File

吹き替え洋画劇場

92

「洋画は字幕に限る!」
そう公言される人は多いもの。
しかし、吹き替えを馬鹿にし、蔑むヤカラとは
同じ空気を吸いたくないし、付き合いません。

近年吹き替え入りのソフトが多数販売されてます。

「吹き替えこそ我が人生!」

さあ、上映のベルが鳴りました。

もっと見る

Default
  • File

    MOYO.

    2018/08/21

    ダーティ・ハリーのヤスベエなんて、他の声優さんじゃ納得出来ませんからね(笑)。

    イーストウッド本人の声よりしっくり来ちゃう不思議。

    返信する
    • File

      オマハルゲ

      2018/08/21

      ありがとうございます。
      「フィックスでなきゃイヤイヤ!」という心の狭い人間ですが、たまに意外な「フィックス外し」の作品を見て「これもいいかも」と思ってしまうヘタレでございます…。

      返信する
  • File

    mocopapa

    2018/08/22

    子供のころに観た、ジャッキーチェンの「酔拳」「少林寺木人拳」このあたりの吹き替え版ってレンタルでは出会えることがないんですよね。子供に見せてやりたいと思っているんですが、、セル版しかないところが残念です。

    返信する
    • File

      オマハルゲ

      2018/08/22

      ありがとうございます。
      ジャッキーは石丸さん以外考えられませんね。
      映画によってはビデオで吹き替え版があったのに廃版、なんて事もあるようですね。

      返信する
  • File

    woodstein

    2018/08/26

     omaharuge102さん、この度は、フォロー及び沢山の「いいね!」を賜りまして、有難うございました。さて、私も基本的には洋画の日本語吹替は大好物なのですが、どうも最近のものはいただけません。そんな古い吹替ファンの気持ちをある程度汲み取ってくれている本を、いずれ私のコレクションルームに展示しようかと思っています。あと、個々の吹替の名人ともいうべき声優については、いずれDVDなどの紹介をした際に語れればいいな、と思っているので、気長に来館して下されば、有り難いです。ということで、もうすでに多くのフォロワーがおられるようですが、私もその末席に加えさせてもらいます。

    返信する
    • File

      オマハルゲ

      2018/08/26

      ご丁寧なご返信、ありがとうございます。
      本来ならアイテムの画像に最低限のキャプションを付けるだけ、それでいいと思います。
      しかし、アイテムにまつわる事、その背景なんかもついつい語りたくなってしまうのです。
      特に吹替えなんかだと他の作品では他の声優さんが…などという豆知識みたいな事も加え、そういう説明抜きでは味気なく思っちゃいます。
      ただ、書き出したら長くなってしまいがちなのが反省点。もっとさらっと読んでいただけるよう精進しますので、どうかお付き合いのほどを。

      返信する