みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

1971年発売のアルバム

社会情勢を歌にするミュージシャンが増え、悲しみに寄り添う歌や、社会の変革をテーマにした歌が多くなった年。

  • File

    Janis Joplin / Pearl (No.122)

  • File

    John Lennon / Imagine (No.76)

  • File

    David Bowie / Hunky Dory (No.107)

  • File

    Led Zeppelin / Led Zeppelin IV

  • File

    The Who / Who's Next (No.28)

  • File

    The Rolling Stones / Sticky Fingers (No.63)

  • File

    Delaney & Bonnie & Friends / Motel Shot

  • File

    Dave Mason・Cass Elliot / Dave Mason & Cass Elliot

  • File

    Leon Russell / Leon Russell and the Shelter People

  • File

    Marc Benno / Minnows

  • File

    Jesse Ed Davis / Jesse Davis

  • File

    Ry Cooder / Into the Purple Valley

  • File

    Steve Jordan / Las Coronelas

  • File

    Rita Coolidge / Rita Coolidge

  • File

    Rita Coolidge / Nice Feelin'

  • File

    David Crosby / If I Could Only Remember My Name

  • File

    Stephen Stills / Stephen Stills 2

  • File

    Graham Nash / Songs for Beginners

  • File

    Jo Mama / J Is for Jump

  • File

    Gene Clark / White Light

  • File

    The Byrds / Byrdmaniax

  • File

    The Byrds / Farther Along

  • File

    New Riders of Purple Sage / New Riders of Purple Sage

  • File

    The Doobie Brothers / The Doobie Brothers

  • File

    Little Feat / Little Feat

  • File

    ZZ Top / ZZ Top's First Album

  • File

    Crazy Horse / Crazy Horse

  • File

    The Doors / L.A. Woman (No.362)

  • File

    The Band / Cahoots

  • File

    John Simon / John Simon's Album

  • File

    Edgar Winter's White Trash / Edgar Winter's White Trash

  • File

    Santana / Santana

  • File

    Miles Davis / A Tribute to Jack Johnson

  • File

    Weather Report / Weather Report

  • File

    The Mahavishnu Orchestra with John McLaughlin / The Inner Mounting Flame

  • File

    The Staple Singers / The Staple Swingers

  • File

    The Dramatics / Whatcha See Is Whatcha Get

  • File

    William Bell / Wow...

  • File

    Isaac Hayes / Black Moses

  • File

    Wilson Pickett / Don't Knock My Love

  • File

    Merry Clayton / Merry Clayton

  • File

    Allen Toussaint / Toussaint

  • File

    Bobby Womack / Communication

  • File

    The Isley Brothers / Givin' It Back

  • File

    Bill Withers / Just as I Am

  • File

    Joe Simon / The Sounds of Simon

  • File

    Booker T. & the MG's / Melting Pot

  • File

    Booker T. & Priscilla / Booker T. & Priscilla

  • File

    Curtis Mayfield / Roots

  • File

    Marvin Gaye / What’s Going On (No.6)

  • File

    Stevie Wonder / Where I'm Coming From

  • File

    Al Green / Al Green Gets Next to You

  • File

    Ann Peebles / Part Time Love

  • File

    Ann Peebles / Straight from the Heart

  • File

    The Stylistics / The Stylistics

  • File

    Sly & the Family Stone / There's a Riot Goin' On (No.99)

  • File

    Earth, Wind & Fire / Earth, Wind & Fire

  • File

    Earth, Wind & Fire / The Need of Love

  • File

    Billy Joel / Cold Spring Harbor

  • File

    Todd Rundgren / Runt: The Ballad of Todd Rundgren

  • File

    Laura Nyro / Gonna Take a Miracle

  • File

    Carole King / Tapestry (No.36)

  • File

    Carole King / Music

  • File

    James Taylor / Mud Slide Slim and the Blue Horizon

  • File

    Joni Mitchell / Blue (No.30)

  • File

    Loudon Wainwright III / Album II

  • File

    Harry Nilsson / The Point!

  • File

    Harry Nilsson / Aerial Pandemonium Ballet

  • File

    Harry Nilsson / Nilsson Schmilsson

  • File

    Leonard Cohen / Songs of Love and Hate

  • File

    Bert Jansch / Rosemary Lane

  • File

    John Renbourn / Faro Annie

  • File

    Pentangle / Reflection

  • File

    Sandy Denny / The North Star Grassman and the Ravens

  • File

    Ian Matthews / If You Saw Thro' My Eyes

  • File

    Ian Matthews / Tigers Will Survive

  • File

    Kevin Ayers / Whatevershebringswesing

  • File

    Steeleye Span / Please to See the King

  • File

    Steeleye Span / Ten Man Mop, or Mr. Reservoir Butler Rides Again

  • File

    Electric Light Orchestra / The Electric Light Orchestra

  • File

    Paul McCartney / McCartney

  • File

    Gilbert O'Sullivan / Himself

  • File

    Georgie Fame / Going Home

  • File

    Georgie Fame・Alan Price / Together

  • File

    Badfinger / Straight Up

  • File

    The Kinks / Muswell Hillbillies

  • File

    Traffic / The Low Spark of High Heeled Boys

  • File

    The Grease Band / The Grease Band

  • File

    Status Quo / Dog of Two Head

  • File

    Humble Pie / Rock On

  • File

    Mott the Hoople / Wildlife

  • File

    Mott the Hoople / Brain Capers

  • File

    T. Rex / Electric Warrior (No.160)

  • File

    Jeff Beck Group / Rough and Ready

  • File

    Rory Gallagher / Rory Gallagher

  • File

    Rory Gallagher / Deuce

  • File

    Faces / Long Player

  • File

    Faces / A Nod Is as Good as a Wink...to a Blind Horse

  • File

    Rod Stewart / Every Picture Tells a Story (No.172)

  • File

    Van Morrison / Tupelo Honey

  • 1
    File

    Janis Joplin / Pearl (No.122)

    (1971)
    ジャニス・ジョプリンは、新しいバンド、フル・ティルト・ブギー・バンドとポール・A・ロスチャイルドのプロデュースでレコーディングを始めたが、アルバムの完成前にジャニスが死去したため、遺作として発売されたアルバム。
    キレのあるグルーヴを生むリズム隊と、オルガンとピアノにより厚くなったサウンドとジャニスの歌声は見事なまでのうねりを生んでいる。今までは、ジャニスのヴォーカルに頼りがちだったが、このアルバムでは見事なまでのバランスになっている。曲ごとのクオリティがかなり高い気がする。
    ジャニスの歌では異質な感じがする“Me And Bobby McGee”だが、この曲は大好きな曲のひとつ。この曲だけをなんども聴いたこともある。もしかしたら、こういう感じの曲を集めたアルバムが作られたかもしれない…哀悼。

    《songlist》
    01. Move Over
    02. Cry Baby
    03. A Woman Left Lonely
    04. Half Moon
    05. Buried Alive In The Blues
    06. My Baby
    07. Me & Bobby McGee
    08. Mercedes Benz
    09. Trust Me
    10. Get It While You Can

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/20

    • 1
    • 0
    • 0
  • 2
    File

    John Lennon / Imagine (No.76)

    (1971)
    全英、全米のチャートで1位を記録したアルバム。ジョン、オノ・ヨーコ、フィル・スペクターによるプロデュース。
    ジョンの代表曲のひとつ“Imagine”は、人類愛や世界平和を訴えていて、9.11の同時テロの時にはニール・ヤングのソロ・ピアノで歌われたのが印象的だった。ここでは、ジョンのピアノとクラウス・フォアマンのベース、アラン・ホワイトのドラムで演奏されている。
    このアルバムでは、ジョージ・ハリスンが、5曲で参加して素敵なギターの音色を奏でている。他にもニッキー・ホプキンスのピアノが印象的な“Jealous Guy”など多くのゲストに支えられたアルバム。
    時代を代表するジョンのアルバム。

    《songlist》
    01. Imagine
    02. Crippled Inside
    03. Jealous Guy
    04. It's So Hard
    05. I Don't Want To Be A Soldier
    06. Give Me Some Truth
    07. Oh My Love
    08. How Do You Sleep?
    09. How?
    10. Oh Yoko!

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/20

    • 1
    • 0
    • 0
  • 3
    File

    David Bowie / Hunky Dory (No.107)

    (1971)
    ボウイの長いキャリアでいちばん好きなアルバム。
    “Life On Mars?”が入っているからなんだけど…。この曲を聴きたくて、ボウイが来日するたびに見に行った。やっと聴けた時は、マイク・ガースンがピアノだったのでもの凄く感動した。

    《songlist》
    01. Changes
    02. Oh! You Pretty Things
    03. Eight Line Poem
    04. Life On Mars?
    05. Kooks
    06. Quicksand
    07. Fill Your Heart
    08. Andy Warhol
    09. Song For Bob Dylan
    10. Queen Bitch
    11. The Bewlay Brothers

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/20

    • 1
    • 0
    • 0
  • 4
    Loading

    Led Zeppelin / Led Zeppelin IV

    (1971)
    歴史的なアルバムのひとつ。4人の生み出すグルーヴがなんとも気持ち良い。CD屋では、レッド・ツェッペリンがハード・ロックのジャンルに入っていることが多いが“Rock And Roll”なんだよな。
    このアルバムでは、Zepのアルバムで初めてゲストが参加している。ジミー・ペイジと技術学校で同窓だったサンディ・デニー。T-3で歌っている。
    いろんな音楽が生まれていく時代で、ものすごくパワーを感じるアルバム。

    《songlist》
    01. Black Dog
    02. Rock And Roll
    03. The Battle Of Evermore
    04. Stairway To Heaven
    05. Misty Mountain Hop
    06. Four Sticks
    07. Going To California
    08. When The Levee Breaks

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 5
    Loading

    The Who / Who's Next (No.28)

    (1971)
    ザ・フーの5thアルバム。共同プロデューサーに、グリン・ジョンズを迎えて録音された。ピート・タウンゼントは前作の“Tommy”が好結果を残したため、ロック・オペラの第2弾として壮大なプロジェクトを描いていたが、計画は頓挫して録音も一からやり直した。ジョン・エントウィッスルが書いた“My Wife”以外は、プロジェクト用に書かれた曲。
    シンセサイザー導入がサウンド的に大きな変化を与えている。8分を超える“Won't Get Fooled Again”では、その効果が出ている、ザ・フーの代表曲のひとつ。
    全英チャートで初の1位を獲得した、時代を代表するアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Baba O'Riley
    02. Bargain
    03. Love Ain't For Keeping
    04. My Wife
    05. Song Is Over
    06. Getting In Tune
    07. Going Mobile
    08. Behind Blue Eyes
    09. Won't Get Fooled Again

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 6
    Loading

    The Rolling Stones / Sticky Fingers (No.63)

    (1971)
    自らのレーベル“ローリング・ストーンズ・レコード”を立ち上げて初のアルバム。アンディ・ウォーホルのジャケでも有名。このアルバムからミック・テイラーがフル参加している。
    個人的には、“Wild Hoses”が大好きな曲で、グラム・パーソンズにカヴァーされている。
    ちなみに愛聴曲は“Dead Flowers”で、左右から聴こえるギターの音がホントに心地良い。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Brown Sugar
    02. Sway
    03. Wild Horses
    04. Can't You Hear Me Knocking
    05. You Gotta Move
    06. Bitch
    07. I Got The Blues
    08. Sister Morphine
    09. Dead Flowers
    10. Moonlight Mile

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 7
    Loading

    Delaney & Bonnie & Friends / Motel Shot

    (1971)
    デラニー&ボニーの5thアルバムは、豪華なゲストとともに録音されたアルバム。レオン・ラッセルの弾くピアノを中心とした、アコースティック・サウンドの内容は、アンプラグドの先駆けと言われている。
    録音の楽しい感じが伝わってくるのが聴いていていい。ジャム・セッションを、そのままパッケージにした感じがする。
    誰もが自分のアルバムを出せるメンバーなのに、こうして集まってくるのは、デラニー&ボニーの人柄なのだろう。
    最近こんな空気感のアルバムは無いので、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Where The Soul Never Dies
    02. Will The Circle Be Unbroken
    03. Rock Of Ages
    04. Long Road Ahead
    05. Faded Love
    06. Talkin´About Jesus
    07. Come On In My Kitchen
    08. Don´t Deceive Me
    09. Never Ending Song Of Love
    10. Sing My Way Home
    11. Going Down The Road Feeling Bad
    12. Lonesome & Long Way From Home

