みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

特撮本

特撮に関係する書籍を一括りにしました。東宝・円谷成分多めの展示です。

  • Loading

    特撮秘宝 Vol.2

  • Loading

    特撮秘宝 vol.4

  • Loading

    ウルトラマン研究読本

  • Loading

    円谷プロ・怪奇ドラマ大作戦

  • Loading

    ウルトラセブン研究読本

  • Loading

    円谷プロ・SFドラマ大図鑑

  • Loading

    蘇る昭和特撮ヒーロー

  • Loading

    伝説の昭和特撮ヒーロー

  • Loading

    怪奇大作戦大全

  • Loading

    サンダーバード大全

  • Loading

    特撮秘宝 Vol.3

  • Loading

    特撮秘宝 vol.5

  • Loading

    特撮秘宝 vol.7

  • Loading

    ウルトラQの誕生

  • Loading

    モンスターパニック 超空想生物大百科

  • Loading

    ガメラ2 Ultimate Chronicles

  • Loading

    季刊映画宝庫 SF少年の夢

  • Loading

    悪魔くん/河童の三平・妖怪大作戦 完全ファイル

  • Loading

    世界怪物怪獣大全集

  • 1
    Loading

    特撮秘宝 Vol.2

    「特撮系雑誌の煮こごり」、特撮秘宝の2号目です。表紙が宇宙猿人ゴリ、表紙を捲るとオードリーの春日が「トゥース!」…じゃなくてこれもポーズを決めたゴリでした。

    内容はどれから読んだらいいか迷うほど特撮TVの記事が満載ですが、思わず目に留まったのが新東宝唯一の本格SF映画「空飛ぶ円盤恐怖の襲撃」の話題でした。

    「空飛ぶ~」は近年、幻と言われていたフィルムがオークションに出品され業界関係者(?)が落札、ソフト化の動きがあると言われています。その後の進展はないようですけど、昭和30年代にTV番組の穴埋めで何度か放送されたらしいので、こちらに展示します。

     #特撮 #書籍

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/12

    • 4
    • 0
  • 2
    Loading

    特撮秘宝 vol.4

    順不同で紹介する「特撮秘宝」、今回は4冊目。時期的に「シン・ゴジラ」特集号となってます。

    TV関連では未発表だった「ウルトラセブン」の撮影スナップが貴重かも。キングジョーの分離したプロップなんか、ちゃんと一体一体記録に残してあるんですな。

    もう一つ、あまり書籍では扱われなかった「レッドマン」の特集も。朝の子供向け番組「おはよう! こどもショー」内で帯で流れた5分のコーナーでした。ただ歩いているだけの怪獣にいきなり飛びかかり、ボコボコにする別名「赤い通り魔」というヒーローですw

     #特撮 #書籍

    https://youtu.be/84sQvg8rZFc

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 5
    • 0
  • 3
    Loading

    ウルトラマン研究読本

    ウルトラマン関連の書籍は今までも数多く出版されて来ました。この本も既発の書籍と同じ様にストーリーや登場怪獣について一通り解説されていますが、ストーリーの人気投票や登場したゲスト・ヒロインについて言及されていたり、科特隊が使用した火器の一覧等、マニアックで独自の色合いを出そうという努力が見られます。

    特にゲストの女優のインタビューは貴重だと思います。「ミロガンダの秘密」で博士の助手として登場した槇みちるという方は「若いってすばらしい」というヒット曲を持つアイドルだったのを初めて知りました。曲自体は小さい頃に聞いた記憶はあったんですけどね。それからNHK教育で「できるかな」の歌まで歌われていたとは驚きです。

     #特撮 #書籍 #ウルトラマン

    https://youtu.be/nKFgAMXMJ6A

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 7
    • 0
  • 4
    Loading

    円谷プロ・怪奇ドラマ大作戦

    円谷プロが制作した怪奇ドラマを特集したムックです。「怪奇大作戦」「恐怖劇場アンバランス」「緊急指令10-4・10-10」がメインに扱われています。スタッフやキャストのインタビューが多くて貴重です。

    「緊急指令~」のヒロインである入江ナミ役の牧れいさんのピンナップはお宝ものでしょうw お綺麗です。

     #懐かし #TV #円谷プロ

    歌手・牧れい
    https://youtu.be/ZpOGBK6mhMM

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 6
    • 0
  • 5
    Loading

