みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

三丁目の夕日に照らされて

自動車のプラモデルの主流は1/20~1/24のスケール。ミニカーは1/43以下。 その間のスケールを埋めるべく昭和の名車の数々をプラモデルで振り返ります。

  • Loading

    ダイハツ ミゼット・前期型

  • Loading

    ホンダ T360

  • Loading

    トヨタ パブリカ

  • Loading

    トヨタスポーツ800

  • Loading

    ホンダ S500

  • Loading

    自転車

  • Loading

    ホンダ スーパーカブ

  • Loading

    トヨタ トヨペットクラウン

  • Loading

    トヨタ トヨペットクラウン・パトカー

  • Loading

    マツダ T-2000オート三輪

  • Loading

    ダイハツ CM10T

  • Loading

    マツダ K360

  • Loading

    日野 コンテッサ1300クーペ

  • Loading

    日産 フェアレディ―2000(ハードトップ)

  • Loading

    プリンス スカイラインS54B

  • Loading

    日産 スカイライン2000GT-R

  • Loading

    いすず ベレット1600GTR

  • Loading

    スズキ Hi

  • Loading

    ホンダ S600 オープンタイプ

  • Loading

    ホンダ S600 ハードトップ

  • Loading

    マツダ キャロル

  • Loading

    ニッサン フェアレディ―2000GT ソフトトップ

  • Loading

    マツダ R360 クーペ

  • Loading

    ホンダ N360

  • Loading

    フォルクスワーゲン スプリットウインドー

  • Loading

    スズキ フロンテ/フロンテSS

  • Loading

    ニッサン プリンススカイラインS54B

  • Loading

    ホンダ ZGT /ZGSS

  • Loading

    ニッサン ブルーバード 1000/1200

  • Loading

    プリンス グロリア スーパー6/オープンタイプ

  • 1
    Loading

    ダイハツ ミゼット・前期型

    最初に断わっておきますが、この部屋に展示するのは1/32スケールの「昭和の」自動車です。時たま関連品として1/35スケールのアイテムも顔を出します。それ以外のものはありません。

    取り上げるのは主に「エルエス」というメーカーの製品。途中で「オーナーズ・クラブ」というシリーズとなり、エルエスが廃業した後「アリイ」に引き継がれ、その後「マイクロエース」名義となって生産され続けています。シリーズの半分以上が昭和の名車で構成されてます。

    記念すべき最初の一台は「ダイハツ ミゼット」。箱が日に焼けちゃってます。これはアリイでの再販品。

    ミゼットと言えば映画「三丁目の夕日」シリーズに登場したオート三輪ですが、劇中に登場したのは運転席が密閉された後期型。こちらは運転席が剥き出しでドアのないバーハンドルの前期型です。実車では無理矢理ドアを付けたタイプもあったようです。

    パーツ構成はシンプルながら最低限の細かい部品もちゃんと押さえてあります。

    初期生産分はプルバック式のゼンマイで走らせるチョロQのような仕様でした。荷台は箱が積んだ形で一体成形されており、その部分にゼンマイが収納されてましたが、金型が改修されてディスプレータイプに変更。最初は完全にオモチャ感覚で発売されたという事ですね。

    ※エルエスでの最初の価格は300円。メーカーが移って倍の値段になったんですね。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      30がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/18

    • 3
    • 0
  • 2
    Loading

    ホンダ T360

    比較的最初の方に発売されたホンダの軽トラックです。さすがホンダ、軽トラと言えどスタイリッシュなデザインですね。これはエルエスの再生産分の箱。

    初期のゼンマイ内臓タイプの商品からの名残りで、ホイールは金属シャフトに嵌め込む形です。足回りは完成後は見えなくなるし、強度的にもいい選択でしょう。あくまで転がす事を前提にしてますが。

    箱絵に描かれてるのは酪農家が使用している設定のもの。牛乳を入れる缶も隅に描かれてます。車種は違いますが、ウルトラQの大猿ゴローが牛乳欲しさにトラックを襲うシーンが再現出来そうですw

