みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

吟詠の部屋

ミュージックアルバムに纏わる展示です

  • Loading

    Buena Vista Social Club Presents Ibrahim Ferrer

  • Loading

    NINI ROSSO / SUPER BEST

  • Loading

    布施 明 ベスト・ヒット

  • Loading

    ASH RA TEMPEL / New Age Of Earth

  • Loading

    DANIEL LANOIS / For The Beauty Of Wynona

  • Loading

    ぼちぼちいこか / 上田正樹と有山淳司

  • Loading

    Sweatin' Ballroom / 吾妻光良 & The Swinging Boppers

  • Loading

    ANTONIO CARLOS JOBIM / Stone Flower

  • Loading

    JOAO GILBERTO

  • Loading

    GETZ / GILBERTO #2

  • Loading

    ASTRUD GILBERTO / The Girl from BOSSA NOVA

  • Loading

    ANTONIO CARLOS JOBIM / WAVE

  • Loading

    GIL E JORGE / GILBERTO GIL e JORGE BEN

  • Loading

    NARA LEAO / DEZ ANOS DEPOIS

  • Loading

    JOYCE / Feminina

  • Loading

    GAL COSTA / GAL TROPICAL

  • Loading

    EYDIE GORME / Blame It On The Bossa Nova

  • Loading

    BOSSA NOVA

  • Loading

    BLADE RUNNER / The New American Orchestra

  • Loading

    THE ADVENTURERS OF FORD FAIRLANE

  • Loading

    ORIGINAL LOVE / SONNY SIDE OF ORIGINAL LOVE

  • Loading

    FRANCE GALL / Poupee de son

  • Loading

    クレール・エルジエール / パリ、愛の歌 〜永遠のシャンソン集〜

  • Loading

    クレール・エルジエール / パリ、愛の歌 第2楽章 〜永遠のシャンソン名曲集〜

  • Loading

    AC/DC / THE RAZORS EDGE

  • Loading

    AC/DC Live

  • Loading

    CONVERGENCES / ANTOINE DUFOUR

  • Loading

    ROLLING STONES Classics

  • Loading

    ROLLING STONES Classics 2

  • Loading

    ATOLL / L'Océan

  • 1
    Loading

    Buena Vista Social Club Presents Ibrahim Ferrer

    ボレロを愛した無名歌手、渾身の一枚。
    一度はプロになるものの冷遇され歌から離れてしまいます。1996年、ライ・クーダーがプロデュースした"ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ"に参加、2年後にこのソロアルバムがリリースされました。2005年急死するまで精力的に活動されていました。

    https://m.youtube.com/watch?v=xAqoqiNl5io

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 4
  • 2
    Loading

    NINI ROSSO / SUPER BEST

    ペットで奏でるシバの女王は、妙にエロティックです。水曜日の夜を聴くと、ブラウン管で映画が観たくなります。

    おやすみなさい🌙
    https://m.youtube.com/watch?v=NOk0qhSTCt8

    https://m.youtube.com/watch?v=L6VulzQwN-w

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 3
    Loading

    布施 明 ベスト・ヒット

    とにかく上手いです。いい意味で開き直った暑苦しさ。
    僕はいつも真っ向勝負!だから皆んな受け止めて!
    でも押し付けがましくないのが不思議です。
    マイベストは"愛よその日まで"。「ヤマトよ永遠に」のエンディングテーマです。しかしこれが曲者で、大人の事情で再販されないのです。収録アルバムはこれともう一つ別のベスト盤(もちろん絶版)しかありません。
    でもご安心を。itunesにて¥200で入手可です。

    https://m.youtube.com/watch?v=BySmyjsowLg

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 2
    • 15
  • 4
    Loading

    ASH RA TEMPEL / New Age Of Earth

    アシュラテンプルといってもHMではありません。ジャーマン・プログレバンドです。少しザワザワするアンビエント・ミュージックです(笑)。70年代ですでにここに到達しているのは驚異です。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    DANIEL LANOIS / For The Beauty Of Wynona