    ウルトラセブン研究読本

    「ウルトラマン研究読本」に続いての研究本です。構成は「ウルトラマン~」とほぼ同じ。エピソードの人気投票ではメトロン星人の登場する「狙われた街」が№1に。納得のいく結果でしょう。

    今度も登場兵器やゲストのヒロインの特集もしっかり。特にヒロインについては役を演じた10人近くの女優さんへのインタビューが目を引きます。

     #懐かし #TV

    https://youtu.be/3xasXaewouw

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 6
    • 2
  • 6
    Loading

    円谷プロ・SFドラマ大図鑑

    円谷プロの特撮ドラマを特集したムックの、今回はSF作品をメインにした特集本です。「マイティージャック」「戦え! マイティージャック」「猿の軍団」「スターウルフ」を取り上げています。

    「マイティージャック」は11人の隊員がメインの登場人物ですが、全員揃うのは稀で、設定を活かせないまま低視聴率で打ち切り、子供向けに1時間から30分になって「戦え!~」となった不遇の作品です。「猿の軍団」も「猿の惑星」から、「スターウルフ」も「スターウォーズ」からヒントを得て制作された便乗作品でこれまたあまりいい評価は得られておりません。

    それでも当時の円谷プロのチャレンジ精神はもっと認めてあげましょう、という作品群ではあります。

    富田勲氏作曲の「マイティージャック」のテーマ曲は今聞いても胸躍ります。

     #懐かし #TV

    https://youtu.be/Tuubq8KS-XY

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 6
    • 0
  • 7
    Loading

    蘇る昭和特撮ヒーロー

    昭和30年代を中心とした特撮TVヒーロー番組を特集したムックです。月光仮面、少年探偵団、赤胴鈴之助などなど、懐かしのヒーローが網羅されてます。

    流石にこれらの番組の多くは世代でないので、精々後からビデオで視聴したりした程度ですけど、古き良き時代の熱気が伝わってくる内容です。

    月光仮面の大瀬康一氏など存命の方のインタビューも掲載されており、亡くなられた方については過去の出版物からの再録という形でインタビューも載っています。

    muuseo の館主の方の中にもヒーローがおられるようで・・・。

     #懐かし #TV

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 7
    • 0
  • 8
    Loading

    伝説の昭和特撮ヒーロー

    以前展示した「蘇る昭和特撮ヒーロー」の姉妹誌的な書籍で、制作会社の「宣弘社」のTV作品を網羅しています。

    月光仮面から始まって怪傑ハリマオ、隠密剣士、光速エスパー、シルバー仮面、アイアンキング、レッドバロンといったヒーローものの他に怪人四十面相、ガッツジュン、闘え!ドラゴン、七人のリブといったドラマまで、スタッフやキャストのインタビューを交えての紹介です。

    ところで、最後の画像の「豹の眼」の死神というキャラのお面、東映制作の「悪魔くん」に登場したドクロン妖怪に似ている事に気付きました。何か繋がりはあるのか、考えるのも面白いと思います。

     #懐かし #TV #書籍

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/6

    • 8
    • 0
  • 9
    Loading

    怪奇大作戦大全

    円谷プロの特撮ドラマ「怪奇大作戦」の特集本です。基本的に他の方が投稿されているアイテムと被らないようにはしているのですが、コレクションによっては重複してしまうのは致し方ない面もあります。この書籍も後出しジャンケンのようではありますけれど、展示します。

    「大全」と謳っているだけあって、スタッフやキャストのインタビューは充実しているのは勿論、劇中に登場する用語や装備、施設などの細かな解説もされているのは流石。

    今となって実相寺昭雄監督や脚本の市川森一氏など、亡くなられたスタッフの方々の番組に対する想いだとかの証言が読めて貴重です。

     #懐かし #TV 

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/3

    • 4
    • 2
  • 10
    Loading

    サンダーバード大全

    前回と同様に「大全」と銘打たれたサンダーバードの解説全集です。これもアイテム的には被ってますけど、サンダーバード関連のアイテムを展示されている方々が多いので当然かと思います。

    刊行されたのが2002年と若干時間は経っています。グラビアに使用されたグッズの数々的なも当時の物。しかし本書の内容はTV版を詳細に解説するのがメインなので、これ一冊でサンダーバードの基本は事項は網羅されていると言って差し支えないでしょう。

