みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

Asahiflex の部屋 Asahiflex room English text added

Asahiflex ⅠあるいはⅠaには異形体がある。もっとも初期のものは ①シンクロ接点が1個。②シャッタースピードダイアルがB,20,30,40,60,100,200,500。③三脚穴がフィルム巻き上げノブの真下。である。次に①ではあるが、シャッタースピードダイアルがB,25,50x,100,200,500となっているものがある。ペンタックスではこれをⅠaと呼んでいる。(1-2年前に調整してもらいに新宿のサービスに持って行ったところ伝票にはⅠaとあった。)次にシンクロ接点が2個あるが、②のものである。この三脚穴は1aの特徴といわれているように中央部にある。 Asahiflex I or Ia has some variants. The typical early one is with ① one sync contact, which shutter speed dial is ② B, 20, 30, 40, 60, 100, 200, 500. ③ The tripod hole is directly below the film winding knob. NextⅠhas ④ two sync contacts, but the shutter speed dial is still ② B, 20, 30, 40, 60, 100, 200, 500 and with ⑥ a tripod hole located in the center, which is said to be a feature ofⅠa. There are some with ④ two sync contacts, ② B, 20, 30, 40, 60, 100, 200, 500. The other one is with ①one sync contact, with a shutter speed dial of ⑤ B, 25, 50x, 100, 200, 500 and ③ or ⑥. The Pentax company calls these Ia. (When I brought one to the service in Shinjuku for adjustment a few years ago, the slip said Ia.) There might be more variants. So the most important point for distinguishⅠfromⅠa is the shutter dial.

  • Loading

    Asahiflex Ⅰ 26185 English text added

  • Loading

    Asahiflex Ⅰ 26890

  • Loading

    Asahiflex Ⅰ後期型 27474

  • Loading

    Asahiflex Ⅰa 28008 English text added

  • Loading

    Asahiflex Ⅰ26237 (M42) lens 27208 (M42)

  • Loading

    Asahiflex ⅠB26185 L26313(左)とB26237 L27208(右)の比較

  • Loading

    Asahiflex Ⅰ B27573 L 28174

  • Loading

    Asahiflex Ⅰ B27163 L28024

  • Loading

    Asahiflex Ⅰ と Olympus 35 の比較 Comparison of Asahiflex I and Olympus 35 English text added

  • Loading

    Asahiflex Ⅰ 29077 L 29260 English text added

  • 1
    Loading

    Asahiflex Ⅰ 26185 English text added

    Asahiflex Ⅰの典型的なボディとレンズ。試作機が完成したのが昭和26年11月5日ということでボディナンバーを26115としたということです。この26185は71番目のボディということらしいです。ちなみに日本カメラ博物館で展示されていた機体はB26174、L26207だったと思います。いつか確かめます。今日、2020年7月4日、半蔵門の日本カメラ博物館に行って展示中のAsahiflex Ⅰを確かめてきました。B26274、L26207でした。B26174ではないかと聞きましたところ、うつし間違えではないかと言われました。朝日ソノラマ刊 カメラ レビュー クラシックカメラ専科 No.30 ペンタックスのすべて の表紙には Asahiflex Ⅰ が載っている。装着レンズは No.261027 である。また本文17ページ上の写真からボディナンバーが 26101X(Xは0-9)と推定できる。そうすると上記「試作機が完成したのが昭和26年11月5日」ということが疑問となる。
    Typical Asahiflex I body and lens. The prototype was completed on November 5, 1951(26,Showa), so the body number was set to 26115. This 26185 seems to be the 71st body. By the way, I think the camera body and the lens exhibited at the JCII Camera Museum were B26174 and L26207. I will check it someday. Today, on July 4, 2020, I went to the JCII Camera Museum in Hanzomon to see the Asahiflex I on display. It was B26274 and L26207. When I asked if it was B26174, I was told that it was a mistake. Asahi Sonorama Camera Review Classic Camera Special Issue No.30 All the covers of Pentax have the Asahiflex I. The attached lens is No.261027. In addition, the body number can be estimated to be 26101X (X is 0-9) from the photo on page 17 of the main text. Then, it becomes November 5, 1951".

