02

ミューゼオ・スクエアについて

私たちの願い

モノで溢れている時代にあって、モノの価値とは何か。
私たちは「人生をより楽しむためにモノがある」と考えます。

モノにはひとつひとつ歴史があり物語がある。
それを知るほど、モノへの新しい見方や愛着が生まれ、さらにモノへの興味が増えていく。モノとの暮らしが楽しみになることを私たちは願っています。

私たちの編集方針

シェアリングサービスやフリマサイトなどモノに関する便利なサービスが広まり、ミニマリストという言葉が生まれたりと、モノと人との関わりは大きく変わりつつあります。
かつての憧れの高級品や一生モノと呼ばれた製品も、シェアリングサービスなどを使えば、かならずしも所有しなくても利用できる時代になりました。 手軽な値段で手に入れられるものが増える一方、目まぐるしい技術の進歩の中でモノの耐用期間もどんどん短くなっています。

モノが溢れる時代に、あえて所有する意味は何か?あえて所有したいモノとは何なのか?
こうしたことを見つめるために私たちは、ミューゼオ・スクエアをスタートさせました。
良い靴を履けば歩きたくなる、良い自転車に乗れば郊外に行きたくなる、良い服を着れば外に出て人と会いたくなる。良いマグカップはコーヒータイムをとっておきの時間に変える。新しいコレクションは見知らぬ知的な世界に連れていってくれる。

大切なモノと一緒に暮らすことで自分だけの人生が創られていく。これは決して愛着の湧かないモノとは到達しえない世界だと私たちは考えています。
持っているからこそ人生に深みと楽しみをもたらしてくれるモノこそ「良いモノ」と言えるのではないでしょうか。
ただ、楽しみ方は人それぞれ。積み上げてきたモノの歴史に思いを馳せる。作り手の思いやその技を楽しむ。モノとの関わりを楽しんでいる人の好奇心を軸に、コンテンツを作成して行きます。
そして、より長く楽しむための手入れや修理の情報なども積極的に伝えていくように留意しています。

趣味性の高い分野は人類の文化そのもの。これからも興味を持ってもらえるよう、どのように情報を発信すれば魅力が伝わるのか、初心者の方にどうやって接してもらうのか。この状況に取り組んでいくのも私たちの役目だと考えています。

従来型の記事だけではなく、最新の技術や新しい種類のコンテンツを活用して、新しい世界により興味が持っていただけるようなコンテンツの提供を進めていきます。

私たちのこと

年齢も好きなモノもバラバラですが、好きなモノを持っているだけで幸せ。コレクションが大好きといったモノが好きで好きでたまらない人たちが集まっています。
文章を書くのが好きな人、インターネットが好きな人、デザインが好きな人など様々な好奇心を持つ人が集まってワイワイと議論をしつつ丁寧に作り上げています。
一方、皆さまに有益な情報を届けるには、当然のことながら専門性やモノへの理解度が欠かせません。その道のプロにも力をお借りしながら、私たちはモノのことをきちんと学びながら伝えていきます。

Narimatsu

編集責任者:成松淳

子供時代から英国とさまざまなモノに惹かれ、持っている革靴のコレクションは300足を超え、スーツやジャケット、コートなどのコレクションも多数愛用しています。またLEGOなどさまざまなミニチュアが部屋中に並んでいます。その他、ティーグッズや銀製品も愛好しています。 また、こうした分野の専門書を読んだり専門家に話を聞いたりしながらそれぞれの世界を深く理解していくことを今でも生活の一部にしています。

公認会計士としてキャリアをスタートさせ、有限責任監査法人トーマツ勤務、東京証券取引所出向を経て2007年よりレシピ投稿・検索サービスを運営するクックパッド株式会社(証券コード2193)の初代の取締役CFO(委員会設置会社移行後には執行役CFOに)としてその成長に貢献しました。同社の東京証券取引所市場一部への上場を機に退任して、2013年にミューゼオ株式会社を設立し、代表取締役CEO兼ミューゼオ・スクエア編集長に就任しました。

また、さまざまなネットサービス運営企業やマーケティング関連サービス企業などの社外役員を歴任し、現在もリサーチ・市場調査のクロス・マーケティンググループ(証券コード3675)、ビジネスSNS運営のウォンテッドリー、オンライン英語教育のレアジョブ(証券コード6096)、iPS細胞技術等で細胞医薬品の開発を進めるヘリオス(証券コード4593)の上場会社4社を含む6社の社外取締役として経営の監督などを担っています。

どのようにコンテンツの正確性と信頼性を確保しているか

記事などコンテンツを制作する際には、それぞれの分野に愛情や一定の知識のある執筆者がリサーチや取材・インタビューなどを行ない、独自に撮影した画像、もしくはメーカーやブランド、店舗など正当なコンテンツの保持者から提供を受けた画像を利用することで制作を行なっています。

また、すべてのコンテンツは当社社員の入念な確認を経て、編集責任者が最終確認を行った上で公開しています。
加えて、編集経験の豊富な方や趣味性・嗜好性の高い分野に造詣の深い方を顧問などに招聘し定期的にアドバイスを受けています。

スポンサード・コンテンツについて

モノを楽しむためには良いモノを作るメーカーやブランド、それを皆さんに届けるセラーの存在と情報が不可欠です。そういった意味からミューゼオ・スクエアではユニークなモノづくりやサービスを提供しているメーカーやブランド、セラーなどのマーケティングを有償で支援しています。
もちろん私たちなりの理解を前提として、利用者の皆さまに正確性や信頼性を確保すべくコンテンツの制作などを行っています。ただし、このような場合には必ず「スポンサード・コンテンツであることを明確に表示しています。

最後に

私たちは、これからもモノへの好奇心を世の中に広げていきます。
良いモノを生み出すメーカーやセラー、それを広げる良質な書籍ととともに。そしてあなたと一緒に。