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/19

    • 3
    • 3
  • 3
    Loading

    トヨタ パブリカ

    デザイン的には地味ですけど、比較的安価で購入出来たためマイカーブームの中心となって自家用車の普及に貢献したパブリカ。

    地味なのでせめて少しは手を入れてやろうと、エンジングリルのところをメッシュのシートに置き換えようと購入。最初に買ったエルエス版は、調子に乗っていたら穴を大きく拡げ過ぎちゃって失敗。アリイからの再販品を急遽探して一からやり直しという事に。

    金属部分に使えるので光沢シートもついでに用意。準備は万端ですが失敗のトラウマから作業停滞中。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      27がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/19

    • 4
    • 0
  • 4
    Loading

    トヨタスポーツ800

    ここで展示しているのは1/32スケールの安価なプラモ。、部品も少なめ&パーツの色は一色のみ。コストを押さえて手のひらサイズの車をサクッと作れるようになってます。

    例外はこのトヨタのスポーツ800。(トヨタ2000GTをデフォルメしたようなデザインでカッコいいですね~。)

    パーツはシャーシが白、内装部が赤、という2色構成。おまけにホイールやバンパーの部品はメッキ加工が施されてます。シリーズの他と比べてコスト高の商品でしょう。試行錯誤の苦労が見て取れます。

     #自動車 #プラモ #懐かし

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/19

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    ホンダ S500

    「オーナーズ・クラブ」シリーズ唯一の限定商品です。限定だったので買い逃してましたが、他の方の展示品を見て探したらあっさりとオークションで入手出来ました。

    既発だったS600の姉妹品で、エッチングパーツが付いてますので上級者向けですね。フロントグリル、ワイパーがそうです。また、他の商品ではエンブレムがデカールを貼る仕様ですが、この製品ではエッチングで再現されてるのでより再現度が高くなります。定価1600円なので、他の商品の3倍くらいの値段です。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      26がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/23

    • 3
    • 0
  • 6
    Loading

    自転車

    自動車の脇にあって重宝するのが自転車ですね。オーナーズ・クラブとほぼ同スケールの1/35サイズのプラモです。

    食玩などでは省略されそうな部分も細かく部品化され、タイヤの部品にモールドされてるスポークを切り取ってエッチングに置き換えることが出来ます。しかし、エッチングは扱いに難儀しますね。小さい細い折れやすいの三重苦。さて、どう料理すればよいか、思案中です。伸ばしランナーで自作する箇所もあり、大変です~。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/10

    • 5
    • 0
  • 7
    Loading

    ホンダ スーパーカブ

    ガチャでフィギュアとして発売されたのも記憶に新しい、ホンダ・スーパーカブの1/35スケールプラモです。大人の事情なのか外国の製品だからか、「カブ」の文字は表記されてません。

    自転車同様、スポークはエッチングで表現される仕様となっておりますが、自転車より部品点数が多いため完成させる自信がありません…w

    何気にこのプラモ、オマケが拘っていて、タバコやライター、カメラにバッグという、バイクとは直接関係ないものが部品化されてます。タバコに貼るラベルはデカールを貼るようになってたり、バッグのベルトもエッチングで表現されるという、オマケにもしっかりフォローがされてますね。

    しかしスケールは1/35、という事は全部極小サイズです。画像にもあるライターは3ミリ弱ですよ、こんなん速攻で失くす自身がありますよ~w

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/11

    • 5
    • 0
  • 8
    Loading

    トヨタ トヨペットクラウン

    昭和30年代の映画やドラマには必ずと言っていいほど登場した国民的な車種です。

    観音開きのドアやドアのステーに設置されパカッと出入りするウインカーなど、時代を感じさせます。

    初期に発売されたのでまだゼンマイを取り付けて走る仕様にも出来ます。

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/10

    • 2
    • 2
  • 9
    Loading

    トヨタ トヨペットクラウン・パトカー

    トヨペットクラウンの姉妹品、パトカー仕様です。違いと言えばクリアレッドでパトランプの部品、もう一つサイレンの部品が追加されているところ。サイレンの部品のためにわざわざ違う金型を作ったようです。

