みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

ace records

明確なテーマを持った企画アルバムをリリースしてくれているレコードレーベル。

  • Loading

    Vietnam Through the Eyes of Black America 1966-73: A Soldier's Sad Story

  • Loading

    Vietnam Through the Eyes of Black America 1962-1972: Does Anybody Know I'm Here?

  • Loading

    The Voice of Black America 1963-1973: Change Is Gonna Come

  • Loading

    Black America Sings Bob Dylan: How Many Roads

  • Loading

    Black America Sings Bacharach & David: Let the Music Play

  • Loading

    Black America Sings Otis Redding: Hard To Handle

  • Loading

    Black America Sings Sam Cooke: Bring It On Home

  • Loading

    Black America Sings Lennon & McCartney: Come Together

  • Loading

    Black America Sings Lennon McCartney & Harrison: Let It Be

  • Loading

    The Bert Berns Story, Vol. 1: Twist and Shout 1960-1964

  • Loading

    The Bert Berns Story, Vol. 2: Mr Succes 1964-1967

  • Loading

    The Bert Berns Story, Vol. 3: Hang on Sloopy

  • Loading

    The Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side 1953-2003

  • Loading

    Lou Adler: A Musical History

  • Loading

    The Leiber & Stoller Story, Vol. 1: Hard Times - The Los Angeles Years 1951-56

  • Loading

    The Leiber & Stoller Story, Vol. 2: On the Horizon 1956-1962

  • Loading

    The Leiber & Stoller Story, Vol. 3: Shake 'Em Up & Let 'Em Roll 1962-1969

  • Loading

    The Pomus & Shuman Story: Double Trouble 1956-1967

  • Loading

    The Shadow Morton Story: Sophisticated Boom Boom

  • Loading

    The Otis Blackwell Songbook: Handy Man

  • Loading

    The Dave Batholomew Songbook: The Big Beat

  • Loading

    Bo Diddley Is A Songwriter

  • Loading

    The Allen Toussaint Songbook: Rolling with the Punches

  • Loading

    The Songs of Chuck Berry: Rock & Roll Music

  • Loading

    The Songs Of Don Covay: Have Mercy!

  • Loading

    Words and Music by Ellie Greenwich and Jeff Barry: Do-Wah-Diddy

  • Loading

    More from the Ellie Greenwich & Jeff Barry Songbook: Da Doo Ron Ron

  • Loading

    Sweet Things from the Ellie Greenwich & Jeff Barry Songbook

  • Loading

    Words And Music By Barry Mann And Cynthia Weil: Glitter And Gold

  • Loading

    The Songs of Barry Mann & Cynthia Weil: Born to Be Together

  • 1
    Loading

    Vietnam Through the Eyes of Black America 1966-73: A Soldier's Sad Story

    (2003)
    イギリスのエース・レコードからリリースされた、ヴェトナム戦争について歌った曲を集めた企画アルバム。
    1961年1月20日、アメリカ民主党のジョン・F・ケネディが第35代アメリカ合衆国大統領に就任してから、積極的に関与していったためヴェトナム国内の争いは激化していった。
    アメリカでは人種差別に対しての歌も歌われたが、その一方で戦地へ送られていく黒人兵士への想いを歌った曲が多く歌われたのもこの頃である。
    日本では遠くの出来事のように扱われる“戦争”だが、聴いていると胸を締め付けられるような気がする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Greetings (This Is Uncle Sam) (Stereo LP Version) - The Monitors
    02. He'll Be Back - The Players
    03. Marching Off To War - William Bell
    04. While I'm Away (Baby, Keep The Faith) - Eddy G Giles & the Jive Five
    05. Going To Viet Nam - Big Amos
    06. Lonely Soldier - Mike Williams
    07. I Believe I'm Gonna Make It - Joe Tex
    08. Christmas In Vietnam - Johnny & Jon
    09. I Wanna Help Hurry My Brothers Home - Jimmy Holiday
    10. Let's Face Facts - James Carr
    11. Lights Out - Zerben R Hicks & The Dynamics
    12. When Johnny Comes Marching Home - Richard Barbary
    13. A Soldier's Sad Story - Tiny Watkins
    14. A Letter From Vietnam - Emanuel Laskey
    15. Something You Couldn't Write About - Gloria Edwards
    16. Mail Call Time - Mel & Tim
    17. There's Someone (Waiting Back Home) - The O'Jays
    18. Bring The Boys Home - Freda Payne
    19. Stop The War Now - Edwin Starr
    20. P.O.W. - M.I.A. - The Whispers
    21. War - Carla Whitney
    22. I Can't Write Left Handed - Bill Withers
    23. Back To The World - Curtis Mayfield
    24. Sam Stone - Swamp Dogg

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 2
    Loading

    Vietnam Through the Eyes of Black America 1962-1972: Does Anybody Know I'm Here?

    (2005)
    イギリスのエース・レコードからリリースされた、ヴェトナム戦争について歌った曲を集めた企画アルバムの第2弾。
    1961年1月20日、アメリカ民主党のジョン・F・ケネディが第35代アメリカ合衆国大統領に就任してから、積極的に関与していったためヴェトナム国内の争いは激化していった。
    アメリカでは人種差別に対しての歌も歌われたが、その一方で戦地へ送られていく黒人兵士への想いを歌った曲が多く歌われたのもこの頃である。
    日本では遠くの出来事のように扱われる“戦争”だが、聴いていると胸を締め付けられるような気がする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Soldier's Plea - Marvin Gaye
    02. Wait For Me - Brothers Of Soul
    03. Your Heart Belongs To Me - The Velvelettes
    04. Soldier's Goodbye - William Bell
    05. Please Mr President - King Solomon
    06. Please Uncle Sam (Send Back My Man) - The Charmels
    07. A Soldier's Prayer 1967 - Archie Bell & the Drells
    08. Take Good Care - Tony Mason
    09. Keep A Light In The Window Until I Come Home - J W Alexander
    10. Don't Cry My Love - The Impressions
    11. Please Wait For Me (My Darling) - The Masters Of Soul
    12. Don't Cry My Soldier Boy - Thelma Houston
    13. War - The Temptations
    14. Am I Ever Gonna See My Baby Again? - The Sweet Inspirations
    15. Standing On The Corner - Watson and the Sherlocks
    16. Does Anybody Know I'm Here? - The Dells
    17. A Letter From My Son - Melverine Thomas
    18. I Can't See You No More (When Johnny Comes Marching Home) - Joe Tex
    19. Vaya Con Dios/Fellows In Vietnam - Inez & Charlie Foxx
    20. Open Letter To The President - Roy C
    21. I Should Be Proud - Martha Reeves & the Vandellas
    22. Welcome The Boys Back Home - Bill Moss & the Celestials
    23. March To The Witch's Castle - Funkadelic

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 3
    Loading

    The Voice of Black America 1963-1973: Change Is Gonna Come

    (2007)
    イギリスのエース・レコードからリリースされた、公民権運動について歌った曲を集めた企画アルバム。
    1950年代から起こったアフリカ系アメリカ人への人種差別解消の動きを受けて、黒人シンガーが厳しい現実をメッセージとして歌声に乗せていた…。