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 8
    Loading

    Dave Mason・Cass Elliot / Dave Mason & Cass Elliot

    (1971)
    前年にデビュー・アルバムをリリースしたデイヴ・メイスンとママ・キャスがアルバムを作った。
    しかしデイヴのアルバムに、ママ・キャスが参加している印象だ。ママ・キャスがメインでヴォーカルを取っているのは、自身の書いた2曲だけである。
    デイヴ・メイスンが2作目で冒険をしたが、結果的には充実したアルバムを作ったと思う。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Walk To The Point
    02. On And On
    03. To Be Free
    04. Here We Go Again
    05. Pleasing You
    06. Sit And Wonder
    07. Something To Make You Happy
    08. Too Much Truth, Too Much Love
    09. Next To You
    10. Glittering Facade

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 9
    Loading

    Leon Russell / Leon Russell and the Shelter People

    (1971)
    3年間で3枚というハイ・ペースなリリースの中の2枚目。
    しゃがれているけれど、レオンの伸びる時の声が好きだ。背中がゾクゾクする感じたまらない。
    このアルバムまでは、かなり豪華なメンバーが参加している。いろいろあって…残念なことになった。
    70年代を代表するアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Stranger In A Strange Land
    02. Of Thee I Sing
    03. A Hard Rain's A Gonna Fall
    04. Crystal Closet Queen
    05. Home Sweet Oklahoma
    06. Alcatraz
    07. The Ballad Of Mad Dogs And Englishmen
    08. It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry
    09. She Smiles Like A River
    10. Sweet Emily
    11. Beware Of Darkness

    • いいね!

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 10
    Loading

    Marc Benno / Minnows

    (1971)
    マーク・ベノの2ndアルバム。デイヴィッド・アンダールのプロデュース。
    ボビー・ウーマック、ジェシ・エド・デイヴィス、ジム・ケルトナー・ニック・デカロなどが参加している。前作よりもさらにブルージーな味付けとなっているのがいい。
    ベノのカタログの中で、なぜか再発されるのはこのアルバムだけなのがのがちょっと残念だ。代表作ってポツンと出来たわけじゃ無いので、前後のアルバムは重要だと思う。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Franny
    02. Put A Little Love In My Soul
    03. Stone Cottage
    04. Speak Your Mind
    05. Back Down Home
    06. Good Times
    07. Baby I Love You
    08. Baby Like You
    09. Before I Go
    10. Don't Let The Sun Go Down

    • いいね!

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 11
    Loading

    Jesse Ed Davis / Jesse Davis

    (1971)
    アトコ・レコードからリリースされた、ジェシ・デイヴィスのセルフ・プロデュースによるデビュー・アルバム。
    1950年代後半から音楽活動を始めていたデイヴィスが、キャリアを積んでいく中で知り合ったミュージシャンと録音している。
    アルバムの録音を後押ししたエリック・クラプトンを始め、レオン・ラッセル、ジョン・サイモン、ラリー・ネクテル、ジム・ゴードンなどなど。コーラスではグラム・パーソンズやメアリー・クレイトンの名前がクレジットされている。
    ゆったりと流れる空気感の中でのデイヴィスのギターがたまらなく良い。
    中でもヴァン・モリソンの“Crazy Love”のカヴァーが絶品だろう。オリジナルのテイストを残しながらも、ゆるい感じで歌われている。他にパメラ・ポランドの“Tulsa County”とロジャー・ティリソンの“Rock N Roll Gypsies”がカヴァーで、残りはデイヴィスが書いている。
    ジャケも印象的で、デイヴィスが描いたものである。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Reno Street Incident
    02. Tulsa County
    03. Washita Love Child
    04. Every Night Is Saturday Night
    05. You Belladonna You
    06. Rock N Roll Gypsies
    07. Golden Sun Goddess
    08. Crazy Love

    • いいね!

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 12
    Loading

    Ry Cooder / Into the Purple Valley

    (1971)
    ライ・クーダーの2ndアルバム。ジム・ディッキンソン、ヴァン・ダイク・パークスと、レニー・ワロンカーのプロデュース。
    ライのオリジナルは無く、トラッドやフォーク、カントリーやブルースのカヴァーとなっている。アメリカン・ルーツ・ミュージックがライの手に掛かったアルバムと言っても良いだろう。
    ジョニー・キャッシュの“Hey, Porter”の
    仕上がりには驚かされた。スロー・テンポのブルースになっていて、ライのギターとジム・ディッキンソンのピアノで構成されている。
    もうひとつのヴォーカルのような、ギターを全面に出しているのが良い感じだ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. How Can You Keep On Moving
    02. Billy The Kid
    03. Money Honey
    04. F.D.R. In Trinidad
    05. Teardrops Will Fall
    06. Denomination Blues
    07. On A Monday
    08. Hey Porter
    09. Great Dream From Heaven
    10. Taxes On The Farmer Feeds Us All
    11. Vigilante Man

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 13
    Loading

    Steve Jordan / Las Coronelas

    (1971)
    “アコーディオン界のジミ・ヘンドリックス”と呼ばれたスティーヴ・ジョーダンのデビュー・アルバム。
    ジャケに映る片目の男がジョーダンで、楽しそうなアコーディオンの音色が印象的な内容となっている。

    《songlist》
    01. Las Coronelas
    02. Estrella Del Norte
    03. Midnight Blues
    04. Jamas Volvere
    05. El Rancho Grande
    06. El Corrido De Jhonny El Pachuco
    07. La Pepita
    08. Vuela Paloma
    09. Together Again
    10. More Pretty Girls Than One

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 14
    Loading

    Rita Coolidge / Rita Coolidge

    (1971)
    リタ・クーリッジのA&Mレコードからのデビュー・アルバム。デイヴィッド・アンダールのプロデュース。
    デラニー&ボニーのバック・コーラスで頭角を表したクーリッジが、多くのミュージシャンのバック・アップを受けて録音している。ジム・ケルトナーとクリス・エスリッジのリズム隊に、ブッカー・T・ジョーンズ、スプーナー・オールダム、レオン・ラッセルの鍵盤楽器、クレランス・ホワイト、ライ・クーダー、スティーヴン・スティルスのギター陣などなど…。
    ヴァラエティに富んだ選曲はクーリッジの可能性を探っている感じもするが、どの曲もハマっている気がする。
    個人的にはスティーヴ・ヤングの“Seven Bridges Road”仕上がりが最高だと思う。他にもマーク・ベノの“Second Story Window”や“I Always Called Them Mountains”、ヴァン・モリソンの“Crazy Love”も秀逸だ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. That Man Is My Weakness
    02. Second Story Window
    03. Crazy Love
    04. The Happy Song
    05. Seven Bridges Road
    06. Born Under A Bad Sign
    07. Ain't That Peculiar
    08. (I Always Called Them) Mountains
    09. Mud Island
    10. I Believe In You

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 15
    Loading

    Rita Coolidge / Nice Feelin'

    (1971)
    前作と同じ年にリリースされたリタ・クーリッジの2ndアルバム。デイヴィッド・アンダールのプロデュース。
    このアルバムではゲストは少なく、ザ・ディキシー・フライヤーズが演奏を行っている。
    前作と同じくマーク・ベノの曲を2曲歌っていて、ベノは演奏に参加している。“Nice Feelin'”はアルバム・タイトルにもなったのだから、よほどお気に入りだったのだろう。
    デイヴ・メイソン、グラハム・ナッシュのカヴァーや、ボブ・ディランの“Most Likely You Go Your Way (and I'll Go Mine)”を歌っている。
    前作でもアルバムの最後を飾っていたのがニール・ヤングのカヴァーだが、今回は“Journey Through The Past”を歌っている。ヤングの1971年1月のソロ・ツアーで初披露された曲。歌詞の一部を変えて歌っている。ニック・デカロのアコーディオンが哀愁を誘っている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Family Full Of Soul
    02. You Touched Me In The Morning
    03. If You Were Mine
    04. Nice Feelin'
    05. Only You Know And I Know
    06. I'll Be Here
    07. Better Days
    08. Lay My Burden Down
    09. Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine)
    10. Journey Thru The Past

    • いいね!

    • 登録日:2018/6/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 16
    Loading

    David Crosby / If I Could Only Remember My Name

    (1971)
    アトランティック・レコードからリリースされた、デヴィッド・クロスビーのセルフ・プロデュースによるデビュー・アルバム。
    このアルバムは、グレイトフル・デッド、サンタナ、ジェファーソン・エアプレインと当時の西海岸を代表するバンドのメンバーが参加している。さらに、グラハム・ナッシュ、ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤングとお腹がいっぱいになる感じだ。
    “Music Is Love”は、CS&Yで曲を作っている。もちろん、演奏にも参加して、素敵なコーラスを聴かせてくれている。
    “Cowboy Movie”では、ヤングとジェリー・ガルシアのギターの共演を聴くことが出来る。この2人の共演ってなかなか無いので聴いておきたいかも…。
    “What Are Their Names”では、クロスビー、ガルシア、ヤングにフィル・レッシュ、マイケル・シュリーヴで曲を作っている。
    クロスビーは意外と地味な扱いとなっているが、細かく見ていくとかなり楽しめる聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Music Is Love
    02. Cowboy Movie
    03. Tamalpais High (At About 3)
    04. Laughing
    05. What Are Their Names
    06. Traction In The Rain
    07. Song With No Words (Tree With No Leaves)
    08. Orleans
    09. I'd Swear There Was Somebody Here

    • いいね!

    • 登録日:2018/7/5

    • 1
    • 0
    • 0
  • 17
    Loading

    Stephen Stills / Stephen Stills 2

    (1971)
    スティーヴン・スティルスの2ndアルバム。スティルスとビル・ハルヴァーソンのプロデュース。
    弾き語りによるブルージーな曲や、ブラス・セクションを導入したりと、スティルスらしいヴァラエティに富んだ内容のアルバム。
    そして、前作に引き続きエリック・クラプトンが参加し、他にもマック・レベナック、ニルス・ロフグレン、リンゴ・スター、ビリー・プレストン、ジェリー・ガルシアなどの豪華なメンバーが名を連ねている。スティルスの人徳なのかもしれない。
    幅広い音楽性を持つスティルスのアルバムは、きちんと聴いておきたい気がする。

    《songlist》
    01. Change Partners
    02. Nothin' To Do But Today
    03. Fishes And Scorpions
    04. Sugar Babe
    05. Know You Got To Run
    06. Open Secret
    07. Relaxing Town
    08. Singin' Call
    09. Ecology Song
    10. Word Game
    11. Marianne
    12. Ellebird Revisited

    • いいね!

