みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

レフレックスレンズ

お手軽に超望遠の世界を楽しめます。

  • File

    RMC Tokina 500mm f8 + Macro TELEPLUS MC7 x SONY α7 II

  • File

    RMC Tokina 500mm f8 Part Ⅱ

  • File

    SIGMA MIRROR TELE PHOTO 600mm F8

  • File

    ご隠居さん、再復帰! 遠くに行けないから、遠くを撮る!!

  • File

    一番お世話になったカメラ NIKON FE

  • 1
    Loading

    RMC Tokina 500mm f8 + Macro TELEPLUS MC7 x SONY α7 II

    待望のSONY α7 IIが、我が家にやって来ました。
    付属の充電器がケーブル接続USBなので、カメラのコネクタが傷むので使用しません。アマゾンでバッテリー2個+充電器+シガープラグ+送料込みで¥1999破格の安さで売っていたので注文しました。到着を待って充電してからのカメラ使用となりました。

    10月4日は「中秋の満月」、夜空を見上げると流れる雲の間から、月が顔を覗かせているではないですか…
    α7 II 深夜のカメラデビューです。深夜に、初カメラ初シャッターを切ったのは、生まれて初めての経験です。

    早速、フルサイズ対応5軸ボディ内手ブレ補正と、ISO-25600の恩恵にあやかりました。
    500mmF8のレフレックスレンズに、2Xのテレコンバータを付けると、1000mmF16になります。
    昼間でも1000mmの野鳥の撮影では、手ブレ、ピンぼけの嵐です。 夜の暗闇で手持ちで、撮影が出来るなんてすごい事です!!
    本当は、野鳥を撮影する昼間より、満月の夜の方が明るいのです。

    *補足
    *月を50mm標準レンズで写すと、画面上に約0.5mmの大きさに写ります。
    500mmで5mm、1000mmで10mm、手持ちで撮影するなら1000mmぐらいがフレームアウトしにくいです。

    *RMC Tokina 500/8
    1980年代、レフレックスレンズ(ミラーレンズ)のブームがあって、各社から500-600mmF8のレンズが発売されていました。その頃購入したのは、シグマ600mm/F8です。今は、レンズを抜かれプロジェクターレンズの本体になっています。
    Tokina 500/8の良いところは、他のレンズよりも2周り程小型で、150cm最短撮影距離で撮影すると9x6cmの拡大撮影することが出来ます。

    *Macro TELEPLUS MC7
    その名の通り2倍のテレコンバーターですが、ヘリコイドを内蔵することでマクロ撮影を可能にした、ユニークなアイテムです。
    50mmの標準レンズを装着すると100mmマクロとして使用でき、最大等倍までの撮影ができます。またヘリコイドには、50mmレンズ装着時の倍率指標が記されている。中間リングと異なり、無限遠からマクロ域まで使えるのも利点です。
    Tokina 500/8 で、マクロ撮影をすると、髪の毛1本ほどのピントしかありません。

    * 《作例》
    RMC Tokina 500mm f8 + Macro TELEPLUS MC7 x SONY α7 II
    満月は明るいので、手持ちで撮影出来ます。   f16 - 1/3200s ISO/3200

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 2
    Loading

    RMC Tokina 500mm f8 Part Ⅱ

    RMC Tokina 500mm f8、別のレンズを作る鏡胴として購入していた物ですが、カビも無く綺麗なので久しぶりにレフレックスレンズを使ってみました。

    フィルム時代は、F8というレンズの暗さは、三脚必須でしたが、デジカメは、偉い!!
    簡単にASA感度変えられるから、とても楽です。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/20

    • 6
    • 0
  • 3
    Loading

    SIGMA MIRROR TELE PHOTO 600mm F8

    レフレックスレンズはミラーレンズとも言い、ドーナツ型のミラーで光を内部反射させているレンズです。これにより、600mmの焦点距離でも全長120mmに収まり、ミラー使用により色収差は非常に少ない美しい仕上がりが得られます。望遠レンズなのに小さくて軽くて、そしてとってもリーズナブルなレンズです。

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/22

    • 4
    • 0
  • 4
    Loading

    ご隠居さん、再復帰! 遠くに行けないから、遠くを撮る!!

    レンズが大きくて、カメラが隠れてしまいます。この春に掃除をしていたら、出てきたレンズです。既に使わなくなって何十年、ご隠居していたレンズです。
    このあと、各社から発売されますが、このレンズが一番良く写ります。

    遠くに行けないから、近所から遠くを撮る
    500mmに、Pentax Qを付けているので、500x5.5 = 2750
    2750mmの超望遠になります。条件が良ければ、土星の輪っかも撮影出来ます。
    写真は、フルサイズのカメラなので、500mmです。

    ご隠居さん、何十年振りの復帰でしたが、この後、バラバラにされてしまうので、最後の記念写真。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/8/5

    • 7
    • 0
  • 5
    Loading

    一番お世話になったカメラ NIKON FE

    ボジフィルムで撮影を始めたので、適正露出の撮影には苦労しました。
    この時代中央部重点測光がカメラの主流でしたので、空とか室内とかでカメラの向ける方向で露出値が変わりますが、安定して適正露出の撮影をしてくれた、NIKON FE です。
    この機種で、3代目になります。久しぶりにカワセミを撮影したら、動体視力がが激減していました。今みたいに秒何十コマも切れるわけでは無いので、ある程度置きピンをして置いて、動きに合わせてピントリングを瞬時に回したものでした。
    たまに、シャッターを切ってあげないと、オイルが固着して動かなくなります。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/21

    • 7
    • 0