キッチンツール

匠の業が光る調理道具や食器などのキッチンツール、キッチンウェアに関するブック・記事を集めたカテゴリーです。きじまりゅうた氏や本橋本幹造氏、棚橋俊夫氏など著名な男性料理家にプロの相棒である料理道具を教えてもらう、京都で伝統的な製法と新しいチャレンジで卓越した製品を生み出し続けるWESTSIDE33(段付き鍋)や辻和金網(コーヒードリッパー) 、開化堂(銅製茶筒)を訪ねる旅、そしてカフェタイムを楽しみにしてくれる道具たち、そんな料理や日常を楽しみにしてくれるキッチンウェアをモノの魅力という角度から伝えていきます。

ARTICLE

NEWS

キッチンツールについて 編集部からの一言

たかが道具、されど道具、料理は形から。料理を楽しみにしてくれるのは魅力的な道具との出会いかもしれません。
魅力的な道具とは?有名料理家の相棒、京都で伝統と革新に育まれながら手技で作られる道具たち、さらにはコーヒーやお茶の時間を楽しみにしてくれる小道具たち、そんなキッチンウェアの世界へようこそ。

Recommend Category
  • キッチンツール

    匠の業が光る調理道具や食器などのキッチンツール、キッチンウェアに関するブック・記事を集めたカテゴリーです。きじまりゅうた氏や本橋本幹造氏、棚橋俊夫氏など著名な男性料理家にプロの相棒である料理道具を教えてもらう、京都で伝統的な製法と新しいチャレンジで卓越した製品を生み出し続けるWESTSIDE33(段付き鍋)や辻和金網(コーヒードリッパー) 、開化堂(銅製茶筒)を訪ねる旅、そしてカフェタイムを楽しみにしてくれる道具たち、そんな料理や日常を楽しみにしてくれるキッチンウェアをモノの魅力という角度から伝えていきます。

  • アート

    アートに関するブック・記事を集めています。長い歴史の中で、いつの時代も人々はエネルギーを美術に注いできました。あるときは権威の象徴として、あるときは祈りのための道具として、あるときはアカデミズムに反旗を翻すための作品として。また、現代アートは現在進行形なだけに、美術史におけるはっきりとした評価が定まっていないこともあります。作品を作るアーティスト、美術館のキュレーター、美術批評家、作品を売るディーラー。そして、それらを買うコレクターに話をうかがい、アートを取り巻く「いま」について考えていきます。

  • インテリア

    ミューゼオ・スクエアに登録されている家具にまつわる記事一覧です。日本は「床座」と呼ばれる、読んで字のごとく床に直接座る生活スタイルで暮らしをしてきました。一方、欧米は椅子に座る「椅子座」です。映画や海外ドラマなどで、国を治める王様が椅子に座っている様子を目にしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。 日本には第二次世界大戦後に家具が定着したと言われています。日本の家具文化の歴史は浅いともとれる一方、日本独自の家具文化と海外の家具文化がまざりあった豊かな土壌があると言えます。「クラシックスタイル」「北欧インテリア」などの抽象的で大きくカテゴライズされた言葉から一歩踏み込んで、一つひとつの家具や時代について解きほぐしていきます。