みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

SHINCHO ART LIBRARY

新潮美術文庫

  • Loading

    RENOIR

  • Loading

    CEZANNE

  • Loading

    Van GOGH

  • Loading

    GAUGUIN

  • Loading

    TOULOUSE-LAUTREC

  • Loading

    SEURAT

  • Loading

    ROUSSEAU

  • Loading

    REDON

  • Loading

    KLIMT

  • Loading

    MATISSE

  • Loading

    ROUAULT

  • Loading

    PICASSO

  • Loading

    BRAQUE

  • Loading

    LEGER

  • Loading

    MODIGLIANI

  • Loading

    UTRILLO

  • Loading

    CHAGALL

  • Loading

    MIRO

  • Loading

    DUCHAMP

  • Loading

    KLEE

  • 1
    Loading

    RENOIR

    新潮美術文庫 27 ルノワール
    1974年5月25日発行

    ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir 1841年2月25日 - 1919年12月3日)は、フランスの印象派の画家。後期から作風に変化が現れ始めたので、ポスト印象派の画家の一人として挙げられることもあります。
    代表作:「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」、「舟遊びをする人々の昼食」

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/2

    • 1
    • 0
  • 2
    Loading

    CEZANNE

    新潮美術文庫 28 セザンヌ
    1974年5月25日発行

    ポール・セザンヌ(Paul Cézanne, 1839年1月19日 - 1906年10月23日)は、フランスの画家。当初はモネやルノワールらとともに印象派として活動していましたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求しました。ポスト印象派の画家として紹介されることが多く、キュビスムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、しばしば「近代絵画の父」として言及されます。
    代表作:「カード遊びをする人々」、「大水浴図」、「サント・ヴィクトワール山」

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/3

    • 1
    • 0
  • 3
    Loading

    Van GOGH

    新潮美術文庫 29 ゴッホ
    1974年6月25日発行

    フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日 - 1890年7月29日)は、オランダのポスト印象派の画家。
    主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代(1888年 - 1889年5月)とサン=レミでの療養時代(1889年5月 - 1890年5月)に制作されました。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家。フォーヴィスムやドイツ表現主義など、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼしました。
    代表作:「ジャガイモを食べる人々」、「ひまわり」、「糸杉と星の見える道」、「星月夜」、「カラスのいる麦畑」

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/4

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    GAUGUIN

    新潮美術文庫 30 ゴーギャン
    1974年6月25日発行

    ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin 1848年6月7日 - 1903年5月8日)は、フランスのポスト印象派の画家。
    セザンヌに「中国の切り絵」と批評されるなど、同時代の画家たちからの受けはよくありませんでしたが、没後西洋と西洋絵画に深い問いを投げかけたゴーギャンの孤高の作品群は、次第に名声と尊敬を獲得していきました。
    イギリスの作家サマセット・モームの代表作「月と六ペンス」の主人公の画家のモデルでした。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/5

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    TOULOUSE-LAUTREC

    新潮美術文庫 31 ロートレック
    1975年4月25日発行

    アンリ・マリー・レイモン・ド・トゥールーズ=ロートレック=モンファ(Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa、1864年11月24日 - 1901年9月9日)は、フランスのポスト印象派、アール・ヌーヴォーの画家。
    作品には「ムーラン・ルージュ」などのポスターの名作も多く、ポスターを芸術の域にまで高めた功績でも美術史上に特筆されるべき画家。ポスターやリトグラフは日本美術から強い影響を受けており、自身のイニシャルを漢字のようにアレンジしたサインも用いていました。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/9

    • 1
    • 0
  • 6
    Loading

    SEURAT

    新潮美術文庫 32 スーラ
    1974年9月25日発行

    ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat 1859年12月2日 - 1891年3月29日)は、新印象派に分類される19世紀のフランスの画家。
    印象派の画家たちの用いた「筆触分割」の技法をさらに押し進め、光学的理論を取り入れた結果、点描という技法にたどりつきました。
    代表作:グランド・ジャット島の日曜日の午後、アニエールの水浴、サーカス、ポーズする女(正面)、ポール・アン・ベッサンの外港、シャユ踊り、アンサンブル(サーカスの客寄せ)、村へ

