千葉正也とは?

1980年神奈川県生まれの美術家。多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。

自作の彫刻を含めた、自身が生み出した造形を組み合わせた環境を構築し、絵画のモチーフとする手法で作品を制作する。

主な展覧会に「MAM コレクション006:物質と境界」(森美術館,2017年)、「思い出をどうするかについて、ライトボックス風間接照明、八つ裂き光輪、キスしたい気持ち、家族の物語、相模川ストーンバーガー、わすれてメデューサ、50m先の要素などを用いて」(シュウゴアーツ,2017年)、「宇宙英雄ペリーローダンと私の生活」(Art Center Ongoing, 2018年)、「αM 2018『絵と、 』vol.4 千葉正也」(Gallery αM, 2018年)など。

用語が登場する記事