なった2曲が1曲になった感じがしている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. The Contenders
    02. Strangers
    03. Denmark Street
    04. Get Back In Line
    05. Lola
    06. Top Of The Pops
    07. The Moneygoround
    08. This Time Tomorrow
    09. A Long Way From Home
    10. Rats
    11. Apeman
    12. Powerman
    13. Got To Be Free

    • いいね!

    • 登録日:2017/11/10

    • 4
    • 2
    • 7
  • 46
    Loading

    The Hollies / Hollies Sing Dylan

    (1969)
    ボブ・ディランのカヴァーを歌っている、ザ・ホリーズの8枚目のアルバム。ロン・リチャーズのプロデュース。
    前作でグラハム・ナッシュが抜けたため、テリー・シルヴェスター(vo,g)が加入したため、アラン・クラーク(vo)、トニー・ヒックス(vo,g)、バーニー・カルヴァート(b,key)、ボビー・エリオット(ds)の5人での録音となった。
    1968年11月4〜6日の3日間で録音されている。
    若干過剰とも思えるポップなアレンジが、新生ザ・ホリーズの方向性だったのかもしれない。キャリアを振り返るとこの方向転換は不自然な感じもする。しかし、ディランの曲のクオリティーの高さがそれを払拭させているようだ。
    あまり注目されていないが、ザ・ホリーズ売りのコーラス・ワークのクオリティーは相変わらず高い。ナッシュが抜けてもレベルが落ちないのは、シルヴェスターの加入が大きかったと思える。
    まぁ、誰が歌ってもディランの影を感じてしまう、ディランの曲が好きなのかもしれないが…。
    聴いておきたいカヴァー・アルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/11/11

    • 4
    • 2
    • 7
  • 47
    Loading

    The Hollies / Hollies Sing Hollies

    (1969)
    この年の2枚目となるザ・ホリーズの9枚目のアルバム。ロン・リチャーズのプロデュース。
    テリー・シルヴェスターが関わっている曲が6曲と、収録曲の半分を占めているのはシルヴェスターの力量が高いのかもしれない。トニー・ヒックスとバーニー・カルヴァートも単独で曲を書いていたりと、新生ザ・ホリーズの魅力が詰まった内容となっている。
    ここ何枚かで聴けるヒックスのバンジョーいいアクセントとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/11/11

    • 4
    • 2
    • 7
  • 48
    Loading

    Blind Faith / Blind Faith

    (1969)
    スティーヴ・ウィンウッド、エリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカー、リック・グレッチによる、スーパー・バンド。
    CD屋でクラプトンの棚なのか、ウィンウッドの棚なのかが微妙なアルバム。たいていはクラプトンだけど…。なんでこう書いたかというと、ウィンウッドの方がイニシアティブを取っている感じがするからだ。
    ウインウッドの声がたまらないアルバム。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/9/1

    • 4
    • 2
    • 7
  • 49
    Loading

    Deep Purple / Deep Purple

    (1969)
    イギリスで2ndアルバムがリリースされた月に、アメリカでリリースされたディープ・パープルの3rdアルバム。デレク・ローレンスのプロデュース。
    テトラグラマトン・レコードからの最後のリリースとなり、ロッド・エヴァンスとニック・シンパーはこのアルバムで脱退してしまう。
    このアルバムも3ヶ月という短い期間で録音されているが、カヴァードノヴァンの“Laleña”だけである。これは、バンドのメンバーのソングライティングの実力が上がってきたためと思われる。
    “Chasing Shadows”ではアフリカン・ドラムのようなリズムを披露したり、珍しく演奏時間が2分弱の“Fault Line”とチャレンジをしている。
    バンドのイニシアティヴはロードが取っているようだが、個々の成長が著しく上がっている感じがする。
    第1期ディープ・パープルの集大成的な内容となった、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/10/9

    • 4
    • 2
    • 7
  • 50
    Loading

    Michael Bloomfield / It's Not Killing Me

    (1969)
    マイク・ブルームフィールドのソロとして初のスタジオ録音盤。ニック・グレイブンアイツとマイケル・メルフォードのプロデュース。
    ブルースだけでは無い、マイクの音楽性の幅広さを感じる内容となっている。この時期は多くのアルバムのゲストとして演奏していた時期なだけに、こうしてアルバムを作っていたのは凄いことだと思う。それも1曲だけがカヴァーで、後は自分で曲を書いている。
    ヴォーカルが少し弱い感じもするが、それを補えるギターの腕がある。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/23

    • 4
    • 2
    • 7
  • 51
    Loading

    The Allman Brothers Band / The Allman Brothers Band

    (1969)
    デュアン・オールマンがジャクソンビルでメンバーを集めて結成したジ・オールマン・ブラザーズ・バンド(ABB)のデビュー・アルバム。エイドリアン・バーバーのプロデュース。
    デュアン・オールマンとディッキー・ベッツのツイン・ギター、ジェイ・ジョハンソンとブッチ・トラックスのツイン・ドラムが特徴的で、ベリー・オークリー(b)とデュアンの弟のグレッグ・オールマン(vo,key)のメンバーで構成されている。
    左がデュアンで、右がディッキーのギターとなっている。聴き比べると面白い白熱したギターの演奏に、引っ張られるようにバンドの演奏が行われている。あまり語られないが、すでに注目されていたデュアンと対等にギターを弾く、ディッキーの腕もスゴいと思う。
    ABBのこのアルバムはあまり注目されないが、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/10/16

    • 4
    • 2
    • 7
  • 52
    Loading

    Grand Funk Railroad / On Time

    (1969)
    グランド・ファンク・レイルロードのキャピトル・レコードからのデビュー・アルバム。テリー・ナイトのプロデュース。マーク・ファーナー(vo,g)、メル・サッチャー(b)、ドン・ブリュワー(vo,ds)の3ピース・バンド。
    シングルの“Time Machine”がチャートの48位、“Heartbreaker”が72位となり、アルバムは27位とデビュー・アルバムとしたら最高の出だしとなった。
    全曲がファーナーによって書かれていて、アメリカン・テイストの魅力が詰まっている。
    イギリスのレッド・ツェッペリンに対抗できたアメリカのバンドだと思える。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/27

    • 4
    • 2
    • 7
  • 53
    Loading

    Grand Funk Railroad / Grand Funk

    (1969)
    前作から間を空けずにリリースされたグランド・ファンク・レイルロードの2ndアルバム。テリー・ナイトのプロデュース。
    シングルの“Mr. Limousine Driver”はチャートで97位だったが、アルバムは11位とビッグ・ヒットとなりデビュー・アルバムも一緒に売れていった。
    このアルバムでは、ファーナーがキーボードやハーモニカで音の幅を広げている。音の配置も多彩になっていて楽しめる。
    アルバムのラストにジ・アニマルズの“Inside-Looking Out”のカヴァーがあるが、9分を超える白熱した演奏となっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/4/28

