みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

Neil Young the Archives Series

2006年からリリースされている、ニール・ヤングのアーカイヴ・シリーズのアルバム群。 元々はボックス・セットでリリースされ、いつの間にかバラでのリリースとなった。 休みなく続いているヤングのライヴのパフォーマンスが楽しめる内容となっている。

  • Loading

    Neil Young / Neil Young Archives - Vol. 1 (1963-1972)

  • Loading

    Volume 00: Sugar Mountain - Live at Canterbury House 1968

  • Loading

    Neil Young Archives / Early Years: 1963-1968

  • Loading

    Neil Young Archives / Topanga 1: 1968-1969

  • Loading

    Volume 01: Live at the Riverboat 1969

  • Loading

    Neil Young Archives / Topanga 2: 1969-1970

  • Loading

    Volume 02: Live at the Fillmore East 1970

  • Loading

    Neil Young Archives / Topanga 3: 1970

  • Loading

    Volume 2.5: Live at the Cellar Door

  • Loading

    Volume 03: Live at Massey Hall 1971

  • Loading

    Neil Young Archives / North Country: 1971-1972

  • Loading

    Volume 04: Tuscaloosa

  • Loading

    Volume 05: Roxy: Tonight's the Night Live

  • Loading

    Volume 07: Songs for Judy

  • Loading

    Volume 09: A Treasure

  • Loading

    Volume 11: Bluenote Café

  • Loading

    Volume 12: Dreamin' Man Live '92

  • Loading

    Special Release Series Volume 05: Hitchhiker

  • Loading

    Special Release Series Volume 10: Neil Young Promise of the Real / Paradox [Original Music from the Film]

  • 1
    Loading

    Neil Young / Neil Young Archives - Vol. 1 (1963-1972)

    (2009)
    ニール・ヤングのキャリアを総括するボックス・セットとしてリリースされ、今回は1963〜72年までが収録されている。
    このボックスはCD、DVD、Blu-rayの3種類のフォーマットでリリースされた。
    年代別にテーマを付けて8つのディスクに収録されている。
    ヤングのファンでも躊躇したので、CDのボックスしか買っていない。以下はCDボックスのディスクのタイトルになります。

    Disc: 1 Early Years: 1963-1968
    Disc: 2 Topanga 1: 1968-1969
    Disc: 3 Live At The Riverboat: Toronto 1969
    Disc: 4 Topanga 2: 1969-1970
    Disc: 5 Live At The Fillmore East: New York 1970
    Disc: 6 Topanga 3: 1970
    Disc: 7 Live At Massey Hall: Toronto 1971
    Disc: 8 North Country: 1971-1972

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 2
    Loading

    Volume 00: Sugar Mountain - Live at Canterbury House 1968

    (2008)
    ニール・ヤングの“アーカイヴ・シリーズ”の第3弾としてリリースされたライヴ・アルバム。ヤングのプロデュース。
    1968年11月9、10日にミシガン州のカンタベリー・ハウスで行われたライヴから抜粋され、演奏順とは違う並びになっている。このライヴではヤングのアコースティック・ギターによる弾き語りとなっている。
    バファロー・スプリングフィールドを抜けて、ソロ・ミュージシャンとしての初めてのライヴ活動の音源なので、貴重なものかもしれない。バファロー・スプリングフィールド時代の曲や1stアルバムの曲が演奏されている。
    その中で、“If I Could Have Her Tonight”はこのアルバムでしか聴くことが出来ない、初めて陽の目を見た曲。ライヴでも11月9日に演奏されただけで、後は2016年6月に4回演奏されたホントに貴重な曲だと思える。
    聴いておきたいヤングのライヴ・アルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Emcee Intro.
    02. On The Way Home
    03. Songwriting Rap
    04. Mr. Soul
    05. Recording Rap
    06. Expecting To Fly
    07. The Last Trip To Tulsa
    08. Bookstore Rap
    09. The Loner
    10. "I Used To..." Rap
    11. Birds
    12. Winterlong (Excerpt) & Out Of My Mind - Intro.
    13. Out Of My Mind
    14. If I Could Have Her Tonight
    15. Classical Gas Rap
    16. Sugar Mountain - Intro.
    17. Sugar Mountain
    18. I've Been Waiting For You
    19. Songs Rap
    20. Nowadays Clancy Can't Even Sing
    21. Tuning Rap & The Old Laughing Lady - Intro.
    22. The Old Laughing Lady
    23. Broken Arrow

