みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

1975年発売のアルバム

ここ何年かの流れだろうか、本人が写っているジャケでは無く、絵画のようなジャケが多くなってきた気がする。アルバムのジャケットに芸術性を感じられるのがいい。

  • File

    John Lennon / Rock 'N' Roll

  • File

    Harry Nilsson / Duit on Mon Dei

  • File

    Bert Jansch / Santa Barbara Honeymoon

  • File

    Neil Young & Crazy Horse / Tonight's the Night (No.331)

  • File

    Neil Young with Crazy Horse / Zuma

  • File

    Stephen Stills / Stills

  • File

    Joni Mitchell / The Hissing of Summer Lawns

  • File

    Paul Simon / Still Crazy After All These Years

  • File

    Muddy Waters / The Muddy Waters Woodstock Album

  • File

    The Band / Northern Lights-Southern Cross

  • File

    Bob Dylan / Blood on the Tracks (No.08)

  • File

    Bob Dylan・The Band / The Basement Tapes (No.291)

  • File

    Emmylou Harris / Pieces of the Sky

  • File

    Emmylou Harris / Elite Hotel

  • File

    Linda Ronstadt / Prisoner in Disguise

  • File

    John Hiatt / Overcoats

  • File

    Van Dyke Parks / The Clang of the Yankee Reaper

  • File

    Old In The Way / Old In The Way

  • File

    Grateful Dead / Blues for Allah

  • File

    Eagles / One of These Nights

  • File

    The Doobie Brothers / Stampede

  • File

    Little Feat / The Last Record Album

  • File

    The Allman Brothers Band / Win, Lose or Draw

  • File

    ZZ Top / Fandango!

  • File

    John Fogerty / John Fogerty

  • File

    Roger McGuinn / Roger McGuinn & Band

  • File

    Leon Russell / Will O' the Wisp

  • File

    Richard & Linda Thompson / Hokey Pokey

  • File

    Richard & Linda Thompson / Pour Down Like Silver

  • File

    Ronnie Lane / Ronnie Lane's Slim Chance

  • File

    Felix Cavaliere / Destiny

  • File

    Todd Rundgren / Initiation

  • File

    Steely Dan / Katy Lied

  • File

    Fleetwood Mac / Fleetwood Mac (No.183)

  • File

    Lou Reed / Metal Machine Music

  • File

    Bruce Springsteen / Born to Run (No.18)

  • File

    Patti Smith / Horses (No.44)

  • File

    Dr. Feelgood / Down by the Jetty

  • File

    Dr. Feelgood / Malpractice

  • File

    Tower of Power / Urban Renewal

  • File

    Tower of Power / In the Slot

  • File

    Graham Central Station / Ain't No 'Bout-A-Doubt It

  • File

    Earth, Wind & Fire / That's The Way Of The World (No.493)

  • File

    The Isley Brothers / The Heat Is On

  • File

    The Fantastic Four / Alvin Stone (The Birth and Death of a Gangster)

  • File

    Van McCoy & the Soul City Symphony / Disco Baby

  • File

    B. T. Express / Non Stop

  • File

    Sam Dees / The Show Must Go On

  • File

    Wilson Pickett / Join Me and Let's Be Free

  • File

    Merry Clayton / Keep Your Eye on the Sparrow

  • File

    Allen Toussaint / Southern Nights

  • File

    The Meters / Fire on the Bayou

  • File

    The Grease Band / Amazing Grease

  • File

    The Frankie Miller Band / The Rock

  • File

    Rory Gallagher / Against the Grain

  • File

    Jeff Beck / Blow by Blow

  • File

    Aerosmith / Toys in the Attic (No.228)

  • File

    Led Zeppelin / Physical Graffiti (No.70)

  • File

    Status Quo / On the Level

  • File

    Pink Floyd / Wish You Were Here (No. 211)

  • File

    Queen / A Night at the Opera (No.231)

  • File

    Electric Light Orchestra / Face the Music

  • File

    The Kinks / The Kinks Present a Soap Opera

  • File

    The Kinks / The Kinks Present Schoolboys in Disgrace

  • File

    Robert Palmer / Pressure Drop

  • File

    Rod Stewart / Atlantic Crossing

  • File

    David Bowie / Young Americans

  • File

    Ian Hunter / Ian Hunter

  • File

    Mick Ronson / Play Don't Worry

  • File

    Mott / Drive On

  • File

    Roxy Music / Siren (No.371)

  • File

    Robert Wyatt / Ruth Is Stranger Than Richard

  • File

    Dave Edmunds / Subtle as a Flying Mallet

  • File

    10cc / The Original Soundtrack

  • 1
    File

    John Lennon / Rock 'N' Roll

    (1975)
    ジョン・レノンのソロでいちばん好きなアルバム。ジョンが演奏したい曲を、仲間たちと楽しく演奏をする。そんな感じがするからだ。“曲を作らなくてはいけない”というプレッシャーが無いだけでもかなり違うと思う。
    だからといってやっつけ的な感じはなく、カヴァーした曲へのリスペクトが感じられる。
    ジョンの作ったどのアルバムよりも、良いって思うんだけど…。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Be-Bop-A-Lula
    02. Stand By Me
    03. Medley:
    Rip It Up
    Ready Teddy
    04. You Can't Catch Me
    05. Ain't That A Shame
    06. Do You Want To Dance
    07. Sweet Little Sixteen
    08. Slippin' And Slidin'
    09. Peggy Sue
    10. Medley:
    Bring It On Home To Me
    Send Me Some Lovin'
    11. Bony Moronie
    12. Ya Ya
    13. Just Because

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/22

    • 1
    • 0
    • 0
  • 2
    File

    Harry Nilsson / Duit on Mon Dei

    (1975)
    ニルソンのセルフ・プロデュースによる11枚目のアルバム。
    ここ何作かで見られる豪華なバンドのメンバーとの、楽しそうな録音が伝わってくる内容となっている。マリンバやスティール・ドラムを導入しているのも特徴的だ。
    バンドの新メンバーとしてヴァン・ダイク・パークスの参加は、ニルソン大きな力となっていく。
    “Kojak Columbo”はニューオリンズ調のメロディーで、Dr・ジョンがピアノを弾いている。コジャックとコロンボとアメリカを代表する2人の刑事をタイトルに持ってくるのが面白い。
    “Easier for Me”はリンゴ・スターのアルバム“Goodnight Vienna”のために書いた曲。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Jesus Christ You're Tall
    02. It's A Jungle Out There
    03. Down By The Sea
    04. Kojak Columbo
    05. Easier For Me
    06. Turn Out The Light
    07. Salmon Falls
    08. Puget Sound
    09. What's Your Sign
    10. Home
    11. Good For God

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 3
    File

    Bert Jansch / Santa Barbara Honeymoon

    (1975)
    バート・ヤンシュの10枚目のアルバム。ダニー・レーンのプロデュース。
    このアルバムは今までとは違った印象を受けた。今まではヤンシュの弾くアコースティック・ギターがメインに据えられていたが、バンドとしてのサウンドがメインとなっている感じだ。もちろん、ヤンシュのギターが楽しめる曲もあるし、ヤンシュらしいメロディーは健在である。
    “You Are My Sunshine”のカヴァーも絶品だ。
    ヤンシュのアルバムの中でポップな要素がかなり強いので、このアルバムから聴くのもありかもしれない。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Love Anew
    02. Mary And Joseph
    03. Be My Friend
    04. Baby Blue
    05. Dance Lady Dance
    06. You Are My Sunshine
    07. Lost And Gone
    08. Blues Run The Game
    09. Build Another Band
    10. When The Teardrops Fell
    11. Dynamite
    12. Buckrabbit

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 4
    Loading

    Neil Young & Crazy Horse / Tonight's the Night (No.331)

    (1975)
    ニール・ヤングの6枚目のアルバム。ヤングとデヴィッド・ブリッグス、ティム・マリガンのプロデュース。“Lookout Joe”は1970年に録音された、エリオット・メザーによるプロデュース。このアルバムは1973年に出来上がっていたのだが、大人の事情で発売が見送られていたアルバム。
    1972年のダニー・ウィットンの死を受けて作られた“Borrowed Tune”とウィットンと演奏したライヴの“Come on Baby Let's Go Downtown”、ローディーのブルース・ペリーの死を受けてザ・サンタモニカ・フライヤーズと録音された曲。ヤングとベン・キース、ニルス・ロフグレン、ビリー・タルボットとラルフ・モリーナで構成されているが、友の死を乗り越えようとしている憔悴した男たちの演奏となっている。
    “New Mama”ではザ・ロケッツのジョージ・ウィットセルがヴォーカルで参加している。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    Side one
    01. Tonight's The Night
    02. Speakin' Out
    03. World On A String
    04. Borrowed Tune
    05. Come On Baby Let's Go Downtown
    06. Mellow My Mind
    Side two
    01. Roll Another Number (For The Road)
    02. Albuquerque
    03. New Mama
    04. Lookout Joe
    05. Tired Eyes
    06. Tonight's The Night - Part II

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 5
    Loading

    Neil Young with Crazy Horse / Zuma

    (1975)
    1972年にダニー・ウィットンが薬物過剰摂取により死去したため、このアルバムから、フランク・“ポンチョ”・サンペドロがリズム・ギターでクレイジー・ホースに加入した。
    プロデュースはデヴィッド・ブリッグス、ティム・マリガンとヤング。
    ポンチョが入ったのはヤングに取って大きかったのではないかと思う。ヤングのソロの時のバックでの演奏がホントに気が利いている。このアルバムでは右がポンチョのギターになる。このアルバムでは、ポンチョのギターにも注目して欲しい。

    《songlist》
    Side one
    01. Don't Cry No Tears
    02. Danger Bird
    03. Pardon My Heart
    04. Lookin' For A Love
    05. Barstool Blues
    Side two
    01. Stupid Girl
    02. Drive Back
    03. Cortez The Killer
    04. Through My Sails

