みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

青年/森 鴎外

新潮文庫

森 鷗外(1862年2月17日 - 1922年7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医、官僚。位階勲等は従二位・勲一等・功三級、医学博士、文学博士。本名は森 林太郎。

『青年』は、1910年3月から翌年8月まで「スバル」に連載された森鴎外の長編小説。
一青年の心の悩みと成長を描き、利他的個人主義を主張した作品。夏目漱石の『三四郎』に影響されて書かれたもので、ともに青春小説の代表作。

History

  • 2018/04/27

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/06/22

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、422日目での達成!

  • 2019/06/23

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、423日目での達成!