    お馴染みのパトランプ以外にも、それ以前に装備されてたルーフ前部に取り付けられた旧式のランプも選択して付けられます。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/18

    • 3
    • 0
  • 10
    Loading

    マツダ T-2000オート三輪

    今から45年ほど前までは大型のオート三輪がまだ「かろうじて」走ってました。

    安定が悪いオート三輪。ミゼットなど小型車はよく転倒したそうです。大型ともなると事故ったらかなりヤバそうなんですが…。

    最初に発売されたLS名義のこれは価格1000円。アリイに移ってから最終的に全車種一律800円に統一されて販売されました。普通なら値上がりするところを値下げ、珍しいと思います。

     #自動車 #プラモ #懐かし

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/21

    • 2
    • 2
  • 11
    Loading

    ダイハツ CM10T

    マツダに続いてダイハツのオート三輪も発売されました。

    2車種とも箱の仕切りが荷台の床を模した形になってるのが面白い。

    両車種の運転席を比べると、形や大きさがかなり違っていますね。

    これも1000円→800円となりましたが、部品の点数や大きさがかなり違うのに他の軽自動車と同じ値段、メーカーも思い切った事をするもんです。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/10

    • 4
    • 2
  • 12
    Loading

    マツダ K360

    先の記事で紹介した三輪トラックの小型版のような三輪軽トラです。

    三輪というとダイハツミゼットが有名なんですが、昭和30年代にこのマツダも含め各社が挙って発売してましたね。まだまだ自動車は高嶺の花、比較的安く購入出来たので街の商店では重宝されました。

    組み立てるなら部品の点数も少ないし、サクッと作れそうなんですけど、ずっと放置してます。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/20

    • 2
    • 0
  • 13
    Loading

    日野 コンテッサ1300クーペ

    今ではすっかり「トントントントン日野の2トン」なトラック専門の会社となった日野。かつてはこんなオシャレなデザインのクーペを発売してたんですね。

    デザインはイタリアのミケロッティー。コンテッサとは伯爵夫人の意。海外で賞を取るほどエレガントな車でした。

    エルエス時代の製品なのでこれもゼンマイで走ります。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/10

    • 2
    • 3
  • 14
    Loading

    日産 フェアレディ―2000(ハードトップ)

    元祖・フェアレディ―のこの車。コンテッサが伯爵夫人ならこちらは淑女。

    オーナーズ・クラブがアリイに移ってからの最初の製品。エルエス時代の「金属やプラのシャフトでコロコロ転がせる」というオモチャっぽい仕様からよりディスプレーを基本とした設計に変更。足回りの部品点数が増え、リアリティー度が増しました。

    姉妹品としてソフトトップも所有してるんですが、どこかに埋もれておりますw

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/21

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    プリンス スカイラインS54B

    日本が高度成長期だった頃には中規模の自動車会社がありました。「プリンス自動車工業」もその一つ。1965年に日産と合併しました。そのプリンスで製造されていたのが元祖・スカイラインという訳です。

    フロントグリルの違いからスカイラインには見えないかも知れませんが、これぞ元祖、歴史を感じさせます。

    一連のシリーズではでは唯一のプリンス製の車です。エルエスなのでこれもゼンマイ駆動。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/10

    • 2
    • 2
  • 16
    Loading

    日産 スカイライン2000GT-R

    プリンス自動車から引き継がれて日産の代名詞となったスカイライン。その1971年モデルの模型化です。

    プリンス・スカイラインはエルエス時代に製品化されましたが、こちらはアリイに移ってからのもの。ゼンマイは省かれ最初からディスプレー用となっております。

    一応プリンスのと比べると、2ドアと4ドアの違いもありますが何となく名残りが残っている程度で、別物だというのが分かります。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/22