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 6
    Loading

    Stephen Stills / Stills

    (1975)
    コロムビア・レコードに移籍してリリースされた、スティーヴン・スティルスの3rdアルバム。マナサスの2枚のアルバム、CSN&Yの再結成を挟んでリリースされたので、約5年ぶりとなった。スティルスとビル・ハルヴァーソンのプロデュース。
    “As I Come of Age”はドラムにリンゴ・スター、コーラスにベティ・ライトと盟友のクロスビーとナッシュが参加している。スティルスの弾くピアノが素敵な音色を奏でている。
    ニール・ヤングのカヴァー“New Mama”ではドラムにラス・カンケル、ベースにリーランド・スカラー、コーラスにリック・ロバーツと豪華なメンバーでの録音。
    今はCD屋でほとんど見かけることが無くなったので、機会があったら聴いておきたいアルバム。

    《songlist》
    01. Turn Back The Pages
    02. My Favorite Changes
    03. My Angel
    04. In The Way
    05. Love Story
    06. To Mama From Christopher And The Old Man
    07. First Things First
    08. New Mama
    09. As I Come Of Age
    10. Shuffle Just As Bad
    11. Cold Cold World
    12. Myth Of Sisyphus

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 7
    Loading

    Joni Mitchell / The Hissing of Summer Lawns

    (1975)
    ジョニ・ミッチェルのセルフ・プロデュースによる7枚目のアルバム。
    このアルバムは、ミッチェルの新しい方向性を試した感じの内容となっている。キラキラした感じの“In France They Kiss on Main Street”と、アフリカのリズムを導入した“The Jungle Line”を聴けば、このアルバムのクオリティーの高さを感じられるだろう。
    コーラスの多重録音が見事なタイトル曲の“Shadows and Light”は、シンセサイザーとオルガンをミッチェルが弾いている崇高な仕上がりとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. In France They Kiss On Main Street
    02. The Jungle Line
    03. Edith And The Kingpin
    04. Don't Interrupt The Sorrow
    05. Shades Of Scarlett Conquering
    06. The Hissing Of Summer Lawns
    07. The Boho Dance
    08. Harry's House / Centerpiece
    09. Sweet Bird
    10. Shadows And Light

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 8
    Loading

    Paul Simon / Still Crazy After All These Years

    (1975)
    1976年のグラミー賞で最優秀アルバムと男性ポップ・ヴォーカルの2冠を獲得したアルバムで、フィル・ラモーンとの共同プロデュース。
    フィル・ラモーンの人脈で多くのジャズ・ミュージシャンが参加している。クレジットを見るだけでワクワクするメンバーだ。
    スティーヴ・ガットのドラムのリフが楽しめる“50 Ways to Leave Your Lover”は全米シングル・チャートで1位となった代表曲のひとつ。パティ・オースティン、ヴァレリー・シンプソン、フィービ・スノウがコーラスで参加している。
    “My Little Town”はS&G解散後初めてアート・ガーファンクルとのデュエットとなった曲で、シングルはS&G名義でリリースされた。B面にポールの“You're Kind”とアートの“Rag Doll”を収録し、2人で並んで写っているジャケが微笑ましい。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Still Crazy After All These Years
    02. My Little Town
    03. I Do It For Your Love
    04. 50 Ways To Leave Your Lover
    05. Night Game
    06. Gone At Last
    07. Some Folks Lives Roll Easy
    08. Have A Good Time
    09. You're Kind
    10. Silent Eyes

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 9
    Loading

    Muddy Waters / The Muddy Waters Woodstock Album

    (1975)
    マディ・ウォーターズのチェス・レコードのラスト・アルバム。プロデューサーはヘンリー・グローバーとレヴォン・ヘルムが行った。
    ウッドストックにあるレヴォン・ヘルムのスタジオで、たった2日間で仕上げられたジャム・セッションの延長のような感じかもしれない。
    ポール・バタフィールドやガース・ハドソンらのメンバーと演奏した、楽しい時間も一緒に録音されている気がする。
    1曲目がボビー・チャールズのカヴァーってのも見逃せない‼︎
    グッド・フィーリングなアルバム。

    《songlist》
    01. Why Are People Like That
    02. Going Down To Main Street
    03. Born With Nothing
    04. Caledonia
    05. Funny Sounds
    06. Love, Deep As The Ocean
    07. Let The Good Times Roll
    08. Kansas City
    09. Born With Nothing

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 10
    Loading

    The Band / Northern Lights-Southern Cross

    (1975)
    ザ・バンドのセルフ・プロデュースによる6枚目のアルバム。シャングリラ・スタジオでの初レコーディングとなった。
    前年にディランとのアルバム“Planet Waves”をリリースしたのだが、それがザ・バンドに良い刺激となったようだ。
    “It Makes No Difference”、“Ophelia”、“Acadian Driftwood”とザ・バンドを代表する曲が多く収録されている。
    チャート的には全米で26位とまずまずの順位となった。このアルバムは24トラックのテープでレコーディングされている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Forbidden Fruit
    02. Hobo Jungle
    03. Ophelia
    04. Acadian Driftwood
    05. Ring Your Bell
    06. It Makes No Difference
    07. Jupiter Hollow
    08. Rags & Bones

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 11
    Loading

    Bob Dylan / Blood on the Tracks (No.08)


    ㊗️“FUJI ROCK FESTIVAL'18”出演決定‼️

    (1975)
    アサイラム・レコードからコロムビア・レコードに戻ってリリースされた、ボブ・ディランの15枚目のアルバム。初めてプロデュースを行なっている。
    1974年の11月にリリースされるはずがキャンセルとなり、12月にミネアポリスで録音された5曲と差し替えられた。“Tangled Up in Blue”、“You're a Big Girl Now”、“Idiot Wind”、“Lily, Rosemary and the Jack of Hearts”、“If You See Her, Say Hello”がミネアポリス録音の曲。
    昔はそんなでもなかったが、この10年くらいでいちばん聴いているアルバム。やっと、楽しめる年代になったのかな?って感じがする。

    People tell me it's a sin to know and feel too much within.
    泣きそうになる曲だ…。

    《songlist》
    01. Tangled Up In Blue
    02. Simple Twist Of Fate
    03. You're A Big Girl Now
    04. Idiot Wind
    05. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
    06. Meet Me In The Morning
    07. Lily, Rosemary And The Jack Of Hearts
    08. If You See Her, Say Hello
    09. Shelter From The Storm
    10. Buckets Of Rain

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 12
    Loading

    Bob Dylan・The Band / The Basement Tapes (No.291)

    (1975)
    1966年のオートバイでの事故により、ウッドストックで隠居生活をしていたディランが、映画の編集のためにホークス(ザ・バンドの前身のバンド名)のメンバーを集めたのが始まり。
    この時、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソンが移り住んでいた家が“ビッグ・ピンク”と呼ばれた家だった。
    そのビッグ・ピンクの地下室で行われたセッションの中から選ばれた曲を集めたアルバム。このアルバムがリリースされたのは、このセッションが海賊盤として売られてしまったためである。
    新曲やカヴァーを含め100曲以上の演奏をし、30曲以上作られた新曲の何曲かは他のミュージシャンに提供された。
    興味のある方は、2014年に“ブートレッグ・シリーズ”として6枚組が出ているので、そちらもどうぞ‼︎

    《songlist》
    disc: 1
    01. Odds And Ends
    02. Orange Juice Blues (Blues For Breakfast)
    03. Million Dollar Bash
    04. Yazoo Street Scandal
    05. Goin' To Acapulco
    06. Katie's Been Gone
    07. Lo And Behold!
    08. Bessie Smith
    09. Clothes Line Saga
    10. Apple Suckling Tree
    11. Please, Mrs. Henry
    12. Tears Of Rage
    disc: 2
    01. Too Much Of Nothing
    02. Yea! Heavy And A Bottle Of Bread
    03. Ain't No More Cane
    04. Crash On The Levee (Down In The Flood)
    05. Ruben Remus
    06. Tiny Montgomery
    07. You Ain't Goin' Nowhere
    08. Don't Ya Tell Henry
    09. Nothing Was Delivered
    10. Open The Door, Homer
    11. Long Distance Operator
    12. This Wheel's On Fire

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 13
    Loading

    Emmylou Harris / Pieces of the Sky

    (1975)
    リプリーズ・レコードに移籍してのエミルー・ハリスの2ndアルバム。ブライアン・アハーンのプロデュース。
    ものすごい豪華なミュージシャンによってバックアップされたアルバム。しかし、それに負けない味わいのあるヴォーカルが、多くの人のココロを掴んだのかもしれない。
    “Sleepless Nights”はグラム・パーソンズが録音した時のバッキング・ヴォーカルを務めていたので感慨深い曲だ。
    レノン=マッカートニーの“For No One”はニック・デカロのストリングス・アレンジが良い。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Bluebird Wine
    02. Too Far Gone
    03. If I Could Only Win Your Love
    04. Boulder To Birmingham
    05. Before Believing
    06. Bottle Let Me Down
    07. Sleepless Nights
    08. Coat Of Many Colors
    09. For No One
    10. Queen Of The Silver Dollar

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 14
    Loading

    Emmylou Harris / Elite Hotel

    (1975)
    この年2枚目となるエミルー・ハリスの3rdアルバム。ブライアン・アハーンのプロデュース。
    エミルーの高く伸びる声が素敵なアルバム。バックを固めるミュージシャンが良いので、安心して聴けるのが良い。
    カントリー・チャートで初の1位となり、全米チャートでは25位を記録した。
    これも、カントリーのコーナーにあるのが残念なアルバムだ。
    カントリーという枠を超えた、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Amarillo
    02. Together Again
    03. Feelin' Single - Seein' Double
    04. Sin City
    05. One Of These Days
    06. Till I Gain Control Again
    07. Here, There And Everywhere
    08. Ooh Las Vegas
    09. Sweet Dreams
    10. Jambalaya
    11. Satan's Jewel Crown
    12. Wheels