    ダニエル・ラノワはカナダ出身のプロデューサー。手がけたミュージシャンはピーター・ガブリエル、ディラン、ネヴィル・ブラザーズやエミルー・ハリス、そしてU2と錚々たるものです。
    内容はジャケットが語っています。追いかけてきる不安、隣り合う恐怖、見えない威圧、隠された怒り。絞り出される感情は20年以上経った今でも響いてきます

    https://m.youtube.com/watch?v=5AlzHDv0RXQ

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 3
  • 6
    Loading

    ぼちぼちいこか / 上田正樹と有山淳司

    1975年
    サウス・トゥ・サウスのアコースティックセットを改めて録ったアルバム。有山淳司のラグタイムが爆烈してます。

    "俺の借金全部でなんぼや"
    https://m.youtube.com/watch?v=zDzt9OmKBrI

    "Come on おばはん"
    https://m.youtube.com/watch?v=_75WuzqxbnQ

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 7
  • 7
    Loading

    Sweatin' Ballroom / 吾妻光良 & The Swinging Boppers

    2009年リリースのライブです。
    ジャパニーズ・ジャンプブルース! 愛すべきオッさんバンド‼︎
    コミカルな歌詞も嫌味ではなく聴かせます。

    魅惑のラテンメドレー
    "嫁の里帰り"
    https://m.youtube.com/watch?v=WRShKpOafYM

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 2
  • 8
    Loading

    ANTONIO CARLOS JOBIM / Stone Flower

    1970年リリース
    エレピが入り、リズムもちょっと冒険しているところがありますが全体を通し非常に洗練された構成と録音が素晴らしい一枚。

    https://www.youtube.com/watch?v=9E3chvsUd_A

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    JOAO GILBERTO

    1969年リリース
    ジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビン、ヴィニシウス・ヂ・モライス、この3人がボサノバのキーマン達です。シンプルですが、その分ギターとボーカルが楽しめる一枚。

    https://www.youtube.com/watch?v=IhKbkNqh0kk

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 10
    Loading

    GETZ / GILBERTO #2

    1964年リリース
    カーネギーで行われたスタン・ゲッツとのライブ。このグルーヴ感は後々のJAZZ、そして他のポピュラーミュージックに強大な影響を与えていると思います。

    https://www.youtube.com/watch?v=tbmuUuOXKBU

    ごめんなさい、”イパネマの娘”が収録された「GETZ / GILBERTO」が行方不明です。

    https://www.youtube.com/watch?v=j8VPmtyLqSY

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 11
    Loading

    ASTRUD GILBERTO / The Girl from BOSSA NOVA

    ジョアン・ジルベルトの奥さん、アストラッド・ジルベルトの2003年リリースのデビュー40周年記念のベストです。澄んでいますが、ちょっぴり気怠い歌声を楽しめます。

    https://www.youtube.com/watch?v=oE8rYqP1Ejg

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    ANTONIO CARLOS JOBIM / WAVE

    1967年リリース
    こちらはストリングスが絡んで心地よいリズムの波に漂わされる作品。
    アントニオ・カルロス・ジョビンはショーロに影響を受けたといわれています。舞台「オルフェウ・ダ・コンセイサウン」(「黒いオルフェ」の原作)の音楽をヴィニシウス・ヂ・モライスと担当します。ボサノバの出現による、ブラジル音楽の夜明け前です。

    https://www.youtube.com/watch?v=a6KDpB6skA4

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 13
    Loading

    GIL E JORGE / GILBERTO GIL e JORGE BEN

    1975年リリース
    ジルベルト・ジルはバイーア出身でトロピカリアを牽引していったミュージシャンです。1960年代のブラジルは軍事政権で、危険人物とみなされた彼はイギリスに亡命します。
    同じアフリカ系ブラジル人のジョルジ・ベンとの共作の本作は、自らのルーツを探りながら新しい世界を模索する2人の姿勢を生々しい録音でみせていきます。

