みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

ペスト/カミュ

新潮文庫

アルベール・カミュ(Albert Camus、1913年11月7日 - 1960年1月4日)は、フランスの小説家、劇作家、哲学者。フランス領アルジェリア出身。第二次世界大戦中に刊行された小説『異邦人』、エッセイ『シーシュポスの神話』などで注目され、戦後はレジスタンスにおける戦闘的なジャーナリストとして活躍しました。戦後に発表した小説『ペスト』はベストセラーとなり、エッセイ『反抗的人間』において左翼全体主義を批判し、反響を呼びました。小説『転落』発表の翌年、1957年、史上2番目の若さでノーベル文学賞を受賞しました。

『ペスト』(La Peste)は、1947年に出版された小説。ペストに襲われたアルジェリアのオラン市を舞台に、苦境の中、団結する民衆たちを描き、無慈悲な運命と人間との関係性が問題提起されます。語り口は、個々のセンテンスが複数の意味を内包し、その一つが現象的な意識および人間の条件の寓意である点で、カフカの小説、とくに『審判』に通じるものがあると言われています。カミュのアプローチは非情で、語り手である主人公は、自分たちは結局何もコントロールできない、人生の不条理は避けられないという考えを力説します。カミュは不条理に対する人々のさまざまな反応を例示し、いかに世界が不条理に満ちているかを表しています。

  • File
    2019/8/13

    woodstein

     『異邦人』はディノ・デ・、ウレンティス製作、ルキノ・ヴィスコンティ監督により映画化されています。詳しくは、いずれ我がミュージアム内で語る予定ですが、いつになるかわからないので少しだけ述べさせてもらいますと、これはヴィスコンティ監督作品というよりも、ラウレンティス製作作品と思った方がしっくりくる内容でした。
    https://www.youtube.com/watch?v=Jc3oQ20ZoOA

    返信する
    • File
      2019/8/13

      ts-r32

      確かに、「異邦人」はヴィスコンティの作品というイメージないですよね。
      コメントありがとうございます😊

      返信する

History

  • 2018/04/28

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/08/13

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、473日目での達成!

  • 2019/08/17

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、477日目での達成!