冒険の目次
モッズスタイルを原点に確立された、LID TAILOR(リッドテーラー)根本修流スーツ&ジャケットのスタイルとは。_image
600m
03

モッズスタイルを原点に確立された、LID TAILOR(リッドテーラー)根本修流スーツ&ジャケットのスタイルとは。

20年来の仲だという服飾ジャーナリスト倉野路凡さんとLID TAILOR 根本修さん。倉野さん曰く「取材するたびに面白いと感じる」のだとか。今回は根本さん独自のスーツスタイルについてお話を聞くべく西荻窪にあるアトリエへお邪魔してきました。

取材日: 2017年3月11日

取材・文/倉野路凡
写真/佐々木 孝憲

MuuseoSquareイメージ

老舗テーラーで研鑽を積み、2006年、LID TAILOR創業。

MuuseoSquareイメージ
MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

伊勢丹メンズ館(イセタンメンズ)の「Made to Measureメイドトゥメジャー」でもお馴染みのLID TAILOR(リッドテーラー)だが、もともとはビスポークから始めたテーラーだ。

オーナーの根本修さんは20歳のときに都内の老舗テーラーで修業し、その後アメリカンスタイルを得意とするテーラーで腕を磨いた人物だ。型紙を作り、生地を裁断するカッターであり、芯地作りや縫製をするテーラーでもあるのだ。

2006年に西荻窪に自らの店舗LID TAILORを創業。現在は職人の手による「Bespoke(ビスポーク)」を中心に、イセタンメンズと同じファクトリーメイドの「Made to Measure(メイドトゥメジャー)」、オリジナルのパターンオーダー「Corks(コークス)」を展開している。

MuuseoSquareイメージ

目指したのは着心地を優先したソフトテーラリング

LID TAILORの手掛けるビスポークスーツの特徴を説明しておこう。
当初から根本さんが目指しているのはソフトテーラリング。

MuuseoSquareイメージ

「見た目はカッチリ見えますが、着るとソフトな着心地なんです。ビスポークの場合は、お客さんに合わせて芯地を作っていきますが、比較的柔らかな芯地を使うことが多いですね。小さ目のアームホールにして着やすさを追求したり、糸のテンションをゆるくして柔らかさを出したり、肩パッドも薄いものを選ぶなど、着心地とリラックス感を大切にしています」と根本さん。
と言っても、イタリアのサルトが手掛けるような柔らかく、軽い仕立てではない。

根本さんが影響を受けた唯一のテーラーがロンドンはサヴィルロウの老舗ANDERSON & SHEPPARD(アンダーソン&シェパード)なのだ。サヴィルロウの中では珍しく、当時としては柔らかな仕立てをするテーラーとして知られている。そこの影響を受けているわけだから、どこかにカチッとした英国調スーツの美しさがLID TAILORのビスポークスーツには存在するのだ。

MuuseoSquareイメージ

また、薄い肩パッドを使ったナチュラルショルダーを基本としているが、アメリカントラッドのスーツのような丸みを帯びた肩ではない。着ている人の肩傾斜に近い肩に仕立てているとのこと。英国調のスーツのわりには、触っても硬さは感じないし、むしろ軽いほうだと思う。

英国調、しかし英国至上主義にもなりすぎない。あくまで根本流のビジネススーツ。

言葉で説明すると、特徴がなんとなくわかるのだが、見た目では普通の、中庸的なスーツに見えるのだ。けっして「お洒落!」と思うスーツではないのだ。つまり、デザインの奇抜さに重きを置いてスーツ作りをしているのではなく、あくまでもビジネスで着られる上質のスーツ作りを目指しているのである。

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

秋冬のビスポークスーツで、一つボタンのUベスト付きのスリーピーススーツ。生地はイギリスのスミスウーレンのボタニーを使用。このUベストはロンドンの新しいテーラーがやり始めた流行のデザインで、オリジナルはフォーマルウエアに由来すると言われている。

前述したようにアンダーソン&シェパードのスーツ作りに共感して影響を受けているのだが、だからといって英国スーツ至上主義者でもない。分類すれば、たしかに英国調スーツになるのだが、作っているのは日本のLID TAILORであってサヴィルロウではない。突き詰めれば根本修さんが目指す根本流のスーツなのである。

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

仕立てはシングルと同じビスポーク。剣先に注目してほしい。剣先が寝がちなものが多いが、綺麗に立たせているのが特徴。

このラペルのデザインベースはアンダーソン&シェパードとのこと。ゴージラインを一般的なものより1インチ半以上下げて、大き目の1インチのラペルホールを開けている。生地は秋冬のウーステッドで、柄も素材もいたって普通。エドウィンウッドハウスが自社でやっていた頃の反物の生地を使用。ダブルブレスドで作るお客さんもけっこう多いそうだ。