    • 登録日:2018/7/5

    • 1
    • 0
    • 0
  • 18
    Loading

    Graham Nash / Songs for Beginners

    (1971)
    アトランティック・レコードからデビューしたグラハム・ナッシュのセルフ・プロデュースによるデビュー・アルバム。
    このアルバムを聴くと、ナッシュはイギリス人だったんだと改めて思える。イギリス人らしいメロディー・ラインが溢れている。若干暗めの曲調だが、落ち着いて向き合える感じがする。
    ジェリー・ガルシア、デイヴ・メイソン、デヴィッド・リンドレーなどのゲストが目を引くが、リタ・クーリッジの活躍も見逃せない。“ジョー・ヤンキー”という変名でニール・ヤングが“へたうま”ピアノで参加している。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Military Madness
    02. Better Days
    03. Wounded Bird
    04. I Used To Be A King
    05. Be Yourself
    06. Simple Man
    07. Man In The Mirror
    08. There's Only One
    09. Sleep Song
    10. Chicago
    11. We Can Change The World

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/7/7

    • 1
    • 0
    • 0
  • 19
    Loading

    Jo Mama / J Is for Jump

    (1971)
    ジョー・ママの2ndアルバム。トム・ダウトとAlbhy Galutenのプロデュース。
    このアルバムではカヴァーが5曲とアルバムの半分近くになったが、カヴァーがなかなかいい。キャロル・キングがコーラスで参加している“Smack Water Jack”や、Dr・ジョンが書いた“When The Lights Are Way Down Low”など、オリジナルにジョー・ママの色をしっかり付けている感じだ。
    ジェームス・テイラーがカヴァーした“Back On The Street Again”も収録している。
    2枚目もいい感じの内容のアルバムとなっているが、このアルバムでジョー・ママは解散となってしまう。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Keep On Truckin’
    02. Back On The Street Again
    03. Smack Water Jack
    04. If I Had A Billion Dollars
    05. My Long Time
    06. When The Lights Are Way Down Low
    07. Love Is Blind
    08. 3 A.M. In L.A.
    09. Sweet And Slow
    10. Have You Ever Been To Pittsburgh
    11. Sho’Bout To Drive Me Wild

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/7/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 20
    Loading

    Gene Clark / White Light

    (1971)
    ディラード&クラークでの活動を挟んで、A&Mレコードからリリースされたジーン・クラークの2ndアルバム。ジェシ・エド・デイヴィスのプロデュース。
    アルバムのタイトルは“White Light”ではなく“Gene Clark”なんだけど、なぜか“White Light”の表記が多く見られる。
    ジェシ・エド・デイヴィス(g)、クリス・エスリッジ(b)、ゲイリー・マラバー(ds)、マイク・ウテリー(org)、ベン・シドラン(p)のバンドはいい音を出している。
    ディラン=マニュエルが書いた“Tears of Rage”はサラッとした仕上がりとなっているが、それが味わい深い気がする。
    ちょっと地味なジーン・クラークだが、時代を作ったアルバムのひとつとして聴いておきたいアルバム。

    《songlist》
    01. The Virgin
    02. With Tomorrow
    03. White Light
    04. Because Of You
    05. One In A Hundred
    06. For A Spanish Guitar
    07. Where My Love Lies Asleep
    08. Tears Of Rage
    09. 1975

    • いいね!

    • 登録日:2018/7/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 21
    Loading

    The Byrds / Byrdmaniax

    (1971)
    ザ・バーズの10枚目のアルバム。テリー・メルチャーとクリス・ヒンショーのプロデュース。
    レコーディングが終わった後に施したオーヴァー・ダヴィングはメンバーが知らずに行われたもので、それに対してメンバーが不満を持ったアルバム。と言った評判なので、後追いの身としては最初は敬遠していた。しかし、そんなに過度じゃない感じがするので、新たな魅力のザ・バーズだと思っている。
    個人的には、ラリー・ネクテルが6曲に参加して素敵なピアノの音色を聴かせてくれている。
    さらに、ジャクソン・ブラウンが書いた“Jamaica Say You Will”を歌っている。ブラウンは2000年の再発時にボーナス・トラックとして収録されたボブ・ディランの“Just Like a Woman”でピアノを弾いている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Glory, Glory
    02. Pale Blue
    03. I Trust
    04. Tunnel Of Love
    05. Citizen Kane
    06. I Wanna Grow Up To Be A Politician
    07. Absolute Happiness
    08. Green Apple Quick Step
    09. My Destiny
    10. Kathleen's Song
    11. Jamaica Say You Will

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/7/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 22
    Loading

    The Byrds / Farther Along

    (1971)
    ザ・バーズの初めてのセルフ・プロデュースによる11枚目のアルバム。
    ロンドンとハリウッドで録音されたこのアルバムは、前作でプロデューサーとの軋轢が生じたため、セルフ・プロデュースで録音されたようだ。
    粗い音作りがいい感じでバンドの勢いを感じさせるが、このメンバーでのラスト・アルバムとなってしまった。
    ザ・バーズの終焉は、個人的に好きなアメリカの音楽シーンの終わりに繋がって行った気がする。思えば…始まりもザ・バーズだった気がする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Tiffany Queen
    02. Get Down Your Line
    03. Farther Along
    04. B.B. Class Road
    05. Bugler
    06. America's Great National Pastime
    07. Antique Sandy
    08. Precious Kate
    09. So Fine
    10. Lazy Waters
    11. Bristol Steam Convention Blues

    • いいね!

    • 登録日:2018/7/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 23
    Loading

    New Riders of Purple Sage / New Riders of Purple Sage

    (1971)
    ニュー・ライダース・オブ・ザ・パープル・セイジのセルフ・プロデュースによるデビュー・アルバム。
    グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアが1969年に結成したバンドで、ジョン・ドウソン、デヴィッド・ネルソンとフィル・レッシュ、ミッキー・ハートの5人で活動を始めた。
    このアルバムでは、ガルシア、ドウソンとネルソンにデイヴ・トーバート(b)とスペンサー・ドライデン(ds)で録音されている。
    “Dirty Business”、“Last Lonely Eagle”は、ミッキー・ハートがドラムを叩いていて、コマンダー・コディがピアノを演奏している。
    全曲をドウソンが書いていて、どの曲もユルユルな演奏が心地よい。その中で、ガルシアの弾くバンジョーとペダル・スティール・ギターがかなりのインパクトを与えている。
    このアルバムは2003年の再発時にリマスターされて、フィルモア・イーストでのライヴ3曲がボーナス・トラックとして追加された。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. I Don't Know You
    02. Whatcha Gonna Do
    03. Portland Woman
    04. Henry
    05. Dirty Business
    06. Glendale Train
    07. Garden Of Eden
    08. All I Ever Wanted
    09. Last Lonely Eagle
    10. Louisiana Lady

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 24
    Loading

    The Doobie Brothers / The Doobie Brothers

    (1971)
    ザ・ドゥービー・ブラザーズは、トム・ジョンストン(g,vo)、パトリック・シモンズ(g,vo)、デイヴ・ショグレン(b)、ジョン・ハートマン(ds)の4人組のバンドとしてワーナー・ブラザーズからデヴューした。レニー・ワロンカーとテッド・テンプルマンのプロデュースで録音された。
    軽快なギターのカッティングが印象的で、コーラス・ワークの美しい曲が多い。これは彼らの大きな特徴となっていく。
    このアルバムは、全米での最高位が58位とヒットとはいかなかった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Nobody
    02. Slippery St. Paul
    03. Greenwood Creek
    04. It Won't Be Right
    05. Travelin' Man
    06. Feelin' Down Farther
    07. The Master
    08. Growin' A Little Each Day
    09. Beehive State
    10. Closer Every Day
    11. Chicago

    • いいね!

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 25
    Loading

    Little Feat / Little Feat

    (1971)
    ローウェル・ジョージ、ビル・ペイン、ロイ・エストラーダ、リチャード・ヘイワードの4人からなる、リトル・フィートのデビュー・アルバム。プロデューサーはラス・タイトルマン。
    まだリトル・フィートの色が無いから、さらっと聴いてしまう感じがする。でも、デビュー・アルバムと考えると、しっかりまとまった良いアルバムだと思う。ローウェル・ジョージのルージーなギターやビル・ペインの卓越したピアノ、バンドの核となるリズム隊の演奏スキルは高い。
    代表曲の“Willin'”では、ライ・クーダーのスライド・ギターが堪能できる。
    ジャケの青い空が似合うサウンドのアルバム。

    《songlist》
    01. Snakes On Everything
    02. Strawberry Flats
    03. Truck Stop Girl
    04. Brides Of Jesus
    05. Willin'
    06. Hamburger Midnight
    07. Forty Four Blues / How Many More Years
    08. Crack In Your Door
    09. I've Been The One
    10. Takin' My Time
    11. Crazy Captain Gunboat Willie

    • いいね!

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 26
    Loading

    ZZ Top / ZZ Top's First Album

    (1971)
    1969年にビリー・ギボンズ(g)、ダスティー・ヒル(b)、フランク・ベアード(ds)の3人で結成されたバンド。結成以来メンバーが一度も変わらないバンドでもある。
    ロンドン・レコードから発売されたこのアルバムのプロデューサーは、マネージャーでもあったビル・ハムが行っている。
    ジミ・ヘンドリックスにその実力を認められたビリーを中心に、ブルースをベースにしたサウンドを聴かせてくれている。荒涼なテキサスの平野をイメージさせる感じがする。
    荒削りなところもあるが、デビュー・アルバムとしてはクオリティが高い気がする。長いキャリアの出発点になった聴いておきたいアルバム。

    《songlist》
    01. (Somebody Else Been) Shaking Your Tree
    02. Brown Sugar
    03. Squank
    04. Goin Down To Mexico
    05. Old Man
    06. Neighbor, Neighbor
    07. Certified Blues
    08. Bedroom Thang
    09. Just Got Back From Baby's
    10. Backdoor Love Affair

    • いいね!

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 27
    Loading

    Crazy Horse / Crazy Horse

    (1971)
    ニール・ヤングのバックで演奏しているクレイジー・ホースのデビュー・アルバム。プロデュースはジャック・ニッチェとブルース・ボトニックが行った。
    ダニー・ウィットン、ビリー・タルボット、ラルフ・モリーナに、ニルス・ロフグレンとジャック・ニッチェが加わって、良い意味でルーズな演奏をしている。
    ヤングが書いたT-6とダニーとの共作T-6は、ヤングもライヴで演奏している。
    ダニーが書いた名曲“I Don't Want to Talk About It”が収録されている。ロッド・スチュワートのカヴァーが有名だが、オリジナルの魅力が勝るかもしれない。ライ・クーダーがゲスト参加で、味のあるスライド・ギターを弾いている。
    歴史的名盤って感じじゃないけど、時代を感じさせる良いアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/9

    • 1
    • 0
    • 0
  • 28
    Loading

    The Doors / L.A. Woman (No.362)

    (1971)
    ザ・ドアーズの6thアルバムは、前作のエンジニアだったブルース・ボトニックがプロデュースを行っている。
    このアルバムでは、ジェリー・シェフが全曲でベースを弾いている。マーク・ベノがゲスト・参加していて、T-3,5,8でリズム・ギターを弾いている。
    各サイドのラストに7分を超える曲を配しているが、そのどちらもが、違ったタイプのスリリングな曲となっている。ザ・ドアーズらしい名曲だ。
    このアルバムの録音後にパリへと旅立ったジム・モリソンだが、7月3日にパリのアパートの浴室で死亡しているのを発見された。
    ジム・モリソンの遺作となったアルバム。

    《songlist》
    01. The Changeling
    02. Love Her Madly
    03. Been Down So Long
    04. Cars Hiss By My Window
    05. L.A. Woman
    06. L'America
    07. Hyacinth House
    08. Crawling King Snake
    09. The WASP (Texas Radio And The Big Beat)
    10. Riders On The Storm

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 29
    Loading

    The Band / Cahoots

    (1971)
    ザ・バンドの4thアルバム。
    前作で行き詰まり感が見えてきたが、さらに加速していっているようだ。ザ・バンドはもともとが技術の卓越したメンバーで構成されているので、プラスアルファをなかなか見出せなかった。
    このアルバムでは、アラン・トゥーサンがブラスのアレンジをしたT-1と、ディランのカヴァーのT-2、ヴァン・モリソンが参加したT-5の3曲以外は微妙な感じがする。アルバムと考えたら、ザ・バンドらしいクオリティは保たれているようだ。
    同じことを続けていくのか、新しいものを生み出していくのかは、“永遠に謎”な問題ではないだろうか?