    • 4
    • 2
    • 7
  • 54
    Loading

    Grateful Dead / Aoxomoxoa

    (1969)
    デッドが初のセルフ・プロデュースを行ったアルバム。ロバート・ハンターが全ての曲の作詞を行っている。
    音楽的にはヴァラエティに富んでいるが、なんとなくイギリスのフォークのような曲が多い気がする。前作でもあった、実験的な要素を感じる曲もある。
    個人的には“Dupree's Diamond Blues”が好きで、かなり聴いている曲のひとつ。
    デッドの音楽の幅がさらに広がったアルバムだが、あまり評価は高くないようだ。

    《songlist》
    01. St. Stephen
    02. Dupree's Diamond Blues
    03. Rosemary
    04. Doin' That Rag
    05. Mountains Of The Moon
    06. China Cat Sunflower
    07. What's Become Of The Baby
    08. Cosmic Charlie

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/10/30

    • 4
    • 2
    • 7
  • 55
    Loading

    Creedence Clearwater Revival / Bayou Country

    (1969)
    C.C.R.の2ndアルバムは、ジョン・フォガティのプロデュースにより録音された。
    このアルバムで、C.C.R.サウンドと方向性が定まった感じがする。カヴァーは1曲に減り、ジョンの書いた曲を演奏している。余計な音を入れずに、音の隙間を感じられる音作りが個人的には好きだ。リマスターされて、音が適切なところに収まっているのかもしれない。
    唯一のカヴァーは、リトル・リチャードの“Good Golly, Miss Molly”だが、シンプルなアレンジに仕上がっている。ジョンのシャウトがいい。
    シングル・ヒットした代表曲のひとつ“Proud Mary”は、シングル・チャートの2位に上り詰めた。アルバムは全米7位と躍進し、R&Bチャートでも41位となった。

    《songlist》
    01. Born On The Bayou
    02. Bootleg
    03. Graveyard Train
    04. Good Golly Miss Molly
    05. Penthouse Pauper
    06. Proud Mary
    07. Keep On Chooglin'

    • いいね!

    • 登録日:2017/11/7

    • 4
    • 2
    • 7
  • 56
    Loading

    Creedence Clearwater Revival / Green River (No.95)

    (1969)
    Billboard200でNo.1に輝いたアルバム。
    今はたいていのCD屋さんで“C”のコーナーに並んでいるが、昔は“アイウエオ順”の店が多くて“シ”に並んでいることが多かった。なんて思い出のある“シー・シー・アール”。
    収録時間は短いが、凝縮された南部テイストの音楽をたっぷり聴かせてくれる。

    《songlist》
    01. Green River
    02. Commotion
    03. Tombstone Shadow
    04. Wrote A Song For Everyone
    05. Bad Moon Rising
    06. Lodi
    07. Cross-Tie Walker
    08. Sinister Purpose
    09. The Night Time Is The Right Time

    • いいね!

    • 登録日:2017/11/7

    • 4
    • 2
    • 7
  • 57
    Loading

    Creedence Clearwater Revival / Willy and the Poor Boys (No.392)

    (1969)
    前作の大ヒットを受けて、この年3枚目となるアルバム。ジャケ的にはいちばん好きだな。3作とも30分前後の収録時間なので、少し物足りないが聴きやすい長さだと思う。
    このアルバムは、音楽的に少し幅を広げた感じがする。架空のバンド“Willy and the Poor Boys”が演奏するというコンセプト・アルバムでもある。
    レッド・ベリーのカヴァー“Cotton Fields”でのバンドの空気感がたまらなく良い。
    各サイドの頭に収録されている2曲は、彼らを代表する曲でもあるし、時代が必要とした曲でもある。

    《songlist》
    01. Down On The Corner
    02. It Came Out Of The Sky
    03. Cotton Fields
    04. Poorboy Shuffle
    05. Feelin' Blue
    06. Fortunate Son
    07. Don't Look Now (It Ain't You Or Me)
    08. The Midnight Special
    09. Side O' The Road
    10. Effigy

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/11/7

    • 4
    • 2
    • 7
  • 58
    Loading

    Neil Young with Crazy Horse / Everybody Knows This Is Nowhere (No.208)

    (1969)
    ニール・ヤングの2ndアルバム。このアルバムから、バックにクレイジー・ホース(ギターのダニー・ウィットン、ベースのビリー・タルボット、ドラムラルフ・モリーナ)を起用した。
    プロデューサーはデヴィッド・ブリッグスとヤング。
    このアルバムでは、今ではヤングの代表曲になっているT-1、4、7が聴きどころだ。クレイジー・ホースと作り出していく、エレクトリック・サウンドの原点といえる3曲だ。右のギターがヤングのギターになっている。
    ヤング必聴のアルバム‼︎

    《songlist》
    Side one
    01. Cinnamon Girl
    02. Everybody Knows This Is Nowhere
    03. Round & Round (It Won't Be Long)
    04. Down By The River
    Side two
    01. The Losing End (When You're On)
    02. Running Dry (Requiem For The Rockets)
    03. Cowgirl In The Sand

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/8/31

    • 4
    • 2
    • 7
  • 59
    Loading

    Crosby, Stills & Nash / Crosby, Stills & Nash (No.259)

    (1969)
    元バーズのデヴィッド・クロスビー、元バファロー・スプリングフィールドのスティーヴン・スティルスと、元ホリーズのグラハム・ナッシュが組んだスーパー・グループ。
    3人がそれぞれ持ち寄った曲を、3人で演奏をしている。どの曲も調和の取れたコーラスも魅力的である。3人の声が良いのかな?
    この3人で無ければ、このアルバムは出来なかったと思える名盤のひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/8/7

    • 4
    • 2
    • 7
  • 60
    Loading

    Joni Mitchell / Clouds

    (1969)
    ジョニ・ミッチェルの2ndアルバム。ミッチェルとポール・ロスチャイルドのプロデュース。
    ミッチェルの手による自画像が印象的なジャケだが、“Tin Angel”だけがロスチャイルドのプロデュースとなっている。残りの曲はミッチェルのセルフ・プロデュースで、ミッチェルが描いたイメージでアルバムを制作していった気がする。
    このアルバムにはジュディ・コリンズが歌ってヒットした“Chelsea Morning”と“Both Sides, Now”が収録されている。この曲はは多くのミュージシャンによってカヴァーされている。
    アカペラで歌われる“The Fiddle and the Drum”のミッチェルの歌声がやたら胸にしみる。そしてラストに収録されているのが“Both Sides, Now”で、いい形でアルバムを締めくくっている感じがする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/10/29