    後半に今井科学のプラモについてページが割かれていたり、専門家の対談があったりと後のデアゴの「サンダーバード2号を作る」に繋がる面もありますね・

     #懐かし #TV #サンダーバード

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/7

    • 3
    • 0
  • 11
    Loading

    特撮秘宝 Vol.3

    順不同で紹介している特撮秘宝の3冊目になります。表紙を捲るといきなりセブンに登場したガンダーと撮影スタッフのラブラブな写真にほっこりw

    非常に濃い内容なので紹介しきれませんが、特撮ファンにはスペクトルマンのPプロや円谷プロなどの未公開写真の数々がてんこ盛りなのが嬉しいポイント。

    ゴジラ映画のポスターでも有名なお生頼範義氏の追悼記事も。

     #特撮 #書籍

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/11

    • 7
    • 0
  • 12
    Loading

    特撮秘宝 vol.5

    特撮に関してマニアも驚く秘蔵の資料や画像を載せている「特撮秘宝」。今までにない「濃ゆい」内容の書籍、そのvol.5は怪獣をデザインした池谷仙克氏の追悼特集がメインです。

    池谷氏はウルトラセブンの後半から第二次怪獣ブームを中心に活躍されました。前任の成田亨氏はアバンギャルドなデザインが目立ちましたが、池谷氏の怪獣はどちらかというとオーソドックス。それでもタッコングやツインテールといったインパクトあるデザインを残してますね。

    他にも「実写版鉄腕アトム」の記事もあったり、それに関連して、紙に書いたキャラに棒を付けて動かすというチープな構成の「幻の」人形劇まで貴重な写真付きで紹介されてるのに感激。

     #懐かし #TV

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/12

    • 8
    • 0
  • 13
    Loading

    特撮秘宝 vol.7

    特撮作品の「煮こごり」とも言うべき書籍のvol.7、本号はゴジラの中の人(「中の人などいない!」?)中島春男氏の追悼特集号となっております。併せて特撮映画や黒澤作品でお馴染みの土屋嘉男や大魔神の橋本力氏の追悼記事が載ってます。近年大物が次々と物故されて寂しい限り。

    そんな中、もう一つの目玉は「アゴン」の超レアな写真ギャラリーです。「アゴン」は昭和30年代に「TVでゴジラのような番組を」と企画されたものの、東宝からクレームが入り30分番組でたった4本しか制作されなかったんですね。お蔵入りとなった後、昭和43年の正月にひっそりと放送された幻の作品なわけです。

    因みにアゴンの最後は「××やめますか? それともアゴンやめますか?」という驚愕のオチですw

    「幻の怪獣アゴン」として1980年代前半にはビデオ化されてますけど、資料的な写真はあまり世に出てませんでした。アゴンのカラー写真なんて初めて見た…。

     #懐かし #TV

    https://youtu.be/XfArjZqohVg

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/12

    • 8
    • 0
  • 14
    Loading

    ウルトラQの誕生

    円谷プロのウルトラQに関する書籍は山のように出ておりますが、本書はどのようにして番組が生まれたかその経緯を中心に書かれています。表紙以外に写真は一枚も使われてません。

    TBSで放送されたウルトラQは、怪獣路線になる前に「自然界のバランスが崩れたら」という趣旨で「アンバランス」というタイトルで企画されました。更にそれ以前、フジテレビで宇宙から来た不定形生物が事件を解決するという内容の「WoO」として放送される予定が流れてTBSに移ったというのはある程度知られたエピソードだと思います。そのような流れが詳細に書かれてます。

    個人的に不勉強だったのは「WoO」という番組は1クールで終了し、その後は別の宇宙生物が主役となって「ラッパー」「スペース・ホース」とタイトルを変えて続いて行く予定だったというのを初めて知りました。面白い試みだと思います。