    《songlist》
    01. A Change Is Gonna Come - Otis Redding
    02. We're A Winner - The Impressions
    03. When Will We Be Paid For The Work We Did - The Staple Singers
    04. Blues For Mr Charlie Pt 2 - Lou Gossett, Paul Sindab, Joe Lee Wilson & Little Butter
    05. Only In America - The Drifters
    06. Stay With Your Own Kind - Patrice Holloway
    07. The Ghetto - Homer Banks
    08. And Black is Beautiful - Nickie Lee
    09. I Don't Want Nobody to Give Me Nothing (Open The Door I'll Get It Myself) Part 1 - James Brown
    10. Message From A Black Man - The Spinners
    11. Forty Acres And A Mule - Oscar Brown Jr
    12. Have You Ever Seen The Blues - Yaphet Kotto
    13. Oh Lord, Why Lord - Parliament
    14. We Are Neighbors - The Chi-Lites
    15. I Was Born Blue - Swamp Dogg
    16. The Prayer - Ray Scott
    17. Cryin' In The Streets Parts 1 & 2 - George Perkins and the Silver Stars
    18. Free At Last - Jackie Day
    19. George Jackson - J P Robinson
    20. Run Charlie Run - The Temptations
    21. Someday We'll All Be Free - Donny Hathaway
    22. The Revolution Will Not Be Televised - Gil Scott-Heron
    23. To Be Young, Gifted And Black - Nina Simone

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    Black America Sings Bob Dylan: How Many Roads

    (2010)
    イギリスのエース・レコードからリリースされた、黒人ミュージシャンによるボブ・ディランのカヴァー曲を集めた企画アルバム。
    ディランに影響を与えた黒人音楽の継承者たちが、それぞれの想いを込めて歌っている。ディランの曲のカヴァーって、どれもが歌っているシンガーの色になっているのがスゴい感じがする。何気にディランの曲って、無色に近いのかもしれない。
    他のミュージシャンのカヴァーも聴きたい気がする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Blowing In The Wind - O.V. Wright
    02. Girl From The North Country - Howard Tate
    03. I Pity The Poor Immigrant - Marion Williams
    04. Maggie's Farm - Solomon Burke
    05. Don't Think Twice, It's Alright - Brook Benton
    06. From A Buick 6 - Gary US Bonds
    07. The Man In Me - The Persuasions
    08. Like A Rolling Stone - Major Harris
    09. With God On Our Side - The Neville Brothers
    10. Mr Tambourine Man - Con-Funk-Shun
    11. Masters Of War - The Staple Singers
    12. I'll Be Your Baby Tonight - Bill Brandon
    13. Most Likely You Go Your Way And I'll Go Mine - Patti LaBelle
    14. Knockin' On Heaven's Door - Booker T Jones
    15. All Along The Watchtower - Bobby Womack
    16. Just Like A Woman - Nina Simone
    17. I Shall Be Released - Freddie Scott
    18. Lay Lady Lay - The Isley Brothers
    19. Tonight I'll Be Staying Here With You - Esther Phillips
    20. Emotionally Yours - The O'Jays

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    Black America Sings Bacharach & David: Let the Music Play

    (2014)
    イギリスのエース・レコードからリリースされた、黒人ミュージシャンによるバート・バカラック&ハル・デヴィッドが書いた曲のカヴァー曲を集めた企画アルバム。
    白人ミュージシャンだけでなく、黒人ミュージシャンにも曲を提供していたので、そんなに違和感を感じない内容となっている。しかし、全曲が黒人シンガーの歌唱という企画アルバムは無かったので新鮮な感じもする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Make It Easy On Yourself - Dionne Warwick
    02. My Little Red Book - Burt Bacharach & His Orchestra featuring Tony Middleton
    03. Long After Tonight Is All Over - Irma Thomas
    04. Another Tear Falls - Marv Johnson
    05. I Say A Little Prayer - Aretha Franklin
    06. Message To Martha - Jerry Butler
    07. This Empty Place - Cissy Houston
    08. In The Land Of Make Believe - The Drifters
    09. I Cry Alone - Ruby & The Romantics
    10. Let The Music Play - Roy Hamilton
    11. Always Something There To Remind Me - Patti LaBelle & The Bluebelles
    12. The Last One To Be Loved - Lou Johnson
    13. Reach Out For Me - Willie Tee
    14. Alfie - The Delfonics
    15. (There Goes) The Forgotten Man - Gene McDaniels
    16. The Look Of Love - Nina Simone
    17. Anyone Who Had A Heart - The Orlons
    18. What The World Needs Now Is Love - James Carr
    19. Walk On By - Gloria Gaynor
    20. (They Long To Be) Close To You - Bobby Womack
    21. One Less Bell To Answer - Gladys Knight & The Pips
    22. I Just Don't Know What To Do With Myself - Isaac Hayes
    23. Don't Make Me Over - Brenda & The Tabulations
    24. A House Is Not A Home - Mavis Staples

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 6
    Loading

    Black America Sings Otis Redding: Hard To Handle

    (2012)
    イギリスのエース・レコードからリリースされた、黒人ミュージシャンによるオーティス・レディングのカヴァー曲を集めた企画アルバム。
    シンガーとしての魅力もあるが、ソングライターとしての実力が高いことを改めて感じる内容かもしれない。
    それぞれのヴォーカリストによる高いリスペクトも感じられる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. These Arms Of Mine - Albert Washington & The Kings
    02. Sister Pitiful - Judy Clay
    03. I've Been Loving You Too Long (To Stop Now) - William Bell
    04. Baby Cakes - Maxine Brown
    05. Think About It - King Floyd
    06. Shout Bamalama - Mickey Murray
    07. Security - Irma Thomas
    08. I've Got Dreams To Remember - Percy Sledge
    09. Give Away None Of My Love - Buddy Miles
    10. I'm Missing You - Mitty Collier
    11. I Can't Turn You Loose - James Carr
    12. Chained And Bound - Bettye Swann
    13. Just One More Day - Clarence Carter
    14. Wholesale Love - Arthur Conley
    15. Hawg For You - Tina Britt
    16. Loving By The Pound (Tk 2) - Otis Redding
    17. Hard To Handle - Patti Drew
    18. A Year, A Month And A Day - Arthur Conley
    19. Fa-Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song) - Lou Rawls
    20. Monkey On My Back - Jackie Hairston
    21. Keep Pushing Me - James & Bobby Purify
    22. Good To Me - Donald Height
    23. Respect - Aretha Franklin
    24. (Sittin' On The) Dock Of The Bay - The Staple Singers
    25. I Got The Will - Etta James

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 7
    Loading

    Black America Sings Sam Cooke: Bring It On Home

    (2014)
    イギリスのエース・レコードからリリースされた、黒人ミュージシャンによるサム・クックのカヴァー曲を集めた企画アルバム。
    シンガーとしての魅力もあるが、ソングライターとしての実力が高いことを改めて感じる内容かもしれない。
    それぞれのヴォーカリストによる高いリスペクトも感じられる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Having A Party (Medley) - The Ovations feat Louis Williams
    02. Rome (Wasn't Built In A Day) - Johnnie Taylor
    03. You Send Me - Percy Sledge
    04. Shake - Otis Redding
    05. (Chain Gang) The Sound Of My Man - Theola Kilgore
    06. I'm Gonna Forget About You - Bobby Womack
    07. When A Boy Falls in Love - Mel Carter
    08. Bring It On Home To Me - Eddie Floyd
    09. That's Heaven To Me - The Soul Stirrers
    10. Cupid - R.B. Greaves
    11. Dance What You Wanna - The Miracles
    12. Meet Me At The Twistin' Place - Johnnie Morisette
    13. I'm Alright - Little Anthony & The Imperials
    14. Wonderful World - Johnny Nash
    15. Love You Most Of All - The Persuasions
    16. Pow! You're In Love - The Falcons
    17. A Change Is Gonna Come - Brenton Wood
    18. Nobody Loves Me Like You - The Flamingos
    19. Somebody Have Mercy - Willie Hightower
    20. Win Your Love - Lou Rawls
    21. The Smile - The Simms Twins
    22. Good Times - Aretha Franklin
    23. (Ain't That) Good News - The Supremes
    24. Soothe Me - Sam & Dave

