みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

吟詠の部屋 "The Railroad"

G.F.Rとその関連アルバムを展示いたします。

  • Loading

    ON TIME / GRAND FUNK RAILROAD

  • Loading

    GRAND FUNK / GRAND FUNK RAILROAD

  • Loading

    LIVE ALBUM / GRAND FUNK

  • Loading

    SURVIVAL / GRAND FUNK

  • Loading

    GRAND FUNK RAILROAD GOLDEN DISK

  • Loading

    PHOENIX / GRAND FUNK

  • Loading

    WE'RE AN AMERICAN BAND / GRAND FUNK

  • Loading

    SHININ' ON / GRAND FUNK

  • Loading

    ALL THE GIRLS IN THE WORLD BEWARE !!! / GRAND FUNK

  • Loading

    CAUGHT IN THE ACT / GRAND FUNK RAILROAD

  • Loading

    BORN TO DIE / GRAND FUNK RAILROAD

  • Loading

    BORN TO DIE / GRAND FUNK RAILROAD

  • Loading

    THE 1971 TOUR / GRAND FUNK RAILROAD

  • Loading

    JUST ANOTHER INJUSTICE / MARK FARNER

  • Loading

    GRAND FUNK LIVE THE AMERICAN BAND

  • Loading

    THE DISTANCE / BOB SEGER AND THE SILVER BULLET BAND

  • Loading

    LIKE A ROCK / BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND

  • 1
    Loading

    ON TIME / GRAND FUNK RAILROAD

    1969年リリースのデビューアルバム。
    荒々しい、雄叫びのようなサウンド。グランジの曽祖父。
    メンバーはg, voのマーク・ファーナー、bのメル・サッチャー、dのドン・ブリューワー。3人共、ミシガン州デトロイト出身です。バンド名は、ミシガンからカナダへ通る鉄道「Grand Trunk Railroad」をもじって付けたそうです。
    轟音列車の旅が始まる✨

    SIDE1
    1. Are You Ready?
    2. Anybody's Answer
    3. Time Machine
    4. High on a Horse
    5. T.N.U.C.
    SIDE 2
    1. Into the Sun
    2. Heartbreaker
    3. Call Yourself a Man
    4. Can't Be Too Long
    5. Ups and Downs

    "Into the Sun"
    https://m.youtube.com/watch?v=3A6juNa99xw

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/12/3

    • 4
    • 0
  • 2
    Loading

    GRAND FUNK / GRAND FUNK RAILROAD

    1969年リリース
    捨て曲無しの2nd。"暴走列車"の異名に恥じぬ怒涛のパフォーマンス❗️ 高校の時アナログを探すもボロいカット盤しか見つからず、後にこのCDを聴き倒しました。アレ、買っときゃ良かったなぁ…
    1. 「Got This Thing on the Move」 Mark Farner 4:38
    2. 「Please Don't Worry」 Don Brewer / Mark Farner 4:19
    3. 「High Falootin' Woman」 Mark Farner 3:00
    4. 「Mr. Limousine Driver」 Mark Farner 4:26
    5. 「In Need」 Mark Farner 7:52
    6. 「Winter and My Soul」 Mark Farner 6:38
    7. 「Paranoid」 Mark Farner 7:50
    8. 「Inside Looking Out」 9:31

    "Got This Thing on the Move"
    https://m.youtube.com/watch?v=QCeJt1u9PLA

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/17

    • 3
    • 10
  • 3
    Loading

    LIVE ALBUM / GRAND FUNK

    1970年リリース
    70年7月、フロリダで行われたライブを収録。トリオ編成の勢いと生々しさが溢れたアルバム。10分超えが4曲もあることが、それを物語っています。

    SIDE 1
    1 Introduction 2:37
    2 Are You Ready 3:34
    3 Paranoid 7:17
    4 In Need 10:06
    SIDE 2
    1 Heartbreaker 7:18
    2 Inside Looking Out 13:07
    SIDE 3
    1 Words Of Wisdom 0:50
    2 Mean Mistreater 5:02
    3 Mark Say's Alright 5:11
    4 T.N.U.C. 11:32
    SIDE 4
    1 Into The Sun 12:14

    ハァ〜ブレィカァ〜♫😩🎸
    https://m.youtube.com/watch?v=xLyegGO3tOg

    • いいね!