    • 4
    • 2
    • 7
  • 61
    Loading

    Laura Nyro / New York Tendaberry

    (1969)
    ローラ・ニーロの3rdアルバム。ニーロとロイ・ハリーのプロデュース。
    このアルバムは、ニートのピアノでの弾き語りをメインとして、ジミー・ハスケルのアレンジと指揮によるオーケストラがバックアップをしている。ハスケルのアレンジした演奏は、ニーロの弾き語りや歌に大きくかぶさることがないのがいい。
    ニーロ書いた曲が1968年あたりからチャートを賑わせていたので、このアルバムは全米のチャートで32位となった。
    ザ・フィフス・ディメンションが“Save the Country”、バーブラ・ストライサンドが“Time and Love”をこのアルバムからカヴァーしている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2017/2/12

    • 4
    • 2
    • 7
  • 62
    Loading

    Bee Gees / Odessa

    (1969)
    ビー・ジーズの6thアルバムは、ダブル・アルバムでリリースされた。ロバート・スティッグウッドとビー・ジーズのプロデュース。
    先行シングルでリリースされた“First of May”が全英で6位、全米で37位となり、日本のオリコンで25位を記録した。
    ストリングスを効果的に配したサウンドが、確立された感じがする。
    映画“Melody”で使われた“Melody Fair”は3兄弟で書かれているが、バリーとモーリスしか録音に参加していない。バリーとモーリスのコーラスが素敵な名曲で、大好きな曲のひとつ。
    “First of May”の発売後にロビン・ギブが脱退し、のちにコリン・ピーターセンがバンドをクビになった。5人での最後のアルバムとなった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/12/12

    • 4
    • 2
    • 7
  • 63
    Loading

    Cass Elliot / Bubble Gum, Lemonade & Something for Mama

    (1969)
    ママ・キャスの2ndアルバムは、スティーヴ・バリのプロデュース。
    ジャケのようにカラフルなサウンドが特徴的だが、ママ・キャスのキャラクターも聴いていて幸せな感じにさせてくれる。
    バリー・マン=シンシア・ワイルの“"It's Getting Better”と“"Make Your Own Kind of Music”がアルバムの最初と最後に配されてアルバムを特徴付けている。他にもデラニー・ブラムレットの“Lady Love”やローラ・ニーロの“He's a Runner”などを収録している。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/12/17

    • 4
    • 2
    • 7
  • 64
    Loading

    Linda Ronstadt / Hand Sown...Home Grown

    (1969)
    リンダ・ロンシュタットのキャピトル・レコードからのソロ・デビュー・アルバム。チップ・ダグラスのプロデュース。
    ザ・ストーン・ポニーズ解散後のソロ・アルバムだが、いまいち方向性が定まっていない感じの選曲だ。
    ボブ・ディラン、フレッド・ニールやランディ・ニューマンなどの曲を取り上げて全曲がカヴァーとなっている。
    一本調子な歌声は若さと言うしかないが、曲によってはうまくハマっているようだ。
    デビュー・アルバムとしたら合格点の内容かもしれない。

    • いいね!

    • 登録日:2016/5/15

    • 4
    • 2
    • 7
  • 65
    Loading

    The Band / The Band (No.45)

    (1969)
    地味にテンションを上げたい時に、聴くアルバム。
    確実なテクニックの演奏が聴いていて安心感を覚える。リマスターされて、ひとつひとつの音が鮮明になって、立体感を持ったことが嬉しい。

    《songlist》
    01. Across The Great Divide
    02. Rag Mama Rag
    03. The Night They Drove Old Dixie Down
    04. When You Awake
    05. Up On Cripple Creek
    06. Whispering Pines
    07. Jemima Surrender
    08. Rockin' Chair
    09. Look Out Cleveland
    10. Jawbone
    11. The Unfaithful Servant
    12. King Harvest (Has Surely Come)

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/9/21

    • 4
    • 2
    • 7
  • 66
    Loading

    The City / Now That Everything's Been Said

    (1969)
    キャロル・キング、ダニー・コーチマー、チャールズ・ラーキーの3人で組んだバンド。キャロルとチャールズはのちに結婚をする。
    キャロルのヴォーカルはもちろんだが、ダニーのヴォーカルも聴ける。いろんな面で荒削りな気がするが、あの時代の空気感をしっかり持ったアルバムだと思う。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/7/20

    • 4
    • 2
    • 7
  • 67
    Loading

    The Turtles / Turtle Soup

    (1969)
    ザ・タートルズのラスト・アルバム。レイ・デイヴィスの初めてのプロデュースとなった。
    バーバタに代わって、ドラムにジョン・セイターが加わっている。
    曲は5人で書いているが、仕上がりはなんとなくイギリスの香りがする。そこがこのアルバムの大きな魅力になっていると思うのだが、当時は全米チャートで117位と大きく沈んだ。レイ・デイヴィスという面白い所に目を付けてはいるが、世間の期待とのズレが生まれたのだろう。
    個人的にはザ・タートルズもレイ・デイヴィスも好きなので、この組み合わせは楽しめる内容となっている。
    レイ・デイヴィス・ファンは必聴の1枚かもしれない、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Come Over
    02. House On The Hill
    03. She Always Leaves Me Laughing
    04. How You Love Me
    05. Torn Between Temptations
    06. Love In The City
    07. Bachelor Mother
    08. John & Julie
    09. Hot Little Hands
    10. Somewhere Friday Night
    11. Dance This Dance
    12. You Don't Have To Walk In The Rain

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/10/29

    • 4
    • 2
    • 7
  • 68
    Loading

    Blood, Sweat & Tears / Blood, Sweat & Tears

    (1969)
    ブラッド・スウェット&ティアーズの2ndアルバム。ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオのプロデュース。アル・クーパー、ランディ・ブレッカー、ジェリー・ワイスが脱退し、デヴィッド・クレイトン・トーマスが参加した。
    デヴィッドの迫力のあるヴォーカルが、ブラス・セクションに見事にハマったのがいい結果となった感じだ。
    ブレンダ・ホロウェイのカヴァー“You've Made Me So Very Happy”、“And When I Die”、“Spinning Wheel”と3枚連続で全米のシングル・チャートで2位となった。アルバムは全米で1位となるビッグ・ヒットとなった。
    他にも、トラフィックやローラ・ニーロのカヴァーや11分にも及ぶ“Blues – Part II”と聴きどころがたっぷりとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/12/6