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 8
    Loading

    Black America Sings Lennon & McCartney: Come Together

    (2011)
    イギリスのエース・レコードからリリースされた、黒人ミュージシャンによるザ・ビートルズのカヴァー曲を集めた企画アルバム。
    ザ・ビートルズの出現以降に影響を受けていないミュージシャンはいないと思うが、エース・レコードが丹念にまとめ上げた内容となっている。
    ジャケもアルバム“Revolver”をアレンジした素敵なものとなっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Back In The USSR - Chubby Checker
    02. We Can Work It Out - Maxine Brown
    03. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey - Fats Domino
    04. Ticket To Ride - Wee Willie Walker
    05. Good Day Sunshine - Roy Redmond
    06. Please Please Me - Mary Wells
    07. Eleanor Rigby - Gene Chandler
    08. And I Love Her - The Vibrations
    09. Come Together - Chairmen Of The Board
    10. Blackbird - Billy Preston
    11. Paperback Writer - R.B. Greaves
    12. Rocky Raccoon - The Moments
    13. Drive My Car - Black Heat
    14. Lady Madonna - Junior Parker
    15. Help - David Porter
    16. Yesterday - Linda Jones
    17. Day Tripper (Take 4) - Otis Redding
    18. Why Don't We Do it In The Road - Lowell Fulsom
    19. I Saw Her Standing There - Little Richard
    20. Don't Let Me Down - Donald Height
    21. Get Back - The Main Ingredient
    22. The Long And Winding Road - The New Birth
    23. I Want To Hold Your Hand - Al Green
    24. Let It Be - Aretha Franklin

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 9
    Loading

    Black America Sings Lennon McCartney & Harrison: Let It Be

    (2016)
    2011年にリリースされた企画アルバムの第2弾。今回はジョージ・ハリソンの曲も収録されているので、タイトルにもハリソンの名前が追加されている。アルバム“Let It Be”のジャケもいい。
    黒人音楽に憧れたザ・ビートルズのメンバーが自分たちのサウンドを作り出し、それを黒人ミュージシャンが歌っていることが、ホントにステキな感じがする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Eleanor Rigby - Aretha Franklin
    02. Dear Prudence - The 5 Stairsteps
    03. Got To Get You Into My Life - Earth, Wind & Fire
    04. Do You Want To Know A Secret - Mary Wells
    05. The Fool On The Hill - Four Tops
    06. Lovely Rita - Fats Domino
    07. Here Comes The Sun - Nina Simone
    08. Ob-La-Di, Ob-La-Da - Arthur Conley
    09. A World Without Love - The Supremes
    10. Tomorrow Never Knows - Junior Parker
    11. Don't Let Me Down - Randy Crawford
    12. With A Little Help From My Friends - The Undisputed Truth
    13. A Hard Day's Night - Screamin' Jay Hawkins
    14. She Came In Through The Bathroom Window - Ike & Tina Turner
    15. For No One - Maceo & All The King's Men
    16. It's Only Love - Gary "US" Bonds
    17. We Can Work It Out - Dionne Warwick
    18. Hey Jude - The Temptations
    19. In My Life - Boyz II Men
    20. Savoy Truffle - Ella Fitzgerald
    21. Something - Isaac Hayes
    22. Let It Be - Bill Withers

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 10
    Loading

    The Bert Berns Story, Vol. 1: Twist and Shout 1960-1964

    (2008)
    エース・レコードがプロデューサーに焦点を当てた企画アルバムで、バート・バーンズが取り上げられている。
    このアルバムでは、1960年から64年にバーンズが携わった曲が収録されている。プロデュースだけではなく、ソングライターやラッセル・バート名義でシンガーとしても曲をリリースしている。ラッセル・バードの曲は“You'd Better Come Home”が収録されている。
    バーンズの味として、ラテン・テイストを感じられる。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Push Push - Austin Taylor
    02. Lighted Windows - Hoagy Lands
    03. A Little Bit Of Soap - The Jarmels
    04. You'd Better Come Home - Russell Byrd
    05. Pour It On - Sammy Turner
    06. I Should Have Listened - Little Jimmy Dee
    07. Cry To Me - Solomon Burke
    08. Tell Her - Gil Hamilton
    09. Twist And Shout - The Isley Brothers
    10. If I Didn't Have A Dime (To Play The Jukebox) - Gene Pitney
    11. Pencil & Paper - Ruth McFadden
    12. Gypsy - Ben E King
    13. Hold On Baby - The Hockadays
    14. You Can't Love 'Em All - Mel Torme
    15. Come On And Stop - Marv Johnson
    16. I'll Be A Liar - Betty Harris
    17. You Can't Run Away From Me - The Wanderers
    18. Moment Of Weakness - Jimmy Radcliffe
    19. Look Away - Garnet Mimms
    20. One Way Love - The Drifters
    21. You Can Count On Me - Roy Hamilton
    22. My Girl Sloopy - The Vibrations
    23. Mo Jo Hannah - Little Esther Phillips
    24. Killer Joe - The Rocky Fellers
    25. Baby Let Me Take You Home - The Mustangs
    26. Here Comes The Night - Lulu

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 11
    Loading

    The Bert Berns Story, Vol. 2: Mr Succes 1964-1967

    (2009)
    エース・レコードがプロデューサーに焦点を当てた企画アルバムで、バート・バーンズの第2弾となっている。
    このアルバムでは、1964年から67年にバーンズが携わった曲が収録されている。1963年にアトランティック・レコードと契約し、1965年にはバング・レコードを立ち上げている。バング・レコードはバーンズ、アーメット・アーティガン、ネスヒ・アーティガン、ジェリー・ウェクスラーの頭文字を取って付けられた。1966年にはソウル・ミュージックをリリースするためのシャウト・レコードも立ち上げている。
    しかし1967年12月に、心臓発作により倒れて38歳という若さで亡くなってしまった。
    最後の作品は、アーマ・トーマスの“Piece of My Heart”だった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. I'm Gonna Run Away From You - Tami Lynn
    02. Everybody Needs Somebody To Love - Solomon Burke
    03. Come Home Baby - Wilson Pickett
    04. It Was Easier To Hurt Her - Garnet Mimms
    05. Hang On Sloopy (Unedited Version) - The McCoys
    06. If I Would Marry You - Tammy Montgomery
    07. Come On Girl - The Knight Brothers
    08. In Front Of Her House - Larry Hale
    09. I Don't Want To Go On Without You - The Drifters
    10. Show Me Your Monkey - Kenny Hamber
    11. Cry No More - Ben E King
    12. Run Mascara - The Exciters
    13. You'll Never Leave Her - Pat Embers
    14. You May Be Holding My Baby - The Pussycats
    15. I Went Out With My Baby Tonight - Moses K & The Prophets
    16. You Forgot How To Love - Patti LaBelle & The Blue Belles
    17. I'll Take Good Care Of You - Garnet Mimms
    18. Better Not Believe Him aka Sorrow - Barbara Lewis
    19. Mr Success - Bobby Harris
    20. Gone Gone - Roy C
    21. No One Could Ever Love You - Freddie Scott
    22. Mojo Mama - Don Varner
    23. Brown Eyed Girl (Radio Edit) - Van Morrison
    24. Piece Of My Heart - Erma Franklin
    25. I Got To Go Back (And Watch That Little Girl Dance) aka Look At That Girl (Take 1) - Otis Redding
    26. Heart Be Still - Lorraine Ellison

