みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

デジカメ

フィルムを使わないカメラ

  • Loading

    SONY α7 II

  • Loading

    SONY α7 II / KERN-MACRO-SWITAR 50/1.8

  • Loading

    α 350 + SIGMA EX MACRO 105/2.8

  • Loading

    PENTAX Q PENTAX Q10

  • Loading

    CANON EOS 10D + Wズームレンズ + BG

  • Loading

    CANON EOS 20D + EF28-80mm

  • Loading

    EOS 30D + 28-80mm / 75-300mm

  • Loading

    PENTAX-Q10

  • Loading

    ネオ一眼 Finepix HS10 / HS30EXR タンポポの綿毛から月のクレーターまで……

  • Loading

    Fuji X-A1 & Tomioka Lausar 45/2.8

  • Loading

    Olympus F Lens 色々なカメラで楽しむ!!

  • Loading

    Pentax Q10 SOM BERTHIOT PANCINOR 8mm〜40mm F1.9

  • Loading

    Pentax K100D

  • Loading

    Pentax K200D

  • Loading

    Pentax K100D

  • Loading

    Pentax K200D

  • 1
    Loading

    SONY α7 II

    SONY α7 II 
    10月15日までキャッシュバックキャンペーンをやっています。
    とても気になる情報です。年内に新しい機種が出るのでしょうか?

    「さまざまなレンズで手ブレを補正する、世界初のフルサイズ対応5軸ボディ内手ブレ補正搭載の35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ」と謳っています。とても魅力的なキャッチコピーです。
    さまざまなレンズで手ブレ補正してくれると言うことは、当然、マウントアダプターを装着したオールドレンズにも有効ということで、フランジバックの短い「αEマウント」には、今まで発売された全世界のカメラのレンズがオリジナルのままで、装着できると言うことです。

    マイクロフォーサーズ(M4/3)規格の、パナソニックDMC-G1が2008年10月に発表され、翌、2010年3月オリンパスE-P1sが発表された。既に10年近くも使っていることになります。M4/3の長所で有り短所は、35mmのレンズを装着すると、50mm標準レンズが2倍の100mmとなってしまうことです。花のクローズアップには丁度良い写角ですが、広角レンズを使いたい時には不便です。やはりフルサイズの35mmレンズは、フルサイズで使いたいのが人情です。
    古いレンズほど、画面の周辺にレンズの特徴が現れて、それがレンズの個性で有り、レンズコレクションの神髄かと勝手に思っている次第であります。
    後3週間、我が家に SONY α7 IIはやってくるのでしょうか?

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 2
    Loading

    SONY α7 II / KERN-MACRO-SWITAR 50/1.8

    待望のSONY α7 IIが、我が家にやって来ました。
    KERN-MACRO-SWITAR 50/1.8 と CONTAX G1 のレンズをフルスペックで使いたいために、購入しました。

    * 《作例》
    クマバチとブルーキャッツアイ
    オオスズメバチでは、絶対にマクロ撮影はしません。背景のアメジストセージが蕩けています。

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    PENTAX Q PENTAX Q10

    PENTAX Q PENTAX Q10 、LEICINA MACRO-CINEGON 10mm f1.8 を使いたい為に購入。2014年以降、発売されていないので、Q-S1で完結でしょう…
    PENTAX Qシリーズとしては、
    PENTAX Q 2011年8月 1/2.3型 2種
    PENTAX Q10 2012年10月 100種(グリップ5×ボディ20色)
    PENTAX Q7 2013年7月 1/1.7型 120種(グリップ6×20色)
    PENTAX Q-S1 2014年8月 40種(ボディ5×フロントシート8色)

    高画質志向の高性能レンズシリーズに4本、安価で趣味志向のユニークレンズシリーズに4本、計8種類のレンズがあります。
    01 STANDARD PRIME、02 STANDARD ZOOMを所持しています。
    01 STANDARD PRIME 高性能 47 39 F1.9 2cm
    02 STANDARD ZOOM 高性能 27.5-83 23-69 F2.8-4.5 30cm
    03 FISH-EYE ユニーク 17.5 16.5* F5.6固定 9cm
    04 TOY LENS WIDE ユニーク 35 33* F7.1固定 7cm
    05 TOY LENS TELEPHOTO ユニーク 100 94* F8固定 27cm
    06 TELEPHOTO ZOOM 高性能 83-249 69-207 F2.8 1.0m
    07 MOUNT SHIELD LENS ユニーク 63.5 53.0 F9固定 30cm
    08 WIDE ZOOM 高性能 21-32.5 17.5-27 F3.7-4 25cm