    • 4
    • 2
    • 7
  • 69
    Loading

    Chicago Transit Authority / Chicago Transit Authority

    (1969)
    シカゴ・トランジット・オーソリティのコロムビア・レコードからのデビュー・アルバム。プロデューサーはジェイムズ・ウィリアム・ガルシオが行った。
    デビュー・アルバムで2枚組を出せるのは、レコード会社の期待が高かったのだと思う。
    ロバート・ラム、テリー・キャス、ピーター・セテラの3人がヴォーカルを取っている。曲はラム、キャス、ジェイムス・パンコウが書いている。
    アルバムは全米で17位、全英で9位となり、シングルはアルバム発売後から大きく遅れて、70年に“Does Anybody Really Know What Time It Is?”、71年に“Beginnings”がリリースされたため長期に渡ってランクインをした。
    ザ・スペンサー・デイヴィス・グループの“I'm a Man”は、キレキレのサウンドが心地よいカヴァーとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/12/6

    • 4
    • 2
    • 7
  • 70
    Loading

    Al Kooper / You Never Know Who Your Friends Are

    (1969)
    アル・クーパーのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    このアルバムではホーンセクションやストリングスを導入した、ゴージャスな音作りとなっている。アル・クーパー・ザ・ビッグ・バンドと名付けられていて、チャーリー・カレロの人脈で集められた。
    マーヴィン・ゲイのカヴァー“Too Busy Thinking About My Baby”は、このアルバムでのハイライトのひとつ。
    ニルソンのカヴァー“Mourning Glory Story”はアカペラで歌われるコーラスのアレンジが見事で、曲の構成も面白い。
    アル・クーパーの魅力が満載の聴いておきたいアルバム。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/4

    • 4
    • 2
    • 7
  • 71
    Loading

    Harry Nilsson / Harry

    (1969)
    ニルソンの4枚目のアルバム。ニルソンとリック・ジャラードのプロデュース。
    曲によって声を使い分けているのが、ニルソンのスゴいところで、コーラスもひとりで多重録音を行っている。3分弱だが“The Puppy Song”は多彩なヴォーカルを楽しめる。
    “I Guess the Lord Must Be in New York City”は、“真夜中のカーボーイ”のためにニルソンが用意した曲。
    レノン=マッカートニーの“Mother Nature's Son”、ジェリー・ジェフ・ウォーカーの“Mr. Bojangles”、ランディ・ニューマンの“Simon Smith and the Amazing Dancing Bear”と秀逸なカヴァーもいい。
    ノスタルジック溢れるニルソンの魅力を感じられる、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. The Puppy Song
    02. Nobody Cares About The Railroads Anymore
    03. Open Your Window
    04. Mother Nature's Son
    05. Fairfax Rag
    06. City Life
    07. Mournin' Glory Story
    08. Maybe
    09. Marchin' Down Broadway
    10. I Guess The Lord Must Be In New York City
    11. Rainmaker
    12. Mr. Bojangles
    13. Simon Smith And The Amazing Dancing Bear

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/11/5

    • 4
    • 2
    • 7
  • 72
    Loading

    Leonard Cohen / Songs from a Room

    (1969)
    前作から約2年ぶりとなる、レナード・コーエンの2ndアルバム。ボブ・ジョンストンのプロデュース。ナッシュビルにあるコロムビアのスタジオで録音された。
    ドラムレスの演奏で、ロン・コーネリアス、エルキン・ファウラー、チャーリー・ダニエルズがギターやベースを弾いている。
    ジョー・コッカー、ティム・ハーディン、ジョニー・キャッシュなどの多くのミュージシャンのカヴァーされた“Bird on the Wire”は、コーエンの代表曲のひとつ。
    全英チャートで2位、カナダのチャートで10位となった、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Bird On The Wire
    02. Story Of Isaac
    03. A Bunch Of Lonesome Heros
    04. The Partisan
    05. Seems So Long Ago, Nancy
    06. The Old Revolution
    07. The Butcher
    08. You Know Who I Am
    09. Lady Midnight
    10. Tonight Will Be Fine

    • いいね!

    • 登録日:2017/9/27

    • 4
    • 2
    • 7
  • 73
    Loading

    Roy Orbison / Roy Orbison's Many Moods

    (1969)
    約2年ぶりとなるロイ・オービソンの11枚目のアルバム。ウェズレー・ローズのプロデュース。
    1968年のイギリス・ツアーの最中に、メンフィスにある自宅の火事で、2人の息子を失ってしまう。悲しみにどう向き合ってよいかわからないオービソンを支えたひとりに、ジョニー・キャッシュがいた。そして1969年の3月25日に、バーバラと結婚した。彼女もオービソンの復活を手助けしたひとりである。
    このアルバムは、オービソンとビル・ディーズが書いた曲は3曲だけで、あとはカヴァーとなっている。
    “Yesterday's Child”はこのアルバムのベスト・トラックかもしれない。ラストに収録されている“Try to Remember”も切なさを感じられる曲。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/8/24

    • 4
    • 2
    • 7
  • 74
    Loading

    Joe South / Games People Play

    (1969)
    ジョー・サウスのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    シングルでリリースされた“Games People Play”がヒットの兆しを見せたため、アルバムのタイトルにして、1曲目に持ってくるという戦略で、1970年のグラミー賞では“ソング・オブ・ジ・イヤー”に輝いた。
    ディープ・パープルのカヴァーで有名な“Hush”を収録している。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/12/18

    • 4
    • 2
    • 7
  • 75
    Loading

    Joe South / Don't It Make You Want to Go Home

    (1969)
    ジョー・サウスのセルフ・プロデュースによる3rdアルバム。
    2016年の再発の国内盤には、“これぞスワンプロック”なんて馬鹿げたタイトルが未だに付けられているのが残念だ。
    エルヴィス・プレスリーが1970年にリリースしたライヴ・アルバム“On Stage”に収録された“Walk A Mile In My Shoes”は、シングルでリリースされていて全米チャートの12位となっていた曲。
    曲作り、音作り、そして歌声を堪能できる内容となっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/12/18

    • 4
    • 2
    • 7
  • 76
    Loading

    Area Code 615 / Area Code 615

    (1969)
    ナッシュヴィルの名うてのミュージシャンが集まって録音された、エリアコード615のデビュー・アルバム。『エリアコード615』はナッシュヴィルの市外局番のようだ。
    全曲がインストで大半の曲がカヴァーとなっている。オーティス・レディングやボブ・ディラン、メドレーを含めるとザ・ビートルズは3曲も演奏している。
    ご機嫌なフィーリングの演奏は、カントリーの匂いを感じられない曲もあり、ヴァラエティに富んでいる演奏がいい。カントリー・とかカントリーに分類されてしまう現状が残念でもある。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/10/29