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    The Bert Berns Story, Vol. 3: Hang on Sloopy

    (2014)
    エース・レコードがプロデューサーに焦点を当てた企画アルバムで、バート・バーンズの第3弾となっている。
    このアルバムでは、1960年から67年の短く充実した音楽活動でVol.1と2に収録されなかった曲を収録している。
    そのため重複する曲もあるが、オリジナリティー溢れるシンガーの違いを楽しめる。
    バーンズがプロデュースを行なった、キューバ音楽のアルセニオ・ロドリゲスが歌う“Hang On Sloopy”を収録している。ラッセル・バードの“Hitch Hike Part 1”がラストに収録されているのがいい。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Let The Water Run Down - Ben E King
    02. Am I Grooving You - Freddie Scott
    03. Love (Can't You Hear Me) - The Knight Brothers
    04. I've Got Nothing To Say But Goodbye - Tammy Montgomery
    05. You Better Come Home - The Isley Brothers
    06. There He Is - Baby Washington
    07. Aretha - The Drifters
    08. Open Up Your Soul - Erma Franklin
    09. A Thousand Tears Ago - Roy Hamilton
    10. One Girl - Garnet Mimms
    11. Mo Jo Hannah - Betty Harris
    12. Stop What You're Doin' - Roy C
    13. There They Go - The Exciters
    14. (I'm Gonna) Cry Some Tears - Hoagy Lands
    15. At The Party - Tami Lynn
    16. You'd Better Find Yourself Another Fool - LaVern Baker
    17. Teardrops Will Fall - Wilson Pickett
    18. Twist And Shout - The Shirelles
    19. All Or Nothing - Patti LaBelle & The Bluebelles
    20. My Block - Clyde McPhatter
    21. You'll Never Leave Her - Lulu
    22. Beautiful Brown Eyes - Solomon Burke
    23. Chick-A-Boom - Van Morrison
    24. I Wonder If She Remembers Me - The McCoys
    25. Hang On Sloopy - Arsenio
    26. Hitch Hike Part 1 - Russell Byrd

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 13
    Loading

    The Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side 1953-2003

    (2008)
    エース・レコードがプロデューサーに焦点を当てた企画アルバムで、ジェリー・ラゴヴォイが取り上げられている。
    ラゴヴォイの名前は2003年のハワード・テイトのアルバム“Rediscovered”で知ったのだが、このアルバムを聴いてラゴヴォイの携わった曲を多く知っていることに驚いた。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Stay With Me - Lorraine Ellison
    02. As Long As I Have You - Garnet Mimms
    03. Good Lovin' - The Olympics
    04. Time Is On My Side - Kai Winding
    05. A Wonderful Dream - The Majors
    06. My Girl Awaits Me - The Castelles
    07. Cry Baby - Garnet Mimms & the Enchanters
    08. I'm Comin' Home - The Fabulous Four
    09. Disappointed - Claudine Clark
    10. You Got Just What You Asked For - Estelle Brown
    11. I Wanna Thank You - The Enchanters
    12. I Can't Wait Until I See My Baby's Face - Pat Thomas
    13. You're Looking Good - Howard Tate
    14. The Hurt's All Gone - Irma Thomas
    15. Thinkin' - Garnet Mimms
    16. Pata Pata - Miriam Makeba
    17. What's It Gonna Be (Remix) - Dusty Springfield
    18. You Don't Know Nothing About Love - Carl Hall
    19. What Do You Want Me To Do? - Lou Courtney
    20. Ain't Got Nobody To Give It To - Howard Tate
    21. What About You - Carl Hall
    22. Move Me No Mountain - Dionne Warwick
    23. Pretty Red Lips (Kiss My Blues Away) - Major Harris
    24. Get It While You Can - Howard Tate

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 14
    Loading

    Lou Adler: A Musical History

    (2014)
    エース・レコードがプロデューサーに焦点を当てた企画アルバムで、ルー・アドラーが取り上げられている。
    1950年代末にハーブ・アルバートとのコンビで成功し、1964年にダンヒル・レコードを設立、1967年にオード・レコードを設立している。
    前半はアルバートとの共作やマネージメントを行なったジャン&ディーン、中盤はダンヒル、後半はオードと時代を追って収録されている。この1枚でアドラーのキャリアを振り返るのは若干無理はあるが、かなり楽しめる内容となっている。

    《songlist》
    01. Wonderful World - Sam Cooke
    02. Deana Baby - Johnny "Guitar" Watson
    03. Bim Bam - Sam Butera & The Witnesses
    04. Baby Talk - Jan & Dean
    05. All Of My Life - Sam Cooke
    06. Goodnight Sweetheart, Goodnight - The Untouchables
    07. Alley-Oop - Dante & The Evergreens
    08. Honolulu Lulu - Jan & Dean
    09. Crying In The Rain - The Everly Brothers
    10. Eve Of Destruction - Barry McGuire
    11. Go Where You Wanna Go - The Mamas & The Papas
    12. California Dreamin' - The Mamas & The Papas
    13. San Francisco (Be Sure To Wear Some Flowers In Your Hair) - Scott McKenzie
    14. Stoney End - The Blossoms
    15. Wonderful - The Blossoms
    16. Snow Queen - The City
    17. Wear Your Love Like Heaven - Peggy Lipton
    18. The Times They Are A-Changin' - The Brothers & Sisters Of Los Angeles
    19. Oh No Not My Baby - Merry Clayton
    20. It's Too Late - Carole King
    21. It's Going To Take Some Time - Carole King
    22. Gimme Shelter - Merry Clayton
    23. I Got A Line On You - Spirit
    24. Earache My Eye - Cheech & Chong
    25. Sweet Transvestite - Tim Curry & The Original Roxy Cast