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 3
    Loading

    Neil Young Archives / Early Years: 1963-1968

    (Disc: 1)
    ザ・スクワイヤーズから、バファロー・スプリングフィールドまでを収録したディスク。

    《songlist》
    1-01. Aurora - The Squires
    1-02. The Sultan - The Squires
    1-03. I Wonder - The Squires
    1-04. Mustang - The Squires
    1-05. I'll Love You Forever - The Squires
    1-06. (I'm A Man And) I Can't Cry - The Squires
    1-07. Hello Lonely Woman - Neil Young & Comrie Smith
    1-08. Casting Me Away From You - Neil Young & Comrie Smith
    1-09. There Goes My Babe - Neil Young & Comrie Smith
    1-10. Sugar Mountain - Neil Young
    1-11. Nowadays Clancy Can't Even Sing - Neil Young
    1-12. Runaround Babe - Neil Young
    1-13. The Ballad Of Peggy Grover - Neil Young
    1-14. The Rent Is Always Due - Neil Young
    1-15. Extra, Extra - Neil Young
    1-16. Flying On The Ground Is Wrong - Neil Young
    1-17. Burned - Buffalo Springfield
    1-18. Out Of My Mind - Buffalo Springfield
    1-19. Down, Down, Down - Neil Young
    1-20. Kahuna Sunset - Buffalo Springfield
    1-21. Mr. Soul - Buffalo Springfield
    1-22. Sell Out - Buffalo Springfield
    1-23. Down To The Wire - Neil Young
    1-24. Expecting To Fly - Buffalo Springfield
    1-25. Slowly Burning - Neil Young
    1-26. One More Sign - Neil Young
    1-27. Broken Arrow - Buffalo Springfield
    1-28. I Am A Child - Buffalo Springfield

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    Neil Young Archives / Topanga 1: 1968-1969

    (Disc: 2)
    ソロ・デビューから2ndアルバムの途中までを収録している。

    《songlist》
    2-01. Everybody Knows This Is Nowhere - Neil Young
    2-02. The Loner - Neil Young
    2-03. Birds - Neil Young
    2-04. What Did You Do To My Life? - Neil Young
    2-05. The Last Trip To Tulsa - Neil Young
    2-06. Here We Are In The Years - Neil Young
    2-07. I've Been Waiting For You - Neil Young
    2-08. The Old Laughing Lady - Neil Young
    2-09. I've Loved Her So Long - Neil Young
    2-10. Sugar Mountain - Neil Young
    2-11. Nowadays Clancy Can't Even Sing - Neil Young
    2-12. Down By The River - Neil Young & Crazy Horse
    2-13. Cowgirl In The Sand - Neil Young & Crazy Horse
    2-14. Everybody Knows This Is Nowhere - Neil Young & Crazy Horse

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    Volume 01: Live at the Riverboat 1969

    (2009)
    ニール・ヤングの“The Archives Vol. 1 1963-1972”のボックスに収録されている、ライヴ・アルバム。ニール・ヤングのプロデュース。録音はブライアン・アハーンが行っている。
    1969年2月4〜9日にカナダのトロントにあるコーヒー・ハウスのザ・リヴァーボートで行われたライヴとなっている。
    全6公演のうち3公演のセット・リストが判明しているが、ここに収録されている曲は抜粋である。
    判明している3日間でもかなり曲順を入れ替えていて、“The 1956 Bubblegum Disaster”は2月9日の演奏と思われる。この日以降は演奏されていない貴重な曲のひとつ。
    2ndアルバムのリリース直前なだけに、“Down By The River”や“Down By The River”を演奏しているのだが、残念なことに収録されていない。
    このシリーズはヤングマニアのためにあるのだろうが、ライヴ盤だけは単体でリリースして欲しい気がする。ボックスだけの収録がかなり残念だ。