    https://www.youtube.com/watch?v=JJcJ-PeUP6g

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 4
  • 14
    Loading

    NARA LEAO / DEZ ANOS DEPOIS

    1971年リリース
    60年代後半のブラジルは政権批判が御法度ため軍にマークされた彼女はパリに亡命します。そして本作がレコーディングされました。自国を愛するが故、故郷から遠く離れて歌う。彼女の透明度の高いボーカルが哀しくも力強く響きます。

    https://www.youtube.com/watch?v=1lHplPkWWtY

    https://www.youtube.com/watch?v=5PYmFSYjXwo

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 4
  • 15
    Loading

    JOYCE / Feminina

    1980年の"Feminina"と1981年の"Agua e luz"の2in1。
    デビューは68年の彼女、意外とパワフルなボーカルです。

    https://m.youtube.com/watch?params=EAEYAdoBAggB&v=-NyxF_bm6oM&mode=NORMAL

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 3
  • 16
    Loading

    GAL COSTA / GAL TROPICAL

    1979年リリース
    ガル・コスタもトロカピリアに参加した歌手です。マリア・ベターニアと共に音楽で抗議活動を行いました。

    https://m.youtube.com/watch?v=TRaRzTt5U1o

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 17
    Loading

    EYDIE GORME / Blame It On The Bossa Nova

    1963年のアルバム。こちらはアメリカの歌手、イーディ・ゴーメです。本場とアメリカではこれだけ違います

    "The Gift"
    https://m.youtube.com/watch?v=q0rKxiXMhXU

    "Blame It On The BOSSA NOVA"
    https://m.youtube.com/watch?v=PaRlW-jz1QQ

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 18
    Loading

    BOSSA NOVA

    2006年のヴァーヴのボサノバ・コンピレーション。これだけ聴いてしまうと、ボサノバって只のおしゃれなサロンミュージック、と勘違いされそうで怖いアルバムです。

    JOE PASS "El Gento"
    https://m.youtube.com/watch?v=YkUGULXQzy8

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    BLADE RUNNER / The New American Orchestra

    いいサントラです。これを聴きながら林の中の山坂道を走った人は必ずいると信じてます。

    https://m.youtube.com/watch?v=ykqjOuIQlwA

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 0
  • 20
    Loading

    THE ADVENTURERS OF FORD FAIRLANE

    「"K"でガッポリ」
    1990年公開、『フォード・フェアレーンの冒険』(原題: The Adventures of Ford Fairlane)のサントラ。主演はアンドリュー・ダイス・クレイ、ヒロインはローレン・ホリー。
    ロスで主に音楽業界絡みの仕事を請け負うロックンロール探偵、フォード・フェアレーンの活躍を描くアクション・コメディ。深夜、ビール片手に観るのがおすすめ。

    リッチー・サンボラの"The Wind Cries Mary"
    https://www.youtube.com/watch?v=VOssGKJE7ms&index=9&list=PLkLimRXN6NKxt8DJtLyMLUPTa9iQOGO6h

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 1
  • 21
    Loading

    ORIGINAL LOVE / SONNY SIDE OF ORIGINAL LOVE

    1993年リリースのベスト盤、ですが再録が多いです。といっても田島貴男のポップセンス全開です。そして演奏も旨い。中でも光るのは小松秀行のベース。畳み掛けてくるのに胃もたれしないのが驚きです。

    ORIGINAL LOVE
    田島貴男 : Vocals, Chorus, Guitar
    木原龍太郎  : Keyboards
    宮田繁男 : Drums
    村山孝志 : Guitar
    小松秀行 : Bass

