みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

ニコン・キヤノンのフロア

日本だけでなく世界で活躍するニコン・キヤノンというツートップ! 個人的にはあまり所有していませんが手持ち分を紹介します。 ・キヤノンは嫌い。(商売上手で沢山のカメラメーカーを淘汰したから) ・ニコンは高くて手が出ない・・・ ★自分的には高い物を少しより、安い物を沢山欲しいので(笑)

  • Loading

    ニコン S2(前期型)

  • Loading

    ニコン F3

  • Loading

    ニコン EM

  • Loading

    ニコン ニコレックスF

  • Loading

    ニコン 35Ti

  • Loading

    キヤノン II B(2B)型

  • Loading

    キヤノン L2型

  • Loading

    キヤノン EXEE

  • Loading

    キヤノン FTb-N

  • Loading

    キヤノン 初代キヤノネット 中期モデル

  • Loading

    キヤノン 110ED

  • Loading

    キヤノン F-1 1号機

  • Loading

    キヤノン F-1 2号機

  • Loading

    キヤノン New F-1

  • Loading

    キヤノン ニュー キヤノネット QL17-L

  • Loading

    キヤノン AE-1

  • Loading

    ニコン ニコマートFT-n

  • Loading

    キヤノンフレックスRM

  • 1
    Loading

    ニコン S2(前期型)

    ニコンSシリーズ最大のベストセラー。
    このS2の発売前にライカM3が発表され日本のカメラメーカーに衝撃を与えたのは有名な話。S2の発売が遅れた。
    前モデルのSと外観は似ているがほとんどが新設計。等倍ファインダーは非常に見やすく、両目で(右目はファインダー)観ると視野にフレームが浮かび上がり、素晴らしいカメラという事が実感できる。
    この個体は前期型。後期型はダイヤルなどが黒仕上げになる。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/25

    • 3
    • 0
  • 2
    Loading

    ニコン F3

    F一桁で初めて電子制御シャッター搭載。(8-1/2000)絞り優先AE。
    20年に亘り製造。愛称:「スーパーニコン」
    デザインはジウジアーロさんが担当。
    電池切時用機械シャッター有(1/60)。
    ファインダー内の表示は液晶のデジタル表示。測光機構はボディ内部。
    ミラー中央部がピンホールがありサブミラーを通じボディ内部で測光。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/5

    • 5
    • 2
  • 3
    Loading

    ニコン EM

    愛称「リトルニコン」。女性をターゲットにし、小型化と操作の簡略化を図ってある。
    絞り優先AEのみ。電池切れでも1/90のみ動く。
    同時に軽量・コンパクトな「シリーズE」レンズが用意された。デザインはジウジアーロさんが担当。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 5
    • 0
  • 4
    Loading

    ニコン ニコレックスF

    ニコンの廉価版のカメラ。マミヤのOEM。
    普及機(廉価版)のノウハウが当時にコンには無かったためとか。
    縦走りシャッターユニット(コパルスクエアI型)はコニカ、マミヤ、コパルの3社共同で開発。

    シャッター幕のロゴがカッコいい!

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/7

    • 5
    • 0
  • 5
    Loading

    ニコン 35Ti

    高級コンパクトブーム中にニコンが発売。Tiシリーズはチタン外装。
    表示がアナログ式で話題を呼んだ。好みが分かれる。
    35Tiは操作性が悪く不評の原因だと思う。3D-6分割測光など魅力も多い。
    姉妹機 28Ti 定価:135,000円 本機 35Ti 定価:125,000円 97年販売中止。
    当機は残念ながら不動品。レンズの出入りの動作が多いため電装のフレキ部が損傷しやすいとの事

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/12

    • 4
    • 0
  • 6
    Loading

    キヤノン II B(2B)型

    キヤノンミュージアムより抜粋
    IIB型の最大特徴は、凸凹のレンズを貼った光学プロックを回転させることで、ファインダーの視野倍率を任意に変えることが出来る3段変倍一眼式の連動距離計機構にあった。変倍レバーの操作で0.67倍から1.5倍までの視野像が変化するので、精密な焦点合わせが可能な使い勝手の良い機構との高い評価を得ていた。
    レンズマウントは世界的に通用するライカ規格のねじ式になった。なお、ボディは生産の途中から精度保持と量産性にすぐれたダイカスト製になった。そして、同時に開発が進んでいた大口径のセレナー50mmF1.9(4群6枚構成ガウスタイプ)が完成、標準レンズとして装着された。公定価格は60,000円と定められていた。

    過去のカメラをきちんと紹介してくれる姿勢は素晴らしいです。本当にありがたいですね。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/11

    • 4
    • 0
  • 7
    Loading

    キヤノン L2型

    普及価格のモデル。上部巻き上げレバー式V型機でシャッタースピードは1/500秒
    セルフタイマー無し・フラッシュシンクロの接点をFP単独の実用機。

    同年には旭光学のAP(アサヒペンタックス)が発売。
    現代のキヤノンでは考えられませんが、この頃のカメラ業界では1眼レフのカメラが世に出始めましたがキヤノンは最後までレンジファインダー型のカメラにこだわり最後まで頑張った。それで一眼レフの参入が遅れて苦しんだイメージがある。

    この個体はコムラ製の35mm/2.8が付いています。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/25

    • 5
    • 0
  • 8
    Loading

    キヤノン EXEE

    Canonの一眼レフカメラの中でも極めて異色のカメラ。初心者用に割り切った機種。
    キヤノン一眼レフ初のEE(自動露出)で初の開放測光TTL方式。
    レンズの後群がボディに固定されたまま前群だけを標準、広角、望遠と交換する。
    このEXシリーズ(2種)のみの専用マウント。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/28