    • 4
    • 2
    • 7
  • 77
    Loading

    Bob Dylan / Nashville Skyline


    ㊗️“FUJI ROCK FESTIVAL'18”出演決定‼️

    (1969)
    バイク事故により隠匿生活を行っていたディランの復帰して2枚目のアルバムは、ボブ・ジョンストンによるプロデュース。
    このアルバムでは、ディランの美声を聴くことが出来る。いつものしゃがれ声ではなく、ちょっと鼻にかかった感じがいい。青空の下で笑顔で写るジャケのように清々しさを覚える。
    個人的にはジョニー・キャッシュとの共演となった“Girl from the North Country”がいい。セルフ・カヴァーでジョニー・キャッシュとのデュエットだなんて最高だ。暗いトーンのキャッシュと明るいトーンのディランの声がいい感じのハーモニーを奏でている。
    終始リラックスした感じがたまらなく良いアルバム。

    《songlist》
    01. Girl From The North Country
    02. Nashville Skyline Rag
    03. To Be Alone With You
    04. I Threw It All Away
    05. Peggy Day
    06. Lay Lady Lay
    07. One More Night
    08. Tell Me That It Isn't True
    09. Country Pie
    10. Tonight I'll Be Staying Here With You

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/16

    • 4
    • 2
    • 7
  • 78
    Loading

    The Byrds / Dr. Byrds & Mr. Hyde

    (1969)
    メンバーが一新されたザ・バーズの7枚目のアルバム。ボブ・ジョンストンのプロデュース。
    ロジャー・マッギン(vo,g)、クレランス・ホワイト(g)、ジョン・ヨーク(b)、ジーン・パーソンズ(ds)の4人で録音が始められた。前作から残ったのはマッギンだけとなり、メインのヴォーカルはマッギンが取るようになった。
    クレランス・ホワイトは“The Notorious Byrd Brothers”からゲストとして参加しているが、このアルバムではホワイトのストリングベンダーのギターの音が、効果的に響いている。
    アルバムのラストに収録されている“My Back Pages/B.J. Blues/Baby What You Want Me to Do”のメロディーが新生ザ・バーズを感じさせる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. This Wheel's On Fire
    02. Old Blue
    03. Your Gentle Way Of Loving Me
    04. Child Of The Universe
    05. Nashville West
    06. Drug Store Truck Drivin Man
    07. King Apathy III
    08. Candy
    09. Bad Night At The Whiskey
    Medley:
    10. My Back Pages
    11. B. J. Blues
    12. Baby, What You Want Me To Do

    • いいね!

    • 登録日:2017/10/28

    • 4
    • 2
    • 7
  • 79
    Loading

    The Byrds / Ballad of Easy Rider

    (1969)
    ザ・バーズの8枚目のアルバムは、テリー・メルチャーのプロデュース。
    タイトル曲の“Ballad of Easy Rider”は、ピーター・フォンダとデニス・ホッパーが制作したアメリカン・ニュー・シネマの“イージー・ライダー”のエンディング曲となった。歌詞の原案はボブ・ディラン。
    前作よりも洗練された感じがするのは、テリー・メルチャーのプロデュースのためだろうが、個人的にはそれが良い感じだと思う。演奏もまとまりが出てきたようだ。
    アーサー・レイノルズの書いた“Jesus Is Just Alright”は後期のザ・バーズの代表曲のひとつ。ザ・ドゥービー・ブラザーズも歌っている。
    ボブ・ディランの“It's All Over Now, Baby Blue”気だるい感じのアレンジが絶妙だ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Ballad Of Easy Rider
    02. Fido
    03. Oil In My Lamp
    04. Tulsa County Blue
    05. Jack Tarr The Sailor
    06. Jesus Is Just Alright
    07. It's All Over Now, Baby Blue
    08. There Must Be Someone
    09. Gunga Din
    10. Deportee (Plane Wreck At Los Gatos)
    11. Armstrong, Aldrin And Collins

    • いいね!

    • 登録日:2017/10/28

    • 4
    • 2
    • 7
  • 80
    Loading

    Dillard & Clark / Through the Morning, Through the Night

    (1969)
    ディラード&クラークのラスト・アルバムとなる2ndアルバム。ラリー・マークスのプロデュース。
    前作でやり切った感があるのか、このアルバムでは2人が別の方向を向いている感じがする。4曲あった共作もトラディショナル・ソングのアレンジが1曲だけとなった。3曲をクラークが書いていて、残りはカヴァーとなっている。
    タイトル曲の“Through the Morning, Through the Night”は2007年のロバート・プラント&アリソン・クラウスのアルバムでカヴァーされている。
    個人的にはビル・モンローが書いて多くのカヴァーが存在する“"Rollin' in My Sweet Baby's Arms”や、レノン=マッカートニーの“Don't Let Me Down”がグッドな仕上がりだと思う。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/8/30

    • 4
    • 2
    • 7
  • 81
    Loading

    The Flying Burrito Brothers / The Gilded Palace of Sin

    (1969)
    ザ・バーズを脱退したグラム・パーソンズとクリス・ヒルマンが作ったバンド。
    ダン・ペンとチップス・モーマンのT-2、3のカヴァーが良いな。あとは、コステロがカヴァーしたT-8。コステロのカヴァーしたタイトルは“I'm Your Toy"だった。
    最近ジャンルとかどうでも良いので、カントリー・ロックの名盤って書くのが嫌だな…。FBBの名盤で。

    • いいね!

    • 登録日:2015/7/16

    • 4
    • 2
    • 7
  • 82
    Loading

    The Rolling Stones / Let It Bleed (No.32)

    (1969)
    68年の11月から中断を挟んでいるが、69年の11月までに渡って録音したアルバム。その間いろいろなことがあり、基本的には4人で録音したアルバム。
    ライ・クーダーやレオン・ラッセル、ニッキー・ホプキンス、アル・クーパー等のゲストが豪華だ。
    おどろおどろしいT-1で始まり、崇高なT-9で終わる…。聴いておいた方が良いアルバムひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/7/23

    • 4
    • 2
    • 7
  • 83
    Loading

    Dusty Springfield / Dusty in Memphis (No.89)

    (1969)
    ダスティ・スプリングフィールドがアトランティック・レコードに移籍して、メンフィスのアメリカン・サウンド・スタジオで録音した5枚目のアルバム。ジェリー・ウェクスラー、アリフ・マーディン、トム・ダウトのプロデュース。
    移籍第1弾のシングル“Son of a Preacher Man”が全英で9位、全米で10位のヒットシングルとなるが、アルバムは全米チャートで99位と大きく沈んだ。
    アトランティック・レコードが誠心誠意バック・アップしていたのに、結果が伴わなかったのが当時のダスティに大きな影響を与えた。
    時代が経つにつれて、このアルバムの評価が高まっていくのは言うまでもなく、今では時代を代表するアルバムのひとつに挙げられる。
    “The Windmills of Your Mind”は大好きな曲のひとつ。ダスティのディープな感じが見事に表現されている。

    • いいね!

