みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

全部わかった! 国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ/安部芳裕

徳間5次元文庫
初刷:2010年2月28日

現在、地球規模に広がる4つの危機、新型インフルエンザ、環境問題、対テロ戦争、金融危機。すべては世界政府を設立するための演出、下準備だった。世界を覆う機器の裏側とその処方箋を徹底解説。(カバー裏表紙より)

安部 芳裕(1964年 - )は社会活動家、作家。地域通貨(コミュニティ通貨)を利用した相互扶助グループ「レインボーリング」(1999年)の創始者。講演や体験型ワークショップを全国の自治体・商店街・商工会・大学・NPO・NGOなどで数多く行い、その実践もサポートしてきました。2007年にロスチャイルド家をはじめとする国際金融資本に対抗するネットワーク「反ロスチャイルド同盟」を立ち上げますが、現在は活動休止中。執筆、講演等で持続可能な自立型経済の構築をテーマに情報発信しています。2009年、『金融崩壊後の世界』共著者である佐々木重人が衆議院議員総選挙に出馬した際に応援。この時、佐々木重人は日銀を廃止し、通貨を日本政府が発行することで、通貨発行権を国民の手に取り戻し、お金の問題の根本的解決を図るという政策は掲げました。2012年からプロジェクト99%を立ち上げ、「99%の人のための社会を創ろう」と活動しています。2015年には、「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」の呼びかけ人の一人となりました。

History

  • 2019/08/07

    アイテムの公開が始まる

  • 2019/08/08

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、2日目での達成!