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 15
    Loading

    The Leiber & Stoller Story, Vol. 1: Hard Times - The Los Angeles Years 1951-56

    (2004)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、リーバー&ストーラーの書いた曲を年代順に3枚に渡って収録している。
    1枚目は1951年から56年の初期に書かれた曲となっている。
    リーバー&ストーラーの書いた曲は、黒人音楽と白人音楽の融合を果たし、ソングライターのチームとしても成功を収めた。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. That's What The Good Book Says - Bobby Nunn & The Robbins
    02. Hard Times - Charles Brown
    03. Nosey Joe - Bull Moose Jackson
    04. Flying Home - Amos Milburn
    05. Gloom And Misery All Around - Roy Hawkins
    06. Bam Balam - The Du Droppers
    07. Real Ugly Woman - Jimmy Witherspoon
    08. Mainliner - Little Esther
    09. Kansas City aka KC Lovin' - Little Willie Littlefield
    10. Lovin' Jim - Little Mickey Champion
    11. Too Bad Sweet Mama - Sam "Highpockets" Henderson & His Orchestra (Vocal: Jerry Leiber)
    12. Ten Days In Jail - The Robins
    13. Squeeze Me - Milt Trenier
    14. I Smell A Rat - Big Mama Thornton
    15. Yeah, Yeah, Yeah - Joe Liggins
    16. Come A Little Bit Closer - Willy & Ruth
    17. It's A Miracle - The Honey Bears
    18. Bazoom (I Need Your Lovin') - The Cheers
    19. Riot In Cell Block #9 - Vicki Young with Big Dave and His Orchestra
    20. Hound Dog - Freddie Bell & the Bell Boys
    21. Whadaya Want - Jack Cardwell
    22. Down In Mexico - Ella Mae Morse
    23. Hot Dog - Young Jessie
    24. What About Me - Larry Evans
    25. Tears Of Joy - Etta James
    26. Ruby Baby - The Drifters
    27. If It's The Last Thing I Do - Frankie Marshall
    28. L'Homme A La Moto (Black Denim Trousers And Motorcycle Boots) - Edith Piaf

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 16
    Loading

    The Leiber & Stoller Story, Vol. 2: On the Horizon 1956-1962

    (2006)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、リーバー&ストーラーの書いた曲を年代順に3枚に渡って収録している。
    2枚目は1956年から62年の中期に書かれた曲となっている。
    リーバー&ストーラーの書いた曲は、黒人音楽と白人音楽の融合を果たし、ソングライターのチームとしても成功を収めた。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Love Potion No 9 - The Clovers
    02. Here Comes Henry - Young Jessie
    03. One Kiss Led To Another - The Coasters
    04. Lucky Lips - Ruth Brown
    05. Old Fashioned - Varetta Dillard & the Cookies
    06. Smokey Joe's Cafe - Buddy Holly
    07. Alligator Wine - Screamin' Jay Hawkins
    08. There Goes My Baby - The Drifters
    09. Lips - Roy Hamilton
    10. You're The Boss - LaVern Baker & Jimmy Ricks
    11. Spanish Harlem - Clyde McPhatter
    12. Your Old Lady - The Isley Brothers
    13. An Open Fire - Johnny Mathis
    14. I'm A Woman - Christine Kittrell
    15. Sorry, But I'm Gonna Have To Pass - Lonnie Donegan
    16. On The Horizon - Ben E King
    17. What's Wrong With Me And You - Babs Tino
    18. Yes - Jay & the Americans
    19. Keep Tellin' Yourself - Marv Johnson
    20. Bossa Nova Baby - Tippie & The Clovers
    21. Some Other Guy - Richie Barrett
    22. Searchin' - Alvin Robinson
    23. Stand By Me - Muhammad Ali (recording as Cassius Clay)
    24. Cafe Espresso - The Leiber-Stoller Orchestra

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 17
    Loading

    The Leiber & Stoller Story, Vol. 3: Shake 'Em Up & Let 'Em Roll 1962-1969

    (2007)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、リーバー&ストーラーの書いた曲を年代順に3枚に渡って収録している。
    3枚目は1962年から69年の後期に書かれた曲となっている。
    リーバー&ストーラーの書いた曲は、黒人音楽と白人音楽の融合を果たし、ソングライターのチームとしても成功を収めた。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. You Can't Love Them All - Solomon Burke
    02. Tricky Dicky - Richie Barrett
    03. His Kiss - Betty Harris
    04. My Heart Said (The Bossa Nova) - Irene Reid
    05. Drip Drop - Dion
    06. Rat Race - The Drifters
    07. Midnight Town, Daybreak City - Roy Hamilton
    08. It's So Exciting - The Exciters
    09. Down Home Girl - Alvin Robinson
    10. Only In America - Jay & the Americans
    11. Keep It Up - The Soul Brothers
    12. Brother Bill (The Last Clean Shirt) - The Honeyman
    13. Jackson - Johnny Cash & June Carter
    14. Bull Dog - The Shangri-Las
    15. The Gunfighter - Tommy Roe
    16. Take It Like A Man - The Walker Brothers
    17. Juicy - Willie Bobo
    18. I (Who Have Nothing) - Dee Dee Warwick
    19. You'll Never Leave Him - Freddie Scott
    20. Where's The Girl - Ben E King
    21. Flying - Carmen McRae
    22. Shake 'Em Up And Let 'Em Roll - Jerry Leiber & the Coasters
    23. On Broadway - Jimmy Scott
    24. Is That All There Is? - Peggy Lee

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 18
    Loading

    The Pomus & Shuman Story: Double Trouble 1956-1967

    (2007)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、ポーマス&シューマンの書いた曲を収録している。
    アルドン・ミュージックに所属し、ドク・ポーマスが作詞、モルト・シューマンが作曲が基本で時には入れ替わったりもした。
    ポーマス&シューマンの書いた曲を1枚に集約しているのは、ちょっと残念な感じもする…。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. (Wake Up) Miss Rip Van Winkle - The Tibbs Brothers
    02. Lonely Avenue - Ray Charles
    03. I Ain't Sharin' Sharon - Bobby Darin
    04. Hushabye - The Mystics
    05. It's Been Nice - Marty Wilde
    06. (Marie's The Name) His Latest Flame - Del Shannon
    07. Angel Face - Jimmy Darren
    08. Turn Me Loose - Fabian
    09. A Teenager In Love - Dion & The Belmonts
    10. Hey Memphis - LaVern Baker
    11. Save The Last Dance For Me - The Drifters
    12. Go, Jimmy, Go - Jimmy Clanton
    13. Too Good - Little Tony and his Brothers
    14. Seven Sins - Barrett Strong
    15. So Close To Heaven - Ral Donner
    16. First Taste Of Love - Ben E King
    17. Can't Get Used To Losing You - Andy Williams
    18. All You Gotta Do Is Touch Me - Bobby Vee
    19. A King For Tonight - Barry Darvell
    20. Suspicion - Terry Stafford
    21. Seven Day Weekend - Gary "US" Bonds
    22. Spanish Lace - Gene McDaniels
    23. Double Trouble - Elvis Presley
    24. I'm Gonna Cry 'Til My Tears Run Dry - Irma Thomas
    25. Stop - Howard Tate
    26. Say Those Magic Words - The McCoys