    • 4
    • 0
  • 17
    Loading

    いすず ベレット1600GTR

    これもシリーズ唯一のいすず車です。メーカー表記も「いすゞ」なのか「いすず」か「イスズ」にすべきか、ちょっと混乱します。「日産」か「ニッサン」かというのも含め、統一しようと思うんですが、そこは雰囲気で表記させて頂きます。

    ベレットの特徴的なボディーのラインはちゃんとデカールで表現されております。ゼンマイ付きです。

    エルエス時代の製品はゼンマイによるプルバック走行も可能でしたが、ちゃんとディスプレー用の後部座席もあり、動かすか飾るかの選択が可能となっております。エルエスの製品は足回りの部分が省略されてたりしますが、その分強度的にはアリイの製品よりも壊れ難くなっております。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/22

    • 3
    • 0
  • 18
    Loading

    スズキ Hi

    この部屋に登録されているのは懐かしき昭和の自動車です。スーパーカブと自転車もオマケで紹介しました。

    ところが、同じ1/32という事で出先で見付けたスクーターのガチャを、勢い余って回してしまいまして、ゲットしたのがこれです。如何にも“ヤンキー御用達”なスクーターであります。昭和の末頃の車種ですね。

    タイムスリップグリコのカブとと並べてもほぼ同じ大きさ。カブも同スケールなんでしょう。まあ、比較用という事にして取っておくことにします。

     #自動車 #プラモデル

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/2/1

    • 5
    • 0
  • 19
    Loading

    ホンダ S600 オープンタイプ

    60年代のスタイリッシュなホンダのスポーツカーです。幌を畳んだ状態と展開状態が選択できます。

    買った当時は「筆塗りでやってやろう」と気楽に考えて塗った結果、筆の跡が残り失敗。そのまま放置しておりますw

    買い直さなきゃ…。

     #自動車 #プラモデル

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/2

    • 5
    • 0
  • 20
    Loading

    ホンダ S600 ハードトップ

    こちらはハードトップなので車内が見えない仕様。なのでゼンマイ付きでプルバック走行にも出来ます。エルエス初期の製品ならではです。

    こちらもオープントップタイプ同様、「筆塗り」に失敗したままです。スーパーカーブームのおり、初めて缶スプレーで仕上げようとして塗料が垂れるほど厚塗りして失敗して以来トラウマとなりまして…。以来エアブラシもビビッて最近まで買えませんでした。

    これから再チャレンジします。

     #自動車 #プラモデル

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/2

    • 5
    • 0
  • 21
    Loading

    マツダ キャロル

    マツダのコンパクトな大衆カーです。

    シンプルイズベスト。少ない部品で上手く纏まっていると思います。失敗せぬよう頑張って組んで行こうと思います。

     #自動車 #プラモデル

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/2

    • 5
    • 0
  • 22
    Loading

    ニッサン フェアレディ―2000GT ソフトトップ

    以前紹介したフェアレディ―のソフトトップ・タイプが発掘されました。

    違いは幌の部品だけですが、やはり「貴婦人」にはオープントップが似合うと思います。

    完成するのはいつの日か。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/14

    • 5
    • 0
  • 23
    Loading

    マツダ R360 クーペ

    昭和30年代後半に登場した、どことなく未来的なデザインの2シーターのスポーティーな軽自動車です。

    僅か6年で生産終了となりましたが、比較的安価ではあるものの商用車でもなく家族向けでもない「若者向け」である事を考えると、早過ぎた展開だったのかも知れません。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      27がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/10

    • 5
    • 4
  • 24
    Loading

    ホンダ N360

    個人的に子供の頃よく見かけたという印象なのがこのホンダN360です。当時の販売価格が31万5千円だという事で、比較的手に入れ易かったからではないでしょうか。

    一部塗装をしかけたままずっと放置状態です。そんなのばっかり、自己嫌悪に陥ります…。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/15