このラペルのデザインベースはアンダーソン&シェパードとのこと。ゴージラインを一般的なものより1インチ半以上下げて、大き目の1インチのラペルホールを開けている。生地は秋冬のウーステッドで、柄も素材もいたって普通。エドウィンウッドハウスが自社でやっていた頃の反物の生地を使用。ダブルブレスドで作るお客さんもけっこう多いそうだ。

MuuseoSquareイメージ

英国のスーツ好きが高じて、2穴ボタンやサイドアジャスターなどもサヴィルロウで使われるパーツを取り寄せている。着心地とはまったく関係ないパーツなのだが、こういう細かなこだわりが作り手側のテンションを上げるのだ。ビンテージデニム好きが織りだけでなく、ボタンやファスナー、リベットにこだわるのと似ている。

ビジネスマンから支持されるMade to Measure

Made to Measure(メイドトゥメジャー)」はイセタンメンズで取り扱っているものと同じ。つまり同じ型紙から作ったゲージ(サンプルジャケット)を着用しピン打ちして体型補正をしていくシステムで、ファクトリー(縫製工場)も同じ。ただしLID TAILORはインポート生地で展開しているそうだ。ビジネススーツに最適なデザインなので、ビジネスマンから支持されているとのこと。

プラスチック製のハンガーは使いたくなかったため、国内のハンガーメーカーに作らせたという木製ハンガーを使用。細かなところにもLID TAILORらしさは反映されているのだ。

プラスチック製のハンガーは使いたくなかったため、国内のハンガーメーカーに作らせたという木製ハンガーを使用。細かなところにもLID TAILORらしさは反映されているのだ。

モッズスーツから生まれたオリジナルブランドCorks(コークス)

根本さんの趣味から生まれたのがパターンオーダーの「Corks(コークス)」で、スーツのベースはモッズ。やや細身のスーツが特徴だ。

もともとイギリスのモッズ好きが高じて、テーラーの世界に入った根本さんにとっては、自分のファッションのオリジナルでもあるのだ。

MuuseoSquareイメージ

店先に停めてある2代目ベスパは18歳の頃から乗っているという。それくらいモッズが好きなこともあり、スーツのパンツの裾を折り返して穿くことに当初は抵抗があったそうだ(笑)。モッズはパンツの裾を折り返さないらしい。

ちなみにCorksに最適な生地は?と聞いたところ、1960年代のコンポラスーツに使われたウールモヘアの生地だそうだ。モヘア独特のシャツ感と軽さが魅力で、カノニコのクアトロがおすすめ。

誰にも真似できないオリジナリティを求めて

MuuseoSquareイメージ
MuuseoSquareイメージ

ここ数年で根本さんより下の世代のテーラーも増えてきた。日本国内で修業をした人もいれば、イギリスやイタリアのテーラーで修業した帰国組もいる。

混沌とした国内のテーラー界にあって、LID TAILORは個性的で面白いと思うのだ。各パーツにこだわった英国調スーツでありながら、やはり根本さんが目指すスーツ作りや趣味性が反映されている。

さらにCorksでは趣味性を前面に出している。

洗練されてはいるが土臭さを感じさせる根本さんの“個性”が、スーツ作りに出ているようで面白いのだ。

ーおわりー

MuuseoSquareイメージ
MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

LID TAILOR 根本さんおすすめの生地

これからの季節におすすめはスミスウーレンのFINMERESCOの生地。TRAVEL SUITINGSと名付けられているように、強撚糸の生地でシワになりにくいのが特徴だ。糸は細くて撚りが強いため復元力があるのだ。デイリースーツとして、旅行用として活躍しそうだ。280~390gm。

File

LID TAILOR (リッドテーラー)

ヘッドーテーラーを根本修氏が務める、LID TAILOR(リッドテーラー)。ビスポークを中心に、Made to Measure(メードトゥメジャー)、オリジナルブランドのCorks(コークス)も手がける。見た目の印象はカッチリと、それでいて柔らかい着心地に仕立てる「ソフトテーラリング」が特徴。Made to Measureでは中庸的なデザインの上質なビジネススーツ、Corks(コークス)では根本氏のオリジナリティが発揮されるモッズテイストのスーツをオーダーするのがおすすめ。

◉ビスポーク
価格:33万円+tax〜(スーツ)、25万円+tax〜(ジャケット)
※ベスト、トラウザーズなど詳細の価格はHPの価格をご確認ください。

◉Made to Measure 
価格:12万円+tax~(インポート生地)。
納期:約1ヶ月。

◉Corks
価格:9万8000円+tax~。
納期:約1ヶ月。

東京都杉並区松庵3-31-16 ♯103

03-3334-5551

11:00~20:00

*お店に足を運ぶ前に、HomePageで最新の情報を確認することをお勧めします。

Shop
Read 0%
関連する記事

おすすめのモノをめぐる冒険