みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

哲学入門/ヤスパース

新潮文庫

カール・ヤスパース(Karl Theodor Jaspers、1883年2月23日 - 1969年2月26日)は、ドイツの哲学者、精神科医であり、実存主義哲学の代表的論者の一人。現代思想、現代神学、精神医学に強い影響を与えました。『精神病理学総論』(1913年)、『哲学』(1932年)などの著書が有名。

『哲学入門』は、没後、1971年に発表されました。本書でヤスパースは、実存主義的観点から哲学について論じています。哲学とは何であるか、哲学は何を論じなければならないか、真の生き方は何であるか。これが本書の主なテーマです。

History

  • 2018/04/27

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/07/08

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、438日目での達成!