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 15
    Loading

    Linda Ronstadt / Prisoner in Disguise

    (1975)
    リンダ・ロンシュタットの6枚目のアルバム。引き続き、ピーター・アッシャーのプロデュース。
    このアルバムでは選曲に幅が出て、ザ・ミラクルズの“The Tracks of My Tears”やマーサ&ザ・ヴァンデラスの“Heat Wave”のモータウン・ソングを歌っている。他にもジミー・クリフの“Many Rivers to Cross”と、伸びのある歌声を聴かせてくれている。
    リンダが恵まれているのは、バック・ミュージシャンだと思う。人徳だと思うけど、ホントに良い音を聴かせてくれている。演奏が良いから、自然と歌が上手くなっていったのだろう。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Love Is A Rose
    02. Hey Mister, That's Me Up On The Jukebox
    03. Roll Um Easy
    04. Tracks Of My Tears
    05. Prisoner In Disguise
    06. Heat Wave
    07. Many Rivers To Cross
    08. The Sweetest Gift
    09. You Tell Me That I'm Falling Down
    10. I Will Always Love You
    11. Silver Blue

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 16
    Loading

    John Hiatt / Overcoats

    (1975)
    ジョン・ハイアットの2ndアルバム。グレン・スプリーンのプロデュース。
    前作の良さを残しながら、さらにストリングスやホーンを導入して、音の幅が広がった内容となっている。
    “Distance”と“I Want Your Love Inside Me”はジョン・ハイアットの弾き語りとなっていて、“Distance”はチェロ、フルート、ヴィオラの美しい響きが加わっている。
    ハイアットの弾くアコギがいい感じで響いている、アメリカン・ルーツ・ミュージックに加えたいアルバム。

    《songlist》
    01. One More Time
    02. Smiling In The Rain
    03. I'm Tired Of Your Stuff
    04. Distance
    05. Down Home
    06. Overcoats
    07. I Want Your Love Inside Me
    08. I Killed An Ant With My Guitar
    09. Motorboat To Heaven
    10. The Lady Of The Night

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 17
    Loading

    Van Dyke Parks / The Clang of the Yankee Reaper

    (1975)
    約3年ぶりとなるヴァン・ダイク・パークスの3rdアルバム。アンドリュー・ウィッカムとトレヴァー・ローレンスのプロデュース。
    前作をベースとしているが、このアルバムではパークスの広がったフィールド内で作られた感じがする。ジム・ケルトナーやジェシ・エド・デイヴィス、ボビー・キーズなどのミュージシャンと録音されているからだ。スティール・ドラムは、ロバート・グリーンリッジが演奏している。
    アメリカの古い歌を演奏しているのも興味深いし、その曲がパークスの新たなフィールドで違った空気感を持っているのがいい。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Clang Of The Yankee Reaper
    02. City On The Hill
    03. Pass That Stage
    04. Another Dream
    05. You're A Real Sweetheart
    06. Love Is The Answer
    07. Iron Man
    08. Tribute To Spree
    09. Soul Train
    10. Cannon In D

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 18
    Loading

    Old In The Way / Old In The Way

    (1975)
    伝説のバンド、オールド・イン・ザ・ウェイ。ジェリー・ガルシア(バンジョー)、デヴィッド・グリスマン(マンドリン)、ピーター・ローワン(ギター)、バッサー・クレメンツ(フィドル)・ジョン・カーン(ベース)で構成された、スーパーグループ。
    1973年10月3日、サンフランシスコのボーディング・ハウスで行われたライヴを収録していて、軽快なブルーグラスの醍醐味を味わえる内容で、5人の演奏が堪能出来る。
    アナログ・レコードを発掘しに京都に行った時に見つけた、想い出深いアルバム。

    《songlist》
    01. Pig In A Pen
    02. Midnight Moonlight
    03. Old And In The Way
    04. Knockin' On Your Door
    05. The Hobo Song
    06. Panama Red
    07. Wild Horses
    08. Kissimmee Kid
    09. White Dove
    10. Land Of The Navajo

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 19
    Loading

    Grateful Dead / Blues for Allah

    (1975)
    ドラマーにミッキー・ハートが加入して作られた8枚目のアルバム。このアルバムでは、ジャズの要素が強くなっているようだ。ジャム・バンドとしての高い演奏力を、アルバムでも聴かせてくれているようだ。
    フィドルを持った骸骨のジャケや、タイトルがちょっと引いてしまう感じだが、聴いてみると、また違ったデッドの世界を味わえる感じがする。

    《songlist》
    01. Help On The Way
    02. Slipknot!
    03. Franklin's Tower (Roll Away The Dew)
    04. King Solomon's Marbles
    05. Stronger Than Dirt Or Milkin' The Turkey
    06. The Music Never Stopped
    07. Crazy Fingers
    08. Sage & Spirit
    09. Blues For Allah
    10. Sand Castles & Glass Camels
    11. Unusual Occurances In The Desert

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 20
    Loading

    Eagles / One of These Nights

    (1975)
    イーグルスが初の全米チャートで1位となったアルバム。前作に引き続きビル・シムジクのプロデュース。
    シムジクとフェルダーが主導権を取っているような、前作をさらに推し進めたアルバム。このアルバムはビッグ・ヒットとなったが、バーニー・レドンは音楽性の違いを感じアルバム発売後に脱退してしまう。
    邦題ってあんまり好きじゃないけど、このアルバムの邦題の“呪われた夜”っていいセンスだと思う。呪われた夜のせいで、イーグルスは解散していったのかな?なんて思ったりもする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. One Of These Nights
    02. Too Many Hands
    03. Hollywood Waltz
    04. Journey Of The Sorcerer
    05. Lyin' Eyes
    06. Take It To The Limit
    07. Visions
    08. After The Thrill Is Gone
    09. I Wish You Peace

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 21
    Loading

    The Doobie Brothers / Stampede

    (1975)
    前2作のアルバムに参加していたジェフ・バクスターが正式加入した5thアルバム。テッド・テンプルマンのプロデュース。
    ライ・クーダーとマリア・マルダーがゲストで参加し、ライはT-9でボトルネックで素敵なギターを聴かせてくれている。さらに、カーティス・メイフィールドがT-4でストリングスとホーンのアレンジを行っている。
    このアルバムも全米チャートで4位となった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Sweet Maxine
    02. Neal's Fandango
    03. Texas Lullaby
    04. Music Man
    05. Slat Key Soquel Rag
    06. Take Me In Your Arms
    07. I Cheat The Hangman
    08. Precis
    09. Rainy Day Crossroad Blues
    10. I Been Workin' On You
    11. Double Dealin' Four Flusher

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 22
    Loading

    Little Feat / The Last Record Album

    (1975)
    リトル・フィートの5thアルバム。ローウェル・ジョージのプロデュース。
    リード・シンガーとして歌っているが、ジョージの作った曲は3曲と大きく減っていった。バンド内での主導権争いが影響しているのかと思える。
    サウンドも前作を超える感じではなく、新たな音作りを試みているようだ。ベースは変わらずに、インパクトのあったところを削ってしまった感じがする。
    ネオン・パークスの描くジャケも、前作からテイストが変わった感じもする。
    ローウェル・ジョージに特化しなければ、ご機嫌なアルバム。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Romance Dance
    02. All That You Dream
    03. Long Distance Love
    04. Day Or Night
    05. One Love Stand
    06. Down Below The Borderline
    07. Somebody's Leavin'
    08. Mercenary Territory

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 23
    Loading

    The Allman Brothers Band / Win, Lose or Draw

    (1975)
    前作から約2年ぶりとなる、ジ・オールマン・ブラザーズ・バンドの5枚目のアルバム。ジョン・サンドリンとABBのプロデュース。
    グレッグ・オールマンとディッキー・ベッツのソロ・アルバムを挟んでのリリースとなったが、録音に際してベッツとチャック・リーヴェルの音楽的な方向性の違いによって対立した。そのために全員がスタジオに揃うことがないまま録音が進められた。
    このアルバムは全米チャートで5位とヒットとなったが、評論家からは酷評された。
    サウンド面での変化は、バンドが成長していく上で仕方のないことだと思う。デュアンという大きな核が無くなったのだから、影響はかなり大きいはずだ。しかし、バラバラとなっていたABBだが、このアルバムを聴く限りそれがいい感じで緊張感となっている気もする。当時の技術でここまでのサウンドを聴かせてくれるのは、個人の技術のレベルがかなり高いと思える。
    ベッツが書いた14分を超える“High Falls”は素敵なグルーヴを味わえる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Can't Lose What You Never Had
    02. Just Another Love Song
    03. Nevertheless
    04. Win, Lose Or Draw
    05. Louisiana Lou And Three Card Monty John
    06. High Falls
    07. Sweet Mama

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 24
    Loading

    ZZ Top / Fandango!