    それにしても放送から50年以上経っても話題の尽きないウルトラQではあります。

     #ウルトラQ #書籍

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/12

    • 1
    • 0
  • 15
    Loading

    モンスターパニック 超空想生物大百科

    古今東西の、映画に登場する怪物・怪獣について解説した書籍です。メジャー・マイナー取り混ぜて数多くのキャラが載っています。

    折り込みの出現地図まであって、かつての少年誌のようなワクワク感が味わえます。

     #怪獣 #怪物 #書籍

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/29

    • 4
    • 0
  • 16
    Loading

    ガメラ2 Ultimate Chronicles

    映画「ガメラ2 レギオン襲来」のムックです。

    ガメラとレギオンの最終決戦は地元の足利という事で、当時は期待値が上がっておりました。残念ながら足利でのロケはなかったですが、それでも「日本SF大賞」を受賞するに値する出来映えでした。

    企画当初は「ギャオスの次はバルゴンいやギロンだ」など対戦怪獣の再登場も検討されていたようですがオリジナルのレギオンで大正解だったと思います。そのレギオンもデザインに試行錯誤が見て取れますね。

     #特撮 #書籍

    https://youtu.be/EFpd2IQoTYA

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/11/28

    • 6
    • 7
  • 17
    Loading

    季刊映画宝庫 SF少年の夢

    2021年最初の展示は本館の館長のルーツとでも言うべき書籍を。一作目のスターウオーズ公開に合わせて発行されたSF映画を特集した書籍です。40年以上もあちこち移動したためにかなりボロボロになってますw

    当時は情報が少なく、昔の映画となると資料が全くありませんでした。この本のお陰で現在頭の中にある知識はかなり本書から得ています。特にTVで放送されただけのB級映画などはこれで知った物が多かったですね。

    御大、手塚治虫の対談も載っていて、手塚氏が子供の頃に見たSF映画の貴重な情報を語っています。他にも大林宣彦氏の「未知との遭遇論」などなど。特別付録として英国映画「原子人間」の復刻パンフレットが綴じられていました。

     #洋画 #SF #書籍

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/1

    • 5
    • 0
  • 18
    Loading

    悪魔くん/河童の三平・妖怪大作戦 完全ファイル

    東映特撮に関する書籍は結構出てますけど、この二作品はモノクロという事もあって出版物は殆どありません。それでも怪獣の様な着ぐるみ妖怪が登場する「悪魔くん」は記事になる機会もあるんですが、「河童の三平」は予算の関係か妖怪がメイクとカツラだけという地味な感じだったので、自分もこの本で初めて番組の全容を知りました。因みに発行元は「ガロ」の青林堂。どうも他の特撮本と比べて雰囲気が異質な感じだったのはこれが原因だったのか。

    収録されたグッズの写真を見るとブロマイドやスケッチブックまであったとは…。それにしてもおどろおどろしい絵柄で子供はトラウマになりそうw

    中身は各話の解説が中心ですが意外とあっさりしてます。プロデューサーの平山氏と水木しげる氏の対談、三平の方で前半のレギュラーだった河童界の長老の孫娘“カン子”役の松井八知栄さんの対談は貴重です。松井さんは早くに引退され、プロボウラーに転身したのは一部では有名ですね。

    河童の三平は途中から制作のセクションが変更になったので現存する写真など資料が極端に少ないそうです。代わりに水木先生そっくりな絵柄を描く森野達弥氏が登場する妖怪のイラストを担当されています。

     #河童の三平 #妖怪 #特撮

    https://youtu.be/0e1QjlmkZqg

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/15

    • 7
    • 2
  • 19
    Loading

    世界怪物怪獣大全集

    第一次怪獣ブームだった昭和42年に発行された、怪獣や外国映画の怪物を特集した一冊です。怪獣に関しては「ウルトラセブン」放送前だったので「キャプテンウルトラ」まで載っています。

    発行元がキネマ旬報という事もあり、怪獣よりも洋画に登場する怪物に重点を置いた構成となっております。流石キネ旬だけあって日本では未公開の映画の写真が数多く使われていて貴重です。小松左京氏などの座談会も収録されているのも面白い。中ほどに綴じられている「怪物怪獣大系統図鑑」、広げるとかなりの大きさで正に圧巻なんですが、傷みが激しくてボロボロです。

    本書は幼少の頃書店で見かけて欲しかった書籍でした。21世紀になって復刻されていますが、手元にあるのは当時の物。と言っても80年代に偶然地元の古書店で発見、慌ててゲットした品です。値段は驚きの100円でした。

     #特撮 #怪獣 #書籍

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/19

    • 8
    • 2