    1. SCANDAL (New Recording)
    作詞・作曲 : 田島貴男
    2. 接吻 Kiss (Album Version)
    作詞・作曲 : 田島貴男
    3. 微笑みについて Look At Me, Look At You
    作詞 : 木原龍太郎・田島貴男 ⁄ 作曲 : 田島貴男
    4. LET'S GO!
    作詞・作曲 : 田島貴男
    5. DEEPER (New Version)
    作詞 : 吉田美奈子 ⁄ 作曲 : 宮田繁男
    6. DEEP FRENCH KISS (New Recording)
    作詞 : 宮田繁男 ⁄ 作曲 : 田島貴男
    7. WALL FLOWER
    作詞 : 田島貴男・木原龍太郎 ⁄ 作曲 : 田島貴男
    8. MILLION SECRETS OF JAZZ (New Recording)
    作詞・作曲 : 田島貴男
    9. THE VENUS (New Recording)
    作詞 : 木原龍太郎 ⁄ 作曲 : 田島貴男
    10. SUNSHINE ROMANCE (New Version)
    作詞 : 木原龍太郎 ⁄ 作曲 : 田島貴男
    11. LET'S GO! (Cosmo-Phase Mix)
    12. 月の裏で会いましょう Let's Go To The Darkside Of The Moon (New Recording)
    作詞 : 木原龍太郎 ⁄ 作曲 : 田島貴男

    "月の裏で会いましょう"
    https://www.youtube.com/watch?v=oZnwmxQKAss

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 7
  • 22
    Loading

    FRANCE GALL / Poupee de son

    本名、イザベル・ジュヌヴィエーヴ・マリ・アンヌ・ギャル(Isabelle Geneviève Marie Anne Gall)さん。
    フィリップス時代のシングルコレクションです。
    出来上がってない歌声、あざとく狙ったロリとエロの演出。当時人気はあったものの、アンチも多かったとのことです。とは言え「夢みるシャンソン人形(Poupée de cire, Poupée de son)」は誰でも一度は耳にしてると思います。今回あらためて聞いてみて、「ジャズる心(Le coeur qui jazze)」(すごい邦題!)や、「けんかの前に(Avant la bagarre)」のちょいアダルトなグルーヴのオケにこの歌声のミスマッチ感がおもしろかったですね。また、「涙のシャンソン日記(Attends ou va-t'en)」という曲がCR-XのCM曲だったことを知り動画を確認して30年という時間の流れを感じました。
    過ぎ去った人と時間にセンチになったオッさんのハートに
    #胸キュンな一曲
    "Avant la bagarre"
    https://www.youtube.com/watch?v=vacFvBIUonY

    • いいね!

      29がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 6
    • 17
  • 23
    Loading

    クレール・エルジエール / パリ、愛の歌 〜永遠のシャンソン集〜

    2008年リリース
    ジュリエット・グレコ本人の前で「美しき星」歌い絶賛されたそうです。
    しかし彼女の歌声はグレコやピアフのように情熱的ではなく、素朴で優しく初夏に飲む少し冷えたレモン水のように爽やかです。

    "L'oiseau qui trottait dans ta tête"
    https://m.youtube.com/watch?v=_lh2REVGpIg

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 2
  • 24
    Loading

    クレール・エルジエール / パリ、愛の歌 第2楽章 〜永遠のシャンソン名曲集〜

    2009年リリースの第2弾
    前作で「見上げてごらん夜の星を」を取り上げた彼女。本作では「さくらんぼの実る頃」や「パダン・パダン」から始まり、「上を向いて歩こう」で締めます。
    中盤から三線が入ってきて新鮮です。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 6
    • 0
  • 25
    Loading

    AC/DC / THE RAZORS EDGE

    1990年リリースの通算12枚目。こちらはエピックから2003年に出たリイシューです。
    ドラマーはフィル・ラッドに替わってクリス・スレイドです。クリスといえばザ・ファームみたいになってますが、元々はトム・ジョーンズのバックバンドのドラマーでした。ツアーもクリスが参加したので、この次にリリースされたライブ盤も彼がドラムです。
    ファーストトラックは超メジャー曲の"THUNDERSTRUCK"、小気味いいビートの"MONEYTALKS"、クリス本領発揮のタイトルナンバー"THE RAZORS EDGE"などなど聴きどころ満載ですが、今ならサッカーW杯協賛のコカ・コーラのCMで流れてる"ARE YOU READY"でしょうか。
    "ARE YOU READY"
    https://www.youtube.com/watch?v=CIhylLW4Fcs