      27がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/21

    • 3
    • 7
  • 4
    Loading

    SURVIVAL / GRAND FUNK

    1971年リリースの4枚目。
    トリオだけど、濃密でいい雰囲気です。派手さが無いアルバムなのでどうしても「ギミ・シェルター」にいっちゃうけど、聴きどころは多いですよ✨

    SIDE 1
    1. 「Country Road」 4:22
    2. 「All You've Got Is Money」 5:16
    3. 「Comfort Me」 6:48
    4. 「Feelin' Alright」 4:26
    SIDE 2
    5. 「I Want Freedom」 6:18
    6. 「I Can Feel Him In The Morning」7:15
    7. 「Gimme Shelter」

    イズ ジァスタ キッサァウェ✨😩🎸
    https://m.youtube.com/watch?v=Fy9ha4kVfqc

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/27

    • 3
    • 0
  • 5
    Loading

    GRAND FUNK RAILROAD GOLDEN DISK

    1972年リリースの「Mark, Don & Mel: 1969–71」というベスト盤に、さも国内企画盤のようなカバーを被せたモノです。

    SIDE 1
    "Time Machine" - (3:40)
    "Into the Sun" - (6:25)
    "Heartbreaker" - (6:30)
    "Feelin' Alright" (Dave Mason) - (4:25)
    SIDE 2
    "Footstompin' Music" - (3:45)
    "Paranoid" - (7:35)
    "Loneliness" - (8:30)
    SIDE 3
    "Are You Ready" (Live) - (3:34)
    "Mean Mistreater" (Live) - (4:40)
    "T.N.U.C." (Live) - (11:45)
    SIDE 4
    "Inside Looking Out" (John Lomax, Alan Lomax, Eric Burdon, Chas Chandler) - (9:29)
    "I'm Your Captain (Closer to Home)" - (9:58)

    https://m.youtube.com/watch?v=A12GettHK6Y

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/12/3

    • 5
    • 0
  • 6
    Loading

    PHOENIX / GRAND FUNK

    1972年リリースの6枚目
    キーボードのクレイグ・フロストが加入し、バンド名が「GRAND FUNK」と短くなった。本作はテリー・ナイトの手を離れセルフ・プロデュースとなり、作詞・作曲は全てマークによるもの。結構ポップに仕上がっています。この変化は次作のトッド・ラングレンを招いた「We're an American Band」での成功を考えると、結果論ではありますがなかなかよかったのではと思います。

    1. Flight of the Phoenix
    2. Trying to Get Away
    3. Someone
    4. She Got to Move Me
    5. Rain Keeps Fallin
    6. I Just Gotta Know
    7. So You Won't Have to Die
    8. Freedom is for Children
    9. Gotta Find Me a Better Day
    10. Rock & Roll Soul

    オープニングのインストナンバー"Flight of the Phoenix"
    https://www.youtube.com/watch?v=p-FYXVuG_Qs

    • いいね!

      32がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 3
    • 5
  • 7
    Loading

    WE'RE AN AMERICAN BAND / GRAND FUNK

    1973年リリース
    プロデュースにトッド・ラングレンを迎えて制作された通算7枚目。このタイトルのセンスは素晴らしいと思います。GF流のポップセンスがドット・ラングレンのそれと上手く噛み合った良作。

    SIDE 1
    1. We're an American Band
    2. Stop Lookin' Back
    3. Creepin
    4. Black Licorice
    SIDE 2
    1. The Railroad
    2. Ain't Got Nobody
    3. Walk Like a Man
    4. Loneliest Rider

    "Walk Like a Man"
    https://m.youtube.com/watch?v=iB9qu_MyQUA

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 5
    • 0
  • 8
    Loading

    SHININ' ON / GRAND FUNK

    1974年リリースの通算8枚目のアルバム。
    プロデューサーはトッド・ラングレンで、シングルカットされた’’ロコモーション’’が全米1位を獲得しました。
    ジャケットは3Dデザインになっていて、そのジャケットの一部が3Dメガネとして取り外して使用する様になっています。ライナーも3D仕様で、色合いが微妙なため読みづらいです。

    SIDE A
    1. 「Shinin' On」
    2. 「To Get Back In」
    3. 「The Loco-Motion」
    4. 「Carry Me Through」
    SIDE B
    1. 「Please Me」
    2. 「Mr. Pretty Boy」
    3. 「Gettin' Over You」
    4. 「Little Johnny Hooker」

    "To Get Back In"
    https://www.youtube.com/watch?v=JUQrSbB7MFw

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 4
    • 2
  • 9
    Loading