    (1975)
    アナログではA面にあたるT-1~3がライヴ録音で、B面にあたるT-4~9がスタジオ録音で発売された、ZZ・トップの4thアルバム。
    ライヴの様子がジャケになっているが、この頃はステージ・セットが大規模になっている頃で、白熱したライヴの様子が感じ取れる。演奏はちょっと雑な感じもするが、観客のノリは最高である。
    CDになってA面とB面の区切りがなくなったので、聴いていて違和感があるかもしれない。
    全米チャートで10位となった、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Thunderbird
    02. Jailhouse Rock
    03. Backdoor Medley
    Backdoor Love Affair
    Mellow Down Easy
    Backdoor Love Affair No. 2
    Long Distance Boogie
    04. Nasty Dogs And Funky Kings
    05. Blue Jean Blues
    06. Balinese
    07. Mexican Blackbird
    08. Heard It On The X
    09. Tush

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 25
    Loading

    John Fogerty / John Fogerty

    (1975)
    自らの名前をタイトルに付けた、セルフ・プロデュースによるジョン・フォガティの2ndアルバム。アメリカではアサイラム・レコード、その他の国ではファンタジー・レコードからのリリースとなった。
    ステイタス・クォーのカヴァーで知った“Rockin' All Over the World”がオープニングに収録されている。全米のシングル・チャートで27位を記録した。
    ジャッキー・ウィルソンの“Lonely Teardrops”のカヴァーも収録している。
    アナログのB面の1曲目の“Almost Saturday Night”もシングル・カットされ、デイヴ・エドモンズなどにカヴァーされた。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Rockin' All Over The World
    02. You Rascal You
    03. The Wall
    04. Travelin' High
    05. Lonely Teardrops
    06. Almost Saturday Night
    07. Where The River Flows
    08. Sea Cruise
    09. Dream / Song
    10. Flyin' Away

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/25

    • 1
    • 0
    • 0
  • 26
    Loading

    Roger McGuinn / Roger McGuinn & Band

    (1975)
    ロジャー・マッギンの3rdアルバムはジョン・ボイランのよるプロデュース。
    このアルバムでは、リチャード・ボウディン(g)、ステファン・A・ラヴ(b)、デヴィッド・ラブレス(key)、グレッグ・アタウェイ(ds)のバンドで録音している。
    ボブ・ディランやザ・バーズのカバーを演奏しているところに、若干の迷いが感じられるようだ。バンドとしての最初のアルバムとしたら、ヒット曲を演奏するのは賢明な選択かもしれない。演奏が上手なバンドなので、期待が持てる内容ではある。

    《songlist》
    01. Somebody Loves You
    02. Knockin' On Heaven's Door
    03. Bull Dog
    04. Painted Lady
    05. Lover Of The Bayou
    06. Lisa
    07. Circle Song
    08. So Long
    09. Easy Does It
    10. Born To Rock 'N' Roll

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/25

    • 1
    • 0
    • 0
  • 27
    Loading

    Leon Russell / Will O' the Wisp

    (1975)
    レオン・ラッセルの6枚目のアルバム。デニー・コーデルとラッセルのプロデュース。
    このアルバムは、J.J.ケイル、ジム・ケルトナー、カール・レイドル、ジム・ホーンなどの時代を作った仲間との録音となっている。中でもアル・ジャクソンとダック・ダン、スティーヴ・クロッパーの参加が大きい感じがする。
    “My Father's Shoes”はジャクソンとダン、“Lady Blue”はジャクソンとクロッパー、“Stay Away From Sad Songs”と“Back To The Island”は3人が参加となっている。
    ラッセルの叩くヴィブラフォンの響きが美しい“Lady Blue”は、代表曲のひとつと言える。初期の頃のアクの強さが薄れている感じがいい。新たなラッセルを感じてしまう。
    シェルター・レコードでの最後のアルバムとなった、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Will O' The Wisp (Instrumental)
    02. Little Hideaway
    03. Make You Feel Good
    04. Can't Get Over Losing You
    05. My Father's Shoes
    06. Stay Away From Sad Songs
    07. Back To The Island
    08. Down On Deep River
    09. Bluebird
    10. Laying Right Here In Heaven
    11. Lady Blue

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/25

    • 1
    • 0
    • 0
  • 28
    Loading

    Richard & Linda Thompson / Hokey Pokey

    (1975)
    リチャード・トンプソンとサイモン・ニコルのプロデュースで録音された2ndアルバム。前年の9月から10月の約一か月で録音されている。
    ベースはエレクトリック・トラッドだが、全体的にはヴァラエティに富んだ曲が並んでいる。T-6と10以外はバンドのメンバーを固定しているので統一感が感じられる。
    “A Heart Needs a Home”は、エレクトリック・ダルシマーやハープで、リンダのヴォーカルが映える名曲。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Hokey Pokey (The Ice Cream Song)
    02. I'll Regret It All In The Morning
    03. Smiffy's Glass Eye
    04. The Egypt Room
    05. Never Again
    06. Georgie On A Spree
    07. Old Man Inside A Young Man
    08. The Sun Never Shines On The Poor
    09. A Heart Needs A Home
    10. Mole In A Hole

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 29
    Loading

    Richard & Linda Thompson / Pour Down Like Silver

    (1975)
    リチャード・トンプソンとジョン・ウッドのプロデュースで録音された、リチャード&リンダ・トンプソンの3rdアルバム。ジャケを見てわかるように2人はイスラム教に改宗していた。
    フェアポート・コンベンション一派が演奏で参加しているので、その延長線上にある作品となっている。バンドがしっかりしているので、リチャードのギターが心地良く響いてくる。マンドリンやバンジョーを弾いている曲もある。
    名盤というわけではないが、エレクトリック・トラッドを楽しめるアルバム。

    《songlist》
    01. Streets Of Paradise
    02. For Shame Of Doing Wrong
    03. The Poor Boy Is Taken Away
    04. Night Comes In
    05. Jet Plane In A Rocking Chair
    06. Beat The Retreat
    07. Hard Luck Stories
    08. Dimming Of The Day / Dargai

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 30
    Loading

    Ronnie Lane / Ronnie Lane's Slim Chance

    (1975)
    アイランド・レコードに移籍してリリースされた、ロニー・レーンのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    カヴァーが多くヴァラエティに富んだ選曲となっているが、大半がイギリスの牧歌的なサウンドに仕上がっているので、穏やかな気持ちにさせてくれる。
    レーンの優しそうな歌声を、しっかりと感じられるサウンドとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Little Piece Of Nothing
    02. Stone
    03. A Bottle Of Brandy
    04. Street Gang
    05. Anniversary
    06. I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
    07. I'm A Country Boy
    08. Ain't No Lady
    09. Blue Monday
    10. Give Me A Penny
    11. You Never Can Tell
    12. Tin And Tambourine
    13. Single Saddle

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 31
    Loading

    Felix Cavaliere / Destiny

    (1975)
    フェリックス・キャヴァリエのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    前作ほどのキラキラ感は無いものの、キャヴァリエのヴォーカルの魅力を感じられ、明るくしっかりとしたサウンドがいい。
    今回はマイケル・ブレッカーが参加し、他にもデヴィッド・サンボーンやウィル・リー等が参加している。
    “Love Came”では、ローラ・ニーロがバッキング・ヴォーカルで参加している。
    ジャケの写真からは想像出来ない爽やかなサウンドが良い、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Destiny
    02. Flip Flop
    03. Never Felt Love Before
    04. I Can Remember
    05. Light Of My Life
    06. Can't Stop Loving You
    07. Try To Believe
    08. You Came And Set Me Free
    09. Love Came
    10. Hit And Run

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 32
    Loading

    Todd Rundgren / Initiation

    (1975)
    トッド・ラングレンのセルフ・プロデュースによる6枚目のアルバム。
    アナログのA面に6曲、B面には35分を超える5つのパートからなる“A Treatise on Cosmic Fire”が収録されている。シンセサイザー多重録音で、音が洪水のように溢れてくるようだ。ほとんどのことを自分でこなしてしまうトッドの才能に、ただただ敬服してしまう。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Real Man
    02. Born To Synthesize
    03. The Death Of Rock And Roll
    04. Eastern Intrigue
    05. Initiation
    06. Fair Warning
    A Treatise On Cosmic Fire
    07. Intro - Prana
    08. II. The Fire Of Mind - Or Solar Fire
    09. III. The Fire Of Spirit - Or Electric Fire
    10. I. The Internal Fire - Or Fire By Friction
    11. Muladhara - The Dance Of Kundalini
    12. Svadhishthana - Bam, Bham, Mam, Yam, Ram, Lam, Thank You, Mahm
    13. Manipura - Seat Of Fire
    14. Anahata - The Halls Of Air
    15. Vishudda - Sounds Beyond Ears
    16. Ajna - Sights Beyond Eyes
    17. Brahmarandhra - Nirvana Shakti
    18. Outro - Prana

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 33
    Loading

    Steely Dan / Katy Lied

    (1975)
    そして“2人だけが残った”、スティーリー・ダンの5枚目のアルバム。ゲイリー・カッツのプロデュース。
    3枚のヒット・アルバムを制作してきたスティーリー・ダンが、ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーだけになり、バックの演奏は豪華なゲストを迎えてレコーディングするスタイルを取った第1弾。
    このアルバムは前作の延長線上に位置する感じだが、まだ実験途中な感じがする。しかし、サウンド的には言うことは無いくらい仕上がりとなっている。
    ゲスト・ミュージシャンは多すぎて書ききれないが、ハル・ブレインが“Any World (That I'm Welcome To)”だけドラムを叩いている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Black Friday
    02. Bad Sneakers
    03. Rose Darling
    04. Daddy Don't Live In That New York City No More
    05. Doctor Wu
    06. Everyone's Gone To The Movies
    07. Your Gold Teeth II
    08. Chain Lightning
    09. Any World (That I'm Welcome To)
    10. Throw Back The Little Ones

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 34
    Loading

    Fleetwood Mac / Fleetwood Mac (No.183)

    (1975)
    ボブ・ウェルチの脱退後に、リンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックスが加入した新生フリートウッド・マックのアルバム。
    2人の加入により、ポップなサウンドに変化し、クリスティン・マクヴィーとスティーヴィーの女性のツイン・ヴォーカルも新鮮で、バッキンガムも曲作りに大きく貢献していった。
    このアルバムは全米の1位を獲得し、500万枚を売るヒット・アルバムとなった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Monday Morning
    02. Warm Ways
    03. Blue Letter
    04. Rhiannon
    05. Over My Head
    06. Crystal
    07. Say You Love Me
    08. Landslide
    09. World Turning
    10. Sugar Daddy
    11. I'm So Afraid