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/10

    • 1
    • 0
  • 7
    Loading

    ROUSSEAU

    新潮美術文庫 33 ルソー
    1975年3月25日発行

    アンリ・ジュリアン・フェリックス・ルソー(Henri Julien Félix Rousseau、1844年5月21日 - 1910年9月2日)は、19世紀~20世紀フランスの素朴派の画家。
    20数年間、パリ市の税関の職員を務め、仕事の余暇に絵を描いていた「日曜画家」であったことから「ル・ドゥアニエ」(税関吏)の通称で知られていますが、代表作の大部分は税関を退職した後の50歳代に描かれています。
    代表作:肖像=風景、戦争、眠るジプシー女、蛇使いの女、ジュニエ爺さんの二輪馬車

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/11

    • 1
    • 0
  • 8
    Loading

    REDON

    新潮美術文庫 36 ルドン
    1975年9月25日発行

    オディロン・ルドン(Odilon Redon、1840年4月20日 - 1916年7月6日)は、19世紀後期から20世紀初期にかけて活動したフランス人画家。本名 Bertrand-Jean Redon(ベルトラン=ジャン・ルドン)。
    印象派の画家たちと同世代ですが、その作風やテーマは大きく異なり、もっぱら幻想の世界を描き続けました。
    代表作:眼=気球、自画像、蜘蛛、閉じた眼、シタ、キュクロプス、丸い光の中の子供、、オフィーリア、仏陀、オルフェウスの死、ペガサスに乗るミューズ、トルコ石色の花瓶の花

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/12

    • 1
    • 0
  • 9
    Loading

    KLIMT

    新潮美術文庫 37 クリムト
    1975年12月25日発行

    グスタフ・クリムト(Gustav Klimt, 1862年7月14日 - 1918年2月6日)は、世紀末ウィーンを代表する帝政オーストリアの画家。
    赤裸々で官能的なテーマを描くクリムトの作品は、甘美で妖艶なエロスと同時に、常に死の香りが感じられます。また、「接吻」に代表される、いわゆる「黄金の時代」の作品には金箔が多用され、絢爛な雰囲気を醸し出しています。
    同時代の多くの芸術家同様、日本や東アジアの文化の影響を強く受けており、特に浮世絵や琳派の影響は、クリムトの諸作品の基調あるいは細部の随所に顕著に見て取れます。
    代表作:「ユディトI」、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」、「接吻」、「ダナエ」

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/15

    • 1
    • 0
  • 10
    Loading

    MATISSE

    新潮美術文庫 39 マティス
    1976年7月25日発行

    アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年12月31日 - 1954年11月3日)は、フランスの画家。フォーヴィスム(野獣派)のリーダー的存在であり、野獣派の活動が短期間で終わった後も20世紀を代表する芸術家の一人として活動を続けました。自然をこよなく愛し「色彩の魔術師」と言われました。彫刻や版画も手がけています。
    代表作:「ダンスI」、「ダンスII」、「音楽」、「大きな赤い室内」

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/16

    • 1
    • 0
  • 11
    Loading

    ROUAULT

    新潮美術文庫 40 ルオー
    1976年7月25日発行

    ジョルジュ・ルオー(Georges Rouault, 1871年5月27日 - 1958年2月13日)は、野獣派に分類される19世紀~20世紀期のフランスの画家。
    パリの美術学校でマティスらと同期だったこともあり、フォーヴィスムの画家に分類されますが、ルオー本人は画壇や流派とは一線を画し、ひたすら自己の芸術を追求した孤高の画家でした。
    代表作:キリストの顔、郊外のキリスト、エバイ(びっくりした男)