    ALL THE GIRLS IN THE WORLD BEWARE !!! / GRAND FUNK

    1974年リリース
    邦題 : ハードロック野郎 (世界の女は御用心)
    強烈なジャケ絵とトンデモない邦題(原題もなかなかですが^^;)が付けられた9枚目。これがまた素晴らしい。全体的にスピード感があり、完成されたファンキーな横揺れを縦ノリに変換して押しまくるというバンドスタイルを"スッキリ"と一枚にまとめてた後期GFの名盤です。プロデューサーはジミー・イエナー(エリック・カルメンが在籍したラズベリーズを手がけた人)、レコーディングはミシガンの自前のスタジオで行われました。
    ジャケットのボディビルダーの合成写真にシュワちゃんがいるらしいです。

    SIDE A
    1. Responsibility
    2. Runnin
    3. Life
    4. Look at Granny Run Run
    5. Memories
    SIDE B
    1. All the Girls in the World Beware
    2. Wild
    3. Good & Evil
    4. Bad Time
    5. Some Kind of Wonderful

    "Responsibility"
    https://m.youtube.com/watch?v=XM8oe4yS4SU

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 6
    • 1
  • 10
    Loading

    CAUGHT IN THE ACT / GRAND FUNK RAILROAD

    1975年リリース
    キーボードのクレイグ・フロストが加入し、バンド絶頂期のライブ。ラスト2曲は聴かずに死ねない。1-4と2-1は本来繋がってるのですが、アナログのため一旦切れてしまうのがちょいと残念。

    SIDE 1
    1 Introduction 2:47
    2 Footstompin' Music 4:02
    3 Rock And Roll Soul 3:59
    4 Closer To Home 7:14
    SIDE 2
    1 Heartbreaker 7:38
    2 Some Kind Of Wonderful 4:05
    3 Shinin' On 5:40
    4 The Loco-Motion 3:14
    SIDE 3
    1 Black Licorice 4:55
    2 The Railroad 6:15
    3 We're An American Band 3:45
    4 T.N.U.C.
    SIDE 4
    1 Inside Lookin' Out 12:11
    2 Gimme Shelter 6:16

    サンキューグッナイ‼️😩🎸
    https://m.youtube.com/watch?v=bVV9tiOad60

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/27

    • 4
    • 3
  • 11
    Loading

    BORN TO DIE / GRAND FUNK RAILROAD

    1976年リリースの10枚目。
    プロデューサーのジミー・イエナーは、ベイシティ・ローラーズやスリー・ドッグ・ナイトを手掛けた人。
    バンド自体が終息へ向かっていたためか緩慢な印象もあり、邦題より原題のほうがしっくりきてしまうのが少々残念。

    SIDE 1
    1-1 Born To Die – Mark Farner 5:39
    1-2 Dues – Craig Frost, Mark Farner 5:35
    1-3 Sally – Mark Farner 3:19
    1-4 I Fell For Your Love – Craig Frost, Don Brewer 4:15
    1-5 Talk To The People – Craig Frost, Mark Farner 5:33
    SIDE 2
    2-1 Take Me – Craig Frost, Don Brewer 5:09
    2-2 Genevieve – Craig Frost, Don Brewer, Mark Farner, Mel Schacher 6:05
    2-3 Love Is Dyin' – Don Brewer 4:17
    2-4 Politician – Mark Farner 3:57
    2-5 Good Things – Mark Farner 4:23

    スリリングなインストナンバー✨
    https://m.youtube.com/watch?v=YSEViRgEqaE

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/23

    • 5
    • 2
  • 12
    Loading

    BORN TO DIE / GRAND FUNK RAILROAD

    2003年のリマスター盤。
    音作りは素直で好印象。オマケの2曲が聴きどころです。

    1 Born To Die – Mark Farner 5:39
    2 Dues – Craig Frost, Don Brewer 5:35
    3 Sally – Mark Farner 3:19
    4 I Fell For Your Love – Craig Frost, Don Brewer 4:15
    5 Talk To The People – Craig Frost, Mark Farner 5:33
    6 Take Me – Craig Frost, Don Brewer 5:09
    7 Genevieve – Craig Frost, Don Brewer, Mark Farner, Mel Schacher 6:05
    8 Love Is Dyin' – Don Brewer 4:17
    9 Politician – Mark Farner 3:57
    10 Good Things – Mark Farner 4:23
    11 Bare Naked Woman (Live Rehearsal)
    12 Genevieve (Live Rehearsal)

    ボーカルの伸び、ギターのキレ、ハード・グルーヴなリズム隊によるスロー・ブルーズ。途中で終わっちゃうのが残念なナンバー✨😩🎸
    https://m.youtube.com/watch?v=22SL-0aQB3U