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 35
    Loading

    Lou Reed / Metal Machine Music

    (1975)
    ルー・リードのセルフ・プロデュースによる5枚目のアルバム。
    アナログでは2枚組で、各面に“Metal Machine Music”というタイトルの曲が1曲だけの合計4曲が収録されている。
    ギターのノイズだけの演奏に何の価値があるのだろうって感じもするが、これはこれで聴いていて面白い。好き嫌いがはっきりするだろうし、世間の評価はかなりよろしくない。ホントにルー先生のファンだけのアルバムかもしれない。
    このアルバムを作ったルー・リードはスゴいが、いちばんスゴいのはレコード会社のような気がする。ってよか、リリースする時期が早すぎた感じがする…。
    2008年に、メタル・マシーン・トリオとしてライヴを行い、ライヴ・アルバム“The Creation of the Universe”をリリースしている。

    《songlist》
    01. Metal Machine Music A-1
    02. Metal Machine Music A-2
    03. Metal Machine Music A-3
    04. Metal Machine Music A-4

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 36
    Loading

    Bruce Springsteen / Born to Run (No.18)

    (1975)
    ジャケットからカッコいい、スプリングスティーンの代表作でもあり、ロック史に残るアルバム。
    使い古された言葉だが、ライヴを見たジョン・ランドーが“私はロックン・ロールの未来を観た。その名はブルース・スプリングスティーン”ってコラムを載せた。そしてこのアルバムのプロデューサーに迎えられた。
    アルバムを聴けば少しは理解出来ると思う。少しな理由は、ライヴでのBossのパワーが尋常じゃないからだ。75年11月18日のロンドン・ハマースミスオデオンでのライブがCD化されているので、興味のある方はそちらもどうぞ。

    《songlist》
    01. Thunder Road
    02. Tenth Avenue Freeze Out
    03. Night
    04. Backstreets
    05. Born To Run
    06. She's The One
    07. Meeting Across The River
    08. Jungleland

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 37
    Loading

    Patti Smith / Horses (No.44)

    (1975)
    ジョン・ケイル(元ヴェルヴェッツ)のプロデュースによるデビュー・アルバム。もともとは、演奏をバックに詩を読むポエトリー・リーディングをやっていたため、歌うって感じではなく、詩を歌うって感じが強い。
    ヴァン・モリソンのカヴァーから始まり、その後いろんな感じの曲があるため、散漫な感じもする。が、デビュー作でこのクオリティの高さを思えば問題ない。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Gloria:
    In Excelsis Deo
    Gloria (Version)
    02. Redondo Beach
    03. Birdland
    04. Free Money
    05. Kimberly
    06. Break It Up
    07. Land:
    Horses
    Land, Of A Thousand Dances
    La Mer(de)
    08. Elegie

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 38
    Loading

    Dr. Feelgood / Down by the Jetty

    (1975)
    Dr・フィールグッドのデビュー・アルバム。メンバーはウィルコ・ジョンソン、リー・ブリロー、ジョン・B・スパークス、ビッグ・フィガーの4人。このアルバムでは、ブリンズリー・シュウォーツとボブ・アンドリュースがゲスト参加している。
    パブで演奏していたのでこのアルバムの完成度は高く、リー・ブリローの歌声とハーモニカ、ウィルコ・ジョンソンの切れ味鋭いギターが、多くのファンの心をつかんだ。
    イギリスの音楽シーンが大きく変わる前の貴重なバンドのひとつ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. She Does It Right
    02. Boom, Boom
    03. The More I Give
    04. Roxette
    05. One Weekend
    06. That Ain't The Way To Behave
    07. I Don't Mind
    08. Twenty Yards Behind
    09. Keep It Out Of Sight
    10. All Through The City
    11. Cheque Book
    12. Oyeh!
    13. Bonie Moronie / Tequila

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 39
    Loading

    Dr. Feelgood / Malpractice

    (1975)
    デビュー・アルバムが1月で、10月には2ndを発売と驚異的な速さでアルバムをリリースした。
    前作の勢いそのままに録音されている感じがする。売れている間に次もって感じなので、まだカヴァーに頼っているところが大きい。でも、そのカヴァーはパブで演奏され続けてきているから、完成度は高い。
    1stと2ndを続けて聴いた方がいいかもしれない。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. I Can Tell
    02. Going Back Home
    03. Back In The Night
    04. Another Man
    05. Rolling And Tumbling
    06. Dont Let Your Daddy Know
    07. Watch Your Step
    08. Don't You Just Know It
    09. Riot In Cell Block No. 9
    10. Because You're Mine
    11. You Shouldn't Call The Doctor (If You Can't Afford The Bills)

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 40
    Loading

    Tower of Power / Urban Renewal

    (1975)
    タワー・オブ・パワーの5枚目のアルバム。エミリオ・カスティーヨのプロデュース。
    このアルバムは、リード・シンガーのレニー・ウィリアムズの最後のアルバムとなった。この後はソロでのキャリアを重ねていった。
    ドラムのデヴィッド・ガリバルディは“Willing To Learn”だけしかドラムを叩いていないが、代わりを務めたデヴィッド・バートレットがいい味のドラミングとなっている。
    個人的には、前作よりもこのアルバムの方が好きかもしれない。なんとなくだけど、メリハリがついている感じがするからだ。もしかしたら、カスティーヨのプロデューサーとしての技量かもしれない。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Only So Much Oil In The Ground
    02. Come Back, Baby
    03. It's Not The Crime
    04. I Won't Leave Unless You Want Me To
    05. Maybe It'll Rub Off
    06. (To Say The Least) You're The Most
    07. Willing To Learn
    08. Give Me The Proof
    09. It Can Never Be The Same
    10. I Believe In Myself
    11. Walkin' Up Hip Street

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 41
    Loading

    Tower of Power / In the Slot

    (1975)
    この年2枚目となるタワー・オブ・パワーの6枚目のアルバム。エミリオ・カスティーヨとタワー・オブ・パワーのプロデュース。
    新ヴォーカリストにヒューバート・タブスを起用している。シャウト系の荒々しい感じで歌っているスタイルは、バンドの新たな魅力となっているかもしれない。しかし、タブスの歌声はこのアルバムと、次のライヴ・アルバム“Live and in Living Color”だけとなっている。
    そして、このアルバムを最後にワーナー・ブラザースを離れた。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Just Enough And Too Much
    02. Treat Me Like Your Man
    03. If I Play My Cards Right
    04. As Surely As I Stand Here
    05. Fanfare: Matanuska
    06. On The Serious Side
    07. Ebony Jam
    08. You're So Wonderful, So Marvelous
    09. Vuela Por Noche
    10. Essence Of Innocence
    11. The Soul Of A Child
    12. Drop It In The Slot

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 42
    Loading

    Graham Central Station / Ain't No 'Bout-A-Doubt It

    (1975)
    グラハム・セントラル・ステーションの3rdアルバム。ラリー・グラハムのプロデュース。
    このアルバムからの2枚目のシングル“Your Love”は、バンドとして全米ソウル部門で初の1位となった。この曲はファンキーという感じではなく、歌を聴かせる感じの曲かもしれない。
    アルバムもソウル部門でキャリア・ハイの4位を記録した。
    ラリー・グラハムが曲を書いているが、アン・ピーブルズが歌った“I Can't Stand the Rain”が唯一のカヴァーとなっている。
    バンドの成熟を感じられる、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. The Jam
    02. Your Love
    03. It's Alright
    04. I Can't Stand The Rain
    05. It Ain't Nothing But A Warner Bros. Party
    06. Ole Smokey
    07. Easy Rider
    08. Water
    09. Luckiest People

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 43
    Loading

    Earth, Wind & Fire / That's The Way Of The World (No.493)

    (1975)
    アース・ウィンド&ファイアーが初めて作ったサウンド・トラック。モーリス・ホワイトとチャールズ・ステップニーのプロデュース。同名の映画は興行的には振るわなかったが、このアルバムは全米1位を記録した。
    洗練されたリズム隊とホーンのアンサンブル、モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーヴォーカルが見事な調和をしているのが、このアルバム魅力だ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Shining Star
    02. That's The Way Of The World
    03. Happy Feelin'
    04. All About Love
    05. Yearnin' Learnin'
    06. Reasons
    07. Africano
    08. See The Light

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 44
    Loading

    The Isley Brothers / The Heat Is On

    (1975)
    ジ・アイズレー・ブラザーズが頂点に上り詰めたアルバム。Billboardのブラックとポップ・アルバム部門の両方で1位を獲得した。
    マルコム・セシルと作り出した、ファンキーなグルーヴは最高潮に達している。レコードではA面がパワフルな曲、B面がメロウな曲が並んでいるので聴きやすいかもしれない。
    時代を代表するアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Fight The Power (Part 1 & 2)
    02. The Heat Is On (Part 1 & 2)
    03. Hope You Feel Better Love (Part 1 & 2)
    04. For The Love Of You (Part 1 & 2)
    05. Sensuality (Part 1 & 2)
    06. Make Me Say It Again Girl (Part 1 & 2)

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 45
    Loading

    The Fantastic Four / Alvin Stone (The Birth and Death of a Gangster)

    (1975)
    ウエストバウンド・レコードからリリースされた、新生ファンタスティック・フォーのアルバム。アル・ケントのプロデュース。
    ファンタスティック・フォーは、ジョセフ・プルーイット、ジェームス・エップスに、クリーヴランド・ホーンとロバート・ニューサムが加わり再結成となった。
    スリリングなドラムから始まるタイトル曲の“Alvin Stone (The Birth And Death Of A Gangster)”と“Have A Little Mercy”がシングルでリリースされた。
    5分を超える曲が5曲と、ヴォリューミーな感じだもするが飽きさせない音作りやエップスのヴォーカルに引き込まれてしまう。
    個人的には“Let This Moment Last Forever”が大好きな曲。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Alvin Stone (The Birth And Death Of A Gangster)
    02. Have A Little Mercy
    03. County Line
    04. Let This Moment Last Forever
    05. Words
    06. My Love Won't Stop At Nothing