    《songlist》
    01, Emcee (Intro) / Sugar Mountain (Intro)
    02. Sugar Mountain
    03. Incredible Doctor Rap
    04. The Old Laughing Lady
    05. Audience Observation / Dope Song / Band Names Rap
    06. Flying On The Ground Is Wrong
    07. On The Way Home (Intro)
    08. On The Way Home
    09. Set Break / Emcee (Intro)
    10. I've Loved Her So Long
    11. Allen A-Dale Rap
    12. I Am A Child
    13. 1956 Bubblegum Disaster
    14. The Last Trip To Tulsa
    15. Words Rap
    16. Broken Arrow
    17. Turn Down Te Lights Rap
    18. Whiskey Boot Hill
    19. Expecting To Fly (Intro)
    20. Expecting To Fly

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 6
    Loading

    Neil Young Archives / Topanga 2: 1969-1970

    (Disc: 4)
    2ndアルバムからCSN&Yまでを収録している。

    《songlist》
    4-01. Cinnamon Girl - Neil Young & Crazy Horse
    4-02. Running Dry (Requiem For The Rockets) - Neil Young & Crazy Horse
    4-03. Round And Round (It Won't Be Long) - Neil Young & Crazy Horse
    4-04. Oh Lonesome Me - Neil Young & Crazy Horse
    4-05. Birds - Neil Young & Crazy Horse
    4-06. Everybody's Alone - Neil Young & Crazy Horse
    4-07. I Believe In You - Neil Young & Crazy Horse
    4-08. Sea Of Madness - Crosby, Stills, Nash & Young
    4-09. Dance Dance Dance - Neil Young & Crazy Horse
    4-10. Country Girl - Crosby, Stills, Nash & Young
    4-11. Helpless - Crosby, Stills, Nash & Young
    4-12. It Might Have Been - Neil Young & Crazy Horse

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 7
    Loading

    Volume 02: Live at the Fillmore East 1970

    (2006)
    ニール・ヤングの“アーカイヴ・シリーズ”の第1弾としてリリースされたライヴ・アルバム。L. A. ジョンソンとポール・ロスチャイルドのプロデュース。
    1970年3月6、7日にフィルモア・イーストで行われた4公演から、エレクトリック・セットの曲が収録されている。(エレクトリック・セットは、4公演とも同じ曲が演奏されている。)
    バックはオリジナルのクレイジー・ホースに、エレクトリック・ピアノでジャック・ニッチェが参加している。
    10分を超える“Down by the River”と“Cowgirl in the Sand”は鬼気迫る圧巻の演奏と言えるものとなっている。
    故ダニー・ウィットンがヴォーカルを取る“Come on Baby Let's Go Downtown”がいい。
    “Winterlong”は、あまり語られないヤングの美しいメロディー・ラインの曲。
    聴いておきたいヤングのライヴ・アルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Everybody Knows This Is Nowhere
    02. Winterlong
    03. Down By The River
    04. Wonderin'
    05. Come On Baby Let's Go Downtown
    06. Cowgirl In The Sand

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 8
    Loading

    Neil Young Archives / Topanga 3: 1970

    (Disc: 6)
    ジャケからもわかるようにアルバム“After The Gold Rush”を中心に収録されている。

    《songlist》
    6-01. Tell Me Why - Neil Young
    6-02. After The Gold Rush - Neil Young
    6-03. Only Love Can Break Your Heart - Neil Young
    6-04. Wonderin' - Neil Young
    6-05. Don't Let It Bring You Down - Neil Young
    6-06. Cripple Creek Ferry - Neil Young
    6-07. Southern Man - Neil Young
    6-08. Till The Morning Comes - Neil Young
    6-09. When You Dance, I Can Really Love - Neil Young & Crazy Horse
    6-10. Ohio - Crosby, Stills, Nash & Young
    6-11. Only Love Can Break Your Heart - Crosby, Stills, Nash & Young
    6-12. Tell Me Why - Crosby, Stills, Nash & Young
    6-13. Music Is Love - David Crosby, Graham Nash & Neil Young
    6-14. See The Sky About To Rain - Neil Young

