みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • PLAY

シャイニング

The Shining
監督:スタンリー・キューブリック
出演者:ジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル
公開:1980年5月23日
製作国:イギリス、アメリカ合衆国

スティーヴン・キング原作の同名小説をスタンリー・キューブリックが映画化。
スタンリー・キューブリックによる映画化で世界的に著名となった同作ですが、彼はキングの原作を大幅に変更しており、殆ど別作品に近い趣になっています。これについて原作者であるキングはキューブリックへの批判を繰り返しています。
猛吹雪に閉ざされたホテルで狂気にとらわれた男が家族を惨殺しようとする、という大まかな流れはほぼ原作通り。一方、原作では邪悪な意志をもつ巨大な存在であるホテル自体が、過去のできごとなども含めて圧倒的な存在感をもって描かれているのに対して、映画ではそれが薄く、更に、原作ではホテルの邪悪な意志がジャックを狂気へと導くのに対して、映画ではホテルがグレイディを遣ってジャックを狂気に導く描写は存在するものの、仕事のプレッシャーや孤独に耐え切れず自ら発狂したともとれる曖昧な描写がなされています。これらは作品の非常に重要な部分であるため、原作と映画の印象を決定的に異なるものにしています。原作ではウェンディもダニーもジャックの発狂はホテルのせいだということを理解していますが、映画版では不明です。原作では大きな役割を果たす、ダニーの「シャイニング」や、同じ能力を持つ料理人ハロランもあまり効果的には取り上げられていません。
キューブリックと原作者が対立した作品でしたが、商業的には大きな成功を収め、出演者の優れた演技や、キューブリックならではの恐怖演出と映像美で高い評価を受けました。
この作品でもキューブリックの完全主義者ぶりを如実に表すエピソードとして、この映画の象徴ともいえる「叩き割ったドアの裂け目から顔を出したジャック・ニコルソンの狂気に満ちた表情」を撮るためにキューブリックはわずか2秒程度のシーンを2週間かけ、190以上のテイクを費やしたということです。

History

  • 2018/02/14

    アイテムの公開が始まる

  • 2018/05/31

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、107日目での達成!

  • 2019/01/18

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、339日目での達成!

  • 2019/08/18

    "いいね!"が30人を超える
    公開後、551日目での達成!