冒険の目次
服飾ジャーナリストが解説!メンズブレザーの起源と種類。_image
550m
03

服飾ジャーナリストが解説!メンズブレザーの起源と種類。

クールビスなどではいまや定番になった紺ジャケ(紺のジャケット)。そして、そのもっと昔から紺のジャケットといえばブレザーが定番でした。そもそもブレザーとは、学生が学生服として着用するもの⁉︎ それともネイビージャケット(紺ジャケ)とは別のもの⁉︎ と定義が曖昧になっているアイテムでもある。服飾ジャーナリスト・飯野高広さんにメンズブレザーの起源と種類を解説してもらった。ブレザーとは何かを探っていこう。

取材日: 2017年5月29日

文/飯野高広
写真/松本理加

MuuseoSquareイメージ

今、改めて評価を受けるブレザー

スーツ、つまりジャケット・トラウザーズ・ウェストコートが同じ色柄で同じ素材で作られた服の組み合わせは、確かに今日でもビジネスウェアの主役格。この装いでなくては働けない業種も未だに結構存在する。

しかし、俗に言うジャケパンの装い、すなわちジャケットとトラウザーズとが異なる色柄で異なる素材で作られた服の組み合わせでも働ける職種が、近年相当増えているのは読者の方々も実感しているだろう。

オフィスウェアのカジュアル化の進展や、クールビズ・ウォームビズへの(半ば強制的な)取り組みの浸透など、理由はさまざま。その過程で、硬軟両派に使えるテーラードジャケットとして評価が急浮上(いや再浮上か?)しているのが、何を隠そうブレザーである。ただこの「ブレザー」なるもの、紺無地でメタルボタンが付いたジャケットと単に定義するのは、あまりに大雑把な気がしないか?

そこで今回は、いくつかのブレザー並びにそれに類するもののチェックを通じ、その歴史、そしてその服としての意味を、改めて考察してみたい。


1. 英国海軍起源ならではの凛々しさ。ダブルブレステッドのブ レザー

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

ブレザーの起源にはシングルブレステッド(シングル)とダブルブレステッド(ダブル)の二つの流派がある。古いのは実は後者のほうで、英国海軍のフリゲート艦「ブレザー号」が19世紀中盤に採用した制服が始まりとされている。

即位間もないヴィクトリア女王がこの軍艦を訪問するのに際し、新調した真鍮のメタルボタンを軍服(ただし、当時は今日のような黒に近い濃紺無地ではない)に付けて歓待したところ、彼女に非常に喜ばれたことがまず海軍の内部で伝わり、七つの海を支配するその凛々しいイメージと共に民間にも徐々に広まったらしい。

そのような起源だけあり、色は海軍の軍服に通じるネイビーブルー系が、このスタイルにはダントツに似合う。また、生地についてもウールサージ(同じ太さのタテ糸とヨコ糸とを同じ密度で綾織りしたウール生地。約45度の斜線で生地の目が表れるのが特徴。合冬物・秋冬物のスーツや制服の生地として多く用いられる)や、写真のもののようなウール・モヘア混紡など重量感のあるものが理想だろう。

仕立てに軍服に近い「ハリ」と「コシ」が出せるからだ。なお、写真のブレザーでは胸の縫いダーツが腰ポケットで終わらず身頃の裾まで貫通しているが、これは下腹が出ている人向けに裾が跳ね上がらないよう施された、一種の補正である。

2. カレッジスポーツが起源。シングルブレステッドのブレザー

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

一方シングルブレステッドのブレザーは、ロンドン中心を流れるテムズ川で1877年に開かれたオックスフォード大学とケンブリッジ大学との対抗レガッタ(ボート競技)で初お目見えする。

後者のセントジョーンズカレッジに現存するレディ・マーガレット・ボートクラブの面々が、クラブカラーの燃えるような真紅(Blaze)のジャケットを羽織ったのが起源。単に所属先を示すだけでなく、試合前後に身体を温めるウィンドブレーカー的な役割も考慮して身に着けていた、言わば記号と機能が両立した服だったのだ。