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 9
    Loading

    Volume 2.5: Live at the Cellar Door

    (2013)
    ニール・ヤングの“アーカイヴ・シリーズ”の第6弾としてリリースされたライヴ・アルバム。ヤングのプロデュース。
    シリーズの番号が2.5なので、フィルモア・イーストとマッセイ・ホールの間に位置する年代となっている。アルバムだと“After the Gold Rush”のリリース後である。
    ギターとピアノの弾き語りで構成されたライヴは、バンドでは味わえないヤングの迫力に圧倒されてしまう。その魅力に惹かれて未だに聴き続けてしまう。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Tell Me Why
    02. Only Love Can Break Your Heart
    03. After The Gold Rush
    04. Expecting To Fly
    05. Bad Fog Of Loneliness
    06. Old Man
    07. Birds
    08. Don't Let It Bring You Down
    09. See The Sky About To Rain
    10. Cinnamon Girl
    11. I Am A Child
    12. Down By The River
    13. Flying On The Ground Is Wrong

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 10
    Loading

    Volume 03: Live at Massey Hall 1971

    (2007)
    ニール・ヤングの“アーカイヴ・シリーズ”の第2弾としてリリースされたライヴ・アルバム。デヴィッド・ブリッグスとヤングのプロデュース。
    1971年1月19日、カナダのトロントにあるマッセイ・ホールで行われたライヴ全17曲を完全収録している。“After the Gold Rush”がリリースされた後だが、次のアルバム“Harvest”に収録される曲も演奏している。さらに“See the Sky About to Rain”は、その次の“On the Beach”に収録されている。
    基本はヤングのアコギとピアノの弾き語りとなっているので、繊細なヤングの歌声を楽しめる。ギタリストのイメージが強いが、そこそこ聴けるピアノもいい。
    “Journey Through the Past”は、この年の1月16日から演奏されている曲。ヤングはアルバム未発表の曲をライヴで演奏することが多いのだが、アルバムに収録されずに終わることも多い。
    聴いておきたいヤングのライヴ・アルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. On The Way Home
    02. Tell Me Why
    03. Old Man
    04. Journey Through The Past
    05. Helpless
    06. Love In Mind
    07. A Man Needs A Maid / Heart Of Gold (Suite)
    08. Cowgirl In The Sand
    09. Don't Let It Bring You Down
    10. There's A World
    11. Bad Fog Of Loneliness
    12. The Needle And The Damage Done
    13. Ohio
    14. See The Sky About To Rain
    15. Down By The River
    16. Dance Dance Dance
    17. I Am A Child

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 11
    Loading

    Neil Young Archives / North Country: 1971-1972

    (Disc:8)
    アルバム“Harvest”に収録された曲を中心に並んでいる。

    《songlist》
    8-01. Heart Of Gold - Neil Young
    8-02. The Needle And The Damage Done - Neil Young
    8-03. Bad Fog Of Loneliness - Neil Young & The Stray Gators
    8-04. Old Man - Neil Young & The Stray Gators
    8-05. Heart Of Gold - Neil Young & The Stray Gators
    8-06. Dance Dance Dance - Neil Young
    8-07. A Man Needs A Maid - Neil Young
    8-08. Harvest - Neil Young & The Stray Gators
    8-09. Journey Through The Past - Neil Young & The Stray Gators
    8-10. Are You Ready For The Country? - Neil Young & The Stray Gators
    8-11. Alabama - Neil Young & The Stray Gators
    8-12. Words (Between The Lines Of Age) - Neil Young & The Stray Gators
    8-13. Soldier - Neil Young
    8-14. War Song - Neil Young & Graham Nash