    カメラの位置付けは、高級レンズ交換式トイカメラでしょうか?やはり小さ過ぎて、ホールドしにくいです。
    小学生の女の子が持って、運動会を見に来ているパパ、ママを撮ってたら最高のような気がします。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    CANON EOS 10D + Wズームレンズ + BG

    EOS 10Dは、EOS D60の優れた基本性能を継承するとともに、デジタル系のさらなる高性能化と撮影機能の向上を実現している。撮像素子には、新開発の約630万画素大型CMOSセンサーを採用したほか、原色タイプのカラーフィルターや高速・高精細の画像処理が可能なキヤノン独自の映像エンジン「DIGIC」を搭載することにより、従来以上の高精細・高画質・自然な色あいを実現している。
    さらに、広視野・高速7点AFをはじめ、約3コマ/秒・最大9コマの連続撮影、ISO100からISO1600相当まで(ISO3200 相当の感度拡張可能)のISO相当感度設定、2種類の色空間(sRGB/Adobe RGB)、軽量・高強度なマグネシウム合金外装カバーやステンレス製の本体など、従来機種を大幅に上回る優れた高機能を搭載した。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/17

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    CANON EOS 20D + EF28-80mm

    「EOS 10D」(2003年3月発売)の優れた基本性能を継承しつつ、高画質と高レスポンスを高い次元で両立させた、ハイアマチュアからプロまで幅広く使用できるデジタル一眼レフカメラの新世代モデル。新開発の約820万画素大型単板CMOSセンサー(22.5×15.0mm:APS-Cサイズ)と、その能力を最大限に発揮する自社開発の高性能映像エンジン「DIGIC II」を搭載することで、高精細・高画質・自然な色表現を実現した。
    高画素でありながら、約5コマ/秒、JPEG/ラージ・ファインの高画質でも約23枚* の連続撮影が行えるほか、約0.2秒の高速起動、最高1/8000秒のシャッター速度、CFカードへの高速書き込み、USB 2.0 Hi-Speed対応などの高レスポンスを実現し、より快適な撮影が行える。さらに、スーパーインポーズ表示を備えた新開発の広視野・高速・高精度9点測距AFや、「EOS-1D Mark II」と同等の多彩な効果が得られるホワイトバランスモード、モノクロ撮影も可能な現像パラメーター、EF-Sレンズを含む全てのEFレンズへの対応、E-TTL II自動調光の搭載など、撮影機能のより一層の充実を図った。

    デザイン面では、主要外装カバーに高級感のあるマグネシウム合金を採用しつつ、センサーサイズに最適化した主要部品の採用や本体構造の見直しによる部品点数の削減を図り、従来機種に対して幅 約5.7mm・高さ 約2mm・奥行 約3.5mmの小型化と、本体質量 約105gの軽量化を達成した。また、カメラ背面にAFフレーム選択などの各種設定がより直感的に行えるマルチコントローラーを新たに搭載するなど、優れた使い勝手を実現。
    2004年(平成16年) 9月 発売

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/17

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    EOS 30D + 28-80mm / 75-300mm

    「EOS 30D」は、2006年(平成18年)3月発売、最高約5コマ/秒の連写性能で、連続撮影可能枚数を向上(約23枚から約30枚*)させたほか、ユーザーの作画意図に応じて、多彩な写真表現を簡単に実現する「ピクチャースタイル」を搭載し、フィルムを選ぶような感覚で、写真表現・目的に合わせて最適なスタイルが選択できます。
    高精細・広視野角の2.5型・約23万画素液晶モニター、約10万回の耐久性を誇る最高1/8000秒の高速シャッターなど、上位機種にも迫る高機能・高性能を実現しています。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/17

    • 2
    • 0
  • 8
    Loading

    PENTAX-Q10

    世界最小のデジタル一眼は、レンズラインナップを揃えシステムカメラというより、高性能高級トイカメラと言う感覚でしょうか?
    原色フィルター、CMOS、サイズ:1/2.3型 1240万画素の裏面照射型CMOSセンサーは、今まで忘れ去られた、8mm、16mmカメラのレンズで撮影出来る事は、夢のような出来事です。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/10/13

    • 1
    • 0
  • 9
    Loading

    ネオ一眼 Finepix HS10 / HS30EXR タンポポの綿毛から月のクレーターまで……

    フジ Finepix HS10 / HS30EXR ネオ一眼レフカメラ

    ビギナーカメラですが、発売から10年経っても、楽しませてくれるカメラです。
    スーパーマクロでレンズ前1cm 昆虫を撮影したり、720mmにデジタルズームで60倍1440mmの超望遠レンズになります。
    1200mmでフルサイズ画面一杯に月をいれることが出来るので、クレーターもしっかり写せます。
    簡単に天体写真にも挑戦できて、秋の夜長を楽しむには持って来いのカメラです。

