みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

女の一生/モーパッサン

新潮文庫

ギ・ド・モーパッサン(Henri René Albert Guy de Maupassant、1850年8月5日 - 1893年7月6日)は、フランスの自然主義の作家、劇作家、詩人。『女の一生』などの長編6篇、『脂肪の塊』などの短篇約260篇、ほかを著し、20世紀初期の日本の作家にも影響を与えました。

『女の一生』(Une vie)は、1883年に刊行された長編小説。主人公の少女ジャンヌが成長するにつれて人生における様々な不幸を経験していく様を描いたモーパッサンの代表作。原題は「人生」で、日本語題の「女の」にあたる単語はなく、また物語終了時点でジャンヌは初老期で、「一生」が最後まで描かれているわけはありません。

  • File
    2019/6/21

    さるら。

    モーパッサンの怪奇的な短編が好きです。
    『水の上』『山の宿』『オルラ』などなど。

    返信する
    • File
      2019/6/21

      ts-r32

      短編もいいですよね。私も『水の上』と『オルラ』は読んだ覚えがあります。
      コメントありがとうございます😊

      返信する

History

  • 2018/04/27

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/06/21

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、421日目での達成!

  • 2019/06/21

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、421日目での達成!