    • 登録日:2016/1/1

    • 4
    • 2
    • 7
  • 84
    Loading

    Boz Scaggs / Boz Scaggs

    (1969)
    ボズ・スキャッグスの隠れた名盤。アトランティック・ソウルの本拠地、マッスル・ショーズに乗り込んで録音したアルバム。そこでギターを弾いていたデュエイン・オールマンが最高のギター演奏をしている。そのため、国内盤は“ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン”ってタイトルになっている。
    白人が歌っているとは思えない、ボズの歌声がホントに感動を与えてくれる。ヤッパリ名盤だ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/8/1

    • 4
    • 2
    • 7
  • 85
    Loading

    Delaney & Bonnie / Accept No Substitute

    (1969)
    デラニー&ボニーの実質のデビュー・アルバム。68年スタックス・レコードと契約し録音も終えていたが、アルバムの発売が行われなかった。そこで、エレクトラ・レコードと契約しアルバムをリリースした。
    この頃は、デラニー&ボニー&フレンズとしてライヴ活動をしていたので、バックは時代を築いていく強者たちである。白人離れしたボニーの歌声がご機嫌なサウンドに乗って、大きな心地良いグルーヴを生み出している。
    このアルバムの聴きどころは、アレサ・フランクリンの代表曲“Do Right Woman, Do Right Man”のカヴァーだと思う。全てにおいて最高のパフォーマンスな気がする。
    イマイチ地味な扱いを受けているが、時代を作ったキーパーソンたちの見事な演奏が聴けるアルバム。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/9/24

    • 4
    • 2
    • 7
  • 86
    Loading

    Delaney & Bonnie / Home

    (1969)
    スタックス・レコードで録音した、デラニー&ボニー幻のデビュー・アルバム。スタックスから発売されたのが“Accept No Substitute”の後になったためだ。
    プロデューサーはドン・ニックスとドナルド・ダック・ダンが行った。
    ブッカー・T&ザ・Mg’sとアイザック・ヘイズがバックを務めているのでいつもとはバリバリの南部のサウンドになっている。黄金時代のスタックスを支えたバンドによって、デラニー&ボニーの歌声には心地よさを感じる。
    このアルバムでレオン・ラッセル、カール・レイドル、ジミーカースタインと録音した曲が2曲あり、そのうち“Piece of My Heart”の迫力あるボニーの歌声は本当に素晴らしい。ジャニス・ジョプリンが歌ってヒットしたものだが、勝るとも劣らない内容だ。
    幻の名盤みたいな扱いだが、かなり良い出来のアルバムだと思う。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/24

    • 4
    • 2
    • 7
  • 87
    Loading

    Tony Joe White / Black and White

    (1969)
    モニュメント・レコードから発売された、トニー・ジョー・ホワイトのデビュー・アルバム。ビリー・スワンによるプロデュース。
    アナログのA面とB面のT-1はトニーが書いた曲で、残りはカヴァー曲となっている。
    声を張り上げて歌う感じでは無く、淡々と歌っているのがデビュー・アルバムなのに貫禄を感じる。ジョニー・キャッシュを思わせるヴォーカル・スタイルのようだ。そのため“The Look of Love”の仕上がりがいい感じだ。
    このアルバムから、エルヴィス・プレスリーがカヴァーして有名になった“Polk Salad Annie”を収録している。
    時代を作ったキーパーソンのひとり。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/21

    • 4
    • 2
    • 7
  • 88
    Loading

    Tony Joe White / ...Continued

    (1969)
    トニー・ジョー・ホワイトの2ndアルバム。ビリー・スワンのプロデュース。
    このアルバムは全曲トニーが書いた曲で、“Rainy Night in Georgia”は1970年にブルック・ベントンがカヴァーしてヒット曲となった。この曲は多くのミュージシャンにカヴァーされている、ソウル・スタンダードのひとつ。
    前作とはバックのメンバーが異なっているので、同じ年に録音されているが違う感じがする。このアルバムでの演奏の方がソウル・テイストが濃いようだ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/21

    • 4
    • 2
    • 7
  • 89
    Loading

    Dr. John / Babylon

    (1969)
    ドクター・ジョンの2ndアルバム。ハロルド・バティストのプロデュース。
    前作に引き続き怪しい感じだが、このアルバムではファンキーなテイストが加わり、音楽的に幅が広がったようだ。6曲が4分を超える曲で、Dr・ジョンの生み出すグルーヴに飲み込まれていく感じになる。
    Dr・ジョンのアルバムはロックのコーナーにあるのがおかしいって思えるアルバム。

    • いいね!

    • 登録日:2015/12/2

    • 4
    • 2
    • 7
  • 90
    Loading

    The Meters / The Meters

    (1969)
    アート・ネヴィル(key,vo)、レオ・ノセンテリ(g)、ジョージ・ポーターJr.(b,vo)、ジョー・“ジガブー”・モデリスト(ds)の4人で録音されたミーターズのデビュー・アルバム。アラン・トゥーサンとマーシャル・シホーンのプロデュースで行われた。
    4人が生み出すグルーヴに圧倒されてしまうアルバム。この頃は全曲が演奏だけとなっているから、聴きやすいかもしれない。デビュー前から、サンス・レコードのスタジオ・ミュージシャンをやっていただけあって、腕は確かである。
    ジガブーの手数の多いドラミングが特徴的で、かなりタイトでキレがある。
    ニューオリンズのファンキーなサウンドと言えば、このアルバムは欠かせない。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/27

    • 4
    • 2
    • 7
  • 91
    Loading

    The Velvet Underground / The Velvet Underground (No.314)

    (1969)
    脱退したジョン・ケイルの代わりに、ダグ・ユールが入った3rdアルバム。プロデュースはヴェルヴェッツが行った。収録曲は全てルー・リードによって書かれた。
    個人的にヴェルヴェッツのアルバムで一番聴いているアルバムかもしれない。ルー・リードの美しいメロディーの曲が、多く収録されているからだ。そして、ヴェルヴェッツの演奏が何気に良い。残念なのは“Candy Says”のヴォーカルがルー・リードじゃないことだ。

    《songlist》
    01. Candy Says
    02. What Goes On
    03. Some Kinda Love
    04. Pale Blue Eyes
    05. Jesus
    06. Beginning To See The Light
    07. I'm Set Free
    08. That's The Story Of My Life
    09. The Murder Mystery
    10. After Hours