    《songlist》
    01. Life Is A Carnival
    02. When I Paint My Masterpiece
    03. Last Of The Blacksmiths
    04. Where Do We Go From Here?
    05. 4% Pantomime
    06. Shoot Out In Chinatown
    07. The Moon Struck One
    08. Thinkin' Out Loud
    09. Smoke Signal
    10. Volcano
    11. The River Hymn

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 30
    Loading

    John Simon / John Simon's Album

    (1971)
    ジョン・サイモンのデビュー・アルバム。すでに、ザ・バンドやジャニス・ジョプリンなどのプロデュースで名前が表に出ていた。
    そのジョン・サイモンのアルバムとあって、名だたるミュージシャンが参加している。ザ・バンドを始め、レオン・ラッセル、ジョン・ホール、デラニー・ブラムレットなどなど。
    歌は微妙だけど、心が和むメロディーと確かな演奏に癒される。
    時代に必要だったアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. The Song Of The Elves
    02. Nobody Knows
    03. Tannenbaum
    04. Davey's On The Road Again
    05. Motorcycle Man
    06. Rain Song
    07. Don't Forget What I Told You
    08. The Fool Dressed In Velvet
    09. Annie Looks Down
    10. Did You See?
    11. Railroad Train Runnin' Up My Back

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 31
    Loading

    Edgar Winter's White Trash / Edgar Winter's White Trash

    (1971)
    エドガー・ウィンターが自身のバンド“ホワイト・トラッシュ”結成してリリースした2ndアルバム。リック・デリンジャーのプロデュース。
    アメリカ南部地域の貧困層の白人に対して使われる蔑称“ホワイト・トラッシュ”をバンド名にしている。
    このバンドは、エドガーとジェリー・ラクロワのツイン・ヴォーカルをメインに、ソウルやファンクといった黒人音楽をベースに、演奏を繰り広げている。ボビー・ラミレス(ds)、レイ・ベレッタ(per)、ジョージ・シェック(b)の生み出すリズムは強烈で、そこにホーン・セクションが絡んでくる。ギターはフロイド・ラドフォード。
    “I've Got News for You”ではジョニー・ウィンター、“Good Morning Music”ではリック・デリンジャーがギターで参加している。
    あまり語られることはないが、このアルバムはかなり高いクオリティーの内容だと思える。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Give It Everything You Got
    02. Fly Away
    03. Where Would I Be
    04. Let's Get It On
    05. I've Got News For You
    06. Save The Planet
    07. Dying To Live
    08. Keep Playin' That Rock 'N' Roll
    09. You Were My Light
    10. Good Morning Music

    • いいね!

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 32
    Loading

    Santana / Santana

    (1971)
    サンタナの3rdアルバム。プロデュースはバンドのメンバーで行っている。
    このアルバムでは若干17歳のニール・ショーンが加入して、カルロスとのツイン・ギターとなった。そのため、音の幅が広がっている。
    全米のアルバム・チャートで1位を記録した。
    高揚感溢れるダイナミックな演奏の“Toussaint L'Overture”は大好きな曲のひとつ。パーカッションの音の洪水の中に、カルロスのギターとグレッグ・ローリーのキーボード、ニール・ショーンのギターがソロを取る後半部はホントに良い。バンドとしてのの醍醐味を味わえる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Batuka
    02. No One To Depend On
    03. Taboo
    04. Toussaint L'Overture
    05. Everybody's Everything
    06. Guajira
    07. Jungle Strut
    08. Everything's Coming Our Way

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 33
    Loading

    Miles Davis / A Tribute to Jack Johnson

    (1971)
    マイルス・デイヴィスのコロムビア・レコードでの19枚目のアルバムは、ドキュメンタリー映画“ジャック・ジョンソン”のサウンド・トラックとしてリリースされた。テオ・マセロのプロデュース。
    アナログの各面に1曲づつ収録されていて、“Right Off”は1970年4月7日にセクステットで録音されている。“Yesternow”は1970年2月18日にセプテットで録音されている。
    ドラマーがビリー・コブハムとジャック・ディジョネットと違うので、2人の違いが楽しめる。個人的にはディジョネットパワフルなドラムが好きかも。
    もはや、ジャズって感じではないビートと音が迫ってくる感じがする。
    昔は掲載したジャケで売られていたのに、いつからか違うジャケになって販売されている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    A Right Off
    B Yesternow

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 34
    Loading

    Weather Report / Weather Report

    (1971)
    マイルス・デイヴィスの元を離れたウェイン・ショーターとジョー・ザヴィヌルが結成したウェザー・リポートのデビュー・アルバム。
    ウェイン・ショーター(ssax)、ジョー・ザヴィヌル(p)、ミロスラフ・ビトウス(b)、アルフォンス・ムーゾン(ds)、アイアート・モレイラ(per)の5人で編成され、マイルスの“Bitches Brew”の延長線上に位置する感じの内容となっている。しかしマイルスほどハードな内容ではなく、宇宙を感じられるような壮大な広がりを持っている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    A1 Milky Way
    A2 Umbrellas
    A3 Seventh Arrow
    A4 Orange Lady
    B1 Morning Lake
    B2 Waterfall
    B3 Tears
    B4 Eurydice

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 35
    Loading

    The Mahavishnu Orchestra with John McLaughlin / The Inner Mounting Flame

    (1971)
    ジョン・マクラフリンが結成したマハヴィシュヌ・オーケストラのデビュー・アルバム。バンドでのセルフ・プロデュース。
    ジョン・マクラフリン(g)とビリー・コブハム(ds)が、マイルス・デイヴィスのバンドに在籍していた時に、バンドの結成を画策し、ヤン・ハマー(key)、リック・レアード(b)、ジェリー・グッドマン(vl)がメンバーとなった。
    ジャズの名盤として揺るぎない名声を得ている1枚だが、ジャズって感じでは無い。演奏の激しさは、ココロの奥底に響いてくる。何か解放されたかのような感じの演奏となっている。
    ヴァイオリンが良いアクセントになって、曲を構成しているのが大きな特徴でもある。
    マイルスが開けた扉の向こうに進んでいった、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    A1 Meeting Of The Spirits
    A2 Dawn
    A3 The Noonward Race
    A4 A Lotus On Irish Streams
    B1 Vital Transformation
    B2 The Dance Of Maya
    B3 You Know You Know
    B4 Awakening

    • いいね!

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 36
    Loading

    The Staple Singers / The Staple Swingers

    (1971)
    アル・ベルがプロデュースを行った、スタックス・レコードでの3rdアルバム。このアルバムから息子のパーヴィス・ステイプルが抜け、イヴォンヌが参加して3人の女性ヴォーカルとなった。
    録音はマッスル・ショーズで行われ、ジミー・ジョンソン(g)、バリー・ベケット(key)、デイヴィッド・フリット(b)、ロジャー・ホーキンス(ds)のが演奏をしている。メンフィス・シンフォニー・オーケストラのホーンに負けない、迫力のあるヴォーカルがいい。メイヴィスの声は別次元な感じがする。
    スタックスに移籍してから結果を残せていなかったが、このアルバムは全米R&Bチャートで9位とトップ10に入った。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. This Is A Perfect World
    02. What's Your Thing
    03. You've Got To Earn It
    04. You're Gonna Make Me Cry
    05. Little Boy
    06. How Do You Move A Mountain
    07. Almost
    08. I'm A Lover
    09. Love Is Plentiful
    10. Heavy Makes You Happy (Sha-Na-Boom-Boom)
    11. I Like The Things About You
    12. Give A Hand - Take A Hand

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:6 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 37
    Loading

    The Dramatics / Whatcha See Is Whatcha Get

    (1971)
    デトロイト出身のエルベルト・ウィルキンス、ロッド・デイヴィス、ラリー・リード、ラリー・デンプス、ロン・バンクスの5人により結成されたグループ。このアルバムのエグゼクティブ・プロデューサーのドン・デイヴィスに見出されて、スタックス・レコードからのデビューとなった。トニー・ヘスターのプロデュース。
    “Whatcha See Is Whatcha Get”が全米のR&Bチャートで3位、ポップ部門で9位のヒットとなり、3枚目のシングル“In the Rain”はR&Bチャートで1位、ポップ部門で5位とシーンのトップに立った。アルバムもR&B部門で5位、ポップ部門で20位となった。
    ザ・テンプテーションズに憧れて結成したグループの聴いておきたいアルバム。

    《songlist》
    01. Get Up And Get Down
    02. Thank You For Your Love
    03. Hot Pants In The Summertime
    04. Whatcha See Is Whatcha Get
    05. In The Rain
    06. Gimme Some (Good Soul Music)
    07. Fall In Love, Lady Love
    08. Mary Don't Cha Wanna

    • いいね!

    • 登録日:5 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 38
    Loading

    William Bell / Wow...

    (1971)
    ウィリアム・ベルの3rdアルバム。プロデューサーはアル・ベルが行った。
    前作のリリース後にメイヴィス・ステイプルズと“Love's Sweet Sensation”、カーラ・トーマスと“I Can't Stop”のデュオ曲をシングルでリリースしたが、チャートのトップ100にランクインすることはなかった。
    シングルの“I Forgot To Be Your Lover”がR&Bチャートで10位を記録した。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. I Can't Make It
    02. Til My Back Ain't Got No Bone
    03. All For The Love Of A Woman
    04. My Door Is Always Open
    05. A Penny For Your Thoughts
    06. You'll Want Diamonds
    07. Winding, Winding Road
    08. Somebody's Gonna Get Hurt
    09. I Forgot To Be Your Lover
    10. I'll Be Home

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:5 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 39
    Loading

    Isaac Hayes / Black Moses

    (1971)
    アイザック・ヘイズの5枚目のアルバムは、ヘイズのニックネームをタイトルにした初のダブル・アルバムとなった。
    今までバックで演奏していたザ・バーケイズは2曲だけの演奏となり、変わってジ・アイザック・ヘイズ・ムーヴメントがメインで演奏をしている。
    カーティス・メイフィールドが2曲、バカラック=デヴィッドが2曲と良い選曲のカヴァーが充実していて、クリス・クリストファーソンがレイ・プライスに書いて多くのカヴァーを生んだ“For the Good Times”も歌っている。
    ジャクソン5の“Never Can Say Goodbye”はシングル・チャートの22位となった。
    ほとんどの曲が5分を超える感じだが、決して長くは感じないのは、ヘイズの歌心であったり演奏が良かったりするからだろう。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Never Can Say Goodbye
    02. (They Long To Be) Close To You
    03. Nothing Takes The Place Of You
    04. Man's Temptation
    05. Never Gonna Give You Up
    06. Medley
    Ike's Rap II
    Help Me Love
    07. Need To Belong To Someone
    08. Good Love 6-9969
    09. Medley
    Ike's Rap III
    Your Love Is So Doggone Good
    10. For The Good Times
    11. I'll Never Fall In Love Again
    12. Part-Time Love
    13. Medley
    Ike's Rap IV
    A Brand New Me
    14. Going In Circles

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:5 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 40
    Loading

    Wilson Pickett / Don't Knock My Love

    (1971)
    ベスト・アルバムを挟んでリリースされた、ウィルソン・ピケットの11枚目のアルバム。ブラッド・シャピロとデイヴ・クロフォードのプロデュース。
    このアルバムがアトランティック・レコードでの最後のリリースとなったが、全米R&Bチャートで132位と大きく落ち込んだ結果はひとつの時代が終わった感じだ。
    しかし、個人的にはピケットの歌声に惹かれているので好きなアルバムだ。やはり、ロジャー・ホーキンス&デヴィッド・フッドのリズム隊に、バリー・ベケットやデニス・コフィーのバックのメンバーとの相性は最高である。
    “(Your Love Has Brought Me) A Mighty Long Way”ではピケットのハーモニカが聴けたりする。
    恒例のロックのフィールドからのカヴァーは、スリー・ドッグ・ナイトがヒットさせた“Mama Told Me Not To Come”だ。
    日本人に聴き馴染みがあるのは“Don't Knock My Love”だろうか?
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Fire And Water
    02. (Your Love Has Brought Me) A Mighty Long Way
    03. Covering The Same Old Ground
    04. Don't Knock My Love (Part 1)
    05. Don't Knock My Love (Part 2)
    06. Call My Name, I'll Be There
    07. Hot Love
    08. Not Enough Love To Satisfy
    09. You Can't Judge A Book By Its Cover
    10. Pledging My Love
    11. Mama Told Me Not To Come
    12. Woman Let Me Be Down Home

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:5 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 41
    Loading

    Merry Clayton / Merry Clayton

    (1971)
    メリー・クレイトンの2ndアルバム。ルー・アドラーのプロデュース。
    このアルバムでは、キャロル・キングの“Walk On In”、“After All This Time”と“Same Old Story”の3曲をカヴァーしている。キャロルはアレンジを行なって、演奏でも参加している。
    圧巻なのはニール・ヤングの書いた“Southern Man”とレオン・ラッセルの書いた“A Song For You”の2曲だ。どちらも好きな曲なので反応してしまうのかもしれないけど…。
    いろんなタイプの曲を歌い上げるクレイトンだが、このアルバムは全米のアルバム・チャートで36位とキャリアの中で最高位となっている。セールス的には恵まれなかったが、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Southern Man
    02. Walk On In
    03. After All This Time
    04. Love Me Or Let Me Be Lonely
    05. A Song For You
    06. Sho'Nuff
    07. Steamroller
    08. Same Old Story
    09. Light On The Hill
    10. Grandma's Hands
    11. Whatever

