みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

UTRILLO

新潮美術文庫 46 ユトリロ
1974年7月25日発行

モーリス・ユトリロ(Maurice Utrillo, 1883年12月26日 - 1955年11月5日)は、エコール・ド・パリの画家のなかでは珍しく生粋のフランス人の画家。
作品のほとんどは、小路、教会、運河などの身近なパリの風景を描いたもの。ありふれた街の風景を描きながら、その画面は不思議な詩情と静謐さに満ちており、特に、壁などの色に用いられた独特の白が印象的。作品は、後に「白の時代」といわれる、アルコールに溺れていた初期のものの方が一般に高評価。
代表作:「ラパン・アジル」、「コタンの袋小路」、「パリのサント=マルグリート教会」、「ラヴィニャン街の眺め」、「サン=セヴランの聖堂」、「パリ郊外」、「ノルヴァン通」

History

  • 2018/04/22

    アイテムの公開が始まる

  • 2018/10/24

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、186日目での達成!