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 46
    Loading

    Van McCoy & the Soul City Symphony / Disco Baby

    (1975)
    ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニーの2枚目のアルバム。ヒューゴ&ルイージのプロデュース。
    知らない人はいないのでは無いかと思える“The Hustle”を収録している。この曲は全米のシングル・チャートとソウル・チャートで共に1位を記録し、グラミー賞の“ベスト・ポップ・インストルメンタル賞”を受賞している。あまり触れられないが、スティーヴ・ガット(ds)、ゴードン・エドワーズ(b)、リチャード・ティー(key)、エリック・ゲイル&ジョン・トロペイ(g)の演奏である。
    このアルバムではマッコイは“The Hustle”、“Turn This Mother Out”、“Spanish Boogie”を書いていて、“Disco Baby”を除いて残りはカヴァーとなっている。面白いのは、カヴァーした曲が全て同じ時期ののヒット曲ということだ。“Fire”はオハイオ・プレイヤーズ、“Shakey Ground”はザ・テンプテーションズ、“Pick Up the Pieces”はアヴェレージ・ホワイト・バンド、“Hey Girl, Come And Get It”は
    ザ・スタイリスティックスとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Disco Baby
    02. Fire
    03. The Hustle
    04. Get Dancin'
    05. Doctor's Orders
    06. Turn This Mother Out
    07. Shakey Ground
    08. Spanish Boogie
    09. Pick Up The Pieces
    10. Hey Girl, Come And Get It

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 47
    Loading

    B. T. Express / Non Stop

    (1975)
    ロードショウ・レコードに移籍した、BT・エクスプレスの2ndアルバム。ジェフ・レーンのプロデュース。
    シングルの“Give It What You Got”と“Peace Pipe”は全米のR&Bチャートで5位となったが、アルバムは前作に続いてR&Bチャートで1位となった。
    ルイス・リスブロックとバーバラ・ジョイスの男女のツイン・ヴォーカルが特徴のひとつだろう。
    バカラック=デヴィッドの“(They Long to Be) Close to You”では、2人のヴォーカルの魅力の違いが楽しめる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Peace Pipe
    02. Give It What You Got
    03. Discotizer
    04. Still Good - Still Like It
    05. Close To You
    06. You Got It - I Want It
    07. Devil's Workshop
    08. Happiness
    09. Whatcha Think About That?

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 48
    Loading

    Sam Dees / The Show Must Go On

    (1975)
    サム・ディーズのセルフ・プロデュースによる、アトランテック・レコードからのデビュー・アルバム。
    単独で書いたのはタイトル曲の“The Show Must Go On”、“Come Back Strong”、“What's It Gonna Be”と“Good Guys”の4曲で、後の6曲は共作となっている。
    アトランテックに移籍してのシングルが、1973年に“Just Out of Reach”と“So Tied Up”、1974年に“Worn Out Broken Heart”、1975年に“The Show Must Go On”と“Fragile, Handle With Care”をリリースしている。
    ディープなサウンドと特徴のある歌声がたまらなく良いのだが、内容的には時期が少し遅かった気もする。
    1968年にシングルでデビューしているので、かなりの遅咲きかもしれない。しかし、ディーズのソングライターとしての実力が認められることになったアルバムだと思える。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Child Of The Streets
    02. The Show Must Go On
    03. Come Back Strong
    04. Just Out Of My Reach
    05. Claim Jumpin'
    06. Troubled Child
    07. What's It Gonna Be
    08. Worn Out Broken Heart
    09. Good Guys
    10. So Tied Up

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 49
    Loading

    Wilson Pickett / Join Me and Let's Be Free

    (1975)
    ウィルソン・ピケットの15枚目のアルバム。ユスフ・ラーマンのプロデュース。
    プロデューサーが変わったことで、音作りが変わった感じがする。悪くは無いのだが、イマイチしっくりこないのが残念。
    チャールズ・ライトの“Good Things”がちょっといい感じがする。が、ペナペナ感が残念…。
    このアルバムでRCAとの契約が終わってしまった…。

    《songlist》
    01. Join Me & Let's Be Free
    02. Let's Make Love Right
    03. I've Got A Good Friend
    04. Smokin' In The United Nations
    05. Gone
    06. Good Things
    07. Higher Consciousness
    08. Bailin' Hay On A Rainy Day
    09. Mighty Mouth

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 50
    Loading

    Merry Clayton / Keep Your Eye on the Sparrow

    (1975)
    約4年ぶりとなるメリー・クレイトンの3rdアルバム。ユージン・マクダニエルズのプロデュース。
    全2作とは打って変わって、洗練された演奏をバックにクレイトンは歌っている。デヴィッド・スピノザ、ヒュー・マクラッケンのギター、ラルフ・マクドナルドのパーカッション、ボブ・ジェームス(key)やトム・スコット(sax,key)も参加している。
    そんな中ボブ・ディランの“Rainy Day Women #12 & 35”は異色の仕上がりとなっている。原曲の味わいはチラホラ感じられるが、アレンジが絶妙と言えるだろう。
    このアルバムも結果を出す感じではなく、オード・レコードを離れることになった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Keep Your Eye On The Sparrow
    02. Gets Hard Sometimes
    03. Sink Or Swim
    04. How'd I Know
    05. Gold Fever
    06. One More Ride
    07. Room 205
    08. Loving Grows Up Slow
    09. Rainy Day Women #12 & 35
    10. If I Lose
    11. Do What You Know

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 1
  • 51
    Loading

    Allen Toussaint / Southern Nights

    (1975)
    リプリーズ・レコードに移籍してリリースされた、アラン・トゥーサンの4thアルバム。。マーシャル・セホーンとの共同プロデュース。
    ザ・ミーターズをバックに、ニューオリンズのテイストを全開にした内容がいい。それでいて洗練された感じの聴きやすいサウンドが、このアルバムのスゴいところだ。トゥーサンのアレンジの妙かもしれない。
    時代に必要な聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Last Train
    02. Worldwide
    Filler
    03. Back In Baby's Arms
    04. Country John
    Filler
    05. Basic Lady
    Filler
    06. Southern Nights
    07. You Will Not Lose
    Filler
    08. What Do You Want The Girl To Do?
    09. When The Party 's Over
    10. Cruel Way To Go Down
    Filler

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 52
    Loading

    The Meters / Fire on the Bayou

    (1975)
    アラン・トゥーサンと一緒にプロデュースを行った、ザ・ミーターズの6枚目のアルバム。
    前作の流れを引き継いだ内容は、ザ・ミーターズの全盛期と言える感じがする。確立された彼らのサウンドとキレのある演奏が、それを物語っているようだ。リズム隊の生み出すグルーヴは、本当に独特なものである。
    タイトル曲の“Fire on the Bayou”はニューオリンズを代表する曲のひとつと言える名曲。後に、ネヴィル・ブラザーズでもカヴァーしている。
    前作は傑作と言われているが、このアルバムも聴いておいた方が良いと思える。

    《songlist》
    01. Out In The Country
    02. Fire On The Bayou
    03. Love Slip Upon Ya
    04. Talkin' 'Bout New Orleans
    05. They All Ask'd For You
    06. Can You Do Without?
    07. Liar
    08. You're A Friend Of Mine
    09. Middle Of The Road
    10. Running Fast
    11. Mardi Gras Mambo

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 53
    Loading

    The Grease Band / Amazing Grease

    (1975)
    約4年ぶりとなるザ・グリース・バンドの2ndアルバムで、ラスト・アルバム。ボブ・ポッターとザ・グリース・バンドのプロデュース。
    アナログの各面の頭に収録されている曲がいい。A面はボブ・ディランの“New Morning”で、B面はファッツ・ドミノの“Blue Monday”だ。さらに、ハンク・トンプソンの“Honky Tonk Angels”も演奏している。
    このアルバムではサックスも導入され、スペナーが書いたインストの“Pontardawe Hop”は、クリス・ステイントンのピアノをフューチャーした仕上がりとなっている。
    アメリカのルーツ音楽をバック・グラウンドに持つイギリスのバンドの、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. New Morning
    02. Reminiscing
    03. Pontardawe Hop
    04. Dwoogie
    05. Blue Monday
    06. Mandolin Song
    07. Honky Tonk Angels
    08. Rock 'N' Roll Rodeo

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 54
    Loading

    The Frankie Miller Band / The Rock

    (1975)
    ザ・フランキー・ミラー・バンド名義でリリースされた3rdアルバム。エリオット・メザーによるプロデュース。
    ヘンリー・マカロー(g)、ミック・ウェーヴァー(key)、クリッシー・スチュワート(b)、スチュ・ペリー(ds)のバンドに、ザ・メンフィス・ホーンズとジ・エドウィン・ホーキンス・シンガーズを加えて厚みのある音となっている。
    アルバムをリリースするたびにバンドが変わっていても、安定したヴォーカルを聴かせてくれている。イギリス人のバンドでこれだけディープな音楽を聴かせてくれるのが嬉しいし、ミラーの書く曲のクオリティーの高さにも驚かされる。
    いまいち地味な扱いのフランキー・ミラーの、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. A Fool In Love
    02. The Heartbreak
    03. The Rock
    04. I Know Why The Sun Don't Shine
    05. Hard On The Levee
    06. Ain't Got No Money
    07. All My Love To You
    08. I'm Old Enough
    09. Bridgeton
    10. Drunken Nights In The City

    • いいね!