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:3 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 42
    Loading

    Allen Toussaint / Toussaint

    (1971)
    セプター・レコードからリリースされた、アラン・トゥーサンの2ndアルバム。トゥーサンとチャールズ・グリーンのプロデュース。
    “The Chokin' Kind”と“Cast Your Fate to the Wind”がカヴァーで、残りの9曲はトゥーサンが書いている。“The Chokin' Kind”はウェイロン・ジェニングスが1967年にリリースして、1969年にジョー・サイモンのカヴァーが全米のR&Bチャートで1位となった。
    インストと歌ありの曲がバランス良く並べられていて、アレンジはトゥーサンが行なっている。
    ピアノはもちろんトゥーサンの演奏だが、オルガンとギターでマック・レベナックが参加している。
    “Working in the Coal Mine”は、リー・ドーシーに書いた曲のセルフ・カヴァーとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. From A Whisper To A Scream
    02. Chokin' Kind
    03. Sweet Touch Of Love
    04. What Is Success
    05. Working In The Coal Mine
    06. Everything I Do Gonna' Be Funky
    07. Pickles
    08. Louie
    09. Either
    10. Cast Your Fate To The Wind

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:3 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 43
    Loading

    Bobby Womack / Communication

    (1971)
    レコード会社をユナイテッド・アーティスト・レコードに移籍しての3rdアルバム。マッスル・ショールズの演奏をバックに録音されたこのアルバムは、全米のソウル部門で7位と大躍進となった。
    時代を代表する名曲のひとつ、ジェームス・テイラーのカヴァー“Fire and Rain”を演奏している。興味深いのは同じ時期に発売された、ジ・アイズレー・ブラザーズのアルバム“Givin' It Back”でも演奏されていることだ。当時の“Fire and Rain”の影響力の凄さを感じられるので、全部のヴァージョンを聴き比べるのも良いかもしれない。
    メドレーの“Monologue / (They Long to Be) Close to You”は、アイザック・ヘイズの影響を受けた感じがする、長尺の語りが入った曲となっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Communication
    02. Come L'amore
    03. Fire And Rain
    04. (If You Don't Want My Love) Give It Back
    05. Monologue / (They Long To Be) Close To You
    06. Everything Is Beautiful
    07. That's The Way I Feel About Cha
    08. Yield Not To Temptation

    • いいね!

    • 登録日:2 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 44
    Loading

    The Isley Brothers / Givin' It Back

    (1971)
    ジ・アイズレー・ブラザーズのカヴァー・アルバム。ロナルドとルドルフによるプロデュース。
    ニール・ヤングやジェイムス・テイラー、ボブ・ディランが並ぶアナログのA面が圧巻。オリジナルにアイズレーの色を付けて、リスペクト感溢れるカヴァーとなっている。
    B面は、スティーヴン・スティルスのカヴァーが2曲とWar、ビル・ウィザースのカヴァーが並ぶ。中でもスティルスの代表曲T-7のグルーヴ感は、スティルスとひけを取らない感じの仕上がり。
    カヴァーなので、あまり取り上げられることのないアルバムだが、あの時代に白人の音楽を中心に演奏しているのはスゴいことだと思う。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Ohio / Machine Gun
    02. Fire And Rain
    03. Lay Lady Lay
    04. Spill The Wine
    05. Nothing To Do But Today
    06. Cold Bologna
    07. Love The One You're With

    • いいね!

    • 登録日:2 days ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 45
    Loading

    Bill Withers / Just as I Am

    (1971)
    ビル・ウィザースのサセックス・レコードからのデビュー・アルバム。プロデューサーにはブッカー・T・ジョーンズが起用された。基本セットはブッカー・T・ジョーンズ、ダック・ダン、アル・ジャクソンとスティーヴン・スティルスで録音されている。
    シングル・カットされた“Ain't No Sunshine”はR&Bチャートで6位、ポップ・チャートで23位とヒットとなった。仮歌の段階でブッカー・T・ジョーンズに聴かせた時に歌詞が出来ていないところを“And I know, I know,…”と歌い、ウィザースが「後から歌詞を付ける」と言ったら、ジョーンズが「そのままで行こう」となったらしい。
    ザ・ビートルズの“Let It Be”はフォーキーなソウル仕上がった良いアレンジとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Harlem
    02. Ain't No Sunshine
    03. Grandma's Hands
    04. Sweet Wanomi
    05. Everybody's Talkin'
    06. Do It Good
    07. Hope She'll Be Happier
    08. Let It Be
    09. I'm Her Daddy
    10. In My Heart
    11. Moanin' And Groanin'
    12. Better Off Dead

    • いいね!

    • 登録日:1 day ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 46
    Loading

    Joe Simon / The Sounds of Simon

    (1971)
    ジョー・サイモンのスプリング・レコードでのデビュー・アルバム。ジョン・リッチバーグとジョー・サイモンのプロデュース。重厚な感じのヴォーカルをスローな曲を中心に、じっくりと聴かせるような内容となっている。
    “To Lay Down Beside You”はベーシストのティム・ドラモンドが書いた曲で、エスター・フィリップスも歌っている。“I Can't See Nobody”はビー・ジーズのデビュー・シングルのカップリングで収録されていた。
    クリス・クリストファーソンが70年にリリースしてグラミー賞を受賞した“Help Me Make It Through The Night”のカヴァーがいい。多くのミュージシャンにカヴァーされている曲だが、サイモンの味わいのある歌声も素晴らしい。
    ゆったりと歌われるジョー・サイモンの世界に、じっくり浸れる感じがする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. To Lay Down Beside You
    02. I Can't See Nobody
    03. Most Of All
    04. No More Me
    05. Your Time To Cry
    06. Help Me Make It Through The Night
    07. My Woman, My Woman, My Wife
    08. I Love You More (Than Anything)
    09. Georgia Blue
    10. All My Hard Times

    • いいね!

    • 登録日:1 day ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 47
    Loading

    Booker T. & the MG's / Melting Pot

    (1971)
    ブッカーT&ザ・MG'sのオリジナル・メンバーでのラスト・アルバム。初の全曲オリジナル曲で固められ、ニューヨークで録音された。このアルバムを最後に、ブッカーT・ジョーンズ、スティーヴ・クロッパーの順にバンドを去っていく。
    8分を超える曲を2曲収録しているが、タイトル曲の“Melting Pot”はスリリングな感じの曲に仕上がっている、4人の演奏がたまらなく良い。バンドの屋台骨のアル・ジャクソンのドラムに重厚感があるようだ。
    スタックスレコードのハウス・バンドとして、数々の名曲の演奏を行い、さらに自分たちのアルバムを作っていたブッカーT&ザ・MG'sのラスト・アルバムは、聴いておいた方がいいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Melting Pot
    02. Back Home
    03. Chicken Pox
    04. Fuquawi
    05. Kinda Easy Like
    06. Hi Ride
    07. L.A. Jazz Song
    08. Sunny Monday

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:1 day ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 48
    Loading

    Booker T. & Priscilla / Booker T. & Priscilla

    (1971)
    MG'sの活動に区切りをつけたブッカー・T・ジョーンズが、プリシラ・クーリッジと出したアルバム。
    共同プロデュースで、2枚組の全19曲とフル・ヴォリュームとなっている。デビュー・アルバムで、この内容はかなりの気合いと期待の表れではないだろうか。でも、ちょっと長いかな?って気もする。
    まぁ、微笑ましいジャケがいいな。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. The Wedding Song
    02. She
    03. The Indian Song
    04. Sea Gull
    05. For Priscilla
    06. The Delta Song
    07. Why
    08. Mississippi Voodoo
    09. Cool Black Dream
    10. Sweet Child You're Not Alone
    11. He
    12. Sister Babe
    13. Earth Children
    14. Water Brothers
    15. Medley From The Jones Ranch
    16. Funny Honey
    17. California Girl
    18. The Sun Don't Shine
    19. Ole Man Trouble

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:1 day ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 49
    Loading

    Curtis Mayfield / Roots

    (1971)
    カーティス・メイフィールドの2ndアルバム。全米のR&Bチャートで6位と好調さを維持している。
    前作もそうだったが、このアルバムでもヘンリー・ギブソンが演奏する、パーカッションの重要性を感じてしまう。バンドが演奏する音に、よりディープなグルーヴを生み出しているようだ。カーティスのアルバムの中で、いちばん黒いアルバムになっている感じがする。
    カーティスのメッセージ性と、バンドの生み出すサウンドとグルーヴ感がミックスされて、大きなうねりを生んだ感じだ。聴いておきたいカーティスのアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Get Down
    02. Keep On Keeping On
    03. Underground
    04. We Got To Have Peace
    05. Beautiful Brother Of Mine
    06. Now You're Gone
    07. Love To Keep You In My Mind

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:about 11 hours ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 50
    Loading

    Marvin Gaye / What’s Going On (No.6)

    (1971)
    月の見える夜によく聴くアルバム。
    ソウルのアルバムでは、いちばんだと思っているせいもあるかもしれない。
    このアルバムから自らプロデュースを行ったので、自分のやりたい音楽を込めたのかもしれない。
    このアルバムの背景は暗く重たく忌まわしいものだが、そんなことを感じさせない音作りが良い。

    《songlist》
    01. What's Going On
    02. What's Happening Brother
    03. Flyin' High (In The Friendly Sky)
    04. Save The Children
    05. God Is Love
    06. Mercy Mercy Me (The Ecology)
    07. Right On
    08. Wholy Holy
    09. Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:about 11 hours ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 51
    Loading

    Stevie Wonder / Where I'm Coming From

    (1971)
    スティーヴィー・ワンダーのセルフ・プロデュースによる13枚目のアルバム。
    このアルバムは、前作のリリース後の9月に結婚したシリータ・ライトと全曲を共作している。
    シングルでリリースされた“If You Really Love Me”ではシリータがヴォーカルで参加していて、全米のR&Bチャートで4位となった。この曲でスティーヴィーは、モーグ・ベース・シンセサイザーを弾いている。
    R&Bチャートで10位となったが、ポップ・チャートでは62位と大きく沈んだ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Look Around
    02. Do Yourself A Favor
    03. Think Of Me As Your Soldier
    04. Something Out Of The Blue
    05. If You Really Love Me
    06. I Wanna Talk To You
    07. Take Up A Course In Happiness
    08. Never Dreamed You'd Leave In Summer
    09. Sunshine In Their Eyes

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:about 11 hours ago

    • 1
    • 0
    • 0
  • 52
    Loading

    Al Green / Al Green Gets Next to You

    (1971)
    アル・グリーンのハイ・レコードでの2ndアルバム。ウィリー・ミッチェルのプロデュースで録音された。全米R&Bチャートで15位まで上がるヒットを記録している。
    ザ・テンプテーションズの“I Can't Get Next to You”やザ・ドアーズの“Light My Fire”のカヴァーが秀逸な出来だ。
    “Light My Fire”はオリジナルよりスローテンポとなっていて、ホーンとオルガンによるファンキーなグルーヴが、魅力的な仕上がりになっている。
    アルバム全体から感じられる、ファンキーなサウンドと切れのある演奏が良い。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/20

    • 1
    • 0
    • 0
  • 53
    Loading

    Ann Peebles / Part Time Love

    (1971)
    約2年ぶりとなるアン・ピーブルズの2ndアルバム。ウィリー・ミッチェルのプロデュース。
    ジョニー・テイラーが1963年にヒットさせた“Part Time Love”が、シングル・チャートで初のトップ10入りとなる7位のヒットとなった。
    このアルバムは“Part Time Love”、“I'll Get Along”、“I Still Love You”、“Generation Gap Between Us”以外は前作と同じ曲となっているのが残念だ。もしかしたらシングルのヒットを受けて、慌ててアルバムをリリースしたのかもしれない。
    しかし、この曲の並びも捨てがたい気もする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2017/4/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 54
    Loading