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/9/2

    • 4
    • 2
    • 7
  • 92
    Loading

    The Stooges / The Stooges (No.185)

    (1969)
    イギー・ポップ(vo)、ロン・アシュトン(g)、デイヴ・アレキサンダー(b)、スコット・アレキサンダー(ds)の4人からなるザ・ストゥージズのデビュー・アルバム。ジョン・ケイルによるプロデュース。
    アルバムが完成した後にジョンの音作りが気に入らず、イギーがギターの音を上げて発売となった。それが、結果的には良かったのかもしれない。ギターの音が、このアルバムの特徴のひとつでもある。
    ヴェルヴェッツもそうだが、革新的なアルバムは発売当初の評価は低い。チャートの最高位は106位に終わった。その後、たくさんのミュージシャンの評価を得て、歴史的名盤のひとつになった。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/10

    • 4
    • 2
    • 7
  • 93
    Loading

    David Bowie / Space Oddity

    (1969)
    デヴィッド・ボウイの2ndアルバムは、トニー・ヴィスコンティによるプロデュース。
    フィリップスからの最初の発売で英国盤は『David Bowie』、米国盤は『Man of Words, Man of Music』との題名が付けられる変則的なアルバムだった。1972年にRCAレコードが本作の権利を買い取り、再発した際に『スペイス・オディティ』に変更になった。
    シングルで発売されていたT-1が、当時のアポロ計画に乗っかった感じになりシングル・チャートの5位に上がったが、そのほかの曲は方向性が定まらない感じがしている。
    曲によってはボウイのメロディー・メーカーの可能性を感じる曲もある。個人的には“Wild Eyed Boy from Freecloud”が好きな曲だ。
    全英で17位、全米で16位と世間に認知されたアルバム。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/8

    • 4
    • 2
    • 7
  • 94
    Loading

    Rod Stewart / An Old Raincoat Won't Ever Let You Down

    (1969)
    ロッド・スチュワートのヴァーティゴ・レコードからリリースした、ソロでのデビュー・アルバム。プロデュースはロッドとルー・レイズナーが行った。
    アメリカ盤は“The Rod Stewart Album”とシンプルなタイトルとジャケで発売されていて、チャートもイギリスはチャート・インせず、アメリカで139位となった。
    ジェフ・ベック・グループから、ロン・ウッドとミック・ウォーラー、他にイアン・マクレガンなどが参加している。
    1曲目はシングルで発売されたザ・ローリング・ストーンズの“Street Fighting Man”で幕を開けるが、ちょっとドタバタした感じで面白い。
    “Handbags and Gladrags”はクリス・ファーロウの1967年のヒット曲。歌心のあるカヴァーとなっている。
    ヴァラエティにとんだ内容の、聴いておきたいデビュー・アルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/12/19

    • 4
    • 2
    • 7
  • 95
    Loading

    Status Quo / Spare Parts

    (1969)
    ステイタス・クォーの2ndアルバム。ジョン・シュローダーのプロデュースでレコーディングされた。
    このアルバムは前作を引き継いだ内容になっている。ベースのアラン・ランカスターと、ローディーのボブ・ヤングが曲作りに加わって、音楽的に幅を広げているようだ。
    しかし、時代に取り残された感のあるこのアルバムは、チャートにランクインすることはなかった。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/18

    • 4
    • 2
    • 7
  • 96
    Loading

    Georgie Fame / Seventh Son

    (1969)
    ジョージィ・フェイムのCBSでの3枚目のアルバム。
    コンスタントにアルバムをリリースしていく中で、この時期のサウンドを確立した内容となっている。ホーン・セクションを起用し、ジャズ寄りのクールな音を出している。
    タイトル曲の“Seventh Son”はウィリー・ディクソンのカヴァーで全英のシングル・チャートで24位となった。この曲は、フェイムが影響を受けているモーズ・アリソンもカヴァーしている。
    オシャレなクリスマス・ソングの“Ho Ho Ho”は、もっと広まっても良い曲。ギターの伴奏でで歌われている“Vino Tequila”はフェイムの曲では異色な感じがする。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/8

    • 4
    • 2
    • 7
  • 97
    Loading

    Soft Machine / Volume Two

    (1969)
    ソフト・マシーンのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。ツアーに疲弊したケヴィン・エアーズはバンドを脱退し、ヒュー・ホッパーが加入して録音された。
    多くの曲を書いていたエアーズの脱退によりポップな要素が薄れ、ジャズの色が強くなっている。音もカチッとした感じになっているのがハッキリとわかる。
    小品集のように17曲と多く収録されているのも、このアルバムの特徴である。
    新体制になってスタイルを模索している感じの内容だが、それはそれで楽しめる感じがする。

    • いいね!

    • 登録日:2015/12/7

    • 4
    • 2
    • 7
  • 98
    Loading

    Kevin Ayers / Joy of a Toy

    (1969)
    ケヴィン・エアーズのソロ・デビュー・アルバム。エアーズとピーター・ジェンナーのプロデュース。
    ソフト・マシーンを脱退してのリリースだったが、ソフト・マシーンからワイアットやラトリッジ等が参加しているのがいい。
    前衛的と思えるそのサウンドが、一筋縄ではいかないエアーズらしい。好みが大きく分かれるだろうが、こういった音楽もありだと思う。
    ケヴィン・エアーズはソフト・マシーンにいたから、プログレの枠で語られたりCD屋で並んでいることが多いが、どっちもそんなことはないと思っている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/12/25

    • 4
    • 2
    • 7
  • 99
    Loading

    Bert Jansch / Birthday Blues

    (1969)
    バートヤンシュの5thアルバム。プロデューサーにシェル・タルミーを起用した。
    ザ・キンクスの成功でタルミーの知名度は上がっていたので、このアルバムでバンド・サウンドを目指したヤンシュの意図は正解だったかもしれない。
    ダニー・トンプソン(b)、テリー・コックス(ds)の強力なリズム隊とレイ・ウォーリー(sax、fl)、ダフィー・パワー(hca)がバンドのメンバーとなっている。
    バンドと録音しているが、ヤンシュの繊細な部分は残されているのがいい。朴訥な歌声に味わいがある。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Come Sing Me A Happy Song To Prove We Can All Get Along The Lumpy, Bumpy, Long And Dusty Road
    02. The Bright New Year
    03. Tree Song
    04. Poison
    05. Miss Heather Rosemary Sewell
    06. I've Got A Woman
    07. A Woman Like You
    08. I Am Lonely
    09. Promised Land
    10. Birthday Blues
    11. Wishing Well
    12. Blues

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/10/8

    • 4
    • 2
    • 7
  • 100
    Loading

    Nick Drake / Five Leaves Left (No.283)

    (1969)
    ニック・ドレイクのデビュー・アルバム。プロデューサーはジョー・ボイド。
    ニックの滑らかに弾くガット・ギターがとても良い。ストリングスが入る曲はちょっと大げさな感じもするが、聴いていて緊張感が出てくるアルバムってそうは無いと思う。
    じっくり向き合って聴きたいアルバム。

    • いいね!

