松井みどりとは?

美術評論家。東京大学大学院英米文学博士課程満期退学、プリンストン大学より比較文学の博士号取得。国内外の美術学術誌や企画展カタログに同時代の日本や英米の現代美術の潮流や作家について論文を寄稿。多摩美術大学非常勤講師。

企画原案を手がけた「夏への扉 マイクロポップの時代」展(2007年、水戸芸術館現代美術センター)は、90年代以降の日本の現代美術を振り返る上で欠かすことのできない重要な展覧会である。タイトルの「マイクロポップ」とは松井の造語で、無名、時代遅れ、廃棄可能、断片的と言われるものに新たな用途や文脈を与え、新しい表現やコミュニケーションの場を作る芸術表現を意味している。同じく松井が企画した「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」展(2009年、原美術館)は国際交流基金巡回展として海外を巡回し、最近では2019年2月から6月までイスラエルのティコティン日本美術館(ハイファ)で開催されている。

用語が登場する記事