ブレザーで英国テイストを全面に出したいのであれば、そんな起源を是非とも尊重すべき。例えば写真のブレザーの右腰にあるチケットポケットなどを上手く用いたい。かつて存在した有料馬道の料金所で払うお金や受け取るチケットを入れたものが起源で、くびれの利いたシェイプと共に高貴さと運動性との両立の象徴だからである。

なお、このブレザーは脇部のダーツがアームホールまで届いていない。モーニングや燕尾服を起源とする古典的なディテールであり、胸部に独特なボリュームが出ている。

3. 独自のアレンジと懐かしさ。アメリカントラッドなブレザー

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

ブレザーが米国に伝わったのは20世紀初頭~1920年代初め。以来、腰のパッチポケットにフラップが追加され、後身頃にセンターヴェントが付く(当時の英国では、街中で着るジャケットはスーツを含めてノーヴェントが圧倒的主流)など、故郷とは異なる変化を遂げ、同国ではビジネス・カジュアルをまたぐ一種の国民服的な存在までになった。

ただし、胸の縫いダーツが付かないボックスシルエットである点には、逆にブレザーの更なる原点であるラウンジジャケットの意匠が何気に残っている。第二次大戦後の服飾受容史も絡んで、我が国でブレザーと言えばこの写真のようなもの、すなわちアメリカントラッド・IVY的なものをイメージする方がまだまだ多い。それのみならず、今日の日本の学生服の主流になったブレザー姿の基本も、英国系のものではなく間違いなくこちらのスタイル。

だからであろうか、この種のブレザーを身に着けると「若さ」ではなく「幼さ」が前に出てしまうこともままある。自らの所属先のものでない限りは、胸ポケットにエンブレムなど絶対に付けないように!

4. 実はブレザーの原点が色濃く残る、スクールジャケット

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

MuuseoSquareイメージ

この「スクールジャケット」なる言葉は恐らく和製英語で、厳密にはスクールユニフォームとかクラブユニフォームと言うべきもの。その名の通り、英国並びにその文化的影響を強く受けた諸国の学校やクラブの、要は制服である。

彼らの旗の色を縦ストライプとして用いたり、襟の縁にパイピングとして採用するのが最大の特徴。また、この写真のもののように後身頃の背中心部に縫い目がない「一枚仕立て」であると共に、少なくとも身頃には裏地を用いない「単衣仕様」のものが本格的とされる。

どちらの構造も、胸と腰のパッチポケットと共にシングルブレステッドのブレザーが登場した1870年代のラウンジジャケットでは広く採用されていたもので、その意味ではブレザーの原点に最も近い服と言える。中には袖裏地すら付かない簡素な構造のものもあり、これは成長期の学生が着る故の確信犯的発想だ。

それにしても、日本の学生服もこの位派手な色使いにしたほうが効果的なのではないか? 思いっきり目立ってしまう分、校外で遊ぶ時でもカッコ良く振舞おうとするだろうし……。

ブレザーをかっこよく着ることのできる大人に。

その種類はともかく、ブレザーのベースになっているのは、ある種のユニフォーム的な概念であることをご理解いただけたのではないか。また、そこに内包された「規範性」が、ビジネスウェアとしての今日の再評価にも繋がったのだろう。

だからこそ、ブレザーをカッコよく着られる大人がもっと多くならないと、制服としてそれを無理やり押し着せられてしまっている学生達に申し訳が付かない気がする。「近頃の若いもんは……」と嘆く前に、まず自らがブレザーを品良く身に着けるのを通じ、社会の規範となる立ち振る舞いを明確に示さなくてはいけないのではないか?

-おわり-

Read 0%
関連する記事

おすすめのモノをめぐる冒険