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 19
    Loading

    The Shadow Morton Story: Sophisticated Boom Boom

    (2013)
    エース・レコードがプロデューサーに焦点を当てた企画アルバムで、シャドウ・モートンが取り上げられている。
    プロデューサーの企画になっているが、ブリル・ビルディングでのソングライターとしてのキャリアを忘れてはいけないだろう。ここに収録されている曲は、モートン自身が選曲しているのが素敵な感じがする。前半はソングライターとしての曲、後半はプロデューサーとして携わった曲となっている。
    ヴァラエティに富んだ曲が並んでいるのは、モートンの多彩な音楽性を感じられる。
    このアルバムがリリースされる直前の2月14日に亡くなったのは残念な気がする。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Hot Rod - The Markeys featuring Georgie Morton
    02. I Want My Girl - The Lonely Ones
    03. Only Seventeen - The Beattle-ettes
    04. Remember (Walkin' In The Sand) - The Shangri-Las
    05. Give Him A Great Big Kiss - The Shangri-Las
    06. Sophisticated Boom Boom - The Goodies
    07. Baby - Ellie Greenwich
    08. You Don't Know - Ellie Greenwich
    09. Past, Present And Future - The Shangri-Las
    10. Society's Child (Baby I've Been Thinking) - Janis Ian
    11. So Soft, So Warm - The Nu-Luvs
    12. Take My Advice - The Nu-Luvs
    13. Lost In The Shuffle - The Blues Project
    14. Stop The Clock - The Shaggy Boys
    15. I'll Never Learn - The Shangri-Las
    16. Too Old To Go 'Way Little Girl - Janis Ian
    17. You Keep Me Hangin' On - Vanilla Fudge
    18. And When It's Over - The Vagrants
    19. Season Of The Witch, Pt 2 - Vanilla Fudge
    20. In-A-Gadda-Da-Vida - Iron Butterfly
    21. Midnight Lady - Mott The Hoople
    22. Puss 'n' Boots - The New York Dolls
    23. Stranded In The Jungle - The New York Dolls
    24. Dressed In Black - Shadow Morton

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 20
    Loading

    The Otis Blackwell Songbook: Handy Man

    (2012)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、オーティス・ブラックウェルの書いた曲を集めたものとなっている。
    1,000曲以上の曲を書いて、エルヴィス・プレスリーを始めとする多くのヒット曲を残しているが、ブラックウェルのことを大きく語られることはあまり無い。こうしてほんの一部だけれど、まとまって聴くことができることに感謝。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Make Me Know It - Elvis Presley
    02. I Told Myself A Lie - Clyde McPhatter
    03. Don't Be Cruel - Jerry Lee Lewis
    04. My Pigeon's Gone - The Five Keys
    05. Cool Baby - Charlie Gracie
    06. Fever - Little Willie John
    07. Slow Motion - Wade Flemons
    08. The Shape I'm In - Johnny Restivo
    09. Priscilla - Eddie Cooley and the Dimples
    10. Brace Yourself - Ben E King
    11. All Shook Up - David Hill
    12. Nine Times Out Of Ten - Cliff Richard and the Shadows
    13. I'll Find You - Gene Pitney
    14. For My Good Fortune - Mahalia Jackson
    15. Hey Little Girl - Thurston Harris
    16. Honky Tonky - The Queen (Dinah Washington)
    17. Please, Mister Mayor - Roy Clark
    18. Just Keep It Up (And See What Happens) - Dee Clark
    19. Too Long Will Be Too Late - Jimmy Jones
    20. One Broken Heart For Sale (demo) - Otis Blackwell and Winfield Scott
    21. Daddy Rollin' Stone - Derek Martin
    22. I Feel Good All Over - Sam Butera and the Witnesses
    23. Home In Your Heart - Solomon Burke
    24. Handy Man - Del Shannon

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 21
    Loading

    The Dave Batholomew Songbook: The Big Beat

    (2011)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、デイヴ・バーソロミューの書いた曲を集めたものとなっている。
    このアルバムでも数多くの曲が収録されているファッツ・ドミノのパートナーとしてのソングライティングが有名だが、初期のニューオリンズ・サウンドを構築したミュージシャンやプロデューサーとしても有名である。
    ビッグ・バンドの演奏やジャンプ・ブルースからロックン・ロールに音楽が進化して行く中でのキーパーソンのひとりの、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    訃報: ファッツ・ドミノのコラボレーターとして知られるミュージシャン/作曲家/編曲家のデイヴ・バーソロミューが6月23日、ニューオーリンズ郊外の病院で死去。100歳だった…哀悼

    《songlist》
    01. The Fat Man - Fats Domino
    02. I'm Gone - Shirley & Lee
    03. 3 x 7 = 21 - Annie Laurie
    04. Down The Road - Smiley Lewis
    05. My Ding-A-Ling - Dave Bartholomew
    06. Ain't Gonna Do It - The Pelicans
    07. All By Myself - The Johnny Burnette Trio
    08. The Big Beat - The Del Vikings
    09. Valley Of Tears - Buddy Holly
    10. Let The Four Winds Blow - Roy Brown
    11. I'm Walkin' - Larry Storch
    12. Please, Please, Please - Merle Kilgore
    13. I'm Gonna Be A Wheel Someday - Bobby Mitchell
    14. Every Night About This Time - The World Famous Upsetters
    15. The Monkey - Dave Bartholomew
    16. Witchcraft - Elvis Presley
    17. Blue Monday - Georgie Fame & The Blue Flames
    18. Hello Josephine (aka My Girl Josephine) - Jerry Lee Lewis
    19. Walking To New Orleans - Brenda Lee
    20. It Keeps Rainin' - Keith Powell
    21. I'm In Love Again - Tom Rush
    22. Sick And Tired - Neville Grant
    23. One Night Of Sin - Tami Lynn
    24. Grow Too Old (aka Before I Grow Too Old) - Bobby Charles
    25. I Hear You Knocking - Dave Edmunds' Rockpile

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/24

    • 1
    • 0
  • 22
    Loading

    Bo Diddley Is A Songwriter

    (2010)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、ボ・ディドリーの書いた曲を集めたものとなっている。
    個人的にはソングライターと言うよりも、シンガー&ギタリストのイメージが強いので、こうしてディドリーの書いた曲を集めたアルバムは嬉しい限りだ。カヴァーしているラインナップが、かなりいい感じで白人が多い感じがする。
    ディドリーの幅広い音楽性を感じられる、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Bo Diddley - Buddy Holly
    02. I Can Tell - Johnny Kidd & The Pirates
    03. Oh Yea! - The Shadows Of Knight
    04. Dearest - Mickey & Sylvia
    05. Dearest Darling - Gizzelle
    06. Before You Accuse Me - Delbert McClinton
    07. Crackin' Up - The Gants
    08. Love Is Strange - The Everly Brothers
    09. Road Runner - The Zombies
    10. I'm Sorry - Los Lobos
    11. (Mona) I Need You Baby - The Iguanas
    12. Mama (Can I Go Out Tonight) - Jo Ann Campbell
    13. Beaux's Bounce - C.C. Adcock
    14. Diddley Daddy - The British Walkers
    15. I'm A Man - John Hammond
    16. You Don't Love Me (You Don't Care) - The Birds
    17. Pills - New York Dolls
    18. You Don't Love Me aka She's Fine, She's Mine - Willie Cobbs
    19. Mama Keep Your Big Mouth Shut - Dr Feelgood
    20. Cadillac (Demo) - The Downliners Sect
    21. Diddy Wah Diddy - Captain Beefheart & His Magic Band
    22. The Story Of Bo Diddley - The Animals
    23. Pretty Thing - The Pretty Things
    24. Who Do You Love? - Ronnie Hawkins & The Hawks