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    Volume 04: Tuscaloosa

    (2019)
    1973年2月5日に米アラバマ州タスカルーサ市にあるアラバマ大学でのライヴを収録している。ニール・ヤングとエリオット・メイザーのプロデュース。
    バンドは前年にリリースされたアルバム“Harvest”のレコーディングに携わった、ティム・ドラモンド(b)、ケニー・バタレー(ds)、ジャック・ニッチェ(p)、そしてベン・キース(steel guitar)からなるストレイ・ゲイターズでのライヴとなっている。
    このライヴでは“Here We Are In The Years”がギター、“After The Gold Rush”がピアノでの弾き語りで始まっている。“Here We Are In The Years”は1973年のツアーで多く演奏されたが、その後は5回しか演奏されていないかなりレアな曲かもしれない。
    ちょっと残念なのはこのツアーでは1回の公演で15曲以上は演奏しているので、このアルバムに収録されているのは完全盤ではないことだ。まぁ、この音源が残っていてこうして聴くことが出来るだけでありがたいのだが…。
    聴いておきたいニール・ヤングのライヴ・アルバムのひとつ。

    《songlist》
    ☆On the Way Home
    01. Here We Are in the Years
    02. After the Gold Rush
    03. Out on the Weekend
    04. Harvest
    05. Old Man
    06. Heart of Gold
    ☆ The Loner
    07. Time Fades Away
    08. Lookout Joe
    09. New Mama
    10. Alabama
    11. Don't Be Denied
    ☆ Cinnamon Girl
    ☆ Southern Man
    ☆ Are You Ready for the Country?
    ☆Last Dance
    (実際のライヴの曲順となります。☆は未収録曲となっています。)

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/15

    • 1
    • 0
  • 13
    Loading

    Volume 05: Roxy: Tonight's the Night Live

    (2018)
    1973年9月20〜22日にロキシー・シアターのこけら落としで行われたライヴを収録している。ニール・ヤングとデヴィッド・ブリッグスのプロデュース。
    アルバム“Tonight's the Night”の録音の後に行なわれたライヴなので、アルバム以上に鬼気迫る演奏かもしれない。
    ラルフ・モリーナ(ds)、ビリー・タルボット(b)、ニルス・ロフグレン(g,p)、ベン・キース(g)のサンタモニカ・フライヤーズを従えている。(2018年5月1日に“Neil Young & Crazy Horse”として、亡くなったベン・キース以外の3人でライヴを行なった。)
    ブートレッグではお馴染みの音源だが、こうしてオフィシャル音源としてのリリースはありがたいものだ。ブートレッグはなんとなく後ろめたいものがあり、一部の人だけの感じがある。しかし、こうしてオフィシャルとしてリリースされれば、もっと大きな広がりになるんじゃないかと思える…。難しいかもしれないが…。
    聴いておきたいニール・ヤングのライヴ・アルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Intro
    02. Tonight's The Night
    03. Roll Out The Barrel
    04. Mellow My Mind
    05. World On A String
    06. Band Intro
    07. Speakin' Out
    08. Candy Bar Rap
    09. Albuquerque
    10. Perry Como Rap
    11. New Mama
    12. David Geffen Rap
    13. Roll Another Number (For The Road)
    14. Candy Bar 2 Rap
    15. Tired Eyes
    16. Tonight's The Night - Part II
    17. Walk On
    18. Outro

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 1
    • 1
  • 14
    Loading

    Volume 07: Songs for Judy

    (2018)
    ニール・ヤングの“アーカイヴ・シリーズ”の第8弾は、ヤングのレーベル“Shakey Pictures Records”からリリースされたライヴ・アルバム。
    このアルバムでは、1976年の10月23日から始まったクレイジー・ホースとの“1976 US Tour”から、ヤングのソロ・パフォーマンスだけを収録している。このツアーは11月24日まで17日で21公演をこなしている。(11月15日、20日、22日、24日は1日で2公演をこなしている。)
    この音源は、ツアーに同行していた写真家のジョエル・バーンスタインがカセットテープに録音していたものを使用している。そして、同じくツアーに同行していたライターのキャメロン・クロウと一緒に選曲を行なっている。
    前半がアコースティック、後半がエレクトリックというスタイルは、ヤングの定番となっているが、ヤングの魅力はアコースティック・セットにあると思っている。クレイジー・ホースとの怒涛のステージは日によってテンションに差が出るが、アコースティックのステージはほぼほぼ間違いは無い。
    代表曲が並ぶ中、1stアルバムから“Here We Are In The Years”が選曲されているのはかなり嬉しかったりする。
    年末から年明けにかけてじっくり聴きこみたい‼︎
    聴いておきたいヤングのライヴ・アルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Songs For Judy Intro
    02. Too Far Gone
    03. No One Seems To Know
    04. Heart Of Gold
    05. White Line
    06. Love Is A Rose
    07. After The Gold Rush
    08. Human Highway
    09. Tell Me Why
    10. Mr. Soul
    11. Mellow My Mind
    12. Give Me Strength
    13. A Man Needs A Maid
    14. Roll Another Number
    15. Journey Through The Past
    16. Harvest
    17. Campaigner
    18. Old Laughing Lady
    19. The Losing End
    20. Here We Are In The Years
    21. The Needle And The Damage Done
    22. Pocahontas
    23. Sugar Mountain