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/23

    • 3
    • 4
  • 13
    Loading

    THE 1971 TOUR / GRAND FUNK RAILROAD

    71年のライブ音源で、場所はニューヨーク、シカゴ、デトロイトです。
    音質はやや平面的ですが良好です。メルのベースが割れずに綺麗に聞こえて心地よいですね。彼らは同じ71年に来日し、伝説の嵐の後楽園球場でのライブを行うのでした。

    "Gimme Shelter"
    https://www.youtube.com/watch?v=43Lb3jBxwE8

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 5
    • 0
  • 14
    Loading

    JUST ANOTHER INJUSTICE / MARK FARNER

    1988年リリースのソロ三作目
    軽快なアメリカンポップスに仕上がっています。当時70年代のGFRをガンガン聴いていて、マークの新譜が出るということで意気揚々と購入。第一印象は「ダッサぁ〜...( ゚д゚)」でしたが、今は逆に爽やかで聴きやすいなぁと感じる不思議。

    1. Airborne Ranger
    2. Judgement Day Blues
    3. Isn't It Amazing
    4. Come To Jesus
    5. Give Me The Works
    6 .An Emotional Look At Love
    7. Workin' For The Winner
    8. Just Another Injustice
    9. The Writing On The Wall
    10. Only You

    ちょっとAORな"Isn't It Amazing"
    https://www.youtube.com/watch?v=mLrPDPhhhrc

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 3
    • 6
  • 15
    Loading

    GRAND FUNK LIVE THE AMERICAN BAND

    1989年リリース
    1974年のツアーです。このころはキーボードのグレック・フロストが加入してバンド名が"GRAND FUNK RAILROAD"から"GRAND FUNK"に改名されていた頃です。ギターはメッセンジャーではなく、ヴェレノを使用しています。上半身裸でウルトラマン見たなパンツのマークと、メキシカンダンサーみたいな衣装のドンの掛け合いがダサかっこいい!
    マウンテンと並んで、”ベースが煩い”バンドは最高です。

    "T.N.U.C"
    https://m.youtube.com/watch?v=bm97UskCcTA

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 2
    • 0
  • 16
    Loading

    THE DISTANCE / BOB SEGER AND THE SILVER BULLET BAND

    1982年リリースの銀弾4枚目。
    ドラムはラス・カンケル。ダニー・コーチマーとワディ・ワクテルに加え、グレン・フライ、ドン・フェルダー、ボニー・レイットがゲスト参加しています。
    プロデューサーはジミー・アイオヴァイン。"Comin' Home"はスワンパーズが参加(個人名義の「Beautiful Loser」から銀弾のこのアルバムまでレコーディングに参加)、本作よりクレイグ・フロスト加入しています。
    相変わらず高い完成度で、細かいところが隙なく仕上がってます。オッさんによるオッさんのためのロック。
    #OOR

    SIDE 1
    1. "Even Now" 4:31
    2. "Makin' Thunderbirds" 2:58
    3. "Boomtown Blues" 3:38
    4. "Shame on the Moon" 4:55
    5. "Love's the Last to Know" 4:26
    SIDE 2
    1. "Roll Me Away" 4:39
    2. "House Behind a House" 4:00
    3. "Comin' Home" 6:06
    4. "Little Victories"

    グレン・フライ、ドン・フェルダー参加の"Even Now"
    https://m.youtube.com/watch?v=ZfMMdf7U7Rc

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 6
    • 5
  • 17
    Loading

    LIKE A ROCK / BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND

    1986年リリース
    グランド・ファンクのクレイグ・フロストをメンバーに迎えた、銀弾5枚目のアルバム。
    90年前後に散見された、"ロックなのかAORなのか"(AORもロックだけどそういう意味ではなく)みたいな、狭間というか再練和というかそんなふうに感じました。
    グランド・ファンクの関連アイテムとして展示いたします。
    #OOR 

    SIDE 1
    1. "American Storm" 4:17
    2. "Like a Rock" 5:56
    3. "Miami" 4:40
    4. "The Ring" 5:35
    SIDE 2
    1. "Tightrope" 4:31
    2. "The Aftermath" 3:30
    3. "Sometimes" 3:31
    4. "It's You" 4:03
    5. "Somewhere Tonight" 4:25

    アダルトで臭い泣きロック、"Like a Rock"
    https://www.youtube.com/watch?v=9b4cW9sx47A

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/10/25

    • 5
    • 2