    • 4
    • 0
  • 9
    Loading

    キヤノン FTb-N

    FDマウント。F-1の普及版マニュアルカメラ。フルマニュアル。
    FT→FTb時に開放測光、当機FTb-Nでファインダー内にシャッター速度値表示の改良。
    大ヒット作AE-1発売まで販売。普及型Fシリーズ最終モデル。

    発売が僕と同じ1973年なのでしばらくはお気に入りで多用していました。
    状態も良くて綺麗な一品です。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/28

    • 4
    • 0
  • 10
    Loading

    キヤノン 初代キヤノネット 中期モデル

    大ヒット作。F1,9のレンズつきで安すぎると社会問題になったカメラ。2万円を切ったこのカメラは2年半で100万台という爆発的な大ヒット作。底部トリガー式のフィルム巻き上げで、速写性に優れ使いやすい。

    ①ファインダー表示が矢印のみ:初期モデル 
    ②絞り目盛りがあり、目盛りを小窓に合わせる:中期モデル
    ③フィルム感度がレーバー式・ASAが400まである:後期モデル。

    このカメラの登場で低額化・高機能化に付いていけず多くのカメラメーカーが倒産・撤退した。
    レンズ:SE45mmF1.9 シャッター:コパルSV 1~1/500秒。

    この個体は中期モデル。いつの間にか初期・中期・後期がそろっていた。
    このカメラが(この個体ではない)クラカメを買った1台目だった。
    キャノネットの字体がすごくカッコいい。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/28

    • 3
    • 0
  • 11
    Loading

    キヤノン 110ED

    絞り優先AE・ホットシュー付。110カメラで距離計内蔵は珍しい。
    デート機能付。74~84年・0-9年まで。大きさの割りに重い。
    電池交換はフィルム室内部のため要注意。
    使用する前にバッテリーチェックをするようにとシールが貼ってある。

    デート機能が10年という事は10年程度の寿命と考えて作ったのかな?

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/28

    • 6
    • 0
  • 12
    Loading

    キヤノン F-1 1号機

    撮影条件に応じたアクセサリーに対応したキヤノン初のプロ用一眼レフカメラ。
    新たにFDレンズマウントが採用。
    開放測光には対応していないものの、従来のFLレンズマウントとの互換性がある。

    初回(2013年)クラカメ展示会の時にご来場のお客様からお譲りいただいたカメラ。
    レンズも数本いただいた。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/28

    • 4
    • 0
  • 13
    Loading

    キヤノン F-1 2号機

    撮影条件に応じたアクセサリーに対応したキヤノン初のプロ用一眼レフカメラ。
    新たにFDレンズマウントが採用。
    開放測光には対応していないものの、従来のFLレンズマウントとの互換性がある。

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/28

    • 6
    • 2
  • 14
    Loading

    キヤノン New F-1

    F-1の後継機はF-2ではなく、あくまでF-1。頭にニューが付いた。
    プロフェッショナル用として極めて高い信頼性を目指した。
    撮影時万が一電池が無くなってもメカニカル・シャッターが使えるハイブリッドシャッター。

    シャッターダイヤルの蓋が紛失してます。どこかにあるはず。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/28

    • 3
    • 0
  • 15
    Loading

    キヤノン ニュー キヤノネット QL17-L

    シャッタースピード優先EE/マニュアル可能・距離計連動式。
    QLはフィルムのクイックローディング機構。マニュアル操作時は露出計は動作しない。
    背面の赤ボタンはバッテリーチェック用。
    ガイドナンバーの計算なしで適正絞り値を自動設定できるフラッシュオート機構を初採用。

    おそらくデッドストック品。しかし金属部のさび、腐食あり。
    レンズとファインダーもカビ・曇りがひどい。
    収納したままはカメラにとっては最悪の保存状態。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/1

    • 3
    • 0
  • 16
    Loading

    キヤノン AE-1

    FDマウント。AE:自動露出でシャッタースピード優先のため絞りが自動設定される。
    電子化、ユニット化+自動組立で、従来の一眼レフカメラより約300点の部品削減に成功し大量生産で安い価格設定のため大ヒットする。
    「連写一眼」のキャッチコピーが話題となるがワインダーは内蔵していない。

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/5

    • 3
    • 0
  • 17
    Loading

    ニコン ニコマートFT-n

    ニコマートシリーズはニッコールレンズをより手頃な値段で使えるように発売された大衆機。
    ニコレックス(Nikkorex)シリーズの後継機。
    FT-nはシリーズ3代目。レンズF値を連動させるための「ガチャガチャ」を装備。
    人気機種となりロングセラー機。

    この個体は前期型で、巻き上げレバー・セルフタイマーが金属削り出し。
    後期型は、巻き上げレバー・セルフタイマーレバーにプラ製の指当て付。

    海外ではNikkormat(ニッコールマット)として販売。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/8

    • 5
    • 0
  • 18
    Loading

    キヤノンフレックスRM

    1962年(昭和37年)4月の一眼レフカメラ。セレン式の露出計内蔵。
    キヤノンフレックスシリーズの最終モデル。上部右側のフィルム巻き上げレバーは前モデルまでは底部のトリガー式だった。キヤノンRマウント・形状はFL・FDマウントと同じものの、機構が異なる。
    キヤノンフレックスシリーズは背の高さは同じですが両肩が持ち上がったデザインのためペンタ部が薄く見える。まとまりのあるデザインですが背が高い印象を受ける。

    この個体はセレン光電池の透明カバーが無くなっています。
    精度は未確認ですが露出計は動いている。60年近くなるカメラですがセレン電池は長寿命ですね。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/10

    • 7
    • 0