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/17

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    PICASSO

    新潮美術文庫 42 ピカソ
    1975年1月25日発行

    パブロ・ピカソ(Pablo Picasso, 1881年10月25日 - 1973年4月8日)は、スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。
    ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られています。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な芸術家であると「ギネスブック」に記されています。
    ピカソは作風がめまぐるしく変化した画家として有名であり、それぞれの時期が「◯◯の時代」と呼ばれています。
    青の時代(1901年~1904年)
    ばら色の時代(1904年~1907年)
    アフリカ彫刻の時代(1907年~1908年)
    セザンヌ的キュビスムの時代(1909年)
    分析的キュビスムの時代(1909年~1912年)
    総合的キュビスムの時代(1912年~1918年)
    新古典主義の時代(1918年~1925年)
    シュルレアリスム(超現実主義)の時代(1925年~1936年)
    ゲルニカの時代(1937年)
    晩年の時代(1968年~1973年)
    代表作:「人生」、「サルタンバンクの一家」、「アビニヨンの娘たち」、「ダニエル=ヘンリー・カーンワイラーの肖像」、「鏡の前の少女」、「夢」、「ゲルニカ」、「泣く女」

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/18

    • 1
    • 0
  • 13
    Loading

    BRAQUE

    新潮美術文庫 43 ブラック
    1975年10月25日発行

    ジョルジュ・ブラック(Georges Braque, 1882年5月13日 - 1963年8月31日)は、フランスの画家。パブロ・ピカソと共にキュビスムの創始者のひとり。第一次世界大戦を挟んで画風は一変しますが、生涯に渡って絵を書き続けた画家です。
    代表作:「レスタックの風景」、「ポルトガル人」、「ラム酒のビン」、「果物とナイフ」、「マンドリン」、「水浴する女」、「梨」、「果物皿とグラス」

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/19

    • 1
    • 0
  • 14
    Loading

    LEGER

    新潮美術文庫 44 レジェ
    1976年2月25日発行

    フェルナン・レジェ(Fernand Léger, 1881年2月4日-1955年8月17日)は、20世紀前半に活動したフランスの画家。ピカソ、ブラックらとともにキュビスムの画家と見なされますが、後にキュビスムの作風から離れ、太い輪郭線と単純なフォルム、明快な色彩を特色とする独自の様式を築きました。絵画以外にも版画、陶器、舞台装置、映画など幅広い分野において作品を残しました。
    代表作:「青衣の女」、「トランプ遊び」、「三人の女性」、「余暇─ルイ・ダヴィッド讃」、「大パレード」

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/22

    • 1
    • 0
  • 15
    Loading

    MODIGLIANI

    新潮美術文庫 45 モディリアーニ
    1974年5月25日発行

    アメデオ・クレメンテ・モディリアーニ(Amedeo Clemente Modigliani、1884年7月12日 - 1920年1月24日)は、イタリアの画家、彫刻家。芸術家の集うモンパルナスで活躍し、エコール・ド・パリの画家の一人に数えられます。
    モディリアーニの絵画のほとんどは油彩の肖像と裸婦であり、顔と首が異様に長いプロポーションで目には瞳を描き込まないことが多いなど、特異な表現をとっています。
    代表作:「ジャンヌ・エビュテルヌの肖像」、「シャイム・スーティンの肖像」、「マダム・キスリングの肖像」、「青いクッションの裸婦」など

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/23

    • 1
    • 0
  • 16
    Loading

    UTRILLO

    新潮美術文庫 46 ユトリロ
    1974年7月25日発行

    モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo, 1883年12月26日 - 1955年11月5日)は、エコール・ド・パリの画家のなかでは珍しく生粋のフランス人の画家。
    作品のほとんどは、小路、教会、運河などの身近なパリの風景を描いたもの。ありふれた街の風景を描きながら、その画面は不思議な詩情と静謐さに満ちており、特に、壁などの色に用いられた独特の白が印象的。作品は、後に「白の時代」といわれる、アルコールに溺れていた初期のものの方が一般に高評価。
    代表作:「ラパン・アジル」、「コタンの袋小路」、「パリのサント=マルグリート教会」、「ラヴィニャン街の眺め」、「サン=セヴランの聖堂」、「パリ郊外」、「ノルヴァン通」