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 55
    Loading

    Rory Gallagher / Against the Grain

    (1975)
    クリサリス・レコードに移籍してリリースされた、ロリー・ギャラガーのセルフ・プロデュースによる5枚目のアルバム。
    レコード会社が変わっても気負うところなく、ギャラガーらしさが満載となっている。
    このアルバムではサム&デイヴの“I Take What I Want”をカヴァーしているが、ヴォーカルの迫力がいい。ギャラガーと言えばギターだが、ヴォーカリストとしての魅力も忘れてはいけない気がする。少し残念なのは、ルー・マーティンのキーボードだ。ピアノだったら最高だろうなぁ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Let Me In
    02. Cross Me Off Your List
    03. Ain't Too Good
    04. Souped-Up Ford
    05. Bought And Sold
    06. I Take What I Want
    07. Lost At Sea
    08. All Around Man
    09. Out On The Western Plain
    10. At The Bottom

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 56
    Loading

    Jeff Beck / Blow by Blow

    (1975)
    ジェフ・ベックのソロ・デビューのアルバム。ジョージ・マーティンのプロデュース。マックス・ミドルトン(key)、フィル・チェン(b)、リチャード・ベイリー(dr)がバックを務めている。
    孤高のギタリストのデビュー作がインストだったため、いろんなジャンルのファンで取り合いになった感じがする。ロックなのか、フュージョンなのか…なんて。この頃、ジョージ・マーティンはマハヴィシュヌ・オーケストラのプロデュースを行っていたため、ジェフがジョージ・マーティンを選んだのは、そこを目指していたのではないかと思える。
    アルバムにはクレジットがされていないが、スティーヴィー・ワンダーが“Thelonius”でクラヴィネットを弾いている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. You Know What I Mean
    02. She's A Woman
    03. Constipated Duck
    04. Air Blower
    05. Scatterbrain
    06. Cause We've Ended As Lovers
    07. Thelonius
    08. Freeway Jam
    09. Diamond Dust

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 57
    Loading

    Aerosmith / Toys in the Attic (No.228)

    (1975)
    前作に引き続きジャック・ダグラスをプロデューサーに迎えてレコーディング行われた。このアルバムが全米トップ40(最高位は11位)に入る躍進を見せた。“Walk This Way”と“Sweet Emotion”のシングル・ヒットもその要因のひとつ。
    ヴァラエティにとんだ選曲もいい。ってよか、エアロスミスって何を持ってハード・ロックって範疇に入るのかがわからない。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Toys In The Attic
    02. Uncle Salty
    03. Adam's Apple
    04. Walk This Way
    05. Big Ten Inch Record
    06. Sweet Emotion
    07. No More No More
    08. Round And Round
    09. You See Me Crying

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 58
    Loading

    Led Zeppelin / Physical Graffiti (No.70)

    (1975)
    1974年には完成していたが、ジャケのデザインの修正と、ツェッペリンのレーベル“スワン・ソング”の立ち上げに手間取り、発売が75年になった。
    当初は8曲入りの1枚のアルバムとして発売される予定が、1枚には収まりきらずに今までのアウトテイクを収録することになった。CDの時代だったら、このアルバムは生まれていなかったかもしれない。
    アウトテイクを含めたヴァラエティにとんだサウンドは、聴いていてとても楽しめる内容となっている。さらなる進化を遂げているようだ。
    このアルバムも全英、全米のチャートで1位となった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Custard Pie
    02. The Rover
    03. In My Time Of Dying
    04. Houses Of The Holy
    05. Trampled Under Foot
    06. Kashmir
    07. In The Light
    08. Bron-Yr-Aur
    09. Down By The Seaside
    10. Ten Years Gone
    11. Night Flight
    12. The Wanton Song
    13. Boogie With Stu
    14. Black Country Woman
    15. Sick Again

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 59
    Loading

    Status Quo / On the Level

    (1975)
    ステイタス・クォーのセルフ・プロデュースによる8枚目のアルバム。
    このアルバムではロッシ(g)、パーフィット(g)、ランカスター(b)、コーラン(ds)の4人だけで演奏をしている。演奏的には変わらないのだが、それぞれの音が尖っている感じがする。ハードな路線に変更したようだ。
    先行シングルの“Down Down”は、バンドとして初の全英で1位となった。1位となった期間は1週だけだったが、この曲のヒットがアルバムを1位に押し上げる要因のひとつとなったと言えるだろう。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Little Lady
    02. Most Of The Time
    03. I Saw The Light
    04. Over And Done
    05. Nightride
    06. Down Down
    07. Broken Man
    08. What To Do
    09. Where I Am
    10. Bye Bye Johnny

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 60
    Loading

    Pink Floyd / Wish You Were Here (No. 211)

    (1975)
    ピンク・フロイドのセルフ・プロデュースによる9枚目のアルバム。
    前作の成功を受けてツアーを行い長期休暇に入ったバンドは、1974年にツアーを行うために活動を再開した。1975年の1月からレコーディングを始めて、完成となったアルバム。
    ロジャー・ウォーターズがイニシアティヴを取っっていて、全曲の作詞を行っている。
    組曲“Shine On You Crazy Diamond”はパート1から5をアルバムの頭に持ってきて、パート6から9をアルバムのラストに収録している。続けて聴いてみるのも面白い。
    “Have a Cigar”ではロイ・ハーパーをヴォーカリストとして迎えている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Shine On You Crazy Diamond
    Part 1
    Part 2
    Part 3
    Part 4
    Part 5
    02. Welcome To The Machine
    03. Have A Cigar
    04. Wish You Were Here
    05. Shine On You Crazy Diamond
    Part 6
    Part 7
    Part 8
    Part 9

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/1

    • 1
    • 0
    • 0
  • 61
    Loading

    Queen / A Night at the Opera (No.231)

    (1975)
    クイーンの4thアルバム。ロイ・ベイカーとクイーンのプロデュース。
    先行シングルの“Bohemian Rhapsody”が全英のシングル・チャートで9週連続1位の大ヒットとなり、その影響でアルバムも全英で1位を記録した。商業的な成功を収めたことが、クイーンの存在を音楽シーンの中でグッと高めた。
    イギリスのバンドらしいウィットに富んだ曲が楽しさを感じる。マルクス・ブラザースの映画からタイトルを付けたのも頷ける。
    このアルバムもそうだが、クイーンがハード・ロックと呼ばれるのには違和感を感じる。やっぱり、ジャンルって嫌だな。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Death On Two Legs (Dedicated To ...)
    02. Lazing On A Sunday Afternoon
    03. I'm In Love With My Car
    04. You're My Best Friend
    05. '39
    06. Sweet Lady
    07. Seaside Rendezvous
    08. The Prophet's Song
    09. Love Of My Life
    10. Good Company
    11. Bohemian Rhapsody
    12. God Save The Queen

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/1

    • 1
    • 0
    • 0
  • 62
    Loading

    Electric Light Orchestra / Face the Music

    (1975)
    ジェット・レコードに移籍してリリースされた、エレクトリック・ライト・オーケストラの5枚目のアルバム。ジェフ・リンのプロデュース。
    このアルバムは、ミュンヘンのミュージックランド・スタジオで録音されていて、ベースがマイク・デ・アルバカーキからケリー・グロウカットに代わって、“Nightrider”でリード・ヴォーカルを取っている。
    オーケストラに頼る感じが減り、バンドとしての演奏に比重が高まっている感じがする。シングル・カットされた“Evil Woman”は、全米と全英で共に9位のヒットとなった。チャート的には全英で38位、全米で14位と落ちるが、“Strange Magic”のキラキラした感じが大好きだ。
    電気椅子のジャケからは想像出来ない、ポップな世界の内容となっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Fire On High
    02. Waterfall
    03. Evil Woman
    04. Nightrider
    05. Poker
    06. Strange Magic
    07. Down Home Town
    08. One Summer Dream

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/1

    • 1
    • 0
    • 0
  • 63
    Loading

    The Kinks / The Kinks Present a Soap Opera

    (1975)
    ザ・キンクスの13枚目のアルバム。レイ・デイヴィスのプロデュース。
    グラナダ・テレビが制作したドラマ“Star Maker”のために録音された曲に3曲を追加してリリースされた。
    ドラマの主演はレイ・デイヴィスで、あいてやくはジューン・リッチーが務めた。
    ザ・キンクスらしくない普通な感じがする内容は、コンセプト・アルバムとは思えない仕上がりとなっている。それが功を奏したのか、全米のアルバム・チャートでは51位と復活の兆しを見せた。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Everybody's A Star (Starmaker)
    02. Ordinary People
    03. Rush Hour Blues
    04. Nine To Five
    05. When Work Is Over
    06. Have Another Drink
    07. Underneath The Neon Sign
    08. Holiday Romance
    09. You Make It All Worthwhile
    10. Ducks On The Wall
    11. (A) Face In The Crowd
    12. You Can't Stop The Music

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/1

    • 1
    • 0
    • 0
  • 64
    Loading

    The Kinks / The Kinks Present Schoolboys in Disgrace

    (1975)
    RCAレコードでの最後のアルバムとなった、ザ・キンクスの14枚目のアルバム。レイ・デイヴィスのプロデュース。
    ジャケはT-レックスのミッキー・フィンが描いている。
    学生時代を描いたコンセプト・アルバムとなっていて、モデルはデイヴ・デイヴィスだと言われている。
    前作で掴んだシンプルな演奏という方向性を継承した感じがする。デイヴのギターを前面に出しながら、各楽器やコーラスがバランスの良い仕上がりとなっている。
    “Schooldays”と“The Last Assembly”での哀愁のあるキーボードは、レイらしいメロディーを際立たせているようだ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Schooldays
    02. Jack The Idiot Dunce
    03. Education
    04. The First Time We Fall In Love
    05. I'm In Disgrace
    06. Headmaster
    07. The Hard Way
    08. The Last Assembly
    09. No More Looking Back
    10. Finale

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/1

    • 1
    • 0
    • 0
  • 65
    Loading

    Robert Palmer / Pressure Drop

    (1975)
    ロバート・パーマーの2ndアルバム。引き続き、スティーヴ・スミスのプロデュース。前作に参加していたローウェル・ジョージは、リトル・フィートとのメンバーと参加している。
    アラン・トゥーサンの“River Boat”やトゥーツ&ザ・メイタルズの“Pressure Drop”のカヴァーにパーマーの趣味がうかがえる。リトル・フィートの“Trouble”は本人たちの演奏で歌うという豪華なヴァージョンなっている。
    内容は良いのに世間の評価が低いアルバム。

