みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

必需品の工具たち!

山や、キャンプにもってると便利な十徳ナイフ、 カメラ修理にははあまり役には立たないです。

  • File

    #00番 ドライバー カメラ分解必須アイテム

  • File

    カニ目レンチ

  • File

    ノギス

  • File

    フィルター枠修正器

  • File

    テスター

  • 1
    Loading

    #00番 ドライバー カメラ分解必須アイテム

    00番ドライバがないと、カメラ分解できない!
    カメラでよく使う1.7mmネジに使う、00番ドライバはJIS規格外?

    ドライバを選ぶには、まずそのネジを知ることが大切です。ドライバを使用するネジには大きく分けてプラスとマイナスの2種類があります。JIS規格ではプラスのことを「十字穴付きねじ」、マイナスのことを「すりわり付きねじ」と言います。日本語にするとなんともレトロな感じがしますね。
    そんなねじを回すドライバですが、JIS規格では「十字ねじまわし」と「ねじ回し−すりわりねじ用」と、まったくもってそのままの名前が記されています。プラスドライバとマイナスドライバは形ですぐにわかりますが、問題なのがそのサイズ。プラスの大きさは番手(呼び)で表し、JISでは0番から4番が規定されていますが、規格外として0番より小さな00番、000番というサイズも存在していますが、JIS規格外なんですね。

    プラスネジは、アメリカのフィリップス・スクリュー社が1933年に J・P・トンプソン (J.P. Thompson) の発明した特許を買い取り発売したことに由来するため、フィリップス型ドライバー (英語: phillips screwdriver) とも呼ばれます。
    JIS規格(日本工業規格)では、十字ねじ回しという。
    ねじ頭部の溝にドライバーの先端を合わせると自然に回転軸が合うので、作業性に優れ、先端を着磁したものでは、かみ合った状態のまま逆さにしてもねじが落ちないので、より作業性が良くなる。《実際、スピーカから取り出した磁石で、帯磁させて使っている。》
    1933年の発明なのに、日本では、1960年代前半まで、カメラにはマイナスネジが多く使われています。60年代後半のカメラから、カメラ各社プラスネジが使われ始めています。
    プラスネジの価格が高かったのか、大量生産が出来なかったのだろうか??
    ネジ一つとっても、カメラの変遷が面白いと思います。

    使っているドライバーは、スタビードライバーと言い、スタビー(stubby)は英語で「切り株状の」、「短い」、「ずんぐりした」という意味の形容詞で、柄を含めた全長が短い。基本的に狭い所で使用するのだが、ドライバの枝が長いと、ネジを緩めるときに、外れてしまい大きな代償を払うことにも成りかねない。
    枝を太くしているのは、古いカメラはネジが固着していることが多く、大きなトルクが出るため、一発でネジを緩めるためです。
    それでも緩まないときは、左端のインパクトドライバーが最終手段です。

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/9/22

    • 1
    • 7
  • 2
    Loading

    カニ目レンチ

    カニメレンチ、これが無いと、蛇腹カメラやスプリングカメラは分解できません。左側のペンチは百均のですが、ちゃんと焼き入れしてあるので、ヤスリで先端を修正すると、35mmカメラの分解では、結構役に立ちます。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/15

    • 1
    • 2
  • 3
    Loading

    ノギス

    ノギスは、長さを100分の5ミリメートル単位まで精密に測定する測定器です。
    レンズやカメラの外側測定・内側測定・深さ測定・段差測定が出来ます。レンズマウントアダプター制作には、100/5ミリメートルまで計れるありがたみを痛感しています。旋盤で円周ないし、内周を100/5ミリメートル削ると言うことは、2倍の100/10、(10/1ミリメートル)この位が制作誤差の許容範囲かなと勝手に思っています。いつもこれ以上かな?
    撮影で10/1ミリ、ピントがズレているなんて言いませんからね……
    精度がいいことに越したことは無いけれど、あまり意味が無いのでないかと思います。
    風が吹けばブレるし、体もブレてるし、デジタルだから、数切れば当たる。

    ノギスって、何語?
    16世紀中頃ポルトガルの数学者ペドロ・ヌネシュ(ラテン語表記ペトルス・ノニウス、Petrus Nonius) がノギスに目盛りを付けたといわれている。ニウスが訛って日本ではノギスと呼ばれる様になった。
    英語では、バーニヤキャリパーと呼ばれる。これは、1631年ノギスを正確な読み取りが出来るキャリパー構造を完成させたもう一人の人物であるフランス人のピエール・ヴェルニエ(英語表記ピエール・バーニヤ、Pierre Vernier) の名から取られている。
    段差測定をノギスの機能に追加したのは、日本の測定器具メーカーであるミツトヨです。
    正解は、ラテン語?日本語みたいです。

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    フィルター枠修正器

    レンズヘッドの打痕による、フィルター枠/フィルターの歪み修正工具です。
    34mm〜68mmまでのレンズ枠の修正が出来ます。が、
    49mm〜58mmが、特に綺麗に修正できます。

    普段は、クランプとして三脚に付けて置くと、
    三脚台座ネジの太ネジ、細ネジが切ってありますので、
    外部フラッシュ等の撮影にも使えて便利です。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/5

    • 3
    • 0
  • 5
    Loading

    テスター

    AEフィルムカメラの修理には、テスターは必需品です。

    一番多いのが、電池の入れっぱなしによる腐食です。
    端子を磨いて、テスターで導通試験をします。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/5

    • 3
    • 0