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/24

    • 1
    • 0
  • 17
    Loading

    CHAGALL

    新潮美術文庫 47 シャガール
    1975年8月25日発行

    マルク・シャガール(Marc Chagall, 1887年7月7日 - 1985年3月28日)は、20世紀のロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家。
    生涯、妻ベラ(ベラ・ローゼンフェルト)を一途に敬愛していたこと、ベラへの愛や結婚をテーマとした作品を多く製作していることから「愛の画家」と呼ばれます。
    同時代の画家や芸術運動にはシニカルな態度を示しており、特にピカソに対しては極めて辛辣な評価を下しています。 シュルレアリスムに共感を持てず、自分のことを「シュルレアリストと呼ばないで欲しい」と語っており、アポリネールは彼の作風を“シュルナチュラリスム(超自然主義)”と呼びました。
    ホンダの創業者、本田宗一郎とパリで会った経験をもちます。
    代表作:「七本指の自画像:、「誕生日」、「青いサーカス」、「イカルスの墜落」など

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/25

    • 1
    • 0
  • 18
    Loading

    MIRO

    新潮美術文庫 48 ミロ
    1974年11月25日発行

    ジョアン・ミロ(Joan Miró i Ferrà , 1893年4月20日 - 1983年12月25日)は、20世紀のスペインの画家。カタルーニャ地方の出身。
    パリでシュルレアリスムの運動に参加したことから、シュルレアリストに分類されるのが通例ですが、ミロの描く人物、鳥などを激しくデフォルメした有機的な形態、原色を基調にした激しい色使い、あふれる生命感などは、古典的・写実的描法を用いることが多い他のシュルレアリストの作風とは全く異なり、20世紀美術に独自の地位を築いています。
    代表作:「V・ヌビオラの肖像」、「カタルーニャの農夫の頭」、「変身」、「階段を昇る裸婦」、「古い靴のある静物」、「航海士の希望」、「星座に向かって飛び立つ手」

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/26

    • 1
    • 0
  • 19
    Loading

    DUCHAMP

    新潮美術文庫 49 デュシャン
    1976年4月25日発行

    マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp、1887年7月28日 - 1968年10月2日)は、フランス生まれで、1955年にアメリカに帰化した美術家。ニューヨーク・ダダの中心的人物と見なされ、20世紀の美術に最も影響を与えた作家の一人と言われています。コンセプチュアル・アート、オプ・アートなど現代美術の先駆けとも見なされる作品を手がけました。
    デュシャンが他の巨匠たちと異なるのは、30歳代半ば以降の後半生にはほとんど作品らしい作品を残していないことです。没したのは1968年ですが、「絵画」らしい作品を描いていたのは1912年頃までで、以降は油絵を放棄し、「レディ・メイド」と称する既製品(または既製品に少し手を加えたもの)による作品を散発的に発表しました。1917年、「ニューヨーク・アンデパンダン展」における作品が物議を醸しました。その後、「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」という通称「大ガラス」と呼ばれるガラスを支持体とした作品の制作を未完のまま1923年に放棄し、ほとんど「芸術家」らしい仕事をせずチェスに没頭していました。チェスはセミプロとも言うべき腕前でした。
    代表作:「チェスプレーヤーの肖像」、「階段を下りる裸体No.2」、「花嫁」、「自転車の車輪」、「ビン掛け」、「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」、「泉」、「L.H.O.O.Q.」、「パリの空気50cc」、「フレッシュ・ウィドウ」、「回転ガラス板」、「(1)落下する水、(2)照明用ガス、が与えられたとせよ」、「髭を剃られたL.H.O.O.Q.」

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/29

    • 1
    • 0
  • 20
    Loading

    KLEE

    新潮美術文庫 50 クレー
    1976年5月25日発行

    パウル・クレー(Paul Klee, 1879年12月18日 - 1940年6月29日)はスイスの画家、美術理論家。
    ワシリー・カンディンスキーらとともに「Blaue Reiter(青騎士)」グループを結成し、バウハウスでも教鞭をとりました。その作風は表現主義、超現実主義などのいずれにも属さない、独特のものでした。
    代表作:「R荘」、「女の館」、「あやつり人形劇場」、「黄色い鳥のいる風景」、「鳥」、「忘れっぽい天使」、「死と炎」など

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/30

    • 1
    • 0
  • File
    2018/4/22

    ace

    いいラインナップですね!😆

    返信する
    • File
      2018/4/23

      ts-r32

      コメントありがとうございます。印象派以降のフランス人画家が多いです。編集者が近代美術史において重要と考えた画家をラインナップしたんでしょうね😊

      返信する