    • 5
    • 0
  • 25
    Loading

    フォルクスワーゲン スプリットウインドー

    カブトムシの愛称で有名なドイツの国民車、正に「フォルクスワーゲン」です。ヒトラーの号令の元に製造されたというのも有名でしょう。

    基本的なフォルムはそのままに長年親しまれた車ですが、こちらは箱絵に描かれているようにリアウインドウが小さくかつ左右に分かれた比較的初期の生産となる1950年モデルの製品化です。後方の視界が不安だと思うんですがねぇ。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/15

    • 5
    • 0
  • 26
    Loading

    スズキ フロンテ/フロンテSS

    アリイに移ってから展開された「オーナーズ・クラブ」はエルエス時代よりも渋い車種を選んで商品化するようになりました。このスズキフロンテがその代表でしょう。

    しかも昭和43年に発売された「フロンテ」と翌年グレードアップした「フロンテSS」の2種類を発売するというのは快挙だと思います。何故かというと外見上の違いはフロントグリルの僅かな違いだけだからです。

    他のメーカなら「どちらか選んで作れます」という「コンパチキット」で発売された可能性が高いと思います。戦車などミリタリー関係のプラモはそういう場合が多いからですが。これは1/32の車に力を入れたアリイのイケイケっぷりを表しているのかも知れません。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/18

    • 6
    • 2
  • 27
    Loading

    ニッサン プリンススカイラインS54B

    以前紹介した「プリンススカイライン」の、モデルチェンジされた車種です。もう一車の「ニッサンスカイライン」とを繋ぐ橋渡し的な存在の車でした。

    プリンスという会社は日産に吸収されてしまいましたが、スカイラインという名車はしっかりと引き継がれていったという事ですね。

    エルエス製ですが、この辺りの商品までゼンマイも付いておりました。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/17

    • 6
    • 0
  • 28
    Loading

    ホンダ ZGT /ZGSS

    アリイに移ってからのオーナーズクラブは、外見上はフロントグリルの違いだけのマイナーチェンジされた車種を併せて発売するようになりました。他のメーカーなら「AかBどちらか選んで作れます」とコンパチ・キットで出すところですが、しっかり別車種扱いでの販売。また、新規でデカールを付けた「レースカー・バージョン」とか「パトカー・バージョン」、「タクシー・バージョン」等の商品展開もあって、一気に種類が増えました。

    こちらは昭和40年代に街中でよく見かけた軽自動車「ホンダZ」の2車種です。特撮番組「ジャンボーグA」で後半登場したジャンボーグ9に変身する車として有名ですね。

    買い逃していた「ZGT」を後から購入したんですが、肝心のフロントグリルの部品を紛失していたのを今回発見。また買い直さなきゃ…。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/11

    • 7
    • 5
  • 29
    Loading

    ニッサン ブルーバード 1000/1200

    如何にも「昭和30年代の車」といった趣の昔懐かしブルーバード2車種です。1200の方はプラの色がホワイトですが、1000の方はネービーとなってます。

    この2種はフロントグリルがほとんど見分けがつかないくらいの差ですので、形成色を色違いにでもしないと差別化が図れなかったんでしょうね。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/5/18

    • 8
    • 1
  • 30
    Loading

    プリンス グロリア スーパー6/オープンタイプ

    「プリンス自動車」からグロリアの2車種です。珍しいのはコンバーチブルの方で、販促用に数台のみ作られた特別車との事。戦車のプラモでは試作車をキット化するのはよくある事ですが、カーモデルで市販されなかったタイプまでキットにするのは珍しいと思います。

    とは言え、屋根があるかないかの違いだけですので、スーパ-6の方はオープンタイプに屋根の部品を被せる仕様となっています。

    この2車種を発売後、アリイは「マイクロエース」というブランドに変更。「オーナーズクラブ」の生産は引き継がれましたが、現在は鉄道模型がメインの会社になっております。

     #自動車 #プラモデル #懐かし

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/10

    • 7
    • 2