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/15

    • 1
    • 0
  • 15
    Loading

    Volume 09: A Treasure

    (2011)
    ニール・ヤングの“アーカイヴ・シリーズ”の第5弾としてリリースされたライヴ・アルバム。ベン・キースとヤングのプロデュース。
    ジ・インターナショナル・ハーヴェスターズと1984〜85年に行ったツアーから選曲されている。内容は、ヤングと素敵な仲間たちって感じで、カントリー・タッチの楽しい演奏を聴くことが出来る。
    “Amber Jean”はオフィシャルでは、アーカイヴ・シリーズでしか聴くことが出来ない貴重な曲となっている。他にも“Let Your Fingers Do The Walking”が初物となっている。
    1985年8月10日から歌われた“Grey Riders”はシングル・カットされている。実際のセットリストでも最後に演奏されている。
    最強のバンドを従えたヤングの一面を聴ける、聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Amber Jean
    02. Are You Ready For The Country?
    03. It Might Have Been
    04. Bound For Glory
    05. Let Your Fingers Do The Walking
    06. Flying On The Ground Is Wrong
    07. Motor City
    08. Soul Of A Woman
    09. Get Back To The Country
    10. Southern Pacific
    11. Nothing Is Perfect
    12. Grey Riders

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 16
    Loading

    Volume 11: Bluenote Café

    (2015)
    ニール・ヤングの“アーカイヴ・シリーズ”の第7弾としてリリースされたライヴ・アルバム。ザ・ヴォリューム・ディラーズとジョン・ハンロンのプロデュース。
    1988年にリリースされたアルバム“This Note's For You”の前後に行なわれたライヴを収録している。残念ながら一ヶ所でのライヴでは無く、11公演の中から選曲されている。
    2枚組のフル・ヴォリュームとなっていて、最初から日を追って演奏が収録されているので、進めば進むほど演奏のキレが増している感じがする。
    ブルージーで、ジャージーなヤングを聴くことが出来る内容となっている。分厚いホーン・セクションがたまらなく良い。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    Disc: 1
    01. Welcome To The Big Room
    02. Don't Take Your Love Away From Me
    03. This Note's For You
    04. Ten Men Working
    05. Life In The City
    06. Hello Lonely Woman
    07. Soul Of A Woman
    08. Married Man
    09. Bad News Comes To Town
    10. Ain't It The Truth
    11. One Thing
    12. Twilight
    Disc:2
    01. I'm Going
    02. Ordinary People
    03. Crime In The City
    04. Crime Of The Heart
    05. Welcome Rap
    06. Doghouse
    07. Fool For Your Love
    08. Encore Rap
    09. On The Way Home
    10. Sunny Inside
    11. Tonight's The Night

