Series

「アジャスタブルコスチューム」のオーナー兼デザイナー・小高一樹さんによるシリーズ「ヴィンテージの意匠」。

スーツやドレスシャツ、サスペンダーなど、アイテムごとにヴィンテージの意匠をご紹介。「トレンドは大晦日と元日を境に急に変わるのではなく、前進と後退を繰り返してグラデーションのように移り変わっていくもの。ヴィンテージ服の着こなしに間違いなんてないし、正解もありません。それに、あえて皆がしない格好をするのも面白いと思いませんか?連載では、年代別に特徴をお話ししますが、それはあくまで指標として、自分のファッションに奥行きを出す1つの層として捉えていただければと思います」と小高さん。

ヴィンテージの意匠 〜時代のグラデーションを楽しむ〜
1920~40年代のアメリカのスリーピーススーツから、時代のエッセンスを感じる_image

1920~40年代のアメリカのスリーピーススーツから、時代のエッセンスを感じる

軽く暖かいダウン、吸水速乾の機能を持った肌着、いま当たり前に着ている衣服が将来、「ヴィンテージ」として重宝されているなんて考えたら、持っている服一つ一つが特別なものだと思えてきます。でもそれは未来に過去の意匠を掘り起こす人がいたらのこと。

そう考えるきっかけとなったのは、「アジャスタブルコスチューム」のオーナー兼デザイナー・小高一樹さん。今から100年前のファッションを現代に蘇らせる1人です。
キャスケット一つとっても、今は流通していない四つ割スナップを採用し、見えない部分まで忠実に再現。彼がいるその場だけ、まるでタイムスリップしたように錯覚させます。

そんな小高さんによる連載「ヴィンテージの意匠」。初回は、スリーピーススーツについてお話しいただきました。スーツが激動する1920~40年代を、小高一樹のレンズを通して時代を巻き戻してみましょう。