みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

斜陽/太宰 治

新潮文庫

太宰 治(1909年6月19日 - 1948年6月13日)は、自殺未遂や薬物中毒を克服し、第二次世界大戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなります。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称されました。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』があります。

『斜陽』は、『新潮』1947年7月号から10月号まで4回にわたって連載された中編小説。没落していく人々を描いた太宰 治の代表作で、没落していく上流階級の人々を指す「斜陽族」という意味の言葉を生みだしました。斜陽という言葉にも、国語辞典に「没落」という意味が加えられるほどの影響力がありました。太宰治の生家である記念館は、本書の名をとって「斜陽館」と名付けられました。

  • File
    2018/4/28

    ace

    ヘミングウェイもそうですが、「人の内面をこうも描けるものなのか?」とショックを受けた若かった僕😆

    返信する
    • File
      2018/4/28

      ts-r32

      同じく!😊

      返信する

History

  • 2018/04/28

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/08/12

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、472日目での達成!