みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

コダック レチナ Ⅰ Type 148

ライカに始まった35mmカメラの歴史は、レチナによって、多くの人々には「身近な存在としてのカメラ」となり、「カメラの大衆化」に大いに寄与しました。
レチナは、現行の35mmパトローネ入り「135フィルム」フィルムを販売促進させるため、コダックが投入したカメラです。
1934年から1969年までの実に35年間にわたって製造され、全部で34機種が発売されています。

写真のカメラは1946年製、パトローネが普及し始めた頃に販売された頃のカメラです。