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 23
    Loading

    The Allen Toussaint Songbook: Rolling with the Punches

    (2012)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、アラン・トゥーサンの書いた曲を集めたものとなっている。
    ソングライティングだけではなく、シンガーやピアニスト、プロデューサーとしても有名なトゥーサンの仕事のほんの一部分かもしれない。
    アラン・トゥーサンの追悼本がシンコー・ミュージックから発売されているので、そちらも必読かもしれない。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Here Come The Girls - Ernie K-Doe
    02. Hercules - Boz Scaggs
    03. What Is Success - Bonnie Raitt
    04. Occapella - Lee Dorsey
    05. Let's Live - Aaron Neville
    06. Everything I Do Gonh Be Funky (From Now On) - Don Covay
    07. Ride Your Pony - The Meters
    08. Soul Sister - Allen Toussaint
    09. Working In The Coal Mine - The Judds
    10. Get Out Of My Life Woman - Solomon Burke
    11. Sweet Touch Of Love - Irma Thomas
    12. Shoo-Rah - Frankie Miller
    13. Yes We Can Can - The Pointer Sisters
    14. Fortune Teller - Benny Spellman
    15. Freedom For The Stallion - Bill Medley
    16. Sneakin' Sally Thru' The Alley - Robert Palmer
    17. Whoever's Thrilling You (Is Killing Me) - Z.Z Hill
    18. Brickyard Blues (Play Somethin' Sweet) - Maria Muldaur
    19. What Do You Want The Girl To Do - Lowell George
    20. I'll Be Rolling (With The Punches) - Millie Jackson
    21. Tampin' - The Rhine Oaks
    22. A Certain Girl - Warren Zevon
    23. Holy Cow - Lee Dorsey
    24. Southern Nights - Glen Campbell

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 24
    Loading

    The Songs of Chuck Berry: Rock & Roll Music

    (2017)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、チャック・ベリーの書いた曲を集めたものとなっている。
    黒人と白人という人種の壁を取り払ったミュージシャンの1人で、ベリーの作った音楽は多くの人を魅了し、多くのカヴァーが生まれている。ここに収録されている曲はその一部に過ぎないが、王道からレアな曲が選曲されている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    残念なことに、2017年3月18日にお亡くなりになりました…哀悼。

    《songlist》
    01. Roll Over Beethoven - Helene Dixon
    02. Around And Around - The Swinging Blue Jeans
    03. Down Bound Train - Ken Colyer's Skiffle Group
    04. Maybellene - Marty Robbins
    05. Come On - Ian Gomm
    06. Memphis - Don Covay
    07. Oh Baby Doll - The Pretty Things
    08. Nadine - The Bunch
    09. Little Queenie - Jerry Lee Lewis
    10. I'm Talking About You - The Remains
    11. Brown-Eyed Handsome Man - Buddy Holly
    12. Johnny B. Goode - Jay & The Americans
    13. Sweet Little Sixteen - The Hollies
    14. Too Much Monkey Business - Elvis Presley
    15. Almost Grown - Syndicate Of Sound
    16. No Money Down - John Hammond
    17. Beautiful Delilah - The Count Bishops
    18. Havana Moon - Carlos Santana (Vocal: Booker T)
    19. Back In The USA - MC5
    20. You Can't Catch Me - Sleepy La Beef
    21. Rock And Roll Music - The Beach Boys
    22. You Never Can Tell - John Prine
    23. Run Run Rudolph - Dwight Yoakam
    24. The Promised Land - Dave Edmunds

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 25
    Loading

    The Songs Of Don Covay: Have Mercy!

    (2012)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、ドン・コヴェイの書いた曲を集めたものとなっている。
    シンガーとしてのイメージが強いが、作曲家として多くの曲を作っている。その作風は幅広く、ヴァラエティーにとんだ曲が並んでいるのがいい。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Three Time Loser - Wilson Pickett
    02. Chain Of Fools - Aretha Franklin
    03. You're Good For Me - Solomon Burke
    04. This Old Town (People In This Town) - The Staple Singers
    05. I Don't Know What You've Got But It's Got Me Parts 1 & 2 - Little Richard
    06. Long Tall Shorty - The Graham Bond Organization
    07. There's A Party Goin' On - Wanda Jackson
    08. Pony Time - Chubby Checker
    09. Mercy Mercy - The Wailers
    10. Mr Twister - Connie Francis
    11. Love Bug - Lena Horne
    12. Don't Drive Me Away - Ben E King
    13. Give - Mary Ann Fisher
    14. Letter Full Of Tears - Billy Fury
    15. You Can Run (But You Can't Hide) - Jerry Butler
    16. Come See About Me - Gladys Knight & The Pips
    17. Shoes - Brook Benton With The Dixie Flyers
    18. Sookie Sookie - Tina Britt
    19. See Saw - Cliff Bennett & The Rebel Rousers
    20. Kangaroo Hop - Dee Clark
    21. A Big Fat Saturday Night - Gene Vincent
    22. Mon Cherie Au Revoir - Arlene Smith
    23. The Continental Walk - The Rollers
    24. I'm Gonna Take What He's Got - Etta James
    25. She Said Yeah - Joe Tex
    26. Watch The One Who Brings You The News - Millie Jackson

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 26
    Loading

    Words and Music by Ellie Greenwich and Jeff Barry: Do-Wah-Diddy

    (2008)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、エリー・グリニッチ&ジェフ・バリーの書いた曲を集めたものとなっている。
    ジェリー・リーバーに見出されたグリニッチはトリオ・ミュージックでスタッフ・ライターとして活動し、1962年にジェフ・バリーと結婚して2人で曲を書くことになった。
    アメリカン・ポップスの王道と言える曲は、女性ヴォーカルの歌声が似合う感じがする。グリニッチが17歳の時にデビューしていて、仮歌はグリニッチが歌っているせいかもしれない。
    ザ・ビーチボーイズで始まって、ニルソンで終わるところがいい。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. I Can Hear Music - The Beach Boys
    02. I'll Take You Where The Music's Playing - The Drifters
    03. Out In The Streets - The Shangri-Las
    04. Maybe I Know - Lesley Gore
    05. He Ain't No Angel - The Ad-Libs
    06. I Have A Boyfriend - The Chiffons
    07. Baby Be Mine - The Jelly Beans
    08. Do-Wah-Diddy - The Exciters
    09. Everybody Come Clap Your Hands - Moody & the Deltas
    10. Nobody But You - The Tokens
    11. Here She Comes - The Darlettes
    12. Hold On Baby - Sam Hawkins
    13. You Should Have Seen The Way He Looked At Me - The Dixie Cups
    14. Good Night Baby - The Butterflys
    15. I Hear You Say (I Love You) - Andy Kim
    16. Little Boy - Karen Verros
    17. I Want You For My Sweetheart - Bobby Sheen
    18. That Boy Is Messing Up My Mind - The Orchids
    19. Hanky Panky - The Summits
    20. What Have You Been Doin' - The Majors
    21. Every Little Beat - The Fleetwoods
    22. I Won't Be Me Anymore - Vic Donna
    23. True True Love - Tony Pass
    24. River Deep - Mountain High - Nilsson