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/28

    • 8
    • 0
  • 2
    Loading

    Asahiflex Ⅰ 26890

    Asahiflex Ⅰです。このボディもⅠの特徴をもっています。

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/29

    • 5
    • 0
  • 3
    Loading

    Asahiflex Ⅰ後期型 27474

     シャッタースピードダイアルがB,20,30,40,60,100,200,500というⅠ型の特徴をもち、三脚穴は中央底部にあるⅠa型の特徴をもっています。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/29

    • 4
    • 0
  • 4
    Loading

    Asahiflex Ⅰa 28008 English text added

     1-2年前に新宿のサービスセンターに調整に出すまでⅠ型だと思っていました。シャッター速度ダイアルは、B,25,50x,100,200,500でⅠaと修理伝票にありました。シンクロ接点はご覧のように1個です。また三脚用穴はフィルム巻き上げノブの真下にあります。これら二つはⅠ型の特徴と言われています。
     The difference between Asahiflex I and Ia is the shutter speed dial B, 20,30,40,60,100,200,500 (I) B, 25,50x, 100,200,500 (Ia) . The number of sync contacts and the position of the tripod hole are irrelevant, so be careful when purchasing.

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/28

    • 4
    • 0
  • 5
    Loading

    Asahiflex Ⅰ26237 (M42) lens 27208 (M42)

    アサヒフレックス Ⅰ のM42(プラクチカ)マウント仕様です。レンズもM42になっています。シャッターダイアルは、B,20,30,40,60,100,200,500です。シンクロ接点は2個、三脚用穴は巻き上げノブの真下にあります。前所有者は今までにⅠを30台、M42のものは3台扱ったそうです。私は初めてでしたので思わず即決で買ってしまいました。

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/29

    • 5
    • 0
  • 6
    Loading

    Asahiflex ⅠB26185 L26313(左)とB26237 L27208(右)の比較

    B26183はM37、B26237はM42。B26183は1芯、B26237は2芯。L26313の指標は白抜き長△、L27208は黒い長▲。L27208にはM42への変換輪がマウント部に装着されている。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/5/29

    • 3
    • 0
  • 7
    Loading

    Asahiflex Ⅰ B27573 L 28174

    ①シンクロ接点が1個。②シャッタースピードダイアルがB,20,30,40,60,100,200,500。③三脚穴がフィルム巻き上げノブの真下という典型的な初期型 AsahiflexⅠ です。ボディのシリアルNo.がもっと若い27474はシンクロ接点が2芯で三脚穴は中央底部にあるⅠa型の特徴をもっています。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/9/6

    • 4
    • 0
  • 8
    Loading

    Asahiflex Ⅰ B27163 L28024

    アサヒフレックス 1 Ⅰ型 初期型の特徴(シャッターダイアル、シンクロ接点の数、三脚穴の位置)をすべて備えている。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/10

    • 4
    • 0
  • 9
    Loading

    Asahiflex Ⅰ と Olympus 35 の比較 Comparison of Asahiflex I and Olympus 35 English text added

    Asahiflexの量産試作機がOlympus 35を2台継ぎ合わせて作られたという。そこで手元にある一番若いボディ番号のAsahiflex ⅠとOlympus 35を比較してみました。(Asahiflex Ⅰの巻き戻しノブは正面から見るとファインダーに隠れる部分ができるので背後からの写真です。)フィルム巻き上げ、巻き戻しノブの位置、形状がよく似ているのがわかります。

    It is said that a mass-produced prototype of Asahiflex was made by joining two Olympus 35s. So I compared the earliest body number I have with the Asahiflex I and an Olympus 35. (The rewind knob of Asahiflex I is a photograph from the back because it can’t be seen completely when viewed from the front.) You can see that the position and shape of the film winding and rewind knob are very similar

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/30

    • 6
    • 0
  • 10
    Loading

    Asahiflex Ⅰ 29077 L 29260 English text added

    Asahiflex Ⅰ は何台作られたか?ここに挙げた B 29077 は現在私が持っている Ⅰ型で一番大きい数字の機体である。シャッターダイアル、シンクロ接点の数、三脚穴すべてが初期型Asahiflex Ⅰ の特徴をもっている。以前にも述べたが、Ⅰ型とⅠa型の違いはシャッター速度の違いである。それ以外がⅠ型の特徴をもっていても1/20、1/30秒がなければⅠ型とは言えない。オークションで高値がついている場合には特にこの点に注意しなくてはならない。

    How many Asahiflex I were made? The B 29077 listed here is the type I body with the highest number I currently have. The shutter dial, the number of sync contacts, and the tripod hole all have the characteristics of the early Asahiflex I. As mentioned earlier, the difference between type I and type Ia is the difference in shutter speed. Other than that, even if one has the characteristics of type I, it cannot be said to be type I without 1/20 and 1/30 seconds. This should be taken into consideration especially when the auction has a high price.

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/2/17

    • 3
    • 0