    *光学30倍ズームを搭載した高倍率ズーム 24〜720mm(35mm換算)、広角F2.8の明るいレンズで、ボケを生かした撮影も出来ます。
    *5軸手ブレ補正を搭載しているので、720mm超望遠撮影時にシャッター速度で4段分以上の効果は絶大です。連写スピードは *最高10コマ/秒。JPEGのフル画素で連続7コマまで、RAWでも連続6コマまで撮れます。シャッターボタンを全押しした瞬間の、前の映像も記録できる前後撮り連写も可能です。
    高速連写を利用した機能が *「ぐるっとパノラマ」や「連写重ね撮り」、動く被写体だけを消せる *「動体キャンセル」や、動く被写体を重ね撮りできる「動体キャッチ」といった面白い機能を備えています。
    マクロ時には広角側で10cmと望遠側で2m、*スーパーマクロ時は広角端でレンズ前1cmまで寄れる。レンズの基部にはフォーカスリングがあって、MF操作が快適に行なえるようになっています。珍しくズーム操作は、マニュアルリング式を採用しているので、バッテリーの持ちも良いです。
    ネオ一眼の良いところは、レンズ交換しないから、液晶にホコリの付着がなく、お掃除しなくてもいつも綺麗な写真が撮れます。

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/10/13

    • 2
    • 0
  • 10
    Loading

    Fuji X-A1 & Tomioka Lausar 45/2.8

    X-A1は、一般的なベイヤー配列のカラーフィルターを備えたCMOSセンサーを搭載し、エントリーユーザにとっても手にしやすいフレンドリーな位置づけのぐっとお手頃なプライス。CMOSセンサーは上級機と同じ有効画素数1630万画素の大型サイズ。物理的に大きなセンサーは幅広いダイナミックレンジと大きなボケを生み出し、表現の幅を大きく広げてくれます。ミラーレス一眼を手にしてワンランク上の写真表現を求めたい方や、コンパクトで洒落たボディをお探しの方に、見逃せないカメラです。
    わずか330gという軽量なボディ、197gの軽いTomioka Lausar 45/2.8 、スナップシューターになった気分です。
    撮影後には、トレンドとなっているWi-Fi機能でスマートフォンやタブレット端末と連携し、撮影した写真をその場から気軽にソーシャルメディアへ送信することも可能です。

    オールドレンズを手軽に楽しめるのも、魅力です。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/2/9

    • 4
    • 0
  • 11
    Loading

    Olympus F Lens 色々なカメラで楽しむ!!

    同じレンズでも、カメラボディが変わると微妙に描写に変化が現れます。

    オールドレンズを楽しむのには、最新のボディは必要ないので、
    初期の頃のカメラで十分、オールドレンズを楽しめます。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/7/13

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    Pentax Q10 SOM BERTHIOT PANCINOR 8mm〜40mm F1.9

    SOM BERTHIOTは、P.Angenieuxと並んで、高画質映画撮影用レンズのメーカーとして特に有名です。シネレンズ余りないので比較できませんが、それにしても、フランス製のレンズは、アンジェニューやキノプティック、エルマジーなど、なんと個性的なレンズが多い事か、その中でも、代表的なシネレンズはこのレンズでは無いかと思います。

    目の前の光景を正確に写し取るのではなく、光の質や変化、人間の目に近いぼやけ方を描く……、それはまさに19世紀後半にフランスで勃興した印象派の絵画と相通ずるものがあるような気がします。
    モネやアルフレッド・シスレーの絵のように、フランス製レンズとフィルムで撮った写真は、それらを彷彿とさせると思います。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/21

    • 3
    • 0
  • 13
    Loading

    Pentax K100D

    ペンタックスのデジタルカメラ
    マニュアルレンズを付けても、手ぶれ補正機能が活躍します。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/21

    • 1
    • 0
  • 14
    Loading

    Pentax K200D

    フィルム時代の、Kマウントのレンズがそのまま使えます。
    我が家にある数少ない、AFレンズです。
    殆ど防湿庫で眠っています。
    K-M42スクリューマウントアダプターを使うと、M42のレンズが、ピントアシスト、手ぶれ補正で使えるのも嬉しいです。
    単3電池で駆動するのも、ありがたいです。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/21

    • 1
    • 0
    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/25

    • 1
    • 0
    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/24

    • 1
    • 0