    Ann Peebles / Straight from the Heart

    (1971)
    この年2枚目となるアン・ピーブルズの3rdアルバム。ウィリー・ミッチェルのプロデュース。
    ハワード・グリムス(ds)とリロイ・ホッジス(b)のうねるように跳ねるリズム隊がかなり良く、曲に推進力を生んでいる感じがする。ティニー・ホッジス(g)、チャールズ・ホッジス(org,g)とホッジス兄弟が3人で参加していたりもする。
    強烈なバックの演奏に触発されるかのようなピーブルズの歌声はホントに良く、このアルバムが前作よりもチャートが良くなかった理由がわからない。レコーディングの風景を写したジャケも最高だし、不思議な感じがする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/4/26

    • 1
    • 0
    • 0
  • 55
    Loading

    The Stylistics / The Stylistics

    (1971)
    ザ・スタイリスティックスのアヴコ・レコードからのデビュー・アルバム。トム・ベルのプロデュース。
    このアルバムには5枚のシングル曲が収録されているが、全てがトップ10に入るヒット曲となっている。中でも“Betcha by Golly, Wow”はR&B部門で2位、ポップ部門で3位となった。ラッセル・トンプキンスJr.の美しすぎるヴォーカルとコーラスが抜群のものとなっている。
    シングルの中では10位だった“You Are Everything”だが、1974年にマーヴィン・ゲイ&ダイアナ・ロスがカヴァーしヒット曲となった。
    時代を代表する聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/11/4

    • 1
    • 0
    • 0
  • 56
    Loading

    Sly & the Family Stone / There's a Riot Goin' On (No.99)

    (1971)
    名義はスライ&ザ・ファミリーストーンだが、録音の大半は、スライが行っているアルバム。
    当時のスライはいろいろなストレスにより、アルバムの制作は遅れていた。スライは、自宅のスタジオにこもり、オーヴァー・ダヴィングしたテープを作り、メンバーやゲストミュージシャンの演奏をさらに重ねていった。
    そして完成したアルバムは、初登場で全米1位となった。
    時代を反映したアルバムのひとつであり名盤。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/4/23

    • 1
    • 0
    • 0
  • 57
    Loading

    Earth, Wind & Fire / Earth, Wind & Fire

    (1971)
    アース・ウィンド&ファイアーのデビュー・アルバム。ジョー・ウィザートのプロデュース。コロムビア・レコードのイメージが強いから、ワーナーでの2枚は余り評価が高くない。
    EW&Fの持つキラキラ感が余り感じられないが、所々にその片鱗は感じられる。ちょっとブラス・セクションに頼りすぎている気もする。リズム隊のヴァーダインとモーリス兄弟のグルーヴ感は流石だが、個々の音にまとまりが感じられない。
    いまいち忘れ去られがちなワーナー期だが、聴いておきたいクオリティのアルバムだと思う。

    • いいね!

    • 登録日:2015/10/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 58
    Loading

    Earth, Wind & Fire / The Need of Love

    (1971)
    EW&Fの2ndアルバムは、引き続きジョー・ウィザートのプロデュース。
    いまいち方向性が定まっていないのか、フリー・ジャズ的な要素の曲もある。ブラス・セクションは悪くはないが、そこに頼っている感じがする。まぁ、EW&Fはどうしてもこの後の黄金期と比較してしまうから、評価は下がりがちになる。
    そして、EW&Fはこのアルバムをリリース後に解散となった。
    時代を作る前のEW&Fのワーナー期のアルバムは、そんなにオススメじゃないけど聴いておきたいかもだ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/10/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 59
    Loading

    Billy Joel / Cold Spring Harbor

    (1971)
    ファミリー・プロダクションからリリースされたビリー・ジョエルのデビュー・アルバム。アーティ・リップのプロデュース。
    最初の発売時ではピッチが速く、1983年にコロムビア・レコードからの再発時にピッチは戻され、オーヴァー・ダビングを行ない、曲毎の収録時間も変更されたリミックスが行なわれている。
    デビュー・アルバムとは思えない、見事なソングライティングが光る内容となっている。
    “She's Got a Way”は10年後にリリースされたライヴ・アルバム“Songs in the Attic”からシングル・カットされ、全米チャートで32位を記録し、このアルバムが再評価されるきっかけとなった曲。
    聴いておきたいデビュー・アルバムのひとつ。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/9/18

    • 1
    • 0
    • 0
  • 60
    Loading

    Todd Rundgren / Runt: The Ballad of Todd Rundgren

    (1971)
    トッド・ラングレンのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    シングルで発売された“Be Nice to Me”が72位、“A Long Time, A Long Way to Go”が92位、アルバムに至っては214位と大きく沈んだ感じだ。
    しかし、トッドのキラキラしたサウンドはすでに発揮されているので、ヴァラエティにとんだ内容の楽しめるアルバムだと思う。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/12/20

    • 1
    • 0
    • 0
  • 61
    Loading

    Laura Nyro / Gonna Take a Miracle

    (1971)
    ギャンブル&ハフをプロデューサーに迎えた、ローラ・ニーロの5枚目のカヴァー・アルバム。
    幼い頃から歌ってきたソウルの名曲を、ラヴェルと一緒に歌っている。ローラ透きとおった歌声と、ラヴェルの力強い歌声が見事なハーモニーを奏でている。
    カヴァー・アルバムが大好きだが、その最高峰に位置するアルバムだと思う。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/8/4

    • 1
    • 0
    • 0
  • 62
    Loading

    Carole King / Tapestry (No.36)

    (1971)
    いつ聴いても新鮮な気持ちで聴けるアルバム。真っ直ぐに歌いかけるようなキャロルの歌声のせいだろうか…。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/7/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 63
    Loading

    Carole King / Music

    (1971)
    キャロル・キングの3rdアルバムは、引き続きルー・アドラーによるプロデュース。“Tapestry”のヒットを受け、1972年に全米チャートで1位を記録した。
    “Tapestry”はホントに良いアルバムだが、そのためにこのアルバムの良さが隠れてしまっているのが残念でならない。前作がキャロルの個の魅力だとしたら、トータル的なクオリティーはこのアルバムの方が上回っていると思う。しかし、代表的なアルバムとなると“Tapestry”になってしまうだろう。
    “Song of Long Ago”での包み込むようなジェームス・テイラーのコーラスが素敵だ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/4/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 64
    Loading

    James Taylor / Mud Slide Slim and the Blue Horizon

    (1971)
    ジェームス・テイラーの3rdアルバム。ピーター・アッシャープロデュース。ダニー・クーチ、リーランド・スクラー、ラス・カンケルのバック・バンドが嬉しい。他にもキャロル・キングがピアノで参加している。
    キャロルの“You've Got A Friend”は全米チャートの1位となった。この曲にはキャロルは参加せずに、ジョニ・ミッチェルがコーラスで参加している。この曲は、ダニーとジェームスのギターの音色がいい響きをしている。キャロルとのデュオでの来日コンサートを思い出させる曲。
    前作をより凝縮させた感じのするアルバムは、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/11/25

    • 1
    • 0
    • 0
  • 65
    Loading

    Joni Mitchell / Blue (No.30)

    (1971)
    ジョニ・ミッチェルの4thアルバム。セルフ・プロデュースで、ピアノとギターの弾き語りと最小限のゲストで作られたアルバム。半分の5曲でスティーヴン・スティルス、ジェイムス・テイラー等が参加している。
    過剰な演出もなく、ジョニの歌声がただただ心に響いてくる感じがする。こっちが年を重ねる度に、響く度合いが高まっていくようでもある。
    ずっと聴いていくんだろうな…。
    時代を超えた名盤のひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/8/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 66
    Loading

    Loudon Wainwright III / Album II

    (1971)
    ラウドン・ウェインライトの2ndアルバム。ウェインライトとミルト・クレーマーのプロデュース。
    前作に続いて弾き語りのアルバムとなっているが、“Old Paint”はトラディショナル・ソングをウェインライトがアレンジして、ケイト・マクギャリグルがハーモニー・ヴォーカルを付けている。サウル・ブラウディのハーモニカもいい響きをしている。
    このアルバムもCD屋ではあまり見かけないのが残念な気がする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/7/11

    • 1
    • 0
    • 0
  • 67
    Loading

    Harry Nilsson / The Point!

    (1971)
    ニルソンのセルフ・プロデュースによる6枚目のアルバム。
    ニルソン自らストーリーを書いた童話作品が、1971年に米ABCでテレビアニメで放送された番組のサウンドトラックとなっている。このサントラにはニルソンによるナレーションも収録してある。
    邦題は“オブリオの不思議な旅”となっている。

    《songlist》
    01. Everything's Got 'Em
    02. The Town (Narration)
    03. Me And My Arrow
    04. The Game (Narration)
    05. Poli High
    06. The Trial & Banishment (Narration)
    07. Think About Your Troubles
    08. The Pointed Man (Narration)
    09. Life Line
    10. The Birds (Narration)
    11. P.O.V. Waltz
    12. The Clearing In The Woods (Narration)
    13. Are You Sleeping?
    14. Oblio's Return (Narration)

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/11/5

    • 1
    • 0
    • 0
  • 68
    Loading

    Harry Nilsson / Aerial Pandemonium Ballet

    (1971)
    ニルソンのアルバム“Pandemonium Shadow Show”と“Aerial Balle”をリミックスして1枚にまとめたアルバム。ニルソンとリック・ジャラードのプロデュース。
    今では当たり前となっている“リミックス”を初めて行った画期的な内容となっている。新しくヴォーカルを録り直したり、テンポを落としたり音を足したりしている。
    ニルソンがアルバムの出来に納得していなかったことから始まった企画だが、個人的にはどちらも好きである。聴き比べると楽しいかもしれない。

    《songlist》
    01. Introduction
    02. 1941 (Slowed Down Track & Remixed)
    03. Daddy's Song (New Vocals, Guitar / Piano / Out Of Sync)
    04. Mr. Richland's Fav. Song (New Background Vocals & Remixed)
    05. Good Old Desk (Slowed Down Track & Remixed)
    06. Everybody's Talkin' (Dumped Second Voice & Remixed)
    07. Bath (Re-EQ'd Original Tracks)
    08. River Deep - Mountain High (New Vocals & Remixed)
    09. Sleep Late, My Lady Friend (Remixed)
    10. Don't Leave Me (Remixed)
    11. Without Her (New Vocals & Remixed)
    12. Together (New Vocals, Edited Out Bridge & Remixed)
    13. One (Remixed)
    14. Closing

    • いいね!

    • 登録日:2017/11/5

    • 1
    • 0
    • 0
  • 69
    Loading

    Harry Nilsson / Nilsson Schmilsson

    (1971)
    ニルソンの7枚目のアルバム。このアルバムからリチャード・ペリーがプロデュースを行った。
    シングル・カットされた“Coconut”が全米チャートで8位となった。この曲ではポール・マッカートニーがコーラスで参加している。
    多くのカヴァーがある“Let the Good Times Roll”はミドル・テンポに落とされている。ニルソンのハーモニカが聴けたりする。
    あんまり触れたく無いのだが触れなくてはいけない、全米と全英チャートで1位となった“Without You”を収録している。ゲーリー・ライトのピアノとポール・バックマスターのストリングスとホーンのアレンジが素敵な仕上がり。元々はバッドフィンガーのカヴァーで、マライア・キャリーがニルソンのヴァージョンを歌って大ヒットとなった。
    触れたく無い理由はマライアがヒットさせた時に、ニルソンは死去していたからだ。ニルソンの死は、この曲が発売された8日前だった…。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Gotta Get Up
    02. Driving Along
    03. Early In The Morning
    04. The Moonbeam Song
    05. Down
    06. Without You
    07. Coconut
    08. Let The Good Times Roll
    09. Jump Into The Fire
    10. I'll Never Leave You

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/11/5

    • 1
    • 0
    • 0
  • 70
    Loading

    Leonard Cohen / Songs of Love and Hate

    (1971)
    約2年ぶりとなるレナード・コーエンの3rdアルバム。ボブ・ジョンストンのプロデュース。
    前作のリリース後からヨーロッパ・ツアーを行い、1970年の第3回“The Isle of Wight Festival”に出演した。そこで演奏した“Sing Another Song, Boys”はこのアルバムに収録されている。
    このアルバムではストリングスとホーンが効果的に使われているが、アレンジと指揮はポール・バックマスターが行っている。
    声の印象が少し変わって、重厚感を感じられ、ジャケの風貌もワイルドになっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Avalanche
    02. Last Year's Man
    03. Dress Rehearsal Rag
    04. Diamonds In The Mine
    05. Love Calls You By Your Name
    06. Famous Blue Raincoat
    07. Sing Another Song, Boys
    08. Joan Of Arc

    • いいね!