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 27
    Loading

    More from the Ellie Greenwich & Jeff Barry Songbook: Da Doo Ron Ron

    (2012)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、エリー・グリニッチ&ジェフ・バリーの書いた曲を集めた第2弾。
    今回の大きな特徴は、グリニッチ=バリーの名前を一躍有名にしたフィレス・レコードの音源が収録されていることだろう。
    そして、グリニッチ=バリーがザ・レインドロップスとしてリリースしたアルバムから“That Boy John”や、バリーが歌う“I'll Still Love You”、グリニッチが歌う“Goodnight, Goodnight (What's So Good About It)”が収録されている。
    2人はリーバー&ストーラーが1964年に設立したレッド・バード・レコードに引き抜かれ、最初にリリースしたシングルが“Chapel Of Love”で全米1位となった。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Baby I Love You - The Ronettes
    02. The Train From Kansas City - The Shangri-Las
    03. Look Of Love (LP version) - Lesley Gore
    04. She Hangs Out - The Monkees
    05. Not Too Young To Get Married - Bob B Soxx & The Blue Jeans
    06. I Wanna Love Him So Bad - The Jelly Beans
    07. Don't Ever Leave Me - Connie Francis
    08. Sweet Laurie, Fair Laurie - The Tokens
    09. Chapel Of Love - The Dixie Cups
    10. Wait 'Til My Bobby Gets Home - Darlene Love
    11. Why Don't They Let Us Fall In Love - Sonny & Cher
    12. I Know It's All Right - Sam Hawkins
    13. Da Doo Ron Ron (When He Walked Me Home) - The Crystals
    14. I Wonder - The Butterflys
    15. That Boy John - The Raindrops
    16. When The Boy's Happy (The Girl's Happy Too) - The Four Pennies
    17. Give Us Your Blessing - Ray Peterson
    18. This Is It - Jay & The Americans
    19. Every Boy And Every Girl - The Chiffons
    20. All Grown Up - The Exciters
    21. That's All I Ever Want From You Baby - Manfred Mann With Paul Jones
    22. I Got To Go Back (And Watch That Little Girl Dance) - The McCoys
    23. I'll Still Love You - Jeff Barry
    24. Goodnight, Goodnight (What's So Good About It) - Ellie Greenwich

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 28
    Loading

    Sweet Things from the Ellie Greenwich & Jeff Barry Songbook

    (2015)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、エリー・グリニッチ&ジェフ・バリーの書いた曲を集めた第3弾。
    1965年にグリニッチとバリーは離婚してしまった。離婚後もプロデュースやソングライターとして活動していくが、やはり輝いていたのは約3年間の短い期間だったと思う。そこで作られた曲は、時代を超えて聴き継がれていく曲だろう。
    今回は、かなり苦戦した感じの選曲で、エース・レコードとしては珍しく同じミュージシャンが複数の曲を歌っている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Why Do Lovers Break Each Other's Heart? - Bob B Soxx & The Blue Jeans
    02. He's Got The Power - The Exciters
    03. Friday - Jay & The Americans
    04. (Today I Met) The Boy I'm Gonna Marry - Darlene Love
    05. Then He Kissed Me - The Crystals
    06. Dance Marie - Vic Donna
    07. Another Boy Like Mine - The Raindrops
    08. Little Bell - The Dixie Cups
    09. Whisper Sweet Things - The Jelly Beans
    10. Leader Of The Pack - The Shangri-Las
    11. Gee Baby Gee - The Butterflys
    12. What's A Girl Supposed To Do - Lesley Gore
    13. Heaven Only Knows - The Shangri-Las
    14. You Don't Know - Ellie Greenwich
    15. Our Love Can Still Be Saved - Jeff Barry
    16. I'm Nobody's Baby Now - Reparata & The Delrons
    17. I Wish I Never Saw The Sunshine - The Ronettes
    18. Spring Fever - Tony Pass
    19. Honey Do - The Strangeloves
    20. Am I Grooving You - Freddie Scott
    21. Sugar, Sugar - Wilson Pickett
    22. What Good Is I Love You - Dusty Springfield
    23. Be My Baby - Andy Kim
    24. Baby, Let's Stick Together - The Paley Brothers

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 29
    Loading

    Words And Music By Barry Mann And Cynthia Weil: Glitter And Gold

    (2009)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、バリー・マン&シンシア・ワイルの書いた曲を集めたものとなっている。
    アルドン・ミュージックで働いている時に知り合ったマンとワイルが生み出したヒット曲や素敵なメロディーを収録している。この2人書いた曲のキラキラ感が大好きである。
    “The Bossa Nova (My Heart Said)”はリーバー&ストーラーとマン&ワイルの共作となっている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. It's Getting Better - Mama Cass
    02. Kicks - Del Shannon
    03. The Bossa Nova (My Heart Said) - Tippie & the Clovers
    04. I'd Be So Good For You - Joanie Sommers
    05. I'm Gonna Be Strong - Gene Pitney
    06. Where Have You Been (All My Life) - Arthur Alexander
    07. Hungry - Paul Revere & the Raiders
    08. Please Don't Wake Me - The Cinderellas
    09. It's A Happening World - The Tokens
    10. Chico's Girl - The Girls
    11. I Just Can't Help Believing - BJ Thomas
    12. Brown Eyed Woman - Bill Medley
    13. Girl, It's Alright Now - Bruce & Terry
    14. Glitter And Gold - The Turtles
    15. In The Park - The Drifters
    16. Find Another Fool - The Marcels
    17. Remember Me Baby - The Chiffons
    18. Magic Town - The Vogues
    19. That's The Boy - Donna Loren
    20. The Coldest Night Of The Year - Nino Tempo & April Stevens
    21. Where Do I Belong - Calvin Grayson
    22. Let Me Walk With You - The 2 Of Clubs
    23. She Is Today - Bergen White
    24. It's Not Easy - The Sweet Inspirations
    25. See That Girl - The Righteous Brothers
    26. Make The Woman Love Me - Dion

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 30
    Loading

    The Songs of Barry Mann & Cynthia Weil: Born to Be Together

    (2013)
    イギリスのエース・レコードからリリースされたソングライターに焦点を当てた企画アルバムで、バリー・マン&シンシア・ワイルの書いた曲を集めた第2弾。
    今回は、メロウな感じの曲やブルージーな感じの曲が曲が集められているようだ。“You've Lost That Lovin' Feelin'”や、“We've Gotta Get Out Of This Place”が収録されている。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Born To Be Together - The Ronettes featuring Veronica
    02. Angelica - Scott Walker
    03. Looking Through The Eyes Of Love - Gene Pitney
    04. You've Lost That Lovin' Feelin' - The Righteous Brothers
    05. I'm Satisfied (The Duffy Theme) - Lou Rawls
    06. You Baby - Len Barry
    07. Saturday Night At The Movies - The Drifters
    08. Bless You - Tony Orlando
    09. On Broadway - Clyde McPhatter
    10. Proud - Johnny Crawford
    11. Uptown - The Crystals
    12. We'll Love Again - Ruby & The Romantics
    13. Love Him - Doris Day
    14. Good, Good Lovin' - Bobby Hebb
    15. I Wanna Make You Happy - Dusty Springfield
    16. The Girl Who Sang The Blues - The Everly Brothers
    17. We've Gotta Get Out Of This Place - The Animals
    18. Shape Of Things To Come - Slade
    19. Love Is Only Sleeping - The Monkees
    20. New World Coming - Mama Cass Elliot
    21. Rock And Roll Lullaby - B.J. Thomas
    22. Something Better - Marianne Faithfull
    23. Just A Little Lovin' (Early In The Mornin') - Carmen McRae with The Dixie Flyers
    24. Make Your Own Kind Of Music - The Happenings
    25. This Is A Love Song - Bill Medley

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0