みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

贈る言葉/柴田 翔

新潮文庫

柴田 翔(1935年1月19日 - )は、小説家、ドイツ文学者、東京大学名誉教授。1964年に発表した「されど われらが日々―」で芥川賞を受賞。六全協に影響された学生群像を描いたこの青春小説は、累計186万部というベストセラーとなりました。以後も『贈る言葉』(1966年)、『鳥の影』(1971年)、『立ち盡す明日』(1971年)などを発表。1970年から72年まで小田実、高橋和巳、真継伸彦、開高健とともに同人誌『人間として』を筑摩書房から刊行。『ノンちゃんの冒険』を連載していましたが、雑誌は休刊となり、同作品は1975年に残りを書き下ろして刊行されました。

『贈る言葉』(1966年)は、さまざまな夢と未来への志向をいだきながら学窓を飛び立ったはずなのに、ただ倦怠と惰性をしか見いだせなくなっている十年後の今日の、限りない挫折感を吐露した「十年の後」、“愛の観念”に固執するあまり、ついに結ばれることなく訣別してしまった、過去の恋人に語りかける抒情的作品「贈る言葉」の中編二編。

  • File
    2018/4/28

    ace

    青春とはかくも未熟で、成熟すると消えてしまう儚いもの😌

    返信する
    • File
      2018/4/28

      ts-r32

      青春のバイブル!😄

      返信する

History

  • 2018/04/28

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/08/23

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、483日目での達成!