    • 登録日:2017/9/27

    • 1
    • 0
    • 0
  • 71
    Loading

    Bert Jansch / Rosemary Lane

    (1971)
    バート・ヤンシュの7枚目のアルバムは、ビル・リーダーのプロデュース。このアルバムは全曲がヤンシュの弾き語りとなっている。
    この頃は、ペンタングルでの活動と平行してソロ・アルバムをリリースしていたが、バンドの行き詰まり感が1人で演奏するアルバムとなったのかもしれない。
    アコースティック・ギターが心地良く響くアルバムって、そんなに無い気がする。朴訥なヤンシュのヴォーカルが、その響きと絶妙に絡み合っている。
    このアルバムを聴くと、もっと評価されてもおかしく無いと思える。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Tell Me What Is True Love?
    02. Rosemary Lane
    03. M'Lady Nancy
    04. A Dream, A Dream, A Dream
    05. Alman
    06. Wayward Child
    07. Nobody's Bar
    08. Reynardine
    09. Silly Women
    10. Peregrinations
    11. Sylvie
    12. Sarabanda
    13. Bird Song

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/10/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 72
    Loading

    John Renbourn / Faro Annie

    (1971)
    ジョン・レンボーンの5枚目のアルバム。ビル・リーダーのプロデュース。
    アルバム毎にいろんな音楽性を発揮しているが、このアルバムではフォークやブルースといった色合いが濃いようだ。
    トラディショナル・ソングや、ウディ・ガスリー、ロバート・ジョンソンといったミュージシャンのカヴァーで構成されている。
    何曲かで、ダニー・トンプソン(b)やテリー・コックス(ds)、スー・ドライハム(fi)が参加している。タイトル曲の“Faro Annie”はレンボーンとこの3人の共作となっている。レンボーンのハーモニカが聴ける、ブルージーな仕上がりとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2017/3/5

    • 1
    • 0
    • 0
  • 73
    Loading

    Pentangle / Reflection

    (1971)
    ペンタングルの5枚目のアルバム。ビル・リーダーのプロデュース。
    トラディショナルのカヴァーが4曲、バンドのメンバー全員で書いた曲が4曲と、バランスの取れた感じの内容となっている。
    このアルバムでは、レンボーンがエレクトリック・ギターを弾いているのが大きな特徴である。電気楽器を使わない“no electric instruments”ということだったので意外な選択だった。しかし“So Clear”のイントロでのアコギとエレキとベースのハーモニーは極上の出来かもしれない。
    “Will the Circle Be Unbroken”は、多くのミュージシャンに歌われているアメリカのフォーク・ソング。マクシーの爽やかな歌声がグッとくる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2017/1/10

    • 1
    • 0
    • 0
  • 74
    Loading

    Sandy Denny / The North Star Grassman and the Ravens

    (1971)
    フェアポート・コンヴェンション〜フォザリンゲイを経てリリースされた、サンディ・デニーのデビュー・アルバム。デニーとリチャード・トンプソンのプロデュース。
    フォザリンゲイの2枚目のアルバムがお蔵入りとなり、その翌年に録音されている。
    バート・ヤンシュも演奏しているトラッドの“Blackwaterside”や、ブレンダ・リーが歌った“Let's Jump the Broomstick”や、ボブ・ディランの“Down in the Flood”とカヴァーがあるが、残りはデニーのオリジナルとなっている。
    “Down in the Flood”はラフな感じに仕上がっていて、トンプソンとのデュエットになっている。2人の微妙にズレた歌声に味わいを感じる。
    まっすぐ届くデニーの歌声は、多くの人のココロを掴んだと思う。
    このアルバムのリリース後にサンディ、トンプソン(g)、デイヴ・リチャーズ(b)、ジェリー・コンウェイ(ds)の4人でツアーに出ている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/8/15

    • 1
    • 0
    • 0
  • 75
    Loading

    Ian Matthews / If You Saw Thro' My Eyes

    (1971)
    イアン・マシューズのソロ名義での初めてのアルバム。マシューズのセルフ・プロデュース。
    リチャード・トンプソンやサンディー・デニー、パット・ドナルドソン、キース・ティペットなどが参加して録音されている。
    “Never Ending”はトンプソンのギターに、デニーのハーモニウム、ティペットのピアノという豪華な布陣をバックに歌っている。
    “Reno Nevada”はトンプソン、ティム・レンウィック、アンディ・ロバーツの弾く、3本のギターが複雑に絡み合っている、ロック色の強い曲。
    イギリス人らしいメロディー・ラインと、繊細な歌声が聴いていてココロに染みる感じがする。
    “Thro' My Eyes”はデニーとのデュエットで、このアルバムのラストにふさわしい曲となっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/8/1

    • 1
    • 0
    • 0
  • 76
    Loading

    Ian Matthews / Tigers Will Survive

    (1971)
    前作と同じ年にリリースされた、イアン・マシューズのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    リチャード・トンプソンが参加しているが、大人の事情で“Woolfe J. Flywheel”の名前がクレジットされている。
    フェアポート・コンベンション時代にライヴで演奏していた、エリック・アンダーソンの“Close The Door Lightly When You Go”をカヴァーしている。他にも4曲のカヴァーがあり、ハンドクラップとコーラスだけの“Da Doo Ron Ron”は聴いていて楽しくなる。
    ジ・アトラクションでベースを弾いていたブルース・トーマスがベースで参加している。
    前作よりおとなしめな感じだが、その分じっくりと聴くことが出来る内容かもしれない。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/8/1

    • 1
    • 0
    • 0
  • 77
    Loading

    Kevin Ayers / Whatevershebringswesing

    (1971)
    ケヴィン・エアーズの3rdアルバム。エアーズとアンドリュー・キングのプロデュース。グロテスクなジャケが印象的で夢に出てきそうだ。
    ヴァラエティにとんだ曲が並んでいるので聴いていて飽きないが、好き嫌いが出るアルバムだと思う。

    • いいね!

    • 登録日:2016/1/4

    • 1
    • 0
    • 0
  • 78
    Loading

    Steeleye Span / Please to See the King

    (1971)
    スティーライ・スパンの2ndアルバム。サンディ・ロバートソンのプロデュース。
    前作のリリース後にウッズ夫妻が脱退し、マーティン・カーシーとピーター・ナイトが加入してレコーディングとなった。
    このアルバムの大きな特徴はドラムレスで録音されているところだ。その影響は感じられず、メロディー・ラインがドラムによって刻まれてしまうことが無くなった気がしている。連続性のある弦楽器の演奏を楽しめるようだ。
    ちょっと残念なのは、女性ヴォーカルがプライアだけになったので、前作のような厚みが無くなったことだ。
    全英チャートで45位と初めてランク・インしたアルバムとなった。
    初期の2枚はCDの再発時に、ジャケが変更されて発売されていた。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/9/14

    • 1
    • 0
    • 0
  • 79
    Loading

    Steeleye Span / Ten Man Mop, or Mr. Reservoir Butler Rides Again

    (1971)
    前作から間をおかずにリリースされたスティーライ・スパンの3rdアルバム。サンディ・ロビンソンのプロデュース。
    このアルバムでは、プライアがヴォーカルを取る曲が少なくなっているのがちょっと残念。
    しかし、前作をさらに推進させたサウンドがかなりいい感じだ。やはり、カーシーとナイトの加入によるところが大きい感じがする。バンドとして完成し、成熟したようだ。
    このアルバムをリリースした後に、ハッチングスとカーシーは脱退してしまった。
    聴いておきたいブリティッシュ・トラッドのアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/9/14

    • 1
    • 0
    • 0
  • 80
    Loading

    Electric Light Orchestra / The Electric Light Orchestra

    (1971)
    エレクトリック・ライト・オーケストラのハーヴェスト・レコードからのデビュー・アルバム。ロイ・ウッドとジェフ・リンのプロデュース。
    ザ・ムーヴのラスト・アルバムのメンバーだった、ロイ・ウッド、ジェフ・リン、ベヴ・べヴァンの3人が核となり、ビル・ハントとスティーヴ・ウーラムが加入して録音された。
    ロックとクラシックの融合というウッドのアイディアが始まりだが、このアルバムではまだ形が定まっていない気がする。どこまで踏み込んで、チェロを始めとするクラシックの楽器を使うのかがはっきりしていない感じがする。
    個人的にはリンが書いた“10538 Overture”や“Mr. Radio”が好きだが、ウッドの書いた“First Movement (Jumping Biz)”はここ10年くらいのクラシックのミュージシャンが演奏しているスタイルに影響を与えていると思う。
    アメリカ盤は翌年に“No Answer”のタイトルでリリースされた。
    聴いておきたいデビュー・アルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. 10538 Overture
    02. Look At Me Now
    03. Nellie Takes Her Bow
    04. The Battle Of Marston Moor (July 2nd, 1644)
    05. First Movement (Jumping Biz)
    06. Mr. Radio
    07. Manhattan Rumble (49th Street Massacre)
    08. Queen Of The Hours
    09. Whisper In The Night

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/12/5

    • 1
    • 0
    • 0
  • 81
    Loading

    Paul McCartney / McCartney

    (1970)
    ザ・ビートルズのアルバム“アビイ・ロード”発売直前に発せられた、ジョン・レノンの脱退宣言を受けて作られた、ポール・マッカートニーのデビュー・アルバム。
    全ての楽器をポールが演奏して録音は行われた。
    インストが多いこのアルバムの中で、“Maybe I'm Amazed”のポールらしいメロディーは、多くのミュージシャンにカヴァーされる名曲。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/8/24

    • 1
    • 0
    • 0
  • 82
    Loading

    Gilbert O'Sullivan / Himself

    (1971)
    ギルバート・オサリヴァンのMAMレコードからのデビュー・アルバム。プロデューサーはゴードン・ミルズ。
    1970年に発売されたシングルの“Nothing Rhymed”が全英で8位、全米で30位のヒットとなった。このアルバムは全英で5位、全米で9位とトップ10に入る飛躍を遂げた。他にノルウェーでは1位となっている。
    普遍的な優しいメロディーの曲が多く、耳馴染みがしやすい内容となっている。ストリングスを多用しているせいかもしれない。デビュー・アルバムとしたら、クオリティの高い曲が並ぶ感じがする。
    日本での人気は高いが、CD屋ではベスト以外のアルバムをあまり見かけないのが残念。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/11/1

    • 1
    • 0
    • 0
  • 83
    Loading

    Georgie Fame / Going Home

    (1971)
    ジョージィ・フェイムのCBSでの5枚目のアルバム。
    このアルバムでは大きく路線を変更して、ポップな曲で固めている。しかしフェイムのハート・ウォーミングな魅力は感じられるので、多くの人にも受け入れられる内容だと思える。
    どうでも良いことなんだけど、ジョージィ・フェイムのアルバムを“ソフト・ロック・シリーズ”として括って再発する日本のレコード会社ってありえない。レコード会社やレコード屋に音楽を分かる人が減ってきた気がする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/11/9

    • 1
    • 0
    • 0
  • 84
    Loading

    Georgie Fame・Alan Price / Together

    (1971)
    ジョージィ・フェイムとアラン・プライスが録音したアルバムは、マイク・スミスのプロデュース。
    同じ時代を走ってきたイギリスを代表するオルガ二ストのアルバムだが、バリバリオルガンを弾きまくるって感じでは無く、時代にあったリラックスしたノリの良い内容となっている。
    ランディ・ニューマンの“Yellow Man”やデラニー&ボニーの“I Can't Take It Much Longer”のカヴァーが嬉しい。
    1曲目の“Rosetta”の楽しい演奏の空気感がこのアルバムを物語っているようだ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/11/7