    《songlist》
    01. Give Me An Inch
    02. Work To Make It Work
    03. Back In My Arms
    04. Riverboat
    05. Pressure Drop
    06. Here With You Tonight
    07. Trouble
    08. Fine Time
    09. Which Of Us Is The Fool

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 66
    Loading

    Rod Stewart / Atlantic Crossing

    (1975)
    ロッド・スチュワートが大西洋を渡り、アメリカでレコーディングを行ったアルバム。レコード会社を移籍して、プロデューサーはトム・ダウトを起用した。イギリスのスターをおもてなしたのは、ブッカー・T&ザ・MG'sなどの名だたるミュージシャンだった。
    アナログではA面に当たる(T-1〜5)をFast Half、B面に当たる(T-6〜10)をSlow Halfと表記し、曲調を分けて収録してあった。T-6はダニー・ウィットンが書いた名曲。
    言うまでもないが“Sailing”はサッカー・ファンにはお馴染みの曲かもしれない。ロッドの代表曲のひとつ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    Fast Side
    01. Three Time Loser
    02. Alright For An Hour
    03. All In The Name Of Rock 'N' Roll
    04. Drift Away
    05. Stone Cold Sober
    Slow Side
    06. I Don't Want To Talk About It
    07. It's Not The Spotlight
    08. This Old Heart Of Mine
    09. Still Love You
    10. Sailing

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 67
    Loading

    David Bowie / Young Americans

    (1975)
    ボウイが初めてアメリカで録音した8thアルバム。ハリー・マスリンとの共同プロデュースで行われた。
    アメリカでの録音はフィラデルフィア・ソウルの本拠地シグマ・サウンド・スタジオで、カルロス・アロマー(g)、ウィリー・ウィークス(b)、マイク・ガースン(p)、アンディ・ニューマーク(ds)のバンドで行われた。サックスにはデヴィッド・サンボーンが参加している。当時はファンから全否定のように扱われたアルバムだが、それなりに楽しめるアルバム。
    話題となったのは、ジョン・レノンとの共作(T-8)とザ・ビートルズのカヴァー(T-6)だった。ジョンはギターとコーラスでも参加している。この2曲だけプロデュースはトニー・ヴィスコンティ。シングル・カットされたT-8は初の全米1位となった。
    ボウイが音楽性の幅を広げたアルバム。

    《songlist》
    01. Young Americans
    02. Win
    03. Fascination
    04. Right
    05. Somebody Up There Likes Me
    06. Across The Universe
    07. Can You Hear Me
    08. Fame

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 68
    Loading

    Ian Hunter / Ian Hunter

    (1975)
    モット・ザ・フープルを脱退したイアン・ハンターがリリースした、ソロ・デビュー・アルバム。ハンターとミック・ロンソンのプロデュース。
    シングルでリリースされた“Once Bitten, Twice Shy”は、全英チャートで14位の最初で最後のトップ20入りした曲。
    共同プロデュースのミック・ロンソンは、演奏も参加していてリード・ギターやベース、オルガン、マウス・ハープを弾いている。“Boy”はハンター&ロンソンの共作となっている。
    ブギー調の曲が多く、ノリノリで聴くことが出来る。
    デヴィッド・ボウイが方向性を変えなかったら、こんな感じの曲を歌っていたのかな?ってことを思ったりもする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Once Bitten, Twice Shy
    02. Who Do You Love
    03. Lounge Lizard
    04. Boy
    05. 3,000 Miles Away From Here
    06. The Truth, The Whole Truth And Nothing But The Truth
    07. It Ain't Easy When You Fall
    08. Shades Off
    09. I Get So Excited

    • いいね!

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 69
    Loading

    Mick Ronson / Play Don't Worry

    (1975)
    ミック・ロンソンのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    前作のリリース後にモット・ザ・フープルに加入するも、イアン・ハンターと共に脱退してしまう。ハンターのソロの制作と並行して録音されたアルバム。
    録音メンバーは前作とほとんど変わらず、ドラマーは4人を起用している。
    気になるのは、やはり“White Light/White Heat”しかない。ルー・リードがザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代に書いた曲で、デヴィッド・ボウイも歌っている。マイク・ガースンが弾く、オシャレでアバンギャルドなイントロから始まり、ロンソンのギターが全開で鳴り響くこのヴァージョンは聴いておいた方がいいかもしれない。
    リトル・リチャードが歌っていた“"The Girl Can't Help It”では、イアン・ハンターがバッキング・ヴォーカルで参加している。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Billy Porter
    02. Angel No.9
    03. This Is For You
    04. White Light / White Heat
    05. Play Don't Worry
    06. Hazy Days
    07. Girl Can't Help It
    08. Empty Bed (Io Me Ne Andrei)
    09. Woman

    • いいね!

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 70
    Loading

    Mott / Drive On

    (1975)
    1974年12月にイアン・ハンターとミック・ロンソンが脱退し、残念ながらモット・ザ・フープルは解散となった。残ったモーガン・フィッシャー(key)、ピート・ワッツ(b)、デイル・グリフィン(ds)に、レイ・メジャー(g)とナイジェル・ベンジャミン(vo)が加入し、“モット”として新たなスタートを切ったアルバム。デイル・グリフィンとピート・ワッツのプロデュース。
    ベンジャミンが悪いわけではないが、どうしてもヴォーカルに存在感を感じられず、バンドとしてのインパクトにもちょっと欠ける気もする。
    まぁ、ミック・ラルフスとイアン・ハンターというバンドの核が無くなった時点で終わっていた感もある。
    個人的にはモーガン・フィッシャーのピアノが好きなので、捨てきれないアルバム。

    《songlist》
    01. By Tonight
    02. Monte Carlo
    03. She Does It
    04. I'll Tell You Something
    05. Stiff Upper Lip
    06. Love Now
    07. Apologies
    08. The Great White Wail
    09. Here We Are
    10. It Takes One To Know One
    11. I Can Show You How It Is

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 71
    Loading

    Roxy Music / Siren (No.371)

    (1975)
    プロデューサーにクリストーマスを迎えてレコーディングされたアルバム。ロキシーの代表作とも言える。しかし、このアルバム後のツアー終了後に解散となる。
    ジャケはフェリーの当時の恋人シェリー・ホール。フェリーと付き合うと、ジャケに使ってくれるって特典でもあったのかな?なんて…。
    前作をさらに追求したロキシー・サウンドが楽しめるアルバム。

    《songlist》
    01. Love Is The Drug
    02. End Of The Line
    03. Sentimental Fool
    04. Whirlwind
    05. She Sells
    06. Could It Happen To Me?
    07. Both Ends Burning
    08. Nightingale
    09. Just Another High

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 72
    Loading

    Robert Wyatt / Ruth Is Stranger Than Richard

    (1975)
    ロバートワイアットのセルフ・プロデュースのよる3rdアルバム。
    アナログのA面(T-1~4)は“Ruth”、B面(T-5~9)は“Richard”とつけられている。
    ワイアットは“Sonia”と“Solar Flares”ではドラムを演奏している。
    “5 Black Notes And 1 White Note”では、ブライアン・イーノがギターとシンセサイザーで参加している。フィル・マンザネラ曲も演奏されているので、ロキシー・ミュージックとの繋がりを感じられる。
    “Song For Che”はチャーリー・ヘイデンのカヴァー。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    Side Ruth
    01. Soup Song
    02. Sonia
    03. Team Spirit
    04. Song For Che
    Side Richard
    05. Muddy Mouse (A)
    06. Solar Flares
    07. Muddy Mouse (B)
    08. 5 Black Notes And 1 White Note
    09. Muddy Mouse (C) / Muddy Mouth

    • いいね!

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 73
    Loading

    Dave Edmunds / Subtle as a Flying Mallet

    (1975)
    デイヴ・エドモンズのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    セルフ・レコーディングと、ニック・ロウ(b)、ピック・ウィザース(dr)、ボブ・アンドリュースをバックに演奏をした曲。そして各面のラストには、ブリンズリー・シュウォーツをバックに演奏した“Let It Rock”と“No Money Down”を収録している。
    ウォール・オブ・サウンドに傾倒していたエドモンズは、このアルバムでスペクター=グレニッチ=バリーの曲を2曲カヴァーしている。
    ザ・コーデッツの“Born to Be with You”のカヴァーは全英チャートで5位となった。
    ちょっと暗い感じのジャケだが、ヒプノシスによって制作されている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Baby I Love You
    02. Leave My Woman Alone
    03. Maybe
    04. Da Doo Ron Ron
    05. Let It Be Me
    06. No Money Down
    07. Shot Of Rhythm And Blues
    08. Billy The Kid
    09. Born To Be With You
    10. She's My Baby
    11. I Ain't Never
    12. Let It Rock

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0
  • 74
    Loading

    10cc / The Original Soundtrack

    (1975)
    マーキュリーレコードに移籍してリリースされた、10ccのセルフ・プロデュースによる3rdアルバム。架空の映画のサウンド・トラックをコンセプトに作られている。
    このアルバムでは、全英で1位、全米で2位となった“I'm Not in Love”が時代を代表する曲となった。特徴的なサウンドは、ゴドレイとクレーム、グールドマンのユニゾンを多重録音したものを、スチュワートによって綿密に構築されている。3人で重ねられたコーラスは642人分も用意されていたようで、それを見事に披露して見せた。
    この曲のヒットもあり、アルバムは全英4位、全米15位となった。
    職人が作った聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Une Nuit A Paris
    One Night In Paris
    Same Night In Paris
    Later The Same Night In Paris
    02. I'm Not In Love
    03. Blackmail
    04. The Second Sitting For The Last Supper
    05. Brand New Day
    06. Flying Junk
    07. Life Is A Minestrone
    08. The Film Of My Love

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/4/2

    • 1
    • 0
    • 0