プレッピーブームとは?

プレッピーとはお金持ちの子息の俗称であり、名門私立校のプレパラートリー・スクールを指す言葉の略でもある。アイビーが大学生中心の着こなしなのに対して、より若々しいカジュアルな着こなしが目立った。ファッションとしてのプレッピーの歴史は古いようだが、日本には1979年頃にアイビーと同義語で上陸した。当初、日本の場合はアイビーやトラッドという言葉が先行し、“マリンプレッピー”など、プレッピーという言葉は限定的に使われた。皮肉を込めて書かれた「オフィシャルプレッピーハンドブック」が翻訳され、日本で発売されると、ようやくプレッピーという言葉が定着した。1980年代のプレッピーは、ボタンダウンシャツを重ね着したり、エルエルビーンのビーンシューズをチノパンに合わせたり、素足にデッキシューズを履いたり、上質のアイテムをわざと着崩したり、汚して着たりなど、知性と蛮カラを融合させた着こなしが特長。日本ではきれいめのアメリカンカジュアルのイメージが強い。

用語が登場する記事