    • 1
    • 0
    • 0
  • 85
    Loading

    Badfinger / Straight Up

    (1971)
    バッドフィンガーの3rdアルバム。トッド・ラングレンが8曲、ジョージ・ハリスンが(T-5,6,7,9)の4曲をプロデュース。
    もともとはジェフ・エメリックのプロデュースで録音が始まり、途中からジョージが加わり、最終的にはエメリックが外されてラングレンが引き継いでこのアルバムが完成となった。
    “音の錬金術士”のラングレンによって、このアルバムは代表作に挙げられるが、全英チャートにはランクインしていない。後になってこのアルバムの評価が上がっていった。
    もちろん、ジョージが参加していることで、ザ・ビートルズのエッセンスが織り込まれている。
    ジョージ繋がりで“Day After Day”では、レオン・ラッセルが素敵なピアノの音色を聴かせてくれている。間奏のジョージのスライド・ギターもいい。
    ハムがソングライティングの実力を開花させた感じがする、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/11/4

    • 1
    • 0
    • 0
  • 86
    Loading

    The Kinks / Muswell Hillbillies

    (1971)
    RCAレコードに移籍してリリースされた、ザ・キンクスの9枚目のアルバム。レイ・デイヴィスがプロデュースを行なった。
    このアルバムは移籍第1弾のせいか、ヴァラエティに富んだ曲を演奏している。アメリカのルーツ・ミュージックを、レイ・デイヴィスのフィルターに通して、ザ・キンクスが演奏するって感じだろうか。どことなくイギリス・テイストを感じられるのが、レイ・デイヴィスのお洒落なところかもしれない。
    発売された当初の評価はあまり高いものではなかったが、年月が経つに連れて再評価されている、ワインのようなアルバムかもしれない。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/10/25

    • 1
    • 0
    • 0
  • 87
    Loading

    Traffic / The Low Spark of High Heeled Boys

    (1971)
    ライヴ・アルバムを挟んでリリースされたトラフィックの5枚目のアルバム。スティーヴ・ウィンウッドのプロデュース。
    このアルバムから、リック・グレッチ(b)、ジム・ゴードン(ds)、リーボップ・クヮク・バー(per)の3人が加わり音に厚みを増している。リズム・セクションが固まったことで、ダイナミックさとグルーヴ感が生まれているようだ。
    キーボードのイメージが強いウィンウッドだが、このアルバムでは良いギター・ソロを聴かせてくれている。
    ジャケがアルバムの内容を表していない感じがするが、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/12/16

    • 1
    • 0
    • 0
  • 88
    Loading

    The Grease Band / The Grease Band

    (1971)
    ジョー・コッカーのバック・バンドとして有名なザ・グリース・バンドのハーヴェスト・レコードからのデビュー・アルバム。クリス・ステイントン、ナイジェル・トーマスとザ・グリース・バンドのプロデュース。
    バンドは、ヘンリー・マカロック(vo,g)、ニール・ハバード(g)、アラン・スペナー(b)、ブルース・ローランド(ds)の4人で構成されている。
    アメリカでは、シェルター・レコードからリリースされている。なので、素敵な鍵盤楽器の演奏はフィル・プロンクを名乗った、レオン・ラッセルである。
    イギリスのバンドなのにアメリカの匂いのするサウンドは、レオン・ラッセルの影響かもしれない。
    ルージーなイントロから始まる“My Baby Left Me”はアーサー・クルーダップの曲で、エルヴィス・プレスリーが歌い多くのカヴァーを生んだ曲。
    聴いておきたいデビュー・アルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/10/7

    • 1
    • 0
    • 0
  • 89
    Loading

    Status Quo / Dog of Two Head

    (1971)
    ロイ・ラインズが脱退し、4人となった4thアルバム。ジョン・シュローダーのプロデュースでレコーディングが行われた。
    キレのある音を出すリズム隊の良さが実感出来るアルバム。曲にヴァリエーションが出てきたようで、聴いていてワクワクするギターのリフが本当に良い。
    確かな手応えを感じられるアルバム。

    • いいね!

    • 登録日:2015/9/18

    • 1
    • 0
    • 0
  • 90
    Loading

    Humble Pie / Rock On

    (1971)
    ピーター・フランプトンのハンブル・パイ出の最後の録音となった4thアルバム。グリン・ジョンズとハンブル・パイのプロデュース。
    フランプトンの書いた“Shine On”で幕を開けるが、マリオットのオルガンがいい感じのバッキングで、ザ・ソウル・シスターズのコーラスもいい。
    このアルバムでは、ドリス・トロイ、P.P.アーノルド、クラウディア・レニアのザ・ソウル・シスターズが参加しているが、硬い楽器の音に丸みを感じさせている。
    マリオットの書いた“A Song for Jenny”は、B.J.コールのペダル・スティール・ギターが印象的な曲に仕上がっている。
    フランプトンがリード・ヴォーカルを取った曲が2曲と、マリオットがバンドの顔となっているようだ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/10/12

    • 1
    • 0
    • 0
  • 91
    Loading

    Mott the Hoople / Wildlife

    (1971)
    モット・ザ・フープルの3rdアルバム。バンドとガイ・スティーヴンスがプロデュースを行っている。
    前2作が不調となって、バンドのプロデュースが6曲、スティーヴンスが1曲、両者で2曲とプロデュースの力量が変わった。その力関係は、リード・ヴォーカルにも影響し、スタジオ録音ではハンターが4曲、ラルフスが4曲と対等になった。個人的にはそれが良い方向に向かった気がしている。
    異色なのは“It Must Be Love”と“Original Mixed-Up Kid”で、スティール・ギターが印象的なカントリー・タッチの仕上がりとなっている。
    そして、モットの熱い演奏が聴ける“Keep A Knockin'”はライヴ・テイクで“I Got a Woman”、“What'd I Say”、“
    Whole Lotta Shakin' Goin' On”とメドレーとなっている。ライヴには定評のあったモットだが、これを聴くとわかる感じがする。弾けんばかりの演奏がたまらなくいい。この曲だけでも聴く価値があると思う。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/8/14

    • 1
    • 0
    • 0
  • 92
    Loading

    Mott the Hoople / Brain Capers

    (1971)
    アイランド・レコードでの最後のリリースとなった、モット・ザ・フープルの4thアルバム。ガイ・スティーヴンスのプロデュース。
    このアルバムでは、ディオンが1970年にシングルでリリースした“Your Own Backyard”と、ザ・ヤングブラッズが1969年にシングルでリリースした“Darkness, Darkness”のカヴァーを演奏している。
    “Sweet Angeline”はハンターが書いたブギー調の曲で、後にエルヴィス・プレスリーが同じタイトルの曲を歌った。途中のフレーズはディランの曲を想像してしまう。
    4枚目でも方向性が定まっていない感じもするが、それなりに楽しめる内容となっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2016/8/14

    • 1
    • 0
    • 0
  • 93
    Loading

    T. Rex / Electric Warrior (No.160)

    (1971)
    トニー・ヴィスコンティがプロデュースを行った2ndアルバムは、全英チャートで1位を獲得するビッグ・ヒットとなった。
    このアルバムを作るにあたり、ベースのスティーヴ・カーリーとドラムのビル・レジェンドを加えて4人で臨んでいる。
    シングルの“ゲット・イット・オン”が全英1位と全米10位にチャート・インし、アメリカでも注目されるバンドとなった。
    時代を作った名盤ひとつだが、いまだにグラム・ロックの意味がわからずに聴いている。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/9/16

    • 1
    • 0
    • 0
  • 94
    Loading

    Jeff Beck Group / Rough and Ready

    (1971)
    第2期ジェフ・ベック・グループのエピック・ソニーからのデビュー・アルバム。ベックのプロデュース。
    メンバーは、ジェフ・ベック(g,b)、ボブ・テンチ(vo,g)、マックス・ミドルトン(p,key)、クライヴ・チャーマン(b)、コージー・パウエル(ds)の5人。
    本当はティム・ボガードとカーマイン・アピスとバンドを結成する予定だったが、自身の交通事故で2人はカクタスに加入してしまった。ヴォーカルはロッド・スチュワートだったらしい。
    新たに選ばれた4人と作ったこのアルバムはグルーヴ感がかなり良く、ファンクやジャズのテイストを感じられる内容だ。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/12/19

    • 1
    • 0
    • 0
  • 95
    Loading

    Rory Gallagher / Rory Gallagher

    (1971)
    ロリー・ギャラガーのセルフ・プロデュースによる、ポリドール・レコードからリリースされたソロ・デビュー・アルバム。
    テイスト解散後にジェリー・マッカヴォイ(b)、ウィルガー・キャンベル(ds)と組んで録音された。ギャラガーが全曲書いていて、ブルースをベースにしながら曲調は幅広い感じがする。
    ギャラガーはギターだけではなく、マンドリン、アルト・サックス、ハーモニカも演奏している。ヴィンセント・クレインが2曲で、ピアノを弾いている。
    デビュー・アルバムでセルフ・プロデュースなのに、高いクオリティーを持った、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2017/8/14

    • 1
    • 0
    • 0
  • 96
    Loading

    Rory Gallagher / Deuce

    (1971)
    前作から半年後にリリースされた、ロリー・ギャラガーのセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。
    このアルバムも全曲をギャラガーが書いていて、ギャラガーがやりたい音楽を追求している感じがする。
    ギャラガーのギターやヴォーカルの魅力が楽しめるし、ヴァラエティーに富んだ作風もいい。しかし、音のバランスがなんとなくしっくりいかない感じが残念。リズム隊の音がセンターに配置してあるのだが、モコモコしているのが気になる。これを差し引いてもクオリティーの高さは感じられるのがスゴい。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/8/14

    • 1
    • 0
    • 0
  • 97
    Loading

    Faces / Long Player

    (1971)
    イギリスらしい曲や、アメリカ南部のテイストの曲など、フェイセズならではの音楽を聴かせてくれる2ndアルバム。
    ポール・マッカートニーのT-5とビッグ・ビル・ブルーンジーのT-8のカヴァーはなぜか、ライヴ録音になっている。発売されたばかりのポールの歌をすぐにライヴで歌うのは、よっぽど気にいったのだろう。
    まだ結果を残せていないが、アルバムの内容は高いレベルにあると思う。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/8/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 98
    Loading

    Faces / A Nod Is as Good as a Wink...to a Blind Horse

    (1971)
    プロデューサーにグリン・ジョンズを迎えての、フェイセズの3rdアルバム。
    この年は前作に続いて2枚目となる。ロッドは自分のソロ・アルバムをリリースしたので、3枚目アルバムになった。
    グリンが加わったことにより、音の広がりが増したような感じもする。フェイセズ最大のヒット曲“Stay with Me”が入っている。
    時代に必要だったアルバムのひとつ。

    • いいね!

    • 登録日:2015/8/28

    • 1
    • 0
    • 0
  • 99
    Loading

    Rod Stewart / Every Picture Tells a Story (No.172)

    (1971)
    英米でチャートの1位を獲得したロッド・スチュワートの3rdアルバム。フェイセズからイアン・マクレガンとロン・ウッドが参加している。
    この頃はブリティッシュ・フォークの影響を受けている感じの曲が多いので、個人的には大好きだ。有名なT-7,8はホントに良い曲だ。ティム・ハーディンのカヴァーも絶品だろう。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2015/8/19

    • 1
    • 0
    • 0
  • 100
    Loading

    Van Morrison / Tupelo Honey

    (1971)
    ディランの2枚目のジャケもそうだが、このジャケも素敵なジャケだ。ディランのように全面じゃないのが、さらに良い。
    ウエスト・コーストに移り住んで、レコード会社も変えて、リスタートを切ったアルバム。全曲ほのぼのとした感じがする、モリソンには珍しいアルバム。アルバムによって、トーンが違うから人に勧めるのは難しいが、このアルバムなら大丈夫?…だと思う。
    モリソンとテッド・テンプルマンのプロデュース。

    《songlist》
    01. Wild Night
    02. (Straight To Your Heart) Like A Cannonball
    03. Old Old Woodstock
    04. Starting A New Life
    05. You're My Woman
    06. Tupelo Honey
    07. I Wanna Roo You (Scottish Derivative)
    08. When That Evening Sun Goes Down
    09. Moonshine Whiskey

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/9/18

    • 1
    • 0
    • 0