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 2
  • 26
    Loading

    AC/DC Live

    1991年リリースの The Razors Edge tourでの様子を収めたライブ盤。
    1や7は、むしろこちらがオリジナルメンバーといえますね。
    1. "Thunderstruck" (Donington Park, Leicestershire, England; August 17, 1991)
    2. "Shoot to Thrill" (NEC, Birmingham, England; April 23, 1991)
    3. "Back in Black" (Donington Park, Leicestershire, England; August 17, 1991)
    4. "Who Made Who" (NEC, Birmingham, England; April 23, 1991)
    5. "Heatseeker" (NEC, Birmingham, England; April 23, 1991)
    6. "The Jack" (Tushino Airfield, Moscow, Russia; September 28, 1991)
    7. "Moneytalks" (NEC, Birmingham, England; April 23, 1991)
    8. "Hells Bells" (Northlands Coliseum, Edmonton, AB, Canada; June 21, 1991)
    9. "Dirty Deeds Done Dirt Cheap" (NEC, Birmingham, England; April 23, 1991)
    10. "Whole Lotta Rosie" (Tushino Airfield, Moscow, Russia; September 28, 1991)
    11. "You Shook Me All Night Long" (Donington Park, Leicestershire, England; August 17, 1991)
    12. "Highway to Hell" (S.E.C.C., Glasgow, Scotland; April 20, 1991)
    13. "T.N.T." (NEC, Birmingham, England; April 23, 1991)
    14. "For Those About to Rock (We Salute You)" (Northlands Coliseum, Edmonton, AB, Canada; June 22, 1991)

    「42! 39! 56!」( x2.54cm)
    https://www.youtube.com/watch?v=iRCgS1NYjBM

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 5
    • 0
  • 27
    Loading

    CONVERGENCES / ANTOINE DUFOUR

    2010年リリース
    カナダのギタリスト、アントゥワ・デュフールの5枚目のアルバム。
    ドン・ロスやマイケル・ヘッジスの影響を受けたフィンガースタイルのギタリストです。雨音にはこういう音色がよく馴染みます。
    YESのファンだそうで、"South Side Of The Sky"をカバーしています。
    まずは、演奏をごらんください
    " To Run in a Dream"
    https://www.youtube.com/watch?v=-f_nQd-omVA

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 3
    • 1
  • 28
    Loading

    ROLLING STONES Classics

    1987年
    ストーンズがカバーした曲や、彼らが影響を受けたであろう曲を集めたコンピアルバム。ストーンズ好きは「そうそう、これこれ」と楽しめて、知らない人もロックのルーツをたっぷりつまみ食いできる素敵なアルバムです。

    "Rollin' Stone"
    https://m.youtube.com/watch?v=lRM5sGeX8GY

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 3
    • 4
  • 29
    Loading

    ROLLING STONES Classics 2

    1992年
    ルーツ オブ ストーンズのコンピ第2弾。こちらも今更過ぎるくらい、でも忘れてはいけない名曲の数々を楽しめます。

    ミック、クリソツの"Mercy, Mercy"
    https://m.youtube.com/watch?v=pWioaVN9olY

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 3
    • 5
  • 30
    Loading

    ATOLL / L'Océan

    1989年のアルバム
    2ndから参加したギターのクリスチャン・ベアは、アモン・デュール・II にいた人です。79年に"Rock puzzle"をリリース後、相次ぐメンバーの脱退で解散へ。本作はクリスチャン・ベアが中心に再編成された新生アトールのアルバムになります。よくイエスと比較されますが「ボーカルのキーが高い」以外はそんなに似てるとは思いません。前作から10年も経っており、メンバーも一新されましたが方向性やサウンドに大きな変化なく、聴きやすく好きなアルバムです。

    " L'Océan"(89年の来日時の映像)
    https://www.youtube.com/watch?v=ZN0AINlMJ3E

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 3
    • 2