みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

愛と死/武者小路実篤

新潮文庫

武者小路実篤(1885年5月12日 - 1976年4月9日)は、日本の小説家・詩人・劇作家・画家。1910年に志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。彼らは白樺派と呼ばれ、実篤は白樺派の思想的な支柱となります。1918年には理想的な調和社会、階級闘争の無い世界という理想郷の実現を目指して、宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を建設しました。そのような理想主義的・空想社会主義的行動には現実離れしているという批判もありましたが、その作品は必ずしも思想的背景に依るものではなく、現代に至るまで広く一般に読まれています。

『愛と死』は1939年に『日本評論』に発表した長編小説。

History

  • 2018/04/27

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/07/09

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、439日目での達成!