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 17
    Loading

    Volume 12: Dreamin' Man Live '92

    (2009)
    ニール・ヤングの“アーカイヴ・シリーズ”の第4弾としてリリースされたライヴ・アルバム。ジョン・ハンロンとヤングのプロデュース。
    1992年に行われたソロ・ツアーで演奏されたアルバム“Harvest Moon”の曲を収録している。残念ながらアルバムの曲順では無く、演奏された日で並べられている。
    演奏も音質もかなり良く、ヤングの歌声、ハーモニカ、アコースティック・ギターの音色がダイレクトに響いてくる感じがする。“Harvest Moon”はヤングのアルバムの中で、ホントに美しいメロディーが溢れているのでソロでの演奏はココロに染みる。
    “Natural Beauty”はアルバムでもライヴ録音だったが、シンプルなこっちの方がいいかも。
    聴いておきたいヤングのライヴ・アルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Dreamin' Man
    02. Such A Woman
    03. One Of These Days
    04. Harvest Moon
    05. You And Me
    06. Hank To Hendrix
    07. Unknown Legend
    08. Old King
    09. Natural Beauty
    10. War Of Man

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 18
    Loading

    Special Release Series Volume 05: Hitchhiker

    (2017)
    ニール・ヤングのスペシャル・リリース・シリーズの第1弾としてリリースされたのは、1976年に録音された未発表アルバム。当時のプロデューサーはデヴィッド・ブリッグスで、今回のリリースにあたりジョン・ハンロンがポスト・プロデューサーとなっている。
    このアルバムは、1976年8月11日にカリフォルニア州マリブのインディゴ・ランチ・スタジオで録音され、ヤングの弾き語りとなっている。
    “Hawaii”と“Give Me Strength”は、このアルバムで初登場となっている。残りの曲は1977~80年のアルバムに収録されていて、タイトル曲の“Hitchhiker”は2010年のアルバム“Le Noise”に収録されていた。
    “Powderfinger”や“Human Highway”、“The Old Country Waltz”は、バンドで再録音されているので弾き語りとの違いが楽しめる。
    毎年必ず何かを発表しているヤングだが、新譜も聴きたい気がする…。
    聴いておきたいアルバムのひとつ。

    《songlist》
    01. Pocahontas
    02. Powderfinger
    03. Captain Kennedy
    04. Hawaii
    05. Give Me Strength
    06. Ride My Llama
    07. Hitchhiker (Like An Inca #1)
    08. Campaigner
    09. Human Highway
    10. The Old Country Waltz

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 19
    Loading

    Special Release Series Volume 10: Neil Young Promise of the Real / Paradox [Original Music from the Film]

    (2018)
    ダリル・ハンナが脚本・監督し、ニール・ヤングとプロミス・オブ・ザ・リアルのルーカスとミカが出演している映画“Paradox”のサウンドトラック。ヤングとジョン・ハンロンのプロデュース。
    “Show Me”は2016年のアルバム“Peace Trail”に収録されていた曲で、ジム・ケルトナー(ds)、ポール・ブシュネルとの録音。
    “Angel Flying Too Close To The Ground”はウィリー・ネルソンのカヴァーでルーカスとミカがヴォーカルを取っている。
    個人的には10分を超えるライヴ録音の“Cowgirl Jam”の全てがいい。ホントの曲名の“Cowgirl In The Sand”では無い所が憎い。ライヴで数多く演奏している曲のひとつだが、その日のコンディションによって演奏が違っている。この日のこの演奏もまたいい…。
    ジミー・リードの“Baby What You Want Me To Do?”は1996年のアルバム“Broken Arrow”でライヴ演奏していたが、ここではプロミス・オブ・ザ・リアルとブルージーな演奏を行なっている。
    このアルバムもヤングのアーカイヴスの“スペシャル・リリース・シリーズ”のVol. 10としてリリースされている。
    見ておきたい映画かもしれない…。

    《songlist》
    01. Many Moons Ago In The Future
    02. Show Me
    03. Paradox Passage I
    04. Hey
    05. Paradox Passage 2
    06. Diggin' In The Dirt - Chorus
    07. Paradox Passage 3
    08. Peace Trail
    09. Pocahontas
    10. Cowgirl Jam
    11. Angel Flying Too Close To The Ground
    12. Paradox Passage 4
    13. Diggin' In The Dirt
    14. Paradox Passage 5
    15. Running To The Silver Eagle
    16. Baby What You Want Me To Do?
    17. Paradox Passage 6
    18. Offerings
    19. How Long?
    20. Happy Together
    21. Tumbleweed

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/8

    • 1
    • 0