中村一美とは?

1956年千葉県生まれの美術家。多摩美術大学絵画学科油絵専攻教授。1981年、東京藝術大学芸術学科卒業後、1984年、東京藝術大学大学院油画専攻修了。

もの派の榎倉康二に師事する。1980年代始めより発表を開始し、最初、「Y型」と呼ばれるY字形のモティーフによる表現主義的な絵画作品によって注目された。続いて、「斜行グリッド」、「開かれたC型」、「連差-破房」、「破庵」、「採桑老」、「織桑鳥(フェニックス)」などのシリーズを相次いで制作、今日における絵画空間とその意味性についての探究を、精力的かつ持続的に展開した。

主な個展に、2017年「Kazumi Nakamura」(Blum & Poe、ニューヨーク)、2015年「Kazumi Nakamura」(Blum &Poe、ロスアンゼルス)、2014年「中村一美個展」(カイカイキキギャラリー、東京)、「中村一美展」(国立新美術館、東京)、2003年個展(クムサンギャラリー、ソウル、大韓民國)、2002年「中村一美展」(いわき市立美術館、福島)、1999年「中村一美展」(セゾン現代美術館、長野)、1988年個展(南天子画廊、東京)がある。

用語が登場する記事