    • 登録日:2015/8/10

    • 4
    • 2
    • 7
  • 101
    Loading

    Pentangle / Basket of Light

    (1969)
    全英チャートで5位と躍進を遂げたペンタングルの3rdアルバム。プロデューサーはシェル・タルミーが行った。ジャケは、前作に収録されたロイヤル・アルバート・ホールでのステージを写したものだ。
    このアルバムでは、ジョンがシタール、バートがバンジョーと楽器の音を増やして幅を広げている。T-2ではシタールの音が効果的に響いていて、その音とジャッキーの声が妖艶な響きを生んでいる。さらに、ジャッキーの声を重ねている曲も増えている。
    デビューから充実したアルバムをリリースし続けているペンタングルが、結果を残したアルバム。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/20

    • 4
    • 2
    • 7
  • 102
    Loading

    Fairport Convention / What We Did on Our Holidays

    (1969)
    ジュディ・ダイブルが脱退し、サンディ・デニーが加入した2ndアルバム。プロデュースはジョー・ボイドが行った。
    サンディが加入して大きく幅が広がった感じがする。フォーク調の優しげに歌う曲や、ロック調の力強く歌う曲の歌い分けが本当に良い。演奏が良いだけに、彼女の歌が重要な鍵を握っている気がする。
    このアルバムでもジョニ・ミッチェルのカヴァーがあり“Eastern Rain”を歌っている。さらに、ボブ・ディランの“I'll Keep It With Mine”のカヴァーもある。
    独自のカラーを感じられるようになってきたアルバムだと思う。

    《songlist》
    01. Fotheringay
    02. Mr. Lacey
    03. Book Song
    04. The Lord Is In This Place....How Dreadful Is This Place.
    05. No Man's Land
    06. I'll Keep It With Mine
    07. Eastern Rain
    08. Nottamun Town
    09. Tale In Hard Time
    10. She Moves Through The Fair
    11. Meet On The Ledge
    12. End Of A Holiday

    • いいね!

    • 登録日:2017/9/7

    • 4
    • 2
    • 7
  • 103
    Loading

    Fairport Convention / Unhalfbricking

    (1969)
    アルバムの録音開始後にイアン・マシューズが脱退してしまった3rdアルバム。ボブ・ディランのカヴァーが3曲とアルバムの半分近くを占めているのが大きな特徴。
    ディランの曲だが、“If You Gotta Go, Go Now”はシングルのみの曲。“Percy's Song”は3rdアルバムのアウトテイク。“"Million Dollar Bash”は“The Basement Tapes”に収録されている曲。かなりレアな曲を演奏しているのが良い。
    デニーが書いた“Who Knows Where the Time Goes?”は彼女の代表曲であり、多くのカヴァーによって歌い継がれている。
    時代を代表する名盤のひとつ。

    《songlist》
    01. Genesis Hall
    02. Si Tu Dois Partir
    03. Autopsy
    04. A Sailor's Life
    05. Cajun Woman
    06. Who Knows Where The Time Goes
    07. Percy's Song
    08. Million Dollar Bash

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/9/7

    • 4
    • 2
    • 7
  • 104
    Loading

    Fairport Convention / Liege & Lief

    (1969)
    この年の5月に自動車事故でマーティン・ランブルが死去し、デイヴ・マタックスが加入して録音は始められた。さらに、前作にも参加していたフィドル奏者のデイヴ・スウォーブリックもバンドに加入した。この2人の加入がバンドの音を決定付けた気がする。
    イギリスのトラディショナル・ソングに新たな息吹を吹き込んだこのアルバムは、メンバーの高い技術が結集されているようだ。トラッドとエレクトリック・サウンドを見事に融合させた本作は、アメリカのフォーク・ロックに対しての返答だと思う。そして、ディランやザ・バンドが“The Basement Tapes”に大きな刺激を受けていた感じがする。
    最高傑作と言われているこのアルバムの発売前に、サンディ・デニーはバンドを脱退してしまった。

    《songlist》
    01. Come All Ye
    02. Reynardine
    03. Matty Groves
    04. Farewell, Farewell
    05. The Deserter
    06. Medley
    The Lark In The Morning
    Rakish Paddy
    Foxhunter's Jig
    Toss The Feathers
    07. Tam Lin
    08. Crazy Man Michael

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/9/7

    • 4
    • 2
    • 7
  • 105
    Loading

    Matthews' Southern Comfort / Matthews' Southern Comfort

    (1969)
    フェアポート・コンヴェンションを脱退した、イアン・マシューズが結成したマシューズ・サザン・コンフォートのデビュー・アルバム。マシューズとスティーヴ・バールビーのプロデュース。
    新しく結成したと言っても、サイモン・ニコルやリチャード・トンプソン、アシュレイ・ハッチングスが参加しているので、フェアポートの延長線上にある感じがする。
    バールビーは曲作りにも関わっていて、マシューズとの共作も行っている。リチャード・トンプソンが書いた“A Commercial Proposition”が収録されている。
    イギリス人が書いた曲ってわかるメロディーラインに乗せた、マシューズの優しい歌声に癒される感じがする。
    残念なことにCD化はされているが、限定の紙ジャケで発売されたため、現在は入手がかなり厳しい感じになっている。

    • いいね!

    • 登録日:2016/7/12

    • 4
    • 2
    • 7
  • 106
    Loading

    Matthews Southern Comfort / Second Spring

    (1969)
    マシューズ・サザン・コンフォートの2ndアルバム。イアン・マシューズのプロデュース。
    スティール・ギターのゴードン・ハントリー以外のメンバーは一新されている。しかし、音はしっかりと纏まっている感じがする。ハーモニー・ヴォーカルがしっかり付けられているのがいい。バンドのには、ザ・ニュー・ロスト・シティ・ランブラーズのトム・パリーがバンジョーで参加している。
    ジェームス・テイラーの“Something in the Way She Moves”を歌っている。この曲は、テイラーのデビュー・アルバムに収録されていて、マシューズの声質に合ったカヴァーだと思える。
    イアン&シルヴィアの“Southern Comfort”をカヴァーしているが、この曲からバンド名を取っている。オリジナルはイアン&シルヴィアが1967年にリリースした“Nashville”に収録されている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/9/1

    • 4
    • 2
    • 7